心に響く明治天皇の御製



人気ブログランキング ←よろしければはじめにクリックを。

明治天皇御百首


「明治天皇御百首」という本があります。

この本、なんと大坂毎日新聞社が出版している。大正12年のことです。

「なんと」と書いたのは、戦後・・・とくに最近の毎日新聞社の売国偏向があまりに著しいからです。
(参照:毎日新聞の偏向:http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-179.html)

そのことはさておき、五七五七七の31文字をきちんと踏まえられた明治天皇の御製は、非常に格調が高く、内容が濃く、美しい。

しかも明治天皇が残された御製は、実に九万首余にのぼります。

陛下は、「人の心の誠は、敷島の道の言の葉、即ち歌にあらはれる」と仰せられたそうです。

その陛下の、国を思い国民を思いたもうた大御心の御製は、そのまま日本人の、倫理観や、終身、鍛錬の歌でもある。

ここで、100首すべてをご紹介するわけにはいきませんが、その素晴らしい御製のいくつかをご紹介したいと思います。

注釈はボクが勝手につけています。間違っていたらごめんなさい。
-------------------------------

よもの海 みなはらからと 思ふ世に
    など波風の たちさわぐらむ


有名な御製です。世界はみな血の繋がった兄弟と思うのに、どうして波風がたつのだろうか、の御意と拝せます。
明治という国家を築きあげ、さらに世界から人種差別を撤廃しようと生涯を戦われた陛下の御心を端的にあらわした一首だと思います。

目に見えぬ かみの心に 通ふこそ
   ひとの心の まことなりけれ


神のお姿は見えないし、お口もきいて下さらないけれど、そのお心にかなうように生きることが、人の心の誠というものなのです、という御意と拝せます。
どうも、戦後の哲学なき個人主義というものは、人に迷惑さえかけなければ、自分はなにをやってもいい、というように解されている。このこと、人に知られなければ、なにを悪さしてもよい、というように転じていく。
そうではなく、人がみていなくても、日本という国の共同体の一員として、ただしく立派に生きていくことのほうが、よほど大切なことだと、思います。


まごころを 歌ひあげたる 言の葉は
ひとたびきけば わすれざりけり

 
真情を言ひあらわした歌は、一度耳にすれば、その真情に感じて、二度と忘れることはいという意に拝せます。


かぎりなき 世に残さむと 国の為
たふれし人の 名をぞとどむる

 
世の果てまでも国に尽くした英霊の名を書き止めよ、との御意の御製と拝せます。
自虐史観など、英霊に対する冒涜以外のなにものでもないし、先の戦争でなくなられた英霊に対するいまの我々の姿勢は、ほんとうにこれでよいのでしょうか。
昨日紹介した硫黄島では、いまだ幾万の英霊の遺骨が放置されている。
 

いかならむ ことにあひても たゆまぬは
        わがしき しまの大和魂

 
いかなる大事にあっても屈せない心が、日本の大和魂です。
その大和魂は、現代日本人の奥底に、必ず眠っている。
日本は、封印されたその大和心を、いまこそ解き放つべきときにきているのかもしれません。


敷島の 大和心の ををしさは
  事ある時ぞ あらはれにける

 
日本人の雄々しい大和魂は、平生はあらわれなくも、一朝事のある時には、決然としてあらわれるのです。

------------------------------

すみません><
なにやら、選歌が血の気の多いものになってしまいました^^;

しかし、思うのです。

日本人は、もっと日本をたいせつにしなければならない。
そのたいせつにしなければならない、最大のものこそ、日本人の心なのではないか。
そんな気がします。

よろしかったら↓クリックを。
人気ブログランキング

【外交史】 日本の外交・明治編 Part.1
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Laurel

かぐやひめさまへ
レス有難うございました。

>濁り水しかないから、それを飲んでいるけど、清水があると知れば、必ず清らかな方に慕い寄ると思います。
>今は、夜明け前です。

私も、そう信じてます。というか、そうしてないと、変になりそうです(笑)。
濁り水と清水を、ききわけれるまともな味覚が皆にあることを信じて。今の状況は、濁り水と清水の違いを一から説明しないとわかってもらえないような感じです。

私は、近頃、親にくっついていろんなところ(喫茶店や食事処)に顔を出すようにしています。そして、みんなでテレビや新聞、雑誌を見ながら、政治の話に持って行き、にこにこしながら、「そりゃあテレビで不況不況、日本はダメっていってたら、うまくいくものも行かなくなりますよね。でも、実はね・・・。」って、ネットで得た知識を具体的に紹介すると、みなさん熱心に聞いてくださいます。
ポイントはニコニコ笑顔と、具体的な話、ポジティブ感を持たせることです。親には恥ずかしがられてますが、出来るところから、と思っています。

そういう意味でも、ねずきちさんのブログや、コメント欄で得られる情報は大変貴重です。
有難うございます。

かぐやひめ

Laurel さま
読ませていただきました。ありがとうございます。
偏向教科書の訂正どころか、世界史の見方も変えなければなりませんね。
でも、いくら、嘘で固めても「真実」ほど強いものはありません。
光は、最初は隙間から漏れる程度でも、必ず大きく開け、世を照らすと信じます。

今、マスコミに踊らされて念仏みたいに「民主に一回、やらせてみよう」と言ってる連中も、今の異常報道に「居心地の悪さ、本来の日本ではない違和感」は、感じているはずです。
濁り水しかないから、それを飲んでいるけど、清水があると知れば、必ず清らかな方に慕い寄ると思います。
今は、夜明け前です。

Laurel

明治天皇の素晴らしさ
友人と近代日本の歴史について語るとき、必ず話題になるのが、「それにしても、大政奉還から日露戦争勝利までの日本の発展のカーブは凄まじかった」というてんです。
私は昭和天皇のことはもちろん、大正天皇、明治天皇の業績やお人柄などは、あまり存じ上げません。学校で習った記憶なんてありません。
今以上に、各国がストレートに人種差別や植民地の奪い合いをしていた時代を生き抜いた日本は、恵まれていたと思います。

歴史について、いつもこちらで取り上げていただき、勉強させていただいておりますが、日露戦争の世界各国での取り上げられ方は、日本の当時おかれていた状況、大東亜戦争へ進んでいく過程を考える上で、大変重要だと思います。

すでにご存知かもしれませんが、ご紹介させていただきます。欧米、アジア以外でも、広くこのように日本は知られていたんですね。ねずきちさんはトルコの話を取り上げておられましたので、下記の記事をご紹介いたします。
日露戦争前の世界史とそれから大東亜戦争までと、終戦後では世界史が劇的に大きく異なるのに、まるで、普遍のものであるかのように現代だけの視点・感覚で見ていては、見えるものも見落としてしまうことでしょうね。

暑さ厳しい折ですので、くれぐれもご自愛くださいませ。


「世界史を変えた日露戦争」元防衛大学校教授 平間 洋一
http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_05/keisyo.htm

世界史を変えた日露戦争の一世紀
日露戦争がアジア諸民族に与えた衝撃
平間洋一
http://www3.ocn.ne.jp/~y.hirama/yh_ronbun_nichiro_2.htm

ハタラキアリ

重い決断をしなければならないリーダーは孤独に耐えなければならないでしょう。

麻生総理は良く耐えています。

結果に不満がある人達も居るでしょうが、麻生総理は重要なメッセージを国民に送りました。
「戦う覚悟」。

私達は敵を目前に捉えています。

椿

美しき、勇ましき、日本!!!

・明治天皇御製

世とともに 語り伝えよ 国の為 命を捨てし 人のいさおを

・昭和天皇御製

あめつちの 神にぞいのる 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を

・本居宣長
敷島の 大和心を人問わば 朝日ににほふ 山桜花

・幕末長州藩士 村田清風

敷島の 大和心を人問わば 蒙古の使いを 斬りし時宗


今のところ、私はこのお歌が一番好きです。“大和男子の勇ましき心意気”が、ヒシヒシと伝わってきます。今の「友愛」「友好」大好きで、悪女の深情けよろしく、全く情にだらしない屁垂れ政治家達には、この勇ましき大和魂は、逆立ちしても理解できないでしょうけど…。

かぐやひめ

ハゲタカは、本当は不幸さ
ハゲタカが、郵貯を狙っていることは、わかっています。
そして、リーマンショックの時にも「何十億損をした!」なんていいながら、実は、濡れ手に粟ってことも。

ただ、100年前と違うことは、握ったお宝が、実はがらんどうということではないでしょうか?

あるいは、いくら巨額のマネーを積み上げても、幸福はこない・・・

アメリカの自動車産業は、かつての鉄鋼の二の舞で、いまさらもとには戻りますまい。

結局、額に汗して、営々と「はたらいた」=「周囲を楽にしてあげた」お金にしか、お金本来の人を幸せにする力はないのです。

私たちは、以前のように豊かにはなれないかもしれない。せっかく貯めたトラの子は、盗まれるかもしれない。
でも、日本にはまだ「勤労の美徳」「貯蓄の美徳」「節約の美徳」の心が残っているじゃないですか?

アメリカでは「貯金」の習慣がないそうです。借金の習慣しか・・・

粘り強く、地を這って行きましょう。
それこそ、日本人にふさわしい。
私たちは、この前まで、豊かになりすぎて、少し変でした。
若い子が、クリスマスイブに、高級ホテルで豪遊するなんて、間違っています。

また、ぬくぬくして、感謝を忘れていました。
冷や水を浴びるぐらいの方が、子供たちもいい子に育ちます。
なにより「助けあわないと生きていけない」状況は、本当は、うっとりするほど、素晴らしい!

日本人にも、反省すべきことが、ありませんか?
誰のおかげで、豊かになれたか?
徹底的に思い知る必要が、ありませんか?

ハゲタカ達は、その間に盗んだ金に埋もれて、ひとりぼっち。
それが、悪の報いというものです。

愛信

ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株式をそれぞれ・・・
「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株式をそれぞれ半分以上、ゴールド
マン・サックスが経営支配権を持つまで買わせる計画ではないだろうか。

4年前の郵政選挙の頃の事です、郵政銀行と簡保保険会社の譲渡方法に付いて。

問)外資ハゲタカが郵政銀行、簡保保険を買収する巨額資金が何処にあると云うのか、
そんな事は出来るわけが無い。

当時この問に対する愛信の回答は次ぎのようでした。
答)
民営化された後の郵貯銀行は
郵政民営化の目的:
1.(株)郵便配達  運送業者   個社
2.(株)窓口業務  販売業者   個社
3.(株)郵便保険  生命保険会社 保険業務法を適用
4. (株)郵便銀行  民間銀行   銀行法、預金保険法を適用

日本政府は郵便銀行を無理矢理に債務超過にして、預金保険法102条3号措置を不当に
発動して(株)郵便銀行を一時国有化するために、一旦、民営化しなければ成らないのです。

この為、ハゲタカ外資は「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株式を買う事をしません。
大量の空売りをして、捏造決算書で経営破綻を発表する時期を伺います。
そして1円で買い戻し巨額利益を手にします。 これは最近の経済危機、
リーマン・ショックや100年に一度のサブ・プライム・ローン騒動で
巨額利益を手にしたハゲタカの騙しの手口です、彼等はこれを最近
実行しました。

しかし、6月9日アメリカのディフォルト偽装で「財務省が金融大手10社のTARP資金返済
を承認、総額680億ドル」 のニュースで愛信の考えは変わりました。

アメリカの金融大会社が借用書一枚書けば(CP発行)、680億ドル(約6兆8000億円)もの

アメリカ・ドル資金が手に入る。借用書は日米通貨スワップで学習した手口のようで、
返す当ても無く、返すつもりもないお金です。
ゴールドマン・サックス社(GS社)は「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の株式の買収で
必要となる金額の借用書を書きアメリカ政府から米ドルを引き出して、この会社を買収し会社
保有の巨額アメリカ国債をアメリカ政府に返還すると考えるようになりました。

もう既に紙くずとなったアメリカ・ドルをいくら貰ってもしょうがない、何枚もの借用書は
日銀に積み上がっている。(アメリカ国債現物はない)それに気が付かないと再び騙しの手口
に日本国民は泣かされる。

詳細はこちらをクリックして下さい。
【郵政民営化のイカサマ】
http://www.aixin.jp/ysmss.cgi
【株式ニュース】
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi

LAY

政界再編!
ねずきち 様

ガラガラポン! をするしかありません。 
自民党はどうしようもない政党、民主党は危険な政党。 
さて、この二つの政党にも国を憂う士がおります。その方々に新しい政党を創ってもらうしかありませんよ!

現状では自民・民主どちらもダメです。 我々国民の自業自得とはいえ、本当に「危ない」日本になってしまったのですね。

さて、どういう「神風」が吹いてくれるのでしょうか?

ミヤビ

びっくりです!
あの戸井田議員まで鳩山議員と行動をともにすると辞任しました!
何故、麻生さんの周囲から国思う人が消えていくのでしょうか?
私が政治ブログに興味を持ったのは、田母神さんがあのような形で更迭され疑問を持ったからです。
参考人で呼ばれているはずの田母神さんの立派なこと。
あんなに堂々と返答する方がかつていらしたでしょうか。映像を見て、軍人って素晴らしいんだ~と初めて知り大ファンになりました。このような品格のある物腰と誠意ある瞳の人を、麻生総理をはじめみんなが犯罪者にでもするかのような失礼な発言に憤りを覚えました。自民の議員たちが大切なのは与党を守ることであり、正論であっても波風が立つような事柄は見てみぬ振りならまだ良い方で、抹殺するような仕打ちまでしました。
政治家は選挙とお金のことばかり!
もういい加減うんざりです!
とりあえず、事の成り行きを見守ります。
私は戸井田議員や平沼議員や西村議員、チャンネル桜から真実を研究します。
ねずきちさんもいろいろ研究して教えてくださいね☆

かぐやひめ

鳩山さんのこと
なぜ、みんな何もコメントしないのですか?

パチスロ攻略

No title
考える事が多いですね。勉強になります。

-

No title
パチンコを国営化すれば、医療・教育の莫大な財源になる


CIA「日本にいるテロリストは少なくとも2万人
http://kissho.xii.jp/1/src/1jyou69689.jpg



ここが詳しい



検索→    厳選韓国コピペ板

bb

ねずきちさん、こんにちは。
明治天皇陛下の御製は御心にいつも臣民への想いが込められていて、救われる気がします。日本という国が凛として世界に羽ばたけたのも徳川家の治世を基本としつつ、陛下が導いてくださったからでしょう。大正、昭和と御世は続き、今上陛下まで私たちの世代が実感として語れる最後の世代かと思います。

今上陛下の御製も皇后陛下の御歌もいつも心に響く、慈愛深いものですね。歌会始が大好きで毎年拝見しています。自分自身は不調法ですが、この日は触発されることしばしばです。中学生ぐらいの素直な歌からご高齢者の人生の機微を感じさせる歌まで、言霊の素晴らしさを正座で聞き入ってしまいます。文化の継承という観点からも大切にして行きたいですね。特に御製は政治家や哲学者、各界の著名人でも作れない物です。

少し不安を言えば東宮妃殿下の御歌です。ご自分のお子様のことしか語らない、どう贔屓目に見ても拙い表現力、ご病気だからと言う理由では理解に苦しむ歌が多いことです。次代の皇后陛下になられるお方ですので、どうしても不安になってしまいます。ごめんなさい、余計なことでしたが、今私の抱える尤も大きな危惧の1つです。

鳩山総務大臣辞意を表明されたと速報はいりました。保守が離れなければいいのですが・・・

愛信

今、日本の大局は日本郵政の西川善文社長罷免で国論を統一することです。
アメリカが崩壊したら、「ああなる、こうなる」と・・・・いろいろ云われています。
中国が日本を占領して日本はチベット、トルキスタン、北朝鮮のような中国の属国になる。
アメリカ・オバマは大統領選挙戦の頃から、私が大統領になれたらアメリカ鎖国政策を取ると明言しています。イラク撤兵、自給自足(バイ・アメリカ)、企業を外国へ売却、金融政策でもドル国際通貨の責務を放棄。

そうです、今アメリカが崩壊したらの前提が現実化しています。

郵政問題で350兆円をアメリカへ譲渡する事に賛成か反対かの問題よりも更に深刻な日本存亡の時を迎えています。
中国の日本侵略、占領を阻止するために、日本の保守勢力、愛国派勢力を結集して戦うときが来ています。
民主党・鳩山は売国政策を取り日本を中国の支配下に入れようとしています。

自民党・麻生内閣支持、鳩山総務相支援です。
今、日本の大局は日本郵政の西川善文社長罷免で国論を統一することです。

【簡保の宿、足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi
【簡保の宿、足銀国有化の見直しのタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい

FRBの崩壊ドル破綻の現実はこちらへ
【株式ニュース】
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi


注)足銀国有化の犯罪行為の主犯はオリックスで小泉ー竹中イカサマ金融政策による事件です。
簡保の宿や簡保会社、郵政銀行売却と同様なケース(予行演習)が行われました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク