危険な国との間に緩衝地帯を置く 極東共和国構想



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX

Amazonベストセラー1位(古代日本史)


戦略家をちゃんと使うことができる国体を築くにはどうしたらよいのか。
そこを我々は真剣に考えなければならないと思います。
保守同士の対立を、よくないという人がいますが、戦略家の発想は、対立があるなら、それをどう利用するかになります。
そういう思考が育まれ、実行できる国体を築く。
そういうことがこれから求められる時代になります。

20210702 極東共和国



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

タイトルを読んで、何の話と思われましたでしょうか。
実は、古代朝鮮半島と、近代における日本のシベリアにおける「極東共和国」の設立案(大東亜思想)のお話です。

満洲国ができる(1932年)よりも少し前、わが国がシベリア出兵(1918年)していたことは、皆様御存知の通りと思います。
この出兵は、いまでは、第一次世界大戦における勝利国である英米仏伊加と、日本が、当時ソ連に生まれた共産革命軍によって強制的に囚われたチェコ軍を救出するための共同出兵と言われています。

ただ、早々に主役となるべき帝政ロシア軍が共産党軍によって滅ぼされてしまったために、英米仏伊加軍が、もはや護る意味無しとして、あとは、いちばん近くにある日本に、よろしく頼むと、早々に退散してしまった。
結果、日本陸軍だけがシベリアに取り残されて、シベリアの治安を護ることになる。

その一方で、第一次世界大戦後のパリ講和会議で、日本が人種の平等を高らかに主張したことで、日本は欧米諸国の、植民地に権利を持つVIPたちを敵にまわしていた。
そのことから、シベリアに残された日本は、孤軍状態におかれ、厳しい戦いを強いられることになったわけです。

このすこし前のことです。
対ロシア対策を指揮していたのが、オトポールでユダヤ人たちを救った樋口季一郎陸軍中将ですが、樋口中将はハバロフスクで、源氏笹の紋章に、漢文で何やら文書の書かれた石碑を発見しています。

当時のシベリアには多数のイエローが住んでいましたが、その上層部にごく少数のロシア人たちがいて、シベリアを勝手に領有しようとしていました。
そして共産パルチザンが、それらロシア人たちを狙い、また有色人種のイエローの民衆たちを強襲していました。

このため樋口中将は、共産パルチザンたちに書簡を送り、シベリアの地はもともとイエローの土地であること。
そして800年前に源義経一行が、北海道から樺太を経由してシベリアに入り、蒙古(猛虎)の将官を名乗って、辺り一帯を領有していた事実があること。
そのため、実際に石碑が残されていることなどを、書き送りました。
つまり「君たちには、この土地を領有する権原がない」ということを手紙にしたためて送ったわけです。

すると何が起きたかということ、その歴史的遺産である石碑に、真っ黒にコールタールが塗られてしまった。
そこでふたたび樋口中将が抗議の手紙を送ると、今度は石碑そのものが、いつのまにか取り壊されてしまったということが、樋口中将の回顧録に書かれています。

そしてこの当時の日本陸軍の考え方として、シベリアに現地の人達による「極東共和国」をつくる。
その領地は、バイカル湖から、北極海に注ぐ大河であるレナ川以東とする。
この「極東共和国」は、シベリアに住むイエロー達による自治国であり、同時に満洲あたりには、やはり満人、および当時急速に人口を増加させていた漢人たちによる、満洲国を、やはり自治国としてつくる。
また、モンゴル族の住むエリアにも、やはり日本が援助してモンゴル共和国をつくる。

そして日韓併合によって日本領となっていた朝鮮半島も、その地に住む人々による自治国をつくり、日本軍は、日本に撤収する・・・といった作戦が建てられていたといいます。



 最新刊
 
つまり、モスクワを中心とする共産主義の日本への南下を防ぎ、同時に東亜の平和を実現するために、
シベリアには「極東共和国」
満洲には、「満洲国」
モンゴルには「モンゴル共和国」
を、それぞれ地元の人たちによる自治国を、日本の支援によって築く。
さらに、朝鮮半島を緩衝地帯とするため、半島はコリアンたちで自治を行う国とし、日本軍は日本に撤収し、日本の平和と安定を期する、というのが、陸軍の考え方であったというわけです。

それぞれの自治国は、それぞれの国の特産品を交易品とし、日本との交易をすることによって、富を築き、人々の繁栄を期するというわけです。

この構想は、日本の政府が、まるで及び腰で、あまりに場当たり的であったために実現せず、やむなく満洲国だけが成立することになったのですが、そうなれば、あたりまえのことですが、満洲だけが共産パルチザンからの直接の攻撃対象になり、また、そのすぐ後背地には日本の一部であった半島があるわけです。
これでは国防にならない。

そういう意味で、シベリアを極東共和国にするという案は、たいへんに理に適っているわけですが、この案は、実は突然降って湧いたものではなくて、実は先例があったのです。

それは紀元前2〜1世紀ごろのことです。
当時のチャイナは、三国時代で、まさに戦乱に明け暮れていました。
戦乱に明け暮れ、命がいくつあっても足りないチャイナからは、敗残兵や脱走兵などが、半島を経由して倭国にまでやってきて悪行三昧を働いていたのです。

そこで倭国は、いまの北朝鮮のあたりに高句麗、韓国の慶尚北道のあたりに新羅、忠清道のあたりに百済の三国を、倭国の肝いりで自治国家として形成しました。
そうすることで、チャイナからの悪人たちの流入を、
まずは高句麗で防ぎ(高句麗の人々は、自分の国の平和と安定のために、そうするしかない)、
半島の東側を新羅、
西側に百済が、
やはり自国のために悪人の流入を防ぎ、
さらに半島南部の慶尚南道、全羅道のあたりを「伽耶国」として、倭国の直轄地として、兵を駐屯させ、半島の南側から百済、新羅、高句麗を支えていく、という方針が採られたわけです。

これは大成功となり、おかげで現代に至るまで、日本は一度もチャイナによって征服されることなく、年月を過ごすことができています。

これと同じ戦略を、極東共和国、満洲国、モンゴル共和国、そして朝鮮半島に朝鮮自治国を築くことで、今度は西からの共産主義の南下を防ごうとしたわけです。

もし、この陸軍案が成功していれば、世界の歴史は大きく変わった。
というより、いまからでも遅くないから、シベリアのバイカル湖からレナ川より東の一帯を、独立国とすべきではないかと思います。
同時に、チャイナの、いま東北省と呼ばれている満洲も独立、モンゴルも、内モンゴルを独立させ、新疆ウイグル自治区も、独立国とする。
そんなことが実現したら、世界の形は大きく変わるのではないかと思います。

それにしても戦前の日本人は、すごいことを考えたものです。
ちなみに、この構想は、もともと大アジア主義思想に基づきます。

最後にひとつ、少し厄介なことを書いておきます。
戦略のことです。

今回お話したような、防共ラインとしての日本陸軍の極東共和国構想は、結果、実現しませんでした。
陸軍は、しっかりとした情報を持ち、その情報に基づいて大戦略を構築していたわけです。
にもかかわらずそれが実現できなかったのは、日本の政治の腐敗でした。
二大政党制のもと、完全に党利党略だけの衆愚政治に陥っていた日本の政治は、すでに何も決められない、何もできない政府になってしまっていたのです。

国家戦略の大切さは、おそらく誰も否定する人はいないと思います。
企業でもそうです。
企業には勝ち残り、生き残るための戦略は不可欠であり、そのためには戦略が必要です。

ただ、こうした戦略というものは、ある意味、たいへんに汚いものでもあります。
たとえば防共戦略であれば、場合によっては狂さん主義者たちを寄せ付けないどころか、彼らの命を奪わなければならない事態も想定内にしなければならないのです。
けれど、平時に於いて、それを認めることができる人は、まずいない。世の中は、その意味では綺麗事でお化粧されているのが実態なのです。

従って、戦略家というのは、ともすれば組織から除外されがちです。
敬遠される、といったほうがわかりやすいかもしれない。

けれど、現実には戦略家がいなければ、戦いに勝利することはできないのです。

たとえば、諸葛孔明といえば、有名な戦略家です。
しかし諸葛孔明の作戦は、敵をひとり残らず殲滅します。つまり万単位で人の命を奪うものです。
通常の神経の多くの人達からみたら、彼の考えは、いわば狂人です。

ですから諸葛孔明を用いるためには、彼に全幅の信頼をおき、彼を信じぬき、彼を疑わず、果敢に諸葛孔明の作戦を受け入れ、なおかつ絶対に生涯諸葛孔明を裏切らないだけの胆力を備えた上司が必要になります。
つまり、戦略家には、その戦略家を引き上げてくれる上司が、必ず必要なのです。

戦略家自身がトップになればよいのではとお考えになられる方もおいでかと思いますが、これは不可能です。
戦略家の持つ、ある意味エゲツナサに付いてこられる部下というのも、そうそうはいないからです。

簡単に言えば、戦略家と狂人は、いわば紙一重なのです。
戦略というのは、そういう性格を持ちます。

古代において、我が国が大戦略を打ち立て、それを実現することができたのは、それができるだけの国家体制があったからです。
戦前においてできなかったのは、その国家体制が、なまじ遅れた西洋の体制を模倣したために、日本的思考と西洋型組織が日本国内で正面衝突していたためです。要するに政治が機能不全に陥っていたからです。
これでは安定して戦略家が戦略立案することも、それを実現することも不可能です。
できることは、せいぜい、局面における戦術止まりになります。

ひるがえって現代日本はどうでしょうか。
戦略家の必要は誰もが疑いません。
けれど、その戦略家を懐刀として、安定的に用いる政治は、あるのでしょうか。
いまの政治の枠組みで、それはおそらく不可能です。

一方、国際的にコ○ナ騒動を仕掛けている人たちがいます。
DSと呼ばれる人たちです。
この問題は、また別な議論になりますので、稿を改めますが、いま日本で多くの人がDSだと思っている国際金融資本は、いわば隠れ蓑であり、実際に世界を動かしている人たちは、もうすこし奥にいます。

いま我々が学ぶべきは、コ○ナという、とんでもない仕掛けが、ある一定の戦略のもとに行われているわけです。
それが実現できたのは何故か。
いま世界は、何とどうやって戦おうとしているのか。
カイジの漫画ではありませんが、裏の裏の裏の裏まで、読み切って世界を動かしている人たちがいます。
そうしたものに対して、現代日本は、あまりに無防備です。

そうであれば、戦略家をちゃんと使うことができる国体を築くにはどうしたらよいのか。
そこを我々は真剣に考えなければならないと思います。
保守同士の対立を、よくないという人がいますが、戦略家の発想は、対立があるなら、それをどう利用するかになります。
そういう思考が育まれ、実行できる国体を築く。

そういうことがこれから求められる時代になります。



お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

「もうすこし奥にいます」答え合わせが出来るので、楽しみな点でもありますが、そこに触れると危なくありませんか?

Toshiro Akizuki

どこでまちがったのか
将棋の感想戦で、どこが勝負の分かれ目だったか、他の手はなかったのか、考えるのも棋士にとっては大事なことでしょう。極東共和国の構想は、1940年の9月ごろにシベリア鉄道を破壊していれば、楽々と成立していたのでないでしょうか。当時、スターリンは西から攻めてくるヒットラーの防戦で手いっぱいで、シベリアで日本軍が何をしようが防ぎきれるものではなかったと見ます。鉄道を切ればソ連はシベリアの兵站を失い、東部への退路を失い、そのまま滅んでいたかもしれない。ソ連が滅んでいれば、その支部である東亜の共産党は全てなくなっていたことでしょう。1940年9月にすべきだったことは、ドイツとの同盟ではなく、対ソ宣戦であり、同時に英米に満州の共同防衛をもちかければよかった。イギリスも当時はヒトラーと制空権をかけたぎりぎりの戦いをしていたので、のってきたかもしれない。ヒトラーやスターリンよりよほど日本の方がくみしやすいと見ていたと思う。そうしないで、ドイツと同盟したがために、日本は原油や鉄鉱石を禁輸され、チャーチルはヒットラーを倒すためにスターリンと同盟するという奇策にうってでて、後戻りのできない大戦になっていった。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク