琉球は竜宮



第87回倭塾 令和3年10月16日(土)13:30開催
詳細は⇣から。
https://nezu3344.com/blog-entry-5020.html


歴史をたどれば、「琉球」は「流求(りゅうぐう)」であり、「りゅうぐう」は「竜宮」です。
わたつみの大神がおわし、豊玉姫が山幸彦と恋をした、あの神話に登場する場所が竜宮であり、それが沖縄です。

20211008 竜宮城
画像出所=https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=%E7%AB%9C%E5%AE%AE%E5%9F%8E
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

沖縄と琉球王国

いま、中学校の歴史教科書を見ると、沖縄は琉球王国という、日本とは別な国であり、これを1609年に薩摩藩が侵攻して領土にしようとしたけれど、江戸幕府が琉球王国の独立性を認めた・・・みたいなことが書かれています。
おそらくこれを読んだ中学生は、「ああ、沖縄って、もともと日本ではなかったのだ」と思うに違いないように思います。

ところが教科書のこの記述、かなり政治的に偏向したものです。

そもそも沖縄について史書に登場するのは『隋書』の「巻81列伝第46東夷伝」が初出で、ここに「流求國」の記述があります。
つまり「琉球」は、実は「流求」と書かれていたわけです。

その「流求」の表記が、いまのような「琉球」になったのは、14世紀後半の明の時代のことで、琉球三山時代に沖縄に遭った3つの王朝(琉球國山北王、琉球國中山王、琉球國山南王)の冊封を、明が認めたときに、実は明への冊封国の証として「氵」が「王偏」に置き換えられて「琉球」となりました。

沖縄ではこの後、中山王が他の2つを滅ぼして琉球王国を成立させています。

ところが、明が琉球三王に冊封を与える少し前に書かれた日本の『日本扶桑国之図』には、沖縄のことが「龍乃國」と書かれています。
「龍乃國」とは何かというと、実は日本では古くから、海神の住む竜宮(りゅうぐう)のことを言います。

ここが注意どころです。
「琉球」とか「流求(りゅうきゅう)」といった記述は、あくまでチャイナが日本語の発音を、彼らの漢字に当て嵌めたものです。
チャイナは周辺国には、基本、ろくでもない字を当てるという習慣があります。
ということは、「流求(りゅうきゅう)」は、もともとは「竜宮」であったということです。

つまり沖縄のことを、日本では「竜宮(りゅうぐう)」と呼び、これをチャイナが「流求(りゅうぐう)」と書き、後にこれを「琉球」と表記したというのが、歴史に現れた表記の変遷です。

では「おきなわ(沖縄)」という表現はどこから来ているのかというと、この呼称の初出が淡海三船が記した鑑真の伝記の『唐大和上東征伝』(779年・宝亀10年)です。
この書の中で鑑真らが、島民に「ここは何処か」との問い、島民が「阿児奈波(あこなは)」と答えたという記述があります。
つまり鑑真らが到着した753年(天平勝宝5年)には島民たちが自分たちの住む島々のことを、この時点ですでに「おきなわ」と呼んでいたことがわかります。

その「おきなわ」の表記を「沖縄」にしたのは、江戸中期の新井白石で、1719年の『南島誌』の中で『平家物語』に登場する「おきなわ」のことを、漢字で「沖縄」と記しました。

「おきなわ」の語源には諸説ありますが、おそらくこれは「おおきな環(わ)」のことで、これは万年の昔、まだ海面がいまよりもずっと低かった時代に、琉球諸島から小笠原諸島、マリアナ諸島にかけて、大きな環状列島が形成されていたことから「おおきな環」とされたか、あるいは当時琉球列島の西側に「ひる湖」と呼ばれる大きな内海があり、その周囲をめぐる國であったことから「おおきな環」とされたのか。
いずれにしても、かなり古い時代からの呼称の名残と考えるのが、もっとも正しいことのように思います。

この沖縄が、日本民族とは異なると言い出したのが実は、共産党の徳田球一で、終戦後、在日本朝-鮮人連盟から資金提供を受けて共産党を再建した徳田球一が、「沖縄民族は少数民族であり、歴史的に搾取、収奪された民族である」と主張。
これを奇貨として、マッカーサーが「沖縄人は日本人ではない」として、日沖を分断して琉球列島を米国軍の支配下に起き、結果、いまでも沖縄には米軍基地がある、、というのが歴史の流れです。

筆者が、動画などで時折「りゅうきゅう」という用語を使うことで、「りゅうきゅうという用語は分断用語であって使うべきではない」というお叱りをコメント欄でいただくことがありますが、歴史をたどれば、「琉球」は「流求(りゅうぐう)」であり、「りゅうぐう」は「竜宮」です。
わたつみの大神がおわし、豊玉姫が山幸彦と恋をした、あの神話に登場する場所が竜宮であり、それが沖縄です。

共産党や共産主義のように、なんでも対立で物事を考えるのは、みずから争いを生もうとする、よろしくない思考だと思います。
たいせつなことは、「むすび」です。

国境だの民族だのといったものが、まだ存在しなかった時代。
海洋民族である日本人は、海を島を渡りながら、いまのような国境なんてもものに縛られずに、もっとずっと自由に暮らしていたし、美しい海と真っ白な砂浜を持つ「おおきな環」の島、そこにある宮殿は、まさに竜宮城そのものであったのであろうことは、想像に決して難くないことです。

共産主義的対立観などに縛られず、もっと自由になりましょうよ。
それが「日本をかっこ良く!」ということなのだろうと思います。


お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2121年11月27日(土)13:30 第88回倭塾(於:タワーホール船堀研修室)
  https://www.facebook.com/events/819411838658553


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク