君が代



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

君が代と日の丸


昨日、日の丸の記事を書かせていただきました。

やっぱ「日の丸」ときたら「君が代」☆

というわけで、今日は「君が代」について書いてみたいと思います。

実は、7月15日に書かせていただいた「大山巌元帥」と、この君が代、深い関係がある^^v
■大山巌・・・西郷の再来と言われた男
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-560.html

明治維新の頃のことです。

横浜の英国大使館護衛部隊に、軍楽長ジョン・ウィリアム・フェントン(John William Fenton)という人物がいた。

フェントンは日本ではじめての吹奏楽の練習として薩摩藩の青年たちを指導していた。

それが「薩摩軍楽隊」で、実は日本初の吹奏楽団です♪

なにせ、楽器といえば、お琴や三味線、和太鼓、和笛くらいしかなかった時代のことです。言葉も通じない。さぞかしたいへんなご苦労だったことと思います。

「薩摩軍楽隊」は、フェントンの指導を受け、明治元年(1871年)には、「日本海軍軍楽隊」へと発展します。

翌明治2年(1872年)10月、フェントンは、大山巌に進言した。

「明治新政府になにか儀礼音楽が必要です。ついては、何かふさわしい曲を選んだらどうでしょう?」

「なるほど」とうなづいた大山巌は、数人と相談して、平素自分が愛唱している琵琶歌の「蓬莱山」に引用されている「君が代」を選び、作曲をフェントンに頼みました。

ところがフェントンが作曲した「君が代」は、イマイチ評判が悪かった。
コラール風で、アイルランド民謡ぽかったのだそうです。
どんな旋律だったのでしょうね^^b

で、1876年(明治9年)に、海軍楽長・中村祐庸(すけつね)が「君が代」楽譜を改訂する上申書を海軍軍務局長宛に提出します。

ジョン W.フェントンと中村祐庸(すけつね)
ジョン W.フェントンと中村裕庸


中村祐庸は、こう書いた。

「(西洋諸国において)聘門往来などの盛儀大典あるときは、各国たがいに(国歌の)楽譜を謳奏し、以てその特立自立国たるの隆栄を表認し、その君主の威厳を発揮するの礼款において欠くべからざるの典となせり」

もちろんフェントンも同意の上です。

そしてようやく、1880年(明治13年)、明治政府は、宮内省雅樂課に委嘱し、課員数名の中から奥好義の作品が選ばれた。

選ばれたメロディに、一等伶人(雅楽を奏する人)の林広守が補作して、発表されたのが、いまに伝わる「君が代」です。

ちなみに、この曲に洋楽風の和音をつけたのは、当時音楽教師として日本に滞在していたドイツ人の音楽家フランツ・エッケルトです。

君が代の旋律は、いわばイギリス、ドイツ、日本の合作なんですね。


この曲については、次のようなエピソードがあります。日本の代表的作曲家山田耕作氏
は、若い頃ドイツに留学していました。

その頃、ドイツの大学の音楽教授たちが、世界の主な国歌について品定めをしました。

結果、第一位に選ばれたのが日本の「君が代」だったそうです。


さて「君が代」の歌詞です。

君が代の歌詞は、古く、平安時代の延喜5年(905年)に編纂された『古今和歌集』の『巻7、賀歌の初めに「題しらず」「読み人知らず」として、掲載されている。

ちなみに、『古今和歌集』は、実は、日本で初めての勅撰和歌集です。
醍醐天皇の勅命によって編まれました。

『古今和歌集』は、万葉集から撰者らの時代までの140年間の名歌を集めたもので、カナで書かれた“序”の執筆は、なんとまぁ紀貫之です。すごい!

『古今和歌集』は、天皇の勅命により、国家事業として編んだ最初の和歌集であり、平安中期の国風文化確立にも大きく寄与したといわれています。

『枕草子』には『古今和歌集』集を暗唱することが、平安中期の貴族にとって教養とみなされたとも記されている。つまり「君が代」も、それだけ著名だった。

そして君が代は、その後に編纂された、『新撰和歌集』にも、『和漢朗詠集』にも掲載された。名歌なんですね。

時代が下がり江戸時代になると、神様のお祭りや、仏様の供養、それに酒宴の席などでは、盲目の乙女や、琵琶法師が歌い、全国的に広く普及していた。

例えば婚儀の席で歌われるときは「君」とは新郎のことを指し、すなわち新郎の長寿と所帯の安息を祝い祈願する歌として用いられたんです。

大山巌は、フェントンの進言を受けたとき、きっと、薩摩琵琶の歌の『蓬莱山』の祝い歌の歌い出しにある「君が代」に、すぐにピンときたのでしょうね。
君が代は、当時においてもそれほどまでに一般的なものになっていた。


君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
巌(いわお)となりて
苔(こけ)のむすまで


さて、「君が代は」でいう「君」とはなんでしょうか。

左巻きの人たちは、君とは天皇であり、この曲は天皇崇拝、軍国主義賛美の曲であると主張します。

しかし、君が代の「君」には、どこにもそんなことは書いてない。

「君」とは、友であり、親兄弟であり、恋人であり、妻であり、子や孫でもあります。
そしてそれらを統合した日本国民すべてであり、もちろん陛下でもあらせられる。

だから、そうした「君」が、千代に八千代に(未来永劫栄えるように、あるいは長生きして平和に幸せに暮らせるように)と詠んでいる。

歌う人は、永遠に守り抜くと、詠んでいる。

永遠です。

千代に八千代にです。

攻めることではなく、守ると詠んでいる。

実に平和的で、実にやさしくて、実にありがたい歌詞だと、ボクは思うのです。

愛するあなたを未来永劫守り抜くために、小石が固まって岩になって、苔が生えるまで、ずっとずっと・・・・なんて、愛の告白としても、最高です。


「さざれ石」というのは、細かな石です。
その細かな石が、固まって岩石になったものを「礫(れき)岩」といいます。

細かな小石が、岩になるのです。

さざれ石
さざれ石


その順序はこうです。

日本列島の周辺に地向斜という細長い海ができる。
そこに大陸から運ばれてきた小さな石(さざれ石)が堆積を続ける。
何千万年という長い間に、小石が圧力で固結して岩石となる。
そこが、やがて地殻変動で、隆起して山脈となる。
そしてその山脈から発見されるのが、さざれ石の“礫岩”です。


そんなにながい間、気の遠くなるような永い間、ずっとずっと君を守り抜く。

いや、それだけじゃない。その岩に、苔がはえるまでも、ずっとずっと・・・


ヾ(*`ω´*) オィ!!
このどこが軍国主義なんじゃ!!言うてみぃ!!(笑)


戦争云々をいうなら、どこの国でも、戦争のときは国歌を歌い、その軍隊は、国旗を掲げて戦争をしています。

実際、どこの国の国歌も国旗も、みな戦争につながっている。

ちなみに、シナの国歌は、次のような歌詞です。

【中華人民共和国国家】

立て、奴隷となるな
血と肉もて築かむ
よき国 われらが危機せまりぬ

今こそ 戦うときは来ぬ
立て立て 心合わせ敵にあたらん
進め進め 進めよや

なんともまぁ、血なまぐさい。
興味のある方は、曲を検索してみてください。
めっちゃ、勇ましい旋律にもなっています。


【アメリカ合衆国国歌】

見よや 朝の薄明かりに
たそがれゆく 美空に浮かぶ
われらが旗 星条旗を

弾丸降る 戦いの庭に
頭上を高く ひるがえる
堂々たる星条旗よ
                       
おお われらが旗のあるところ
自由と勇気共にあり


これらにくらべて、日本の国歌「君が代」の、なんと平和なことか。


ちなみに戦争をいうなら、1480年(文明12年-室町時代)から、1941年の(昭16年)までの戦争の回数は、次のようになっています。

イギリス 78回
フランス 71回
ドイツ  23回
日本    9回

日本は、極端に少ない。日本はそもそも争い事を好まないんですよ。

そして明治天皇の有名な御歌・・・

四方の海
みなはらから(同胞)と思う世に
など波風の 立ちさわぐらむ

「みなはらから」です。

平和を希求し、人々が互いに争うことなく、人々が千代に八千代に栄えようとする陛下の御心が、この一首をみてもあきらかといえるのではないでしょうか。


話が脱線してしまいましたが、この「君が代」を国歌として認めないだとか、「君が代」を歌わないだとか、そういうヤカラは、ようするに、

日本の伝統を知らない(教養がない)、
平和を守る気持ちがない(好戦的)、
人を未来永劫愛するという心がない(愛を知らない)

つまり、どうしようもないクズであると、ねずきちは断じたいのです。


しかし残念なことに、戦後日本にはこうしたどうしようもないヤカラがいるから、平成11年(1999年)、「君が代」は、正式に国歌として法制度化された。

実は、それまで、君が代は、明治大正昭和にかけても、国歌とする法はなかったのです。

それでもみんなが「君が代」を国歌と思ってきた。

法があろうがなかろうが、幾百年にわたって、広い地域で多くの先人に歌い継がれてきた御歌が、興るべき時に稀世のメロディを得て、世界に認められる儀礼曲となった「君が代」です。

「君が代」の旋律と歌詞は、それだけ多くの日本人の心の歌となっていたのではないでしょうか。


「君が代」は、我が国一千年を越す歴史の所産です。
琵琶曲から、洋風曲となってからも129年用いられて、今日に至ったている。

すばらしいじゃありませんかっ!

わたしたち、いまを生きる日本人は、なにも木の股から産まれたわけじゃない。
親がいて、そのまた親がいて、そのまた親がいる。

代々続く伝統や先人達の努力のおかげで、わたしたちはいま、こうして生きています。


古今和歌集編纂から1100年。
綿々と歌い継がれた「君が代」が、私たちの住む日本の国歌であることは、わたしたち日本人の誇りといえるのではないでしょうか。

やっぱ日本て、いいなぁ~♪

♪ 君が代は
  千代に八千代に
  さざれ石の
  巌(いわお)となりて
  苔(こけ)のむすまで


素晴らしい祖国日本に乾杯!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

君が代
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

在日がまぎれこんでますね
気持ち悪い
いい気分で記事を読んでたのに台無しです

るばーと

「君」は天皇ですよ
> 君とは天皇であり・・・
> しかし、君が代の「君」には、どこにもそんなことは書いてない。

笑ってしまいました。
明治13年に曲がつけられた時から
君が代の「君」には天皇以外の意味が無かったことを
ご存知ないのでしょうか。

戦時中に「君とは、友であり、親兄弟であり、恋人であり、
妻であり、子や孫でもある」なんて言う人がいたら
気が狂っていると思われるか、不敬罪か何かで捕まったかもしれません。
軍隊にいたら顔の形がわからなくなる位殴られたかもしれませんよ。
今の時代でよかったですね(笑)

12-23

No title
君が代

とても荘厳な感じで身が引き締まる良い曲だと思います。

他の国と違い「皆で戦う」でもなく戦意高揚にもつながらない、我が国の国民性を表す優しい曲です。

小学生の時、先生から「君」は天皇だと教えられましたが
大人になり「陛下」を「君」はないだろうと。。

もしそうだとしたら、「おおらかでいい国だねぇ」とも
思います。
「君」は、自分を含む全てのもので素敵な歌です。

反日教師たちは間違っています、公務員である以上
歌いなさい「君が代」。

公立学校の子供たちの歌う手本になるべきです。
朝鮮学校でも補助金(税の免除等)を受けているのなら歌いなさい

歌うのが嫌なら民族の誇りをもって補助金を返しなさい
(もらってるかどうか知りませんが)

しかし、私は「君が代」が好きではありません。。
なんかシンキくさいんだもん。。。。

「考え」と「気持ち」がバラバラで困ります。。。。





やまだこうさく

われら愛すの編曲者
当時審査員であった山田耕筰が編曲したものが
「われら愛す」の原点なので、
編曲者を書くならば、山田耕筰が妥当だと思います。

かぐやひめ

われら 愛す
http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/wareraaisu.html
上記HPより転載しました。

サントリーがスポンサーとなり、新国歌誕生へ動いたことは皆さんご存知の通り。
1990年に日本テレビがこの曲のことを取り上げたときに、当時を回想して、サントリーの佐治敬三社長は次のようにインタビューに答えてます。
「当時は、国旗の掲揚も出来ないし、「君が代」も歌えないし、国民の頼りどころがなくなっているような気がしました。民間会社としておこがましいが、国民全部が歌えて、それによって勇気付けられるような、新国民歌を募集しようということになりました。「ラ・マルセイエーズ」はフランスで民衆の間から起こってきて、今国民歌になって、国民歌というより国歌になっているわけですから、そういう歌があってもいいんじゃないかと・・・・」

われら愛す(新国民歌)
          (1953)
        作詞=芳賀秀次郎
        作曲=西崎嘉太郎
        編曲=高浪 晋一

一、われら愛す
   胸せまる あつきおもいに
   この国を われら愛す
    しらぬ火 筑紫のうみべ
    みすずかる 信濃のやまべ
   われら愛す 涙あふれて
    この国の 空の青さよ
    この国の 水の青さよ

二、われら歌う
   かなしみの ふかければこそ
   この国の とおき青春
   詩(うた)ありき 雲白かりき
    愛ありき ひと直かりき
   われら歌う おさなごのごと
    この国の たかきロマンを
    この国の ひとのまことを

三、われら進む
   かがやける 明日を信じて
   たじろがず われら進む
    空にみつ 平和の祈り
    地にひびく 自由の誓い
   われら進む かたくうでくみ
    日本(ひのもと)の きよき未来よ
    かぐわしき 夜明けの風よ

みなさん、こういう歌があったの覚えていらっしゃいますか?
私は、けっこうこの歌がすきなので、最近消えてしまったのをさびしく思っていました。この歌でも泣けます。
でも、君が代を排斥しようとする人々に利用されようとしたいきさつがあるらしく、ならば消えても仕方がないかと思います。

一教師

日教組に言いたいこと
問題のポイントは2つ。教育権は元来親にあり教師はその親から託されているにすぎない。他所の子への教育方針は個人的情念(彼らの言う国民感情)では無く、理性的判断によるべし。その際の判断基準は社会契約たる憲法(特に第1条・第99条)の理性的解釈によるしかない。

Lay

天は味方する!
かぐやひめ 様

>危機の時であればこそ、お互いの考えを確かめあい、自分の立ち位置を確認し、小さな一歩からでも実践しようというせつない姿勢に、天は必ず味方します。<

私もそう思います! 大切な事は自分だけの「納得」で終わるのではなく、できるだけ多くの人に「ねずきちブログ」を読んでいただく「広報活動」を、一人一人が展開すること、「真正保守」の人数を地道に増やす事だと痛感しています。

>こうして、最大会派の所属議員は、「口利き」に大きな力を発揮し業者と結託し、その上前をはねる、それが市会議員の商売の仕方だとわかった時、いずれ、よしんば可能でも、そんなものになっても仕方がないと気付きました。
おおかた、現状では、これを大きくしたのが国会議員ではないかと思っています。 < 

これもその通りでしょう。 情けない話ですが、国民そろって守銭奴が増えているのですから、国会議員でさえ例外とは言えず、いや、むしろ構造的には莫大な利権がゴロゴロしているわけで、他国からの「諜略の金」(=ODAのキックバック等)に群がる売国議員の出現は必然といえます。 

これを防ぐには諸外国には当然制定されている「スパイ防止法」が必要なのですが、不思議な事に日本には無いのです。 おかしいじゃないですか?? 「憲法九条」で他国との不戦をうたうなら、日本への「人・物・金」の出入りには細心の注意を払わなければならないのが道理です。

ではなぜ「スパイ防止法」ができないのか? そうです!賢明な皆様にはお気づきのように、日本の国会議員には与野党を問わず「売国議員」の群れが存在し、「スパイ防止法の制定」に反対するからです。 私は、これほど確かな「踏み絵」もない、と考えています。

さて、いったい日本は今後どうなるのでしょうか? 民主党の「本性」を読めない国民が大勢いるのです。
衆愚と言われればそれまでですが、その衆愚の情報源であるマスコミを反日左翼に牛耳られているのですから、大衆の責任だけとも言えません。

私は「NHKへのデモ」が真正保守の行動転機になる予感
がします。 いままでの、左翼が鉄パイプとヘルメットでアジるデモではなく、普通の親子が整然と歩き、普通の言葉で、「売国スパイ議員は国会から出て行け~!」「日本の議員なら靖国に参拝しろ~!」「日本の教科書には日本の歴史を書け~!」と叫ぶのです。

これからは我々真正保守が行動しなければいけません!
子どもたちを共産中国の奴隷にするわけにはいかないのです!

ミヤビ

かぐやひめさん応援します!
どうかチャンスがきましたら立候補してください。
ねずきちさんの仲間から、国を思い正しい道を守るため
ネットの世界を飛び出して現実の世界で活躍する方があらわれたら、とっても素晴らしいことです!
組織票がないのですか・・・
公明党の力を借りれば6000なんて簡単なんでしょうが・・・
とにかくかぐやひめさんが当選したら僅かですが献金させちただきます!

かぐやひめ

LAYさん、本当におっしゃるとおりです
政治家さんたちが”政治屋”になってしまった。昔は、政治家なんかになったら、家の資産をつぎ込んで”井戸塀”しか、残らないと言われたのに、今や、特亜とうまくつながって商売の上前をはねると、一夜にして、億の儲けになるらしい。

しかるべき地位に居る人が「ただ、波風を恐れ」上手に世渡りし、少しでも余分に儲けようとする」
いや、まだ、個人の利益のためだけなら、まだしも。
一定の教団の教祖のために、日本を売ろうする組織も。

私は、地域でちょっと目立った活動をすると「市会議員を狙っているのと、違うか?」と、陰口をたたかれ驚きました。
あんまり大勢に言われるので、市会議員に当選できる条件を考え、もし、市会議員になったら何ができるかを考えてみました。私のところでは6000票が当選圏みたいです。現職引退時を狙うか、現職をたたき落とすしか当選はできません。ここでも、学会票がかなりの「仕事」をします。そして、私には組織票がありません。市会議員当選は不可能です。他人は、簡単に言いますが・・・

なれないものの、市会議員になったら、どんなことが可能になるか考えました。つまり現職のみなさんが、何を主たる業務にしているか、その権力の理由は何か。
選挙のたびにぺこぺこする彼らが一番いばる相手は市職員です。なぜなら、条例を市議会で通して、もらわなければ行政は仕事ができないからです。一匹狼の議員、あるいは、小さな会派、少数政党なんかは、ちっとも怖くありません。議会を通過できるか出来ないかのカギを握るのは最大会派だけです。
こうして、最大会派の所属議員は、「口利き」に大きな力を発揮し業者と結託し、その上前をはねる、それが市会議員の商売の仕方だとわかった時、いずれ、よしんば可能でも、そんなものになっても仕方がないと気付きました。
おおかた、現状では、これを大きくしたのが国会議員ではないかと思っています。

それなのに!それなのに!今この時に麻生総理がいた!!!奇跡です。
財閥の息子だから金に執着しなくていい・・・だから、できたことで、だから、このあたりがマスコミのねたみの集中砲火を受けました。

私は、ひそかに思うことがあります。
麻生さんが党を取りまとめられなかった本当の理由は「閣僚その他、うるさい連中へのばらまきが、なかった」からだ。

私の地区の連合婦人会長は大変な高齢でしかも50年近く同じ人が、毎年選挙に通っていました。陰口をきく人ばかりなのに、選挙だと通るのです。私は不思議でたまりませんでした。ある日、たまたま会長が20余名の単位会長とともに喫茶店に入るのを見ました。皆にコーヒーが行きわたると、会長が1万円札を出し全員分、身銭を切りました。
あんなに悪口を言われながら、この人が選挙にとおるわけが、その時わかりました。
反対に、資産家である消防団の師団長がありました。口癖のように「うちは金持ちや」と言うのに、コーヒーいっぱいおごりませんでした。そして、数年後「ケチ」だという理由で、足元の団員に裏切られ選挙に落ちました。

麻生総理が、まったくぶれずに正しいを正しいとし、まっすぐに来られたことを、まともに評価できない閣僚が多いのは、ねたみのせいでしょう。
かつて、国を守ることが共通理念であった日本では、個人の利益は度外視して足並みをそろえました。そして「優れた人を賛美し、従い、従うことを誇りとしました。」
戦後ここが変化しました。今は「優れた人と見れば、引きずりおろす」
もしも、麻生さんが田中角栄のように、驚くような額を各派閥の長にばらまけたら、自民党はどんなに収まりよく麻生さんに従ったかしれない・・・大方、それができない法律にでもなったのかもしれません。
小泉氏がばらまいたのは「選挙にとおる」という利権でした。マスコミと結託して、おおかた、アメリカのごっついブレーンが、各選挙区の票をち密に計算して、学会員を移動させて勝ち取った9・11だと、私は思いますけど。

麻生さんに、飯島秘書官がいて、裏で敵を殺し、裏で金をつかませていてくれたら、こうは、ならなかった。腹の中では「こんちくしょう」と思いながらも餌につられて拍手したろうに。彼らには、国を守ることも、世界平和も、国民の生活を守ることも、どうでもよくて、自分が儲かること、そして選挙に通ることだけなのだから。清濁併せのむ器があったら・・・政界というのは、そういう汚い世界なのに、われらの麻生さんは青すぎるのではなかろうか?
「金さえくれたら、ひっこめてやってもええで」という卑しい顔がよくテレビに映るじゃありませんか。彼らのいる場と麻生さんでは格が違うために、議論はすれ違うことでしょう。

でも、LAYさん、おっしゃるように国民の中には、まともな人がいて、一生懸命、泣きながら国旗を立て、国歌をうたう。まだ、日本をもっていかせないぞ、という強い念いがある。
人は石垣、人は城。
この人あれば、日本は一人からでも再生する。出来る。と信じます。
ほんとうに、危機の日本は、女性が救うのかもしれない。日本は心情的に母系社会ですし。
男女共同参画のせいで、うっとりするような男らしい男がいなくなったと、思うのですが
確かに、そこここに信頼できる女性は増えています。本質的に女性は「金」(そして、よいことには決して「女」には)動かされません。(男に操られることは、あるかもね。)
危機の時であればこそ、お互いの考えを確かめあい、自分の立ち位置を確認し、小さな一歩からでも実践しようというせつない姿勢に、天は必ず味方します。

Lay

賛成! 日の丸を シンボルに!
椿 様

返信が遅れてしまい申し訳ありません。

さて、いよいよ衆議院の解散、選挙戦に突入ですね! 「どうしようもない自民党か?売国民主党か?」を選択するわけですが、民主党が売国政党であることを知らない国民が半数以上いるのが大問題であると考えています。

>それにLayさん、ご存知でしたか?アメリカは、「国民主権」という厄介な代物を日本国憲法に押し付けましたが、自分達の合衆国憲法に「国民主権」を入れていなのです!!デモクラシーの暴徒に対する警戒心からですって!!!「国民主権」という“暴徒の危険”を常にはらんでいるこの言葉は、逆に「有害無益」という意見もあるほどです。 <

はい。承知しておりました。小林よしのり氏の「天皇論」最終章に詳しく書かれていますね。【国民主権は国体にあらず】

私は、このブログはねずきちさんの優れたエントリーとお人柄、そしてそれを支えるかぐやひめさんや椿さんをはじめとする多くの「真正保守」の方々の意思確認の場でもあると思っております。 
「どうしようもない自民党」との表現はご存知の通り、金権政治屋や売国議員をその中に多数含むからです。 善良な国民に言わせれば、与野党合わせて、「てめ~ら国会議員のくせにいったい何やってんだ!!」という体たらくなのです。

日本外交などは、例えば国連での金ばかり払わされていつになっても常任理事国になれない有様を見ても、恥ずかしいぐらいの稚拙さです。 (比べて中国は見事に日本から金を巻き上げ、内政に堂々と干渉しています。)

中・韓・朝に限らず、米も露も彼等にとって日本の政治家はかなり「組み易し」でしょうね。 ちょっと文句を言えばビビリまくって教科書の記述は変えるは、歴史認識さえ言うがまま。脅せば金(ODA)は湯水の如く持ってくる(キックバックさえあげれば)のですから、それでいて領土問題にしても何にしても一切進展しないのですから、まるで「打ち出のこづち」状態といえます。

私は、日本が諸外国とまともな外交ができない最大の理由はただ一つ。 「憲法九条」だと考えています。
なぜなら、他国はイザとなったら戦争をしてでも国益(自国の利益)を護ろうとするのが明白(常識)だからです。 最貧国の北朝鮮に日本国民を拉致されて30年以上 「泣き寝入り」 している元凶も「憲法九条=不戦の誓い」なのです。

もし民主党政権になれば、中国の要求はどんどん厚かましくなりますよ。なにせこちらは「戦う意思」がないのですから無血占領は時間の問題です。 チベットやウィグルでやったように中国は日本文化を破壊します。 共産中国の奴隷になるのは悲惨ですよ! 何千万人でも惨殺しますから。 

ところで、最近思うんです。いよいよこの日本も、「昭和の男」は【意気地】が無くてもうダメじゃないのかって。 それに官僚とか政治家とか「偏差値」だけじゃ国益の役に立たないし。

かぐやひめさんも感じてるように「女性」のリーダーが出現してくれませんかね。 
最後に櫻井よしこ氏のブログから下記の一文をご紹介します。

>「自民党への信頼が失われ始めたのは、田中角栄氏の金権政治のときからか、中曽根康弘氏の中国へのもの言わぬ外交のときからか、自社連立のときからか、それとも戦後政治の基調をなしてきた官僚主導の政治になすすべもなく、およそすべてを任せきりにしてきたことゆえか。意見は分かれると思うが、政治の機能停止への深い失望感ゆえに、国民は自民党離れを起こしている。

そのことを踏まえなければ、自民党の再生は難しい。かつて野党に転じた自民党は、日本社会党との連立で政権を奪還した。自社連立で政権は取り戻したが、以降、自民党を自民党たらしめてきた価値観は揺らぎ続けた。

今は、公明党との連立で、自民党的な価値観はあらゆる分野で、なお、崩れつつある。

選挙に落選するという眼前の恐怖におびえて、総裁の首を挿げ替えようとするだけでなく、高い人気を保つ東国原英夫宮崎県知事らを担ごうとしているが、いずれも自民党の展望を開くことにはならないだろう。

そんなことより、安全保障政策をはじめとする民主党の政策の矛盾を突くことだ。教育政策を問い、日本教職員組合を含む組合との関係をただすべきだ。定住外国人に地方参政権だけでなく、国政への参政権も与えるのが将来のあり方だという鳩山由紀夫代表の言葉の真意を確かめるべきだ。

こうした真っ正面からの議論を戦わせて、それでも敗れるとしても、その敗北は、必ず、次の局面で自民党の立ち直りを可能にするはずだと思う。」<

40日間で我々素人の置きビラ戦術では限度があります。どうか日本を憂う保守政治家の皆様、「日本は日本国籍を持つ日本人の国です。」と熱く語っていただき、国体の護持、靖国参拝、国を愛する教育の必要性を堂々と主張してください。 

清香

はじめまして
ねずきちさん、初めてコメントさせていただきます。
いつも興味深い記事を読ませていただいておりますが、今回こうして書き込むのは、小学校の時、音楽の先生から教わった事を思い出したからです。

私の母校では音楽だけは専科の教員が担当していて、六年間同じ先生に教えていただきました。その先生が、私が五年生になったある日の授業で、「日本人ならば国家の正しい意味くらいは知っておきなさい」と言って、「君が代」の解説をしてくださったのです。その内容はまさしくねずきちさんのおっしゃる通りのものでした。
その時は毎年習っている歌の解説を何故今更するのかと不思議に思いましたが、今思えば、丁度私たちの担任が南京大虐殺、強制連行等の自虐史観を教え込もうとする日教組の組合員に代わったことを警戒して先手を打ってくださったのかもしれません。そう、私もご多分にもれず日教組の洗脳教育を受けた1人でした。
しかし、歪んだ思想を持つ者は行動にもそれが顕れるものなのでしょう、そして人は本能的にそれを見抜くものなのでしょう。その音楽の先生は皆から慕われていましたが、一方、担任の先生はどこか胡散臭いものを見るように、深く関わろうとする生徒はいませんでした。あの時の音楽の先生には今でも感謝しております。
そのような事があって、私は左翼の方々が声高に主張する、「君が代=軍国主義の象徴」などという言い分を真に受ける事はありませんでした。

だって、「君」が指すのが天皇陛下であろうが他のどなたであろうが、ただ「君」の暮らすこの世界を慈しみ、平和と繁栄を願う、それだけの意味ではありませんか。
そこには親兄弟を大切にする、御先祖様を敬う、祖国を愛し守り抜くという意味も含まれるかもしれません。
しかしこれらの思いは人類に共通する普遍的な価値観、つまり「当たり前」の事ではないでしょうか。実際に日教組や左翼の方々が媚を売る特亜の人々は、そのような教育を受けているではありませんか。

日本人でありながら反日行為を繰り返す人達に私は訊きたい、あなたは日本人であるというアイデンティティを失っても生きてゆけるのですか、と。
普段意識しなくても、私たちは確かに日本という国に守られている。それは、御先祖様が「君が代」に籠められた願いそのままに、平穏と繁栄をもたらし、この国を守ってくださったからに他ならないと思います。
その事を忘れ、ただ君が代、日の丸を批判するだけの姿勢は、それこそ人道にもとる行為ではないでしょうか。

長々と失礼しました。全ての日本人が誇りを持って日の丸を掲げ、君が代を口ずさむ日をこのブログの繁栄と共に願っています。御自愛くださいませ。

a-sou

麻生総理の元、一致団結した自民党
麻生総理の着メロは君が代です。http://www.nicovideo.jp/watch/1240553153

そして日の丸を掲げているのは自民党だけです。
■自民党両院議員懇談会_麻生太郎総裁_2009.7.21
<youtube>
http://www.youtube.com/watch?v=7Oeb82AI4Zc&feature=channel
<ニコニコ>
http://www.nicovideo.jp/watch/1248159934

■自民党選挙対策本部が設置
<youtube>http://www.youtube.com/watch?v=naMbgovHvlo&eurl=http%3A%2F%2Fflosmile%2Eexblog%2Ejp%2F&feature=player_embedded
<ニコニコ>
http://www.nicovideo.jp/watch/1248161312

両院議員懇談会は、生中継は麻生総理の演説の最初の3分位まで。
TBSとテレ朝は、(まだ麻生首相が演説を続けているにも関わらず、
あの北京オリンピックのように)わざわざ遅らせて録画中継。
しかも途中で糞コメンテーター達のタコ殴り。
その他の変体新聞も同様の謝罪を強調しただけの内容。
マスゴミの悪意極まりない報道は、尚も続いています。

麻生総理は一度もぶれていない。何も悪い事はしていません。
麻生総理の功績は、全くと言って良い程報道されず、
そして評価もされない。

悪いのは、麻生おろしを目論む周囲の人間。
麻生総理を悪者に仕立て上げ、謝罪までさせる保身しか考えていない自民党議員。
麻生総理の功績を伝えず、売国党や売国議員の利権の為に、誘導するマスゴミ。

本当に麻生総理の心情を考えると、涙が出ます。

ニコニコでも麻生総理に応援コメをお願いします。
麻生総理の元、一致団結した自民党を応援しましょう!

Q9FC

No title
「君が代」由来の和歌が詠われた情景を想像してみても、いかに優雅で平和的であったかが明らかで、誇らしい国歌です。利他的で思いやりの心情が込められており、エゴ丸出し一直線の特定の国々には、逆立ちしてもマネできない、素晴らしい国歌ですよね。

比べるのも気の毒だが、他の国の国歌は近代化過程での侵略合戦やら権益闘争ゆかりの進軍マーチ調の音楽ばかり。小銭を盗めば泥棒だが、国ぐるみで盗めば覇権国みたいな歴史の応酬の欧米中露には、最初の発想からして君が代なんて有り得ないでしょうね。

前の方のコメにもありますが、自民党など保守系は、日の丸を景気良く掲げて選挙戦を戦うべきです。私も自民には進言したいと思っています。

たかよし


粘着りょーたろーw

瀬戸さんトコで
相手にされないから
ここにもわいて出たかw

君が代にこだわる?

屁理屈こねて君が代を
否定する連中の異常さを
語ってるだけだろ

椿

Fax送ってみます。
みふねさんへ、
>日の丸を、在日エセ右翼に盗みとられたままなのが悔しくてたまらなかったので、このキャンペーン、当たり前の日本人が日の丸を取り戻す絶好の機会にもなると思っています。 皆さんもやりませんか?<

やります!!Fax送ってみます。


かぐやひめ

中国国歌の作詞家・田 漢 氏
田漢氏の姪と名乗る人が神戸におられます。
文化大革命の中国に育ち、30代後半で神戸の華僑に嫁いできたそうです。

文化大革命の嵐の中で成長した自伝を本にされたので、読みました。
いわば、ポルポト政権のカンボジアのようなことが、大中国を吹き荒れたのです。
知識階級と言うことで「作詞家」田漢氏は、当局にひっぱられ、糖尿病が重かったのに、治療も受けられず、強制収容所で、不遇の死を遂げられたそうですが、ついに遺骨の一片も、戻らなかったそうです。
それは、それはひどいお話でした。

こうして中産階級を失った中国に道徳がないのは当たり前なのだそうです。中産階級こそが、その国の道徳を体現しているのに、中国にはそれがないからです。

ミヤビ

日の丸、君が代って最高!
君が代を斉唱する時は、なんでかいつも有難すぎて涙ぐんでしまいます。
私のイメージでは、雅やかな遠い昔、高貴な殿方に思いを寄せて清らかな乙女が詠まれた歌なのです。
まるで飛鳥時代にタイムスリップしたようで、歴史に触れたようで日本人で良かった~と理屈抜きで感じます。
それなのに・・・
教員の起立斉唱は義務と認定/横浜地裁
などのように反対する教育者が理屈をこねるのでしょうか。
信じられません!!
心情の自由を振りかざし式典を台無しにする教員は辞めればいいのです。
日の丸・君が代のない外資企業に勤めればいいのです。
国家公務員である以上、国旗・国歌に敬意を払うことは当然のことです。
子どもの教育には屁理屈でなく、会津藩の「ならぬものはならぬのです」が大切だと思います!
埼玉市長の発言やこの横浜地裁の決定が覆されない日本でありますように☆
それにしても、軍歌が国歌でなくて本当に良かったです。

-

No title
☆☆☆ご協力のお願い☆☆☆
7月21日のTBS「みのもんたの朝ズバッ!」で

視聴者を民主党への投票へ誘導する偏向報道があったので、

『偏向報道にはスポンサー問合せ』にてスポンサー情報を更新いたしました。

TBS系朝400~昼1200
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/pages/24.html

スポンサー問合せにご協力ください。

一般人

No title
ねずきちさんこんばんは、今回は2度目の投稿となりますが「君が代」すばらしいですね、歌詞の内容がそんな意味を成しているとはこの歳(50代)になるまで知り得なく歌っていました、もちろん国家の斉唱時は起立して歌っている世代の生まれですが流石に歌詞の意味する内容までは全く知らされてもおらず疑問?と思うところがありました。
本当に勉強に成ります、世界に誇れる立派な国歌ですね素晴らしい祖国日本に乾杯!そしてねずきちさんにも乾杯!

りょーたろー

No title
>左巻きの人たちは、君とは天皇であり、この曲は天皇崇拝、軍国主義賛美の曲であると主張します。
しかし、君が代の「君」には、どこにもそんなことは書いてない。
では、なおのこと右翼さんたちが君が代にこだわる
必要はないのでは?

あああああ

No title
小泉純一郎、自民党清和会の功績
ttp://ziddy.japan.zdnet.com/qa461012.html
ttp://plaza.rakuten.co.jp/republicMJ/diary/200709280001/
注:国債増加分約400兆円はほぼ全てアメリカ、北朝鮮へ上納された。
これから動向次第では約740兆になるかもしれない。
麻生太郎、自民党反清和会の功績
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/258.html
民主党の正体
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html
鳩山由紀夫の正体
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/559.html
小沢一郎の正体
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/204.html
日米構造協議で430兆円をドブに捨てたのは小沢
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/467.html
(財源ないから実質増税で)バラマキもどき+(こちらも増税で)財政再建、
幹事長の岡田は絶賛崩壊中の新自由主義者
潤うのが野蛮な上流か阿呆の下流かの違い。一般家庭だけが馬鹿を見る。
民主党は悪夢のカイカク詐欺の小泉とほとんど同じ、最悪。
倒すべきは自民党ではなく清和会と売国派。
投票はとりあえず民主ではなく新の保守、地方を守る国粋派。
愛国議員リスト
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/132.html
売国議員リスト
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/119.html
選挙に行く前に知って欲しい、日本を売る政治家たち
ttp://senkyomae.com/

みふね

「日の丸」をシンボルに選挙キャンペーン
皆さんはもう、午前中に行われた自民党両院懇談会ご覧になりましたか?
私は感動し、議員達と共に声をあげて拍手しました。
総理は演説の中で「当然のように国旗を掲げている政党がどこにありましょうか」と後ろに掲げられた日の丸を指して言い、この「日本を守り抜くために闘う」と。

すると早速「新世紀のビッグブラザー」さんのコメント欄で
「日の丸をシンボルに選挙キャンペーン」をやろうと自民党に要請しようというアイデアが出ました。
日教組・民団・その他が支持母体の民主党には絶対マネできない!
議員は日の丸ハチマキ、サポーターは腕章・バッジ・若者はほっぺたに、いろんなところに日の丸をアピールしようというアイデアです。

マスコミは、麻生自民党の政策をのべつねじまげ、報道拒否しますが、選挙活動風景は報道しないわけにはいきません。そこに日の丸!

私も早速FAX送ろうと思います。

日の丸を、在日エセ右翼に盗みとられたままなのが悔しくてたまらなかったので、このキャンペーン、当たり前の日本人が日の丸を取り戻す絶好の機会にもなると思っています。
皆さんもやりませんか?

ひなげし

歌心のわからぬ左翼たち
>>左巻きの人たちは、君とは天皇であり、この曲は天皇崇拝、軍国主義賛美の曲であると主張します。

左巻きの人たちは、文学とか、詩とかがまるで分かっていないのだと思います。

「君が代」を国歌としてみた場合、「君」とは自然に天皇陛下のことを指していると考えられますが、代々の天皇が千代に八千代に続く(もちろん男系でw)ということは、日本及び日本国民も平和に永遠に続いていくということです。
日本や日本国民が永遠に続くとあからさまに歌うのではなく、奥ゆかしく連想させて歌う。「君が代」が高度な技法で歌われている証拠です。

例えば「星条旗よ、永遠なれ」と同じですね。
結局、「君が代」に因縁を付ける左巻き連中は、「智恵子は東京に空が無いといふ、」という詩の一節に「いや、東京にだって空はあるじゃないか。差別だ!」と議論をふっかけているのと同じことをしているんです。

それと、「君が代」が短いのも、俳句とか短歌の国らしくていいと思います。

野狐禅

 「君が代」は、「我が君」という和歌が元うたと聞いたことがあります。
 恋人、親、兄弟を表していた個人の歌を国家という大きなスケールに詠みかえたものと私は理解して育ちました。

 戦時中小学生であった私は、君が代を国家元首であられる天皇の弥栄と国家繁栄を祈るものとして、素直に思っておりました。

 戦後は、GHQの亡国教育方針を引き継いだ日教組、文部省のよこしまな解釈で君が代の君は天皇陛下自身であり、軍国主義を礼賛するもので忌むべきものという風潮を齎し、日の丸の白地は戦争で空しく殺された兵隊たちや民衆の骨の色であり、赤丸の色は多くの戦争犠牲者の人々の血の色であると蔑みの対象として教えられてきたものです。

 現在でもその方針は変わっていないようで、国旗掲揚、国歌斉唱で席から立ちあがらず着席したままの教師が相変わらず数多くいる現実は、真に情けない限りです。

 教育現場に己の政治信条を持ち込むこれらの日教組教師の根絶を図らなければ我が国の将来は暗黒であります。

 民主党が政権をとれば、あの輿石という日教組の親玉のような輩が文部大臣になり、日教組とともに政治を行うと宣言した鳩ポッポ兄が総理大臣になるのは決定的です。(慨嘆!)


-

はじめまして
とても良いお話、ありがとうございました。
内容は何となくわかっていたのですが、
改めてこんな素敵な歌なんだと思わず熱くなりました。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
そうですよね、あの旋律は純粋に日本だけのものではないのですよね。なんとなくどこかで得ていたはずの知識に、何時もいつも光を当ててくださって、ありがとうございます。先日友人と話していて、うろ覚えなのに、似たようなことを言って、確かめようとしていたところでした。ちょっと自信なかったのです。

若いときは、フランスの国歌が好戦的で、メロディもいいななどと「カサブランカ」のハンフリー・ボガードとバーグマンのイメージと重ねて、思ったこともありました。良く考えてみれば、同朋同士が立場を獲得するために、武器を持って戦い、国体を決めていくという歴史です。そして、歴史は繰り返されます。アメリカやオーストラリアは原住の人たちを片隅に追いやって出来た国です。論外。

「君が代」といい「日の丸」といい、私たちは何と幸せな民でしょう。この穏やかで、美しい、でも決意に溢れた御歌を国歌と呼ばすして、何としょう、です。

それを理解できない、というより、分かっていて辱める人は、似非日本人です。どうかしています。

何人かお越しのようですが、お疲れ様です。

椿

自国の歴史を否定する民族は、滅びる!!
英国の歴史家、アーノルド・トインビー氏が仰っています、『その国の歴史、伝統、習慣を否定する民族は、必ず滅びる』と…。

国旗掲揚、国歌斉唱反対などはもっての外ではないでしょうか?いまだに、「日の丸、君が代」が、軍国主義の復活とばかりに、戦争につなげたがる戦争アレルギー論者は、極めて幼稚な小児病的発想だと思います

君が代』は、本当に平和で穏やかな歌詞と、荘重なメロディーで出来ていますが、ねずきちさんも仰っているように、他国の国歌は誠に“”、“”、“”といった悲壮で陰惨な軍歌が多いですよね。

例えば、スイス国歌は、「スイスの為に血を捧げん」だの、フランス国家は、「悪魔のごとき敵、血に餓えたり、立て国民、いざほこをとれ、仇なす敵を滅ぼさん」、ソ連国家は、「攻め来る敵、うち破り断固と守る尊い国、我が祖国に栄えあれ」だの、中国国家は、「立て、奴隷となるな、血と肉を以って築かん・・・」等など、本当に他国では、“軍歌が国家”なんですね。

昔も今も天皇は、日本国の象徴であり、分家である私達国民の代表です。だからこそ、『君が代』は、その国民の代表=天皇が、いついつまでも栄えますようにという、日本民族らしい発想で、本家の天皇へ親しみをこめて、歌った歌なのではないでしょうか?

もし、権力者や支配者が真民に強制した国歌なら、もっとくどくどとがなり立てるような、文句と長さになっていたのではないかと思います。『君が代』のように、二度繰り返さなければならないような、歌詞の短い歌になりはしなかったと思います。

いくら反日左翼どもが反対しても、おそらく『君が代』に勝るコンセンサスを得られる国歌は出ないだろうと、私は思います




名無し

もうひとつの君が代
>どんな旋律だったのでしょうね

フェントンの君が代をMIDIにして公開しているサイトがありました。フェントンさんには申し訳ないけど、やはりこれにしなくてよかった。

http://www.ne.jp/asahi/jurassic/page/talk/kimigayo.htm

やまとおのこ

No title
ねずきちさん今回もありがとう御座います。
貴方にひとこと「あんたはエライ」

バジル3世

GJ
左巻どもの歯軋りが聞こえてきそうです。

君が代
世界で一番「詩的」「荘厳」で「平和的」な歌です。
連綿と続く我が国の歴史を明治の人は「先人の偉業」としてこの偉大で文化的な文章と文字を「国歌」に選んだのでしょう。
前回の「フランス」が国旗にしたいと考えた様に、世界の人が国歌の文章の内容を知れば「日本の歴史」も合わせて知る事になります。文部省・外務省も内容を説明する位の事はすべきです。

みふね

No title
中学の頃、先生が「君が代」の歌詞を非科学的だとボロクソに言っていたのを覚えています。
「時がたてばたつほど小石になるんだ。自然科学の常識だ。こんなものが国歌では国際社会で大恥だ。」と言ってました。この先生は「白地に赤く血の丸染めて」とも言っていました。子供心にこの先生がとても嫌いでした。

私は理科が全然ダメな生徒でしたが、「じゃ、砂岩て何?」とか「鍾乳洞の岩だってだんだん大きくなってるんじゃないの?」とか、「昔の人だって大きな石がもまれてスベスベの小石になることくらい知ってたはず。その小石が集まって大きな塊になるくらい遠い遠い未来までって意味なんじゃないの?」と思い続けてたのですが、大人になって引っ越した土地の神社に行ったら、境内にちゃんとありました。
「さざれ石」
思わずあの先生つれてきて「ほらっあるじゃないですか!」と言ってやりたかったです。
やっぱり昔の人はエライ!

聞いた話ですが、「君が代」は世界で一番短い国歌なんだそうですね。

-

毎回毎回、勉強になります。君が代って結構、聞いてたら和みます。自分はiPodに入れてますよ!!
今の曲って、ポップやロックとか、(自分からして)慌ただしい曲が多いと思うんですよねぇ。
演歌も良いけど、最近の歌手の声が鋭くて、「上手い!」と思えません。

昔の歌って落ち着いていて、凄く良いです。

ぴちょ

目からウロコ
君が代の歌詞で、さざれ石がどうやって巌になるんだろう、とその一点だけがギモンでした。
長い間にけずられて逆に小さくなるのはわかるけど、と。

ありがとうございました。


すっとごれ

日本人で本当に良かった
ねずきちさん、おはようございます。
おかげさまで今日も良い一日の始まりになりました。
国歌と国旗は命そのもの。日本に生まれたことを誇りに思います。素晴らしい歴史や文化国土を、命を賭して守ってくださった英霊の皆様に、感謝の気持ちで一杯です。
靖国神社は、日本人にとっては言葉で言い表すことのできない想いの込められた場所。いつまでもご恩を忘れず、御守りしなければなりません。御霊の安らかな眠りを、ただ願ってやみません。

かぐやひめ

教えてくださってありがとうございます
君が代制定に、そんないきさつがあったとは、しりませんでした。
てっきり、雅楽などの古歌を編曲したものだと思っていました。
国旗・国歌の制定にみられる明治の人々の心意気に感謝と感動です。
「西洋に負けないで、独立を守り通そうと決意した」明治の気骨。
「明治は遠くなりにけり」と、言われ「大正生まれは腰ぬけ」と言われていたころ子供時代をすごしました。
馬鹿にされていた「大正生まれ」は、やがて昭和生まれを「軍隊に行ったことのないものは、話にならん」と言いました。
そのうち高度経済成長になり、生活が豊かになると「精神論」は、影をひそめ「もの・カネ」の日本になりました。

現在の日本の不幸は明治の理想「富国強兵・殖産興業」が行き詰まったからだと、私は、考えていました。
富国強兵は敗戦で旗を降ろし、殖産興業は反対に「心の貧しさ」を引き起こした。
でも、迷子になった時は、原点に戻ればいいのです。
人口も違う、産業形態も違う。明治初年、農民は全体の85%だったそうです。現在は農業に従事する人は全体の15%程度かな。逆転しています。だから文化も違ってしまいました。
でも、それなりに、社会を「大きく復古させる」。
明治の清新の気に舵を切るのです。
麻生総理の方針の中に農業振興が大きく取り上げられていました。
麻生総理で、日本を作り直したいと願います。

教師に嘘を教わった人

アレ?まさか!
「君が代」の歌詞の意味は管理人さんと同じ事を小さい頃学校で教えてもらいました。ですが・・・
私は「君が代」は軍歌が後に日本の国歌になったのだと学校の教師に教えられた記憶があります。

TTM

もう一つの「君が代」
君が代は 
千代に八千代に 
さざれ石の 
巌となりて
苔のむすまで
うごきなく
常盤かきはに
かぎりもあらじ

君が代は
千尋の底の
さざれ石の
鵜のゐる磯と
あらわるるまで
かぎりなき
御世の栄を
ほぎたてまつる    (小学校唱歌 君が代)

YouTubeで検索して、一度聴いてみて下さい。後悔はさせません。





あや


おそろしく頭がわるいブログで驚いた。

たろす

No title
ねずきちさん、みなさんこんばんは。

「君が代」は軍国主義を彷彿とさせるとか、
国歌斉唱拒否などのニュースを目にするたび
なんとなく悲しく泣きたい気持ちになります。
捻じ曲げられ、汚らわしいものの様なイメージに
取り囲まれてしまった国旗国歌問題は、どのような
方向へ向かい、収束するのかわからないですが、
この国の歴史と国旗国歌の生い立ちや流れ、
そういうものを知った上で、他者の意見ではなく
皆がそれぞれ自分で判断してくれる様になると
良いなぁと思っています。

【私たちの美しい日の丸・君が代】
- 子供たちに伝える国旗・国歌物語 -
http://www.meiseisha.com/katarogu/hinomaru/hino1.htm
(国旗・国歌の成り立ちの解説などがとても解り易く、
日の丸エピソードなども数々載っています。
興味のある方にはお勧めです。)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク