ロシアが激怒した中国の兵器パクリ。今度は日本が標的に!



sensya

これまで、低価格のロシア製兵器がアフリカ諸国でのシェアを握っていました。
ソ連崩壊とともに、革命の名のもとに庶民の平和な暮らしを脅かし、自己の贅沢だけを希求する集団に対し、ソ連製の銃器が売り渡された。

そうして政治権力を握った連中が、民からの収奪で財力・資力をつけ、戦闘機や戦車、小型ミサイルなどを購入しはじめています。

ところがこの死の商人の介在するブラック・兵器マーケットに、近年、中国製兵器が大量に進出しはじめた。

中国は少量の兵器をロシアから購入し、兵器を解析してコピーを作り、海外の反民主勢力に武器を大量に輸出しはじめた。
その武器で殺され、収奪されているのは、平和をのぞむ多くの一般庶民です。

中国の、ロシアからの兵器輸入額が最多となったのは2006年でした。
ところが2007年以降、中国の対ロシア兵器輸入額は大幅に減少しています。

理由は、簡単。

2007年以降は、それまでにロシアから輸入した兵器をコピーして作り始めたのです。

中国製武器は、膨大な時間と費用を要する開発費用がまったくかかっていません。
しかも、人件費が安い。当然、製品価格も安い。

買う側からしてみると、これまで使用していたロシア製兵器と、まったく同じ仕様で、使う弾薬のサイズや、兵器を動かすためのエネルギー系統、兵器の仕様・構造がまるで変わらない。だから新たなメンテナンス要員を育成する必要もないし、部品等もロシア製、中国製を共用できる。しかも価格が安い。
購入するメリットは充分あります。

いまや中国製兵器は、銃などの火器にとどまらず、戦闘機や戦車までも網羅し、中国は、共産圏最大の兵器輸出国となっています。

一例をあげます。

中国製の戦闘機 “殲撃11”

この戦闘機は、中国が「自主開発」したと主張しています。
ところがその仕様は、ロシアの“スホーイ27”と、まるっきり同じ。
要するにコピー商品です。
sentouki


中国はこの戦闘機を、自国内に配備するばかりか、パキスタンなどにも売却しています。

こうした事態に、ロシアは当然激怒します。

そりゃそうです。
ロシアのが供与した技術を勝手にコピーして、ライバル製品として輸出されているのです。
怒らないほうがどうかしている。

そこでロシアは、報復として、新規の艦載機売却契約を全面的にストップした。

中国は困りました。

なぜかというと、目下中国は、新型空母を建造しています。
空母を作っても艦載機がないのではシャレになりません。

そこで中国は、軍事技術分野における知的所有権保護を申し出、ロシアから技術供与を受けた兵器について、輸出を禁止する調印を両国で行いました。
これが昨年12月11日の出来事です。

ある意味、ロシアはさすがです。
コピー製品で自国の権益が侵されていると知るや否や、中国に対し、即刻ペナルティを課すべく、動いた。

さしもの中国も、核を保有する軍事大国ロシアが相手です。
気を遣って、お行儀よく、譲歩を受け入れた。

ところがです・・・・

中国からしてみれば、ロシアから盗むべき技術は、もはやすべて盗みきっている。
あとは、空母に搭載する艦載機の技術さえ盗めればよい。
そのためには、ロシアのご機嫌をとって、艦載機を買わせていたこう・・・というわけです。

ところで、2009年4月10日に発表された中国科学技術協会報告書「兵器科学と技術学科発展報告」によると、

「一部の分野で中国製兵器の技術レベルは、世界最先端にある」とされています。

どういうことかというと、中国製兵器は、

(1) 戦車や砲弾など伝統的な部類に属する兵器の能力はすでに高水準に達している。
(2) 戦車など走行車両の機動性、火力、防御力は大きく向上し、エンジンの改良や高速冷却技術も発展が進んでいる。
(3) 砲弾は総合的には1990年代レベルにあるものの、射程延長、弾道修正、徹甲弾などの技術は先進レベルを保持している。
(4) 魚雷、機雷の技術も大きく向上している。

要するに中国は、ロシアから盗むべき技術は、すべて盗み、コピー製品によって、自国の火力を安価に強化し終えたということです。


一方、中国の軍事力で立ち後れている分野が、情報化。

思いだしていただきたいのです。
イラク戦争のとき、イラクの誇るソ連製の最強のT72戦車を、性能面ではほぼ同性能の米M1戦車が、一方的に打ち破っていたことを、です。
ソ連製T72型戦車は、雪崩を打って敗走するしかなった。

その理由は、従来日本の自衛隊の戦車だけが保有搭載していた“特殊スコープ”にありました。

日本の協力のもとにこの“特殊スコープ”を搭載した米国戦車は、時速100km近いスピードで、砂漠とはいえ硬い土の上を走りながら、一度視覚に捉えた相手を視界から失うことなく、一方的に砲撃・爆破することができた。

対するソ連製製戦車は、この“特殊スコープ”がなかったために、相手方戦車を捕捉したあと、速度をゆるめ、照準を確認し、弾を込め、発射するという手順をとらなければならかった。

米国戦車は、見つけたと同時に猛スピードで走行しながら砲弾を発射する。

戦いが一方的になるわけです。

中国製兵器で、いちばん問題なのが、車両総合電子情報システムなど統一的な基準がないこと。加えて情報化技術が、レベル的にも先進国から大きく遅れていることです。

そして、中国科学技術協会報告書は、今後、「自動化、デジタル化、ネットワーク化、ロボット化など新分野の開発を進めると同時に、既存の伝統的な兵器の優越性を確保することが必要だ」と指摘している。

その「自動化、デジタル化、ネットワーク化、ロボット化など新分野」で、世界的にみて、最も高い技術を持っている国は、どこでしょうか。

もうおわかりのように、それは日本です。

中国は、日本の技術を盗み、コピーするために、

・日本政府に働きかけて、日本の大企業に中国人技術者の就職を送りこむ。
・技術のある日本企業を、ありとあらゆる接待攻勢で中国国内に工場を誘致する。
・日本の大学の研究室に金銭的支援を申し出、技術の開発段階から盗む努力をする。。。等々
ありとあらゆる方法を使って日本の技術を盗もうと画策している。

そしてどうしても解析できない日本のITのソースコードについては、政府レベルで日本に強制開示請求をする。

それら中国の軍事力情報化推進のための努力は、結局は、中国共産党の軍事力を増強させ、近隣国の安全を脅かすだけでなく、中東やアフリカ、南米等の内乱を後押しし、現地の庶民の暮らしを脅かすという害毒を撒き散らす。

イスラエルが地上侵攻を開始して、ガザ情勢は激化の一途をたどっているけれど、対するイスラム原理主義のハマスが使用しているロケット弾は中国製です。
現実に、中国製兵器が中東の平和を脅かしているのです。

ロシアは、そうした中国に対し、当然の警戒感を抱いた。
そしてロシアの警戒に対して、中国はごめんなさいをするしかなかった。

日本はどうでしょう。
中国の不当な要求に対し、いまさら日中首脳会談ですら村山談話の踏襲を約束させられ、土下座を強要されている。
これを受け入れることを是とする国内勢力が形成されている。

このことは下手をすると、日本のIT技術が盗まれ、コピーされ、技術立国である日本の企業活動が壊滅的打撃を被るだけでなく、中国共産党の持つ軍事力をさらに拡大増強させるだけでなく、世界に混乱と秩序の崩壊を招くことになる。

そしてそのことによって、劇的に被害を受けるのは、私たち日本の企業であり、一般庶民なのです。

それだけじゃない。世界中で、安価な中国製兵器によて、無辜の民が、虫けらのように殺されているという、いますでにある現実を、さらに拡大生産することに、日本が“手を貸す”ことになる。

日本が手を貸すということは、他の誰でもない。私たちひとりひとりが、中東やアフリカ、南米の殺人に協力するということでもあるのです。

なぜ、ロシアは、中国に対して強く出ることができたのか。
それは、ひとえに、ロシアが核保有国であり、強力な軍事力を持っているからです。

やはり、日本も、もうここまできたら、憲法9条を破棄し、核を保有すべきです。
核は、日本人のように、平和を愛し、「民の幸せこそが国家の幸せである」と、誰もが考えている国民こそが持つべきものです。
悲しいことだけど、これが現実の世の中というものです。

ボクには、以前椿さんがおっしゃってた、
「広島の平和記念館に書かれている『私達は二度と過ちをおかしません』という碑文は、『二度と原爆を落とされない“強い国”になります』という意味だ」というお言葉が、ものすごく印象に残っています。

中国に騙され属国にされた東トルキスタンや、ネパールは、人々の私有財産権ははく奪されている。
漢民族による民族浄化活動と称して、適齢期女性が大量に拉致され、中国人の子を強制的に妊娠させらている。
男は粗末な衣類と粗末な食事を与えられるだけで、生涯無給で、労働奉仕させられている。。。。

そういう民の生活や幸せを平気で踏みにじる一党独裁政権の国が、すぐお隣にあって、綺麗ごとを言いながら、日本の技術と、富を狙い、国益を侵害し、日本国内を混乱させ日本を亡国に導こうとしている。

このことを、もうそろそろ日本は、きちんと考えるべき時に来ている、ねずきちは、そう思うのです。

■関連記事
進展する兵器開発、一部分野では世界最先端の技術を獲得―中国 Record China
http://www.recordchina.co.jp/group/g30453.html
<中ロ>軍事技術分野の知的所有権保護で合意、「パクリ」兵器の輸出禁止へ
http://www.recordchina.co.jp/group/g26878.html
<中国製>コピー兵器は低価格高品質、ロシアからシェア奪う―アフリカ Record China
http://www.recordchina.co.jp/group/g27226.html
<ガザ>ハマスは中国製兵器を使用、中東の平和脅かすと批判―欧州 環境時報
http://www.recordchina.co.jp/group/g27358.html

人気ブログランキング ←中国の横暴から日本を、そして世界を守れと思う方は、ここをクリックお願いします。

中国の世界征服戦略 野口裕之 1/3 チャンネル桜 防人の道

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無し

No title
核を、持ちたいとは思いませんが、この状態では日本も持たねばチベットウイグル自治区の人たちも苦しめられるだけだ。守っていいのは落とされた日本だけだ使い道を知ってる日本は持つしかないね!

愛国日本!反日撲滅!

No title
>> >突然の死<さん

核に対する抑止力、それが核兵器じゃなければ良いのは確かにそうですね。

しかしそれが今現在、実働可能なところまできているのか、そういうところまでみないといけません。確かに日本の技術力なら可能ではないかという期待がありますが、それを言い出すと日本なら憲法9条があるから軍隊なしでも大丈夫とか、日本なら友愛の精神で世界が平和になるとかにも繋がります。

現実的に考えて、核以外の核に対する抑止力が実際使えるようになるまでは、米国の核の傘の加護を受ける必要が有り、それが結果的に米国の圧力下に置かれている現状から抜け出すには、日本自ら核を所有することへと繋がります。

米国の核の傘の下に居る間に開発できるのか、また核の傘があるから日本から甘い汁を吸えている現状で、そこから抜け出されるような技術開発を米国が見逃すのか、今の日本では難しいように思います。

日本が真に自立するには、核に対する核以外の抑止力を模索すると同時に、核を持つことも必要であると私は考えます。その為には原発開発の技術も維持し続ける必要が有り、今回の原発技術の輸出も必要なものではないでしょうか。

>突然の死<

No title
核兵器を持つ事によって我々まで"糞っ垂れ"にはなりたくないですね。
核の抑止力?持ってるのならいかなる理由であれいずれ敵に向かって使用するのがオチだ。いままで世界でそれが2回しかなかっただけ。
別の方法を模索すべきだ。日本なら見つける事が出来る。

ちょんぬ

記事読ませていただきました!
私は高校生です。平和学習を今までしてきて核がどんな恐ろしいものか分かるのですが世界の国々と対等に渡り合うなら核を持つべきだと思います。読んでいていろいろな発見がありすごく勉強になりました。まだまだ世の中のことよくわかりませんが( ̄▽ ̄;)これからもっと学んで行きたいと思います!

かんな

中国はすでに侵略の準備をしています。
ねずちさん、初めまして。
通州事件とか中国に関するものを読んで、ある預言の本に書かれてあるものを思い出しました。

「戦略の聖母預言」です。
だいぶ前の事なので、記憶は定かではないのですが・・・。
聖母マリアが出現し、日本の将来を預言し、信者である日本人(またはオーストラリア人の神父かな?)に告げた事ですが、一番警戒しなければならないのは中国です。

第三次世界大戦が始まる前かどうかわかりませんが、アメリカが弱くなった時、ロシアがある国々へ侵略し、中国もアジアへ侵略始めます。その前に日本などの国々へ中国のスパイを送り込ませ移住させる。(もうすでに移住していると思います)
聖母はそれを警戒しなさいと警告しています。
その後、日本、韓国、台湾、フィリピン、ベトナムなどの国々の国旗を中国の国旗とすりかえられ、中国の領土となってしまいます。
そうなると、通州事件のように、チベットやウイグルにしたように虐殺し始めます。

多くの中国に関するニュースやネットで知れば知るほど、私の警戒心は強くなってきます。
まず尖閣諸島、沖縄、そして日本、じわじわと悪魔の手が伸びているとわかり、すごく怖くなります。

日本はもっと警戒して欲しい。
中国寄りの民主党を潰して欲しい。
と心からねがっています。

日本太郎

共匪と戦いましょう(ロシアを騙した中共)
終戦後に多くの人が不法に中共の戦犯として捕まりました。元軍人の話しによると, 同じ刑務所内に毛沢東と権力争いで負けて,刑務所にぶち込まれた共産党の幹部が大量に居ました。その中で直接聞いた話しに,コミンテルとスータリンを騙して満州を手に入れる謀略を早くから工作していたそうです、まんまとスターリンを騙してやったと自慢話をしておりました。 日本は満州でロシアと国運を掛けて戦い,やっと勝利して手に入れて大発展さした土地でした。満州は関東軍が終戦と同時に武装解除し,軍事的空白が生じていました。国民党と共産党が争っている間に,ロシアは不可侵条約を破り参戦して,満州の重工業の設備を盗み50万以上をシベリアに強制連行しました。 満州を占領するかと思っていたら,中共に騙されて樺太・千島列島を占領し北海道を目指し、連合軍に阻止されている内にまんまと中共が満州を手に入れてしまいました。ロシアがあれだけ欲しがって満州を手に入れようと,日露戦争を仕掛けて負け, モノハンでお互い大損害をした代償が樺太と千島列島しか取る事が出来ない状態です。 最近ロシアは戦勝記念日を制定しましたが、満州を手に入れ損ない何を祝うか気が知れません。中共は幹部を送り一緒に祝ってニタニタしていたそうです、此には大日本帝国軍人や自衛隊幹部はみんな呆れて大笑いしています。 ロシアのプーチン首相閣下も中共にはくれぐれもお気を付け下さい。 日本太郎

yaxar

日本の出来ること
そうです、大きな勉強になりました。日本はアジアの最高の
科学力を持つ国であり正しさを持つ国でもある。
今すぐ軍事力を回復すれば敵はいない。
中国とやらの利はあっても儀はないかすや労どもから
かわいそうな、ウイグル、チベット、などなどの人たちを
共産党社会主義の腐った連中から助け出そう。

すん

No title
一番良い方法は、日本が米国の属領になることです。(もうすでになっていますね!)
アメリカ合衆国日本自治領として、(サイパンにような感じ)
自国の軍隊である、米軍の増強を図れば、あんな共産馬鹿中国なんて敵ではないですよ!
これで、中国、ロシアも全然怖くないですね!

アメリカ合衆国日本自治領

かぐやひめ

az様
伯父がヒロシマでなくなっていることもあり、私も、核を容認しない姿勢には共感いたします。

でも、現実問題として、「核を持つ国と、持たざる国」の力関係を見ると、考え込んでしまうのです。

北朝鮮が、本当に核開発をなしえたかどうか(少なくとも外国の援助なしでは、あり得ないと思いますが)は、ともかくとして、
もし、北に核がなかったら、北は、何物でもないはずです。

現実に、核を持つ国と持たない国では、おのずと力関係が決まっていると思うのです。
核を使用するのではなく「もつ」ことは、日本にとっても、必要悪なのではないかと、世界を眺めていて思います。

ただし、日本が核を持つことを一番認めないのはアメリカですから、あと、少し、もう少し、アメリカがへこたれて覇権国家でなくなるまで、議論すら、不可能でしょう。

核を持たないと言い切るのは、理想論でしかないのではないでしょうか?悲しいことですが、人類がもっと、進化する日まで、開けてしまったパンドラの箱から飛び出した悪魔を制御できない気がします。

それにしても、アメリカの経済状況が悪くなると、北朝鮮がミサイルを撃つ撃つと、かまびすしい・・・日本がアメリカ様に泣きついて「金は、何ぼでも出すから、ミサイルで日本を守ってくれ!」と・・・言わそうと!
あいつら、ぐるじゃないですか?

az

椿さんへ
日本人だけが高潔で民度が高いとお思いでしょうか?

日本人にもチンピラがウヨウヨいます。殺人や犯罪が起こります。

実生活で社会を見てどうでしょうか?周りの人々をきちんと見ていますか?良い人ばかりでしょうか?悪い人ばかりでしょうか?

外国人=悪い人間というのこそマスメディアに刷りこまれた印象ではないでしょうか?

だからといって、私は日本だけに厳しく言うんじゃない。
そういったことは海外の国々でも全く同じだという事です。

勿論価値観や信じているものが違いますから、「こういったことは日本人の方が良い」とか、「あれにかんして言えばこの国の人の方がはるかに良い」と思うこともありますが
良い人もいれば悪い人間もいる。これが普遍的な事実です。

世界を冷静に観察する心を失っては自分の国だけが最も民度が高いという考えでは御隣の国と言ってる事がたいして変わりません。

そういった思想に国が支配されると「これは私の国起源だ」とか言い出すんです。

あの国は特にひどいことに思想を教育で教え込んだので普通の国に戻すにはあと50年はかかりますが。後の政治的影響は確実にあるでしょう。

人は知りたいことしか知ろうとしないですから無駄かもしれませんが日本こそ核を持つに値する国などというばかげた理論はひどすぎる。

少なくとも人間は核を持つに値していない。一生物が地球の自転に影響を与えるほどの威力をもった兵器を持つこと自体が生物にとってバグなんですよ。
でも、それを人は作れてしまった。ここにこそ問題があるんです。

そして、アメリカやロシアですら実際に使えない兵器だといたった応えに税金を払うでしょうか?核を作れば世界から軍事的に無視できない国としてチェックされるでしょうし、その実力もないのに。そんな政治家に私は絶対投票しません。

金は失業者や要介護者へつかう予算に割くべき。

日本で本当に異常なのは若者の犯罪が多いことではなく(他の先進国と比べいたって普通の数値)中高年の犯罪率が異常に高いこと。日本にとっては、そっちの方が足りていないんですよ

az

No title
敗戦当時のしかも原子爆弾を食らって日も浅い日本人が本当に軍事強国なることを望んでいたか?というと甚だ疑問が残ります。
戦争をもうしたくないという事は間違いなく考えていたでしょうが。

中国に強気の政策をとれない背景を「軍事力が足りないから」という一元的な見方をするのは無理やりなきがします。

一つに日本の食糧自給率が余りに低いと言う事実もあります。中国からの食料が輸出されなくなれば何だかんだいって食品関係は高騰しますよ。

さらに日本は小さい国であり、資源の少ない国ですから、
ソフト面の開発や、第三次産業しかできない状態です。
現在ソフト面以外の分野以外は殆ど廃業状態と言っていいでしょう。二次産業を国内でやるには人件費が高すぎるんですよ。

そのた諸々問題はありますが

中国に強気に出るには有事の際、国内であらかたのこと解決できる(生きていける)国にならなくてはいけない。

労働者もたくさん必要。兵士もたくさん必要。

そのためには、貧富の差が激しくなることを容認して低賃金労働者をたくさん作ったり、高すぎて一般人には買えないような商品が平気でまわる社会(つまり生活層が割れた社会)になることを認めなくてはならない。

まさに現在の中国と同じですね。

そのときに日本は管理人様の言うような外国人の人命を気にかけるような「やさしい」国でいられるでしょうか?私はそうは思いません。

日本は何だかんだいってやさしい国でもバかな国でもないですよ。

日本は小さな国内で争いごと避け生きていくことになりましたが、
他国の軍事力を借り他国の農産物を金で取り上げ自分達は鳩や羊のような顔をしながら相当ずるがしこいキツネのような国ですよ。(外国と比べてですが

あと、日本は兵器を売ってない様に言われますが、兵器に転用可能なものを大量に輸出しています。
どう考えても第三世界では一般に普及しないような高性能な機材は何に使われるか判りますね?

-

No title
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachiiを参照してください。

椿

日本文化が世界を救う。

『核は、日本人のように、平和を愛し、「民の幸せこそが国家の幸せである」と、誰もが考えている国民こそが持つべきものです』

この意見には大賛成です!!!
日本は「核の恐ろしさ」を身を持って体験した国であり、最大の被害者です。

もちろん、ウィグルの方々もそうですが…。
しかし、経済的にも技術的にも文化的にも、
どこの核保有国よりも“高い精神性”を兼ね備えているのが、
日本民族だと思います。

こういう日本のような国が核を保有してこそ、
世界の安全や安定を守れるのではないでしょうか?

日本は軍事力以外は全て揃っていますが、
いかんせん、軍事力が無い為に、
“本当の意味での正義や公正”を持って、
他の貧しく虐げられている国々を守ってやることが出来ません。


いえ、自国の国民でさえ、
30年以上も拉致されているにも拘わらず、
今だに取り返せない「屁垂れ振り」です。

ねずきちさんが仰るように、
実際悲しい事ですが、この世は“力=軍事力”
物を言う事も確かです。

愛する人だけでなく、虐げられ、飢えている弱者を助ける為にも、
人間は強くなければ助けてあげる事が出来ないのです。


愛する人や貧しい人弱者を擁護し救済する為にも
『強さ』と言うものは
不可欠な要素ではないでしょうか?

米中露朝のように、『弱気を挫き、強きを助ける』ような
人非人が核を保有している限り、世界の不平等や戦争や内紛は、
これから先も無くならないでしょう。
もちろん、
日本自身もこれらの不条理な国から、食い尽くされることは間違いないです。

しかし、日本人が勇気を出して、
これらチンピラ国家と堂々とわたりあえる軍事力を持ち、
ご先祖様のように、『義のある国際外交』をするのであれば、

世界中で虐げられている多くの民族、戦争で疲弊しきっている国々を、
少しでも助けてあげることが出来るのではないでしょうか?

もちろん、拉致被害者の日本人同胞の救出は、最優先事項ですが。

かっての“日本の国家予算”はロシアの10分の1程度でした。しかし、“義と勇と誠の精神”を持って、
日本ただ一カ国で、強大な植民地主義と戦い、
その目的を達成することができました。
あの貧しかった当時の我らご先祖様に出来て、
今遥かに経済的にも豊かになった私達子孫が出来ないはずはないです。

日本人よ、いまこそ、人権や差別だと言う“似非平和主義者達の罠”から脱して、
ご先祖様の気概=勇気・正義・誠の精神を取り戻して欲しい!





ttttt

ネットキムチブログ

日々雑感、狂国で暮らす毎日、何を書けば・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/lamerfontene
嫌ネット右翼blog
http://ameblo.jp/paxromana4ever/
胡桃の中の世界
http://d.hatena.ne.jp/lil-green/
戦争を語るブログ
http://blog.livedoor.jp/manfor/

ソーコム

政治blogを日々彷徨いてます。
高次元、低次元、真面目から茶化しまで色々有りますが、一番、私達の目線で発言されているのがねずきちさんだと感じます。

本当にこれからも頑張って下さいね。

私はmixiで啓発(勝手ですが)紹介活動を続けていきます。

ふく

中国ってのは13億の市場では無く、トップたった一人の市場ですよ。

1つ買ったら、他は全部コピーして配りますから(笑)

そう考えると腹も立たない。

日本の兵器産業、大賛成です。

日本の技術があれば、6000km離れたゴマを爪楊枝ミサイルで打ち抜く事も可能だと思うんだけどなあ(笑)

ねずきち

>machさん
コメントありがとうございます。

そうなんですかっ!
写真の戦闘機は“殲撃10”なんだっ!@@

ご指摘、ありがとうございます。

ただ、記事の中に記載した殲撃11は、原文のレコードチャイナの記事の記載をそのまま引用させていただきましたものなので、訂正はしないでおきますね^^

これからも、何かお気づきの点があったら、是非また教えてください。

ボクも書きながら勉強なのです^^b


>かんいちさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

≪中国のずる≫

旨い表現!!

座布団1枚っ!☆^∇゜) ニパッ!!


>bbさん
コメントありがとうございます。

いいなぁ~~至福のとき。

ボクはせいぜい私服のときがあるくらいです(笑)

兵器産業は、日本は興すべきです。
それは短期的には雇用の拡大につながり、先端産業の振興にもつながる。

また秘密保持に関する国家的関心も高まり、昨今のような野放図な北や中共への情報流出を防ぐことができるようになる。

また長期的には、日本のIT関連産業の育成や、省エネタイプの製造業の活性化にもつながります。

そしてなによりも日本の安全を守ることができる。

また日本が核を保有することは、世界から中華(中禍)被害を阻止するという日本に課せられた大きな課題を通じて、人類の平和と安定に寄与することができる。
とてもたいせつなことだと思います^^b

「じゅん坊日記」拝読させていただきました。

林議員、若いがなかなか頑張ってますね。

記事にコメントをつけられている方々も、なかなかみなさん骨太だ^^

こういう若手議員が増えてもらいたいものですね。


>愛信さん
情報ありがとうございます。

動画ニュース、拝見しました。
北京での麻生総理の記者会見の模様ですね^^

麻生総理には、是非、任期満了まで解散はぜずに頑張ってもらいたいと思います。


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

ランキングは、ほんとうに、ここに来ていただけるみなさまのおかげだと思っています^^

てか、ボクの拙い記事そのものより、みなさまからいただくコメントのほうが、断然、濃い!(笑)

ブログの楽しさって、たぶん、コメント欄を通じてのみなさまとの交流だと思うんですよね^^

なかなか時間がとれなくて、(けっこう記事も長いので^^;)、コメントへのお返事が書けない日もあったりしてて、ほんとうに(^。^;)ゴメンナサイ・・・

なんとか頑張っていきます^^v


>surniversさん
コメントありがとうございます。

そうなんです!!
論外なんです!!
ただちに中華(=中禍)から撤退すべきです(笑)

コピー大国中華(中禍)

映画のVTRや、音楽CDのコピーから、ブランド衣服や小物類、果ては軍事兵器までコピー、コピー、コピー、コピー・・・

それを輸出して「外貨保有高がいまや世界一になった」といわれてもねぇ・・・


>ののさん
コメントありがとうございます。

相当根深いところまで日本にはいりこんだ中禍被害です。これからそうした病巣を暴いていくことは、とてつもなく大変なことだと思います。

だけど、ボクもののさんと同じく、子や孫の未来のために、禍根となりそうなことは、できるだけとりのぞいておいてあげたい。

そう思うんです^^

のの

最悪の行為を平然と
初めてコメントさせていただきます。
中国はある意味最も効率のいい利益を出す国家ではないかと思います。
無論我々日本人の美徳、一般的感覚からすればありえない事、人間としてやってはいけないと思う事ですらやってのけるからこそではありますが。
自国をただひたすら強化する、それが他の国家にどのような影響や被害を与えるとしてもです。
日本人は他の国への配慮を忘れません。だからこそ現在の特亜への弱腰な体勢が出来上がってしまったのでしょう。(マスコミへの対応も拙いです。)
民主政権が誕生してしまえばチベットや東トルキスタンのような悲惨な将来が日本に訪れる事になるやもしれません。(ほぼ確実にでしょう)
今からの日本人の反撃はかなり厳しいものになるでしょうがそれでも日本の為、子供達の将来の為にも頑張らねばと思います。

surnivers

日本は撤退あるのみでしょうね
情報技術を盗ませるなんて論外でしょう。そんな事をさせるのであれば、直ちに中国市場から撤退するべきでしょうね。と言うか、日米欧のトライアドが全部揃って撤退して、中国市場をシャットアウトすれば良いと思います。

後はシナ人が何人のたれじのうと知った事ではありません。日本は徹底的に哨戒能力を増し、難民は全部撃沈で良いと思います。生き延びたシナ人は射殺すべし。

まぁ、過激な冗談ですが、それ位の覚悟で望んで欲しいなぁ、と思いますね。それにしてもコピー大国中国。おそるべしですね。

かぐやひめ

ブログの人気があがっていますね
ねずきちさんのブログの人気が上昇していることに気付きました。確か、以前は人気政治ブログの中で、もっと下の方までくって探していたと思います。まもなく10位以内にはいる勢いですね。さすがです!とても、しっかりした内容と、深い心情と信念が感じられ、一味違うブログだと感じています。そして、共感し、ブログ主とコメントの人たちに共感し、なぐさめられ、あらたな勇気を感じています。応援しています。

愛信

【日中韓の首脳会談が8月に中国 天津市で開催される方向で調整】
早期解散見送りのサイン?。

日中首脳会談麻生総理大臣記者会見中継 04/30-18:30 1~3

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

bb

ねずきちさん、こんばんは。
今日は、一昨年行った調査報告書(民俗)を話者の方にお渡ししてきました。皆喜んでくれました。至福のときです。

もう核を持つしかない、或いは議論だけでもいいからはじめるべきですね。前にねずきちさんが兵器産業を興すべきと仰ってましてよね。主人も同じ考えです。日本がきめ細かい配慮の行き届いた兵器(変な言い方ですが・・・)を開発すれば需要はありますよね。ロールスロイスにそっくりの車をオリジナルだと言い張る国です。全く信用できません。

ところで、我が選挙区の林潤議員が決算行政監視委員会で村山談話と国語教育について質問に立ちました。宜しければ「じゅん坊日記」4・29の記事覗いてみて下さい。いい質問でした。
http://www.hayashi-jun.com/blog/diary.cgi?no=161
こういう若い議員が増えればいいナと思いました。

かんいち

中国のずる
今回。
実に中身のある内容です。
勉強になりました。

.

http://www.yoronchousa.net/

ネット世論調査政党支持率 - 2009年5月

ネット世論調査麻生内閣支持率 - 2009年5月

mach

写真は殲撃10ですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/J-10_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク