陰謀論について



◆次回倭塾は6月26日(土)開催です。
13時30分講義開始、場所は東京江東区の富岡八幡宮婚儀殿です。
https://www.facebook.com/events/469516267509745

◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX

Amazonベストセラー1位(古代日本史)


陰謀論は、多くの場合、陰謀をしているとされている人たちではなく、陰謀をしていると「言っている」人たちの側が、陰謀を働いていることが多いものです。
ここでも「悪口は、悪口を言っている人が、はからずも自分のことを吐露している」という原則が働いています。
惑わされないことです。

20210623 世界人口
画像出所=https://empowerment.tsuda.ac.jp/detail/48193
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

DSの陰謀だとか、ユダヤの陰謀だとか、大量殺戮だとか、ケムトレイルだとか、ネット言論を見ると、そのような話がてんこ盛り状態です。
筆者はへそ曲がりなので、みんながそういうことを言っていると、逆のことを考えたくなります。
だから述べるのですが、すこし冷静になって考えていただきたいのです。

そうやって、西側諸国のトップレベルの人達が、あたかも悪意ある存在であるかのように言い立てることによって、いま、メリットを得られる国や支配者は、いったい誰なのでしょうか。
寅さんが失脚することで、利益を得る国はどこなのでしょうか。

歴史を振り返れば、大東亜戦争が始まる前の昭和13年、米国内に「日本の侵略に加担しないアメリカ委員会」という組織ができあがりました。
そこには全米に影響力のあるVIPや、現職の大統領なども参加していました。
そしてこの組織は、『日本の戦争犯罪に加担しているアメリカ』という80ページのブックレットを発行しました。

そのブックレットが、6万部も印刷されて全米の有力者にバラまかれ、ルーズベルトは、これを世論だとして、日本への経済封鎖に踏み切りました。
こうして、当時の多くの米国人が日本との開戦など望んでいなかったのに、日米は戦争になりました。

いまでは、こうした委員会の作成や、ブックレットの配布などが、当時のチャイナを取り仕切っていた蒋介石によって世間の裏で、まさに陰謀として行われていたことが明らかになっています。
そして、その目的は、米国やヨーロッパ諸国から、チャイナ国民党への援助金を引き出すためでした。

蒋介石は、こうして米英仏露独から、いまで貨幣価値にしたら、数百兆円の資金と軍事物資を得ていました。
要するに当時の蒋介石は、戦争ビジネスによって大儲けをしていたのであり、真面目な日本人や、真面目な米国人が、その大儲けのために殺し合いをさせられてしまったわけです。

ほとんどの日本人が、現代の陰謀云々を知っているということは、それは世界全体が知ることであって、世界中の人たちが知っているなら、それはもう陰謀ではなく、常識化しているということです。
けれど、その陰謀が、どこの誰から生まれているのか、誰がそのようなことを言い出しているのか等を、詳しく見ていくと、その先が霧に包まれているように判然としません。

このことは、「日本の侵略」と言っていたかつての委員会の主張が、日本の行動のどこがどう侵略なのかを詳しく見ていくと、実は、まったく侵略でもなんでもなかったことに気付かされるのと同じです。
逆に、日本が侵略したという前提で、その証拠となるものを調べていくと、それらがすべて捏造であったり、嘘であったりすることがわかる。

そして当時から、嘘の吹聴のために、事態とはまったく関係のない、まったく別な写真が、侵略の証拠写真として出回っていたことにも気付かされます。
いまと、まったく同じ展開です。


 最新刊
 
動画でも炎上しましたが、筆者は、いま流行りのDSだの、陰謀論を、まったく信用していません。
いろいろと言われていますが、根拠の不明なものばかり。
証拠とされるものも、曖昧なものばかりです。

もちろん子供を誘拐するビジネスが世の中にあり、そのようなとんでもない連中の毒牙が日本にも流入してきていることは承知しています。
しかしそのビジネスに深く関わって巨利をあげているのは、どこの国のどういう連中なのでしょうか。

ダボス会議における人口削減問題に関しても、これは普通に考えなければならない地球上の人類社会の大問題であることは明白です。
なにしろ先の大戦の頃には、世界の人口は20億人だったのです。
人は、食料の生産量の分しか生き残ることはできません。
いま、世界の人口が80億人になったのは、その食料生産の生産性が向上したこと、冷蔵保存や、食料の腐食を防ぐ技術開発によって、世界の食料が機能的に消費されるようになったことに由来します。
ただし、これ以上人口が増えると、世界は食糧不足に陥ります。

だから問題だ、ではないのです。
世界の人口は、特に先進諸国を中心に、いま人口が減少しつつあります。
第二次世界大戦後のベビーブームによって、当時戦争をしていた諸国は、その後人口が爆発的に増加しました。
さらに現下の喫緊の課題は、アフリカ諸国の人口増加問題です。(トップの図)

このままいくと、世界の人口は2100年には120億人に達してしまう。
そしてアジア(チャイナ)の人口がアフリカ並に増え続けると、世界の人口は2100年には160億人となり、世界の食糧生産は間に合わず、世界の諸国は食料を求めて戦争をせざるを得ない状況に至ります。

これを防ぐために、何が必要なのか。

一方、日本をはじめとした先進諸国は、これから人口の大幅減少期を迎えます。
早い話日本では、2050年頃まで人口が毎年90万人ほどずつ減っていきます。
これは毎年和歌山県ひとつが失くなっていくようなものです。
次の50年になると、毎年岩手県や青森県がひとつなくなり(人口が120万人ずつ減少する)、西暦2100年頃には、人口が5000万人を下回る。
今年生まれた赤ちゃんが80歳になる頃には、日本の人口はいまの半分以下、100歳になる頃には、日本の人口は4000万人以下になると予測されています。

別にケムトレイルをバラまかなくても、ワクチンで殺さなくても、人口は減少傾向にあるのです。

したがって、人口減少と同時に、国土の高機能開発によって、農業の活性化を長期的に図っていくことにより、早ければ2060年頃には、国内の良質な作物だけで、日本は食料自給率が100%を超えることができるようになっていきます。
食料は、自給自足が第一です。

一方、こんな予測も可能です。
アフリカで爆買をする。
アフリカに富ができる。
子が生まれてアフリカの人口がますます増える。
ところが、アフリカで生産される食料が、爆買している国に買われていく。
この延長線上に起きる出来事は、どのような事態でしょうか。

こうした世界が直面するであろう事態に、いかに備えていくか、世界の有力者が集まって、将来に起きる最悪の時代に備えていく・・・これがダボス会議です。

けれど、けれどです。
そうしたことを行う会議は、本来、どこの機関が担うべきでしょうか。

その機関は、いまではすっかりどこかの国に汚染され、賄賂ばかりが飛び交って、まともに機能していなくなっているといわれています。
しかし、その「どこかの国」から見たら、世界の先進諸国が、そんな国際機関にアイソをつかして、ダボス会議などを新たにはじめたら、それこそ、大警戒するのではないでしょうか。

その場合、彼らが歴史的に行ってきた常套手段は、毎度、おなじみの、それらのまっとうな議論をつくそうとする人々への中傷であり、金銭や女性を利用した籠絡であり、世間への陰謀情報の撒き散らしではないでしょうか。
それはまったく、かつての日本が「日本こそがチャイナを侵略しているのだ」と、真っ赤な偽りを流されたのと同じ展開ではないでしょうか。

陰謀説は蜜の味といわれます。
なんでもかんでも陰謀に仕立ててしまえば、一般の人たちは、ただの被害者になるのです。
そして傷の舐め合いしかできなくなる。
怒る人は、陰謀説という噂話を撒き散らしてくれます。
そして噂話というのは、恐怖という要素が交じると、ものすごい拡散効果を発揮します。
そう。口裂け女の噂のように、です。

陰謀論は、多くの場合、陰謀をしているとされている人たちではなく、陰謀をしていると「言っている」人たちの側が、陰謀を働いていることが多いものです。
ここでも「悪口は、悪口を言っている人が、はからずも自分のことを吐露している」という原則が働いています。
惑わされないことです。

我々日本人は、どんなときにも、噂話などにフンドウされず、まじめにコツコツと、いまできる最善を尽くして生きることです。
そうすればちゃんと生き残ることができるように、神様は、日本という素晴らしい国土を与えてくださっているのです。

重ねて吉田松陰が水戸藩郷士、堀江克之助に送った書を再掲します。

「天照の神勅に、
 『日嗣之隆興 天壞無窮』と有之候所、
 神勅相違なければ日本は未だ亡びず。
 日本未だ亡びざれば、
 正気重て発生の時は必ずある也。
 只今の時勢に頓着するは
 神勅を疑の罪軽からざる也」


《現代語訳》
天照大御神のご神勅(しんちょく)に、「日嗣(ひつぎ)の隆興(さかえ)まさむこと、天壞(あめつち)とともに無窮(きはまりなかる)べし」とあります。そしてご神勅の通り、日本はいまだ滅んでいません。
日本がいまだ滅んでいないなら、日本が正気を取り戻すときが必ずやってきます。
ただいまの時事問題に頓着(とんちゃく)して、簡単に日本が滅びると言うのは、ご神勅を疑うというたいへん重い罪です。



お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

コンボ

あの映画監督も・・・
一昨日の書き込みに続き、更に追加です。
何回書き込んでもエラーになってばかりで、原因分からなくて困ってます・・・・。
「不正な投稿」との表示が出るのですが、何かNGワードでも設定されてるのでしょうか?


ねずさんはスタンリー・キューブリック監督の名を御存知でしょうか?
1999年に亡くなった映画界の巨匠ですが、その最期に関してDSの関連が示唆されています。

自身が監督を務めた『アイズ・ワイド・シャット』という映画の公開直前に突然シしました。
この映画にも出演した女優ニコール・キッドマンが、インタビューで生前のキューブリック監督から、DSのおぞましい実態に関する話を聞かされた事があるそうです。
当人の遺作となった『アイズ・ワイド・シャット』の内容から見ても、その実態を告発しようとしたのがDSの逆鱗に触れたのではないか?と推測される訳ですが。

コンボ

今から80年前の報知新聞の記事でも・・・
私の思う所はねずさんとは違います。
記事を読みますに、誤解が多々あるように見受けられます。


>>>歴史を振り返れば、大東亜戦争が始まる前の昭和13年、米国内に「日本の侵略に加担しないアメリカ委員会」という組織ができあがりました。
そこには全米に影響力のあるVIPや、現職の大統領なども参加していました。
そしてこの組織は、『日本の戦争犯罪に加担しているアメリカ』という80ページのブックレットを発行しました。<<<


>>>蒋介石は、こうして米英仏露独から、いまで貨幣価値にしたら、数百兆円の資金と軍事物資を得ていました。
要するに当時の蒋介石は、戦争ビジネスによって大儲けをしていたのであり、真面目な日本人や、真面目な米国人が、その大儲けのために殺し合いをさせられてしまったわけです。<<<


これらを主導したのは各国の表向きの政府ではなく、そのDSです。
このような計画に賛同し、関与した大統領を始め、政治家・官僚・軍幹部・財界人なんかは皆DSメンバーと考えていいかと。


>>>動画でも炎上しましたが、筆者は、いま流行りのDSだの、陰謀論を、まったく信用していません。
いろいろと言われていますが、根拠の不明なものばかり。証拠とされるものも、曖昧なものばかりです。<<<


確かにその手の情報を発信している連中は、検証や裏取りもろくにせず、願望や妄想だけで物言ってるデマ吐きばかりで、私も苦々しく思っています。
しかしだからと言って全く真実がない、とまでは言い切れないと思います。


ではちゃんとした新聞記事ならば、ちゃんとした根拠として認められるでしょうか?
👇は昭和16(1941)年の報知新聞の記事です。今年から丁度80年前に書かれた記事であり、この年の6月のものなので、真珠湾攻撃から凡そ半年前の時期に書かれたものです。
日付を見ると、一週間にも亘って連載されたシリーズ記事のようです。


◆報知新聞 1941.6.23-1941.6.29 (昭和16)【アメリカの地底政府】
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10014383&TYPE=IMAGE_FILE&POS=1&LANG=JA


☝から最初の部分を引用します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
≪引用開始≫

与論が白聖館(引用者註:ホワイトハウスの事)を支配し、与論が政治的権機力に先駆するとまでいわれた与論の国アメリカ—その民主主義の牙城アメリカが今や一億三千万国民の与論を、"頬かぶり"して参戦の無限軌道を猪突驀進しようとしている。

国民がストップと手を挙げているのに、運転手ルーズヴェルトは赤信号を無視して遮二無二参戦の交叉点を渡ろうとしているのだ。
冷静な与論を踏みにじってまでアメリカは何故"参戦"の危い橋を渡ろうとするのか、アメリカの実思を歪め、アメリカの与論を去勢するものは誰か?この疑問符をあぶり出しにかけると『参戦を煽るものユダヤ地底政府』という文字が大きく浮び上って来る。

ニューヨークがジューヨークと呼ばれ、ニューディールがジューディールと皮肉られ、ニュースペーパーがジュースペーパーといわれるくらいジュー即ちユダヤ勢力が浸潤し、ユダヤの資金力によって金しばりにされているアメリカである。
米の参戦近しが喧伝される今、ここにアメリカの参戦をあおる"ユダヤ地底政府"を白日下に暴き、参戦の鐘は論がために鳴るかを解剖して見よう

≪引用終了≫
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



この引用元の記事は今から80年も前に書かれた物なので、今のような「DS(ディープ・ステイト)」「カバール」といった呼び方はしておらず、「ユダヤ地底政府」といった呼び方をしていますが、これは明らかに今で言う所の「DS(ディープ・ステイト)」「カバール」「国際金融資本」の事です。
そして記事を読み通せば、連中のやっている事は現代と全く変わってない事がよく判ります。

もしDSの話がデタラメだと言うのならば、80年も昔に実態を鋭く喝破したこの報知新聞の記事は一体何なのでしょうか?
この記事を読んでもまだ、「DSや陰謀なんてただの作り話に過ぎない」と言われるのでしょうか?

ヨウイチ

陰謀論について
陰謀論については、多くの場合否定的です。荒唐無稽であったり、それらがもたらす利益が到底信じられないものが多いからです。
しかし資本には自己増殖という目的があり、近視眼的なその目的達成のためには非倫理的、非人道的な手段が取られることもあるのだろうと考えています。
直近では、米国大統領選などがそうなのではないでしょうか。何者かはわかりませんが、法を超えた所からの意思があり、大きなお金が使われたように思えました。その意思に多くの人々が動かされているように写りました。個々の人々はそれぞれの目的に準じて動いたり、動かされたりしていたようですが、その準備には莫大な費用がかかるので、誰かの何らかの意思が働いていたとしか考えられないです。
こういう傍目から見て、多くの人々が一つの目的に向かってグレーな行動をする時、陰謀論というのが出てくるのではないのでしょうか。

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

名無し

DS
DS(国際金融勢力)は戦前から語られていました。その辺の村の主婦達による井戸端会議レベルででもです。決して最近の話ではありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク