性教育には我が国の家庭を打ち砕くという政治目的がある



人気ブログランキング

2年ほど前なのですが、産婦人科の先生の講演を聞く機会がありました。

その産婦人科では、毎月数件、小中学生の妊娠・堕胎をあつかっているというのです。

来院するのは女の子のほう。
そして相手の男性は9割が、実の兄なのだそうです。
兄に犯され妊娠する小中学生の童女があとを絶たない・・・
異常な事態です。

また、ある方から、情報をいただきました。

日教組の過度の「性教育」の件です。

性行為を10歳ぐらいの子供に、人形を使ったりして、実際に見せたり、手鏡で自分の性器を見て確かめなさいといってやらせたりとか・・・およそ、信じられない信じたくないことが、い目の日本では行われているらしいのです。

とりあえず、子供たちのセックスが、最近早い早い・・・小学生の2割とか、高校生になったら、3月に一人の割で相手をかえている?!

冗談じゃない!

20歳にもならないやつらが、もう、全部すみました。恋?昔のことって、それは恋じゃないよ。恋じゃなくて単なる動物のセックス!

で、いくつになっても結婚もしない、子供もつくらない。

間違っていると思います。

性なんてものは、教えられなくても自然にそうなるものです。

実際、学校があったかなかったかわからない石器時代だって、人間はえっちをしたし、おかげで人類がいまに続いている。わざわざ教えるひつようなんてどこにもないが、なんと、下のVTRを見ると、教師がごていねいに、おしっこの仕方まで実演で教えている。

小水ぐらい、教えられなくても、普通誰でも出しますが・・・

学校で教えなければならないのは、性ではなく、人として立派に生きることや、異性を大切にすること、人を愛することです。

すこし古いですが、今年3月、東京都日野市の都立七生養護学校の性教育をめぐり都議が視察で批判したことに対し、東京地裁が、「学校の性教育に介入し、教育の自主性を阻害した」などと都や都議3人に計210万円の賠償を命じたという事件がありました。。
■関連記事:性教育 過激な内容正すのは当然
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090314/edc0903140337000-n1.htm

問題となった性教育は性器のついた人形を使うなど不適切な内容です(下の動画参照)。

都議らの是正に向けた取り組みは当然の行為と思う。

もっとも裁判所は、法に基づき審判を下すところだから、教育基本法が定めた「不当な支配」、ならびに都議による物品の押収に対し、これを不当として都議らに一部賠償を命じる裁定をしたのはやむをえないかもしれない。

しかしたいせつなことは、性教育というものは、そもそも共産主義思想からきているということです。

マルクスは、人間を疎外しているもの2つを取り除けば人間は解放されると説いた。
何かというと、「宗教」と「家庭」です。

共産主義思想では「家庭」というものを「男性が女性を支配する最初の階級闘争の場」であると説いている。
あるいは「家庭」は、私有財産を子供に相続させるための場である、ともいう。
だから「家庭」というものを解体しなければ、共産主義革命は成し遂げることはできない、というのです。

つまり、性教育というものは、我が国における家庭という共同体を根本から打ち砕くという政治的意図をもって行われている。

HIV感染への危険などを切り口に、学校で性を教育するというのは、要するに子供たちのもつ性的好奇心を刺激し、家族や家庭を崩壊させようとする、これは政治運動なのです。

そして、家族や家庭の中心となる柱は、やっぱりお父さんであり、その父親は、家庭内における国家の象徴でもある。

家族や家庭を否定するということは、身近な共同体の否定であり、そのことは大きくは国家という共同体をも否定する。

とにかく、教育の場における共産主義者、社会主義者を徹底して追い出さなければ、日本の家庭は崩壊し、国家も崩壊する。

市民が黙っていたら、彼らはいよいよ増長するだけです。

悪の魔の手から、子どもたちを守れ!!
人気ブログランキング ←ここをクリック

小学校の異常な性教育授業風景

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

おれんじ

そういえば…
イギリスに勉強に行っている時、クラスメイトで義父にレイプされそうになった話を結構聞きました。
あちらでも家庭内の性的虐待は問題のようです。

おれんじ

ねずきちさん、皆さんこんばんわ
ミヤビさん、

北京では警官も三々五々バラバラに立って、タバコを吸うものまでいますからね(笑)。
ビシっと整列して上司の言葉を聞く日本の警官が頼もしくまた美しく見えました。

性教育については、女性の生理について教えてもらった記憶こそあれ、性交渉じたいを授業で学んだ記憶はありません。状況は過激になっているのですね。

アメリカは椿さんのコメントの通り、男性優位社会で女性はお飾りでしたから、激しい反発があったのも当たり前だと思います。しかし日本ではフェミニズムが結婚否定、家族否定、伝統否定と社会の崩壊を促進するような動きになってしまっている。

情けも味わいもない、つるっとした頭が空っぽの人間を大量生産させたいのでしょう。

応援クリック

No title
子供というのは、好奇心旺盛で自制心不足の存在なのだから、性教育なんてやったら実践してみようする子達が出るのは当たり前でしょうに。

子供のうちはこの手の知識は完全に無知のままでいいのです。知らなければ性の乱れなんて起こりようがないのですから。
むしろ「道徳教育」こそ、この年頃に充実させるべきでしょう。

ミヤビ

No title
かぐやひめさんの仰るとおりです。
中国人の友人の息子さんが私立中学に入った息子さんの入学式を見て驚いていました。
日本人にとっては当たり前の起立・着席・礼が一糸乱れず、またきっちりと整列する姿を見て、アメリカ人や中国人ではあんなことは不可能だ・・・と言ってました。
教えられなくてもできてしまう日本人だけの特性って不思議です!

かぐやひめ

新型インフルですが
神戸では「ひとまず、安心」宣言が、ありました。
「安心宣言」がでると、嘘のように「安心モード」に切り替わり、マスク姿は、ほぼ皆無になりました。

いやはや一斉に、マスクをする。
いやはや一斉にマスクをはずす。

日本人てえらいよねと思います。
そして、こういう時にも、「ちゃんと情報を共有しているよ。みんな仲間だもんね」という共感が、白いマスクを通して響き合っています。

基本的に日本人は恐ろしい民族だと思います。
一斉に同じ方向に走るのですから。

それも、最近の小学校では団体訓練さえしていないのに。
老いも若きも、一斉に団体行動ができるのですから。

あとは、正しい方向に走ってほしい・・・それだけです。

ある陰陽道の権威に言わせると、
インフルは、この秋に小流行し、
2010年に大流行して
2011年に終息するそうです。
ま、そんなものでしょう・・・

は、かぐやひめ

最近は、少しましなのかな?
10年ぐらい前は、まだ、近所の小学校で「天皇制は必要ない」と、子供たちに教えた教師がいたそうです。
最近は日教組も、以前ほど過激でないそうですね。

性教育に関しては、ある日突然こどもたちが「ワギナだの、ペニス」と言いだして、妙に目覚めておかしな行動をする(誦授業中に教室で勃起したものを見せあいっこした)など、を聞いてびっくりして、どうしてそうなるの?と尋ねると「性教育の授業があってからそうなった」という話でした。

異常な教育は、そう多くはなかったのかもしれないけれど、およそ、信じられないようなひどい話も、あるようです。
どうやら、みなさんの証言で、最近は常識的になっているようで安心しました。

けれど、いったん目覚めた子供たちの中には、小学生レベルでもフリーセックスは、あるように思えます。親と子の一対一では止められないようです。社会に歯止めが、なくなっているので・・・

テレビでは「フリーセックスで有名な北欧の国でも12歳までのセックスは厳禁され厳しい罰則がある」と言っていたそうです。

秘すれば花・・・私たちの世代から見れば、あんまり教えてほしくありません。
教えないと、ほかの媒体で間違った知識を得るから教えざるをえないという先生もありました。
いやな時代になったものです。

孫が女の子だから、この子を守ることが、果たしてできるものかどうか・・・息子たちの苦労が思いやられます。

ka

参観日で
少し前の4年生だったか5年生だったかの参観日に、男の子と女の子の裸の絵を黒板に貼って説明したり、生徒に大人になるにつれ男女にどんな違いが出てくるかと言わせている位だったと憶えています。
がらみの色合いは余りなさそうですが、同じ地域でも17年前の上の子の別の小学校は、すごいバリバリでした(>_<)
卒業式もしっかり憶えていますが「君が代」が流れても歌われず先生方は口を閉じて不動のままでした
随分昔の話なので、君が代の歌を卒業式の為に子供に教えていたのかどうか憶えていませんが、黙っていた子も割りといましたから教えていなかったのかもしれません
他の出席した保護者の方は、やっぱり異様よねぇ~と口々に言っていた事を思い出します・・

ミヤビ

No title
私もこのことをあるブログで知りショックを受けました。
しかし、テレビでは養護学級の場でのことでした。
そのような子どもたちが、どうしたら性犯罪にあうことがないか、また加害者にならないか親も教師も必死で考えた結果の教材と指導だったようですが・・・
普通学級で、そのようなことがされたら父母たちの抗議が殺到します。事なかれ主義の教育現場でそのようなことが行われるはずがありません。
うちの子供二人も性教育など学校でありませんでした。
むしろ30年前位のほうがあったのでは・・・と思います。
ですから、このことは真実を確認知る必要があると思うのですが・・・

椿

日本の宗教や家庭は、人間を縛らない。
宗教と家庭を「階級闘争の場」にしてしまったのは、人間ではないですか?
別に神様も家庭も悪いわけではないと思います


むしろ支配者達が、神様や仏様の本来の真意を
かってに捻じ曲げて、大衆を“搾取”しようと企んだ為に、「宗教」への嫌悪感不信感が爆発して、
共産主義への流れとなったのではないでしょうか
?

その独善性が惜しげもなく発揮されたのが、
あの“十字軍の遠征”であり、
アジア・アフリカの侵略”になるのではないでしょうか?

アメリカで「女性運動」が沸き起こったのも、家庭での女性の権限がほぼ皆無で、
日本女性のように、「ご主人のお給料を全額託され、ご主人は、奥様からお小遣いを貰うなんていう自由は、全くなかったと聞いています。

むしろその逆で、お花一本買うのも、ご主人のお許しが無ければ買えない。ご主人がお買い物について行ってくれるのも、奥様に無駄なモノを買わせない為でもあるそうです。これじゃあ、息きつく暇もありませんよね? そりゃあ、女性の権利を主張しますよ。

日本の主婦の方は、ご主人が「お買い物について行ってくれない」とか、「愛してるって言わない」とか、「誉めてくれたりしない」とか、文句を言っていますが、西洋の主婦から見れば、どれだけ恵まれているか!!

ご主人が「お付き合いで外食が多い!」と文句を言いますが、西洋の主婦は、ご主人がお客様や上司を家に招待しますので、奥様はテーブルセッティングから、お料理や服のセンスまで、全てチェックされ、ご主人の出世にかかわりますので、本当に大変です。

日本のご主人は、奥様にそのような気を使わせないように、プロのお店に任せてしまいますので、本当に日本の主婦の方は楽チンです。それに、日本の主婦の方のように、平日は、「お友達とフランス料理を食べに行ったり」、「旅行に行ったり」、「何時間もお喋りしたり」、なんていう光景は、ほとんど見た事がありません。

いつもカップル行動なので、日本人だと息がつまりそうになります。日本人の場合は、夫婦間でお互いの自由を適当に認め合って、本当にうまく距離をとっていると思います。

例を挙げているときりがありませんが、
日本人の場合は、一神教の西洋人や厳しい儒教のシナ・朝鮮のように、『宗教』も『家庭』も、日本人を縛ったりはしなかったのだと思います

だから、西洋人の真似をして、「女性解放」だとか、「性教育」だとか、「ルネッサンス」=人間性の解放、個性の尊重なんて必要ないのです。むしろ、歴史や文化も違う西洋人の真似をするから、日本の教育や社会が可笑しくなってくるのだと思います。

本当に、『教育勅語』をもう一度復活させるべきだと思います


OOIDOYA

15年くらい前の話
 わたしの娘が小学校一年生の時、小学館の『小学一年生』を買ったら、なぜか、おなかの中でどのように胎児が育つのかの図解が載っていてびっくりした記憶があります。学校へ参観日にいったら、まさに「おまた合体して子供が生まれるのです」という性教育を若い先生が必死でしていました。先生も恥ずかしかったことでしょうね。
 その後、何年かして、下の子が小学校へ入ってもそういう授業はありませんでしたが、一時期、日本中の小学生が性教育を受けたのだと思います。
 さすがに抗議が殺到したので、ほとんどの学校は性教育を止めたのでしょうが、確かにそういう年があったのです。
 ちなみに、WiLL7月号は中山成彬元大臣が「民主政権は日教組政権だ」という対談で出ています。日教組の酷さがものすごくよく判りますよ。

十七天国

貼り付けてある動画
はじめまして、こんにちは。

この貼り付けてある動画をみたのですが
いわゆる知的障害を持つ特殊学級の授業風景なのか、
それとも普通の学級での授業風景なのか、
ちょっと判断に迷ってしまいました。

以前イカレタ教師がダッチワイフのような人形を使って性教育を行っていたというのは聞いたことがありますが、特殊学級での知的障害を持つ児童の授業風景ならトイレの教育も致し方ないかなと考える部分もありますね。

通常学級でやっているのなら言語道断ですけど。

学校関係者

日教組だけでなく
ねずきちさんはじめまして。
いつもブログを拝見させていただいてます。

私の県でも10年くらい前から最近までそういった性教育が大ブームでした。今もやっているところがあるんですね。

小学校では例の人形の備品がありましたし。中学校ではコンドーム装着実習なるものが実施されてましたよ。

しかし、その授業を熱心に取り組んでいたのは日教組に入っていない教員でした。私の県では組織率が10%を切っているのでたまたまその時の学校は組合員の養護教諭でなかっただけですが。

小学校でガッタイを教え、中学校でヒニンを教えるのかと、まるで廓(くるわ)教育だと思っていました。直接口に出して質問したりもしましたが、そういうことを教えるのは常識なんだというような回答をもらった覚えがあります。納得いかなかったけど口つぐみました。

教育者としての良識がぶっ飛んでいた時期だったのかもしれません。

愛信

米、イスラエルに入植中止要求 オバマ氏とアッバス議長初会談
http://www.47news.jp/CN/200905/CN2009052901000153.html

オバマ大統領は一方で、パレスチナ側に対してイスラエルに対する挑発行為を控える
よう求め、治安維持能力の向上に向けてアッバス議長の指導力発揮に期待した。 
大統領はまた、パレスチナ国家樹立によるイスラエルとの2国家共存構想について
「自国の利益にもなると、イスラエルが認識してくれると確信している」と強調、同構想に
消極的なイスラエルのネタニヤフ政権の説得に自信を見せた。

ブッシュの砂漠の嵐作戦を真似た小沢の法案の嵐で麻生総理にはご苦労さんです。
中国の豚ウンフルや北朝鮮ミサイル、ロシアの北方4島問題など国際問題の嵐は核心のイスラエルへ向かうようです。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
リベラルとか革新とか一見素晴らしい世界の実現を提唱していますが、要は今までの価値観を潰すことから始まります。保守はこれまで以上に危機感を持って行動しなければなりませんね。

私はミステリーが大好きで、CATYのミステリーチャンネルを良く見ます。イギリスのドラマが多いですが、性の乱れはひどいです。ドラマとはいえ現実からかけ離れていたら成立しないわけで、近親相姦やレイプ、祖先が受けた屈辱などが犯罪の動機になったりします。イギリス社会は今でも階級社会で格差など日本の比ではありません。それらを見ていると、日本はまだマシだと思っていたのですが、性交渉の低年齢化がここまできているとは、衝撃です。まして実兄とは。

東京都の訴訟は良く覚えています。ひどいですね。あれは羞恥心を捨てなければ出来ません。確か知的障害児の教育だったと思います。この頃、人前で平気でキスをしたり、電車の中でベタベタしたり目を覆いたくなります。日本社会の恥の文化や、公共心の破壊を目論んでのことなら、許せませんし、その意識が無くやっているのなら公然わいせつ罪に当るのではないかと思います。教育に名を借りた犯罪です。排尿の仕方などは家庭での躾です。

伝統を壊し、あたかも夢の社会を打ち立てる幻想に騙されてはいけないし、良識を孫子に伝えるのは私たち世代の大切な使命だと思います。この頃よちよち歩くようになった孫との外出が増えました。電車の中では静かにすること、座ったら靴を脱ぐこと等から始めています。親がいないと、口うるさいおばぁちゃんの言うことを良く聞き分けます。日常の小さなことから、価値観が培われると信じているので、甘いだけのおばぁちゃんにはなれません。きちんとした日本人を育てること、それが将来の日本を支えると信じて・・・

車には誰も乗っていなかったので、怪我はしませんでした。愛車の屋根がクッションになり、落ちた人もかすり傷ですみました。それが唯一の救いです。

かぐやひめ

民主党は悪魔
おっしゃるように民主党は悪魔の政党です。
けれど、それが見えない人が、非常に多いのも事実です。

偽善が見抜けない
そもそも、世の中の動きが全然見えてないからマスコミに踊らされる
その人自身に同じ悪魔性があるから同調する
以上の、どれかの理由だろうと思います。

いずれにせよ、今度の選挙はあぶないです。
くどいようですが、私は麻生総理に靖国神社にお参りしていただきたいです。
こちらから、反転させる「行動」が、もしあるとすれば、それしかない。

大敗はしないでも、負けは負けです。小選挙区制では、負けはすべてを失うことを意味します。

しかも、次の機会には公明党を政権から除かなくてはならず、できうれば、民主党から同調者を引き抜かなければならず、自民党から「山崎タク・加藤」なんかを、追い出さなければ・・・そうそう河野も

足元さえが敵だらけの中での麻生総理の奮闘ぶりは「奇跡」以外の何物でもないと思います。

AW

原因
サヨク思想の源流であるマルクスは家庭が階級の始まりだ、として家庭を破壊する自由なセックスを提唱しました。

ソ連で行ったら酷い状況になったので止めたしまった、と聞いています。

悪魔のサヨク・リベラルたちは「偽善者」で「自分勝手」で「頑固」です。悪いと証明されていても徹底的に叩き潰すまで、しつこくストーカー以上の”異常”さで悪魔の行い繰り返します。しかも、嘘も平気なものだから、何も知らない善良な人は悪魔を「善人」だと勘違いしています。

日本を地獄に変える悪魔が力を持とうとしています。その悪魔とは民主党です。民主党は「悪魔」の政党だと日本人は今気付く必要がある!
(金正日は悪魔と呼ぶに値しますよね?同じように民主党も悪魔と呼ばれる値します)


AW

No title
ほんとサヨクとリベラルの連中のやっていることは社会を荒廃させ、汚い社会を作る、そんな活動ばかりしている。そのくせ「良い事だ」と善人ぶっている。

サヨクとリベラルの言うとおりにしていると、欧米で起きているような問題が日本でも起きる。

サヨクとリベラルは悪魔!と私は言っています。
悪魔の特徴を持っているからです!善人ぶった偽善者であり、自分勝手、権力を持ったら反対する意見のもを排斥、虐待、虐殺する。

オバマがクライスラーの販売店を25%削減しています。そして、何故か削減(廃業)させられているので「共和党」支持の販売店に大きく偏っている、とのことです。

サヨク・リベラルは偽善者の悪魔!世界中に共通した事実です。

かぐやひめ

NHKも日教組も朝日新聞も、解体しよう!
私たちは、油断しすぎていました。

日教組の問題の根深さは、ここに階級闘争があるわけで、つまり、同和問題を含んでいるみたいです。
教師の中に、いわゆる被差別部落出身者の比率は異常に高いのではないかと思います。

そういう人たちが全員、教育において異常だとは、思わないけれど、この「教育界」というところが、ある種の思想(それも、個人の体験を恨みとした)に毒されていると、国の行き先をさえ、危ぶませると思います。

すぐさま、何か効果的な手を打てるわけではないですが、せめて「知らしめる」こと。
学校は密室だから、社会の目を逃れてなんでもできるという状況をせめて変えなければ・・・

ねずきちさん、その性教育のビデオは、よう開きません。見たくありません・・・ああ、こういう弱い姿勢が「敵」をつけあがらせるんですよね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク