放送倫理検証委員会までサヨク汚染?!

「放送倫理検証委員会」が、28日、旧日本軍の従軍慰安婦問題を取り上げたNHKの特集番組に放送倫理上の問題があったと認定した、という報道がありました。

≪関連記事≫
■[BPO]番組内容の政治家説明 NHKの姿勢は問題と認定 毎日新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/4132201/
■自主自律の理念を揺るがす行為=NHKの政治家接触、番組改編問題で-BPO 時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/4132229/

「放送倫理検証委員会」というのは、別名、放送倫理・番組向上機構(BPO)と呼ばれ、放送倫理を高め、放送番組の質を向上させるための委員会です。

委員長は、弁護士の川端和治氏。
氏は、文部科学省中央教育審議会専門委員(大学分科会)、法務省政策評価懇談会委員を現職で勤め、さらにこれまで、第二東京弁護士会会長、日本弁護士連合会副会長、司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員、法制審議会委員等を歴任してきた人物。

先日、台湾の日本統治についてのNHKの番組が、見るに堪えない左傾化偏向番組だったので、ようやくこうした倫理委員会が動いたのかと、ちょっとだけ嬉しく思いながら記事を見たら、事実は正反対。。。。

今回指摘された問題点は、NHKが01年1月に放送した「ETV2001・シリーズ戦争をどう裁くか『問われる戦時性暴力』」という番組について、当時の安倍晋三官房副長官(当時)が、放送前日にNHK幹部と面会し
「公平、公正に報道してほしい」
と要請していたことについて、

“面談自体が「視聴者がNHKに寄せる自主・自律への期待と信頼に対する疑念を起こさせる」と判断した”というもの。

我が国国民の平和と安定した道徳律を願う政治家が、放送局に対して「公平・公正な報道」を求めたことの、いったいどこがどうおかしいのか。

まして、あきらかな政治的意図をもって、歪曲した歴史観を我が国国民に刷りこもうと悪意を持って作成された番組に対し、一定の抗議をするのは、政治家といわず個人レベルでも当然のことであり、それが放送倫理に反するとは聞いてあきれます。

それを言うなら、中国共産党ナンバー5の李長春政治局常務委員(宣伝担当)が、来日して日本の通信社・新聞社・テレビ局14社の社長らと、都内のホテルで夕食を共にしながら懇談し「“中国にとって良好な世論を作るよう努力してほしい”」と求めたという事件についてはどう説明するのか。
■関連記事:日本のメディアの死を伝える大事件
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-460.html

取材に応じた台湾の方自身が、意図に反する反日的番組と疑問を呈している超偏向番組をどう説明するのか。
■関連記事:腹立たしいNHKの偏向。台湾の被取材者が怒る反日性向!
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-467.html

とりわけこの台湾統治の偏向番組については、BPOに対して、続々と抗議の声と調査を求める声が殺到しているというけれど、それに対しては、現時点でBPOからの発表は何もない。

当のNHKも、ほおかぶりで、知らぬ顔の半兵衛です。

こうしたブログなどでもそうなのですが、サヨク系のブログの場合、たいていどのブログも、コメント欄は、ブログ主の判断で公開されるようになっています。

サヨクの特徴なんですね。いいたいことを言うし、自分の都合のよい意見は受け入れるけれど、意見に反論されるとほおかむりする。

これに対して右寄りブログは、たいていどのブログも、コメントは、公開型。投稿と同時に、ちゃんと掲載される。

このブログでも、左系の方にひととき、ものすごい粘着されましたが、ちゃんとそのまま粘着コメントも、いっさい消さずに公開したし、それに対するいささかの反論もさせていただいた。

あきらかなエロサイトの広告などは、気がつく都度、消していますが(これマジしつこいw)、それ以外は、皆様からせっかくいただいたコメントを、ボクの方で勝手に消去するようなことは、これまで一切行っていない。

意見を取捨選択するなんて、どだい生意気だと思うんですよね。

それに、都合のいい意見だけを載せて、都合の悪いものは、黙殺するなんてのは、卑怯者のすることだ。

受け付けるなら受け付ける。受け付けないなら、全部受け付けないくらい、はっきりしていていいと思う。

NHKにしても、台湾報道事件の後、番組に寄せられた、よいしょ発言は、一部に公開されたといいます。

しかし、別に寄せられたはずの、偏向は怪しからん!という投稿は、まるで黙殺している。黙殺することで、事実を「なかったこと」にしている。

まさに卑怯そのものです。

そんな卑怯者が天下の公共放送局だなんて、信じられない。

BPOという機構も、そうした中にあって、いまさら8年も前の番組について「政治家の関与は怪しからん!」と言いだした。

なんで、いまさら8年前の? と誰でも疑問に思います。

おそらくは、これは、台湾に関する偏向報道事件が顕在化していることから、これに政治家が介入し、たとえば麻生総理や河村官房長官あたりから、NHKに対し、業務改善命令や、実態調査、報告等が求められたりしたら困る。そこで先手を打って、8年前の事件を持ち出し、政治の番組介入を阻止する手段に出た、ということなのではないでしょうか。

放送業界は、その監視機構まで、サヨクに汚染されているのかと思うと、ほんとうに恐ろしくなります。

人気ブログランキング ←放送業界からサヨクをしめだせ!と思う方、クリックお願いします。
1/8【台湾取材レポート】台湾取材の経緯などについて[桜 H21/4/21]


【直言極言】中共の宣伝工作機関と化したNHK[桜 H21/4/11]
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ねずきち

>基準点さん
コメントありがとうございます。

ですよね~。。。
ほんと、論理のすり替えだ。

そもそもBPOという存在自体が、日本のメディアの左傾化を促進するという意図をもって作られた組織なのではないかとすら思います。


>bbさん
コメントありがとうございます。

箱根、いいですね~~^^

ヾ(*'ー')o いってら~☆

そうですか。麻生さんが「近頃は右の人の方がインテリと・・」

(⌒▽⌒)アハ♪

それ、ちょいうれしいかも^^♪


>町工場の親方さん
コメントありがとうございます。

さすがは山本七平さん、いいこと言ってますね^^

資料を2萬6千冊もあたったなんて、単なるはったりでしょう(笑)

具体的に何にあたったのか、具体的に示せといわれても、2万6000冊もあったら、そんな余裕はない、と突っぱねれるし、調べる方も、それが本当に客観的に正しい資料なのか検証するためには途方もない時間がかかる。

それに、どんなに数多くの資料を集めようが、最初から目が曇っていたら、そこから真実を導きだすなんてできやしません。
自分の意見に都合のいい部分しかハナから見ないのですから。

それにしても、「言い張る」というのはサヨクの方の特徴ですね。
絶対に相手の意見から何かを学ぼうという意思がない。
とにかく自分の言いたいことだけを言い張る。言い張り抜く。

嘘も100回言ったらホントになる、を、まさに地でいってる。

さらに最近は、恫喝する。脅す。わめく。見下す(笑)

そもそもそこが、いちばんダメなとこなんですよね~~^^;


>まざあさん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
なぜか左系の人たちは、コメント欄をオープンにしていない。

もっとも、ボクなんかは、オープンにしているおかげで、毎日わけのわからないアダルトサイトの広告コメントを何度も何度も削除しなきゃなんないけど(笑)

でも、気をつけて見ていただいていたらわかるけど、削除しているのは、アダルトサイトの、このブログの内容とは全然かけはなれたものだけです。

なぜ消すかって、もし、そのコメントに記載されたURLが、なんらかのフィッシングとか、悪いことが起こるようなサイトだったら、せっかくこのブログにおいでいただいた皆さんにご迷惑をかけちゃいます^^;

それになぜか、このブログ、ヤフーログールとかいうサイトの解析情報によると、女性の方の読者が半分!@@;

そりゃ、アダルト系のカキコは、消しますって^^;

せっかくNHK台湾番組に対してBPOに抗議のメールを送ったのに、実はそこは放送倫理協会とは名ばかりのサヨク系機関だった!

そりゃ、ショックです><

でも、考えてみると、そういうことが明らかになっただけでも、よかったじゃないですか。

市民運動は、粘り強く。

正義は必ず勝つのです!^^b


>surniversさん
コメントありがとうございます。

≪NHKはもう公共放送でなく、中共放送≫

(⌒▽⌒)アハハ! うまい!(笑)

断固糾弾しましょう!!


>Nさん
コメントありがとうございます。

なるほど、NHKの受信契約解約という具体的行動ですか。。。。

(゜-゜;)ウーン

ボクにはできない><;;

そりゃあ、腹も立つけど、相手が悪だからといって、自分まで悪にはなれないです。
(*_ _)人ゴメンナサイ


>田中さん
コメントありがとうございます。

『パール判事の日本無罪論』って本は、ボクはずいぶん前に買って読んでて、だけど、今回そういう運動があるって聞いて、1冊買いました^^;

まぁでも、かなり婉曲な方法な感じもしないでもないですね^^


>猫好きさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

ランキングなんてそんなもんです。

上がったり下がったり^^

気長にいきましょ^^♪


>愛国13号さん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。。。

昔は、左翼=改革、右翼=保守だったのですが、
昨今では、左翼=売国になっちゃいました><;

NHKの今回の振る舞いが、≪高齢者を狙った犯罪≫みたいなものだというご指摘は、まさに的を射ていますね。

ほんと、もう犯罪ですよ^^;


>英雄さん
いつもコメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

「旗色悪い」なんてことはないと思いますよん♪

こうした誰が見ても異常な、あからさまな出来事が起こるということは、中共耕作員か、サヨク主義者か知らないけど、かなり“焦りだしている”という証拠なのではないかと思っています。

マスコミや一部の政治家さえ押さえておけば、日本での情報操作なんて、自在になると思いこみ、長い年月をかけて、実際そういう工作をしてきたのに、

インターネットの普及で、こうしたブログが立ち上がり、真実の声が、徐々に広がりをもってきた。

彼らがそのことに、ものすごく焦り出した・・・ということなのではないでしょうか。

でなければ、いまさら8年も前の出来事を持ち出して、政治の番組介入は放送の自由を脅かすとか言い出したりしてないと思うんです。

これはあきらかに、台湾番組に関して、世論が強くなり、政府が介入することへの警戒です。

先手をとって警戒するつもりだったのかもしれないけれど、結果、そのことで放送倫理協会などというものが、実は左翼偏向を煽るための機関にすぎなかったという実態を、世間にさらけ出した。

英雄さんのおっしゃる≪64年間の敗戦統治を抜本から壊すしか日本の蘇生やNHKの解体はありません≫は、実は日下公人さんも、まったく同じことを言っていますね。

ボクも、それはありだろうなと思っています。

ただ、スクラップアンドビルドのこの考えは、下手を打ったら、中国の日本工作要領に書かれている中共の属国としての「日本人民民主主義共和国」を誕生させてしまうかもしれないという危険をもはらんでいる。

それだけに、まずは声を大にして語り、ひとりでも多くの人に日本の危機を理解してもらうことから始めなきゃならないのではないかと思っています。


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

≪パール博士の本が上位を独占できない理由は、「読みづらさ」にあると思います≫

おっしゃる通りですね。ボクもそれは感じました。

なにせ書かれたときが古い(笑)

やはり、パール博士の本そのものというよりも、それをひらたく、わかりやすく解説した本を対象とすべきだったのではないかと思ったりします^^

≪「権力は悪だ」と叫ぶサヨクこそ、「権力と言う悪」になっている≫

は、けだし名言だと思います。

≪自分では善意だと思っているだけに、なおたちが悪い≫

まさにおっしゃる通りですね。

≪根本的な「人格、知性の欠陥」が感じられ、「話してもわからない相手」≫

その通り。

≪大学生のくせに「教授がしっかり教えてくれないから、勉強がわからない!」と、教室に乱入した過激派に、口をあんぐりするしかなかったことを思い出します≫

ありましたねぇ、そんなこと。。。。

≪でも、明治日本は不平等条約を改正しています。
かつては戦争で、今回は経済で、地位の回復を成し遂げられる・・・
麻生総理なら、やってくれると信じます。≫

ボクも、そう信じてます!^^b


>飲み屋のおやじさん
コメントありがとうございます。

でしょでしょ~~!

ヒダリ系のブログで、コメントが承認制でないとこ、まじでみたことないですよ。

ほんと、≪主張ばかりを聞かされて反論抗議は黙殺される・・・なんかマニュアルでも配ってるんじゃないかと思うぐらいです≫

それ、実感します^^;

飲み屋のおやじ

>サヨク系のブログの場合、たいていどのブログ
>も、コメント欄は、ブログ主の判断で公開される
>ようになっています。

毎日変態新聞問題があり、韓国経済危機で韓国という国、在日という存在をネットで調べるようになりねずきちさんのブログに辿り着きました。
それから色々なブログを拝見してきましたが本当にサヨク系のブログは自分に不都合なコメントは一切掲載しませんね。承認制でない所は見たことがないです。

ブログは個人のものでありますから、承認制について非難するものではありませんが釈然としないものを感じます。
主張ばかりを聞かされて反論抗議は黙殺される・・・なんかマニュアルでも配ってるんじゃないかと思うぐらいですw

かぐやひめ

右翼とサヨクあるいは、普通の人と工作員
パール博士の本、ヤフーで買いました。この本が上位を独占できない理由は、「読みづらさ」にあると思います。麻生総理の「とてつもない日本」は非常に読みやすく、感動的でした。「日本無罪論」は、時代背景が違う上、専門的なため、難解です。主義主張のためだけに買い込む事をしない愛国者の普通の人たちは、数字で圧力をかける気持ちがありません。
ところで、私は大学紛争世代ですから、なんとなくわかる気がしますが、サヨクの人たちは、自身を「正義の人」と錯覚しているのではないでしょうか?
すなわち「権力=悪」「悪は破壊しなければならない」という短絡した思考回路にあって、自身を「弱者すなわち善人」と錯覚しているように思います。
家永裁判時代にはなるほど、サヨクは弱者だったかもしれません。しかし、今の世の中は、反対です。
彼らを見ていると「帝国ロシヤ」を崩壊させたソビエト首脳が、更なる恐怖政治をやったこと、王朝を転覆させた中共が、独裁と政治いう、「主変われど、体制は一緒」を、思い出します。
「権力は悪だ」と叫ぶサヨクこそ、「権力と言う悪」になっている。自分では善意だと思っているだけに、なお、たちが悪い。根本的な「人格、知性の欠陥」が感じられ、「話してもわからない相手」に、いったいどう対処すればいいのか?という激しいとまどいと絶望が残ります。
彼らは「言葉」は知っているが「概念」が伴いません。しかし、自らの「言語」に酔って、自らを過大評価します。あるいは、内容空疎な言語でも、相手をねじ伏せれば、それでよいと考えています。確かに中韓の行動様式にだぶります。
大学生のくせに「教授がしっかり教えてくれないから、勉強がわからない!」と、教室に乱入した過激派に、口をあんぐりするしかなかったことを思い出します。
自立できないまま、気に入らないことをすべて他人の責任にして、「攻撃する言葉」だけ、たくさんおぼえて、年だけとった・・・BPOのトップ!会わなくても「正体」は、わかる気がします。
おおかた、あの時代に機動隊に、たらふく殴られた恨みでもあるのでしょう・・・
機動隊が、ああまでやった背景は、日本が真の意味で独立できないようにする外圧による「洗脳」だったというのに・・・まんまと罠にはまったのですね。
敗戦の痛手は、かえすがえすも大きいと言わざるを得ません。
でも、明治日本は不平等条約を改正しています。
かつては、戦争で、今回は経済で地位の回復を成し遂げられる・・・麻生総理なら、やってくれると信じます。

愛国13号

自分は右翼左翼のことについて、愛国や国益の上で
改革路線=「左翼」保守路線=「右翼」が普通だとおもっていたんですが、今は「左翼」=売国 「右翼」=愛国みたいな感じなんですね。でも実際国民の税金で成り立っている公共放送がどっちかに偏った放送をするのは危険だと思います。
実際自分はNHKは大河ドラマ以外は見てませんが、お年寄りは一日中NHKばかり見ているし、ネットでの情報も得られないので高齢者を狙った犯罪のようでもあります。

猫好き

まさか、アマゾンにまで……。
昨日から始まった、アマゾンでの「パール判事の日本無罪論」の購入イベント。
なかなか1位にならずに2位で停滞していると思っていたら、3位に落っこちた……。

もしかして、アマゾンの中にもサヨクがいるのかしら……。

田中

次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1240072811/

現在amazon2位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

NHKの受信契約解約方法
ガチガチ左翼のNHKに苦情を言ったり、BPOに訴えたりしてもラチがあきません。
NHKの受信契約解約という具体的行動に移りましょう!
NHK契約解除(解約)方法はこちらに詳しく出ています:
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3326/nhk2.html

surnivers

NHKの偏向報道を正そうとしたら、それが逆に指摘を受けるのですか。
最早理解不能ですね。
日本と言うのはサヨクとやらに占領されてしまったのでしょうかね?
ワシは基本的に雑誌やブログで、これは!と思う人のしか見ないので、余り片寄った情報は無いと思っていますが、それらを総合するとNHkはもう公共放送ではありませんね。
中共放送ですね。
断固糾弾していくべきだと思います。

まざあ

ねずきちさま、いつもお疲れ様です。
ブログはもとより、コメント欄を拝読しているだけで大変勉強になります。ありがとうございます。
読んでも面白くないし賢くもなれない気がして、左側のブログを自然に読まなくなってしまったのですが、確かにコメント欄をオープンにしている方って、保守の方ばかりですね。
反対意見に逆上する狭量さと知的な不誠実さが、左側の特徴なんだなあと痛感します。
真実に目と耳を閉ざしているんだから、一種のカルトですね。
私も今朝の新聞読んで、心底呆れました。
BPOって何なんでしょうね。先日来の台湾問題で沢山の意見が寄せられているはずですが、全部握りつぶされてしまうんでしょうかね。あーあ。

bb

ねずきちさん、再びお邪魔します。
麻生さんが、「近頃は右の人のほうがインテリなんじゃない?」と言っているシーンを何処かで見ました。ちょっと嬉しかったのでご報告まで。定額給付金の申請が始まりました。箱根行って来ます。

基準点

BPOを始めNHK及び各放送局の偏向を許さない
 BPOが放送の倫理を言うならば、各放送局が自ら真実に基づく公平公正な報道を行うべきであり、その原点を踏み外している放送局に対して、意見を述べることをもって、“面談自体が「視聴者がNHKに寄せる自主・自律への期待と信頼に対する疑念を起こさせる」と判断した”とはまったくあきれ果てた論理のすり替えですね。

 ご紹介によれば、委員長は、弁護士で、ご立派な経歴をお持ちの方のようですが、一般国民の思考とは関係ないところに存在しておられるようですね。

 BPOに多少の期待もいたしておりましたが、所詮左に傾きすぎて頼りにならないようですね、いっそのこと傾きすぎにより自ら倒壊することを願わずに居られません。

 いずれにせよ今後とも各放送局の放送内容に対する厳しい監視を継続し、各放送局の偏向報道に関する指摘・改善意見及びBPO自体への意見提起を続けて行くとともに、同一意見を総務省にも送ることでBPOがいやでも対応せざるを得ない状況を作出し、BPOを始めNHK及び各放送局の偏向を許さない運動を継続する必要がありますね。


ねずきち

>bbさn
コメントありがとうございます。

≪ここまで、日本社会が病んでいるとは、さらに危機感増しました。何かしなければいけませんね≫

ほんとうにそうですね。

なにかしなければならない。

もう、そこまできていますね。

ねずきち

>naokoraさん
反対のご意見をありがとうございます^^

それにしても、naokoraさんのようなサヨク系の方のコメントというのは、非常に特徴がありますね。

まず、相手をいきなり「馬鹿だ」とか「歪んでいる」とか見下し、決めつける。

そしてその理由を説明する文章が、文章になっていない。
意味不明の言葉の羅列が続き、素人でもわかるような、丁寧な説明は、決してなされない。

簡単に言ったら、高ピーに相手を見下し、頭ごなしに馬鹿と決め付け、あいまいなことを言ってその場を抑えつけようとする。
そして、言いっぱなしで、必ず最後は逃げてしまう。

ひとむかし前・・・いあ、ふたむかしか・・・学生運動華やかりしころは、ウヨク=体育会系で頭が悪く(ごめんなさい)、サヨク系学生運動家は、勉強熱心で頭がいい、などと言われた時代もありました。

しかし、昨今の状況を見ると、サヨク系の方は、みなさん、同じ意見を持つもの同士で、批判意見を交換することはお得意だが、反対意見の中で、正々堂々と意見交換をすることは、どうにも苦手のようだ。

先日、紹介したたかじんの番組に出てきた田嶋女史などその典型で、自説を主張するときはいさましいが、金さんから、ちょっと矛盾を突かれると、いきなりふてくされてそっぽを向く。
これが教育者の姿かと、非常に残念かつ、不快に思いました。

ブログ記事や、コメントは、互いの意見交換の場でもあると思います。

自分が正しいと信じるなら、正々堂々と自説を展開されれば良い。そしてそれに対する反対意見もちゃんと傾聴し、きちんと答えるべきです。

ボクもサヨク系ブログに、なんどか反対意見のコメントを書かせていただいたことがあります。
署名はちゃんとねずきち、URLも入れている。
しかし、残念ながらそのコメントが、サヨク系政治ブログで公開されたことは、これまでただの一度もありません。

そういうのって、卑怯だって思いませんか?


>ねこきちさん
コメントありがとうございます。

≪私も今日この報道をみて、ピンときました≫

でそでそぉ~~!!!
なんでいまさら8年前の事柄なのさっ!(笑)
絶対、おかしいってっ!w

ほんと、もうここまできたら、法律を作って取り締まるか、革命維新を起こすしかないでしょうね。
もっともボクは血なまぐさいことは嫌いなので、ちゃんとことが公になって世間にその事実が晒され、庶民が動き、法ができるという方向が希望なのですが・・・


>NHKの失敗点さん
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りです。
NHKは民放ではなく「公共放送」であることによる、公共性、中立性が、完全に損なわれ、なぜか中共の政治的プロパガンタに沿った内容なら、どこからも叩かれない。

これは異常事態です。

国家として、どこかで歯止めをかけなければならない。

と思っていた矢先に、なぜかBPOが8年前の事柄を持ち出して、政治の番組関与を否定した。

これはおかしい。何かの力が働いている。画策している者がいる。


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

そうですね。おっしゃる通り、私たちは戦わなければなりませんね。

「悪を放置することは悪に加担するのと同じことである」

厳正中立であるべきBPOが、逆に中共の手先になり果てていたという事実は、もはや糾弾に値する。

ボクもそう思います。

bb

ねずきちさん、おはよございます。
私も昨夕7時のニュースで見て、フザケルナ!!と思い、かぐやひめさんと同じく朝いちで、ねずきちさんに会いにきました。がっかりです。またぞろ安倍さん、中川さんつぶしですか。何かあるたびに良識を信じてBPOに意見してきましたが、鼻で笑われていたような気がしてがっかりです。 ここまで、日本社会が病んでいるとは、さらに危機感増しました。何かしなければいけませんね。

かぐやひめ

真夜中のBS1のニュースで、見ました!BPOが歪んでいる・・・ことが、はっきりわかりました。当然気づいているべきでした。BPOが、まさに偏向報道を指揮し、鼓舞している。これでは、偏向マスコミを正しようがない。BPOを解体するべきです。ねずきちさん詳しく組織のトップを教えて下さってありがとう。現実に直面してショックとはいえ、今まで、気づかなかったことの方が、ずっと危険だったのですね。これで、BPOの正体がわかりました。正体のわかった敵は取り組みやすい。物語に出てくる魔物も「名前」を知られると魔力を失います。私たちは、公平な社会を作るために、行動を起こさなければなりません。指揮官を待つ、静かな力は、確かに高まっているはずです。「なぜ、今?」という言葉は小沢氏の事件の時、聞きあきましたが、まさに8年前のことを今とりあげて取りざたしている様子に、「今」JAPANデビューの台湾問題で、BPOが「何をしているんだ?」と、言われている「今」だからだ、とわかります。なんという汚い人でしょう!どういうゆがんだ人格の持ち主でしょう!どういう色眼鏡で日本を見ているのでしょう!この人に辞めてもらって、公平なBPO(だいたい、何で横文字なんだ?どういう目的の組織かちっともわからない!)放送倫理委員会を再生するための戦いは、どうすればいいのですか?指揮を待っています。一つ一つの力は小さくても、集まれば大きなことが出来る。森が動かなければならない時がきたと思います。私も一本の枝をもって、馳せ参じます。日本を救わなければ、子供たち、孫たちは・・・どうなりますか?許しません。憤りに震えて、目覚めると同時にねずきちさんに訴えようとページをあけると、まさに、この記事があり・・・少し、慰められました。

NHKの失敗点

「中立」を謳う公共放送NHK
NHKは民放ではなくて「公共放送」です。
ですから、できるだけ「中立」である事が求められるはずです。
MHK内部でも、「今だ確定していない問題に関しては多角的に検証する」事が決まりになっていたと思います。
件の従軍慰安婦番組ですが、バックに北朝鮮や極左が絡んでいたとも聞いています。(ネットで検索してみてください。)
もしかしたら、「反日プロパガンダ」の危険を察知したNHKの中の人が、その点を有力政治家に相談しに行ったのかも知れないと思いました。
逆にBPOに問いますが、「公共放送」が北朝鮮や中国のプロパガンダを延々垂れ流しても罪にはならないのですか?

かわって、「JAPANデビュー台湾編」ですが、これも柯徳三さん本人が桜のロングインタビューで語っていた様に「何らかの作為がある」と思います。
それは何か?
柯さんは、非常に本土意識の強い人で、ご本人は「漢民族だとは思っていない。台湾族だと思っている。」と述べる独立寄りの人です。
蒋松輝さんも「『大陸のお祖父さんはいても、お祖母さんはいない』という諺の通り、台湾人は混血している。」と仰っていました。
軍歌を歌っていたおじいさん達も、当然台湾意識の強い人々でしょう。
NHKはそのような台湾意識の強い人々を特に選び出し、「漢民族の文化」「漢民族の誇り」「(中国と)同じ民族」「中国語を禁止」という言葉を並べて「両岸統一」を演出した観があります。
「独立支持と目される人々でも本音では統一支持だよ。漢民族の誇りを持っているんだよ。」と本人達の意思を完全に無視して、視聴者を誘導したと思います。
これは、政治的に中立であるべきNHKのやる事ではなく、CCTVのやるべき事でしょう。
(下の動画で、出演した方々や出演者のお友達が各自の思想信条を語っています。)

【NHK・JAPANデビュー】井上和彦・台湾取材12のポイント[桜 H21/4/25]
http://www.youtube.com/watch?hl=ja&v=jMY9XIhhe58&gl=JP

ねこきち

さすが、ねずきちさん。
私も今日この報道をみて、ピンときました。
安倍元総理や稲田議員が、NHKの例の番組に対して、批判したことで、またたかじんの番組で、三宅先生が物申したし、ここで先手を打って潰しておこうということでしょう。
BPOも所詮お仲間の団体ですから、機能していないってことですね。
総務省直轄の機関をつくるしかないでしょうね。

naokora

歪んだ「ねずきち」
歪んでいるのはNHKとねずきちにだ。本当に未だにこんな馬鹿がいるとは!
安倍晋三を引き摺り下ろしたのたのが、年金問題であって、従軍慰安婦否定でなかった禍根がここの馬鹿に現れているな。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク