鳩山由紀夫のぶあさがり記者会見



鳩山由紀夫

人気ブログランキング

20日の夕方、都内の個人事務所で記者会見に応じた民主党鳩山由紀夫代表。

1-3月期のGDP(国内総生産)が戦後最低を記録したことに関連し、

「これは政府の対策が、こんにちまで遅れてしまったと。

少なくとも半年、打つ手が遅れたということが、致命的な今回の経済失政につながったと、私はそう思っています。

従ってこれは、いわゆる内需というものをとことんですね、引っ張りあげていかない限り、喚起しない限り、戻らないと。

私どもとすれば、もっと直接、家計の消費を刺激する、そういった施策に転ずるべきだと。そのためにはやっぱり、政権交代が必要だと。そう思っています」

(゜Д゜) ハア??
この方、どうしちゃったんでしょう???
コレカラハ、ハトヤマジョウユウトヨボウ!!

政府が“緊急”景気対策を行うために、一次、二次の補正予算を審議したとき、あくまで頑迷に景気対策に反対し続け、まさに「半年、打つ手を遅らせることで、致命的に日本の景気を悪化させたのは、いったいどこの政党でしたっけ?

「もっと直接、家計の消費を刺激する、そういった施策」として行われた定額給付金を天下の愚策と評してその成立に頑迷に抵抗していたのは、どこの政党でしたっけ?

定額給付金は、まるでもらう奴はバカだといわんばかりの攻撃標的にされていたけど、いざもらえる段になったら、ほとんどの庶民はみんな喜んでいる。

給付金申請書の受付をする役所には、書類整理のための臨時雇用も生まれ、役所がかつて処理したことのないような大量の申請書処理が、いまされている。

みんな喜んでいるのですよ。反対したのは、どこのどいつだ!(笑)

新聞記者の皆さん。
君たちはいい大学を卒業した頭のいい方々だ。上司が何を言おうが、自分で取材を続けてきて、この鳩山由紀夫氏のしらじらしさ、無責任さ、無節操さに、何も感じない? 何の批判精神も持ち合わせてない??
■記事:【鳩山民主党代表ぶらさがり詳報】「(自民党の厚労省分割案は)朝三暮四だ」(20日夕)MSN
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090520/stt0905202145015-n1.htm

昨日はもうひとつ、面白ネタがあって、共産党の志位書記長が、大喜びしていたのだとか。
■記事:共産・志位氏、オバマ米大統領から返事もらいおおはしゃぎ!MSN
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090519/stt0905191805011-n1.htm

これは、記事をそのまま引用します。
------------------------------------
共産党の志位和夫委員長は19日の記者会見で、核兵器廃絶を訴えたオバマ米大統領のプラハ演説を「心から歓迎する」と評価したオバマ氏宛の自身の書簡に対し、米政府から返書が届いたことを明らかにした。

返書は16日に東京・千駄ケ谷の共産党本部に国際郵便で届いたといい、

「あなた(志位氏)の情熱をうれしく思う。
私たちは核廃絶の目標に向かって具体的な前進をつくり出すために日本政府との協力を望んでいる」などとしている。

志位氏は、「さまざまな意見を聞く耳を持った大統領が生まれたと実感している」と述べた。

書簡は4月28日に志位氏が米大使館を訪れ、ズムワルト駐日米臨時代理大使にオバマ氏宛の書簡を手渡していた。
------------------------------------

オバマ大統領から手紙をもらってうれしいのはわかったから、手紙にある通り日本共産党も「日本政府と協力」してくれ。

民主党じゃあるまいし、いつまでも何でも反対党もないでしょ??

ただひとつ付け加えるならば、世界が核廃絶に向かわなければならないという総論と、東亜地域において、北とシナから核ミサイルを向けられているという日本の現実とをごっちゃにはしないでいただきたい。
これは現実のいまそこにある危機だ。

ちなみに、集団的自衛権に関しては14日に、安倍晋三元首相が都内で講演し、集団的自衛権の行使を違憲とする現行の政府解釈について、
「麻生内閣において解釈を変更すべきだ。そうすることが求められている」と指摘。

「次の衆院選で集団的自衛権の行使を訴えてもいい。多くの民主党議員との間で対立軸になるのではないか」と述べ、解釈変更を次期衆院選での争点の1つにすべきだとの考えを示しています。

さらに安倍元総理は、
「北朝鮮のミサイル発射で、日本のイージス艦と米国のイージス艦が多数、日本海側と太平洋側にいて互いに協力した状況の中、集団的自衛権の行使ができないのは、わが国を守る上で大きな足かせになる」と述べた。

常識で考えて、米本土への核ミサイル攻撃を企図したテポドンに対し、「迎撃は集団的自衛権の行使に相当するから迎撃しない」などという国を、どの国が本気になって共同防衛するというのか。

そもそも現行の集団的自衛権解釈・・・
「わが国は国際法上、集団的自衛権を有するが、憲法上その行使は許されない」などという、ご都合主義的身勝手論そのものに無理がある。

日米安保条約前文には
「(両国は)個別的又は集団的自衛の固有の権利を有している」とうたっているのです。

政府の最大の責任は、自国の安全と世界の平和を守ることです。

世界の安定と秩序を破壊する者は、いわばインフルエンザのウイルスのようなものだ。政府は断固としてこれを拒絶し、世界の安定と秩序、国内および世界の平和を守り抜く責務がある。

安倍元首相は、総理在任中、「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」という私的諮問機関を組成しました。座長は柳井俊二氏(元外務省事務次官)です。
考えてみると、柳井氏って、田中真紀子氏が外相のときに機密費問題で更迭された人ですよね? 外務官僚にはめずらしくシナ汚染されていない人でもあるとか。

田中真紀子氏は、非常にユニークで面白く、実行力も行動力も兼ね備えた未曾有の政治家だと思うのだけど、いまにしてこの更迭劇を振り返ると、彼女は親父さんの影響もあって、かなりシナとの関わりが深い。
機密費で更迭といえば、台湾にシナの傀儡政権である馬大統領が誕生したときに、反シナ外交を展開してきた前台湾大統領が、おなじくカネにまつわるでっちあげ問題で逮捕勾留されているけれど、柳井氏の事件も、なにやら、台湾の事件に似ています。
柳井氏の機密費問題というのも、いまにして思えば、どうもシナの工作臭い。

さてその柳井氏、安倍氏の諮問を受けて昨年6月に、答申を出しています。

内容は、
(1) 公海における米軍艦艇の防護
 (日本の近海で米軍艦艇が襲われたとき、日本はどうする?)

(2) 米国を狙った弾道ミサイルの迎撃
 (米国に向けて発射されたミサイルが我が国領空を通過するとき迎撃するの?)

(3) 国際的な平和活動における武器使用
 (警察行動だって拳銃は携帯する。では、小型ミサイルや重機関銃などで完全武装したゲリラや海賊が相手のとき、どうするの?)

(4) 国連平和維持活動(PKO)での他国部隊の後方支援
 (国際協力で平和維持活動に参加するとき、日本はどうするの?スルーはできませんよ?)

どれもきわめて素朴なものであり、普通に考えたら集団的自衛権の行使をしないというほうが、常軌を逸している。柳井氏のこの答申は、非常にまっとうなものだとおもいます。

もうね、民主党のでまかせにはうんざりという方、
米大統領から手紙をもらって喜ぶ日本共産党に愚劣さを感じる方、
麻生内閣に集団的自衛権の行使を公式な政府見解としていただきたいと思う方、

人気ブログランキング ←クリックを

田母神俊雄、青山繁晴、三宅久之 どうなる日本の安全保障

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

No title
>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

いやいや、かぐやひめさんこそ、毎日コメントお疲れ様です。
実は毎日、楽しみにしているのですよ^^v


>08:17の名無しさん
長文のコメントありがとうございます。

≪民意と誘導された世論との間に開きが有り、それが摩擦を生んでいる≫
というご指摘は、おっしゃる通りと思います。

逆にいえば、シナや日本の民主党がメディアを操作していかに日本人を洗脳しようとしても、多くの良識ある庶民は、容易なことでは騙されないということでもあろうかと思います。

いくらインチキ工作デタラメ世論誘導をしても、メッキは必ずはがれる。
そして真実がかならず頭をもたげてくる。

そういうものだと思います。


>基準点さん
いつも貴重なコメントをありがとうございます。

≪日本国民は、個人的に銃砲刀剣類を所持することが法律によって厳しく制限されており、外敵から身を守る術を持ちません、である以上は国が責任を持って、領土、領海、領空及びこれらに接続する接続水域における日本人の生命、安全の確保に万全を期さなければならない≫

おっしゃるとおりとおもいます。

秀吉の最大の実績は、ボクは太閤検地と刀狩りに尽きると思います。

以降500年。日本は対内的警察力と対外的軍事力という2つの暴力装置を、国家に委ねるという体制を築いてきた。

したがって日本では、国家が国民の生命と財産の安全を保障するという国民的合意があると考えられます。

それを否定する人たち・・・つまり日本が国防力を持つことを否定する人たちは、究極的には個人が暴力を用いて自分を守るという選択をしているといえる。

つまり、夜の駅の構内で酔っ払いが喧嘩してたら、互いに発砲するような国の体制を「素晴らしいと礼賛していることになる。

でも、彼らは、決してそんなことはいわない。それって、ペテンです。


>LAYさん
コメントありがとうございます。

ニコ動の件については、このブログでも、以前とりあげていますので、ご参考になさってください^^

「信じられない鳩山氏の暴論」
<a href="http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-475.html">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-475.html</a>


>kaさん
貴重な情報ありがとうございます。

EUは中国迎合を止めろ=恩を仇で返す中国に怒りの声―英紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000005-rcdc-cn

EU諸国は偉いですね。ちゃんと主張すべきところを主張している。
日本も見習うべきだと思います。


>あきちゃさん
コメントありがとうございます。

≪一度痛い目にあえばわかる とかいって今度の選挙で民主党が勝ってしまうと、本当に取り返しのつかない事態になってしまいます≫

そうなんですっ!!!

まさにいま、日本の最大の危機が訪れようとしているのです><


>bbさん
コメントありがとうございます。

安倍さん、すごいですよね。

すごいから、ありとあらゆる手をつかって総理の座から引きずり降ろされた。

本当は国民が守ってあげなければならなかったのに><;;


>いのさん
コメントありがとうございます。

これまでの歴史上、「国家的外交目的達成の最終手段」は戦争であったといえます。

ところが核の開発は、それが究極の破壊力を持つことから、逆に戦争を「国家的外交目的達成の最終手段」から遠ざけてしまった。

ただし、(ここからが大事なことなのですが)、戦争をして国家的外交目的達成の最終手段たらしめないのは、当事者両国が核を保有している場合に限られるということです。

つまり、核を持たない国家は、他国から「国家的外交目的達成の最終手段」として戦争をしかけられる危険を常時持っているということでもあります。

私たちは、これが世界の現実であることを、大いに語っていくしかないのではないかと思います。

いの

No title
現実のいまそこにある危機
世界が核廃絶に向かわなければならないという総論と、
東亜地域において、北とシナから
核ミサイルを向けられているという日本の現実とを
ごっちゃにはしないでいただきたい。

オバマ大統領の理想論で
現実のいまそこにある危機
を見失う人がさらに増えそうです。

愛信

裁判員制度に懸念を持つ議連が声明
 「裁判員制度を問い直す議員連盟」には、公明党と共産党を除く与野党から衆参両院60人
の議員が加入しており、21日の総会にも30人の議員が出席しました。 
そして、「裁判員法の3年後の見直し規程を待たず、不備があれば躊躇なく正していくのが
国会の役割」として、「制度の一時停止も含めた徹底的な議論と行動が必要だ」とする声明
を発表しました。

この制度は様々な問題を包含していて、日本人社会の破戒者創価学会公明党の騙しの手
口である。 憲法が保障する「思想・信条の自由」を威圧して日本人の人権剥脱へ向かう
この制度は人権擁護法案の成立を目指す一歩であり、後戻りは出来ません。

和を以って貴しとする日本国、日本人にはなじまない制度です、即刻撤回廃止すべき制度です。

【裁判員制度関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj9.cgi
【裁判員制度タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
安倍元総理の功績は、あの短い期間に感嘆すべき物がありますね。マスコミの焦りから、あれだけくだらないことでバッシングされたのでしょう。中川さんにも同じことが言えそうです。

今度の党首討論で馬脚をあらわしてしまいそうな気がします、鳩山上佑さん。麻生さんには、安全保障の問題を取り上げてもらいたいです。「友愛」なんて宗教のようなご託宣にしかすぎません。そんな言葉で国民が騙されてはたまりません。

マスコミはじめ、一度政権交代すればいいという人は、どういう世界を描いているのでしょうか。ひょっとして、たたきに叩いている(優秀な)官僚がいるから、大勢に影響が無いと思っているのでしょうか。先日の救急医療の問題の時思ったのですが、マスコミは面白がって、体制の不備をかまびすしく騒いでこわし、日本を根本から潰そうとしているようにしていると。今天下り、社保庁など突っ込みやすいところで騒がしいですが、民主党が政権を間違って取ってしまったら、多少制度疲労を起こしているとはいえ、営々と築き上げてきた制度が根底から覆り、国民は右往左往するのではないでしょうか。問題があれば徐々に改めればいいことです。政治家も官僚も神様ではありません。

制度改革といえば、郵政民営化も国民の選択ではあったけれど、齟齬はあります。郵政に関しては、あの選挙のお陰で自分たちが選んだと言う意識が国民にあって、こんなはずじゃなかったとは、中々いえません。だから政治家は、自分の信じるところを、ごまかすことなく堂々と訴え選んでもらうしかないと思います。私は出来れば7月に都議会選挙と同日にして欲しいと思っています。

共産党のはしゃぎ様って、たとえは悪いけど、昔TVには出ないと言っていた歌手が、紅白に出てはしゃいでいたのと似ている気がします。本音で生きればいいのに・・・。

ka

No title
その後、お怪我のほうはいかがですか?
お大事になさってくださいね
鳩山上祐には笑ってしまいました
そして日本には共産党はいらないと思います
それから国民には次期選挙は必ず行ってほしいと切に願っています

今日こんな記事がありました

EUは中国迎合を止めろ=恩を仇で返す中国に怒りの声―英紙

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000005-rcdc-cn

関係ないのですが、もう一つ

韓国のキジ虐殺デモに対する海外の反応

http://www.youtube.com/watch?v=6U5H_Q2KsNw

国鳥のキジになんてひどい事をするのでしょう・・
世界の方のコメントはなるほど、と思います
(ご存知だったらすみません)

LAY

すみません、補足します。
「国民が馬鹿なら国が滅びるのは自明では」ありますが。 」というのは、次期選挙の大事さを認識できず投票率が50%を下回るようならば、というほどの意味です。

基準点

鳩兄氏には、政治センスが感じられない
おはようございます。

鳩兄氏は、今まで民主党がしてきたことが、「経済対策が半年遅れた原因である。」ことに気が付いていらっしゃらないようですね。知らない振りをしているのでしょうか? もしかしたら本当に気が付いていないのかもしれませんね? もちろんだから鳩兄氏が良い人だという気はまったくありません。

ただ政治家としての基本的なセンス、素養が欠けている人だとしか思えません。
そのような人物であっても一議員として存在することは許されると思いますが、総理大臣にすることについては論外と言わざるを得ません。

鳩山民主党が所詮は小沢民主の焼き直しに過ぎず、内実は何も変わらず、却って小沢氏に民主党の代表代理として、何時でも、何処でも、誰にでも自分の考えを好きなだけしゃべれる自由を与えてしまい、それが記録に残らない形でされる危険性が極めて高くなったことを、国民は認識する必要があるでしょう。

集団的自衛権について、日米安全保障条約の根幹を成すもので日本にとっても有益なものです。

それ故に、特定の勢力にとって不都合であり、何としても「行使できる。」と宣言させることをとめたかっただけであります。

日本の防衛・安全保障に必要なことは恐れず行えば国民は信頼しついて行きます。国民は政府の判断に付いて行くしかないのです、守って貰うしかないのです。 日本国民は、個人的に銃砲刀剣類を所持することが法律によって厳しく制限されており、外敵から身を守る術を持ちません、である以上は国が責任を持って、領土、領海、領空及びこれらに接続する接続水域における日本人の生命、安全の確保に万全を期さなければならないと考えます。

-

前回の訂正
2006年にそれぞれ38.2%と35.9%で拮抗×
2004年にそれぞれ38.2%と35.9%で拮抗○

NHKや大手新聞社などが、TVBSなどの媚中マスコミの世論調査をつまみ食いして報道していますが、実際に「遠見」の詳細な調査結果を見ると、かなり興味深く、マスコミが何らかの作意を持って報道しているものとは少し異なります。

民主党や鳩山さんに関する世論調査なども、多角的な調査を行うと、かなり興味深い結果が見えてくるのではないかと思いますよ。

-

国民党支持者や外省人の間でも高まる独立志向、一方・・・
ねずきちさん、遅ればせながら、お怪我の方お見舞い申し上げます。
気がつきませんで、申し訳ありませんでした。

あるブログの記事に面白い世論調査結果がありました。
台湾の国民党もしばしば参考にしているビジネス雑誌「遠見」の最新世論調査ですが、それによると、台湾では、国民党支持者や外省人の間でも「独立志向」が高まっているようで、これに関しては、かなり興味深い現象ではないかと思います。
「遠見」のレポートも直接読む事ができます。
途中茶色とオレンジ色の折れ線グラフで示されていますが、それによると、

「兩岸各方面差不多沒必要統一」(茶色)(両岸があらゆる面で差が無くなっても統一する必要は無い)が69.9%、
「兩岸各方面差不多可以統一」(オレンジ)(両岸があらゆる方面で差が無くなったら統一してもよい)が12%となっています。
2006年にそれぞれ38.2%と35.9%で拮抗していた事を考えると、「統一」に否定的な意見が急増したと言えます。

一方ブログでは触れられていませんが、胡錦濤のイメージがかなり良くなっています。
2006年に12.9%だった好感度が、現在では24.2%にアップしています。
また、馬英九個人のイメージも、陳前総統に比べて、当然ですがはるかにに良いです。
胡錦濤の好感度に関しては、台湾のマスコミが、優しい笑顔とか、可愛いパンダとか、当たり障りの無い親中報道を繰り返しているので、それに影響されている人もいるとは思います。

これを見て感じたのですが、日本人と似ていますね。
例えば、内閣府の世論調査、BBCの世論調査、どれをとっても日本人の対中好感度は最悪なんですけど、媚中政治家が毎回当選し、「友愛外交」で韓国や中国から熱い視線を浴びている鳩山由紀夫氏が高い支持率を得るというチグハグな結果が出ています。
要するに、民意と誘導された世論との間に開きが有り、それが摩擦を生んでいるのではないかと思うのです。
福田内閣の時は、対中融和を支持する意見が多いにも拘らず、国民の中国嫌いは相変わらずでした。「嫌いだけれど軋轢を生みたくない」という「和」の精神も両国民は似ていますが、マスコミが望むような媚中が受けるかというと、必ずしも受けはしません。
民意って複雑でしょう?鳩山さん。

ビジネス雑誌遠見の世論調査で「中国が発展しても統一不要」増加7割に
ttp://blog.goo.ne.jp/mujinatw/e/5a2507364cba2561d977fdef0f388960

かぐやひめ

ねずきちさん、ますます意気軒高ですね
左手のお怪我を心配していましたが、ますます縦横無尽に舌鋒鋭く、次々と日本の周辺の問題をぶったぎってもらって、朝から胸がすっとしました。
ハトヤマ氏の発言には、つっこむのも忘れて、いったいこの人は記憶喪失か?はたまた、まったく自分たちのやったことが理解できてないのか?とたじろぎました。
というのも、同じく理解力のない庶民は、これだけ聞いて「そうだそうだ自民党はだめだ」と、洗脳されうる・・・そのレベルだから、それを、十分計算したうえでやる、確信犯だと私は思っています。
マスコミと歩調をそろえて、日本解体にむけ、筋書きを描いてやっているのでしょう。
昨夜のNHKの日本を貶めているに違いない「裁判制度」(タイトルだけ見て、切った)と相まって、寝苦しい夜を過ごしましたが、せめて、このブログに励まされました。
ありがとう、ねずきちさん。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
E-mail info@musubi-ac.com

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク