人はいさ 心も知らず ふるさとは



○最新刊 4月8日発売 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
 日本の歴史にはモブキャラなんていない!すべての日本人必読の日本人偉人伝の嚆矢
○新刊『金融経済の裏側』 世界の裏側で起こっていることの本質を歴史から考える
○新刊庶民の日本史 日本の歴史は庶民が作ってきた!目からウロコの大作
日本建国史 学校で教えない日本建国の歴史をわかりやすく解説


好きな女性の笑顔は、
年配の男性にとって、
「心の宝」であり、「心のふるさと」

長谷寺(奈良)の梅
20220301 長谷寺と梅
画像出所=http://710ichibou.blog.fc2.com/blog-entry-342.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
     

そろそろ梅が咲き始めました。
梅花といえば、最近はすっかり令和の歌「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」が有名になりましたが、筆者の好きな歌は、紀貫之です。

 人はいさ 心も知らず ふるさとは
 花ぞ昔の 香ににほひける

この歌は、紀貫之が奈良の長谷寺に参拝したときに、近くの宿屋で詠んだ和歌です。
長谷寺というのは、奈良・大和路にある有名な「花の寺」です。
長谷観音とも呼ばれます。
ご本尊の十一面観世音菩薩は、その姿を33種に変えて、求めに応じて救いの手を伸べてくださる慈悲深い菩薩様で、人々の願いを叶える慈悲深い御仏様です。
要するに長谷寺は、願いを叶えてくれるお寺として、全国から参拝客が絶えなかったお寺です。
しかもこの季節、梅花の名所でもありました。

いまから千年前のこと、京の都に住む紀貫之(きのつらゆき)が、梅の季節にその長谷寺に詣でました。
奈良に来るたび使っていた宿屋に着くと、そこの女将が、
「あら、紀貫之様。
 お久しぶりでございますわね。
 私もずいぶんと歳をとってしまいましたが、
 このように宿は昔のままでございますわ」

すると紀貫之は、なにやらサラサラと歌を書き、
その歌に、入り口にあった梅の小枝を、一輪添えて女将に手渡すのです。
そこには、
「人はいさ心も知らずふるさとは
 花ぞ昔の香に匂ひける」
と書かれていました。

女将は、「あたしが歳をとって容姿が衰えたから、紀貫之様は、しばらく来なくなったの?」
と言っているわけです。
ところがこれに対し紀貫之は、
「他人様のことなんて知らないよ。
 でもさ、俺にとってのふるさとは、
 変わらぬ梅花の香りと同じ
 昔のままのお前の笑顔なんだぜ」
と、梅花を添えて詠んだわけです。

歌の解釈は、それぞれの自由です。
ですから多くの先生方が、この歌に詠まれた相手を、宿屋の女将であり、紀貫之は、その女将と「できていた」と解釈したりしているようです。
けれど私は、紀貫之は、女将の笑顔の中に、都に残してきた意中の女性の笑顔を重ねたのであろうと読んでいます。

昔は通い婚社会ですから、意中の女性というのは、妻ということになります。
女性はいくつになっても、自分の容姿を気にします。
けれど男性にとっては、本当は見た目の容姿より、大好きな女性の笑顔こそ心の宝です。

近年の脳科学の研究で、性欲と愛情とでは、脳の別な場所が反応していることが確かめられたそうです。
女性は、自分の若さや容姿の美しさをとても気にするけれど、男性にとって大切なのは、昔と変わらない、相手の女性の笑顔です。
もちろん誰しも歳をとります。
けれど、好きな女性の笑顔は、年配の男性にとって、「心の宝」であり、「心のふるさと」なのです。

紀貫之の歌は、そういう大人の愛を、梅の花の香りに託して詠んだ、これまた名歌だと思います。
この歌は、百人一首の中に選歌されています。


お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


東京倭塾開催日程
第89回倭塾 2/23 1300-1600 タワーホール船堀 4F 401室
第90回倭塾 3/13 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第91回倭塾 4/10 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第92回倭塾 5/21 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第93回倭塾 6/12 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第94回倭塾 7/17 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
いずれも
開場 13:00
開会 13:30
終了 16:00
です。


                 
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク