嘘でウソが塗り固められ騙され続ける中国庶民



nankinnannkin

南京大虐殺を描いた映画「南京!南京!」が、中国国内で興行成績1億元(約14億5000万円)を突破したのだそうです。

またこの映画は、「全国紅軍小学愛国指定映画」に選出され、また紅軍小学(人民解放軍関係者らの義援金によって貧困地域に設立された小学校)の指定映画にも選出されたのだとか。

さらに陸川監督は中国映画史上5人目の「1億元監督」となったとRecord Chinaが伝えました。

そしてこの映画は、中国国民の愛国心を刺激するものとなっているようです。
■関連記事:ヒット続ける「南京!南京!」=愛国心呼び覚まし抗日戦争記念館も参観客増―中国 Record China
http://news.livedoor.com/article/detail/4140189/

それにしても、国を愛する心というのは、世界中どこに行っても、人々のごく普通の心であると思います。(日本の一部サヨクは人類に稀なる例外)

中国の一般庶民の愛国心を浮揚することは、それはそれでたいへん素晴らしいことだと思います。

しかし、それが、虚構や嘘を真実と偽装し、人々のごく普通の愛国心という国民感情を意図的に利用して嘘いつわりを正史として刷り込むという行為は、はたしていかがなものか。

日本人は、伝統的に「人を利用主義的に利用する」という行為を嫌います。

自分の都合や政治的な都合で、人々を洗脳し、騙し、利用する。
それは人として最低の行いだと認識されます。

いま、「南京!南京!」で、愛国心を刺激された多くの中国庶民が、そこで虐殺を行ない、人々に対して横暴な振る舞いをしたのが実は自分たちの同朋である中国人であったと知ったら、どうなるのでしょう。

罪を他国になすりつけ、反日を煽り、それで中国共産党は安泰なのかもしれないが、そうした嘘を真実とする変えるという行為が、富を招き、顕彰されるという風潮は、結果としていつかわが身に災いとなって降りかかるということが、どうしてわからないのか。

ボクとしては、騙されている中国国民のみなさんに同情を禁じえないのです。

この映画の製作中、「日本の蛮行を許せない!」と感情が火となった中国の女子大生たちは、自ら進んで全裸になって柔肌を晒したといいます。

しかし、それが単なるプロパガンタであり、事実は真逆であったと彼女らが知ったなら、彼女たちの行動はなんと哀れなことか。

そして日本は、ここで黙っていてはいけないと思うのです。

なぜなら、

嘘を放置することは、その嘘に加担することと同じだ

と思うからです。

この件に関しては、4月27日の記事「悪は断じて許さないという心が大切」に詳しく書かせていただいたので、詳細はそちらをご覧ください。
URL=http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-476.html

なぜ南京大虐殺は捏造されたのか?

お時間のある方は、この動画を是非ご覧になってください。実際に南京で戦った私たちの祖父である日本兵士たちの、これが生の声です。


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>かぐやひめさん
重ねて貴重なコメントを、ほんとうにありがとうございます。

先祖という縦糸と、地縁という横糸の交差するところに自分がいる。。。。

おっしゃる通りですね。

「善悪を自分で考えさせるのが道徳の時間です」と寝言を言った小学校教師は、野球部の少年に、野球のルールを自分で考えさせるのが部活の時間です、とでも教えているんですかね。

どうして日教組の洗礼を受けた人間は、こんなにもアホになるんだろう。

不思議な気さえもします。

日本のアイデンティティを守り抜け!!
絶対に負けないようにしましょう。


>太郎の嫁さん
コメントありがとうございます。

そうですか。中井貴一さんが、そんなコメントを^^

彼の人格のなせる技ですね。すばらしいお話をありがとうございます。

≪本当の悪魔は共産主義≫

その通りと思います。

そして日本という国は、その共産主義の大国のすぐ隣に位置している。

そしてあまりにも無防備でいた。

日本人よ、眼を覚ませ!!

これはとても強く言いたいことです。

太郎の嫁

本当の悪魔は、共産主義です。
以前、中井貴一氏が「ヘブン・アンド・アース」(中国映画)撮影時の事を徹子の部屋で話していました。
中国人女性スタッフが、撮影終盤の夜に中井氏のテントを訪問してきたそうです。
そして
「私は日本人は悪魔だと教育されて憎んでいました。しかし貴方を見ていてそれは間違いだと知りました」
と言われて嬉しかったと。

かぐやひめ

ありがとう、ねずきちさん
「日本を嫌い」という子に出会ったショックで、「新しい歴史教科書をつくる会」に入って研究しました。そして、宮沢喜一が元凶であること、1980年代にこういうことが起こったのは、近隣諸国条項だかなんかで、日本の歴史教科書にケチをつける権利を中国韓国に与えたからだと知りました。
一人の偉人が日本を救った歴史もあるが一人の馬鹿が国をめちゃくちゃにした例もあるということです。
いっそ、お勉強のできない子たちは、被害を受けずに済みました。本当に賢い子は、疑うことも知っていました。
中間層の一番人数の多いところが被害を受けました。団塊ジュニアのすぐ下ぐらいからがやられています。自分の未来を投げ捨てるような・・・あのころはやったのが援助交際です。・・・男の子は刃物を持ち歩きました。いくら親が努力しても、こどもが親の方をまともに見ないのでした。たぶん、引きこもりの激増も、そのころではないでしょうか。

ねずきちさん、日本人のアイデンティティて何だと思いますか?
それはね、仏壇と神棚なんです。
仏壇の前で手を合わせるとき、日本人は「先祖を悲しませない生き方をしよう」と、誓います。同時に自分が過去無量劫から永劫の未来につながる経糸の一点であることを感じます。神棚の前で拝むとき、日本人は「自分は氏神様の子供だ」と感じ、同じ神様のこどもたちである氏子たちに後ろ指をさされない恥ずかしくない生き方をしよう。と誓います。そして、自分は村という地縁の横糸にからめとられた一点であることを自覚します。
先祖から子孫への経糸と、地縁の横糸がクロスする場所。それが日本人のアイデンティティです。住居が変わり家から仏壇と神棚がなくなったことが日本人が日本人でなくなる第一歩だったのです。
先祖を敬う心、他人を信じる心、ここが破壊されると日本人は漂流してしまうのです。
1980年代、CMでさかんに「日本は漂流している」と叫んでいました。あれも作為的な感じがしました。
神様しかなかった日本に仏教を導入したのは聖徳太子です。彼が日本人のアイデンティティを確立しました。日本という国を確立させたのです。だから、長くお札の顔でありました。お札から聖徳太子が消えた時から日本の亡国は始まったと私は思います。

正しく経糸と横糸にからめとられて自分の立ち位置のわかっている人は、困難に直面しても「自分がここでくじけたら、ご先祖様が悲しむ」と、歯をくいしばって耐え抜きます。悪の誘惑に誘われた時は、「人から後ろ指をさされる」のを恥じて一線を越えません。
ちなみに私に「善悪は教えません。自分で考えさせるのが道徳の時間です」と、寝言を言ったのは小学校の先生ですよ。野球だってルールを知らなければできないでしょ?なぜ、生きるためのルールを教えずに、なげだすのですか?家庭のしっかりしている子は大丈夫です。しかし、公的教育とは、家庭のだめな子供さえも拾ってやるためのものじゃないのですか?

ねずきち

Re: 本題とは関係ありませんが、、、
あきちゃさん、コメントありがとうございます。

このコメント、かぐやひめさんのコメントと重ねて、ものすごい深い内容をもったものだと感じます。

是非、本文で紹介させてください。

よろしくお願いします。

ねずきち

Re: 教科書のひどいさに気付けなかった無念さ
かぐやひめさん、いつもコメントありがとうございます。

今回のこのコメント、実に重要なことが書かれていると感じました。

今日一日考えたのですが、やはり、ぜひ、この記事を本文で紹介させてください。

よろしくお願いします。

ななし

想いは届く!
>あきちゃさん
>解散を機に公明と手を切ってくれるのではないかと密かに妄想しております。

>近い未来に・・
・・そんな気がします♪

愛信

【新型インフル、相次ぐ「疑い→シロ」 通常型も流行中】
【新型インフル、相次ぐ「疑い→シロ」 通常型も流行中】
http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905070096.html

新型の豚インフルエンザをめぐり、簡易検査で疑わしいとされても、
遺伝子検査で詳しく調べると、通常の季節性インフルエンザと判定
されるケースが続出している。

大規模な世論操作や情報操作は、国連WHOと結託して日本人社会の
破戒を企む反日売国奴の企みである。

【旅の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/tabi/tabi_ind.cgi

-

一瞬の隙を突く中国の「プロパガンダ」製作技術、気がつけば世界中で“白髪三千条”「慰安婦決議」の悪質を軽く見る日本人の愚かしさ。
インチキ露呈は止まらないー第一回のNHK「JAPANデビュー」(付:台湾の被取材者「証言」最新動画)
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-748.html

しつこいようですが、NHKの悪質な編集も日々暴露されてきています。
同番組第一回関係者インタビューにおいて、被取材者のマイナス発言のみをNHKが取り上げて放送していた事が既に明らかになっていますが、同窓会のシーンでは「差別」に関する質問をもっぱらしていたようです。(ですから、差別に関する発言しか出てこない訳です。)
更に強制ではなく、希望者も少なかった「改姓名」に関しては、知識の無い人がみれば「強制」と勘違いするような放送がなされていましたが、それに関しても編集の「妙技」があったようです。
また、文書に関しても、長い文章を端折ったり、条文を省略したり、色々細かいけれども絶対にやってはいけない行為を多数行っているようです。

NHKの同番組に中国が絡んでいるとは断言できませんが、中国のプロパガンダ製作技術をなめてはいけません。
ちょっとした隙を見逃しません。
雰囲気や自責の念にかられて脇を甘くしては命取りになります。
中国は、世界一卑怯な国ですから。

かぐやひめ

教科書のひどいさに気付けなかった無念さ
中学生に勉強を教えていた1990年代のこと。「私は、日本人であることが嫌だ」と、ある女子中学生が吐き捨てるように言いました。「日本は戦争で悪いことをいっぱいしたのでしょう!」
私は絶句しました。歴史教科書が、あんなひどいことになっていると、知らなかったのです。

実は、私のこどもたちより、少しあとから・・・つまり1985年を少し過ぎたころから、歴史教科書は、ものすごくひどいものになっていきました。

日本を嫌うようにしむけられた子供たちは、おしなべて「親、特に父親を軽蔑し憎みました」家庭はめちゃくちゃになっていきました。善良なご両親は、悩みましたが理由がわからないのでした。

教科書の悪質さのせいで、子供たちの国家観がゆがみ、家庭の中での”国家の象徴である父親像”が破壊されました。子供たちはまじめであればあるほど自暴自棄になりました。
(現在、父親を犬に見立てたCMが、この路線を完成するために日夜放映中のようです。私は絶対にここの機種は持ちません。)
学校の先生に話しても「教育委員会の言う通りにしか」と逃げられ、「子供たちに善悪是非の規範を教えてほしい」と訴えても「それは、子供が自分で考えることです。」と責任を放棄されました。
一番の敵は教師、つまり日教組でした。
せめて、私は自分の子供にだけは正しいことを教えました。

洪水のように押し寄せる偽情報に翻弄されながら、くやしいけれど、効果的な方法を見いだせないでいます。
一人では、何もできない。連帯しなければ。
百匹目の猿が芋を洗いさえすれば!そう歯ぎしりしながら思います。

でも、あのころ、今から20年前には、テレビで南京事件がどうとかこうとか論評することさえ、集団攻撃を受けました。声をひそめてしか、「あれは嘘」とはいえなかった。今は、言えます。それだけでも、進歩です。こうしてネットで同志と語り合える!なんという前進でしょう!
偏向マスコミは、その滅びの時を知ってあせっているのかもしれません。
私たちには大きな力はありません。でも、信念を守りましょう。時間はかかります。

中国が「外敵」を必要としているのは内患があるからです。毎年6000件の暴動・・・今は、もっと多いのではないでしょうか・・・

100年に一度といわれる経済危機。これは本当に大きなチャンスだと思います。
麻生総理、中川もと大臣、安部もと総理にぜひ頑張っていただきたい。

マスコミをただすための運動。国をまもるための軍備。しなければならないことは、はっきりしています。

surnivers

日本は効果的なカウンターインテリジェンスを打つべき
このような嘘、虚構に対しては徹底的に抗議していく必要があると思います。
ワシは映画を見ていないので何とも言えませんが、少なくても中共の言って居る南京大虐殺は存在しなかった事であり、人数も全くの出鱈目です。

日本はこれらの事が証明されているにも関わらず、依然として謝罪を続ける。
意味が分かりません。
もっと毅然とした態度で相手の捏造や歪曲を指摘し、事実を踏まえて堂々と自分の主張を通すべきです。

マグカップ

こんにちは
中国側の情報はあまり信用していないので、大ヒットというのも「どうなの?」とも思えます
党の指導の元、半強制的に見るようにしているのでは?とも考えます
南京記念館も同様に「行かせられている」とのこと。

ねずきちさんの騙されている中国人国民に同情を感じるというのは、優しい方ですね
確かに彼らにも同情すべき点はあると思いますが、毅然と嘘・捏造を指摘し、真実を知らしめることが彼らのためでもあるんですよね

おれんじ

ねずきちさん、こんばんわ。

bbさん、いつも貴重なコメントありがとうございます。

あちゃー!大ヒットしてしまいましたか!私が許せないのはあの映画に何も知ろうとしない日本人俳優が出ている事です。中国にも日本にも、いやアメリカにも役がつくというだけで無責任に反日映画に出てしまう日本人俳優がいるのです!

結局一番大切なのは私達全員が真実をしっかり知っておくことなのですが、学校ではねえ…。椿さんのように、自分も学び、周りに出来るだけ真実を広める、反日分子(中国人みたい、笑)にはしっかり反論する、個人レベルではこんな所でしょうか。後は政府(期待できないけど)や民間団体(チャンネル桜)を動かすべく働きかけることですかね。

それにしても良く騙される国民だ(呆)。私も日本人としてしっかりせねば。

クリック!

bb

ねずきちさん、こんにちは。

先日も書きましたが、父は南方の玉砕した島で一命を取りとめ、アメリカの捕虜となり、22年に帰国しました。一度戦死の通知を受けています。その父のエピソードのひとつを紹介させてください。夜中アメリカ軍の倉庫に忍び込み、食料を調達することが何回かあったそうです。「奴ら9時から5時までしか、戦わないんだ。」ある日、野原の真ん中で米兵とはちあわせ、5時以降だったので、お互い一人。一応銃を構えましたが、次の瞬間背を向けて夫々の陣地のもどったと。「そんなもんだよ、無駄に命は落とさないよ。だけど食糧事情だけでも、負けるかもしれないと思った」そうです。また母は満州から引き上げてきました。母はそれを言うのを嫌がります。なぜかというと、引き上げるとき多くの女性がレイプされ、全員がそういう目で見られたからといいます。母は坊主にして、顔に墨を塗り女性と分からないように逃げたそうです。

私たちは事実を聞ける最後の世代です。教育勅語のときも書きましたが、戦後の歪んだ歴史認識を見直すのは今しかありません。中国の人民も気の毒だと思いますが、両親をはじめ戦争の時代をまじめに生き、日本とアジアのために命を落とされた英霊の方の名誉のためにも、何かをしなければと焦ります。
原爆を落とされ、東京大空襲を経験し、焼け野原から這い上がって、誰にも文句を言わず黙々と働く美徳は、世界で日本だけかもしれません。美徳ではあるけれど、時には大声で主張しなければ、ひどい嘘が世界を駆け巡ってしまいます。孫たちが、堂々と生きられるように頑張ります。

保守の29歳

南京大“嘘”虐殺
これからは「南京大虐殺」じゃなくって、「南京大嘘虐殺」(なんきんおおうそぎゃくさつ)に改名して呼ぶことにしましょう。

世界のどこでもそうですが、ネットが普及して個人でも相当な情報が得られる時代になっても、普通の人たちは大メディアから流れる情報を鵜呑みにするだけでそれ以上のことを考えることはしない。中国はそこへつけこんで、ありもしないことを情報を洪水のように流しまくって、無理やり本当のことにしようとしている。

ハラワタが煮えくりかえります!!

太郎の嫁

今は戦前です。
これほどのプロパガンダ映画を批判しない政府とマスコミに憤りを感じます。
これが逆だったら、「強硬な処置」をマスコミに命じて実行していたでしょう。
当然、上映できない事は推測に堅くありません。
こういう事の積み重ねが、両国民の不満を鬱屈させ、結果戦争に繋がるのです。

椿

通州事件・尼港事件を忘れない!!

>「日本の蛮行を許せない!」と感情が火となった中国の女子大生たち<

それはこちらの言うセリフ!!
通州・尼港事件だけではない、
満州引き上げの際に、シナ人が行った残虐行為を“決して忘れてませんよ!!”

今は、シナの捏造・歪曲を世界に知らしめる、
最高に良い時期だと思います。
この時を逃して、いつシナの捏造を暴くのか?!

虐殺北京五輪の際に、
シナのチベット・ウィグルの侵略・虐殺が
世界中に伝わり、シナ政府の情報操作や捏造が
世界中に伝わりました。

日本でも「南京事件」が捏造だと検証された
学者の方々の著書も、いくつか出版されています。
チャンネル桜でも、『南京の真実』という映画を
作られました。


これらを機に、どうか私達のご先祖様
英霊達の名誉”を回復して頂きたい!この『捏造南京事件』が、世界中に喧伝されたとなれば、英霊方だけではない、日本人の子々孫々に至るまでの不名誉です!!


実際、私の知り合いのお子さん(中学生)が、アメリカの留学先で、クラスメートのシナ人や韓国人に、歴史問題を糾弾され、歴史を知らないその子は、何も反論できず恥をかかされて、泣いていたそうです。海外に住んでいた頃は、頻繁にこのような話を漏れ伝え聞いていました。とても残念です。

そこで私は子供でも分かる様な漫画、小林よしのり氏の『戦争論』や『嫌韓流』を持って来ていたので、その本をプレゼントさせて頂きました。それをとても喜んでくれて、『今度は絶対に負けないから!!』と、逞しく元気に、明るくなってくれました。本当にうれしかった思い出があります。

日本の子供に必要なのは、ただそのままの『真の歴史』を教えてあげるだけです。シナ・朝鮮のように捏造歴史を教え、愛国心を鼓舞する必要はありません。




非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク