善と悪の戦い



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

まさやんさんのブログ「日本が好きなだけなんだよ」で、興味深い本を紹介していました。
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-category-37.html

本の名前は「侵略の世界史」
「この500年、白人は世界で何をしてきたか」というサブタイトルがついています。
祥伝社黄金文庫 清水 馨八郎 著

この本の P220~P229 からの抜粋です。

---------------------------------
19世紀の半ば、白人の世界侵略は、アフリカ、中南米、アジア、太平洋地域を獲りつくし、残りは極東アジアのみとなっていた。

アメリカは太平洋を東から西へと侵略の手を伸ばし、ハワイ、フィリピンをすでに手にしていた。

ロシアは沿海州まで獲得し、日本海を隔てて、日本に向き合うところまできた。

英米はすでに中国の分割を開始していた。

日本、朝鮮、中国、満州をどこが獲るか、興味はその一点にかかっていた。

1853年、ペリー艦隊の浦賀来航は、こうした中で起きた。
----------------------------------

↑これ、非常に大切なポイントだと思うのです。
≪日本、朝鮮、中国、満州をどこが獲るか、興味はその一点にかかっていた≫のです。

続きを見ます。

---------------------------------
日本列島はヨーロッパから西回りで来ても、東回りで来ても、最も遠い国、だから侵略を免れたとみるのは十分な解釈とはいえない。

コロンブスのアメリカ大陸到達(1492年)からわずか50年後、ポルトガル船が早くも種子島に漂着(1543年)している。

スペインがインカを滅ぼしたように、日本を抹殺しようとすれば、けっして不可能ではなかったはずだ。

19世紀の問題を考える前に、16世紀にさかのぼって第一回の危機について考えてみよう。
----------------------------------

インカ帝国の話は、非常にわかりやすいと思います。

もしインカが、日本と同様の工業力を持っていたら、インカ帝国は滅びることはなかった。
スペインと戦い、逆にスペインを打ち返したかもしれない。

続きをみます。

---------------------------------
鉄砲製造でたちまちのうちに欧米を凌駕した日本人

スペインのザビエルがキリスト教の布教のため鹿児島に来日したのは、鉄砲伝来からわずか6年後の1549年であった。

16世紀における侵略の先進国のスペイン、ポルトガルの手口は「鉄砲と十字架」である。
日本においても早くもこの二つが揃ったのである。

しかし、日本はここからが違った。

ポルトガル人からたった2挺の鉄砲を買った種子島の八坂金兵衛は、一年後には10挺を制作し、数年後には種子島には600挺の鉄砲があったという。

改良に改良を重ね、種子島という名の火縄銃は、本場のヨーロッパをしのぐ、猛烈な早さで日本全国に流布し、その機能の改良もヨーロッパ以上に進んだ。

ここで興味あるのは、鉄砲が偶然、種子島という名の島に最初に伝来されたことだ。

その種は忽ち(たちまち)コピーされて、全国に普及したことだった。

鉄砲はその半世紀も前に中国に伝わったのに、シナ人の中華思想で真似することも、その技術もなかった。
----------------------------------

【ポイント2】
世界を欧米が植民地として制圧していくなかで、唯一日本だけが、彼らの技術をあっという間に模倣し、改良し、欧米列強に肩を並べるところまで進化した。

世界の中で、日本だけ。

逆にいえば、もし日本にこの工業力がなかったら、日本はインカ帝国のように、遺産になっていたかもしれません。

このことは、非常に大切なポイントと思います。

---------------------------------
鉄砲伝来からわずか32年後の長篠の戦いで、織田信長軍は鉄砲隊3000人を3隊に分けての一斉射撃で、武田軍に勝利している。

新奇な物に遭遇した時の日本人の好奇心と、優れた対応とその機敏さは、戦後、トランジスターをみて、たちまちトランジスター商人となり、続くテレビも、自動車も、本場の米国を追い越した例に通ずるものである。

明治維新直後に鉄道を輸入し普及し、やがて世界一の新幹線を走らせたのも、同じ線上の日本人の特性である。

この特性の始まりを、鉄砲の普及に見ることができる。

これで早くも日本は、白人侵略の手段である鉄砲を、こちらも持ってしまったのである。
-------------------------------

もし、インカ帝国も鉄砲を持っていたら、歴史はどう変わっていたでしょうか。

歴史に「もし」は禁物という人がいるけれど、ボクはそうは思わない。

なぜなら、「もし~だったら」と考えることで、歴史は現代に数多くの教訓を与えてくれるからです。

続きをみます。

-------------------------------
次に侵略支配の先兵であるキリスト教であるが、当初、信長も秀吉も宣教師を優遇し、布教を許した。

両者ともキリシタンの宗教部分には何の関心もなかったが、ただたんに宣教師が南蛮貿易に役立ち、海外情報を知るために利用できたからであった。

キリシタンは当初九州で信者を増やし、キリシタン大名たちが勢力を伸ばしてきた。

秀吉は九州征伐に際して突如キリスト教布教を禁止し、宣教師の国外退去を命じた(1587年)。バテレン(神父)の衣の下に武器を見たからである。

確かにザビエルは、ローマ教会の戦闘的一派ゼスイット派に属し、教会にはマニラから持ち込んだ鉄砲や弾丸を貯蔵していた。

明らかに当時の神父は、侵略の先兵だったのである。

家康は当初、貿易奨励のため、キリスト教に寛大な方針を採ったが、慶長10年(1605年)にはキリスト教徒は70万になり、教線も仙台にまで延びた。その発展は幕府に脅威を与えるとして、1613年、全国的に禁教令を発した。

後発のオランダは、先発のスペイン、ポルトガルに領土的野心があることを幕府に密告し、独り幕府に取り入って1639年、鎖国令が出た後も白人国の中で唯一長崎・出島での貿易を許された。

260年の平和、教育、文化の充実

日本が軍事力を増強したことで、スペイン、ポルトガル勢力は、日本を侵略できなかった。

そうしてこの両国は、ヨーロッパ内の勢力争いから脱落し、英仏蘭の時代を迎えるが、これらの国は世界の他の地域の侵略に忙しく、極東アジアにまで軍隊をさしむける余裕はなかった。

一方、日本における江戸時代は、戦争のまったくない平和が260年も続いた世界的にも珍しい時代であった。

このため人口は倍増し、学問や芸能で国民の質が著しく向上した。

このことが幕末の混乱と外敵の襲来という国難を見事に処理し、明治維新から一挙に近代化を成功させた真の原因である。

江戸時代なくして明治はなかった。

この意味で江戸時代は、日本の第一の近代化時代といってもよい。

江戸を知らなければ明治を語れないといえるほど、江戸時代は大事な時期だったのである。

武士が身分制度の最高位におり、かつ城郭が全国に100以上もありながら、戦争が一度も起こらないという平和な時代が、なぜ続いたのだろうか。

江戸幕府は、中央機構の完備と参勤交代制度や武家諸法度、婚姻政策、隠密制度などにより謀反が絶対できないような見事な大名統制をしいた。

新田開発や干拓により、農地は初期の150万町歩から2倍の300万町歩になり、人口も江戸初期で2倍の4000万人に増加した。
五街道の整備、河川、海上交通の整備で、人と物資の交流が盛んとなり、各地方の城下町、港町、宿場町、門前町が栄え、江戸、大阪、京都の三都が隆盛した。

中でも江戸は、将軍のお膝下で、18世紀には人口100万人を越え、当時早くも世界最大の都市になっていた。

大阪は天下の台所として近代流通、商業組織、金融組織の基礎を造った。

都市の発達は、自由闊達な町人文化を生んだ。

歌舞伎、浄瑠璃、俳諧、浮世絵など日本芸能文化の多くは、この江戸期に生まれたのである。

士農工商の最上位の武士階級は、戦争がないので武芸より学問文芸に励み、人格を陶冶する余裕を持っていた。

幕府は昌平黌(しょうへいこう)を、諸藩は水戸の弘道館、会津の日新館、萩の明倫館などの藩校を造り、子弟の教育に努めた。庶民も寺子屋で読み書き、算盤、女子は茶の湯、生け花、裁縫を学び、国民の識字率は当時すでに世界一であった。

寺子屋の数は一万にも及び、僧侶や武士、浪人が教師となった。サムライ(侍)という字が、人が寺に居るという構図からも分かる。

さらに心ある先覚者によって、各地に著名な私塾が開かれた。

広瀬淡窓の咸宜園(かんぎえん)、緒方洪庵の適塾、吉田松陰の松下村塾などから多数の人材が輩出した。

明治になって寺子屋は尋常小学校に、藩校は高等教育機関にスムーズに移行した。

教育国家・日本の基礎が、江戸時代に出来上がっていたのである。

-----------------------------------

いちいちもっともな指摘だと思います。

以下はブログ「日本が好きなだけなんだよ」のまさやんさんの解説です。

----------------------------------
一昔前、ジャパンバッシングが吹き荒れていた頃、日本人は物まねが上手なだけだと欧米人から揶揄されたことがあった。

しかし、模倣してオリジナルより優れたコピーを生み出す日本人の能力が、16世紀の白人の侵略から日本を守ったことを知る日本人はあまりいない。

種子島で手に入れた火縄銃をあっという間に自分達で量産し始め、短期間に日本の軍事力は増大した。

そのため、スペインもポルトガルも手が出せなかったのである。

中国や朝鮮では最近になってもオリジナルの劣化コピーしか作れないが、16世紀には鉄砲を作る技術は持っていなかったようである。


キリスト教に改宗したキリシタン大名は、人身売買を行なっていたという報告がある。
幾ばくかの火薬の樽と引き換えに、うら若き日本の娘達が海外に売られていったという記録がある。

そういったキリシタン大名やスペイン人・ポルトガル人の非人道的行為も、秀吉がキリスト教の禁教令を出した一因になったようだ。


布教に見せ掛けて教会に武器を持ち込むなど、スペイン人・ポルトガル人の腹黒さがいかんなく発揮されたようだが、結局、何も出来ずに追い出されている。

最終的に白人国家で交易を許されるのはオランダだけになるが、鎖国といいつつも完全には国を閉ざさないで、白人国家とのパイプを僅かだけでも残しておく徳川幕府の判断は絶妙だったと思う。

この僅かなパイプが幕末の日本の危機に大きく役に立ったことは、歴史の示す通りである。


外国人が日本に来て買っていくお土産で人気なのが、100均ショップで売っているような安い扇子だそうだが、扇子に書かれているのは大抵、江戸時代の風景画や人物画だったりする。

今や世界で大人気の和食の大部分は、江戸時代に完成したものが多い。明治時代まで日本人は一般的に牛馬や豚の肉を食べる習慣がなく、せいぜい食べても鳥やウサギ、猪や鯨程度だった。

あとは魚や穀物野菜、卵などを食べていたわけで、伝統的な和食に肉が使われてないのはそのためだ。

最近では懐石料理にも牛ステーキが付いて来る世の中だが、すき焼きなどの肉を使った和食は明治以降に出来たものである。

日本独特と言っても良い文化が完成したのが江戸時代だったのであり、いかにこの時期が日本人にとって重要だったかが分かる。

まさにこの時期は、白人の侵略という大きな試練を前に、日本人が日本という母胎で育まれた時代だったことが理解出来るだろう。

こういった歴史は、もっと日本人全体が誇りに思って良いものだと思うし、教育やメディアでもっと啓蒙するべきだと思うが、公共放送の大河ドラマでさえ、戦国武将を臆病な泣き虫として歪曲してしまう世の中では、それを期待するのも難しい。

識字率は江戸時代より向上したが、言葉遣いと道徳は著しく下落しており、黒船はいないが在日米軍と反日勢力が存在している。

幕末とは違った意味で現在も国難の時代なのである。

日本という身体の内部で反日という名の病原菌が回っており、愛国心という名の白血球は著しく減少中だ。

------------------------------------

ちなみに、日本に「牛馬や豚の肉を食べる習慣がない」のは、単に仏教上の戒律だけが原因ではないようです。だって日本の多くは神道でしょ?

要するにそれが施政者の方針でもあった。

日本の施政者達って、けっこうおもしろい。

どういうことかというと、牛馬や豚の肉を食べるには、牛刀などの武器を庶民が持つことになる。庶民が武器を持てば、争いが起こると、その武器を使う。

天秤棒やすりこぎを喧嘩の道具に使うのと、牛刀を喧嘩に使うのとでは、その結果はまるで違ってきます。

だから日本は、庶民が武器を持つことを禁止するだけでなく、武器を持つ原因となる牛馬や豚肉を食べる習慣さえも禁止したのだそうです。

もちろん、違う説もあります。
しかし、はっきりといえることは、施政者が禁止を認めた背景には、単に仏教上の戒律だけではなく、政治的にそれが必要と考えたであろうことは、容易に推測できるということです。


ふたたび「侵略の世界史」からの抜粋です。
(P149~P157)

------------------------------

近世500年間の世界の覇権国を概観すると、16世紀がスペイン、17世紀がオランダ、18世紀と19世紀がイギリス、20世紀がアメリカと見ることができる。

この中にあって、最もヘゲモニーが長持ちしたのは、一番小さな島国イギリスであった。

イギリスの東インド会社は、1600年、エリザベス女王の特許状で設立され、18世紀半ば頃、フランス勢力を打倒し、土着君主を抑圧して、インドを完全に掌握してしまった。

イギリスはインドの現地人を多数傭兵として使い、結局現地人同士が戦わされることになった。

現地人を犠牲にして植民地戦争を戦う方式は、以後すべての戦争に採用されたのである。

植民地から収奪した富を産業革命に転用したイギリス

イギリスは、オランダ、フランスを武力闘争で打ち負かし、世界の海上権を握り、広大な植民地を独占することになった。

このためイギリスはヨーロッパのどの国より物資資源、産業資本を蓄積することができた。

これが18世紀中頃以後にはじまった「産業革命」の原動力となっていったのである。

産業革命は、道具による生産から機械による生産への転換であり、また動力の転換でもあった。

1814年、スティーヴンソンは蒸気機関車を発明し、1825年に最初の鉄道を実用化させた。

これで馬車から鉄道の時代がやってきた。またアメリカ人フルトンは、蒸気船を実用化した。以上を交通革命という。

かくして最初に産業革命をなしたイギリスは、19世紀に入ると「世界の工場」として繁栄を誇った。

この革命を、19世紀中頃をすぎるとフランス、ドイツ、アメリカにも達した。産業革命の進展によってヨーロッパ列強は、原料輸入と商品の市場獲得のため、ますます植民地が必要となってきた。

このため、植民地からの収奪は強化され、先住民の伝統的な生産・生活様式は、強制的に転換させられ、悲惨な状態へと追いやられてしまった。

-------------------------------

続いてまさやんさんの解説です。

・・・・・・・・・・・・

日本の明治維新以降の、日清、日露、大東亜戦争はいずれも自衛戦争であるが、17世紀以降のヨーロッパ諸国同士の戦争のほとんどは植民地争奪戦争である。

その中で有色人種は奴隷のように扱われ、詐取の対象としか見られてこなかった。

文字通り、この間、大部分の有色人種が歴史の表舞台から消えうせてしまい、わずかに日本を含む数カ国の有色人種国家が歴史を刻むだけである。当時の有色人種からすれば、いきなり侵略をしかけてきて、いきなり詐取をし始める欧米人は、まさに『鬼畜米英』という表現がふさわしい存在だったのである。

しかしながら、歴史というのは多彩な側面を持っており、欧米の植民地支配が、イギリスの産業革命を促し、科学技術を飛躍的に発達させ、また砂糖やコーヒーなどの嗜好品が世界中に普及する要因にもなった。

英語が世界共通語と呼ばれるくらい普及したのは、大英帝国の世界を股にかけた大泥棒の輝かしい成果である。

もちろん、その間に流された有色人種の血涙は尋常な量ではないが、人類史上に残るこれらの犯罪国家が、日本に非難を浴びせる割に、自分達の反省に乏しいのは、彼らの多くが戦勝国であり、核兵器を持っている国もあるからだろう。

16世紀がスペイン、17世紀がオランダ、18世紀と19世紀がイギリス、20世紀がアメリカと、世界史の中で常に覇権国家は交代してきたが、21世紀は一体どこの国が覇権国家になるのだろうか。

アメリカは既に衰退しつつあり、覇権国家の座から転落しつつある。

日本の実質的な仮想敵国で、人権無視、侵略上等、歴史捏造の無法者国家、中国が覇権国家になるとしたら世界も救われない。

歴史は後退し、大日本帝国の存在しないアジアの先行きはあまり明るくない。

本来なら日本が中国を分裂させる政治工作を積極的に行うべきだが、逆に日本のマスコミや経済人、政治家を中国に工作されてしまっている。

あとは中国が朝鮮半島に手を出して自滅するか、勝手に中国が内乱になるのを願うぐらいしか方法がないのが現状である。

日本の再生は今のところインターネット頼みで、これも効果が未知数。
日本国内の売国奴どもを懲らしめる、何かうまい手はどこぞにないものだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・

人が人を支配し、収奪する。

一部の人の贅沢のために、他の多くの人が犠牲にされる。
悲惨な生活を強いられる。

人が人を支配するために、ねつ造した歴史観を人々に植え付ける。
そうすることで、間違ったナショナリズムを刷り込まれた多くの人が、感情的になり他者を攻撃しようとする。

これに対し、日本は今も昔も、庶民文化の国です。

民の幸せこそ、国家の幸せという概念が、日本人の骨の髄まで浸透している。

ひとりひとりを大切にする・・・そのことは、人類普遍の「善」でもあります。

別にボクはゾロアスター教の信者ではありませんが、「世界は善神と悪神の戦いの場」というのは、一面の真実を言い当てているかもしれません。

夏目漱石はいいます。

「人の世を創ったものは神でもなければ鬼でもない。やはり向こう三軒両隣りにちらちらするただの人である。」

その「ただの人」を大切にする精神と、自分さえよければという蹂躙主義・・・敢えて個人主義とは書きません。個人主義といったら聞こえはいいが、ボクに言わせれば、それは「蹂躙主義」だ。

この世は、人を大切にする共同体思想と、人を食い物にして自己の贅沢を実現しようとする蹂躙主義。

みんなが等しく反映しようとする共同体主義と、
自分さえよければいいとする蹂躙主義。

前者を「善」、後者を「悪」とみることもできる。。

そして「悪神」は、つねに「善」を偽装し、「友愛」を偽装しながらやってくる。

他方、「善神」は、ときに「羅刹」となり、悪を懲らしめる。

いま、そうして懲らしめられた「悪」が、まさに巧言令色を用いながら、日本を、日本人を侵食しようとしている。

負けちゃあいられません。

日本を守りましょう。
↓をクリック↓
人気ブログランキング

日本戦史~大東亜戦争~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

椿

豊臣秀吉は、名君ですね。
豊臣秀吉は、建築の天才と言われていましたが、偉大な名君ですね。

昔、キリシタン弾圧の歴史を学校で習い、「何故、キリスト教とを虐殺したのですか?」と、先生に尋ねた時、「キリスト教は、神の下では、みな平等という思想なので、階級差別のあった日本では、都合の悪い宗教だったんです」と答えられましたが、

私は心の中で、「仏教も仏様の下では、みな平等であり、みな仏の子と教えられたけど…、日本は、その時、神道も仏教も信仰していたはずなのに…。 同じじゃないのかな?」と思っていましたが、今思い返しても、この先生の理屈はおかしいです。真相は、伴天連どもの『人身売買』だったのですね。

しかし、豊臣秀吉の慧眼がなければ、本当に日本はあの当時、すでに奴隷国家となっていたことでしょう。キリシタンを弾圧したと言って、秀吉も家康も、何か人非人のような印象を持たれていますが、むしろ、国の救世主です!!

朝鮮出兵も、白人達のアジア侵略から、アジアを守ろうとして、朝鮮を通って、シナの皇帝に実情を知らせたいとの思いがあり、それを朝鮮が阻止したが故に起こった、戦争だと聞いています

しかし、今の屁垂れ政治家達に、秀吉の英断を聞かせたいですね。日本より、国力も経済力もはるかに劣る北朝鮮に拉致された日本人を、30年以上も取り返せないでいるのだから、何をかいわんやです。

ねずきち

これはひどい・・・
椿さん、ありがとうございます。

この話、本文に掲載しますね。

許せない><;;

椿

No title

きゃーっ!真っ赤になってしまって、申し訳ございません。m(__)m。読みにくい方は、以下でお読みください。すみません。

「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている。

『キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいぱかりに、女たちを南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、わめくさま地獄のごとし』。

ザヴィエルは日本をヨーロッパの帝国主義に売り渡す役割を演じ、ユダヤ人でマラーノ(改宗ユダヤ人)のアルメイダは、日本に火薬を売り込み、交換に日本女性を奴隷船に連れこんで海外で売りさばいたボスの中のボスであつた。

キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王のもとにいったが、その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。

鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている』と。

日本のカトリック教徒たち(プロテスタントもふくめて)は、キリシタン殉教者の悲劇を語り継ぐ。しかし、かの少年使節団の書いた(50万人の悲劇)を、火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇をどうして語り継ごうとしないのか。

キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を無視し続けるのか。

数千万人の黒人奴隷がアメリカ大陸に運ばれ、数百万人の原住民が殺され、数十万人の日本娘が世界中に売られた事実を、今こそ、日本のキリスト教徒たちは考え、語り継がれよ。その勇気があれぱの話だが」。

(以上で「天皇の回ザリオ」からの引用を終ります)

http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/812.html



椿

No title

何度も投稿すみません。でも、あまりにも惨い事件を発見したので、お知らせしたいのです。『伴天連(キリスト教徒)によって、日本娘50万人が、奴隷として売買された』 以下は抜粋です。

「徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっている。『キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいぱかりに女たちを南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、女たちが泣き叫ぴ、わめくさま地獄のごとし』。

ザヴィエルは、日本をヨーロッパの帝国主義に売り渡す役割を演じ、ユダヤ人でマラーノ(改宗ユダヤ人)のアルメイダは、日本に火薬を売り込み、交換に日本女性を奴隷船に連れこんで海外で売りさばいたボスの中のボスであつた。

キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王のもとにいったが、その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。

行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない

鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、インドやアフリカまで売っている』と。

日本のカトリック教徒たち(プロテスタントもふくめて)は、キリシタン殉教者の悲劇を語り継ぐ。しかし、かの少年使節団の書いた(50万人の悲劇)を、火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇をどうして語り継ごうとしないのか

キリシタン大名たちに、神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を無視し続けるのか

数千万人の黒人奴隷がアメリカ大陸に運ばれ、数百万人の原住民が殺され、数十万人の日本娘が世界中に売られた事実を、今こそ、日本のキリスト教徒たちは考え、語り継がれよ。その勇気があれぱの話だが」。
(以上で「天皇の回ザリオ」からの引用を終ります)


http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/812.html


椿

水の命!
[色:000000]>神道、仏教などの影響で牛、豚、鶏にも魂があるぞ、って考えから殺して殺して食べるってのに抵抗があった、って方がしっくりきますけどね<

私もこのマグカップさんの意見に共感します。
小学生くらいの頃、水を流しながら顔を洗っていたら、父が『もったいない!お前は水の命を使って、生きさせてもらっているのだから、無駄にするな!もっと、感謝して使いなさい。不必要に水の命を無駄使いしてはいけない。罰が当たるぞ!』と、叱られたことがあります。

それ以来、歯磨きでも、顔や髪を洗う時も、お水を無駄にしないように心掛けるようになりました。
 
もし父が、「お金がもったいない」とか、「水道代がかかる」とか、言っていたら、きっと私は「お金があれば、何でも必要以上に使ってもいいのだ」と、思ったと思います。

また祖母は、うどんをゆでたお湯を、私がそのまま台所で流そうとしたら、急いで止めて、『そんな熱いお湯を流したら、排水管の中にいる“目に見えない虫”が、死んでしまう。一寸の虫にも五分の魂と言ってね、粗末に扱ってはいけないんだよ。熱湯はお水で緩めてから、流しなさい』と、教えられた事もあります。

だから私も、日本人が肉を食べなかったのは、『すべてのモノには命が宿る』という、神道や仏教の教えから来ているのではないか?と思いますが…、どうなんでしょうかね?

椿

白人侵略の奴隷にならなかったのは、“インディアン”と“日本人”だけ!

白人の奴隷にならなかったのは、アメリカ・インディアンと日本人だけだという歴史解説があるそうです。

白人は最初、インディアンを奴隷にしようと企んでいたらしいけど、インディアンは、同胞に対して義理堅く、必ず命をかけて助けに行くし、白人の為に働くくらいなら、むしろ死を選ぶ。だから「奴隷の身分」に、閉じ込められなかったので、絶滅させようとしたらしいです。なにやら、日本の武士道とよくにていませんか?

お人好しの日本人が、本来このような鬼畜民族と付き合うには、相当な対策”と“準備”と“覚悟”が必要なのです。が…、今の日本の外務省や政府には望むべきもありません。

外務省が考えるのは、いつも「妥協」・「友愛」・「親善」・協調」が第一で、『日本の国益』は度外視してます。

彼らの仕事は、外務大臣・経済産業大臣のバラマキ”をいつも傍観視してるだけなのか?と思われても仕方がない。…全く、救いようがありません。

だいたい日本は、米中に騙されっ放しです。
日本の企業の善意と意欲に付け込んで、米中はお金を巻き上げる。

1980年代のカリフォルニアでは、日本企業が800社以上も進出し、アメリカ雇用の30%以上を支えていたのに、90年代に入ると、一年に100社ずつ減っていったそうです。みんなアメリカの詐欺に騙されて、潰れたそうです。

それなのに、日本の外務省は「問題解決」に乗り出さないどころか、「民間の問題は民間で…」と逃げまくり。

いったい何の為に、15以上もの総領事館を置いているのでしょうか? 税金泥棒とは、この外務省の人達の事です。日本の企業がどれだけアメリカ企業や政府に、理不尽な訴訟で苦しめられていようとも、総領事館は知らんぷりを決め込む

もし同胞の日本人を助けたら、アメリカ人に「友人じゃないのか?!と、機嫌を損ねられるからだそうです。でも私なら、「だから、どうした?と言うと思うのですが・・・。

中国で日本企業が騙された時も同じです。

他民族を騙し・欺き続けて、はや200年以上のアメリカと、何千年もの騙し伝統を持つシナ!今後もこの2カ国は、日本を騙し続けるでしょう。アメリカはきっと、デリバィブス(金融派生商品)を上回る騙しのテクニックを使って、日本企業に近づいてくるはずです。

サブプライム・ローンで救済を求めてきたら、『日本が不良債権で苦しんでいた時、どこの国もお金を貸してくれませんでした。それでも、回復できたのは、私達が自力で立ち直る努力をしたからです。他人に助けられた回復は、長続きしませんよ」と言って、

はねつける準備をしておいて頂きたいと思います。麻生さん、期待しています!!



-

No title
☆☆☆ご協力のお願い☆☆☆
6月19日のTBS「朝ズバッ!」で佐藤総務相の西川社長への辞任打診について偏向報道があったので、

『偏向報道にはスポンサー問合せ』にてスポンサー情報を更新いたしました。

TBS系朝400~昼1200
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/pages/24.html

スポンサー問合せにご協力ください。

キム

長篠の戦い
長篠の戦いは徳川が
メインで織田は加勢
で織田の大量の鉄砲隊
は実際なくて秀吉の
模造に過ぎない

愛信

都議選前に解散も、野党3党準備急ぐ
これに対し、社民党の重野幹事長と国民新党の亀井幹事長も「麻生総理の党内の
掌握力は地に落ちている」として、「麻生降ろし」を避けるために7月12日の都議選前に
衆院を解散する可能性があるという見方を示しました。

麻生いなくとも、主権在民、国民一人一人あんたが大将で総力戦を勝ち抜こう。
日本人による日本人のための革命政権、自民愛国派、保守勢力の力を合わせ
て日本独立のための新政権を実現しよう。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
前に美術史の講義で(中世陶磁)平安末期から鎌倉、室町まで日本では陶磁器の発展はみられなかった、他から取り入れて発展させるのが得意な民族ですから、発展させようと意思があれば取り組んだはずです。さらに中世陶器は素焼きが多く、使い捨てであり、今の祭祀で使われる杯のような物が多かったようです。また中世陶器はやたらにすり鉢が多いのも特徴で、調理器には間違いないが、何故かということは解明されていないようです。

手取川さんの言われるとおり、猪や熊など猟師が捕獲して食していたことはあると思いますが、それはマタギのような専門家が獲って、分配していたのだと思います。牛や豚は家畜ですから、裾野が広がって、一揆など起きたときの危険性は鋤、鍬には比べ物にならないと言うことだと思います。

このブログは読みました。「日本が好きなだけなんだよ」という題もさることながら、記事も共感できることが多いです。語り口は違いますが、ねずきちさんと心意気は同じなのだと思います。



天秤棒やすりこぎを喧嘩の道具に使うのと、牛刀を喧嘩に使うのとでは、その結果はまるで違ってきます。

手取川

醍醐味
日本人は獣を食べていたんですよ、江戸時代には当たり前に。 ただし表向きには禁止されていたので、山鯨などと称してね。 牛肉の記録はないけど、チーズの記録はありますよ。
その昔、後醍醐天皇が沖ノ島に島流しされた時に島民が牛の乳から作った代物を献上している。 これが後に醍醐と呼ばれるようになった、日本産チーズそのもので、醍醐味の語源はそこから由来している。
鉄砲が広く普及して生まれた職業が東北のマタギ。 彼らは熊、猪、鹿など狩り、熊の胆は漢方薬として取引され、肉は塩衝けや干物として珍重された。  江戸の後半か? 牛や豚が食料として普及しなかったのは飼育されなかったからで、この酪農というヨーロッパの農業は明治になってから。
野生のこれらは美味くないのは今も昔も変わらない。  北海道でエゾ鹿を食べたけど美味には程遠い代物、土産話しとしてならともかく、お勧めは出来ませんな。
秀吉がバテレンの禁止令を出したのも、宣教師の後ろに見える乗っ取りや征服を見たからではないか。 ただ純粋にそれを信じていた農民などが弾圧の犠牲になったのは気の毒としかいいようがない。 日本人の珍しいもの好き、新しいもの好きが招いた唯一の不幸といえようか。
東インド会社、懐かしい言葉だ、昔世界史で習った記憶があるが、日本との関わりはもっぱらオランダの東インド会社、有田焼などが輸出されたのもこの会社から。 
ロンドンのウエストミンスター寺院の中には歴代の東インド会社の提督の墓がズラリと並んでいる、これは壮観の一語に尽きる。 それに比較して歴代の首相の墓の小さいこと、この対比を見るだけでも歴史の勉強になるので、もしイギリスへ行く機会がある方にはお勧めです。
 

マグカップ

肉食については
動物は食べればそこで終わりで、育てる用地が多くない日本という土地柄から、合理的な面でも肉食文化が発達しなかった。
という話も聞いたことがあります。
神道、仏教などの影響で牛、豚、鶏にも魂があるぞ、って考えから殺して殺して食べるってのに抵抗があった、って方がしっくりきますけどね
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク