不良校が進学校に変わるとき



○最新刊『金融経済の裏側』11月24日発売。
○最新刊庶民の日本史11月15日発売。


日本の強さは、政治力の強さでもなければ、経済力の強さでもありません。
庶民の誠実さこそが、日本の強さです。
その庶民の底力を取り戻す。
それが、回り道に見えて、最も近道なのだと、これは確信ある私の行動原理です。

20220221 不良高校生
画像出所=https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=%E4%B8%8D%E8%89%AF
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
 

「憂国」という言葉があります。
国を憂(うれ)うという意味の言葉です。

もちろん大切な言葉です。
ただし、現状の日本においては、すこし割り引いて考える(言葉を使う)必要があります。

日本人の民度が高い状況にあるなら、憂国は、最大限に尊重されるべき言葉です。
けれど、現状の日本は、そうした高い民度を持ちません。

よく、ドラマなどにおいて、ものすごくできの悪い高校が舞台になることがあります。
生徒は不良ばかり。
授業も全然成り立たない。
生徒たちは、学校に不満を持っているけれど、だからといって何ら建設的な意見も持たないし、行動もない。
教師陣に文句は言うけれど、だから「どうしたい」というものはない。
完全に、壊れた状態です。

そうした高校に、栄え有る伝統を復活させ、ただの不良の集まりでしかなかった高校を、ちゃんとした進学校にしていく、生徒たちが真っ直ぐな道を歩むようにしていくためには、何が必要でしょうか。
これが実は、「現状の日本をどうするのか」という問いと、同じ問いにあたります。

この状況で、学校の現況を憂いたら、学校は変わるのでしょうか。
答えはNOです。

では、生徒たちに懇懇と説諭したら、学校は変わるのでしょうか。
これも答えはNOです。

では、特別なエリートクラスを編成して、そのクラスだけが大学に進学できるように特別な教育を与えたら、学校は変わるのでしょうか。
これまた答えはNOです。
せっかく進学希望を持った生徒たちまでもが、不良生徒のやっかいになってしまって、結果、共倒れになる危険すらあります。

ではどうするのか。
生徒たちに、実は、本校は栄え有る伝統を持った高校なのだということを、繰り返し、情報として提供していく。
そうすることで、自分たちも変われるのではないかという希望が自発するように持っていく。
時間はかかります。
けれど、自発的に、前向きに、真面目に学校生活を送ろうという生徒が、ひとり、またひとりと増えていくことで、気がつくと、いままで麻雀の話題しかなかったクラスの片隅で、大学進学を希望したり、あるいは勉強の仕方を、あらためて教わろうとしたりする動きが始まるのです。

そしてそういう動きに加速が付いてきた時、気がつけば、不良高校だった高校が、いつの間にか多くの真面目な生徒を抱える進学校に変化していくのです。

これは、全体のレベルをシフトアップするというやり方です。
学校全体の偏差値が40そこそこでは、進学など、夢のまた夢です。
けれど、ほんのすこし様子が変わるだけで、偏差値が45くらいに変わってくる。
そこまでくれば、偏差値65以上も、夢ではなくなります。

そういうものだと思うのです。
生徒全員が、普通の生徒になることはないかもしれない。
けれど、生徒の平均レベルが向上することで、偏差値65〜75クラスの生徒が生まれるようになるのです。
そして、そこまでくれば、生徒の中に欲が生まれます。
変化がはじまるのです。

日本もまた同じだと思います。
いまの日本の悪口や、近隣諸国の悪口を、向こう100年言い続けても、おそらく何も変わりません。
けれど、日本人としての誇りを取り戻そうとする活動が、5年、10年、20年、そして100年続いたら、間違いなく、日本は変わります。
これは必ず変わります。

必ず変わるとわかっているなら、あとは行動あるのみです。

日本の強さは、政治力の強さでもなければ、経済力の強さでもありません。
庶民の誠実さこそが、日本の強さです。
その庶民の底力を取り戻す。

それが、回り道に見えて、最も近道なのだと、これは確信ある私の行動原理です。


お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


               
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク