ダショー西岡の貢献



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX

Amazonベストセラー1位(古代日本史)


突然の訃報に動転しながらも、
「葬式はどうなさいますか」との質問に、里子さんはとっさに
「バロでお願いします。
 ブータン式の葬式でお願いします」
と答えました。
ブータンで28年間、ブータン人になりきってブータンのために生き、ブータンのために死んだ夫です。夫は、きっとそう願っているに違いないと、彼女は確信していました。

20210610 ブータン
画像出所=http://okazaki8020.sakura.ne.jp/omosiro/nishioka/nishioka.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

日清食品が世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」を発売した昭和33(1958)年のこと、大阪府立大学農学部に、ある依頼がありました。
「ブータンに、日本の農業専門家を派遣してほしい」
というのです。

ブータンは、インドと中国にはさまれたチベット仏教国家です。
国民総生産にかわる国民総幸福量(GNH)という概念や、さまざまな環境政策、伝統文化保持のための民族衣装着用など、非常に特色のある国でもあります。

国旗のデザインが、これまた難しい。

ブータンの国旗
ブータン国旗


要するにブータンという国は、ある意味、非常に閉鎖的に伝統を重視する国家なのであって、そういうところで民衆に溶け込んで、農業指導をする。
これはたいへんな仕事です。
ブータン王国で農業指導をするためには、ブータンの人々の生活の中に溶けこみ、
「あの人のいうことなら間違いない」という、人としての信頼を勝ち得ないといけないのです。
なぜなら農業は、人が行うものであり、ひとりでできるものではなく、大多数の人々が納得して協力して行動してくれなければならない産業だからです。
ただ頭ごなしに技術を「教えてやる」方式では、絶対にうまくいかないのです。

ブータンの首相から直接依頼を受けた同大学の中尾佐助助教授は、たいへんな依頼を請けたと思うとともに、「あの男なら!」と、ピンとくる者がいました。
それが当時、同学部の学生であった西岡京治(当時25歳)さんでした。

性格が、穏やかで謙虚。
友誼(ゆうぎ)に篤(あつ)く誠実で努力家。
「根気と忍耐が予想されるブータンでの生活に最適な男は、西岡京治しかいない!」
中尾助教授は、すぐに西岡京治さんに相談をもちかけました。

西岡京治さんは、同じ年にネパール学術探検隊に参加していました。
彼は、ヒマラヤの自然の美しさと、そこに住む人々の貧しさを見て、自分が彼らの生活をよくすることに少しでも貢献できたら・・・という思いがあった西岡京治さんは、二つ返事でブータン行きを承諾しました。

昭和39(1964)年2月、海外技術協力事業団(現・国際協力事業団)から西岡さんに、正式な派遣決定の通知が届きました。
西岡さんは、新妻の里子さんを伴って、その年の4月に、ブータンに飛びました。

昔からそうなのですが、こうした海外協力隊では、たいていの場合、妻は日本に残して、単身で旅立つ者が多いです。
最初から西岡さんが、妻を伴ったということは、彼自身に、妻を愛する心と、ブータンに骨をうずめる覚悟があった、ということです。


 最新刊
 
ブータンの民族衣装
ブータンの民族衣装


ブータンに到着した西岡さんは、さっそく開発庁農業局の事務所に出向きました。
当時のブータン政府の農業局は、局長も職員もすべてインド政府から派遣されたインド人でした。

そのインド人の役人たちは、
「自分たちこそがブータンの農業事情を一番知っている。
 ブータンの農民は遅れていて因習深く、
 何を言っても始まらない」
そう言って、ハナから西岡さんをとりあわず、ブータンの農民と接して農業指導を行おうとする西岡さんに、指導許可さえも与えてくれません。

西岡さんは、めげそうになる心を振り絞って、何度も政府に働きかけ、ようやく農業試験場内で、わずか60坪ほどの土地を提供してもらいました。

そこは、ひどく水はけの悪い土地でした。
これでは野菜の栽培すら難しい。
要するに「やれるものなら、やってみろ」というわけです。

西岡さんが派遣された目的は、農業指導です。
荒れ地で、ひとりで栽培をしているのでは、派遣された意味がありません。
そこで西岡さんは、農業局に、ブータン人の実習生を要求しました。

ようやく許可が出て、西岡さんにつけられた実習生は、12~3歳の子供が3人でした。
ふつう、ここまでされたら、怒るかあきらめるかして指導員は、本国に帰ってしまいます。
事実、いろいろな国から派遣された指導員は、みんな怒って帰国していました。

ところが西岡さんは、笑顔で少年たちと土を耕し、樹木を抜き、水利を図って、日本から持ち込んだ大根の栽培を開始しました。
畑の耕し方、種の蒔き方、土のかけ方、ひとつひとつを西岡さんは少年たちに実演し、一緒になって大根を育てました。

なぜ大根かというと、大根は昼夜の寒暖差が大きいほど、おいしく、よく育つからです。
山間部にあるブータンには、たいへんに適した作物と思われたからでした。

こうして3ヶ月後、それまでみたこともないような、おおきな大根が育ちました。
このとき、掘り出したばかりの大きな大根を抱えて見せた子供たちの笑顔が、たまらなく美しかったと言います。

野菜の栽培は到底無理、と思われる荒れ地で、西岡さんは見事に野菜の栽培に成功してみせたのです。

西岡さんの成功を喜んだブータン政府は、翌年、試験農場を水はけのよい高台に移してくれました。
農業局ではなく、もっと上が動いてくれたのです。
耕作地面積も、3倍になりました。

水利がよければ、野菜はますます育ちます。
西岡さんの農場は、狭いけれど、青々とした野菜が見事に育ちました。

このことが噂になりました。
ブータンの知事や議員たちが、西岡さんの試験農場に視察に来ました。
感動したある議員の提案で、西岡さんは、ブータン国会議事堂前で、試験場で栽培した野菜を展示することになりました。

これが、大評判となりました。
みたこともないほど肥えた野菜。
しかもおいしくて、みずみずしい。

噂が噂を呼び、ついに西岡さんは、ブータン国王から、もっと広い農場用地を提供するという申し出をいただきました。
後に西岡さんは、このときのことを、
「ブータンに来て、
 これほど嬉しいことはなかった」
と回想しています。

国王から提供された農場は「バロ農場」と名付けられました。

「バロ」というのは地名で、ここにはブータンに仏教を伝えたパドマサンババが、空飛ぶ虎の背から降りてきたという伝説が残っています。
いまでもこの地では、毎年三月に、一年の豊作を願って、人々が様々な民族衣装や動物や鬼などの仮面をつけて、太鼓や管楽器による民族音楽に乗って歌ったり踊ったりします。
国王は、そういう由緒ある地を、西岡さんのために提供してくれたのです。

ただし、ここは標高2200メートルの高地です。
決して農業を行うのに適した土地ではない。
しかし西岡さんのバロ農場は、その後のブータンの農業近代化を一気に加速することになりました。
それはまるで、空飛ぶ虎の背(飛行機)から降りてきたバドマサンババ(西岡さん)が、ブータンの人々の生活を一変させたかのような事業になるのです。

昭和46(1971)年、西岡さんは、この高地で、米作りに挑戦しました。
日本では田植えというと、縦と横を一定間隔で植える並木植えがあたりまえの習慣ですが、当時のブータンでは、ただ、種を土にバラまくという植え方でした。

これだと手押しの除草機が使えませんし、苗の苗との間の風通しも悪くなります。
当然生育も悪くなる。
西岡さんは、村人たちに再三にわたって、並木植えをしようと相談するのだけれど、村人たちは、
「ワシら、昔からこうやってきた」
と、とりあってくれません。

ようやく「やってみよう!」といってくれる農家が現れたのだけれど、もし、並木植えで収穫量が上がらなければ、西岡の信頼は一気に失われます。

西岡さんは祈るような気持ちで、稲の生育を見守りました。
結果・・・・・

並木植えの田は、従来型の雑多な植え方の田と比べて、なんと40%もの増産となりました。

村人達は、驚き、喜び、
バロ盆地では、数年のうちに約半数が、西岡さんが持ち込んだ並木植え栽培をはじめるようになりました。
この農法はいまではブータンに広く普及し、ブータン王国の8割の田が、並木植えになっているのだそうです。

1970年、西岡さんは、国王の命によって、シェムガン県の開発に従事しました。
この地は、貧しいブータンの中でも最貧地区・・・というより極貧地区です。
焼畑農業が営まれ、収穫量が下がると人々は別な土地に移動します。

西岡さんは、ここに10人のスタッフとともに乗り込みました。
しかし、いきなり「よそ」からやってきた西岡さんの言うことなど、誰も聴きません。
ただでさえ貧しくて、ようく食べているのです。
先祖伝来の農法を変えることで、万一収穫が落ちたら、村人たちは飢えて死んでしまうのです。
しかも、成功する保証などない。

西岡さんは根気強く村人たちへの説得を続けました。
そして、西岡さんの村人たちとの話し合いは、なんと800回に及びました。
800回です。

西岡さんはこのとき、無理に近代化を行うのではなく、あくまで彼らの「身の丈にあった開発」を薦(すす)めました。
いたずらに巨額の開発費用をかけて、たとえば水田に水を引くのにも、重機を用いて水を汲み上げるのではなく、竹などの自然のものを利用して水路を確保するようにしたのです。
あるいは木でできた危ない吊り橋を、いきなりコンクリート製の近代的橋に掛け替えたりするのではなく、耐久性のすぐれたワイヤーロープを使うことで、現状のまま吊り橋を補強しました。

こうして西岡さんは、360本もの水路を完成させ、17本の壊れかけて危険だった吊り橋を直しました。
村人たちと一緒に作った農業用道路は、なんと300kmにも達しています。

そして村人たちと共同で、60ヘクタールもの広大な水田をひらきました。
西岡さんが来る前までの水田は1~2ヘクタールですしたから、それはなんと50倍の規模です。

同じ人数、同じ労働力、同じ土地で、焼畑農業で農地を転々とさせるのではなく、水路を引き、道を作り、橋を架け、広大な定置の農地を確保したのです。

その広大な農地に、満面の稲が稔りました。
ものすごい収穫高です。

極貧地区は、またたく間に生活が安定し、豊かになりました。
村人たちは、定住することができるようになりました。
生活が安定しました。
子どもたちが喜ぶ学校もできました。
診療所もできました。

西岡さんたちが村を去る日、集まった全員の村人たちは、
「はじめに西岡さんが言ってくれた通りになった」と、涙を流しながら西岡さんたち一行を見送りました。

ダショー・西岡
ダショー西岡


昭和55(1980)年、西岡さんは長年のブータン農業への貢献を評価され、国王から「ダショー」の称号を受けました。

「ダショー」というのは、ブータン語で「最高に優れた人」という意味です。
この位は、最高裁の判事クラスしかもらえない、ブータンで最も栄誉ある顕彰です。

このとき西岡さん、47歳。
ブータンに来てから16年の歳月が経っていました。
そしてその後も12年、西岡さんはブータンにとどまりました。

平成4(1992)年3月21日、子供の教育のために日本に帰国していた妻・里子さんのもとに、電話がはいりました。
電話はブータンからの国際電話でした。
「ダショー・ニシオカが亡くなりました・・・」

突然の訃報に動転しながらも、
「葬式はどうなさいますか」との質問に、里子さんはとっさに
「バロでお願いします。
 ブータン式の葬式でお願いします」
と答えました。

ブータンで28年間、ブータン人になりきってブータンのために生き、ブータンのために死んだ夫です。
夫は、きっとそう願っているに違いないと、彼女は確信していました。

ダショー西岡の葬儀は、妻と娘の到着を待って、同月26日に行われました。
それは農業大臣が葬儀委員長を務める国葬でした。
ラマ僧侶の読経が山々にこだまし、葬儀には、西岡さんを慕う5千人もの人々が、ブータン全土から集まりました。

ブータンは、国をあげて西岡さんに感謝の心を捧げてくれたのです。

 *

日本人て、すばらしいですね。
西岡京治さんが、ブータンで成功したのは、彼が性格が穏やかで、謙虚で、友誼に篤く誠実で努力家だからです。
世界ではどこの国でも、そういう人が尊敬されるのです。

下の写真は、かつての植民地時代に、西洋の婦人が、現地の子供たちにお菓子をばら撒いている写真です。
子供たちは、まるで餌をもらいにきた公園の鳩のようです。

お菓子をまく貴婦人


ここでお菓子をばら撒いている西洋婦人の様子は、果たして人類の進むべき道義的姿といえるものなのでしょうか。

ダショー西岡は、わずか16年でブータンを変えました。
16年という歳月が、長いか短いか。
短いとするなら、それはもしかするとブータンが国王のいる王国であり、国王が国の良心の象徴となっているという国家形態であるからこそ実現できたことといえるかもしれません。

日本ではどうでしょう。
戦後76年、明治から起算すれば153年。
ただ欧風化することだけを良いこととして、古い日本を捨ててきた日本が、あらためて農業の大切さや、国家の大切さに気付き、誰もが安心して安全に豊かに暮らせるようになるためには、まだまだこれから何年もかかるかもしれない。

けれどひとついえることは、この世は人の意識によって変えることができる、ということです。
そしてそれは何年もかかる事業かもしれないけれど、正しくそれを行えば、かならず全体が良い方向に向かっていく。

変わらないから、何もしないで変えようとする人を追い出そうとしていた上にあるインド人のような生き方を選択するのか。
それとも、ダショー西岡とまではいかないまでも、800回でも8000回でも、話し合いを繰り返し、すこしでも良い方向へとみんなを導いていくのか。

ねずブロは書き始めて13年、およそ4700話になりますが、まだまだこれから、です。


※この記事は2009年9月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

アッキー

ダショー西岡さんの
ダショー西岡さんのように偉い方がいたけど、奥さんも立派ですね。気になるのは、日本国は、西岡氏の功績に報いるようなことをしたのでしょうか?
それと、戦前、戦中派の方ですよね。戦後生まれの日本人には、このような人は、もう見られないのでしょうか。私も含めてですが、偏向左翼に牛耳られて、教育された団塊世代以降って、そんなにだめなのかと危惧させられなます。情けない世代ですよね。自嘲するしかないものなのか。
そういう状況で、ねずさんのこのサイトは、僅かな救いのような気がします。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク