日本人宿が日本人のマナーの悪さに激怒



日本人お断り

こういうニュースがありました。

<記事引用>-------------------------------

【タイ】日本人宿が日本人のマナーの悪さに激怒
http://news.livedoor.com/article/detail/4180071/

タイのバンコクの日本人宿として有名な『SAKURA HOUSE』が、あまりに日本人のマナーが悪いということで、激怒していることが判明した。『SAKURA HOUSE』には日本の漫画喫茶のように多くの漫画本が漫画部屋にあり、料金を払うことで数時間ほど読むことができる。

その漫画部屋を利用している日本人宿泊客が自分のベッドに漫画を持っていってしまい、他の利用客が漫画を読めない状況になることがあるという。そのことに激怒した『SAKURA HOUSE』のスタッフが、ついに注意文の張り紙をしたのだ。

タイには紀伊国屋書店が支店を出しており、多くの日本人たちが雑誌や漫画を買ったり読んだりするためにやってくる。しかし、漫画の価格は日本よりも割高で、いちいち買っていたら大変である。そういうこともあり、『SAKURA HOUSE』の漫画部屋は非常に人気であり、独り占めする人が出てくると大変である。

海外にいるときだからこそ、日本人としてマナーを守る必要があると思うのだが、皆さんはどうお思いだろうか?

-----------------------------------------

世界一マナーの良いはずの日本人が、これはいったいいかがなものか。

漫画というから、部屋に持ち帰る日本人というのは、おそらくは若い世代だろうと思うが、なるほどおやじがヤングをつかまえて、「いまどきの若い者は・・・」というのは、ローマの昔からあることには違いないけれど、ねずきちには、最近の若い者が・・・・自分たちが若かった頃もたしかにろくでもなかったが、そうはいっても・・・・ちょっとイマイチなのです。

考えてみれば、人間というものは、やはり訓練なのですね。

少年のうちから、勉強に運動に芸術に、そしてもっともたいせつなことは、人としてたいせつなこと・・・つまり道徳観を、きっちり教え込む。
そうでなければ、人間なんて、すぐに堕落してしまう。

むかし、修身といわれた授業は、その後道徳と名前をかえ、最近ではどうやら公民というそうなのだけれど、やはり言霊のうえからいえば、「修身=身を修める」が、日本人には最もふさわしいように思えます。

てか、「公民」というのはどうもイケナイ。おおやけと、たみ、というのでしょ?

なんでもかんでも国のせい、ひとのせいにするという気風が、もうすでに「公民」という言葉からしてはじまっている。

ボクは、いまだにどうも個人主義というのに抵抗感があって、周囲からは、だからオヒトヨシと言われるのだけれど、個人主義というのは「ひとにめいわくをかけさえしなければ何をやってもいい」という思想なんですね。「人に迷惑をかけなければいい」のだから、それは転じては「バレさえしなければ何をやってもいい」となる。これは社会と人間に対する冒涜思想です。

陰徳あれば陽報あり。

親の恩、師への恩、地域社会への恩、国家への恩を感じ、祖先から末孫にいたる縦軸の共同体と、地域社会や家族、友人、所属する組織、広くは国家や世界の中の自分という共同体を強く自覚し、人が見ていなくても身を律して生きていく。
それが日本の、日本人の生き方だと思うのです。

そういう意味で、冒頭の記事は、タイのホテルでのひとつの出来事というのではなく、日本や日本人、ひいては日本という国家にとって、まことに嘆かわしい事態なのではないか。
そんな気がするのです。

人気ブログランキング ←クリックを♪
わたしの竹島ですが、何か?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

コメントありがとうございます。
このところ忙しくて、せっかくのコメントになかなかお返事が書けなくて、申し訳なく思っています。

でも、せっかくみなさまからいただいたコメントです。

決しておろそかにしないで、おひとり様おひとりさまに、深く感謝をしながら拝読させていただいています。

さて、お返事が遅くなりました。


>愛信さん、貴重な情報をいつもありがとうございます。

(・0・。) ほほーっ
NHKは、国営放送なのに国旗を局内で禁止にしていたとは驚きです!!

それにしてもなんですね・・・売国放送もここまでくる時代になるということは、言論の自由というものも、野放図な自由とせずに、一定の制限をかけるべき時代がきているのかもしれませんね。

実際問題、NHKの局内では、保守言論は制限されているということでしょ??

真逆じゃないですか。左翼言論こそ制限すべきだ。そうでないと、日本の家庭も、地域も組織も、国家も、根本から破壊されてしまう。


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

(゜゜;)エエッ、

運動会からの競争の排除、
学芸会開催の否定、
ゆとり教育に名を借りた学力の低下
文部省唱歌の否定
自治会・婦人会・子供会の否定・・・

おそらく教育や地域社会崩壊の波というものは、数え上げたらきりがないくらいたくさんあるのでしょうね。

情けない。憤りを感じます。

もうほんとうに、日下公人がおっしゃるように、占領日本は、いちど解体して、再生日本として真正保守を復活させなければ、ダメなのかもしれませんね。


>一般庶民さん
コメントありがとうございます。

教育は国家の柱です。
その教育が、左傾化しているという事実は、もはや完全に国民・庶民の許容範囲を超えています。

教職員の政治活動禁止の法案、是非議員さんたちに頑張ってもらいたいと、ボクも思います。


>bbさんへ
終戦後、ありとあらゆる価値観がひっくりかえりました。

とくに家族や学校、地域社会といった己をとりまく身近な世界への帰属意識というものは、極左による「帰属意識←→階級闘争」論によって、根本から否定され、戦後60年を経て、いよいよ日本社会に構造変化をもたらしはじめてきているといえようかと思います。

ちなみに人の世の世代交代は、だいたい25年きざみなのだそうです。
つまり戦後、日本はすでに2世代が交代し、もはや3世代目の時代にはいっている。
いまの子供たちが成人するころには、4世代目にはいる。

おそらく、このままいくと、日本の日本人たる精神風土は、完全に崩壊してしまう。

そしてそのことは、ボクは日本が悪に負けるということを意味していると思っています。

だからこそ、悪を放置する者は悪に加担することと同じだ、常に善を唱えて行こうと思っています。


もっともボクなど、政治家でも学者でもなく、一介の市井のおやじにすぎない。
ついつい筆が走ったり、矛盾したことを平気で言っていたりしているかもしれない。
でも、だからこそ、政治家や学者に言えないことを言える! なんて思ったりしています。

とにもかくにも、一寸の虫にも五分の魂。

かつてはデモ行進というのはサヨクの専売特許だったけど、いまでは真正保守がデモ行進をしなければならなくなった。

一寸の虫でも、語り抜くしかなくなってきているのかもしれない、そんな気がします。


>おれんじさん
コメントありがとうございます。

≪駅の階段の手すりに空き缶≫

おれんじさんのコメント・・・自分のブログにコメントがつくと携帯に転送しているので、ほぼリアルタイムに読めるようになりました^^・・・読んでから、駅の階段、見ましたよぉ~~!!

あるはあるわ!! 空き缶!!!

いままで全然気にしてなかったけど、ひどいもんですね><;;

この件については、いずれ項目を立てて書いてみたいと思います。


>トラメさん
コメントありがとうございます。

ボクのお返事にかきたいこと、おれんじさんがそのまま書いてくださいました。

おれんじさん、ありがとうございます。
ボクもまったく同意見です。

そしてトラメさんのおっしゃる、≪今大人である私たちの世代あたりで方向転換を図らないと、次世代に日本をつないで行けなくなる≫

おっしゃるとおりと思います。

もはや限界ぎりぎりのところまで日本精神が追い込まれつつある。

これ以上、サヨクや特アをのさばらせるわけにいかない。
そう思います。

トラメ

おれんじさん、有難うございます
ニュースを拾って行きますと、日本の現状に愕然とすることも多々ありますが、ここで負けてはならないと奮起しております。自分に何が出来るか自問自答ばかりですが、私の他にも大勢の国想う方がいらっしゃいますので、共に頑張って行きたいと思います。

おれんじ

No title
トラメさん、お子さまをきちんと国を愛する人間に育てていくとのこと、心から応援いたします。お子さんを預かる親御さんとしても現代は難しい時代であろうかと思います。

回天の搭乗訓練をされた方とお話する機会があるとは、何て貴重なご経験でしょう。きっと現在の日本の状況に失望なさっている事もあると思いますが、私達も次の世代へよきものを引き継ぐべく、自分達が出来る事を少しでもやってまいりましょう。

トラメ

人のつながり
教育は大事ですよね。私にも小学生の子供がおりますがきちんと愛国心を持った人間に育てて行きます(きっぱり)
今大人である私たちの世代あたりで方向転換を図らないと、次世代に日本をつないで行けなくなるかも知れません。
仕事上、戦中の方と話す機会が有るのですが、回天の搭乗訓練をされてた方と話す機会が年に1回程有ります。
ご高齢な方ですのであと何度お話できるか分かりませんが(失礼な事を言いまして申し訳ございません)やはり今の日本に失望されているようです。もう自分には何も出来ないとおっしゃっていますが、「日本を良い方向へと頑張っている人たちが沢山いるんですよ」と伝えますと「頑張って欲しい」と言われます。余りにも置かれた環境が違いますが、私もやれることはやりたいと思っています。
訓練は想像を絶するほど辛く、「今の子がやったら1日ももたないだろうね」「訓練中に仲間が事故で亡くなったんだよ」と少し淋しそうに、お会いするたびにおっしゃいます。
そんなお話も、私の力の源であります。

おれんじ

ねずきちさん、こんばんわ
ねずきちさんのエントリーは濃密かつ話題が盛りだくさんなので、数日おきに訪問させて頂いております(笑)。

嘆かわしい事態ですね。実は私も日本人のマナーが悪い事に前々から憂慮しておりました。若い者だけではありません。中高年の方も人を押しのけて商品を横取りしたりゴミをキチンとゴミ箱に捨てない人も多いのです。

最近、駅の階段の手すりに空き缶を置き捨てる人が多い事に気付きませんか?とても危ないことなのに…。携帯の使い方の汚い人(うまく表現できないのですが)や、カフェやレストランで音を出してゲーム機を使っている人(60代!)を見ると、「日本人は中国人化しているのでは?」と落ち込んでしまいます。私も状況に応じて注意を促しているのですが…。

教育勅語のように、誰でも分かる、よい「おまじない」を子供の頃に習って、心の指針にする、これがどれだけ大事か分かります。それと、かぐやひめさんが指摘されている、「文部省唱歌」がなくなっていること。これは伝統の危機だと思います。学芸会だって、端役をやったっていいじゃないですか。

ただ、学校によってはキチンとマナーについて教育されている所もあるということが希望かと思います。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
農村が高齢者だけになり、若者が都会に出てサラリーマンになると言う構造はおいそれとは、元に戻らないでしょう。一昔前まで、長男が家を継ぎ、次男以下は手に職をつけたり、商人になったりしていた時代がありました。職人も例えば大工さんの集まりである太子講(聖徳太子を祀る)など共同体を作りました。産業構造が変わったので、昔は良かったというノスタルジーで片付けることも出来ます。勿論今でも同業者の組合がありますし、跡形もなくなったわけではありませんが、やはり大資本にはかないません。競争に勝てなくなってきているのでしょう。教育の問題もさることながら、動画にもあるような帰属意識の低下は、仕事の仕方からも影響を受けているとおもいます。

一方若者が大勢残っている首都圏近郊の農村の一部では若者組があり、元服して加入します。大体中学生から参加します。若者組にはいればもう一人前として認められ、若者組の先輩に教育されます。若者組の世話人は親より怖いと言われたほどです。地域に教育力があったのです。「心得」があって、目上の人にあったら被り物をとり挨拶するとか、夜中に大声を出すなとか日常の細かいことまで注意されます。ひとたび間違いを犯せば、仲間はずれの制裁を受けます。仲間はずれにされても、年長者にに付き添われ菓子折りや調味料を持参して詫びを入れれば、復帰できます。彼らは祭礼を仕切り、神楽の準備をし、一歩一歩大人の責任を学びます。今でも続けているところが何箇所かあります。そういう地区の祭りには村を出て暮らしている人(旅に出た人と言います)は必ず帰郷します。家庭教育もおのずと違ってきますよね。こんな地域が日本全国にあったのです。ついこの間まで。よほど心してかからないとりっぱな日本人は育たないと思います。ここは私たち大人が本当にしっかりしなければなりません。

一般庶民

No title
こんにちわ

元首相安倍さん、橋下知事が教育再生にことさら重点を置いているのがわかります。人間の基本を作るのに教育が与える影響は大きいです。場合によっては家庭以上です。
しかし残念ながらその重要なポジションについているのが、「国歌なんか歌うもんか!」と言っている、どこの国の人間だかわからない日教組 
まともな人たちは公立校がよくなるわけがないとあきらめて、子供を私立に行かせてます。 

敵は強大です、しかし先日のNHKの抗議デモを見て、希望がもてました。 とりあえずはいま上がっている教職員の政治活動禁止の法案、周囲の人に知らせます。 早く可決するように議員さんたちに頑張ってもらいたいです。  

かぐやひめ

教育に失われたもの
失われているものは「修身」だけではありません。

団体への帰属を教える、あるいはトレーニングするための「すべて」が消されているのを・・・自分の小学生時代と、わが子の小学校の様子を見比べて感じましたよ。
わずか一代で、ここまで破壊されることに愕然としました。

一番「やられた!」と、思ったのは運動会の練習でした。
私の時代(団塊世代)は、たぶん幼稚園から高校にいたるまで、これは「体育」というより「団体訓練」でした。
整列する・隊列を組む・行進する・待機する・・・暑かろうと、のどが渇こうと、砂ぼこりにまみれて延々1カ月以上、夏休みが終わると始まり、10月の半ばまで、それは続きました。そこでは「団体で行動する」ことを、体でたたきこまれました。

ちなみに、だから私は運動会・体育祭を大嫌いでした。
その大切さに気付いたのは、何10年もたって、自治会役員をしたときです。

新興住宅地の自治会は皆がばらばらなのに、「運動会だけ」は、何一つ打ち合わせしないで、出来てしまいました。皆が同じ訓練を受けてきたことが根底にありました。しかし、それも、一時のことで、今はもう、できません。体で覚えた世代が減って行ったから。

次にショックを受けたのは「文部省唱歌」が教えられなくなっていたこと。
超高齢社会の今、施設に慰問に行って一番喜ばれるのは幼い日に習った唱歌を一緒に歌うことです。
それが、今後はもうできない社会の仕組みになったということです。

もうひとつ怒りを覚えたのは「学芸会」がなくなり「音楽会」になっていたことです。
言いかえると、子供たちから「劇を演じる楽しみ」を奪ってしまったのです。
主役と端役ができるのは、平等ではないという理由で。

結局、勉強のできる子だけが偏重され、走りの速い子、劇で才能を発揮する子など、多様な評価が受けられない。これが、平等と言えるでしょうか?

受験勉強が大事だから運動会を秋にやるのはやめようーと、親におもねて、春にかえた・・・結果練習する時間がなくなりました・・・と、団体訓練をしなくなった。
そのくせ「ゆとり」と言って、学力さえ低下させた。

唱歌は言葉が難しい「わが懐かしき苫屋なり」って、理解できる子いますか?と、言って、ひとつひとつ消していった・・・そのことによって失われたのは文化の縦の伝承です。昔の日本と今の日本人を分断してしまったのです。

「修身の心」=わが身を律して他の役に立つ=を消し去る工夫は巧みに広がっていました。

言葉に味わいのある唱歌を捨てさせ、この子たちは80歳になって老人施設で、いったい何を歌うのでしょう。「僕の大好きなクラーリネット、パパラパパ」と歌うのでしょうか?
そう思うと、わが子の行く末がかわいそうでなりません。人間はいつまでも、若いわけではありません。
人生の締めくくりのための訓練を若いうちにしておかなければならないのです。

私たちの世代は「後から来て継承してくれる人」を失いましたが、まだ、横の連帯があります。
今の子供たちの深い広い孤独は、誰が満たしてくれるのでしょう。彼らは「連帯するノウハウ・技術」を持たないのです。

社会の経糸と横糸を正しくしないと、どこで、どういうひずみを生むかわからないです。

因果関係のわからない、動機のはっきりしない殺人、加害の真の原因は、ここにあると思えてなりません。

しかし、今の私にとってすぐそこにある危機は、地域社会を支える自治会・婦人会・子供会が成立しなくなってきたことです。団体訓練を受けない世代が、地域の大半をしめてから、これらの団体に入会する人がいなくなりました。

もちろん、女性が働き始め昼間の地域に誰もいなくなったことも原因の一つです。

女性は子供を守る、男性は妻子を守る・・・きちんとした生き方をしないと家庭も社会も国家もだめになると、繰り返し警鐘は鳴らされていました。
私たちがだめだったのは、この「崩壊」が、意図され、計画され、着々と総合的に進められていることに気付かなかったことです。
自然な社会現象のように思い込まされ、われがちに時代に乗り遅れまいと訳知り顔をしたー自分たちにこそ、責めがあります。

ねずきちさん、大切なことを取り上げてくださって、いつも、ありがとうございます。

愛信

幻のウィニングラン 荒川静香 スライドショー
【台湾は日本の生命線!】5・30抗議大行動がNHKに与えた衝撃掲載記事より抜粋。
私もそれに同行したが、敷地に入る時点で、NHKは早くも醜態をさらした。警備担当者
が天目石要一郎氏(武蔵村山市議)が掲げ持つ日の丸とチベット国旗をしまえと指示し
たからだ。 「なぜ国旗が駄目なのか」と聞かれるや「ここではそう言うことになっている」
などと答えたため、「これではどこの国の公共放送局か分からない」となり、敷地外か
ら見ていた群衆の間から怒声が巻き起こった。 かくしてNHK側は国旗拒否を行えな
くなり、天目石氏は堂々と旗を掲げて玄関へ入った。
ここでNHKが2006年トリノ・オリンピックの金メタリスト荒川静香選手の日の丸を背
負ったウィニングランをカットした訳が解明した。(終始競技場の天井を写していた)
NHKでは日の丸国旗は駄目で放映する事も禁止されていたのだ。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク