櫻井よしこさんが、言ってくれました



櫻井よしこさんが、言ってくれました。

<記事引用>-----------------------------
■国家観不在の「友愛」ではこの国を守れない 櫻井よしこ
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090602/stt0906020808001-n1.htm

民主党の新代表に就任し、同党の人気を回復しつつある鳩山由紀夫氏だが、その発言の“ブレ”に疑問を呈すのはジャーナリストの櫻井よしこ氏。
正論7月号で過去の鳩山発言の“変節ぶり”を克明に指摘し、「国の基本戦略に関して、これほど主張を反転させることは、鳩山氏の首相候補者としての資格に疑問を抱かせる」と、厳しく批判している。

櫻井氏によれば、鳩山代表はこれまで、核保有議論、ソマリア沖海賊対策、北方領土問題など、信念や国家観が問われる問題で発言を二転三転させてきた。

例えば10年前、核保有について
「(国会内での議論を)禁止するのが正しいことなのか」と、議論自体は認める発言をしていたのに、3年前に当時の麻生太郎外相が核議論を認める発言をしたときには、
「議論すること自体が間違ったメッセージを与える」とし、外相の罷免まで求めるなど立場を逆転させた。

櫻井氏はまた、鳩山代表の唱える「友愛」についても「歴史の縦軸を考えていない」と指摘する。

とくに問題となるのが、鳩山代表が5年前に発表した憲法改正試案だ。
その条文の中に、
「(通貨の発行権など国家の)主権の一部を国際機関に移譲することができる」
と書かれていることに対し、櫻井氏は

「先人たちが国家の主権を守り通してきた歴史の歩みをあまりに軽々しく捉えている」と、痛烈に批判している。

麻生首相の発言のブレは盛んに報じられるが、鳩山代表のブレを大手マスコミが問題視することは少ない。こうした中、櫻井氏が論じる鳩山批判は、注目を集めそうだ。
-----------------------------------

まったくもって同感です。

ようするに鳩山由紀夫という人物は、第35代内閣総理大臣鳩山一郎氏を排出した鳩山家の長男として、二人目の鳩山一族総理大臣を狙うということだけが最大の政治目的なのであって、友愛とか、憲法改正といった国家の基本を形成する大事すら、単にこの人にとっては人気取りのための能書きにすぎない。

こういう人物が、たとえそれが野党とはいえ、政党の代表職に就任するということ自体が異常な出来事と思うし、その異常者が国家首相の座を狙うことを許しているという自体、この社会がどれだけ歪んでいるかの象徴ではないかと思う。
鳩山由紀夫という人物は、国家にとっての厄害です。

能力のない人物をTOPに仰いだとき、どれだけ庶民に迷惑がかかるかは、日本人は大阪の横山知事や、東京都の青島知事で、十分に経験してきている。
なのにこんどは国政の場で同じ過ちをしようとしているのかと思うと、実に、暗澹たる気持ちにさせられます。

これを言ってくれた櫻井よしこさんが、4月21日にNHKの偏向報道について語ってくれました。
もう会場は拍手の渦です。
是非、↓の動画をご覧ください。

櫻井よしこ氏と金美齢氏がNHKを斬る



もうね、ほんとうに日本このままじゃいけないです。
是非↓の画像も、クリック、よろしくお願いします。
人気ブログランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

savejapan

No title
やっぱ、民主党はやばいんですね・・・
もっとこのことを大々的に書いて欲しいです。

ねずきち

コメントありがとうございます。
このところ忙しくて、せっかくのコメントになかなかお返事が書けなくて、申し訳なく思っています。

でも、せっかくみなさまからいただいたコメントです。

決しておろそかにしないで、おひとり様おひとりさまに、深く感謝をしながら拝読させていただいています。

さて、お返事が遅くなりました。


>おれんじさん
コメントありがとうございます。

≪櫻井さんは、キチンと相手の意見を受けて冷静に反論なさるので良いですね。≫

おっしゃる通りと思います。

ていうか、櫻井さんは、もともとベトナムのお生まれであったこともあり、外から日本という国をみることができた。

それだけに、いまの日本人が忘れてしまっている本当の意味での日本人のこころ、そしてそれを踏みにじるヤカラが、彼女の眼には我々日本に生まれ育った者以上に、鮮明に写るのではないか、そんな気がします。

≪幕末の開国から昭和まで、この国を守り続けてきた方々の意志がそんな軽々しいものではない事ぐらい、皆分かっていることだと思います≫

いあ・・・おれんじさん、それが、わかっていないのです。

誰にも教えられていない。教えられるとしても真逆の見解を刷り込まれている。

よく言われることですが、ある程度歴史が好きな人でも、幕末の激動に生きた志士たちについては、好感を持って見るのに、シナ事変から大東亜戦争あたりの歴史になると、なにやら日本史の汚点のようなとらえ方がされる。

尊王攘夷から明治維新、明治政府樹立までの歴史は、理想に燃えた人々の激動の歴史として語られ、坂本竜馬や西郷隆盛、新撰組などは、国民的英雄譚として物語にもされるのだけれど、硫黄島で玉砕戦の指揮をとられた栗林中将など、米軍からさえも絶賛される将兵に関する物語は、ほとんど知られていない。

これはある意味異常なできごとです。

先日、ボクは大東亜戦争は、人種差別撤廃のために、日本が正々堂々と行った戦争だったという趣旨の記事を書きましたが、要するに幕末の志士達の思いや行動の主題が、そのまま昭和の歴史に生きている。そういう歴史の連続性といったものについて、いまどきの学校はまったく教えようとしないし、メディアでも、そうした事実に関しては、まったくといっていいほど、とりあげようとしない。

維新から大東亜戦争にかけての日本は、ある意味、日本という国の青春を駆け抜けた熱い情熱の時代だったのではないかとボクは思うのだけれど、そういう主張や切り口で、先の大戦を語ったものに、残念ながら、ボクは、まだ出会っていない。

だからこそ、ボクは名もない一庶民にすぎないけれど、≪幕末の開国から昭和まで、この国を守り続けてきた方々の意志がそんな軽々しいものではない≫ということを、折にふれ、語っていきたい、そんなふうに思うのです。


>共通一次世代さん
コメントありがとうございます。

≪麻生総理のネット動画の長いバージョンは決していい加減なものではなく気持ちが込められていてジンと来ました≫

そうなんですよね。マスコミが麻生氏の総理としての資質がどうのとか言う前に、やはり国民にとっての最大の関心事は、総理がいまの日本に何をしてくれるのか、そしてそのことが我々の生活にどう影響されるのか、という点ではないかと思うのです。

残念ながらメディアのしていることは、ただやみくもに総理を皮肉り、世論を露骨に操作しようとしているだけ。いったいいつからこの国は主権マスコミの国になり下がったのかと暗澹とさせられます。

事実を事実として報道したうえで、健康な批判の声をあげるのは、とってもよいことだろうと思います。

しかし、事実を隠ぺいして、発言の部分だけをとりあげて、故意に事実を捻じ曲げ、特定の思想を庶民に強要することは、これは絶対にメディアの自殺行為であると思います。

共通一次世代さんの
≪日本を貶める卑怯な連中。 本当に許せません。 そして真実を知らぬまま、彼らに洗脳されてしまった数多くの日本人。 一刻も早く目を覚まして欲しい。≫

これには、ボクもまったく同感です。


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

≪だって、今の若い子たちにとって「車」があこがれでなくなったのですよ。
その少し前にはバイクで走り回る音を聞かなくなりました。 ≫

そうなんですよね。

このことについては、ボクも記事で書こうと思っていたところです。

コミュニストたちの策動によって、洗脳され、日本人でなくなった多くの若い世代の人々・・・・

でもね、最近の中学生くらいから、またすこしづつ様子がかわってきているような気もします。

幕末を例にとっても、本気で日本をかえようと動いたのは、当時の日本国民の人口は約2600万人だったといいますが、そのなかのほんのひとにぎりです。

ほんのひとにぎりの人が目を覚ますことで、日本はかならず再生できる。

正義は必ず勝つのです!

ボクはそう思っています。

そしてね、悪というものは、一時的にはうまくいくように見えても、どこかで次々と馬脚をあらわし、自滅する。

実際日本では、歴史の一時期、光彩を放った人物というのは、必ず自滅している。

日本という国は、実に不思議な国です。

大丈夫!! 神風は、かならず吹きます。



>bbさん
コメントありがとうございます。

≪もし総理大臣に聞きたいことがあるなら、礼儀をわきまえ、人間として修行してからにして欲しい。今のままでは、子どもたちは総理大臣を見下す存在だと誤解してしまいます≫

まったくその通りです。
とくに相手の人としての尊厳や、立場のもつ威厳といったものにたいする尊敬というものは、たとえマスコミといえども、きちんと踏まえるべきです。

中川元財務省の記者会見などもその典型でしたね・・・
仮にも国務大臣が、記者会見の席で朦朧としていたのなら、記者であることよりも、まず人として、同じ日本人として、大臣の健康を気遣うのが、あたりまえの日本人・・・日本人というより、世界共通で人としてあたりまえの行動だったように思います。

このブログで何度もかいていることですが、ヨーロッパでは、「市民権は、市民を守る意思をもったものだけに与えられるものである」というのが、共通の基礎認識です。

その意味からすれば、日本人として日本の文化と伝統を守る意思を持った者こそが日本人であり、その意思のない者・・・いわゆる嫌日家は、最早日本人ではない。

そんなに日本人でいたくないなら、さっさと国外に出て行ってもらいたい、とすら思います。



>愛信さん、貴重な情報をいつもありがとうございます。

≪あの鳩山さんのドッキリ発言≫シリーズ、まさにその通りですね。

あのようないい加減なウソつき人間は、こうなるともう政界から排除してもらいたいとすら思います。

≪「教員の政治活動に罰則」自民党が方針≫

いいですねぇ^^ 是非早期に実現してもらいたいものです。


>nowhere manさん
コメントありがとうございます。

≪我々は、桜井氏のようにもっとしっかりするべきだ≫

ボクもまったく同感です。
我々はもっとしっかりするべきだ。

愛信

【教職員の政治活動禁止】
「教員の政治活動に罰則」自民党が方針、学校の先生の政治活動は
認めるべきなのでしょうか?

○ 教職員の政治活動は認めてよい  31%
X 教職員の政治活動は認められない 57%
△ どちらでもない、その他     12%
コメント数75件

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

かぐやひめ

郵便不正
障害者団体を名乗って、DMを安価に送りつけた事件で名前の上がっている国会議員て民主党だったんですか?
二階氏ではないかと心配しましたよ。

次の選挙では、政界再編を希望します。

nowhere man

ゴッド アイ
>「(通貨の発行権など国家の)主権の一部を国際機関に移譲することができる」

これに対して

>「先人たちが国家の主権を守り通してきた歴史の歩みをあまりに軽々しく捉えている」と、痛烈に批判している。

桜井氏は見通しておられる!
鳩山代表が何に幻惑され(忠誠し?)ているのかを、、、。
我々は、桜井氏のようにもっとしっかりするべきだ!

愛信

あの鳩山さんのドッキリ発言
【あの鳩山さんのドッキリ発言第4弾】
「日米ともに民主党政権で様々な課題にビッグチャレ
ンジをしていこう」。

反共国家のアメリカ民主党と中国隷属共産主義もどき
の日本民主党とは全く異質のもの。
とてつもない国日本、この国の政治は日本の領土や
日本人の生命財産を守るためのもの、
「人権擁護法案」
「外国人参政権付与」
「沖縄一国二制度」など中国や朝鮮のために活動する
反日売国政党民主党には、とても任せられない。
【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi#6月3日_16時36分10秒

【あの鳩山さんのドッキリ発言第3弾】
政権を交代させるという大きな目標に向かって小異を
捨てて大同につくことは可能だし、それが国民の期待だ。

「小異を捨てて大同につくこと」とは共産革命をする
という事であり、それが国民の期待ではない、「多少
の違いは乗り越えられる」とは全く意味が違う。
 反日売国政党民主党の友愛政策とは日本を中国に
支配させ共産化を企む危険なもの。
【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi#5月28日_20時25分03秒

【あの鳩山さんのドッキリ発言第2弾】
米国に核兵器の先制不使用を求める民主党の次期衆院
選マニフェスト(民主党政権公約)

戦争で攻撃は最大の防御である、その防御を禁止する
反日売国政党の民主党の政権公約(マニフェスト)は
日本列島は日本人だけの所有物でないと主張する鳩山
新代表と共に日本人社会の破戒と日本崩壊を企む危険
なもの。
【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr.cgi#5月24日_15時29分52秒

【あの鳩山さんのドッキリ発言第1弾】
日本列島は日本人だけの所有物ではない。 今の日本
は居心地いいですか?私は思わない。

地球は人間、動物、植物などすべての生物のものだか
ら、日本列島も日本人だけのものでないと云う騙しの
手口で、日本の国籍法も無効にしてしまった反日売国
政党民主党を貴方は支持しますか。
【動画ニュース掲示板】第3巻http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6c.cgi#4月18日_08時51分43秒

【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
マスコミ報道、あるいはTVが放送しているドラマなど、本当に低レベルで国会中継くらいしか地上波では見なくなりました。NHKはまだマシと期待を込めてみていた時期もありましたが、中川前財務大臣のG7報道で終わりました。G7の内容に関してはとうとう最後まで報じず、記者会見の場面だけを垂れ流したからです。NHKには抗議のメール送りましたが、通り一遍の、木で鼻をくくるような返事。視聴者のことはこの程度の扱いで十分と考えているのがはっきりしました。

その後の台湾レポートです。あれは捏造などと言う生易しい物ではなく、嘘でした。公共放送たるものが嘘を放送する、絶望に近いものを感じました。私のように市井の片隅で生きている、普通の視聴者が少しぐらい抗議をしても痛くも痒くも無いでしょうから(デモは影響大だと思いますが、全然報道されないし)、桜井さんや金さんのような著名な方には頑張っていただきたいと思います。

共通一次世代さんのおっしゃるとおり、鳩山さんが党首に納まったら、麻生さんや自民党へのネガティブキャンペーン始まりましたね。画面を見ずに聞こえてくる声は、耳を疑うような論評ばかりです。私もぶら下がり会見、サービスでしているのに、あら捜し会見になっているのでやめたほうが良いと思います。もし総理大臣に聞きたいことがあるなら、礼儀をわきまえ、人間として修行してからにして欲しい。今のままでは、子どもたちは総理大臣を見下す存在だと誤解してしまいます。少なくとも言質を取るための会見はいただけません。もっとも鳩山さんは自爆しているように私には見えますが・・・

かぐやひめ

鳩山さんのこと
ネット検索していたら「鳩山(兄)は威一郎の子供ではない」という「情報」に行き当たったことがあります。
鳩山一郎の盟友「笹川良一のこども」だというのです。

みなさん、それこそ、日本国中が「なんで、ポッポと、ポッポはあんなに顔が似てないんだ?」と、全員一度は思ったのではないでしょうか?

今、こうして、兄であるポッポが、東京ではなく、選挙区を北海道においていること、まるで「恨」でもあるかのように、なりふりかまわず「親もとの自民党を攻撃する」ことといい、

なんか、おかしいと思いませんか?

名家において、そんなことがあろうか?と、庶民は思うでしょうけど、当時「愛国者」だと自認していた鳩山一郎と、笹山良平が、壮大な計画の下、やったかもしれない・・・

そんな風に人生の出発点から、利用されたポッポ兄が、個人的な復讐をしている・・・ドラマなら、面白くないですか?

でないければ、普通、育ちのいい坊ちゃんが、あそこまで人として恥ずかしい変節を堂々とやれますか?
自覚がないほどぼけているのなら別だけど、
意志をもっての「攻撃」なら、その動機があるはずで、
その動機が「家族の葛藤」なら、
巻き添えを食う日本国民こそいい迷惑です。

他人様のことを、そこまで書いていいものかと思いますが、どうしても、心にひっかかる話なので、ねずきちさんほかのご意見を、聞いてみたいです。

かぐやひめ

神風を待っています
マスコミは、意図的に総合的に、まさにNHKにいたるまで、歪曲情報を大量に流しています。
洪水のようです。

しかしながら、マスコミをマスゴミと、馬鹿にする人たちの半数は民主党支持者です。
小泉竹中を嫌っているが、あきれたことに「マスコミが小沢を貶める報道をする!」と、騒いでいる。

麻生総理に関して、どれだけ大量に情報操作して大衆を間違った方向に誘導してきたか、比べれば、騒ぐことさえおかしい。
マスコミがおかしいと言う人でも、正しい目で社会が見れているわけではないのです。

まして、テレビの言うことだから真実、
ましてNHKが間違ったことを言うはずがない。
あるいは、いまだに「天声人語のアサヒが最高峰」と、信じている、庶民に、何が期待できますか?

しかも麻生さんへの裏切り者の筆頭は、足元の自民党にいることを、昨今、ひしひしと感じます。

そして、その面を、眺めていると、見えてくるぞ「金の流れが」おまえ、あっちからもらったろう!!・・・テレビの前で、突っ込むのもむなしい・・・

何度も思うのは、今は「戦場」だということです。
インチキ情報のじゅうたん爆撃
捏造報道の原爆
歪曲報道の機銃照射

今、血を見ないから、今痛みがないから、今、生身の人間が死なないから、大半の人は気付いていないけれど、
戦争は、少なくとも阿部さんが首相になった時点から始っています。

あの時と同じように、私たちが手に握っているのは「竹やり」。
おびただしい物量作戦に立ち向かうのに「竹やり」しかない。

でも、心は、負けない。
真実を見る眼も曇らせない。

金に踊らされる卑しい連中に、負けない。

昨夕テレビで「仏像がブーム」になり、禅寺を訪れる若い人が増えている」と、報道していました。
農業を見なおす若い人も。(一日30分ぐらいは、テレビもつけます)

日本という国が、ここまで傷めつけられて、今にも倒れそうなとこまで追いつめられて、
ようやく、地の底からにじみ出すように真実に目覚め始めた予兆を感じる時があります。

実際テレビが何を語ろうが、視聴する人の数が激減しているはず。
かつて、テレビを見ていた時間、「私はネットを検索して心に響く意見、知りたかった情報を見ている。」テレビは、かつての地位を失いました。

私たちは、テレビの報道内容を変えさせることはできないけど、テレビをつけないことはできる。
2011年に向けてテレビの需要は激減し、茶の間の王様の地位を失う。

だって、今の若い子たちにとって「車」があこがれでなくなったのですよ。
その少し前にはバイクで走り回る音を聞かなくなりました。
そのかわり、登山をする恐いもの知らずも、応援団で大声を上げる元気者もいなくなりましたが、
確実に時代は変わっています。

神風は、そんな風に吹くのだと、私は、神風を待っています。

共通一次世代

No title
マスコミは、小沢が民主党の表側から裏に回ったときから、また恐ろしいほどのネガキャンを展開し始めましたね。
「麻生のブレ」、「自民党のブレ」、そして「麻生おろし」。
自民党の中にマスコミに協力する人間がいるからどうしてもマイナスイメージしか自民党は出てこない。本当に悔しい思いがします。

マスコミの作る麻生総理のイメージは主に「偉そう」「皮肉屋」「人の気持ちが分からない」というものだと思います。
私は総理の新型インフルに関するCMをネットで見ましたが、総理の声掛けはとても嬉しく思いました。特にネット動画の長いバージョンは決していい加減なものではなく気持ちが込められていてジンと来ました。神戸に住んでいて、子どもの学校は休校、職場もマスク着用で緊張した日々が続いたので余計にそう感じたのかもしれません。しかしそのCMさえもやれパフォーマンスだ、とか税金の無駄だ、などと言われ、挙句は顔がどうの、とかになってしまっています。マスコミの「嫌な奴」という異常な刷り込みです。

総理のぶら下がり会見は、朝日などの捏造新聞に対する警戒から記者に発せられる言葉が、若い新聞記者の質問に皮肉たっぷりに、また、人を見下すように答え、若い記者を困らせ、いじめている様にマスコミは流しています。ぶら下がりは総理のイメージを大きく損なわせる道具でしかなくなってしまっています。方や、鳩山代表のぶら下がりは、鳩山の政府批判をそのまま流しています。

総理はあのような会見はもう突っぱねても良いのではないでしょうか。はっきり言って無意味です。「こういう質問をすれば逆切れする、そこを狙え」という指示にのもと、言わばでっち上げ会見です。そしてそれに呼応して鳩山がぶら下がりで批判を加える。マスコミと民主党の「連携プレーです。ただただネガキャンのねた提供になってるだけです。

自民党がネットの麻生チャンネル等で流している本当の麻生総理の国民への声掛けをテレビで流すことが出来たらきっとマイナスイメージは払拭されるのにと思います。NHKがまともならば流すことが出来るのにそれさえ出来ない。そんなぼおかしくないですか?

マスコミと民主党の卑劣さは人間の醜さが凝縮されているように思えます。普通の日本人ならば、「虐めの構造」を毎日見せ付けられて、おぞましさを感じるはずなのに、それが出来ないのは真実が伝えられていない、その一点に限ります。中川昭一議員の会見批判も真実が報道されていれば日本人はちゃんと判断することが出来る筈でした。安倍さんのときもそうでした。真実さえ伝わっていれば国民はあんな馬鹿な判断を下さなかった。

日本を貶める卑怯な連中。
本当に許せません。
そして真実を知らぬまま、彼らに洗脳されてしまった数多くの日本人。
一刻も早く目を覚まして欲しい。

おれんじ

よく言ってくださいました
櫻井さんは、キチンと相手の意見を受けて冷静に反論なさるので良いですね。

幕末の開国から昭和まで、この国を守り続けてきた方々の意志がそんな軽々しいものではない事ぐらい、皆分かっていることだと思います。

先人達の残した言葉と鳩山氏の言う「友愛」との何たる違いよ!

応援クリック
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク