日本の和の文化



昨日、「中間を知り過ぎた男」の記事の中で、普通の国民さんが「有名なネット小噺」として、次のお話を紹介してくださいました。

------------------------------------

神はまず天と地を作った。
それから海と山を作った。
そして日本という国を作った。

日本には世界一勤勉な人々と、
世界一うつくしい風景と、
世界一おいしい食べ物と、
世界一過ごしやすい気候を作った。

天使が言った。
「神様、これではあまりに日本が恵まれすぎています!」
 
神は答えた
「心配するな。隣に韓国を作った。」

もし付け加えるなら、以下の言葉でしょう。

「...さらに中国という最悪の試練を与える予定じゃ。」

----------------------------------

インド半島の南東に浮かぶ島スリランカ。その対岸にあたる地域が、タミル地方といいます。

稲作発祥の地ともいわれるタミル地方ですが、実は、そこで話されていた古代タミル語が、日本語の原点であるという説があります。

イネ、ハハ、チチなど、原始日本語ともいえる単語が、古代タミル語と日本語で共通なのだそうです。

その古代タミル語で、

ya とは、日、太陽
moto は、下

つまり、yamoto は、日のモト という意味なのだそうです。

そしてyamotoがなまって、yamatoとなった。

yamatoを同意の漢字にすると、日本となります。

つまり、ヤマト=日本となる。

稲作というのは、田に水を引いて田植えをし、その田から水を抜いて稲を収穫します。
これは、熱帯地方の雨季と乾季を人工的に作り出しているのだとか。

大昔、タミル地方で生まれた稲作の技術を持った人々が、海を渡り、日本に来た。

最初に日本で稲作が営まれたのが、高知なのだそうですね。

そこにある棚田は、日本最古の田んぼといわれ、山の斜面を利用して、灌漑をし、雨季と乾季を人工的に作り上げた。古代人の知恵です。

大和と書いてヤマトと読ませるけれど、これは単なる当て字なのだそうです。

中国では、古来、異族を称するに、その国の人々の一人称を漢字に当てはめました。
日本人にあてられた字は「倭」。
倭は、ちっぽけな蛮族という意味の漢字ですから、日の昇るところの天子の国にとっては、きわめておもしろくない(笑)

で、当時の日本人は、「ワシ」の「ワ」は、「輪」であり、「環」であり、「和」であると号し、和の人々の集合体だから、大きな和の国だと、同意語の「日本」を、あえて「大和」と号したといいます。

ちなみに、男言葉と女言葉。。。

男は、語尾に「よ」をつけ、女は語尾に「わ」をつけます。

「よ」は「世」です。常に世間や世界を考え行動するのが男。

「わ」は「和」です。人の和を大切にし、隣近所との輪を築き上げるのが女。

それを語尾につけて発音することで、男は世界を、そして名誉を重んじ、女は人の和を重んじる生きざまを人々の心に植え付けた。

誰が考えたのか知りませんが、実にうまい言葉を作ったものだと感心します。

ともあれ、日本人は、伝統的に「和」を重んじる。「和」を大切にするから約束を守る。嘘は人の環を崩壊させるからです。そして相手に尊敬の念を持ち、謙譲の心を大切にする。

こうした「和」の精神は、武道のような敵を倒す技術においてすら中心に据えられます。

たとえば柔道の投げ技は、投げた側が相手の頭部を持ち上げ保護します。
柔道から発展しプロレス技になった腕ひしぎ十字固めなどの関節技も、相手を骨折させるのではなく、折れそうな苦痛を与えて、相手を懲らしめるための技になっています。

首を絞める絞め技にしても、相手の首の骨を折って殺害するための技術ではなく、気絶させ、懲らしめたら、ちゃんと蘇生させる技術を学ぶ。

水戸黄門も、ラストシーンで、抵抗する悪代官の一味に言う言葉は
「助さん、角さん、懲らしめてやりなさいっ!」(笑)

人を抹殺する、抵抗する者を皆殺しにするという文化は、日本にはないんですね。

大切なのは、あくまでも「人の和」だ。

これに対し中国は、抵抗する者は皆殺しにする。抹殺する。

大切なのは人の和ではない。自らの皇帝が大切なのであって、皇帝の贅沢な暮らしのためなら、いかなる嘘も正当化される。それによって他人が傷つこうが、文句があろうが、抵抗するなら抹殺するだけです。

このあたり、似たような顔をしている東洋人でありながら、その精神構造はまるで違う。
日本では、天皇陛下の贅沢な暮らしのためなら、どのような嘘でも許されるなどと考えている人は、おそらく、誰もいないのではないか?

陛下が民の幸せを願ってくださる。その思いに応えるためにも、日本人は、感謝の心をもって、合い和して生きていこうとする。

さらにいえば、日本人はその特徴として、人間を利用主義的に利用することを極端に嫌う。

会社勤めであれ、家庭生活であれ、日本人の感覚に共通しているのは、人は利用するものではなく、互いに助け合い、支え合うものであるという意識であろうと思う。

NHKは、中共のご機嫌を伺い、あたかも日台戦争があり、日本は台湾で差別的極悪政治を行ってきたことにしたいようです。

しかし、当時、国民一人当たりに割り当てられた日本の歳費は、日本本土民がひとりあたり2円だったのに対し、台湾の人々へは3円です。
差別というなら、むしろ日本政府は、本土に住む日本人を差別していた(笑)

でも、当時の日本人の誰もが、それを差別などとは一切感じていなかった。

日清戦争で割譲を受け、日本となった地域が、国土が荒れ、部族が対立し、疫病が絶えず、学校もない。
ならばそうした地域に優先的に歳費を割り当て、社会資本を整備して、現地の人々が豊かで暮らしやすい国に早く仕立ててあげる。それを誰もが「良いこと」だと信じていたし、実際、客観的に見て、日本統治は、極めて素晴らしいものであったといえる。

考えてみていただきたい。日清戦争で台湾が割譲されたとき、当時の清国からしてみれば、台湾は、領外の地。漢族の支配を受けず、言語の統一もなく、疫病が流行る貧しくて危険な地域だった。
当時の欧米列強でさえ、台湾には手を出していない。植民地化もしていない。
植民地にするだけの魅力がまったくなかったのです。

そういう島を、日本は割譲され、50年間、そこを日本国内として統治した。

結果、どうなったか。
少なくとも、太平洋戦争終結時のみならず、いまでも、台湾の国民ひとりあたりの生産高、国民所得とも、中国国民よりもはるかに高い経済水準にあり、民衆の知的レベルも高い。

馬鹿にされ割譲された島の民衆が、馬鹿にした大国よりもはるかに大きな富と国富を築き上げた。

逆にいえば、中国共産党にとって、自分たちの根源的な誤りに国民に気付かせないようにするためには、兎にも角にも、日本や台湾を「悪者」に仕立て上げなければならない。
中共は、正義を否定し、悪を肯定しなければならない。

その時点で、中国共産党は、もはや普遍的な正義を失っている。

いま、世界に広がりつつあるのは、中共の文化です。
日本にも深く入り込んできている。

しかし、人々が幸せになりたいなら、世界が平和になりたいなら、人類が幸せになりたいなら、普遍性を持つべきは、日本の文化、和を大切にする文化ではないかと、ボクは思います。

【参考】Nextmaruniというブログで、日本人の美意識を8つにまとめて紹介していました。とっても素敵な分析です。一度ご覧になることをお勧めします^^
http://www.nextmaruni.com/concept/concept_3.html

人気ブログランキング ←人の和が大切だと思う方、ここをクリックお願いします♪
日本の台湾統治の真実

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

≪私が、ネットで得た情報を教えると、気の毒そうに「そういうことは、よそでは言わないほうがいいよ」と、忠告されます≫

(⌒▽⌒)アハハ!
あるある(笑)、そういうの^^

基本、政治と宗教の話はタブーというのが、日本の社会のルールですし、いまでもそう思っている人は多いと思います。

だけど、なんかの機会を見つけて、ちょっとそういう話をすると、たいていの方が、眼を丸くして、「まさか、そんなこと・・・」と話に乗ってきます。

やはり、折々に語っていくことが大事なのだと痛感しています。

インフルエンザに関してのご指摘は、たしかに変ですよね。

ご指摘の3点・・・

① 昨年秋からの気風醸成
② 初期の数字の大げさなのと比べて、実数の小規模なこと。
③ 遺伝子操作の可能性。

このことによって、利益を得る人というのは、いったい誰なのか。
インフル関連ニュースがメディアの紙面を覆い尽くしている間に、別な、もっと大きな何かが動き出している。。。。そんな気は、たしかにしますね。

なにせ大袈裟すぎる。

海外での報道がどのようなものかはわかりませんが、すくなくとも日本においては、行政や政治に対する不信の熟成、麻生総理の対外外交に関する成功の打ち消しには成功しているし、この報道で、北朝鮮関連の問題は、メディアから完全にケシ飛んでいる。

とりわけ、ゴールデンウィークという、暇を持て余す人々がおおい中で、テレビの政治討論番組などで、もし、インフルの問題がなく、メディアの偏向がそれほどでもなければ、この期間中の議題は、まちがいなく、北のミサイル問題とそれに付帯した国防問題、ならびに中国のITソース開示要求という非道に対する対策といったテーマが主題となったであろうと想像できます。

すくなくとも、テポドンが議題となれば、当然、ノドンの問題がクローズアップされてくる。

ところが、バンデミックという、じっさいには大した被害が出ていないウイルス問題のおかげで、それよりも国民生活にとって、はるかに重要な議題が、完全に飛んで行ってしまっている。

なにかの力が働いていないと考える方が、実は異常なのではないかとすら、ボクも思っています。

かぐやひめ

最後に愛は勝つ
昨夜、タイトルまでは確認しながら、どうしてもNHKを見る気になれず、電源を切りました。ねずきちさんのところに来たら、どうだったのかわかるかと思って早々に開けましたが、どなたからもNHKの話題はありません。
ここに来られる良識のある、想いの深い皆さんが、むきになってNHKを相手にされるとは思えませんし。
だからといって、なかったことにして水に流す旧来の美徳でことの済むことではありません・・・
国営だと思っていたNHKが実は隣国に占領されていて、テロだと思った9・11が、どうも「やらせ」臭い。
昨秋から世界的に絶賛を浴びている麻生日本の経済貢献を、日本のマスコミは、まったく報道しないどころか、ひたすら人格攻撃をして貶める。

もう、何を信じていいのかわからないこの状況は最近の傾向でしょうか?
私の周辺の情報弱者たちは、年齢的に大成しているつもりだから、完全にだまされて口をそろえて「麻生はアホ」と言います。
それも、仕方ないかと思うのです。新聞テレビが嘘しか報道しなくなって、ずいぶん経ちますから。しかも、それ以前は新聞テレビを信じるしか情報の得ようがなかったのですから、彼れらが、旧態依然の暮らしぶりしかできないことを、責められません。
私が、ネットで得た情報を教えると、気の毒そうに「そういうことは、よそでは言わないほうがいいよ」と、忠告されます。彼らが善意であること、まさしく従順で和を大切にする人たちだからこそ、だまされることを、哀しく悲しく愛しく思います。

ところで、インフルAのことですが、地域イベントを主催する立場として、これには、まいっています。しかし
いくつかの点で、おかしいと思う。
第1は、昨年秋から「予告のための」映画まで作って「パンデミック」を、待ち焦がれる気風が醸成されていた。
第2、すわ、新型!ということになると、まず、情報操作がなされるかのように、でたらめな数字が走り回った。初期の数字の大げさなのと比べて、実数の小規模なこと!10数名という死者数は、普通のインフルエンザより、少ないでしょう。
第3、近年のような遺伝子科学が究極の発展をとげている状況では、豚であろうと鳥であろうとヒトであろうと、遺伝子操作で苦もなく人工的にウィルスを作る技術はあるはず。パンデミックが、「誰か」の利益になるものなら、そういうことが、平気でできる人たちは世界には、いる筈です。
このウィルスが、サーズのときのように、はやばやと収束したなら、試験管の温室の中で生まれたひよわなウィルスだと疑ってよいように思う。
かつては、火器で戦争した人たちは、近年は「マネー」でもって、小国を破たんさせ、政府を転覆させました、それはミサイルの飛ばない戦争に思えました。そうしてグローバリズム、グローバルスタンダードという言葉で「弱肉強食のありよう」を正当化しようとしました。
けれど、耳をすませてほしい、
黒船が無理やり開いた日本の港から、「外国」が日本に乱入すると入れ違いに、静かに「やまと」が世界に滲みだしていることを。和食・日本アニメ・はてはウオッシュレットまで、そして、今回は金融に関してまで、日本はグローバルスタンダードを静かに塗り替えていませんか?
勇気を持ちましょう。真実が敗北することはありません。
あの中国でさえ、若者たちは「日本が大好き」日本アニメなしでは夜も日もあけずに成長したそうです。著作権を主張できない日本の気の弱さが、中国を日本漬けにする結果を生みました。
アインシュタインが「神が日本という国を作ってくれたことを感謝する」と来日時に言ったそうです。そう、今の世界を救うのは日本しかありません。
足元を崩されないように、真剣に進みましょうね。

ねずきち

>基準点さん
コメントありがとうございます。

さすが産経新聞ですね。

悪を放置することは、悪に加担することと同じ。

NHKの台湾番組は、ご一緒に断固抗議していきましょう!


>愛信さん
コメントありがとうございます。

置きビラ掲示板の作成、お疲れ様です^^

ボクも利用させていただきますね^^

ありがとうございます。



>sirubeさん
コメントありがとうございます。

いやはや、ちょっと柔道のことに触れただけなのに、かえって恐縮です。

さっそくリンクさせていただきますね^^


>bbさん
コメントありがとうございます。

≪ゴーギャン、ピカソ、モジリアニ、セザンヌ等西洋の絵画を見た後、東山隗夷、平山郁夫・・・に触れ懐かしいというか、すとんと気持ちに落ちるというか、気持ちに添うなと感じました≫

あ、それ、すっごいわかります!!

なんだかんだいって、やっぱり我々、日本人なんですよね~~^^


>猫好きさん
コメントありがとうございます。

≪でも虫偏や獣偏が付いた文字で呼称されていた民族も多かったから、この日本人の呼び方なんてまだマシな方です≫

(⌒▽⌒)アハハ!
おっしゃるとおり。

そして、異族は、≪ようするに人間扱いされていなかった≫
これは現代にいたる彼らの基本姿勢のようですね。


>椿さん
素晴らしいコメントありがとうございます。

モーゼの十戒と、聖徳太子の十七カ条の憲法。
この比較は、まさにおっしゃる通りと思います。

そして、

≪神様ご自身が労働し、お手本を示して下さっているのは、世界広しといえども、『日本の神道』以外にないのではないでしょうか? 心身ともに健康で労働に従事できること、神様と同じ行為が出来る事、それが『神業』なのだと聞いたことがあります。こういう教えは、多分、日本固有の教えではないでしょうか? ≫

たぶん、日本固有だと思います。
そして、とても大切な教えだとも思います。

だからこぞ、左翼や中共なんぞの人を人と思わないわがまま勝手な思想に汚染されるのではなく、日本の正しい教えを後世にきちんと伝えていくのが、我々の役割ではないかと思うのです。

ねずきち

Re: 日本は多様性を受け入れると言う事かもしれません
surniversさん
コメントありがとうございます。

surniversさんのこのご意見、とても大事なことを言っていると思います。

その一例がインドネシアにあります。

インドネシアは、仏教徒、キリスト教徒、イスラム教徒の3つが、いまにいたるも相争い、襲撃や爆破、撃ち合い事件を起こすなど、根深い宗教戦争が続いている国です。

このインドネシアを日本が統治したとき、実は、宗教戦争はまったく起こっていない。

日本は、surniversさんのおっしゃる通り、≪相手の文化を尊重≫し、これを擁護したのです。
多様性をまるごと認めているから、争いの起こりようがない。

そして読み書きソロバンと、道徳、体育(教練)を教えた。

いかなる宗教を信仰しようが勝手だけれど、まずは自分自身を鍛えよう、というのだから、いかなる宗教も反発のしようがない(笑)。
宗教指導家たちも、日本によって学校が作られ、宗教施設が文化財として保護され、信者たちがそれぞれ自己を鍛え、学問を身につけ、体を鍛え、心身ともに健康になるのだから、反発どころか、進んで日本の統治を受け入れた。

そういう点でも、つくづく日本の文化ってすごいなぁと感じます^^

surnivers

日本は多様性を受け入れると言う事かもしれません
シナや米国に共通しての事なのですけれども、多様性をある意味禁じている、許さないと言う面があります。

シナは、まぁ、説明の必要はありませんが、兎に角政治的、言論的な弾圧が凄く、しかも共産党に反抗的な機関は即座に潰されます。

米国の場合は市場原理主義、民主主義原理主義と言うべき物があって、しかもそれを広めるのが米国の天命と勘違いしている所があると思います。イラクとかでは民主主義と言う考えがそもそもキリスト教じゃないので、通用しない地域なのに、もう民主主義じゃなきゃ駄目だ、おかしい、許せない、と成る訳です。

日本なら、例えばイランみたいに宗教指導者が政治に影響力を持っていたとしても、それがイランの文化と言うか伝統なのであって、それを止めろ、なんて事をいきなり言うような事はしないと思います。日本は多様性を認める国だと思っていますので、まぁ、イランの核開発は許せませんが、それ以外では別に悪いと言う事は無い。

ちょっとまとまりが悪くなりましたが、日本は相手の文化を尊重し、援助する、と言う仕組みが根付いていると思います。

椿

『和を以て貴しとなす』

日本の場合、聖徳太子の十七条憲法『和を以て貴しとなす』から始まり、教育勅語でも『忠孝、夫婦相和し、盟友相信じ、恭検己を持し、博愛衆に及ぼす』といった“高い徳目”が並んでいますが、

西洋のキリスト教やモーゼの十戒は、「殺すな」、「盗むな」、「騙すな」、「姦淫するな」等、いかにも“動物段階にある野蛮人”への戒めを述べているように思えてなりません。

キリスト教では「労働」は、“卑しい苦役”で、“天罰”とされ『懲罰』のようになっているせいでしょうか、西洋人らは労働を嫌い、嫌な労働を家畜や奴隷にさせて、自分は「遊び暮らす」という発想が生まれるのではなか?と思いました。?

日本の神道では、最高神である天照大神様が率先して『機織り』をし、男神は『田畑の工作』をし、お稲荷様は『稲の束を担がれ』運んでいらっしゃいます。また、最高神官であらせられる天皇陛下は、国民を代表して『田植えと稲刈り』をし、皇后陛下は『お蚕さん』を飼っていらっしゃいます。

神様ご自身が労働し、お手本を示して下さっているのは、世界広しといえども、『日本の神道』以外にないのではないでしょうか?

心身ともに健康で労働に従事できること、神様と同じ行為が出来る事、それが『神業』なのだと聞いたことがあります。こういう教えは、多分、日本固有の教えではないでしょうか?




猫好き

検索ワード
歴史の真実、民主党の正体、中国の危険性。
これら隠蔽された事実について事実を知らない人たちに伝えるには、「○○で検索してみて!」と隠蔽された真実を訴えているサイトに繋がる検索ワードを教えると良いですよ。
ネット上にそういうサイトが無数に存在することを自ら検索して確かめてもらうほうが、言葉を尽くして説得するよりも説得力があります。サイトには当然リンクが張ってありますから、そこからいろいろなところに飛んで行くこともできるわけですし。せっかく多くの人がパソコンやケータイを持ってるんですから、利用しない手はありません。
上の方で(愛信)さんがビラのことをコメントされてますが、最近いろいろな広告に商品を掲載したサイトに繋がる検索ワードが載せられているように、ああしたビラにも国を憂うサイトに繋がる検索ワードを載っけた方がいいんじゃないかな。

(連投、すいません☆)

猫好き

『倭』
『倭』という文字は『矮小』(小さい、貧弱という意味)の『矮』からきているそうですね。しかもこう呼ばれるもっと前の時代には人偏が付いていなかった。ようするに人間扱いされていなかった(苦笑)。でも虫偏や獣偏が付いた文字で呼称されていた民族も多かったから、この日本人の呼び方なんてまだマシな方です。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
>Nextmaruniというブログで、日本人の美意識を8つにまとめて紹介していました。とっても素敵な分析です。一度ご覧になることをお勧めします^^

 読んでまいりました。細かい字で老眼にはこたえましたが、素敵な内容でした。ねずきちさんの記事とあわせて、日本がますます好きになりました。

[長谷川等伯の描いた「松林図」は周縁の曖昧な二つの松林の並列的な配置によって、その間の余白が深遠な空間を出現させる。間の力である。](引用)

少しずれますが、長谷川等伯のこの絵は(東京国立博物館蔵、常設だったと思います)本当にに寂しい絵で、息子を亡くして描かれたものと聞いています。松は異郷との境を象徴するもので、この松のむこうに、亡き息子が居るという絵だと思います。実際見ると鬼気迫るものがあります。前に立つとしばらく動けなくなりそうな迫力です。日本の芸術は伝統とは切り離せない(どの国でもそうでしょうが)素晴らしい物が多いですね。先日箱根のポーラ美術館に行きましたが、ゴーギャン、ピカソ、モジリアニ、セザンヌ等西洋の絵画を見た後、東山隗夷、平山郁夫・・・に触れ懐かしいというか、すとんと気持ちに落ちるというか、気持ちに添うなと感じました。それが文化の積み重ねということなのではと思います。

台湾の少女の話も素晴らしかったです。ありがとうございました。


sirube

相互リンクのご依頼
突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/judo/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/judo/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
4RSX5HP8

愛信

置きビラ活動をご支援いたします。
僭越ながら
置きビラの掲示板を作成して貴方の記事を
掲載いたします。
もしよろしければ、活動拡散にご利用下さい。

【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

ps:
貴重な動画の紹介ありがとうございます。
テレビの報道偽装の壁を突破する為に
置きビラ活動支援を始めました。

基準点

産経新聞でNHKスペシャル問題論評
産経新聞がNHKスペシャルの問題を取り上げ論評しました。
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/entertainment/showbiz/m20090503017.html

【検証】NHKスペシャル 台湾統治めぐり「一面的」
産経新聞 2009年5月3日(日)08:05
 NHK総合テレビが4月5日に放送した「NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー」の第1回放送「アジアの“一等国”」に対し、出演した台湾人のほか日台の友好団体、識者などから「一方的だ」と批判の声が上がっている。NHKは「番組にすべての要素を盛り込むことはできない」(日向英実放送総局長)と反論するが、番組は何を取り上げ、何を報じなかったのか。3日の第2回放送を前に、その“文脈”を検証する。(牛田久美、草下健夫) 

より多くの方が問題の存在を認識し、NHKに対して抗議の声を上げられることを希望しております。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク