三宮事件に学ぶ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

生麦事件


まぁ、このブログ、話が大東亜戦争にいったり、日清戦争にいったり、あっちこっちしていますが、今日は、幕末です^^;

幕末のころ、神戸の三宮で起こった事件が、またの名を神戸事件です。

この事件は、神戸開港早々の明治元年正月11日に起りました。

鳥羽・伏見の戦いのあと、新政府は、備前(岡山)藩に、大阪界隈の警備出向を命じます。
このころ、幕府の大阪町奉行がいなくなってしまい、関西地区は、いわば無政府状態となって、治安が悪化していたのです。

そこで出向してきた備前藩の家中、日置帯刀の従兵らが、兵庫での昼食のために神戸三宮にさしかかったところ、おりから三名の英人水兵が、その行列を横ぎった。

英人水兵らは、この横断が無礼な行為であり、日本では違法にあたるなんて知らない。
おまけに言語が通じない。

前衛の備前兵が、横断をそれを制するつもりで、槍をあげて威嚇したのだけれど、一人の英人は、ナイフを執ってそれに抵抗する態度を示した。

備前侍も武士です。

警護の滝善三郎が前に出て、たちまちのうちに一人を斬り捨て、一人に重傷を負わせた。


報告を聞いた英国は、この事態を重く見て、すぐに陸戦隊を神戸に上陸させ、同地にあった外国人居留区(当時造成中)を軍事的に占領します。

さらに、英国陸戦隊は神戸の通行を封鎖。

そして大阪湾内にあった諸藩の艦船6隻をすべて抑留します。

こんな事件の起こらない前に、時節がら混雑する際であるから、なるべく街道筋を出歩かないようにと、かねて神戸村の臨時取締役から各外国領事を通じて居留の外国人へ注意を与えてあったののだけれど、残念なことにその意味は徹底していなかった。

英国兵の上陸に、神戸の町の人々は、騒然とします。

なにせ街が、外国人によって封鎖され、占拠された。

発足したばかりの明治新政府にとっても、これは外国を敵に回しかねない緊急事態です。

この時期、明治新政府といったって、まだまだ諸外国には何の信用もない。
なにせ鳥羽伏見の戦いに勝ったばかりの状態です。関東には無傷の幕府が残っている。

幕府の鎖国政策に対し、新政府は、開国の方向を確定するのが第一だと聞いてはいても、各国公使らはにわかにこれを信用するわけにいきません。

一方、明治新政府にしてみれば、三宮事件は、新政府の誠意と実力を示し、諸外国の信用を身につけるための試金石です。
なんとかしなきゃなんない。
さりとて、武士の誉れの道を外すわけにもいかない。

新政府は、島津修理太夫、毛利長門守、細川越中守、浅野安芸守、松平大蔵大輔、それに山内容堂などの連署で、朝廷に建議。各国公使あてに詫書を出すことにします。

詫書は、陸奥陽之助(後の陸奥宗光)が使者になり、英国領事パークスの元に届けられた。

書面には、
--------------------------------
朝廷新政のみぎり、この不行き届きのあるは申し訳ない。
今後双方から信義を守って相交わるについては、こんな妄動の所為のないようきっと申し渡して置く。
今後これらの事件はすべて朝廷で引き受ける。
このたびの儀は、備前家来日置帯刀に謹慎を申し付け、下手人滝善三郎に“切腹”を申し付けたから、そのことを各国公使に告げるよう勅命をこうむった。
--------------------------------

というものです。伊達宗城の花押まである。


しかし、おさまらないのは英国代表のバークスです。
新政府の外国事務掛として神戸にいた伊藤博文は、バークスに善三郎の助命を求めたのだけれど、バークスの怒りは収まらない。

バークスは、
「切腹は、日本武士の名誉であると聞く。
本件は犯罪であり、名誉の死であってはならない。
今後の戒めとなるような厳罰に処することであらねばならない。」
と反論します。


兵庫の永福寺での処刑の日がやってきます。
パークスはふたりの書記官を立ち会わせます。

日本側からは、伊藤俊介、他一名のものが立ち会った。


処刑は、作法通りの“切腹”となった。

切腹した滝善三郎は、風采も卑しくなく、世が世なら、滝善三郎は無礼な外人を打ち懲らしたものとして、むしろお褒めにも預かるべき武士です。

彼は死に臨んでも堂々とし、従容として腹を裂いた。


切腹のあまりの荘厳さと、滝善三郎の堂々とした態度に、英国人立会人は、気圧され、その模様を、詳細にバークスに報告します。

そして、迅速かつ筋道を立てた誠意ある対応と、武士の名誉を守る(切腹)について、頑としてこれを曲げない新政府の態度、そして備前藩士、滝善三郎の従容とした立派な最期に、バークスの心は動きます。

こうした一連の事件に対する新政府の対応は、最初の日英の外交的危機を脱しただけでなく、かえって新政府の実力と、英国との友好関係を深めようとしている姿勢を明確に証明することになった。

また、ひとりの日本武士の切腹に堂々とした態度は、英国人バークスをして、新政府を全面的な支援に向かわせることになります。

そして、英国の完全な後ろ盾を得た明治政府は、この後、幕府方を追い詰め、維新を完成させて行きます。

外交は、国と国とのつながりであるとともに、人と人とのつながりでもあります。

そして相手の言い分を聞くだけではなく、断固としてこちらの文化や伝統を主張し、これを守り抜くという姿勢が大事であることを、三宮事件は私たちに教えてくれているのではないかと思います。

なにも、ねつ造史観まで受け入れて、特ア国のいいなりになることが外交ではありません。
そんな安易なことで相互の国際関係が良好になるなどというのは、とんでもない間違いです。

この事件で切腹して果てた滝善三郎の辞世の句は
------------------------------
きのふみし 夢は今更引かへて
神戸が宇良に 名をやあげなむ
------------------------------

「名をやあげなん」と詠んだ善三郎の辞世の句には、命をかけて名誉を守ることの誉れが謳われています。

そして靖国に祭られている200万の先の大戦の英霊たちもまた、命をかけてこの国の誇りと名誉を守り抜いた。

私たちの先人たちは、こうしてまさに命がけでこの国の伝統と誇りを守り抜いたのです。

いまを生きる私たちは、そうやって日本を守り抜いてくださった先人達のおかげで、いま、こうして息をしている。

その先人達への感謝の心を、いまこそ日本人は思い出すべきときにきているのではないかと思います。

日本人は先人達への感謝の心を忘れるな!と思う方、
↓クリックを↓
人気ブログランキング

幕末~明治維新の群像
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

英雄

No title
ねずきちさんこんばんわ。

愛刀哀剣物語

で検索してみてください。いくつかでますが、{愛刀哀剣物語ーーザ レジェンド オブ アジアン ヒーロズ}で出して見て下さい。

結構よくできてますよ。他のひとにも広めてくだされば嬉しいですよ。

かぐやひめ

ああ堺事件
私、この話(堺事件)を浪速節で聞いて、思い切り泣きました。

神戸事件の相手は英国でしたが、切腹は一人だったから堪えたのでしょうね。堺事件は11名もが睨みつけて血だらけで死んで行くのだから、フランス人でなくてもおびえたでしょう。

小話を思い出しました。
英国人の「なれない職業」芸術家
フランス人の”なれない職業”政治家
ドイツ人の”なれない職業”商売人
イタリア人の”なれない職業”軍人
そして、わが日本男児には無理な職業は「ジゴロ」だそうです。

椿

追記
追記:

記のウィキペディアには記載がないのですが、私が聞いた話では、この切腹した志士達の一人に、フランス人公使の目の前で、堂々と切腹をし、『その中の一人の武士が、かっさぱいた腹の中に、手を突っ込み、腸を掴み、フランス人公使にめがけて投げつけ、腸を投げつけられたフランス人公使は、その土佐藩の志士達の武士魂に、驚愕し、その後の『切腹は中止』になった』と聞きました。

>>「箕浦猪之吉」という武士が、『フランス人共聴け。己(おれ)は汝等(うぬら)のためには死なぬ。皇国のために死ぬる。日本男子の切腹を好く見て置け』と云ったそうです。

箕浦は短刀を棄てて、右手を創に※し込んで、大網(だいもう)を掴んで引き出しつつ、フランス人を睨(にら)み付けた

最初から、箕浦の挙動を見ていたフランス公使は、次第に驚駭(きょうがい)と畏怖(いふ)とに襲われた。そして座席に安んぜなくなっていたのに、この意外に大きい声を、意外な時に聞いた公使は、とうとう立ち上がって、手足の措所(おきどころ)に迷った。<<

ここに少し記載されていました。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/2547.html



椿

『最後まで戦い続ける』事の大切さ!

大阪の堺にも同じような事件があったようです。
堺事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

私はずっと以前に、この『堺事件』に関する本を読んだことがあります。この上記の説明には記載が無かったのですが、確かフランス人水兵たちが、大阪の女性達を強姦したり、暴行を働いたりなど、堺で横暴の限りを尽くし、それを見かねた武士達が、フランス人水兵たちを“斬り捨てた”のだと聞きました。

ですが、高知の武士達は、実に“立派な最期を遂げた”と、私は日本人として、心から誇りに思いました

大和魂ここにあり!』を、賤しいフランス人水兵たちに、ここぞとばかりに見せつけた、実に誇らしく、胸のすく実話です。

この武士達の志を受け継がずして、何が日本人ぞ!』と、心が燃え上がります!

現在の日本には、色んな外国勢力が溢れかえっていますが、一人でも、『ご先祖様の志』を忘れずに、たとえ今はどんなに苦しくても、最後まで、この日本の為に戦い続ける覚悟です!!






けんぶつ

No title
南京・重慶など、左翼プロパガンダに利用されているような生々しいところを紐解いてくださいませんか。

南京の虚偽が指摘されると、次は重慶です。左翼の宣伝は簡単で、重慶に絨毯爆撃を加えて無差別殺戮をおこなった日本軍のせいで、その報復の東京大空襲や長崎・広島原爆がある。原爆被爆の相対化と日本が悪いという理論構成です。

平和運動を反日運動へとからめようという意図は丸見えです。ねずきちさんの切り込みで生々しいところをお願いします。ズバっとお願いします。

愛信

鳩山代表らを告発=献金虚偽記載容疑で東京地検に
民主党の鳩山由紀夫代表が政治資金収支報告書に故人の名前などを記載していた
問題で、「鳩山由紀夫を告発する会」を名乗る団体が3日、政治資金規正法違反容疑
で、鳩山氏と会計責任者の秘書らの告発状を東京地検に提出した。 

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
【置きビラ・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bingo

No title
今の政治家の中に、武士道をわきまえた御仁がいるかな~とつい考えてしまいました。

わきゃ分からない、「友愛」なんてメルヘンチックな言葉を発する、気持ち悪い御仁が、党首という政党もあるが・・・・・・・・・

日本の政治が悪くなったのは、やはりメリケンの個人主義や、雑種文化の血統的なものが日本の政治に入り込んだことにあると、つくづく思いました。

結局のところアメリカが持ち込んだ民主主義なんて幻想で、自由、平等、博愛なんつもんも、大衆を騙すスローガンにすぎないってことです。

bb

ねずきちさん、本当にこんばんは。
普段この時間には眠っています。

武士にしても、日本軍にしても上から下まで立派ですね。
わたしも下のほうですが、頑張ります。

千葉徳爾(とくじ、字、間違っているかも)著「切腹の話」という著作面白いです。

かぐやひめ

昔の日本人は面構えが違いますね
明治の人々は、なにより、歯をくいしばった堂々たる口元です。目元より、口元の方が豪快ですね。

神戸は新しい街で、明治開港以来120年になります。三宮事件は三宮神社の前あたりで発生したそうですが、神戸人のほとんどが知りません。まったく、恩知らずにもほどがあります。

一触即発の東西のにらみ合いの緊張の中、武士としての責務をはたしたばっかりに、死ななければならなくなった、彼には妻もいたはずです。
外国人の注視の中で、作法通り立派に死んでいった滝善三郎に、西洋人は、みな、圧倒されたと言います。

上陸してきた敵を滝善三郎はいわば「大和魂で」迎え撃ちました。
彼の犠牲は無駄ではありませんでした。

語り伝えていない神戸人が情けない。
正しい歴史を教えなければなりませんよね。

しかしながら、戦前の歴史は「古事記・日本書記」が中心で、天皇家の歴史だから、神代の物語で、ほぼ一年が終わったと、母が言っていました。
天皇家を襲った蘇我氏、足利尊氏が、悪者で、楠正成が、すごい英雄だったみたいです。
それも、また、正しい歴史だったとは思いかねます。

話変わりますが、機械には耐用年数というものがあります。
昨今の社会の疲弊は、明治日本の理想=富国強兵と殖産興業=が耐用年数がつきて破綻したのに、新しい国の形を夢見れないところにある気がします。

でも、得体のしれない「友愛」は、いやです。
そうではなく、確かにせまくなってしまった世界は「融和」しなければ、もたないでしょう。
そのためには、相手の文化を尊敬しないと、いけません。
殴りこんできて、嘘八百ならべて、日本を貶めて「友愛?」わけわかめ!

愛信

定額給付金、名古屋の受給まだ3割 愛知が全国最下位に
◆申請書47万通あて先不明
定額給付金で、世帯主に郵送した支給申請書のうち、6月26日時点
で47万1567通があて先不明で返送されていたことが分かった。

宛先不明で戻った申請書47万通しかし、選挙の投票所入場券は戻っていない。
選挙での投票所入場券では見られなかった傾向、偽装有権者の大移動、東京23区
で5万のほかに愛知47万、沖縄10万、大阪3万等々投票券を騙し取り替え玉投票を
繰り返している創価学会公明党の選挙違反の手口が露呈した。最近の期日前投票の
激増の大きな要因。1世帯当たり2~3人家族であるから実際は数倍の偽装有権者数
となる。最近の選挙投票所で親子を偽装して摘発された事件も起きている。

このような組織犯罪は行政と結託しなければ不可能。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

歴史に感謝
生麦事件は神奈川で「薩摩藩」が起こした問題でしたね。
明治維新はこれらの高い責任感・使命感・論理観を持った武士が外国人に知られ、その後の新渡戸稲造の武士道につながる。武士道を根に持つ国民性と感じた精神的遺産と日清・日露戦争・昭和の大東亜戦争を戦った無名お戦士の遺産で今日の日本人が生きて居るのは間違いないでしょう。

日本が世界でも好感を持垂れているのは、昭和・平成の現在だけの人間が作り出したものではない事も肝に銘ずべきでしょう。
これらの遺産の歴史を日本人が知る事で自信を取り戻す、自慢し日本は優れているのだ、だけでは世界は認めないでしょう人の為・国の為日本人は信義を持って付き合える国で有る事を再確認させ得る「行為・行動」、間違いが有れば正す・不法な干渉が有れば排除する。明治の人の気概を今一度取り戻す「教育」が為される事を願うのみです。

先人たちの感謝を忘れないで欲しい。賛成・クリックです。

ねずきち

No title
げっ((;゚Д゚))

ヤバ━━ヽ(●。□゜◎)ノ━━ィ!!!

大和猛さん、ご指摘、ありがとうございます><;;

いま、修正しました。

大和猛

生麦事件は
生麦事件は神奈川で起きた事件だよ、歴史をもう少し勉強しようね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク