巴御前(ともえごぜん)



○最新刊『金融経済の裏側』11月24日発売。
○最新刊庶民の日本史11月15日発売。
1月9日八重洲ブックセンター伊勢雅臣先生&小名木善行トークイベント開催(要・事前予約)


巴御前の物語は、女性の強さと哀しみを世に伝え、このことが、いまもなお、歴史を通じて多くの日本人に愛され続けています。

木曽義仲と巴御前
20220113 木曽義仲と巴御前
画像出所=https://rekijin.com/?p=29626
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
 

巴(ともえ)御前といえば、朝日将軍木曽義仲(源義仲)の妻であり、剛勇無双な女性として有名です。

平家物語は、巴御前について次のように描写しています。

「巴は色白く髪長く、
 容顔まことに優れたり。
 ありがたき強弓精兵、
 馬の上、徒立ち、打物持っては
 鬼にも神にもあはうどいう
 一人当千の兵者(つわもの)なり。
 究極の荒馬乗り、悪所落し、
 軍といへば、札よき鎧着せ
 大太刀、強弓持たせて、
 まづ一方の大将には向けられけり。
 度々の高名、肩並ぶる者なし。
 されば今度も、
 多くの者ども落ち行き討たれける中に
 七騎がうちまで、
 巴は討たれざりけり」

現代語訳すると次のようになります。

巴御前は、色白で髪が長く、容姿がたいへんに優れた女性でした。
比類のない強弓を引くことができる武人で、
騎馬の上にあっても、徒歩であっても、
刀を持っては、鬼が来ようと神が来ようと相手にしてしまおうという、
ひとりで千人の敵兵にも当たろうという武者(つわもの)でした。
極めてすぐれた荒馬乗りで、難所であっても駆け下り、
ひとたび合戦となれば、上品な鎧(よろい)を着て、
大太刀、強弓を手にして、一軍の大将として活躍し、
たびたびの武功は、肩を並べる者がないほどでした。
ですから、この度の合戦(治承・寿永の乱)にあって、
多くの者共が敗走し討たれた中にあって、
わずか七騎になるまで、巴御前は討たれずに生き残っていました。

倶利伽羅峠の戦いで、あちらで四、五百騎、こちらで二、三百騎と戦い、駆け破って行くうちに、ついに、総大将の木曽義仲を含めて、わずか五騎になってしまいます。

木曽義仲は、愛する巴御前に言います。
「ワシは、ここで討ち死にしようと思っている。
 もし人手にかかれば自害する。
 だがな、この木曽殿が最後の戦いに、
 女連れであったなどと言われたくない。
 だがな、巴(ともえ)
 お前は女だ。
 どこへでも行け。
 行って落ち延びよ」

愛する夫は、自分が死んでも、私を生かそうとしてくれている。
そうと察した巴御前は、
「よい敵がいれば、最期の戦いをしてお見せしましょう」
と、死ぬ覚悟を示します。

そんな会話をしてとどまっているところに、敵が三十騎ほどで攻めて来ました。
「では、殿、おさらばでございます。
 殿はこのまま、先にお進みなさいませ。」
そう言い残すと巴御前は、ただ一騎で、敵に向かって馬を走らせました。

やってきた敵は、武蔵国で評判の力自慢の大男、御田(みた)の八郎師重と、これに従う三十騎でした。
八郎師重というのは、いまで言うなら、まるでプロレスラーのような巨漢。しかも鎧を着て、槍を手にしています。
ドドドと音を立てて駆けてくる、その八郎師重に、巴御前は正面からまっすぐに馬を走らせると、正面衝突しそうになった瞬間に、敵の槍を跳ね除けて、そのまま八郎師重に組み付きました。

強いと言っても、八郎に比べれば、はるかに小柄な巴御前です。
けれど馬の勢いに乗って斜めに飛びかかる巴御前に、八郎は態勢を崩して巴御前とともに落馬します。
その馬から落ちて地面に叩きつけられるまでの、わずかな間に、巴御前は、八郎の兜(かぶと)を持ち上げ八郎の首を斬り落としました。
まるで鬼神のような早業です。

あまりの巴御前の強さに恐怖した八郎の部下らは、恐怖して、馬を返して潰走する。
後には、首を失った八郎の遺体と、巴御前ひとりが残されました。

他に誰もない。
峠は、シンと静まり返っています。

愛する夫も去っていった。
おそらく、数刻の後には、その夫も死ぬことであろう。
巴御前は、ひとしずくの涙を袖で拭うと、鎧を脱ぎ捨て、ひとりどこかへと去って行きました。
このときの巴御前の胸中には、どのような思いが去来していたことでしょう。

その後の巴御前の行方は、諸説あってわかりません。
滋賀の大津の義仲寺は、巴御前が義仲の菩提を弔って庵を結んだことがはじまりとの伝承があり、
また長野県の木曽、富山県の南砺市、富山県小矢部市、新潟県上越市、神奈川県小田原市や横須賀市にも、巴御前の終焉の地とされるところがあります。

お能にも「巴」という演目があり、ここでは巴御前の御霊(みたま)が、愛する木曽義仲と最期をともにできなかったことから、この世をさまよう。
そんな巴御前の御霊と出会った旅の僧の読経によって成仏するという筋書きになっています。

巴御前の物語は、女性の強さと哀しみを世に伝え、このことが、いまもなお、歴史を通じて多くの日本人に愛され続けています。


お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

《倭塾の日程》
【開催を予定しておりました1月22日(土)の倭塾は、都合により2月に延期になりました】
2022年2月23日(水・祝)13:00〜16:30 第89回倭塾 タワーホール船堀4F401号室
 https://www.facebook.com/events/579487736653084


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


               
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

gg

巴御前は実在していたか?
巴御前が登場するのは軍記物語の『平家物語』『源平盛衰記』のみであり、当時の一次史料や鎌倉幕府編纂書の『吾妻鏡』には、その存在は確認されない。女武将であるという物語の記述は史実としては疑問があり、文学的脚色である可能性が高い。『平家物語』における巴御前の記述は至って簡略で義仲との関係も書かれていないが、より後の時代に書かれた『源平盛衰記』において大きく人物像が書き加えられている。

ウィキペディア 巴御前より引用
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク