チャイナ式「巨頭会談」を実際の事例に学ぶ



○最新刊
4月11日発売縄文文明』 1万4千年の平和と繁栄、そして持続化社会を築いた縄文文明論
4月8日発売 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
 日本の歴史にはモブキャラなんていない!すべての日本人必読の日本人偉人伝の嚆矢
○新刊『金融経済の裏側』 世界の裏側で起こっていることの本質を歴史から考える
○新刊庶民の日本史 日本の歴史は庶民が作ってきた!目からウロコの大作
日本建国史 学校で教えない日本建国の歴史をわかりやすく解説


******* 4月の倭塾は本日開催です。*******
      https://nezu3344.com/blog-entry-5188.html

国や民族によって、価値観とか行動原理はまったく異なります。
個人の場合には、良い人柄であったとしても、組織・団体などの集団行動の指揮になると、その特性はたいへん露骨なものになります。
ここでは、歴史上に実際にあった「巨頭会談」とその結果を通じて、国際社会の非情さを考えてみたいと思います。
これは必読です。

20170911 毛沢東
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
   

昭和20年のことです。
重慶で「世紀の巨頭会談」と呼ばれる会談が行われました。
「蒋介石・毛沢東会談(重慶会談)」です。

この年の8月15日、日本が自主的に戦闘行為を終結させています。
マッカーサーが降伏文書の調印に先立って神奈川県の厚木海軍飛行場に降り立ったのが8月30日ですが、それと同じ日にChinaの重慶で、蒋介石率いる国民党と、毛沢東率いる共産党が、たがいに争いを止め、平和的に戦後処理を行うためにこの会談が行われています。

お偉いさんの会談といえば、我々日本人は勝海舟と西郷隆盛の会談のように、1日のものを想像しますが、チャイナでは異なります。
この会談は、なんと43日間にも及ぶものでした。

そして10月10日、蒋介石と毛沢東の両巨頭の会談が終結し、その合意事項に基づいて、蒋介石率いる国民党と、毛沢東率いる共産党との協定が締結されています。
これが「双十協定」です。
10月10日と、10が2つ重なっている日に締結されたから「双十」です。

「双十協定」の内容がどのようなものかというと、要約すると次の3つです。

1 国民党と共産党が、互いに平和を希求して一切の紛争を対話によって解決する。
2 互いに協力しあって内戦を避け、自由で富強な新しい中国を建設する。
3 中国共産党が、蒋介石の南京政府をChinaの合法的指導者であることを承認する。

まことに平和的な内容であり、よくぞここまで、たったの(笑)43日間で決めることができたものだと感心してしまうところですが、このとき世界もまた、この協定を、まさに「胸をなでおろして」歓迎しています。
ところが、この協定が結ばれた、まさにその日に、山西省の上党地区(現長治市)で、China共産党軍が、同地にいた11万のChina国民党軍に攻撃を開始して、第二次国共内戦が勃発したのです。
奇襲攻撃ですから、この戦いはほとんど共産軍の一方的な戦いとなり、国民党軍はおよそ三日間の戦いで、3万5千人が殺戮されてしまいました。

我々日本人の目からみると、
「何のための協定だったの」と不思議に思えてしまう出来事です。
日本人は「約束」といえば、条件反射的に「守るものだ」という文化を持つからです。

「それは西洋も同じだよ」と思われるかもしれません。
けれど実は、日本人的な意味で「約束を守る」ということと、西洋的な意味でのそれとは、すこしニュアンスが異なります。
西洋でも、約束は「神との契約」に等しいものですから、守ることは当然の義務とされます。
けれど「神様との約束」と同義だということは、約束を守らなければたいへんな天罰を受けることになるのですが、同時に守るべきものは「契約」したものにだけに限られます。
契約してないことは、守る必要がないのです。

ですからたとえば、
「私は君の机にもう落書きをしません」と約束したなら、約束の主語は「私」であり、対象は「君」であり、目的は「机に落書きをしない」ですから、私が私以外の人に命じて落書きするのはOKだということになります。
同様に、私が君以外の人の机に落書きすることもOKですし、机ではなく椅子に落書きをするのもOKです。
これは契約の「構成要件該当性」と呼ばれ、西洋的な契約論には欠かせないものです。

ところが日本の場合ですと、「君の机にもう落書きをしません」と約束すれば、その本意は「落書きを含めて君に不愉快な思いをさせない」ということですから、人が見ていようがいまいが落書きは厳禁です。
誰かに命じて落書きさせることもできないし、机だけでなくその他の物にも、落書きはNGです。
日本人にとって約束は「当然に守るもの」ですから、守ることは当たり前であって、それ以外にも関連することはすべてNGになります。

江戸時代の金銭借用証文が、
「期日に支払わなければ、人前で笑われても致し方なき候事」という一文だけで、契約がちゃんと履行されたというのも、そうした日本人の「約束を守る」という日本の文化に基づいていることなのです。

ところがChinaの場合には、そんな日本的考え方も、西洋的な考え方とも違います。
どのように違うかと言うと、彼らにとって「約束」とは、
「相手に守らせる」
ものでしかないのです。
自分が約束を守る必要も義務も感じない。

どこまでも「相手にだけ守らせるもの」ですから、「互いに協力しあって内戦を避ける」と取り決めたという一文は、相手の戦闘活動を押さえ込むためだけのものです。
そしてこの一文によって相手の戦闘力が弱まれば、そのときこそ戦闘勝利のチャンスですから、むしろ攻撃しないほうが馬鹿者です。
そして勝って相手を葬り去れば、どこまでも自分が正義となり、すべての悪事は全部相手のせいにしてしまう。
これがChina流です。

さらにいうと、巨頭どうしは、仲良しでも良いのです。
たがいに笑って話ができる間柄であれば良い。
けれど人口の多い国ですから、下の方では何をするかわからないということにしてしまうことができるのです。
下の者が暴走しただけであって、上の巨頭は「預かり知らぬこと」にしてしまう。
戦いに勝利するということは、「上になる」ということです。
そして上の人は下の人を所有します。
所有者なのですから、所有物の言うことなど無視して構わないのです。

日本人は、上古の昔から天皇という国家最高の権威をいただき、その国家権力よりもはるか上位の国家最高権威によって、民衆が「おほみたから」とされてきたという、世界で見たら稀有な歴史を持ちます。
これを古い大和言葉で「シラス」と云いますが、これは日本の神語に由来します。
日本のことは「葦原の中つ国」と書かれますが、その中つ国の統治は、高天原の統治を模倣することとされています。
これが日本神語の「天孫降臨」です。

高天原の民衆は、我々から見たら八百万の神々です。
つまり全員、神様です。
ですから我が国の統治は、民衆を神様のように見立てて統治をするといことが、長い日本の歴史の中で根幹とされ続けてきたのです。

だれもが神様みたいな存在と規程するのですから、個人間においても、自分から見たら友も神様、親兄弟も神様、恋人も神様、女房に至ってはその名もカミさんです。
だから大事にしなければならない。
約束は、それら神様との約束ですから、守るのが当然だと考えられてきたわけです。
とりわけカミさんとの約束は、守らないと世の殿方は痛い目に遭う。ホントです(笑)。

多くの日本人は、巨頭の会談といえば、そこで良い方向が打ち出されるものだと信じています。
日本人と言わず、おそらくはどこの国の人でもそれは同じことでしょう。
けれど、巨頭の会談は、巨頭同士の会談でしかないのです。
むしろそのことがもたらす意味を、学ぶ必要があるのではないでしょうか。

本稿は、よその国や特定の国を批判したり避難したりするものではありません。
日本以外の国々で、歴史を通じて人類社会が築いてきた社会の構造が、実は本日お示しした巨頭会談程度のものでしかない、ということを、我々日本人があらためて理解すべきではないかという問題意識に基づいています。

ですから「巨頭会談」を、蒋介石と毛沢東の個人の人柄の問題にしてはいけません。
社会の構造が、完全なピラミッド社会であれば、その社会は常に組織そのものの生存と、完璧な支配体制の確立を社会が目的化してしまう、そこが問題なのです。

このとき、その社会を構成する個々の人々、とりわけ社会の末端を担う最も多くの人々の幸せとか、豊かさとか、安心とか、生存そのものは、組織のために無視されます。

結果として、その社会組織は、トップのためだけのものになりますし、その維持のためには、あらゆる謀略が行われるし、他の組織とは、常に敵対的になります。
組織の原点自体が、組織の生存にあって、個々の個人の幸せにあるわけではないからです。

このことは、個々の個人の幸せのためにといってピラミッド型の組織を作れば、結果として、その組織にとっての個人の幸せは、単に組織トップの幸せにしかならないことも意味します。
人類社会は、すくなくとも歴史時代になった千年前から、あるいはもっと以前から、社会組織について、この「組織の幸せは、単に組織トップの幸せにしかならない」という問題を解決できずにきました。

ところが世界でただ一国、日本だけが、この問題を解決しました。
それがシラス(知らす、Shirasu)統治です。

シラス統治というのは、社会組織のトップ自身が、全てを手放すことを原点とします。
ですから、社会組織のトップは、権力をもたないのみならず、すべてを手放します。これを「みそぎ」といいます。
「みそぎ」は「禊」と書きますが、「身を削ぐ」でもあります。
そうして神々にお仕えする。

こうすることで、国民が豊かに安全に安心して幸せに暮らせるようにすることを、国の形にしてきたのが、日本の歴史です。
ここに、我々が取り戻すべき日本の真の姿があります。


※この記事は2017年9月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。


日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


東京倭塾開催日程
第91回倭塾 4/10 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第92回倭塾 5/21 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第93回倭塾 6/12 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
第94回倭塾 7/17 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
いずれも
開場 13:00
開会 13:30
終了 16:00
です。


                  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク