日本車と政治のお話



  ───────────────
8月15日発売!最新刊
この活動をはじめて13年目。
やっと靖國の英霊に感謝と鎮魂の本を出すことができました。

『後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち』
 https://amzn.to/3zcoD3a
  ───────────────

政治は、どこまでも国民のためのもの。
そういう政治の原点に、日本はいまいちどしっかりと還るべきではないでしょうか。
すくなくとも、国をあげて、国民の産業を護る。
それは国家の政府としてあたりまえのことです。

20222828 自動車工場
画像出所=https://newswitch.jp/p/26709
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
    

最近の日本車ってすごくて、たとえば高速道路を走行中に、ドライバーの心臓が突然止まってしまったような場合、クルマが異常を検知して、自動でハザードを焚きながら減速し、見通しのよい場所にまで走行したあと、路肩に駐車し、さらにセンターにまで、非常事態の通報をしてくれる、そんな機能があるのだそうです。

講演活動等で、全国どこにでもクルマで移動する機会が多く、しかも気持ちは若くてもそろそろ高齢者の仲間入りの私のような者にとっては、まさに願ったり叶ったりの機能ですが、同様に高齢ドライバーにとっては、これは本当にありがたい機能だと思います。

今後、自動車は、ますます安全性能が高まっていきます。
そういう意味では、クルマは
本当に走りが楽しいクルマ、
安全性重視のクルマ、
居住性能の良いクルマ等々、消費者のニーズに合わせて、多様な展開がなされており、そうしたなかにあって日本車は、世界の最先端を走っていると言っても過言ではない状況にあります。

ところが日本政府は、世界の圧力に唯々諾々と、クルマのEV化へと舵を切りました。
EVが悪いというつもりはありません。
ただ、EV車というのは、ただ四輪にモーターを付けただけの簡易な構造です。
それまでのガソリン車の高度な技術の積み重ねが、もしかしたら、全部パアになる。
つまり、日本車が世界のマーケットから駆逐されてしまう可能性をはらんでいます。

このことに加えて、現状では、EV車は、走行距離が短い。
近年では、ハイブリッド車や、ガソリン車は、燃料タンク満載の状態なら、軽く1000キロ走ることができる性能を持つものが多くなっています。
ところがEV車は、だいぶ走行距離が伸びたとはいえ、マックス500キロ。
しかも300キロ以上の走行になれば、途中で充電が必要になります。
その充電も、30分充電で伸びる走行距離が100キロ。

つまり、現状では、300キロ以上走る場合は、それ以降、100キロ走るごとに充電が必要になる、というわけです。
しかも、その給電の場所が、高速のパーキングに設置されているとはいえ、どこもだいたい2台分のスペースしかない。
電力がギリギリの状態で、ようやくパーキングに着いたら、給電場所がふさがっていて、その間にバッテリーが無くなって、クルマが動かなくなるといった事態も想定されるわけです。

EV車を推進しているのは、チャイナです。
チャイナにしてみれば、世界の自動車市場が《政治的に》EVへと舵を切れば、自分たちの国が自動車マーケットで世界を席巻できる。
莫大な富を得ることができるわけです。
しかも、作るのは簡単で、タイヤにモーターを付けるだけです。

ところがそんなチャイナでは、EV車が売れずに余りまくっているといいます。
あたりまえです。
国土が広く、一回の移動距離が長いのに、EV車では、間に合わないからです。

現実の問題として、長距離輸送を行うトラックに関しては、EV化の話は全く出ていません。
なぜかといえば、答えは簡単で、走行可能距離が足らないからです。

戦後の日本は、最初は造船業から経済の復興が始まりました。
日本海軍の誇る船舶技術が、まさに世界の最先端だったからです。
ところがその造船業は、いまや日本は世界第三位です。
一位がチャイナ、二位が韓国です。

その後は、家電製品が世界へと進出していきました。
これまた品質が最高だったからです。
ところがその家電市場も、世界のシェアは、いまやチャイナ、コリアに持っていかれています。
理由は簡単です。
政府主導で、日本の技術が、工場や技術者ごと、チャイナ、コリアに流出したからです。

金融も、かつては強大な力を持っていましたが、いまや日本の金融機関は、まるごと外資に乗っ取られて、日本国民の富を、なんだかんだと言い訳を付けて吸い上げるだけの機関になってしまっています。

現在、残された市場は、いわば車だけになっています。
ところがその自動車産業を、政府が主導で、EV化の名のもとに、これまた海外に売り渡そうとしている。

いったいどこの国の政府なのかといいたくなります。

産業があるから、雇用が生まれ、国民が所得を得ることができるのです。
日本の政府なら、日本の産業を護るのが最大の使命であるはずです。
そんなあたりまえのこともできないような政府なら、日本は、政府ごといったん解体して、スクラップアンドビルドで、国をつくりなおすしかない、といえるかもしれません。

政治は、どこまでも国民のためのもの。
そういう政治の原点に、日本はいまいちどしっかりと還るべきではないでしょうか。
すくなくとも、国をあげて、国民の産業を護る。
それは国家の政府としてあたりまえのことです。


日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                    
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク