実は古代の超大国だった日本



次回倭塾は7月17日(土)13時半から富岡八幡宮婚儀殿、テーマは「幻の極東共和国と古代の日本」です。
詳細は→https://www.facebook.com/events/884676452313311


武をもって対峙するというのは、もとからの日本文化ではありません。
日本文化は、共存と共栄、そして世界中に繁栄と安定と豊かさによる幸せをもたらす文化です。
そういう文化を、これからの日本は、もっともっと大切にしていきたいと思う次第です。

天の鳥船
20210618 天鳥船



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

筆者の個人的意見としては、おそらく太古の昔の日本、すなわち4万年前から3000年くらい前までの日本は、ほぼ完全な海洋民族国家であったのであろうと思っています。
なぜなら日本人は、3万8千年前には磨製石器を得るために伊豆から神津島まで外洋航海をする技術を持っていたし、1万7千年前からの縄文時代の遺跡には、ほぼすべて貝塚があり、釣り針なども出土している。
つまり、海に面したところに住み、外洋航海ができる船を持ち、漁労をして生活していたであろうことが、数々の遺跡から確認することができるからです。

面白いことに、日本列島から水行1年(海を1年船で行った先)には裸国・黒歯国があり、そこもまた倭種(日本人と同種)であると、これはチャイナの様々な史書(文選、三国志、後漢書、梁書、魏志、等)に書かれていることです。
日本列島から、船で1年行った先には、中米や南米があります。
そして南米のペルーには、自分たちの祖先が日本からやってきたのだという伝説があります。

また倭人(日本人の旧名)たちは、他にも東南アジア方面から、イスラエルのあたりまで進出していた可能性があり、このためイスラエルあたりにあったとされるシュメール文明も、倭人がもたらしたという話があります。
なぜならシュメール文字は、日本の神代文字で解読することができ、またシュメール人たちは自分たちのことを「ウンサンギガ」と呼んでいたとされますが、これは古代日本語の「海さん(から)来た」に酷似しています。

古代シュメール語と古代日本語が酷似していることから、シュメール人が日本にやってきて日本文明が成立したのでは、という話がネットにあふれていますが、逆だと思います。
理由は簡単です。
文明や文化というものは、突然、降って湧いたように興るものではなく、それ以前からの蓄積があって初めて興るものだからです。

さらにいうと、シュメール語は、どのヨーロッパ系語族とも異なる構文を持ち、このため一般に言語系統が不明とされています。
ではシュメール語がどのような構文を持つのかというと、なんとこれが日本語と同じ撞着語であり、日本語と同じ主語・目的語・動詞という順番で話されるSOV型言語です。しかも日本語と同様、冠詞がない。

シュメールはおよそ7〜8千年前からはじまったとされますが、残念なことに、シュメール以前の文明の痕跡、もしくは、その痕跡がシュメール文明に至るまでの過程を証明する遺跡がありません。
逆に日本では、およそ4万年前からの文明の蓄積が確認されていることにくわえ、日本人(倭人)が海洋民族であれば、船に乗ってどこまでも行くし、着いた各地に文明をもたらしたとしても、何ら不思議ではないし、そのように考えることが合理的だからです。



 最新刊
 
一方、南米には、「南米の文明は白い人がもたらした」という伝説があります。
「白い人」だから「白人種」だとばかり言われていますが、それにしては、もとの原住民であるインデオたちと、白人種には、種の同一性がありません。
一方、倭人(日本人)は、イエローのなかでも特に色白だと言われ、これはチャイニーズやコリアンにもない倭人独特の特徴です。
つまり、「白い人」とは、倭人達である可能性が高いといえます。

おそらく倭人たちは、日本列島からグアム島までに至る列島線、および九州から台湾に至る琉球諸島線(琉球諸島ではなく沖縄諸島と書けという人がいましたが、沖縄諸島は、沖縄本島周辺だけのエリアを指します。九州から台湾までの琉球諸島と同義の言葉としては、南西諸島という言葉がありますが、あまり一般的でないので、本稿では琉球諸島と書いています)のあたりを中心に、海辺に住み、気候条件に合わせて船で居住地を変えながら、相互に往来する高度な文明を形成していたものと思われます。

ところが7300年前にアカホヤの破局噴火があり、多くの人が死に、居所を奪われた倭人たちは、新たな天地を求めて、このとき世界中に散ったのではないかと思います。
このため、ちょうどこの時期あたりから、過去との脈絡まったくなしに、チャイナの揚子江の流域や朝鮮半島に、突然、高床式住居に住む稲作文明が生まれたり、あるいはイスラエルのあたりにシュメール文明が生まれ、また、南米のインカやマヤの文明が生まれています。

このように世界同時に文明が発祥したことを、百匹目の猿現象で説明する人は多いのですが、かなり無理があると思います。
むしろ、アカホヤの噴火によって、倭人達が世界に散って行って文明文化をもたらしたとするほうが、合理的かつ論理的なのです。
なぜなら、日本には、噴火以前から高い文明があり、それが継続していたことを明らかにする遺跡が、多数遺っているからです。

古事記のイザナギとイザナミが生んだ神々の名をつなげてみると、次のような記述を読み取ることができます。
「はじめに大切なことをいいます。
 石と土が加工されて石でできた町並みがあり、
 その町並みには大きな出入り口と、
 大伽藍(だいがらん)があり、
 風を防ぐ大きな塀があり、
 そこは海に面していて川もあり、
 大小様々な水門もあり、
 波の激しい日も、海が凪いでいる日も、
 天の分水嶺にも、国の分水嶺にも
 出入りすることができ、
 風の神や山の神、霧や谷間や窪地から様々な神様が、
 天鳥船に乗って、
 たくさんの食べ物をもってやってきた」

太古の昔、倭人たちは船に乗って世界を駆け、そして世界に出ていった人たちも、元の親のいるところとの交流を欠かさなかった・・・まるで今も残る盆と正月の帰省みたいです。そんな光景が浮かびます。

こうしたことも、海洋民族だから可能なことで、陸上では移動に時間がかかりすぎるし、移動自体が大変です。
これに対し、海洋文明は、そもそも移動を前提とした文明ですから、相互交流が行われていた。
このとき使われていたのが、天鳥船(あめのとりふね)です。
天空を駆ける鳥のように、帆を張った船であったことでしょう。

縄文時代においても、倭人たちは、なにもムラに押し込められ、土地に縛り付けられて生きていたわけではありません。
貝塚があり、釣り針が出土するということは、海に漁に出て暮らしていたわけです。
つまり海洋民族の、陸上の居所だったところが、いま、縄文時代の貝塚遺跡となっているとみることができます。

こうした日本社会に、大きく変更が求められたのが、1400年前のことです。
戦乱が続いていたチャイナに、超軍事大国である隋が出来、周辺国への侵略を開始しました。
その隋は、あまりに戦争が酷くて、わずか37年で滅んでしまいますが、次に生まれたのが唐の大帝国です。
そして唐もまた超軍事大国でした。

こうなると対抗上、わが国も国を統一国家にし、国防をきちんとしていかなければならなくなります。
国を護る国防を実現するためには、わが国の領土範囲を明確にする必要があります。
つまり、どこからどこまでをわが国の守備範囲とするのか。

このことは、国防を考える上において、たいへん重要な要素といえます。
海を1年渡った先にある裸国、黒歯国などは、このときにおそらく倭国のエリアから意図的に外されることになったのでしょう。
そうすることで日本は、日本列島と周囲の諸島までを日本の国土とするということを、この頃に定めることになったのであろうと思います。
そして、新たに領域の定まったエリアを、あらためて持統天皇が飛鳥浄御原令のなかで、「日本」と呼びました。

倭国という字は、「倭」が小さい人を意味する日本人への蔑称だというのは、俗説です。
「倭」という字は、「禾(稔った稲穂)+女+人」で成り立つ字です。
つまり稲作をする平和な人々を意味する言葉です。
いまでも、田植えは女性の仕事とされている地域が多いですが、陸上での稲作は女達の仕事であり、男は海に出て漁をする。そんな生活が、おおもとにあったと考えることが論理的です。

大和言葉で「わ」は、調和を意味しますが、太平洋から中東まで、海を駆けていた倭人(わ人)たちは、チャイナの軍事大国の脅威の前に、あらためて国防を、日(つまり天照大御神の直系の子孫である天皇)の本(もと)にある元手体的なエリアだけを、このとき「日本(ひのもと、やまと)」と呼び、また米による助け合いを根本とした国造りが始められたのだと思います。

つまり、意図して国の領域を狭くすることで、絶対的国防圏を明確にしようとしたわけです。

以来、1300年。
紫式部の時代までは、まだ裸国・黒歯国も日本の一部という認識はあった(源氏物語にその記述がある)ようですが、その後の長い歳月は、いつしか遠く離れた異国の地にある倭人達、かつての血を分けた仲間たちのことを忘れ、日本は、日本列島の中に、いわば「ひきこもる」ようになりました。

大日本帝国の時代に、かなりのエリアを植民地から解放しましたが、そのために日本は武を用いざるを得なくなりました。
しかし、武をもって対峙するというのは、もとからの日本文化ではありません。
日本文化は、共存と共栄、そして世界中に繁栄と安定と豊かさによる幸せをもたらす文化です。

そういう文化を、これからの日本は、もっともっと大切にしていきたいと思う次第です。


お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Toshiro Akizuki

文明文化の来し方行く末
たいへん論理的かつ合理的な論考だと思います。科学的考古学がどんどん発達していき、物証の解析も進んでいけば、ますます明らかになっていくことでしょう。海洋民族は、大海原に加えて、大陸の内部の川や湖や内海も航行していたことでしょう。日本海を通って、ユーラシア大陸の西部への横断ルートもあり、文明文化が伝わって行った。石器や土器、木造技術、金属加工、繊維や綱、等々、現代文明の多くの要素が日本で生まれて東から西へ伝わって行ったように思えます。アレキサンダー大王がインドへ到達したルートは黒海からずっと水上の船で進軍したので、当時は地中海からアフガンまで内陸の水路があった。同時にバルハシ湖あたりから、日本海まで水路を中心としたステップルートが存在していた、との説が有力です。インドの古代叙事詩に世界が爆発したかのような大災害の記述がありますが、インドには大きな火山はなく、アカホヤの大噴火を大陸に逃れた倭人が伝えた話ではないか、とも思えます。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク