新刊『奇蹟の日本史』



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
新刊のお知らせ
『奇蹟の日本史』
ねずさんが描く庶民をこんなに幸せにした日本というシステム

https://amzn.to/3eeXDco
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

最近わかったことで、青銅器は日本では遅くとも8千年前には使用されるようになり、鉄器は3千年前のものが発掘されました。
日本人は、それら金属器を、農機具などの生活用具として使用してきました。
ところがその製法が大陸に伝わると、それらは武器として用いられるようになり、奪う人、奪われる人が生まれるようになっていきました。
もしかすると、その宇宙人というのは、地球外生命体ではなく、地級史のなかにおける日本人の存在なのかもしれません。

https://good-books.co.jp/books/2967/" target="_blank">20220920 奇蹟の日本史
画像出所=https://good-books.co.jp/books/2967/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

!!最新刊!!
    

新刊『奇蹟の日本史』が、出版社のHP、およびAmazonに掲載されるようになりました。
出来上がった表紙のデザインは、日本神話を彷彿させる夫婦岩を、オレンジ色の背景に置きました。

最近わかったことで、青銅器は日本では遅くとも8千年前には使用されるようになり、鉄器は3千年前のものが発掘されました。
日本人は、それら金属器を、農機具などの生活用具として使用してきました。
ところがその製法が大陸に伝わると、それらは武器として用いられるようになり、奪う人、奪われる人が生まれるようになっていきました。
もしかすると、その宇宙人というのは、地球外生命体ではなく、地級史のなかにおける日本人の存在なのかもしれません。

よく、政治は脳、血液は経済、神経がメディアやSNS、細胞が国民、骨が文化・思想に例えられます。
バブル崩壊後の日本は、ずっと経済が不調ですが、国の血液である経済は、骨の髄で作られます。
ですから、骨である思想や文化が欠落したら、いくら血液、つまり流通する通貨の量を増やしても、経済は一向に良くなりません。
実際、567後、国は77兆円もの大金を投下していますが、日本経済は回復するどころか、悪化しています。
骨がしっかりしていなければ、ならないのです。
つまり、文化や思想が国体の根幹として定まっていなければ、何をやっても水泡だということです。
その意味で本書は、日本人の思想、文化の復活の書であるととともに、日本経済復活の書でもあります。

真の民主主義、平等社会、平和の実現
こうした理想を、はるか古代から希求し、実現してきた国、
それが我が国・日本です。

本書は、世界の奇蹟とも言うべき日本の統治の在り方、
そこで育まれた高い民度について、
日本の歴史を振り返りながら具体的に指し示しています。

これはまさに、世界に誇る「奇蹟の日本史」です。

歴史上最も国内が荒れていたとされる戦国時代、日本にやって来たフランシスコ・ザビエルは、
「日本の国民ほど優れた国民はいない」
と記し、それは西洋よりも優れていると断言しました。

幕末に日本にやって来た多くの欧米人は、大人のみならず子どもに至るまで日本人が礼儀正しく、明るく、親しいといった美点を感動をもって綴っています。

本書は、なぜ日本人の民度はそれほど高かったのか、その秘密を
 「生活の安定」
 「平等と民主主義」
 「文化と信仰」
 「国の守り」という視点から、解き明かしています。

《本書の主な構成》
第一章(生活の安定)庶民の暮らしが第一
神武創業(建国の理念)、神武東征(稲作の指導)、備蓄(米倉)、治水、災害疫病対策の観点から。
【コラム】「稲は大陸からやってきた」は本当か?

第二章(平等と民主主義)だれも見捨てられない社会
身分の上下(貴族と庶民、武士と農民など)、男女の差別、貧富の差、家族・共同体などをテーマに、「日本には民主主義がなかった?」を問う。「貧窮問答歌」は日本の庶民の話ではなかったも収録。
【コラム】万寿姫の物語にみる日本的情操

第三章(文化と信仰)深くて高い文化が花開いた理由
日本人の自然観と神道、そして仏教、日本の言語をテーマに、「日本の文化は、中国、朝鮮からもたらされた」「日本文化は渡来人によってもたらされた」「文字も中国からやってきた」の思い込みも払拭。
「漢字が入る前、日本に文字はなかった」は本当か?

第四章(国の守り) 皆で守った日本の国土
神功皇后の三韓征伐、防人、元寇、秀吉の朝鮮出兵をテーマに、教科書では教えない、日本の危機回避の知恵を紹介。


以上のような視点から、世界の奇跡というべき日本の統治の在り方と、そこで育まれた庶民の意識について豊富な事例で語り尽くします。

出版社HP
https://good-books.co.jp/books/2967/

本書は、今年刊行の新刊本の5冊目です。

日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                    
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク