清陽(すみてあきらか)と重濁(おもくてにごる)



ときに重く濁った気持ちになってしまうのだって、当然です。
なぜなら、それは「もとからあるもの」だからです。
でも同時に私達の中には、清陽(すみてあきらか)なるものが存在します。
清らかで、陽(ほがら)かなものが、ちゃんと内在しているのです。
だからいまは落ち込んでも、次の瞬間には、笑顔でいることもできるのです。
それが人間です。

20201220 上高地
画像出所=https://www.nta.co.jp/media/tripa/articles/Z5ZoK
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

日本書紀の冒頭に「清陽」という文字が見られます。
このように書いて「すみてあきらか」と読みます。
「清(きよ)らか」であることは大切です。
だから、体《身》のよごれなら、お風呂に入って落とします。
同様に魂《霊(ひ)》の穢(けがれ)なら、神社に参拝したり、お祓いをしてもらって、これを祓(はら)います。

けれど日本書紀は「それだけではダメだ」と書いています。
もうひとつ、
「陽」でなければダメだ、と書いているのです。
「陽」という字は、このようにかいて「あきらか」と読み下します。
そして「陽光のように明るい、あたたかい」そして「ほがらか」という意味を持ちます。

つまり日本書紀は、清らかであるだけでなく、ほがらかで陽気なくちゃダメだよ、と書いているわけです。
それが、日本書紀の冒頭、いちばんはじめにかかれています。

いにしへの             古
あめつちいまだ  わかれずに    天地未剖
かげあきらかも  わかれずに    陰陽不分
とりのこのごと  こんとんの    渾沌如鶏子
ひろがるうみに  きざしあり    溟涬而含牙
すみてあきらか  なるものは    及其清陽者
うすくたなびき  あめとなり    薄靡而為天
おもくてにごり  たるものは    重濁者
つつひてつちと  なりにけり    淹滞而為地

《現代語訳》
 大昔、天地がまだ分かれていなくて、陰陽もまた分かれていない混沌としたなかに、ほのかな兆(きざ)しがありました。その兆(きざ)しの中の清陽(すみてあきら)かなものが薄くたなびいて天となり、重くて濁(にご)っているものが、停滞して地(つち)になりました。美しく言いようもなく優れたものは広がりやすく、重くて濁ったものは固まりにくかったため、先に天が生まれ、後に地が定まりました。


▼清陽と重濁から神様は生まれた

日本書紀には古事記のような前文がなく、いきなり本文がはじまります。
その冒頭の言葉が「古天地未剖(いにしへの あめつちいまだ わかれずに)」です。

天地がわかれることに、解剖するときに使う「剖」という字を充てています。
この字は刃物を使って二つに切り裂くことを意味する漢字ですが、その天地はもともと別れてなどいない、陰陽も別れていなかったと日本書紀は記述しています。

よく「日本書紀は中国古来の陰陽道に基づいて書かれた」と言う人がいます。
しかし中国における陰陽思想は、陰陽は対立概念であり二元論です。
しかし日本書紀は、陰陽はそもそも一体だと書いているわけです。
このことは、「日本書紀は陰陽思想ではありませんよ」と、冒頭で宣言しているようなものです。

そこから、清陽と重濁が別れます。
清陽は「すみてあきらか」と読みますが、清らかで、かつ陽気なものです。
それが薄く広がって天になった。
そして重くて濁ったものが下方に固まって地(つち)となったと書いています。

そしてここが大事なのですが、こうしてできあがった「天地」に、最初の神様である国之常立尊(くにのとこたちのみこと)がお化(な)りになります。
そして続けて国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)がお生まれになられたと書いています。

一般に神様といえば「天にまします清(きよ)らかな御存在」と認識されます。
しかし日本書紀は、そうではなく、「清らかな天」と「重くて濁った地(つち)」で出来た天地に、最初の神様がお化(な)りになられたと書いているのです。
神様の中にも、重くて濁ったものがあるのです。
ましてや我々人間の身は、その重くて濁った地(つち)でできた作物によってできています。
つまり、もともと人の体は、そもそもが重くて濁っているのです。

ですから、ときに重く濁った気持ちになってしまうのだって、当然です。
なぜなら、それは「もとからあるもの」だからです。

でも同時に私達の中には、清陽(すみてあきらか)なるものが存在します。
清らかで、陽(ほがら)かなものが、ちゃんと内在しているのです。

だからいまは落ち込んでも、次の瞬間には、笑顔でいることもできるのです。

それが人間です。


お読みいただき、ありがとうございました。
日本をかっこよく!! むすび大学。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク