護憲・改憲・棄憲



人気ブログランキング
現行の日本国憲法は、占領憲法であるからこれを改正せよ。
いやいや日本国憲法は、戦争放棄を謳う世界の理想憲法なのだから、これを固持すべきだ、等々、憲法論議というのは戦後ずっと続けられたまま、結果、戦後64年、ただの一度も改正されていません。

憲法というのは、国の価値観と体制の基本をなすものです。
価値観や体制は、そうそうコロコロ変わってしまっては、困る(笑)
なので、国際社会の変容や、国内需要の変遷によって、必要に応じて改正をするという考え方もあります。

長期間にわたり、ただの一度も憲法の改正を行っていない国は、日本とデンマークくらいです。

日本では、旧大日本帝国憲法も、日本国憲法制定まで一度も改正されなかった。
日本人て、律儀なんですね。いちど決めたら守り抜く。

さらにそれ以前の憲法・・これも改正されていない。なにかというと、飛鳥時代に制定された大宝律令。奈良時代に養老律令として一度改正されただけで、少なくとも形式上は明治初期まで存続していた。ほんと日本人は律儀です^^v

しかし国家の根幹をなす憲法が他国より与えられたもので、自国民の安全と平和を脅かすものに対して、まったく無防備というのは、いかがなものかという議論もあります。それが日本国憲法の改憲論です。

ちなみに現行憲法については、護憲論、改憲論があり、護憲は、主として北朝鮮の出先政党ともいえる社民党がこれを強硬に主張。社民党はとにかく改憲論議自体も反対しているというのだからすさまじい。

ちなみに日本共産党は、最近は護憲論になっているけれど、ちょっと前までは、独自の「日本人民共和国憲法草案」をもっていた。その前文を覗いてみると・・・・

「天皇制支配によってもたらされたものは、無謀な帝国主義侵略戦争、人類の生命と財産の大規模な破壊、人民大衆の悲惨にみちた窮乏と飢餓とであった。
この天皇制は、欽定憲法によって法制化されていた様に、天皇が絶対権力を握り、人民の権利を徹底的に剥奪した。

それは、特権身分である天皇を頂点として、軍閥と官僚によって武装され、資本化地主のための搾取と抑圧の体制として勤労人民に君臨し、政治的には奴隷的無権利状態を、経済的には植民地的に低い生活水準を、文化的には蒙昧と偏見と迷信と盲従とを強制し、無限の苦痛をあたえてきた。

之に反対する人民の声は、死と牢獄とをもって威嚇され弾圧された。この専制的政治制度は、日本民族の自由と福祉とに決定的に相反する。同時にそれは、近隣植民地・半植民地諸国の解放にたいする最大の障害であった。」

俗に「体ななめなれば、陰ななめなり」 というけれど、ものごとをここまで前後を入れ替えて、真実を捻じ曲げた文章もめずらしい。

天皇陛下を頂点とする大日本帝国憲法によってもたらされたものは、日本民族の自由と福祉であり、我が国の被植民地化を阻止し、同時に、近隣植民地・半植民地諸国の解放をも実現した」というのが正解です。
共産党憲法草案前文は、デタラメもよいとこだ。

もっとも共産党は、さすがにこの酔っ払いのたわごとのような憲法草案に恥ずかしくなったのか、最近ではこの草案を完全に引っ込め、社民党と同じく護憲の立場をとっています。

不思議なのは、日本の政党で具体的に護憲の立場をとっているのは、この社民党と共産党くらいしかいない。しかもどちらも少数政党です。

つまり、護憲などというのは、国内少数政党の見解にすぎない。にもかかわらず日本は改憲できない。

なぜか。

その理由は2つあるといわれています。
ひとつは、日本国憲法の改正手続きが重すぎること。
もうひとつは、日本には、一度決めた憲法を改正するという習慣がない(笑)

日本国憲法の改正手続きは、同じく日本国憲法の第96条に規定されています。

-------------------------------------
第96条(憲法改正の手続き)
① この憲法の改正は,各議院の総議員の3分の2以上の賛成で,国会が,これを発議し,国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には,特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において,その過半数の賛成を必要とする。

②憲法改正について前項の承認を経たときは,天皇は,国民の名で,この憲法と一体を成すものとして,直ちにこれを公布する。
-------------------------------------

憲法改正のためには、

(1) 衆参両院それぞれの3分の2以上の賛成
    ↓
(2) 特別の国民投票又は国会の定める選挙での過半数の賛成
    ↓
(3) 天皇の名による発令

の3つの手続きが必要となります。

しかも、国民の過半数の賛成を必要とする
 「特別の国民投票」
   または
 「国会の定める選挙」
については、1946年の公布から現在にいたるまで、いまだその具体的手続き法が定められていません。

さらにいえば、たとえば「特別の国民投票」にしても、有権者をどの範囲にするか、たとえば年齢制限を設けるのか、はたまた選挙にこれなかった国民の投票権はいかに確保するのか(国民の過半数なので、投票にこれようがこれまいが、国民のひとりである)などなど、こうなると議論百出で、まとまりようがない。

安倍内閣当時、この国民投票についての法案を審議する動きとなりましたが、安倍内閣倒閣後は、まったくその議論は宙に浮いたままとなっている。

そもそも日本人は、ルールを守ることは得意だが、ルールを“変える”という習慣がない。

つまり、現在のように、火力、情報の両面で他国からの侵逼難に遭い、政治の信頼が大きく損ねられているという状況の中にあってもなお、なかなか憲法の改正ができない。

これは、日本や日本人が、護憲派の意見を「正しい」と考えているということではなく、単に日本に「ルールを変える」という習慣がないという、日本独特の遵法精神のあらわれといえるのだろうと思います。

ただ、日本人は、少しづつの変化は受け入れないが、抜本的変化は、比較的容易に受け入れる傾向があります。

野球好きが、野球のルールの変更には抵抗するのだけど、ある日突然、野球ファンからサッカーファンに乗り換えたりする。

日本人の新しいもの好きは、こんなところにも出ているようです。

その意味で、憲法論議については、護憲・改憲という二者択一でなく、もうひとつの選択肢、「棄憲」による新憲法樹立という選択肢のほうが、日本人には抵抗がないのかもしれない。

日本国憲法を廃止する。そして、時代に即し、国家千年の大計に基づいた新憲法を樹立する。

日本国憲法は、日本の法律のひとつにすぎないので、衆参両院の過半数の賛成で日本国憲法は破棄できます。
あるいは「日本国憲法の停止に関する法律」を可決してもよい。

そして日本国憲法がなくなると、新憲法の発布も、両院過半数・・・参院の賛成がなければ衆院だけの過半数の賛成で・・・新憲法を制定することができる。

ねずきち的には、護憲だ、改憲だ、国民投票をどうするのかなど、不毛の議論を繰り返しているよりも、一気に同日付で、日本国憲法の廃止と、新憲法の樹立を行った方が、はるかに実現性が高いように思えます。

ただし、これには、重大な問題がひとつあります。

もし、売国政党の民主党が、次期衆院選に勝利し、衆参両院で過半数を取得したら、「棄憲」ができてしまう。
そして鳩山氏ひきいる民主党が提示する新憲法は、どう考えても上に示した共産党案のような、売国亡国憲法になることは火を見るよりも明らか、ということです。

我々日本人は、だから絶対に次期選挙で民主党を勝たせてはならない

ねずきちは、麻生総理をはじめ、安倍元総理、そして憂国の志を持った議員さんに、是非お願いしたいのです。

日本を憂い、日本を愛し、共産主義者や、社会主義者、特ア3国や、日教組に汚染されていない、真の愛国保守議員さんだけで、是非、新憲法制定のための準備委員会を発足していただきたい。

座長は、安倍さんが適任?

北からミサイルが降ってきてから、あるいは売国政党が政権をとってからでは遅い。

現憲法の破棄と新憲法の制定は、本気で日本を救うなら、本気で世界の平和を願うなら、絶対に日本の真正保守の手で、これを実現しなければならない。

昨日のかぐやひめさんのコメントで、こういうお話がありました。

> 日本の国家体制はトップ15代目で変わります.
> 平安=藤原家の支配は藤原15代で終わり、
> 鎌倉=北条氏の支配も15代。
> 足利氏15代、徳川家15代です。
> 戦後自民党単独政権も、宮沢喜一(15代目の総裁)
> で、終焉し、現在のように連立政権になっています。

つまり戦後占領憲法である日本国憲法の時代は、宮沢内閣の時代で終わった。

混迷が続き、他国侵逼難が目前にせまっている今、日本は新たな国家体制の樹立を迫られています。

自衛隊は正規の国軍としなければならないし、日本に向けられたミサイルは、発射前に粉砕しなければならない。

日本は教育勅語の精神、日本的共同体精神を復活させたほうがいい。
私より公をたいせつにする我が国の美風をまもり抜かなければならない。

教育現場に救う、売国教師や性教育教師を排除しなければならない。

日本国内に救うスパイを放逐しなければならない。

日本はやさしいけれど、怒ると本当に怖い存在にならなければならない。

日本は、自虐史観を捨て、なぜあの苦しい大東亜戦争を戦い抜いたのか、その本当の歴史を我が国正史として、真実の歴史を定着させなければならない。

市民権というものは、市民を守るために戦う意思を持ったものだけに与えられる・・・それが世界の常識です。

なので国を守る意思を持った者が国民です。
なんですかっ!あの外国人参政権だの日本国籍乱発法というのは。デタラメもいい加減にしてもらいたいです。

国を守る意思のないものに、どうして選挙権を与え、わが国の国政に参加させなければならないのか。そういう物狂いをいつまでも容認するわけにはいかない。

国営放送局が売国的自虐史観番組を放送するなんて、誰がどう考えても異状です。
それを正常と考えるなら、その者はもはや日本人ではない。さっさと国外追放すべきです。

在日特権がどうのとかいいながら、いつの間にか運転免許証から本籍地の表示が消えたけど、聞けば、免許証の本籍・国籍欄に「韓国」とか書かれると「差別」されるからだとか。

まじめに一生懸命生きていれば、日本人は誰も差別なんてしやしませんよ。
国民的アイドルで在日の方だって、たうさんいる。
金美齢さんなんて、日本人より日本人らしい。

在日が危険視されるのは、自分たちの中に、暴力をふるったり、火病を起こして乱暴をはたらいたり、凶悪な犯罪を犯す者がいるからです。

差別撤廃がどうのと権利を主張する前に、まずは自分たちの行動から襟を正しなさい。それが先でしょう?

ゾロアスター教じゃないけれど、この世は、善と悪の戦いです。

我が国が、善の国でありたいなら、世界の中で信用される国でありたいなら・・・そうでなければ日本を貿易の相手国にしてくれる国はなくなってしまう・・・日本は毅然とした規律と礼節と責任を持った国であるべきだし、それを国是とし、憲法にそう記すべきです。

占領統治法にすぎない現憲法は、すでに時代の使命を終え、いまでは日本の社会に混乱と無秩序を招いている。

このうえは、いまこそ現憲法の廃棄と新憲法の樹立をすべきと、思うのです。

↓をクリックお願いします^^b
人気ブログランキング

やっぱりヘンだよ!日本国憲法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

あきつ

民主平和憲法成立秘話・・・
参考までに・・・

すばらしい 民主的な憲法誕生秘話です・・・
・・・・・・
貴族院で 審議切れで 廃案にしようとします。
表だって抵抗すると 追放されますので 必死だったわけです。
すると GHQは、5分前に 時計を止めて ・・・
採決しないと 日が変わらないようにします。
決まったよのは翌朝
そんな素晴らしい 民主的な憲法です。

議員さんたちは 脅されて 結局は言うがままだったのでしょうね。

http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650/53755343.html

詳しくはこちらで。

おれんじ

No title
日下公人さんは、「イギリスは憲法なしで十分やっているのだから、憲法廃止しても良いじゃないか」とおっしゃっていますね(笑)。

こういう思い切った案も出していいと思います。
余りにも現行の憲法を神聖視しすぎだです。

あきつ

米英憲法
かの国の憲法は
国民主権 人民主権を 徹底的に排除しているそうですよ
勉強すべきですね

愛信

【韓国「新アジア外交」本格化=ASEANとの首脳会議開幕】
【韓国「新アジア外交」本格化=ASEANとの首脳会議開幕】
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009060100459

韓国はASEANへの政府開発援助(ODA)よりも優先すべき問題
で、IMFへの返済未払い金や韓米通貨スワップ3兆円の踏み倒し、
日韓通貨スワップ協定の一時的増額措置を10月まで延長している韓国
経済デフォルト問題をどのように処理するのだろう。

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt_ind.cgi
【その他のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

surnivers

改憲、護憲よりゼロベースで構築する方が良いと思います
問題はそれだけの能力を持った集団が、その位置につけるか?ですよね。

憲法議論は結構盛んに行われていると思いますし、ネット上では少なくても盛んに天皇制やら公務員制度やら道州制やらの議論がされていると思います。
中には本当に詳しく書かれていて、もうこのまま憲法にしてしまっても良いかも?と思います。

日本人はルールを変えない、と言うのは、ワシはここはちょっと異論がございまして。
例えば日本企業はあっと言う間に体質を改善するように成りました。
もうトヨタのカイゼンなんて古いでしょう。
そうじゃなくて、今回の金融危機では今まで外需主導だった体質をあっと言う間に内需主導に切り替えました。
仕事のやり方、ルールを変えたのかな?

後スポーツに成るんですが、F1やバレーはコロコロルールが変わりますが、日本人はちゃんと適応しています。
なので、厳密に言えば政治家には、中々変化を行おうとする人が居なかった、と言うべきかなぁ?と思います。
一瞬にして大胆に変わるところは賛成です。

とある群馬県民

No title
「大日本帝国憲法の復活こそ最善の策である」と再認識できました。有難う御座います。

ブーゲンビリア

No title
ねずきちさま、今日は長時間パソコンとにらめっこしていたら、憲法のお話が気になって読まさせていただきました。いつも色々と考えておられますので、毎回すごいと感動いたします。 眼がたれてきたので、これで失礼します。

あきつ

日本国憲法無効宣言
ねずきちさま
やはり・・ 無効宣言がよろしいかと思います。

知らない人も参考にされるならば・・
渡部昇一・南出喜久治 共著
日本国憲法無効宣言 ビジネス社
がわかりやすいと思います。

この憲法のおかげで 儲けている連中も多いのでしょうね。
矛盾だらけですから 厚化粧して・・・
解釈でやるから 法治国家ではなくなっていますよ。

根本から間違っていると思います。
日本が乱れるわけです。
9条なんてたいした問題ではありません。
もう講和条約以前に破綻しています!!

ねずきち

Mさんへ
あらっ!
違うかも><;;

修正しますね。

ご指摘ありがとうございました><

M

No title
いつも拝見しております
キムタクって在日でしたっけ?
違うような気がしますが・・・

ねずきち

あきつさんへ
あきつさん、コメントならびにご指摘をありがとうございます。

おっしゃる通り、現行憲法下での棄憲は、きびしいかもしれないですね。

ちなみに、棄憲というのは、ボクの造語で、どこにもたぶん載ってないです^^;

現行憲法は英文の翻訳ですが、名称は
THE CONSTITUTION OF JAPAN です。
直訳すれば、日本の憲法、または日本の構成です。
つまり占領下の日本の基本構造を示したもので、一時的に大日本帝国憲法を修正したもの・・・もうすこし言ったら、占領日本の戒厳令下の基本構成を定めた法律、とみることができるのではないかと思うのです。

とするならば、THE CONSTITUTION OF JAPAN施行後も、大日本帝国憲法は生きているわけで、実際、大日本帝国憲法破棄の決議は、過去されていません。

つまり、大日本帝国憲法を国の最高憲章と定めた日本において、占領統治下の基本構造を示したものが現行のTHE CONSTITUTION OF JAPANであるということができるわけです。

であるとするならば、ポツタム宣言受諾後の日本で、新たに占領統治終結に関する条約が締結されると、その時点でTHE CONSTITUTION OF JAPANの発動も終わる。

その時点で大日本帝国憲法の効力が復活するのではないかと思うのです。

本文では、いまさら大日本帝国憲法なんてカビのはえたような・・・と思われそうで、新憲法という表現を用いましたが、新憲法の発布については、どの憲章を根拠にするかというと、これが大日本帝国憲法しかない。
なにせ大日本帝国憲法は、事実上実行停止となっているだけで、なくならされてはいない。

いずれにせよあきつさんがおっしゃる通り、大日本帝国憲法では、
第7章 補 則
第73条 将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
2 此ノ場合ニ於テ両議院ハ各々其ノ総員3分ノ2以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス出席議員3分ノ2以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス 

第74条 皇室典範ノ改正ハ帝国議会ノ議ヲ経ルヲ要セス
2 皇室典範ヲ以テ此ノ憲法ノ条規ヲ変更スルコトヲ得ス 

第75条 憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス 

第76条 法律規則命令又ハ何等ノ名称ヲ用ヰタルニ拘ラス此ノ憲法ニ矛盾セサル現行ノ法令ハ総テ遵由ノ効力ヲ有ス
2 歳出上政府ノ義務ニ係ル現在ノ契約又ハ命令ハ総テ第67条ノ例ニ依ル

つまり、日本国憲法は、大日本帝国憲法所定の手続きを踏んでない。

そうであるなら、やはり現行憲法は、占領統治のための一時的憲章にほかならず、これを失効させることは、占領統治の終結宣言とセットになるし、終結時点で大日本帝国憲法が復活する。

理論的にはそうなるし、大日本帝国憲法の復活こそが、日本の平和と安定、東亜の平和と人種差別からの解放、世界の平和の実現の要になるのではないかと思うのです。

あきつ

No title
ねづきちさま
棄憲 ってのは はじめて聞きましたが。
それはできないと思います。
なぜなら 最高法規ですから・・・ それに載っていない方法では廃棄はでないでしょう。

ただし、この憲法が最高法規でない場合・・・
無効宣言はできます。

無効である理由とは 成立が大日本帝国憲法73条よるとなっていますが。。。 75条により 意訳すると 天皇大権が発動できないときは憲法の改正はできない。
主権のないときに できるわけがありません。
よって 現憲法は大日本帝国憲法に違反するために無効です。

かぐやひめ

憲法前文
神戸市は、平成元年までは、中学生になると「丸刈りにする」規則がありました。

息子が中学生になる時、ご多聞にもれず「左翼教育を受けてきた私は、
入学式の前日まで抵抗して散髪屋にいかせなかったほどでした。

ところが、丸刈りにした当の息子は「シャンプーは簡単、清潔。丸刈りほど楽なものはない。
よくぞ、こういう規則を作っておいてくれた!もし、規則がなければ経験できなかった。」と、言いました。

そこへ、吹き荒れた「規制緩和」の嵐でした。
あれは、まぎれもなく東から吹いてきた風で、その風はオレンジだとか牛肉と一緒に、もっと東から吹いてきた大嵐でした。

「丸刈りのままでいい。中学生になった自覚ができる。一種の通過儀礼の役割がある。中学生だとわかりやすいので、非行少年を補導しやすい」という地元の賛成意見を無視して「規制緩和」は強行され、教育は、徐々に死滅して行きました。

その先兵となった数人の「丸刈り反対派」がいました。

「うちの息子には”規則は守ってはいけない”と教えている」と、ひきつった表情で叫んでいました。
つまり、「規則」は人権派の敵だから、すべて受け入れてはいけないと、いたいけないわが子に教えているのだそうです。
「校長先生、あんなこと言わせておいていいのですか?」問うと、管理職の校長はうつむくばかりでした。
背後に政治の力が働いているのはあきらかでした。

先兵の中学一年生の少年は、ひとり長髪で登校し「規則違反」と、周囲に言われると「憲法前文」を暗唱して「おまえら、しっとるか?」と、言い返したそうです。
「そんなもん、知るか!!」と、やりかえされていた・・・と。

思い出しても、腹が立つ。
こういうことに直面するごと
「国家主権をもたない国民の悲しさ」をひしひしと感じたものです。

早く、独立したい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
E-mail info@musubi-ac.com

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク