ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの呪縛を断て!



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

昨日、OOIDOYAさんからのコメントで、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(“War Guilt Information Program”、略称“WGIP”)のご紹介をいただきました。

戦後の日本を考える上で、とても大切な事柄だと思いますので、今日は、そのことについて書いてみたいと思います。

War Guilt Information Programは、直訳すれば、「戦争犯罪情報プログラム」。

終戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって行われた一連の日本人洗脳プログラムであり、そこで徹底した戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝が行われた。

たとえば、実際には日本と連合国、特に日本と米国とのあいだの戦いであった大東亜戦争を、日本の軍国主義者と国民との対立を仮構することで、、現実には存在しなかった「軍国主義者と国民とのあいだの戦い」にすり替えようとした。

そしてこの架空の対立の図式を現実と錯覚し、あるいは何らかの理由で錯覚したふりをする日本人が出現させるとともに、それ以外の歴史認識の一切を否定した。
■出典:江藤淳著『閉された言語空間-占領軍の検閲と戦後日本』(文春文庫)

具体的には、GHQの下部に、民間情報教育局(CIE)を組織し、その下に約6千名による秘密組織「民間検閲支隊」を置いた。

そして・・・

・GHQの歴史観に基づく「太平洋戦争史」を全国の新聞に掲載(1945年12月~)
・「大東亜戦争」という語句の使用を禁止(1945年12月15日)
・修身・国史・地理の授業停止と教科書の回収(教科書改訂指令、1945年12月31日)
・文部省、国史教科書の代用教材として「太平洋戦争史」を購入・利用するよう通達。
・「眞相はかうだ」のラジオ放送(1945年12月9日~)


「眞相はかうだ」というのは、1945年12月9日から毎週日曜日の夜8時からの30分枠で放送されたラジオ番組です。

番組の前後には、当時の人気の番組を配置、編成。
「眞相はかうだ」は、形を変えながら1948年1月まで、およそ2年間にわたり毎日放送された。

この番組では、満州事変から終戦に至るまでを、「軍国主義者の犯罪や国民を裏切った人々を白日の下に」、「偽りない事実を」、などという論調で、叙情的な音楽や音響効果音を駆使しながら、ドキュメンタリー形式を装い、ドラマ仕立てで放送した。

脚本の執筆はGHQの民間情報教育局(CIE)のスタッフが担当した。

GHQ作成であることが隠されたため、当時、NHKには、真実を知る多くの人から、手紙、電話などで苦情が殺到。

これを知ったGHQは、それら苦情や抗議、非難などに記載された日本の良い面も随所に挿入するなど、真実も取り入れながら、より巧妙に続き番組を作成した。

真実の中に巧妙に織り交ぜられた虚偽等々の手法が用いられたこれらの番組の思想は、プレスコードやラジオコードなどのGHQの指令により言論統制されていた事もあり、次第に国民の間に、それが事実との誤認を押し広めていった。

また、番組を批判した雑誌の対談記事は、民間検閲支隊による検閲により「占領政策全般に対する破壊的批判である」という理由で全文削除処分にした。


よく、戦時中の日本だって、検閲をしたじゃないか、という人がいますが、戦前の日本が行ったのは、法律によって具体的検閲事項を定めたもので、また検閲対象も事前に国民一般に知れ渡っていた。

ところがGHQが行った検閲は、そのことに言及したり、また、伏字で埋めたり塗り潰すなどの痕跡を残さず、秘匿することを徹底した。

結果、日本人は知らぬ間に言論統制され、洗脳が促進された。

検閲は峻厳を極め、違反したと判断された場合は、発行停止の処分や回収裁断などが行われた。

また、政治家、思想家、並びに教師や公務員等の職にあるもので、この検閲に違背した者は、なさけ容赦なく職を解かれた(公職追放)。これによって職場を追われた者は、全国で20万人に達します。

公職追放の結果、大学や放送局、文部省、教師等学校関係者等の世界に、地殻変動が起こります。

それまで、教育やマスコミで本来日本にある普遍の正義を説いてきた硬骨漢や信念の人が職を追われ、代わって、それまで体制に背を向けていたコミュニスト(共産主義者)や、GHQによる情報・言論の統制に安直に迎合する変節漢が、それぞれの職場内での主要なポストに就き、所属する組織内での権力を得ます。

そしてこのことが、後に重大な影響を及ぼす。。。。


一方、1945年から1948年までの3年間、米国東京裁判他、一連の日本無力化・弱体化を推進することで、日本の隷属化を図ろうとしてきたGHQの職員たちは、3年間の日本統治の中で、次第に、当初、単なる好戦的野蛮人としてしか見ていなかった日本人が、きわめて良心的な国民であるという事実に気づきはじめます。

もしかすると、自分たちがしてきた行い・・・プレスコードといった情報統制・・・自体の横暴さにも気が付きだしたのかもしれない。

翌1949年4月には、プレスコードを撤廃。

1950年6月には、公職追放後に日本国内で政治権力を持ち始めた日本共産党中央委員24名を公職から追放。

同年7月には、日本新聞協会代表に、プレス内にいる共産党員の追放を勧告。

8月、警察予備隊組成を公布。

1951年1月、マッカーサーが、米国上院議会で、日本の再軍備の必要性を発言。

そして1952年4月、GHQ解散。日本は主権を回復します。


GHQの施策の推移を見ると、GHQが誕生した1945年から3年間の占領支配の考え方と、1949年からGHQ解散までの3年間の政策が、ある意味180度転換していることに気付きます。

おそらく、黄色い猿。敵国人。暴力人種等々、悪鬼羅刹のような恐ろしい日本と思って来日していた日本の占領統治をしていた多くのGHQ職員(彼らは優秀な官僚でもあった)たちは、自分の眼で見て、自分の手で触れた日本という国が、あまりに自分たちが思っていたイメージと違うことに、愕然としたのではないか。

そしてその衝撃が、GHQに、当初の3年という月日を経由して、日本統治政策を180度転換させる基礎となっていったのではないか。


連合国は、結果として日本の再軍備を認め(戦争放棄を謳った日本国憲法は、前3年のほうにあたる1947年に公布)、戦費賠償を放棄しました。

そして、公職追放後に教育会等で権力を握った共産主義者を、逆に排除した。

さらに、戦後の焼け野原からの復興を図る日本のために、軍事的便宜の供与まで図った(日米安保)。

もっというなら、日本からの戦費賠償金の取り立てを放棄し、日本を植民地化することそのものを放棄するだけでなく、積極的に日本の独立を支援している。

政治の連続性、政策の連続性の観点から、GHQ自身が、前3年間の統治を否定することはできません。

しかし、後3年の統治手法、その後の平和条約等の内容を見ると、むしろ後3年のGHQは、日本を限りなく愛した行政機構にも見受けられるのです。


いつのまにか、検閲までして徹底的に日本を解体しようとしたGHQが、日本の建設に協力をしだしている。

もしかすると、そこに日本のもつ凄味というか、素晴らしさがあるのではないかと思います。


ただ、残念なことがあります。

それは、当初の公職追放によって、日本国内で職を解かれた思想家、学者、教育者、文化人等の多くが、いったん追われた元の職場に復帰することを希望しなかった、ということです。彼らは職場復帰をいさぎよしとしなかった。

その結果、過激な共産党員こそ追放にしたけれど、終戦とともにGHQに色目をつかい、わが身の保身を図った変節漢、軟弱者が、日本の思想界、教育界の要職を担うという極めて異常な体制が、長く日本にいつくことになった。

結果、GHQですら認めた日本の素晴らしさ、善行、正しい歴史認識を、日本人が逆に否定し続けるというおかしな現象が、戦後日本に起った。

公職追放後に生き残った変節漢らは、彼ら自身の立身出世のきっかけが、自分が、過去の日本を否定する立場に立ったということだった。

そして彼らは、日本を否定することそこ正義という立場を貫き続けた。
日本を否定し続けた。

その拠り所は、常にGHQのウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムに準拠している。


しかし、GHQ自身ですら、その間違いに気づき、路線を変更したプログラムです。

日本人も、もうそろそろ目を覚ますべき時にきているように思います。

日本は、なんのために戦ったのか、いまいちど、私たちは、正しい歴史を学ぶときにきているように思います。


日本は正しい歴史認識を取り戻せと思う方
↓ここをクリック
人気ブログランキング

現在に至るまで侵略戦争でただの一度も断罪されてないんです

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

aikoku3000

No title
>3年間の日本統治の中で、次第に、当初、単なる好戦的野蛮人としてしか見ていなかった日本人が、

白人たちを日本人との戦争に駆り立てたのは、こういう誤解も大きかったのではないでしょうか。
それは、蒋介石や宋美齢のアメリカへのプロパガンダの影響も大きいと思います。

MM

No title
沖縄で、日本兵と実際に戦った兵士

アメリカでは日本人を、意地悪そうな顔や、だらしのない酷い描写で描いてるものばかりだった、、、だから、そう思っていた。でもそれは間違いで、目の前にいた日本兵達はアメリカ兵と同じ目つき、表情をしていた。

確かこのようなことをインタビューで語っていました
本物の日本人を見て、アメリカのマスコミの洗脳に気がついた。こういうアメリカ兵は多くいたと思います。

ウニウニ

覚醒する日本人はどんどん増えると思います!
はじめまして、こんばんは。
毎日楽しみに拝読させて頂いています。

ウィキペディアからの転載なのですが、今上天皇陛下のお言葉で、以下のものがあるそうです。
「日本は昭和の初めから昭和20年の終戦までほとんど平和な時がありませんでした。この過去の歴史をその後の時代とともに正しく理解しようと努めることは日本人自身にとって、また日本人が世界の人々と交わっていく上にも極めて大切なことと思います」

陛下はきっと何もかもご存知なのでしょうね…

bingo

No title
まさに現代日本の問題は、GHQ占領政策、すなわち情報封鎖、情報操作による自虐思想の植え付け、占領憲法の押し付けに起因します。

さらに深刻な問題は、これを利用する左翼やカルト、それにシナ中共、韓国、北朝鮮、在日の日本乗っ取り工作があることです。

LAY

よくできています!
OOIDOYA 様

置きビラ制作 御苦労様でした。 よても良くできております。
微力ながら私もスーパーのトイレやゴルフ場のトイレ、できる限りのポスティングをしていきます。

今後ともがんばってください。

OOIDOYA

No title
 ねずきちさん、昨日のコメントを取り上げていただき、ありがとうございます。今はマスゴミの他にネットや保守系の雑誌があるので、隠された情報も簡単に入手出来るようになりましたが、大手マスゴミの情報を鵜呑みにしたままの人も大勢います。
 わたしはネットにつながる若い世代の力を信じています。
 情報戦には情報戦で戦うしかありません。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pub/handbill/090213.pdf
http://kokuseki.xrea.jp/db/uploads/189.pdf
http://kokuseki.xrea.jp/db/uploads/168.pdf
↑置きビラです。
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
↑置きビラ置き場です。
なんだか前回も同じコメントでした。もう、くどくてすみません。読んでいる人は一枚でいいから置きビラしてください。

tamago

No title
【沖縄集団自決】「軍命令はなかった」-『うらそえ文藝』会見・前半[桜 H21/6/15]

ttp://www.youtube.com/watch?v=rKzCll0_TSQ&feature=channel

『うらそえ文 藝』編集長・星雅彦氏と、「1フィート運動」創始者でもある上原正稔氏が、地道な取材 や調査の結果、

「軍命令はなかった」

と勇気ある主張を明らかにした会見の模様をお送り します

bb

ねずきちさん、こんにちは。
アメリカのプログラムは、はなから日本人を自分たちより、劣る民族としてかかっていますね。西尾幹二さんがGHQの焚書について書かれています。逆に日本民族の底力に恐れをなしたのかも知れません。

私この頃思うんですが、そろそろ日本モデルを発信する、そのことで自らを見直せると思うのですが。麻生さんは「とてつもない日本」で少し触れています。この頃また麻生たたきが激しくなってきましたが、「私は日本国民の底力を信じている。もっと自信を持ちましょう」という呼びかけに、今答えるときだと思うのですが、中々うまくいきませんね。今日の党首討論は鳩山さんオロオロしてました。論理をすり替え、ひどいものでした。さてこれを反日マスコミはどう料理するのでしょう。

愛信

【鳩山弟辞任】あの1345億ドルの米国債は、日本郵政の金だった!?
しかも、鳩山邦夫氏の総務大臣辞任も関連があるかもしれないって・・・。
いったいどういうことなんでしょうか?日本郵政の金がこうやって米国債に化けて使わ
れているとしたら、とんでもないことです。 そしてそれを見つけたイタリア政府、情報が
リークされていたんでしょう。半分いただきますってことで。

日本郵政の金を小泉竹中の命令で、西川が動かす・・・取締役会の承認も無しでしょう。
郵政民営化とは、やはり日本人の金をアメリカに差し出すものだったんですね。とんで
もない売国行為でした。

Never Say Die!より転載

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

自由は死ぬのか?

何という問題のすり替え。 これが洗脳?
NHKのJAPANデビューに関し、捏造取材の決定的な証拠が出て来てしまいました。
取材を受けたご本人の真意を無視して、勝手に悪質な編集を行った事が発覚したわけであり、人の心を踏みにじる愚劣な行いと言わざるを得ません。

それに関する某動画のコメント欄が興味深い。
「従軍慰安婦問題」とか、全然関係の無い話題をふって、問題の本質から目を逸らそうと必死になっている人達がいますね。
いや、単なる原理主義者なのかも知れません。

人間の心は、多面的で複雑なものだと思いますよ。
多くの人は、報道機関の悪質な取材に対して憤っているわけです。

【台湾取材レポート】パイワン族・高許さんへのインタビュー[桜 H21/6/15]
http://www.youtube.com/watch?v=ZIlxF9UW0Pk&feature=channel_page

>taichikaruto9 (1時間前)
日本人は台湾人のおじーちゃん おばーちゃんが日本語を話せることを恥じなくてはいけません。わかりますか?同化政策を21世紀なっても正当化するなんて狂気 はゆるされるべきではないのです
---------------------------------------------------
>pejorativeglut (5 時間前)
台湾の議会が日本政府に(台湾人の)元従軍慰安婦の方々に謝罪と 補償をするよう求める議決をしています。※この件も議員とかにインタビューすべきですよ。

※韓国の金○○さんという方が、「女性基金は補償ではない。性奴隷に国家賠償を」と叫んでおりましたね。
彼女を利用しているが左翼人士です。

LAY

洗脳は解けるのか?
ねずきち 様

結論を言えば「解ける!」のです。 理由はこれも簡単、【嘘】だからです。 「真実はそれを望む者の前に顕れる!」私はそう考えています。

しかし、とても時間がかかるでしょうね。 残念なことに、戦後60年以上経っていてもこの現状なんです。 民主党の主張は「自虐史観」ですから政権をとれば今より後退します。 

民主党政権になり、衆参両議院の過半数を握り、中国共産党のような情報統制に関する法律を作られたらかなり厳しいですよね。

「自民党もダメだから今度は民主党にやらせてみよう。」と考えてる人たちに、「民主党は危険だよ!」と、その多数を説得しきれるものではありません。(時間も足りないです)

なぜなら「同じ日本人が日本人にそんな酷い事をするはずがない。」と端から無警戒な「善人」がほとんどだからです。 それもそうです。日本史には国民を弾圧・虐殺した統治者はおりませんもの。

しかも多数のマスコミが民主党支持ですので、自民党の形勢限りなく不利です。それでも、韓国のように8年後でも左系から戻せればまだいいですよね。
選挙制度さえ「公平・平等」が維持されるなら可能でしょう。 

今後10~20年後、洗脳された自虐史観の方々には順番であの世にお引き取りいただき、ねずきちさんのブログなどで正しい歴史認識を持った若い方々に日本の行く末を決めて頂きたいものです。 

スポンサー問合せ

No title
☆☆☆ご協力のお願い☆☆☆
6月17日のTBS「朝ズバッ」で麻生総理について偏向報道があったので、

『偏向報道にはスポンサー問合せ』にてスポンサー情報を更新いたしました。

TBS系朝400~昼1200
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/pages/24.html

スポンサー問合せにご協力ください。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク