夫婦善哉と月の法善寺横町



  ───────────────
8月14日(日)に靖国神社でみなさまとご一緒に昇殿参拝を行います。
事前申込は特に必要ありません。
是非、ご一緒に英霊に感謝を捧げ、護国への決意を新たにしていきたいと思います。
詳しい内容は↓コチラ↓
https://nezu3344.com/blog-entry-5295.html

  ───────────────

仏教も神道も、両方あって「善き哉(かな)、よきかな」。
日本の文化は、あらゆるものを結びます。

20220729 夫婦善哉
画像出所=https://www.takashimaya.co.jp/shopping/product.html?p_cd=0001706309&sub_cd=001
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
    

藤島恒夫の名曲『月の法善寺横丁』
♪ 包丁一本、さらしに巻いて
  旅へ出るのも 板場の修行
  待ってて こいさん
  哀しいだろうが
  あゝ 若い二人の
  想い出にじむ 法善寺
  月も未練な 十三夜

この歌のもとになっている物語が、織田作之助が昭和15年に発表した「夫婦善哉(めおとぜんざい)」であったといわれています。
「夫婦善哉」というのは、大阪の法善寺横丁で木文字重兵衛(きもんじじゅうべえ)が明治16年に開いた、ぜんざい屋「お福」のぜんざいのことで、ぜんざいを出すときに、お椀を二つに分けたら同じ値段でも豪華に見えるとのことから、一人前を椀二つで出すようにしたのだとか。

「なんで椀がふたつや?」
「めおとでんね」
というのが夫婦善哉のルーツだといわれています。
甘味のぜんざいに、善き哉(かな)を掛けた名前になっているわけですね。

ちなみに、大和言葉の「めおと」は、「妻(め)夫(おと)」で、本来は妻が先だった言葉です。
明治以降の戦争続きの時代に、西洋的男性優先型社会へと変化し、その過程で「妻夫」が「夫婦」になったのだとか。

このぜんざい屋の「お福」が、発展して、全国展開のファミレスになったのが「和食のさと」で、いまも全国のお店のメニューに「大阪名物・夫婦善哉」が載っています。
ちなみにこの「夫婦善哉」は、カップルで食べると円満になれるのだそうですが、カップルで2椀(1人前)を分けるのは縁起が悪いので、カップルでも2人前を注文するのが良いのだそうです。

さて、大阪・千日前にある浄土宗大龍山法善寺の北側の路地にあるのが「法善寺横丁」です。
ここは横に三人並んでは歩けないほどの細い路地で、両側に軒並みに飲食店が並んでいます。
ここで有名なのが「ドテ焼き」と呼ばれる豚の皮を味噌で煮詰めたものと、夫婦善哉。

歌にでてくる「こいさん」というのは、人の名前ではなくて、大阪は船場の商人の間で使われていた「舟場言葉」で、
「お嬢さん」が「いとさん」。
その妹さんが「小さいいとさん」ということで「小(こ)いとさん」が詰まって「こいさん」。
三姉妹や四姉妹の場合は、「なかいとさん」とか「こいこいさん」などと呼ばれていたのだそうです。
つまり「こいさん」というのは、二人姉妹の妹さんといった意味。

歌の歌詞は、やわらかな旋律とともに、板前になろうと一生懸命な若い男性と、その修業の帰りをじっと待っている新妻といった風情で、戦時中、戦場へと旅立つ若い兵隊さんと、その帰りを待つ女性たちの心がそのまま反映した内容になっていることから、戦前戦中戦後まで、大ヒット曲となりました。

曲の中の男性は、目標のために故郷を離れながらも一途に頑張り、凛々しく成長して帰ってくるといったイメージになっていますが、実は小説のほうの「夫婦善哉」の夫の方は、かなり残念な人物として描かれています。

大阪で持ち帰り専門の天ぷら屋をしていた種吉は、天ぷらは美味しいけれど商売下手。
そんな家に生まれた姉妹の妹が主人公の蝶子で、家が貧しいからと、小学校を卒業してすぐに女中奉公に出るのだけれど、縁あって芸者の下地っ子に出て、そこから17歳で芸者になります。

そんな蝶子が二十歳になった頃、毎日のように店に通ってくれていた化粧品問屋の若旦那の柳吉(31歳)と、結ばれて、二人は駆け落ちしてしまいます。
このとき柳吉には、しっかり者の妻があり、幼い女子もいました。
そんな具合ですが、柳吉は父親から勘当(かんどう)されてしまう。

それでも二人で力を合わせて生きていけば、まだなんとかなりそうなところ、柳吉はしょせんはぼんぼんで、家がなければ稼ぎもないから、たちまち二人は貧乏になってします。
それでもなんとか晴れて夫婦になれる日を思う蝶子は、ヤトナ芸者(臨時雇いの安値の芸者)になって稼ぐのだけれど、結構な稼ぎも、すこし貯まると、そのカネを柳吉が持ち出しては遊郭でまとめて遣ってしまいます。

そんな暮らし続いた二人の10年余の暮らしが語られた小説が『夫婦善哉』です。

一途に柳吉のことを想いながら、遊興に耽る柳吉に、悔しくて哀しくて殴る蹴るする蝶子の気持ち、蝶子の気持ちをわかっていても、妻子と離れ離れになってしまい、ついには体を壊して早逝してしまった妻を思う柳吉の心の動きなど、柔らかで読みやすい文章から伝わってくる時代感が、とても澄やかで、しかもこの時代の現実を反映していたことが、ベストセラーとしていまも名を残す小説となった理由なのかもしれないと思います。

ちなみに、おしるこには、つぶあんタイプとこしあんタイプがありますが、このつぶあんタイプのもののことを、ぜんざいと呼びます。

つぶあんタイプのおしるこから、汁を抜き去ったものが「小倉あん」となるわけですが、そのおしるこのことをどうして「ぜんざい」と呼ぶようになったかには、二説があります。

ひとつは、一休さんが、これをはじめて食べたときに、あまりの美味しさに「善哉(よきかな〜)」と叫んだことがはじまりとするもの。

もうひとつは、出雲の神事である「神在祭(じんざいさい)」で振る舞われた「神在餅(じんざいもち)」が訛って「ぜんざい」に変化したというものです。

どちらが正解かはわかりませんが、仏教も神道も、両方あって「善き哉(かな)、よきかな」。
日本の文化は、あらゆるものを結びます。


日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
 8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                   
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク