ウマシアシカビヒコヂの神の御名の意味するもの



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX

Amazonベストセラー1位(古代日本史)


第83回 倭塾 5月23日(日)13:30より開催
https://www.facebook.com/events/535392340770225


困ったときには原点に帰る。
その原点というのは、笑顔で活発で、明るくて元気いっぱいの姿です。
またそこから立ち上がっていこうよ。
また新たに出発して行こうよ。
いつだって、何度だって、やり直すのさ、
そう言って白い歯を見せて笑っている
そういった、底抜けの陽気さが、日本人の原点です。

可美葦牙彦舅尊 (うましあしかびひこじのみこと)を御祭神とする浮島神社《愛媛県東温市》
20210510 浮島神社
画像出所=http://ehime-jinjacho.jp/jinja/?p=4816
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

我が国の神話に登場する創生の神々の中に、ウマシアシカビヒコヂノカミという神様がおいでになります。
お名前は、
古事記では、 宇摩志阿斯訶備比古遅神、
日本書紀では 可美葦牙彦舅尊
と表記されます。(読みはどちらも同じです)

古事記では、はじめに天御中主神、高御産巣日神、神産巣日神がお生まれになられたあと、
「次に国(くに)稚(わか)くして
 浮かべる脂(あぶら)のごとく、
 クラゲのようにただよえるとき、
 葦牙(あしかび)のごとく
 萌えあがるものに成る神の名は
 宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)。
 この神の名は音(こえ)を以(もち)いる」

と書かれています。
(原文:
 次、國稚如浮脂而久羅下那州多陀用幣流之時(流字以上十字以音)
 如葦牙、因萌騰之物而成神名、宇摩志阿斯訶備比古遲神(此神名以音)

ここでは宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)の名は、「音(こえ)を以(もち)いる」と書かれていますから、用いられている漢字には何の意味もなく、単に神様のお名前が「ウマシアシカビヒコヂノカミ」ですよ、と述べていることになります。

意味は
 うまし  美しくて立派
 あしかび 葦(あし)の新芽
 ひこぢ  立派な男性

そこから「ウマシアシカビヒコヂの神」の名は、
「成長の早い葦(あし)の新芽のように、
 美しくて立派な男性の神様」という意味であるとわかります。

ところが古事記の文章は、このすぐ後に、
「次に天之常立神(あめのとこたちのかみ)
 この二柱の神もまた
 独神(ひとりがみ)と成(な)りまして
 身に隠しましきなり。

《原文:
 次天之常立神(訓常云登許、訓立云多知)。
 此二柱神亦、獨神成坐而、隱身也》

と書いています。



 最新刊
 
「独神(ひとりがみ)」というのは、性別のない神様とも言われますが、正確には、夫婦の組としてでなく単独で成った神のことを表します。
では、男女一対の神を何というかというと、
「双神(ならびかみ)」、もしくは偶神(たぐひかみ)などと呼びます。

つまり「ウマシアシカビヒコヂの神」は、美しくて立派な男性の神様であって、独身の神様であった・・・というわけです。
次の天之常立神(あめのとこたちのかみ)も、ご夫婦で天に常に立たれた神様はなく、おひとりで天に立たれたのだ、というわけです。


一方、日本書紀では、本文に「ウマシアシカビヒコヂの神」は登場しません。
混沌としたなかに、最初の神様であられる国常立尊(くにのとこたちのみこと)が生られたときの表現として、次のように述べられています。

このときあめと つちのなか    于時天地之中
あしかびのごと なりますは    生一物状如葦牙
すなはちかみと なりたまひては  便化為神
くにのとこたち みこととまをす  号国常立尊

ここでいう葦牙(あしかび)は、意味としては「葦(あし)の新芽」のことであり、若々しく、エネルギーに満ち溢れた存在として国常立尊が生られたと記しているわけです。
つまり「ウマシアシカビヒコヂの神」は、状態として「葦の新芽である葦牙(あしかび)のようなエネルギーに満ち溢れた芽」として描かれているだけで、それ自体を独立した神としては描いていません。

ただし日本書紀は、「一書曰(あるふみにいわく)」として、ここに別伝を6書伝え、このうちの3書で「ウマシアシカビヒコヂの神」を次のように紹介しています。

1 あるふみに いはくには     一書曰
  いにしへの くにわかくして   古國稚
  ちもわかきとき なほたとへれば 地稚之時譬猶
  うかべるあぶら うごきただよふ 譬猶浮膏而漂蕩
  このときくにの なかにうまれる 于時國中生物
  あしかびのごと ぬきいでて   狀如葦牙之抽出也
  よりてうまれて かみとなります 因此有化生之神
  うましあしかび ひこぢのかみ  號可美葦牙彥舅尊
  つぎにはくにの とこたちのかみ 次國常立尊

2 あるふみに いはくには     一書曰
  あめつちの まじるとき     天地混成之時
  はじめにかみの ひとありき   始有神人焉
  うましあしかび ひこじとまをす 號可美葦牙彥舅尊
  つぎにはくにの そこたちのかみ 次國底立尊

3 あるふみに いはくには     一書曰
  あめつちの はじめにるもの   天地初判有物
  わかきあしかび そらになる   若葦牙生於空中
  よりてはかみと なりまして   因此化神
  あめのとこたち みこととまをす 號天常立尊
  つぎにはうまし あしかびひこじ 次可美葦牙彥舅尊
  またあるものは わかきあぶらの 又有物若浮膏
  そらにうかびて なるかみは   生於空中因此化神
  くにのとこたつ みこととまをす 號國常立尊

いずれもはじめに混沌があり、その混沌の中に、若い葦の芽のような活き活きとした萌芽が生まれ、そこから偉大な神がお生まれになったといった表現になります。
このことは具体的に「ウマシアシカビヒコヂの神」という御神名を記述していない他の3書も同じで、いずれも葦牙、あるいは

ここに古代の人々の、「ウマシアシカビヒコヂの神」への思いが伺えます。
それは、
我々の出発点は、単に混沌とした天地というのではなく、そこに現れた、溌溂(はつらつ)として生気のあふれた、元気いっぱいの若さにある、ということです。

最初の神様が、けっしてしかめっ面であったり、威張っていたり、あるいは気取っていたり、おすまししていたのではなく、溌溂とした若さや、活発さにあるということは、我々の祖先は、神々を、明るく、元気いっぱいで、生命力にあふれた、そして愛情にあふれた存在と考えていた、ということです。

このことを象徴しているのが、「ウマシアシカビヒコヂの神」であり、漢字で書けば「可美葦牙彥舅尊」である、ということなのです。

これは、とってもありがたいことだと思います。
人は誰しも、失敗したり、へこんだり、落ち込んだり、あるいは卑屈に歪んだりもするものです。
けれど、万物のはじまりのときに、最初にあらわれた神様は、とにもかくにも明るくて元気いっぱいの中から生まれたのだ、というのです。

だったら、困ったときには原点に帰る。
その原点というのは、笑顔で活発で、明るくて元気いっぱいの姿です。

またそこから立ち上がっていこうよ。
また新たに出発して行こうよ。
いつだって、何度だって、やり直すのさ、
そう言って白い歯を見せて笑っている
そういった、底抜けの陽気さが、日本人の原点です。


お読みいただき、ありがとうございました。
日本をかっこよく!! むすび大学。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Kaminari

うましあしかびひこじのかみ
今までほとんど意識していなかったご神名ですね。
意味を知ったらとても励まされます。
うましあしかびひこじのかみ
元気が出る真言のように唱えてみますね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク