傭兵と武士



人には情があり、これを人情といいます。
そして義理のためには命をもかける。
日本では、それは武士の道というだけでなく、底辺に生きる一般庶民の中にも、あたりまえの道として存在し続けていたものです。

20190510 三十年戦争
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

日本をかっこよく!

以前にグリンメルスハウゼンの『阿呆物語』(岩波文庫)から、17世紀の西洋における傭兵のことをご紹介させていただきました。
あらためてすこしだけ引用させていただきます。

*****

兵隊どもは短銃の撃鉄から燧石(ひうちいし)を取り外し、そこへ百姓たちの手の拇指をはさんで締めつけ、憐れな百姓たちを魔女でも焼き殺すかのように責めたて、捕えてきた百姓の一人などは、まだなんにも白状しないうちからパン焼き竃の中へ放りこまれ、火をつけられようとしていた。
他のひとりの百姓は頭のまわりに綱を巻きつけられ、その綱を棒切れで絞られ、口や鼻や耳から血が流れ出た。
要するにどの兵隊もそれぞれ新工夫の手段で百姓を痛めつけ、どの百姓もそれぞれお抱えの拷問者に傷めつけられた。
(中略)
連れてこられた女や下婢や娘がどうされたかは、兵隊どもが私にそれを見せようとしなかったから、私にもよくわからない。しかし、あちらの隅やこちらの隅から悲鳴がきこえたことは、今もよく覚えている。


*******

このときの情景を絵にしたものが、冒頭の絵です。
著者のグリンメルスハウゼンは、みずからの体験を綴りました。
そして上にあるお話は、誇張のある話ではなく、日常的にあったことといわれています。

三十年戦争が行われたのは、1618年から1648年のことです。
それは日本いうなら、江戸時代初期。国民生活が平和と安定を享受していた頃です。
日本が平和な日々を送っていた、ちょうどそれと同じ頃、西洋では人倫を無視した蛮行が日常的に行われていたのです。

西洋社会は、15世紀半ばから17世紀半ばの大航海時代、そしてその後に続く植民地時代(17世紀半ばから20世紀)によって、たいへんに豊かな時代を迎えたとされます。
けれどそんな豊かになっていたはずの17世紀の初頭から中頃にかけてさえ、上にある『阿呆物語』に描写されているような蛮行が、国内で公然と行われていたのです。

この文で、大暴れしているのが、西洋の傭兵(ようへい)たちです。
傭兵というのは、西洋では戦いの主役でした。
ヨーロッパの王国は、国王直属の軍隊が戦うのではなく、国王が傭兵を雇って戦いをしていたのです。
理由はコストの問題です。
いつの時代も同じで、経営に際して最も多くのお金がかかるのが、人件費です。
とりわけ兵というのは、日頃は仕事が少ないけれど、いざ戦いとなると多くの人数を必要とします。
そこで、一時雇いの傭兵が用いられたのです。
これは、古代ローマ帝国の時代も、近世の国王の時代も同じです。

一方、傭兵たちは、戦いのときにしか仕事がありません。
雇われるときには少しでも高い値段で雇ってもらったほうが得なわけですから、体を鍛えて筋骨隆々としたいかにも堂々とした体格になりました。で、みるからに強そうであることが有利な条件となりました。
厚い胸板、丸太のような腕は、傭兵としての価値を上げます。
さらに人と接する態度も、日頃からいかにも不敵であり、協調よりも自らの強さを誇る傲慢な態度が、必要でした。
なぜならそれが、自分を高値で売り込む要素になるからです。

ところが同時に、(ここが大事なのですが)傭兵にとっては、自らの肉体だけが稼ぎの元手です。
ですから彼らは、戦いが始まるまで、そして戦いに勝つときは、はまさに破竹の勢いの勇猛果敢でした。
けれど、少しでも戦いが不利になると、すぐに逃げ出しました。
戦いで死んでしまったり、怪我でもしたら、次から稼ぎがなくなるからです。
そうでなければ、食べていくことができなかったのです。
これは当然の行動です。

つまり、国家意識のない専業軍人としての傭兵は、肉体的な外見は、いかにも筋骨隆々でたのもしいし、いつも強がっているし、勝ち戦なら勇猛果敢な戦いぶりを見せますが、ひとたび不利となるとすぐに逃散する。
これが彼らにとっての生きる知恵であったのです。

これが変化したのが、フランス革命後のナポレオンの登場で、ナポレオンの軍は、兵を直接雇用したし、兵たちはフランスのために戦いました。
ひとりひとりは、日頃は普通のおっちゃんや兄ちゃんですから、けっして強そうではない。
けれど、彼らは国のために戦いました。
ですから、怪我をしても、不利な戦いとなっても、死ぬまでどこまでも戦い続けました。

周辺の王国の兵は、傭兵で、戦いが少しでも不利になったら逃げる兵。
ナポレオンの兵は、国のためにどこまでも戦う兵。
結果その強弱は明らかで、ナポレオンは破竹の勢いでヨーロッパ諸国を席巻することになります。

そしてナポレオンの軍があまりに強いから、周辺諸国の王は、民主化を実現して、国民が国ために戦うように仕向けようとして、王も憲法の下に所属する人間だというふうにしたのが、立憲君主制のはじまりです。
(以上の説は宮脇淳子先生のご著書で勉強させていただいたことです)

一方、日本における武士は、もともと平安中期に生まれた新田の開墾百姓たちがはじまりです。
彼らは自分たちの土地を守るために、自主的に武装をするようになり、さらに訓練して武力を高めていきました。
そして戦いは、自分とその家族や一党がいる土地を守るための戦いでした。
ですから日本の武士は、国のため、土地のために、どこまでも戦いました。
怪我をしても、不利な戦いとなっても、死ぬまで戦いました。
世界の兵の武装、つまり鎧兜のなかで、盾を用いないのは、日本の武士たちだけです。
武士は、身を捨ててでも、土地を、国を守り抜いたのです。

もちろん英国におけるナイト(knight)のような存在もあります。
ナイトは、騎馬で戦う勇敢な者に与えられた名誉的称号としてはじまり、後に準貴族身分とみなされ、キリスト教の規範意識を持つ紳士を指しました。
彼らは勇敢で、どこまでも戦う人たちでもありました。
そして多くの騎士は、自らの領土を持つ大地主でもありました。
彼らは礼節があり勇敢でした。
そしてこのナイトが、後に軍の将校となりました。
そして戦いの際の兵には、一般の農民や市民が徴兵されるようになりました。

第一次大戦の頃には、いまでは想像もできないほどの兵が犠牲になりました。
ヨーロッパにおける第一次大戦の死者戦傷行方不明者は、両軍併せておよそ4000万人です。
当時の世界の人口はおよそ16億人です。
そのうちの半分が女性、そして残りの半分が老人と子供です。
つまり、兵として戦える適齢期の男子の10人にひとりが戦争で亡くなったのです。
その背景には、兵はいくら失っても、また補充すれば良いという思想があったともいわれています。
さらに民間人に、これをはるかに越える死傷者が生まれました。

そんな戦いにおいて、多くの戦場で兵たちが次々と亡くなっていくとき、多くの場合、将校たちは負け戦では、兵を置いてさっさと逃げていったことが数多く報告されています。
傭兵の時代と同じなのです。
死んだら元も子もない。
けれど、兵が死ぬのはいっこうに構わない。
いまだけ、カネだけ、自分だけという思想は、いまに始まったものではないのです。

けれど、人には人の道ってものがあります。
誰かを犠牲にして自分だけ助かり、あるいは強がって見せながら、いざとなったら逃げ出してしまう。
挙句の果てが、戦いがないときは、無防備な農家を襲ってやりたい放題。
そんなものは、人倫を外れています。

人には情があり、これを人情といいます。
そして義理のためには命をもかける。
日本では、それは武士の道というだけでなく、底辺に生きる一般庶民の中にも、あたりまえの道として存在し続けていたものです。

ちなみに、日本の武士は、宮本武蔵のような大柄な人を除いて、多くの場合、体型は小柄で痩せ型でした。
明治時代になってからも、日本人男子の体躯は、ドイツ人の女性のレベルでした。

ところが、そんな小柄で痩せていた日本人が、2キロの重さのある両刀を常時腰に下げ、60キロもある米俵(こめだわら)を一日中軽々と担いだりしていました。
いまでは、コンクリートの袋は、1袋(こうかいて「いったい」と読みます)25kgですが、これを一日中、上げ下ろしをするのは、体格の良い白系、黒系外国人労働者であっても、息があがるそうです。
ところが一昔前までの日本ではコンクリートの袋は1袋50kgで、それを昔の人は軽々と担いで一日中上げ下ろしをしていました。

どうしてこのようなことができたのかというと、実は力の使い方にあるのだそうです。
これは古武術をしている友人から聞いたのですが、昔の人は力の使い方をよく心得ていたために、体重50kgの人が、100kgの人を軽々と投げ飛ばすことができたそうです。

現代では西洋式スポーツの影響で、できるだけ筋肉にストレスをかけて、堂々としたキン肉マン的体型にすることが良いこととされていますが、昔の日本ではまったく逆に、できるだけ体にストレスをかけないで重作業ができるように様々な合理的な身体の使い方が工夫されていたのだそうです。

そのあたりも、傭兵の歴史を持つ西洋と、民のために命をかける武士の流儀の違いが元になっているようです。


※この記事は2019年5月の記事のリニューアルです。
日本をまもろう!

お読みいただき、ありがとうございました。
YOUTUBE
日本の心をつたえる会チャンネル
むすび大学チャンネル


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第101回倭塾 2023/5/14(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
第102回倭塾 2023/6/25(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
第103回倭塾 2023/7/22(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
第104回倭塾 2023/9/23(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
第105回倭塾 2023/10/14(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F

                       
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク