謎のスポンサー



nihon日本海

11日付の米紙ニューヨーク・タイムズに、同紙が“日本海について韓国名の東海とせず、日本海と表記したのは誤りだ”と指摘する全面広告が掲載されたそうです。
韓国で話題になっているのだとか。

-------------------------------------
「『日本海』の表記は誤り」 韓国人が米紙に全面広告
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090512/kor0905121301002-n1.htm

韓国の聯合ニュースによると、全面広告を出したのは、韓国の誠信女子大学客員教授、ソ・キョンドク氏(35)で、4月6日付の同紙が北朝鮮のミサイル発射に関連した記事の中で日本海と表記された地図を載せたことを問題視。

英文で書かれた広告は、

「小さいが重要な誤りを発見した。われわれは韓国と日本の間にある海は、日本海ではなく東海と呼ばれていることをお知らせしたい」と述べ、地図の中で日本海の表記を線で消し、大きく東海と書いている。

広告はさらに、

「過去2000年の間、世界のさまざまな国で東海と呼ばれてきた。東海上に存在する独島(日本名・竹島)もまた韓国の領土と認められてきた。この事実は誰も変えられない歴史的事実」と強調するとともに、
「この世に日本海というものはなく、日本海は歴史を歪曲しようとする日本政府の考えの中にだけ存在する」と非難している。 

聯合ニュースによれば、
「ソ氏は世界で最も権威のあるニューヨーク・タイムズやウォールストリート・ジャーナル、ワシントン・ポストの過去10年間のアジア関連記事を検索したが、東海と表記されたことが一度もなかった」という。

このためソ氏は
「各国政府や企業、国際機関、報道機関で最も多く購読されている、こういった世界的新聞に日本海と誤って表記されていることを正したくて、広告を掲載するようになった」と全面広告を出した理由を説明している。
--------------------------------------

さて、よくもまぁいけ図々しくこんなことができたものだと呆れ果てます。

「過去10年間のアジア関連記事を検索したが、東海と表記されたことが一度もなかった」というけれど、歴史的事実でないから一度も載っていないにすぎない。

このような虚偽広告を堂々と出す厚顔無恥を平気でするから韓国は世界で嫌われる。

簡単に言ったら、この韓国のソ・キョンドク教授は、ニューヨークタイムスの全面広告で、まさに世界に向けて自身の無知と低脳を宣言したわけで、キョンドクならぬオキノドクとしかいいようがない。

ただ、一点、注意をしたいのは、

ニューヨークタイムスへの全面広告は、出稿がバカ高い・・・ということです。

しかもこのソ・キョンドク教授、去年7月と8月にニューヨークタイムスとワシントンポストに独島と東海関連全面広告を載せています。

つまり、今回が3回目。

1回あたり5万ドルくらいなのだけど、いま韓国はウォンが暴落しているから、購買力平価その他からみて、我々日本人の感覚で言うとおそらく1回あたり1000万円を投じたようなものといえます。

それが11か月の間に3回。

一介の女子大教授風情が、出せる金額ではありません。

当然、彼の行動には、裏にスポンサーがついている。

このあたりが、シナや韓国の特ア国のプロパガンタの特徴で、背後であやつり資金を出している連中がいる。

もちろん、それは民間団体などではない。

彼らはこうやって、慰安婦だとか、竹島だとか、日本海に繰り返しいちゃもんをつけ、いつの間にか既成事実を積み重ねようとする。

日本の政府が、いちいち相手にするのもオトナゲナイ、そういう小さな穴をコツコツ開けて行って、いつのまにか既成事実として真実とすり替えてしまう。

そのくせ、自分たちが明らかに領海侵犯したことについては、詫びの言葉のひとつもない。
■関連記事:韓国の日本海ゴミ不法投棄区域見直しへ 明らかな領海侵犯+不法投棄なのに韓国は賠償なし?
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-389.html

しかしね、ここまで隣国に馬鹿にされ、非難され、しかもゼニをむしられて、日本はいったいいつまでガマンしたらいいの?

ガマンすることで、日本にとって良いことってなんなの?

「日本軍最強伝説」


人気ブログランキング ←いい加減、日本は怒れ!!と思う方は、ここをクリックお願いします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

No title
>surniversさん
コメントありがとうございます。

まさに病気ですね。国家としての精神が病んでいる。

そういえばsurniversさん、アメリカのテレビドラマシリーズで、クローザーという、女性尋問官を題材いしたDVDシリーズがあるのですけどね、その主役の女性刑事が、第一話で、いきなり車をぶつけられるんですよ。刑事さんが停まっているところに、相手の車が勝手に突っ込んでくるんですけどね、乗っていた韓国人おばさんが、
「ワタシワルクナイ、コイツ、アタシノクルマ、ツッコンデキタ。コイツ、トンデモナイヤツ!! ワタシ、ワルクナイ!!」と、火病を起こして怒鳴りまくるんですね。
状況は、誰の目にもあきらかなのに、まわりがいくらなだめすかそうとしても、このおばさん、
「コイツ、ワルイオンナ。ワタシワルクナイ。クルマ、ベンショウシロ」と、まるで取りつくシマがない。
もう米国内でも、韓国人の火病は認知されつつあるんだなぁとつくづく感じましたよ^^;

ちなみにね、その米国テレビドラマシリーズ。
人気のあるのが、ヒーローズと、LOSTという2つの作品で、ヒーローズには日本人青年、LOSTには韓国人の若夫婦が出演しています。

ヒーローズに出演したヒロ・ナカムラは、「やった~!」のポーズと、いかにもひとなつっこい人柄で、米国内でも大人気。

これにたいしLOSTの韓国人カップルは、回によっては主役を務めるまでしているのですが、まるで人気が出ない。いい役柄なんですけどね。やはりコリアンというものについて、多くの人が、信頼できない東洋人とみているのでしょうね。


>田母神塾さん
情報をありがとうございます。

田母神さんは、ボクも応援しています。
ゆっくり拝見させていただきますね^^


>kazuさん
コメントありがとうございます。

あはw

ブログのテンプレート、変えてみました^^

なんか、真正右翼のトレードカラーがグリーンなのだとかで、いちおうそれにあわせました^^v



>15:24の名無しさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

交渉を担う政治家は、逃げちゃいけませんよね~~^^



>椿さん
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、≪謙虚さも度を越したら迷惑≫になります。

日本が、特アの行為に対して、いちいち反論するのはハシタナイなんてやっていることで、結果として特アの発言が年ごとに大きくなり、いまや世界中が迷惑している。

会社や町内会の会議でも同じですよね。
なんとなく声のでかいのが、主導権をとってしまう。

我々は、≪執拗なくらいに“反論”していく≫必要がある。ボクもそう思います。

椿さんに、まったく同感です。

それにしても特アの言い訳できない非を、高らかに指摘するっていう椿さんは素敵ですね。

それと、たいへん興味深いのは、そうやって椿さんが指摘をすると、彼らが≪二度と私に対して「歴史問題」や「領土問題」を提起すると事はなく、それよりもその話題は避け、反対に媚びてきます≫という点です。

弱いものには強く、相手が手ごわいとわかったら、途端にこびへつらう。我々日本人が最も卑しむ習性が、彼らにはある。

日本の政府も、言われたことだけについてしょぼい反論をするのではなく、堂々と彼らの悪事を片端から糾弾するくらいの力強さが必要なのだろうと思いますね。


>bbさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!
ネコさん^^

テンプレ、変えてみました^^

おっしゃる通り、ただでさえ外貨不足に苦しんでいる韓国が、今回本文で記したようなくだらないことに、大金を払っている。

要するにね、思ったのは、日本が彼らに対していろいろと経済援助をするのって、キャンブル狂いのヤクザ者が、カネがないから、貸してくれと言ってきているのにカネを渡すみたいなものなのですね。

結局日本がどれだけカネを渡しても、彼らはそれをことごとく無駄遣いする。
無駄遣いするだけでなく、カネをくれた日本に対する攻撃資金とする。

とんでもない連中です。

日本の韓国への支援は、伊藤博文がしぶしぶ承認したことからはじまりましたが、もう金輪際、いっさい面倒をみないことです。


>OOIDOYAさん
コメントありがとうございます。

病人もおとなしくベットで寝て入れくれるならまだかわいげもあるけれど、起きあがって治療してくれている医師や看護婦、病院そのものを捕まえて、あらぬことを声高に叫び、暴れるなら、その患者は、麻酔で眠ってもらうか、精神病棟に移っていただくしかない。

韓国は、北と一緒にシナ病院で面倒みてもらえばいいんです。

日本は、ビタ一文、助けてやる必要はないように思いますね。

OOIDOYAさん、日本の映画なのですけどね、

「涙でいっぱいになったペットボトル -カンペの手紙-」という映画があるんですよ。

もうDVDになっていて、旧作なので、レンタルで安く借りれます。

相田翔子が、バストを披露なんてシーンもあって、有名になった映画らしいのですけどね、是非一度ご覧になってみてください。

日本からどんだけカネをふんだくっても、正当化される。日本はそうすることがあたりまえ、という彼らの精神風土が、描かれています。

たぶん、この映画を作った方は、韓国バンザイみたいな思いなのでしょうけどね^^;


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

そそ。スポンサーです。スポンサーが大学教授という肩書を表看板にして、全面広告につなげている。
ようするにこれも、スパイ活動のうちなのではないかと思ったりしているわけです。

やはり、↑に出てきた椿さん方式が一番なのかも^^



>kaさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

そんなこと言わず、ゆっくりお休みになってください^^

日本海沿岸には、ほんとハングル文字の書かれたゴミ、多いですよね。

しばらく前に浜田に用事があって行ったのですが、ボクもそのゴミを見て、まじでおろろきましたよ。

ka

No title
もう我慢するなー!!!
日本政府も外務省も抗議しろー!!!

・・・失礼しました

胸くそ悪い記事を見たので、興奮して今晩は寝れないかも知れません(>_<)

そうそう、ねずきちさん
日本海の海に時々行くのですが、入組んだ浜辺にはホントに多く流れ着いています

かぐやひめ

スポンサー・・・か
確かに、なにごとも「金」なしではできないです。
誰が、このことにお金をだしているかを冷静にみることも大切だと思います。
でも、このお金が一番あおっているのは自国民(韓国人)であるのは間違いないです。椿さんみたいに対処しないといけませんね。でも、これ、技術と知識も必要ですね。でも、祖国を守り次代につたえるためには怠惰であってはなりません。
秦の始皇帝の時代から日本は当方の海に浮かぶ須弥山でした。それ以来ずっと日本は彼らのあこがれの国なんだと思う。だから、攻撃してくるのでしょう。
でも、それは間違ったやり方です。そうではなく、はげ山に根気よく樹木を植えて自身で祖国を変えなければ!
でも、悲しいことに隣の人々は、いくら待っても、そうはなってくれませんね。同じことの繰り返し・・・

OOIDOYA

それは火病です。
 日本にすがらないと韓国は生きていけません。対日赤字が年間3兆円の国が韓国です。罵倒しつつ、日本のものをパクるんですよ。 真実を指摘されると発狂します。それを火病(ファビョる)と言います。 
 それはともかく《東海》は以前からBANKという迷惑な韓国政府公認サイバーテロ団体があちらこちらで騒いでいるというネタです。そうして、世界に馬鹿にされていくんです。例えばブラジルの博物館の地球儀に「東海じゃなくて日本海と書いてあるのはおかしいニダ」などと文句を言うんです。 
 ウソをウソだと認識出来ないんです。国家レベルでそういう国なんですよ。広告を出した人もお金を出した人も迷惑な病気なんです。

bb

No title
ねずきちさん、こんにちは。
ネコさんが居ないので、びっくり。清々しいみどりですね。

「ねぇ知ってた?」や韓国情報のブログを見ていると、この人たち今に世界から相手にされなくなるのでは?と思います。嘘を平気で流すメンタルの国民には、ガツンと言うときは言ったほうが良いのではないでしょうか。この不景気にこんなところに、お金かけて韓国が潰れたらどうするのでしょう。おねだりに来たら、日本は無い袖は振れないと、そっぽ向いて欲しいです。

椿

謙虚さも過ぎれば“迷惑”です②


私は海外でよくシナ・朝鮮と議論する時は、
「南京事件」や「朝鮮従軍慰安婦」に対しての回答は、
手短にし、あまり深く争わないことにしています。

それよりも、らの都合の悪い話題を話し続けます
彼らの問いや意見を無視して、続けるのです。
何故なら、彼等は捏造とはいえ、論理的な論法を徹底的に叩きこまれ、教育されているからです

反対に日本人は、歴史を知らないという事もありますが、真面目に真摯に相手の問いに答えようとしてしまい、シナ・朝鮮の土俵に上がらされ、エンドレスな“泥沼の議論”に嵌めこまれるのです

それに相手が大きな声を出しただけで、主張を“引っめてしまう”くらい弱いので、まずそれを克服しなければいけないと思います。これは、シナ・朝鮮の論破方法の一つで、“声圧”というものです。声の大きさで相手を威圧させ、委縮させる方法です

ですので、彼らに勝つためには、例えば、シナには“チベット・ウィグル侵略”、“法輪功信者虐殺”、“臓器売買”、“情報操作”、“戦中・戦後のシナ人による日本人虐殺

そして韓国人には、“ベトナム人大虐殺”、“強姦大国”、“人身売買国家”、“日本での特別優遇処置”、“外国人犯罪者NO.1の在日韓国人”、“戦後の日本人に対する暴虐無人な振る舞い”など等を、声高に主張し、そして出来るだけ大勢の第三者の前で、披露するようにしております

彼らシナ・朝鮮の怒りは凄いものがありますが、第三者の前で、自分達の不都合な事実をあげられるのが、耐えられないのか、二度と私に対して「歴史問題」や「領土問題」を提起すると事はなく、それよりもその話題は避け、反対に媚びてきます

それは私にそのような不都合な事を大勢の前で言われたくないからです。でも私はこれからも機会があれば、言い続けて行きます。



椿

謙虚さも過ぎれば“迷惑”です。


日本人はこのような“誹謗中傷”に対して、いつも「真実はやがて明らかにされる」、「同じように反論するのはハシタナイ」等と言って、反論せず“黙殺”を決め込んできましたが、

ハッキリ言って、それは外国人にとっては、大きな迷惑でしかありません

海外に住んでいて分かったのですが、東洋の歴史について詳しい人や興味ある人はほとんどいません。それ故に、『言った者勝ち!』なのです。派手なパフォーマンスが出来、同情を集める事が出来る人間が、圧倒的に勝利します

ましてや、シナ・朝鮮の主張に、何ら反論せず、無知ゆえに“謝罪”したり、“同意”したりする日本人もいますので、益々、アジアの歴史を知らない西洋人達をは、シナ・朝鮮の出鱈目を真に受けてしまいます

恥ずかしい」だの、「はしたない」だのと言ってる場合ではなく、自分だけの恥だけではなく、子供や孫にもその被害が及ぶのだと肝に銘じるべきです!そして何より英霊方の『恩を仇で返している』という、情けない事実を直視すべきだと思います

こういう小さな事(私はそうは思いませんが…)でも、執拗なくらいに“反論”していくことで、これらシナ・朝鮮の悪巧みの芽を潰していけるのです

反日マスコミや、売国政治家・知識人達がよく言う「大人になって黙っていてやるべき」というような偽善には、くれぐれも騙されないようにして頂きたいのものです。国際社会はそんなに甘くはないです。





-

No title
>ガマンすることで、日本にとって良いことってなんなの

わが国の政治家や官僚が、馬韓国を相手に交渉する際の不快感から逃げられます。

飲み屋のおやじ

No title
記事と関係ないですが、ブログの更新お疲れ様です。
緑色主体で軽くもなったような?w
季節にあったさわやかな感じになりましたね。

田母神塾

No title
チャンネル桜 【田母神塾】
ttp://www.youtube.com/watch?v=w6A4w_VqCvg&feature=channel_page

田母神俊雄(前航空幕僚長)が塾長をつとめ、ユーモア溢 れる軽妙な語りや多彩なゲストとのトークを交え、深刻な日本の安全保障状況を徹底分析 、解説します

surnivers

あはははは
いつもの病気です。
ほっときましょう。
論破しても火病に成る連中ですし。

それにしても韓国政府と言うのはどうでも良い事にと言うか、どうやっても認められるとは到底思えない事に無駄な努力を費やすんですね。
まぁ、世界の常識をわしは信じますね。
もちろん韓国は除きます。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク