恋人間の性的なDV被害、若者の35%が経験―香港



恋人間の性的なDV被害、若者の35%が経験―香港
(livedoorニュース)
<記事引用>------------------------------------
香港紙「文匯報」の報道によると、
恋人から容姿について馬鹿にされ傷ついた経験がある若者は53.8%に上り、
49%が「バカ」や「マヌケ」と言葉で侮辱されたことがあると答えた。
身体的には28.7%が恋人からの暴力でケガをした経験を持ち、
7.7%が日常的に暴力を受けていたと答えた。
そのほかに35.2%が恋人から性行為を強要されており、
9.7%が日常的に性行為を強いられたと答えている。

香港の若者の88.3%が「相手につくすこと」が恋愛だと認識しており、
特に女性は男性からの性的な要求を拒絶できずにいる。
「自分を守り自分を尊重して、健全な恋愛関係を築くことが大切だ」と同ネットワークは呼びかけている。
-------------------------------------------------

ドメスティック・バイオレンスといえば、1970年代の女性運動から問題視されだした社会問題。

上の記事を見ると、すごいですねえ・・・香港。。。

日本では、警察の生活安全課に持ち込まれる相談で、増加傾向なのが、妻の夫に対する暴力^^

そういえば落語の世界でも、熊つぁんのおかみさんは、寝坊している旦那をほうきで、蒲団から追い出して、仕事にいかせてましたな^^

それにしても、言葉の暴力、身体的暴力のどちらも感心しませんね。


DVとは関係ない、どうでもいいことですが、

東日本では、妻のことを、「かみさん」
西日本では、妻のことを、「ヨメ」と呼ぶ傾向があるようです。

東日本の「かみさん」というのは、文字通り、うちのカミ(神)さん。
一家で一番偉い人^^
カミさん、怒らせたら、たぁいへん!
なにせ、神様(笑)・・・それが日常用語として定着しています。


西日本の「ヨメ」という呼び名は、家の女で「嫁」という字が充てられますが、「他所(よそ)の女」なので、「ヨメ」。
嫁いで何十年。ともに白髪の生える年齢になっても、あくまで妻は「他所の女」で、ヨメ。

ちなみに、ご夫婦や恋人どおしで、買物に行ったとき、荷物をどちらが持つのかでも、違いがあるのだそうで^^

日本人で、南方渡来系の血をひくひとの多くは、お買いものの帰りに、荷物を女性が持って、旦那がてぶら。。
北方渡来系の日本人は、はんたいに、男がすべての荷物をもって、女性がてぶら、という傾向があります。
これは、人類の生活史からくる文化的特徴なのだそうです。

どういうことかというと、

南方では、周囲がジャングルで、常に蛇や猛獣に襲われる危険がある。
だから、女性が頭の上に荷物をもち、男は、武器を手にして周囲を警戒する。どこの物陰から野生動物が飛び出してくるかわからないから、男が両手に荷物を持つわけにいかなかったようです。

これに対し、北方系の人は、周囲が砂漠で、物陰から動物に襲われる危険がないかわりに、移動距離が長い。だから荷物は体力のある男性が持ち、女性は荷物をもたずに、馬や牛に乗る。

こうして育った文化が、現代にまでしっかりと息づいていて、
スーパー帰りのご夫婦を見ると、妻が荷物をもっているご夫婦、夫が荷物をもっているご夫婦と、きれいに2分されています。

興味のある方は、スーパーの駐車場で、実際にごらんあれ(笑)

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

エンタメさん、コメントと、ポチ
(〃'(ェ)'d)(b'(ェ)'〃)ありがとう♪

エンタメ

こんにちは♪
こんにちは^^
エンタメです。

遊びにきました。
またきますね。

2つまとめて応援ポチ☆
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク