建国の意思はどこまでも



江戸時代までの日本という国は、いわゆる「統一国家」ではなかったんですね。
「藩」が国家だった。
そして天下の頂点におわすのが天子様、つまり天皇でした。

「藩」の中で最大の親分である徳川幕府が、日本列島の3分の1の領土を持ち、圧倒的強大国家だった。徳川幕府の建国の意思は、兎にも角にもこの国から「いくさ」の悲惨をなくすこと。
だから全国の諸大名の配置も変えたし、大名には江戸に人質を置くことを強制したし、参勤交代を命じて諸大名の財力を削ぐことにも邁進した。
おかげで日本は江戸300年の平和の時代を過ごすことができた・・・・とまぁ、このあたりはよく知られた話です。

ただ、一点、間違いを修正しておかなくちゃいけないのだけれど、そうした藩(国)をこえた日本全体という意識もちゃんとありました。それは「天下」と呼ばれたし、その天下を治める存在として天皇がおわしました。
ここは誤解してはいけないところです。

ところで徳川さんの平和への嘱望は徹底していて、男性がヒゲをはやすことも禁じたんですね。男がヒゲを生やすのは武威を張ることだというんです。
城を改築したらそれだけで、いくさを起こし、世を乱そうとするといって藩おとりつぶし。なにせ相手は全国の3分の1を領有する大親分だから逆らえない。

ついでにいうと、今でいう警察のことも、奉行、与力、同心で行った。
奉行というのは、行いをたてまつる者。つまり民のために自らを律し、民の行いが歪まないように、民にすべてをささげる者。
与力は、民に力を与える者。
同心は、民と同じ心で民に奉仕する者、とされた。
国家権力で上から抑えるのではなく、民を第一とした。

こうした治世が300年続くことで、オカミは、民から絶対的な信頼を勝ち得た。

ところが、国土の3分の1を領有する徳川幕府も、外国が参入すると治世には限界がある。当時、上海などに視察にでかけた武士たちは、清朝が欧米の植民地政策によって、庶民が奴隷家畜状態に置かれている現況を見て、大きな衝撃を受けた。

教科書では黒船来航が日本を開国させたように説くけれど、黒船自体はきっかけのひとつにすぎない。

欧米列強による植民地支配の恐怖を見せつけられた日本人は、欧米の夷敵を打ち払うためには、国内が藩ごとに独立していては、この国は守れないという強烈な問題意識を持ちます。実際、長州、薩摩はそれぞれ独自に黒船に戦いを挑み、あっという間に粉砕されている。
このうえは藩を統して国としてまとまらないとヤバイ。

そうして建国されたのが、大日本帝国です。
従って大日本帝国の建国の意思は、尊王攘夷、そこから発せられる植民地支配からの脱却、ひいては人種平等にあった。よく尊王攘夷がいつのまにか尊王開国へと変遷したのではないかという人もいるけれど、それは違う。圧倒的な欧米列強の武力の前に立ち向かうには、むしろ積極的に列強の技術や文化を受け入れ、学び、さらにこれに打ち勝つ実力を身につけなければならないとされた。

つまり、明治政府の建国の意思は、人種差別撤廃・・これがいわば日本の国是となった。日清日露の戦い、第一次世界大戦への参画、大東亜戦争への取組み、それらすべては、人種差別撤廃という国是のもとに推進されている。

要するに、建国の意思というものは、その国の政権が消えてなくなるまで存続し、その国の基本的パラダイムとして当該国の方向を決定づける。

同様に、中華人民共和国は、清朝末期、欧米列強が中国を分割植民統治していたものを日本がこれを駆逐。その日本を連合国の一員として追い出し、人民を解放し、一党独裁による共産主義政府を樹立した。実際には、日本軍がいる間は山間部に隠れ、日本兵が終戦で出て行くときに、武器を持たない日本人を殺し、財物を奪い、資力をつけて中国国民党を追い出しただけなのだけれど、そういう事実を認めたら建国にならないから、「われらは日帝を追い出し、勝利し、人民を解放した義勇軍である」というのが彼らの国是となっている。
だから、中華人民共和国における建国の意思は、「抗日と人民解放」にある。
そしてその意思は、中華人民共和国という国家体制が続く限り、なくなることはない。

中国にとって、ウイグルやネパールは、日本支配とはなんの関係もないエリアではないかという人もいるかもしれないが、それは違う。人民解放の義勇軍である彼らにとっては、共産主義でない国家はすべて改革開放の対象であり、入植後は、その改革開放のためにその地の宗教を否定し、もとからある国家体制を否定し、中国共産党の支配下におく。これこそが人民解放のためだからと説かれる。

そのために、当該地域の経済経営はすべて入植した共産党員で独占するし、優秀な義勇軍と血を交えることは、人民解放革命の一環としての正当な行為だから、適齢期にある女性は徴用し、中国共産党員の子供を孕ませる。
共産主義は家庭を階級闘争の場として否定する。

孕ませられ、中国人の子を産んだ女性は、父親の扶養を受けることなく、自分の手で子を育てなければならない。それが家庭という男女の階級闘争に勝利することだからと説く。

なんともひどい話だけれど、彼らにとってはそれが国是であり、建国の理念の実現なのです。

そしてその理念は、国家がなくならない限り、存続し、先鋭化する。

そして中国共産党のもうひとつの国是は、「抗日」です。
その「抗日」は、日本が現在保有している国力の全てを、中国共産党の支配下に置き、日本を中国の属国として、日本人民民主共和国を樹立させるまで、止むことはない。
→参考:中国「日本支配工作要領」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-448.html

中国について、もうひとつ大切なことは、中国共産党はアメリカがバックアップする中国国民党を追い出したということです。
つまり彼らは、
日帝に変わる新たな支配をもくろむアメリカを追い出した→中国共産党はアメリカに勝利した→中国はアメリカと互角に戦える唯一の国である→敗者アメリカは、いずれは中国共産党の支配下におき、米国が保有する国力のすべてを中国共産党の支配下におかなければならない、とされていることです。
これが中華人民共和国という国家の建国の意思でもある。


朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)においても、実際には日本統治時代、ごく少数の思想的強盗団だった金日成一味が、終戦で復員する日本人を襲い、財物を強奪し、北にあった日本の最新型重工業地帯を摂取した。

ただ摂取しただけだから、その後の工業化はまるで推進せず、だから北朝鮮の工業設備は戦前の設備のままだし、国家としての工業力も1960年代のまま(実際には1940年代のまま)まるで成長していない。成長していないどころか、老朽化が著しい。

北にとっての国是は、中国とおなじく、「抗日」であり、北の人民に、常に日帝からの危機を煽ることだけが、国家の成立の要件となっている。

だから、ありとあらゆる方法を使って、日本の政治経済を混乱させようとするし、軍備は常に敵国日本に向けて整えられている。

韓国においても、わが国政府は、日本と戦い自由と民主主義を手に入れた、というのが建国の理念であり、日本は、常に敵国とされている。

歴史的事実は、単に李氏朝鮮時代のヤンバンが、再度国内の主要産業を牛耳り、国内のエスタブリッシュメントに返り咲いて、国民から収奪しているだけなのだけれど、とにもかくにも抗日が国家成立の理念であり、国家意思である以上、彼らにとって、日本はいつまでも敵国でありつづけることになる。

要するに、この項でボクがいいたいのは、国家成立時の理念は、いつまでもその国の根幹をなし、その国家の行動を決定づけるパラダイムとなる、ということなのです。

では、現代日本はどうかというと、日本が成立した終戦時の国家意思は「非戦・復興・平等」にあった。
ひらたくいえば、
・もう戦争はやだぁ
・焼け野原をなんとかしようぜ
・みんな平等に~~♪
の3つ(笑)

残念ながら、あまり前向きなものではない^^;
唯一、「焼け野原をなんとかしようぜ」が、経済強化に結び付いているくらいで、その意味で戦後日本人の価値観には、責任とか忠義、共同体への帰属、強気をくじき弱きを助けるといった「正義」に関する価値観が完全に欠落している。

つまり、正義なき非戦争、正義なき経済、正義なき平等が、戦後日本の建国の理念になってしまっている。

建国の理念は、その国が解体するまで続く。

いくさを嫌った江戸幕藩体制は、戦闘集団である武家を温存したまま300年続いたが、欧米列強の植民地支配を前に、その体制が崩壊。日本人は欧米列強に対抗し、人種差別撤廃を国是とする明治政府を樹立した。

いまの日本は、日本人の勤勉、礼儀正しさを温存しつつ、いま一定の経済力をつけた特ア抗日戦線による侵略を受けようとしているのかもしれない。

日本が生まれ変わるためには、非戦・復興・平等という戦後日本の価値観を抜本的に修正する、新たな価値観を樹立しなければならないのかもしれない。
そんな気がします。

人気ブログランキング ←クリックを♪

方法論知ってる?憲法改正 / 破棄 / 無効確認

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

365アンケート「あなたは裁判員制度に期待しますか」集計結果
365アンケート「あなたは裁判員制度に期待しますか」集計結果

(1)裁判員制度に期待しますか
・期待している 90票
・期待はしていない 56票
・制度が始まった以上、是非は意味がない 11票
(2)「期待する」と答えた方にお聞きします。その理由は?
(3)「期待はしていない」と答えた方に伺います。その理由は?
深刻な問題が提起されています。
詳細は下記をご覧下さい。
クロスメディア・ホールディングスが運営する北海道のローカルニュースサイト
「BNNプラス北海道365」より転載
http://www.hokkaido-365.com/news/2009/06/post-113.html

【裁判員制度関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj9.cgi
【裁判員制度タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

かぐやひめ

すばらしい、こういうことを教科書に載せたいですね
ブログ本文も、コメントも、素晴らしいです。
こういうことを、子供たちに教えるべきです。

椿さん、細かく分析して下さってありがとう。

明治のはじめ、伯父の父親が毛織物工業を学びに英国に派遣された話を思い出しました。

政府も志が高かったけど、民間人もすごかった・・・明治は、ものすごかった!
本当に億兆心を一にして、取り組んで、ものすごい発展を見ました。

渋沢栄一の伝記を読んだことがありますが、江戸時代の農民の教育程度が、ものすごく高かったらしく、たしか4歳ぐらいで四書五経を習っていたそうです。
昔の人は「書」も立派ですよね。
とても、かないません。

でも、今の日本人も、先人の遺産を受け継ぎ「アニメ」において世界を席巻しています。
色彩感覚のすばらしさ、「かわいい」の追求、ストーリー展開に哲学があることが、日本アニメの人気の秘密だそうです。
こういうものは、もともとの日本文化の土壌から発生したものです。

かつてのように軍国主義では世界を制覇していませんが、サブカルチャでは、完全制覇です。
あの中国でさえ、日本アニメや、コスプレに夢中で、ひとりっこたちを虜にしている。つまり、共産主義思想が、受け入れられない精神風土を、しらずしらずに培ってしまったそうです。

ネタもとが「日経」というのは、少し気に食わないのですが・・・1980年以後、改革開放の波にのって、日本の漫画が中国にわたった時、海賊版がものすごいたくさん作られ、安価にばらまかれたそうです。
日本人は著作権をうんぬんする意欲も精力もなく、盗まれ放題盗まれました。
しかも、鉄腕アトムという「アニメ」が中国に渡るとき手塚先生は、非常に安い価格で提供されたそうです。
そのため、アニメもタダ同然で中国に入りました。
アメリカのディズニープロは法外な著作権料を要求したために普及せずじまい。

結果「日本のもつ気風」が、中国のお茶の間をじゅうたん爆撃しました。
こどもたちは、昨夜のアニメを見ていないと、翌日の話題についていけないので、必死でテレビにかじりつき日本文化にひたったのですって。
スラムダンクで育った中国人にはアメリカのバスケチームに入った子もあるそうです。
キューティハニーごっことかも、教室で大流行。日本人の青年より、彼らの方がずっと詳しくあらすじを覚えているそうです。

クレヨンしんちゃんに至って、ついに中国政府は事の重大さに気付き、ゴールデンタイムに日本アニメを放映禁止にしました。そしてクレヨンしんちゃんのパクリの国営アニメ「おおぐち、なんとか」を放映し、共産主義教育をしようとしているそうです。が、きわめて不人気。

中国政府は「日本という国は、なんと狡猾なんだろう!著作権を要求しなかったのは、こういう遠大な洗脳計画があったからなんだ!」と、ますます日本への敵愾心をつのらせているそうです。

遠藤 誉著「中国動漫新人類」より
http://www.csij.org/01/shiminkagaku/22/csij-journal-022-yamaguchi.pdf#search='中国動漫新人類'

愛信

北朝鮮は日本に向けてミサイルを撃つ
北朝鮮は日本に向けてミサイルを撃つ。現在、日本の国会は、元在日、帰化人議員だらけ

北朝鮮は日本に向けてミサイルを撃つ。現在、日本の国会は、元在日、帰化人議員だ
らけ。二大政党だったら自民党しか日本を守れませんわ。
日本の非核三原則なんてとっぱらいましょう。日本には、非チョン三原則が必要なのよ~♪

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
日本の中世以降の歴史の要点を分かりやすくまとめ、さらに歴史から学んだことの分析、とても分かりやすかったです。私は近世の体制を構築した偉大な功労者の一人は、太閤秀吉だったと思います。太閤検地と刀狩、この二つは現代社会の基礎になっていると言っても過言ではないと思います。銃刀法として刀狩が残り、計量の正確さ。徳川家康がそれを元に300年続く平和の体制を確立しました。秀吉と家康の差は前者が余りにも領土に貪欲だったと言うことでしょうか。一言では言えませんが。

さて現代を見回してみると、戦前までの日本人が持っていた誇りや矜持が余りにも失われてしまった気がします。本日外出の行き帰りの電車で「パール判事の日本無罪論」を読みました。日本の戦後教育が如何に偏向していたか、正しい歴史が語られて来なかったか、背筋意が寒くなりました。ねずきちさんがおっしゃる建国の意思を考える上でも良い参考になる気がします。

椿

無血革命の日本!
近代化を妨げる最大の要因」は、不平等な富の分配で、貧富の差があり過ぎると、国民に利益をもたらす“工業化の芽が摘み取られる”からだそうです。

しかし、日本は「貧富の差が拡大するのを食い止める」効果的なメカニズム[/太字]を、何世紀にも渡って、日本経済システムの中に組み込んでいたということだと思います。

貧富差の拡大により、生きる希望を失った国民達が凶暴化し、『革命へと繫がっていく危険』を、当時の日本の指導者達は、欧米人よりもずっとずっと早くに察知し、認識していたのだと思います

日本に革命が無かった』のは、結局日本ほど貧富の差、上層と下層の差が極端で無い国は、世界中どこを探しても無い、という証拠になると思います。

そして、日本が驚異的なスピードで近代化を成し遂げた理由は…以下だと思います

①19世紀半ばには、日本には貧富の極端な差はなく、富は広く分配されていたこと

②手工業の教育訓練を受け、学習意欲のある若者が大勢いたこと

③見事に運営された“学校制度”があった

④総人口との比率で比較すると、欧米諸国よりも“多くの日本人が“読み書き”が出来た

⑤数世紀前から、見事に張り巡らされた“交通網”

⑥それに付随する“道路・運河・船の航路”といった産業基盤の充実

⑦手工業から工業化の切り替えに必要な教育・訓練された人々が十分に存在したこと

⑧国民が手工業の伝統を持ち、技術的手際の良さに対する高度な要求に応えられた

⑨そのような環境にある日本国民は、向学心があり、学習能力に優れていた

⑩馬・車・船・中継所・旅館・倉庫といった下部施設の充実

⑪資金を貸し出すことのできる金融機関・銀行の充実など等。


[太字]わたくは日本人が、西洋人の言う、天才でも怪物でもなく、ただ公明正大な公の精神を持ち、一生懸命に、忠実に勤勉に励んできた結果、どこのアジアの国よりも早く、近代化を実現することが出来たのだと思います


椿

日本の偉大さ!

西洋人はよく「我々は日本を援助した。我々の助けがなければ、日本の近代化など決してならなかった」と言われますが、それは真実でしょうか?

19世紀後半におかれた日本の状況を鑑みれば…。

①19世紀後半の植民地主義全盛の時代、現在の発展途上国のように、何十億ドルという開発援助金を貰えることなど皆無でしたし

②技術教育の助けも財政援助も無い

③学術・技術・文化の交流計画も全くない

④工業先進国の費用で学ぶことが出来る第3世界諸国からの留学制度も皆無

⑤国際連盟も国際連合も無かったし、世界銀行もありませんでした

あるのはただ過酷で、情け容赦ない植民地主義だけでした

そして、200年以上もの鎖国から顔を出した小国日本には、頼るべきアジアの国など存在せず、まさに“ナイナイ尽くしの出発点であったその状況下で

①日本政府は『自国の費用で』何百人という日本の学生をヨーロッパの工業国に留学させ

②『自国の費用で』欧米学者や技術者を日本に招聘し

③欧米技術者の給与は、当時彼らの最高位の公務員の給与よりも高額であったそうです

④同時に日本政府は、若い日本人の逸材をヨーロッパとアメリカに、延べ数十年以上にわたって、年間300人も送り続け、日本政府が“全ての費用を負担”していました。

時、ロシアの10分の1以下、いえ、それ以下の国家予算しかなかった日本にとって、“天文学的出費”であり、まさに『血の滲むような努力の賜物』と言えるのではないでしょうか?

1876年にエルヴィン・ベルツは、「当時の日本が本当に、ヨーロッパに500年の遅れをとっていたのだとしたら、その後、わずか数十年で欧米列強に追いつき、驚異的な発展を遂げた日本人は、まさに『奇跡をおこなう人』であり、『世界に例を見ない天才的才能をもった超人だと言わねばならない」と書かれています。

しかしながら、工業化(近代化)の前提条件、すなわち“素地”は、すでに何百年も前から日本には十分にあったと思われるのです。




No title
ニコニコ動画で世論調査出ました!!

ネット世論調査「内閣支持率調査 2009/5/28」結果
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7182215

今回は集計の方法が少し変わっているようです。

愛信

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾①~③
NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾①~③

NHK「JAPANデビュー」に抗議する国民大行動・第2弾(5月30日大阪)

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ねこきち

国家理念
ねずきちさん、こんにちは。
毎回勉強させていただき、ありがとうございます。
最近とみに感じること、明治の人は偉かったとつくづく思います。
今、日本は国家理念を再考すべきです。
日本をとりまく世界情勢が変り行く中でも見失うことのない価値観というか、国家のよりどころとなるべきものを明確にすることが日本を亡国にさせないひとつの軸となるのではないでしょうか。
しかし特亜3国はルサンチマンが国家の礎みたいですね。

かぐやひめ

時代は変わる
ねずきちさん、角度を変えた国家論、唸りながら拝見しました。
こんな風に見たことはありませんでしたが、非常に説得力があります。

なるほど、これじゃあ、中国人も、半島人も、半永久的に「反日・抗日」の国是に縛られて、ほかのことは何も手に付かない、気の毒なことだと思いますが、

よその国より、もっと深刻なのは「ともかく戦争さえなければ」の「平和日本」のなれのはてのありさまです。

ただし、「平等原理」は、日本だけでなく世界的に敷衍された戦後世界の「理想」・・・あるいは、フランス革命以来の理想だと思います。
それなら「自由」も同じですね。
くわえて「博愛」
どうも、フランス革命以来の世界は、この3つの相矛盾する理想のために翻弄され、常にストレスにさらされてきたみたいです。

それはともかく、日本の国家体制はトップ15代目で変わります。
平安=藤原家の支配は藤原15代で終わり、鎌倉=北条氏の支配も15代。足利氏15代、徳川家15代です。
戦後自民党単独政権も、宮沢喜一(15代目の総裁)で、終焉し、現在のように連立政権になっています。
つまり、現在は乱世です。

時代は必ず変わり、そのみっともないやむおえない戦後の理想は取り払われるでしょう。
阿部さん、中川さんにも期待したいです。
今は、産みの苦しみの時だと思います。

日本という国を真剣に見なおそうとする数々の動きがあります。
極端な方向に振り子がふり切れた後、戻ろうとする気配も感じます。

私がひとつ、ものすごく象徴的だと感じていることがあるのですが・・・それは西洋料理を食べる時のマナーです。

私たち団塊の世代にとって、成人にそなえて身につけなければならないいくつかのマナーの中に「ナイフとフォークの使い方」というものがありました。

友人のホテルでの披露宴に招かれると、西洋料理と取り組まなければならないというストレスがあり、当時は「横メシ」という言葉もあったはずです。

「横メシ」が死語になるころ、フランス料理店では「お箸」を出すようになりました。
ナイフやフォークでなくてもお箸の方がお好みならお箸でどうぞ・・・

そして、ホテルでもない限り、街角のフランス料理店(ファミレスはもちろん)なら、お箸が出るのはあたりまえになりました。

この変化が「日本人が外国コンプレックスから解放された時期」に相当すると思います。
つまり、「時代」が変わった潮目です。

その同じころ(平成になったころではないかと思いますーそれにしても、世紀の変わり目より10年早く時代の変わり目を迎え、諸外国より早くかじを切れたことは、日本の奇跡のひとつだと私は思っています)

しかし、もっと、早くに「おかしな左傾日本、大東亜戦争の真実を声高に語れない日本」が、変われるかと期待していましたが、変化は、非常にゆっくりでした。

関西の「たかじんのそこまで言って委員会」でー南京事件はなかったーと、論議されているのを耳にしたとき(たぶんH16)のことは、忘れません。それまでは左翼の声はマスコミの中でオールマイティでした。初めて、公共メディアを通して日本擁護を聞きました。

昨日NHKへのデモが敢行されたそうです。東京に住んでいたら、かけつけたのですが、いずれ必ず参加します。ああいう放送も、以前だったら、「泣き寝入り」だったと思います。それが、意志をもった人々が立ち上がり声を出せるようになったー時代は大きく変わっています。

希望を持ちたいと思います。
今いる人々は、大東亜戦争とその終結の時代の人々と同等の大きな変革を目撃するのではないかと思います。
痛みは、ともなうかもしれません。
でも、先人同様に耐え抜いて国を守り抜きましょう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク