ナメクジウオと環境適合



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX

Amazonベストセラー1位(古代日本史)


私たち大人には、子や孫らが幸せに暮らせる社会を築く責任があります。
その未来の日本の姿は、自民党の総裁選の候補者の立候補演説の際に、品のないだみ声で低レベルなヤジを飛ばしたり、候補者の記者会見で、意図的に候補者に発言させないように仕組んだりするような、小学生でもやならないような子供じみた嫌がらせが、これから国の代表になるかもしれない人物を決めようという大事なときに、カメラの前で公然と行うような、民度の低い社会であってはなりません。

20210920 ナメクジウオ
画像出所=https://kaidanjii.at.webry.info/200806/article_3.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

昨日のブログにも書きましたが、進化についての考え方には、次の3つの種類があるといわれています。
1 淘汰
2 共生
3 適合

「淘汰」は、いわば弱肉強食で、強いものが生き残ったというものです。
ところが、強かったはずのティラノザウルス・レックスも、サーベルタイガーも、絶滅しています。
つまり、より強くなろうと進化した結果、絶滅しているわけです。
ということは、弱肉強食は進化のプロセスで起こることではあっても、生存の理由にはなりにくい、ということになります。
生物の歴史を国に例えて(もしくは発展させて)考えてみると、強い国が弱い国を淘汰する、という思考になります。弱い国は滅びるのです。
しかしそれが生命の正しい形であるとは、どうにも認めたくない。

「共生」は、敵対的淘汰ではなく、共に生きることを選択した結果という見方です。
ところが、これもまた成立しにくい。
なぜなら捕食者と弱者がいた場合、弱者の側は食べられ、蹂躙されて生き残りが困難となるからです。
その意味で、むしろ「共生」は、いまこの瞬間における状態といえるものです。
海中で、アジは、大量に集合して生息しています。
これを大型の魚が食料にします。
食べられても食べられても、生き残ることができるようにアジは大量の集団で生息するわけです。
しかし、このことは、国に例えていうならば、日本が必死に努力して生み出した技術を捕食するとんでもない国があったとして、そのようなものと「共生・共存」することが良いことだとは思えないのです。

「適合」は、環境に適合した生き物だけが生き残る、というものです。
前の記事にも書きましたが、いまから約5億年前のカンブリア紀(恐竜の時代のジュラ紀がおよそ2億年前ですから、それよりもっとずっと古い時代です)に起きた進化の爆発は、どうすれば生命が生き残ることができるかを様々に実験した時代です。

この時代の生き物は本当にすごくて、全身目でおおわれてる、まるで百目妖怪のような生き物がいたり、口がまるでミキサーのように動いて捕食した生き物を口内で粉砕するような生き物がいたり、泳ぐウニみたいな生き物が居たりと、おそろしいほど多彩な生き物が生まれ、進化しました。
たとえばアノマロカリスと名付けられた生き物は、おそらくは地球史上最強の海洋性生物で、もしこの生物が現代に生きていたら、水中生物はみんな食べられてしまうのではないか、などと言われています。(もっとも最近の研究でアノマロカリスは意外と弱かった、なんて学説もありますから、このあたりはまだまだ研究途上といえそうです。)

問題は、このカンブリア紀の進化の爆発の時代の中で、最後に生き残った生命体が、軟体動物のナメクジに背骨が付いただけの簡単な生き物あったという事実です。
この「背骨のあるナメクジ」として最初に発見されて命名されたのがピカイアですが、その後、ピカイアよりも古い時代にミロクンミンギアという、体長2.6cmほどの脊椎動物がいたことが発見され、現時点ではこれが既知の最古の魚類とされています。

こうしたミクロンミンギアのような生き物で、5億年の時を越えていまでも生きているのがナメクジウオで、この魚は日本にも生息していて天然記念物に指定されています。

ナメクジウオの生態


5億年も生き延びたなんてスゴイ!と思ってしまうのですが、この生態はたいへん面白くて、危険が迫ると、体をビクンと跳ねさせることで、敵をびっくりさせるだけでなく、一瞬で体を移動させて捕食者から逃れるのです。
水の中で、よくもこんなに素早く動けるものだと感心させられてしまうのですが、それもそのはず。背骨一本で、あとは全身反射神経と筋肉のカタマリで、その様子は、まるで日本武道の動きを見ているかのようです。

さらにナメクジウオの生態に欠かせないのが背骨で、背骨の周囲の筋肉は、体を素早く動かすためのものなのだけれど、背骨があることで骨に栄養分を蓄えることができるのです。
つまり食べ物がないときには、背骨に蓄えた栄養分で一定期間生存できる。

要するに、5億年という途方もない歳月を生き残ることができた生き物は、
1 構造がシンプルで環境適合性が高く、
2 素早く動いて敵から逃れることができ、
3 栄養分を蓄えることができる(食料自給ができる)
生き物であったのです。

もっというなら、複雑怪奇で入り組んだ法制度を持ち、環境変化があっても柔軟に対応することができず、食糧自給もできない生き物(国)は、「滅ぶ」ということです。

日本がなぜ世界最古の国家としての歴史をいまも刻むことができているのか。
その答えもまた、ここにあるように思います。

1 天皇が国家最高権威となって、臣民を「おほみたから」とする。
2 これによって政治や行政のすべては、臣民のために奉仕することが役割となる。
3 政治構造がシンプルであり、これによって豊かに安全に安心して暮らせる臣民の民度があがる。
4 民度が高くて政治構造がシンプルだから、外的に晒されたときに素早く政治体制を変えて国際環境に適合することができる。
5 さらに税制がコメをベースに回っていたため、常に食料自給率が100%を下回ることがなかった。

現在、国連に加盟している国は193カ国。
未加盟の国を含めた現在の世界の国の数は外務省のHPによれば196カ国です。
その一方で、先の大戦後の76年間で失われた国、滅んだ政権の数は183カ国にのぼるとも言われています。
国というのは、世界を見渡せば、決して永続的なものではないのです。

私たち大人には、子や孫らが幸せに暮らせる社会を築く責任があります。
その未来の日本の姿は、自民党の総裁選の候補者の立候補演説の際に、品のないだみ声で低レベルなヤジを飛ばしたり、候補者の記者会見で、意図的に候補者に発言させないように仕組んだりするような、小学生でもやならないような子供じみた嫌がらせが、これから国の代表になるかもしれない人物を決めようという大事なときに、カメラの前で公然と行うような、民度の低い社会であってはなりません。

いつまでも豊かで安全で安心な日本を築くために。
今私たちは、できることをそれぞれがそれぞれの立っているその場所で、いまある環境に適合しながら、新しい日本つくりを生真面目に進めていくこと。そこが大事だと思います。


お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2121年 9月18日(土)13:30 第86回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
  https://www.facebook.com/events/453891059222691
2121年10月16日(土)13:30 第87回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
  https://www.facebook.com/events/353975019698439
2121年11月27日(土)13:30 第88回倭塾(於:タワーホール船堀研修室)
  https://www.facebook.com/events/819411838658553


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク