『子どもたちに伝えたい美しき日本人たち』の「はじめに」の全文



○最新刊 4月8日発売 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
 日本の歴史にはモブキャラなんていない!すべての日本人必読の日本人偉人伝の嚆矢
○新刊『金融経済の裏側』 世界の裏側で起こっていることの本質を歴史から考える
○新刊庶民の日本史 日本の歴史は庶民が作ってきた!目からウロコの大作
日本建国史 学校で教えない日本建国の歴史をわかりやすく解説


新刊本の『子どもたちに伝えたい美しき日本人たち』の「はじめに」の全文をご紹介したいと思います。
ここに書いたことが、この本で書きたかったことのすべてです。

20220223 美しき日本人たち



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
     

新刊本の『子どもたちに伝えたい美しき日本人たち』の「はじめに」の全文をご紹介したいと思います。
ここに書いたことが、この本で書きたかったことのすべてです。

【はじめに】

『ノアの箱舟』といえば、おそらく日本人で知らない人はいないことでしょう。
旧約聖書の『創世記』に描かれている大洪水にまつわる物語で、西洋では、繰り返し映画化され、またテレビドラマ化されています。
神が地上に増えた人々の堕落を見て、これを洪水で滅ぼすと決め、唯一の正しい人であるノアに箱舟の建設を命じられます。
ノアはその船に家族とあらゆる動物のつがいを乗せ、150日間の漂流の末、アララト山の山頂に漂着したという物語です。

この物語の信憑性云々は別として、物語全体を通じていえることは、ノアとその家族以外の人物が、全員「モブキャラ」である、ということです。

「モブキャラ」というのは、ビデオゲームなどにおける背景キャラのことです。
ただの背景ですから、モブキャラ自身には個性はありません。
建物と同じ。ただの背景です。

西洋史を学ぶとわかりますが、歴史の記述は、常にこのノアの箱舟の物語と同じで、主人公以外は常に「その他大勢」しかありません。
しかし現実の人生を考えてみれば、おそらく生きて暮らしているすべての人は、国籍や民族や時代に関わらず、それぞれひとりひとりがモブキャラではなく、自分の人生における主役であったのではないでしょうか。
誰もが自分の幸せだけでなく、家族や周囲の人々とともに、幸せになろうと、必死に生きてきたのではないでしょうか。

日本の庶民史を考えるとき、常にその根底にあるのが、まさに、この「モブキャラなんていない」という日本人の思考です。
誰もが自分の人生の主役であり、誰もが幸せになろう、あるいは誰かを幸せにしたいと必死で願い、行動し、その結果として、日本の歴史は営まれてきました。
そして実は、この点が、我が国の歴史(これを国史と言います)と、西洋史などとの決定的な違いです。

本書は『代表的日本人』と銘打ち、30人の人物をマンガを含めてご紹介しています。
『代表的日本人』というと、内村鑑三(1861‐1930)の名著がすぐに思い浮かびますが、そちらは西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮という五人の歴史上の人物の生き方を通して日本人とは何かを考察した日本人論です。
「武士道」「茶の本」と並んで、三大日本人論の一冊に数えられている、立派な本です。

本書もタイトルは同じです。
しかしその根底にある思想はまったく異なります。
本書では「偉大な個性が日本人を築いた」とは考えていないのです。
日本の歴史は、いわば庶民の歴史であり、一般の、どこにでもいる普通のおじさんやおばさんが、我が子のために、あるいは村の人々のために、みんなによろこんでもらうために、そしてみんなが豊かに安心して安全に暮らして行けるようにと、日々、努力を重ねた結果が、日本という国の持つ国柄の最大の特徴です。
冒頭の言葉を借りれば、日本の歴史にモブキャラはいないのです。

本書でご紹介する様々な人物は、いわば全員、今の日本を生きている私達日本人と血のつながった人たちです。
つまりみんな親戚であり、ご先祖です。
そのご先祖のひとりひとりの思いが、行動が、いまの私達に影響を与えています。
誰もがより良く生きていこう、我が子のため、我が孫のために、少しでも良い時代を遺していこう。
そう思い続けて生きてくれた蓄積の果てに、私達が生きる現代があります。

本書が、そういうことをあらためて考える一助となれば、筆者としてこのうえないよろこびです。

末尾になりますが、本書の著述にあたり、かざひの文庫の磐崎社長には、本当にお世話になりました。
また漫画家のふわこういちろうさんには、絵によって、人物の魅力を一層際立たせていただきました。
心から感謝を申し上げたいと思います。

うららかな春の日に 小名木善行

*****
お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


東京倭塾開催日程
第89回倭塾 2/23 1300-1600 タワーホール船堀 4F 401室
第90回倭塾 3/13 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第91回倭塾 4/10 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第92回倭塾 5/21 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第93回倭塾 6/12 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第94回倭塾 7/17 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
いずれも
開場 13:00
開会 13:30
終了 16:00
です。


                 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

じょあ

予約しました
4月発売だそうで、今から待ち遠しいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク