道義と志操の美質を取り戻せ



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

英文で書かれた日本文化論として有名なのは、新渡戸稲造著「武士道」、内村鑑三著「代表的日本人」などなのですが、もうひとつ、忘れてならないのが、

杉本鉞子(すぎもと えつこ)著
「武士の娘」
 ちくま文庫

武士の娘


「武士の娘」は、1925年にアメリカ・ニューヨークで
“A Daughter of the Samurai”
の書名で出版されました。

当時、この本を読むと日本のことがわかるといわれ、全米で大ベストセラーになり、後に欧米8か国で出版されています。

著者の杉本鉞子は、明治6年、代々長岡藩で家老職を務めた稲垣家に生まれました。

長岡藩は幕末から維新にかけて、幕府側に立ち、官軍と戦った藩で、長岡藩の武家たちは時代の激動を強烈に体験していたといえます。

著者である杉本鉞子氏がものごころつく頃には、長岡は落ち着きを取り戻していたろうけれど、長岡は江戸から遠かったので、近代化の波は届いていなかった。

そして家老の娘である杉本鉞子は、厳格な武士道の教育を受けて育ちます。


ちなみに、鉞子の「鉞(えつ)」は“まさかり”という意味です。

女性でありながら、“まさかり”と名付けられた鉞子には、強い精神を持った武家の娘として育ってほしいという親の願いが込められていたのだとか。

なにやら最近の教育現場では、封建社会の女性は、身分も地位も低かったかのような印象操作が行われているようですが、この名前をみただけでも、いかに女性が日本で社会的に“強い”存在であったかが知れようというものです。


鉞子への教育は、6歳から始まったそうです。
完全に武家としての教育が行われた。

その内容は、もっぱら儒教の古典の素読(声を出して読む)だった。

--------------------------------
当時、女の子が漢籍を学ぶということは、ごく稀れなことでありましたので、私が勉強したものは男の子むきのものばかりでした。

最初に学んだものは四書-即ち大学、中庸、論語、孟子でした。(p.31)
------------------------------

学習中は、畳の上に正坐。手と口を動かす以外は、微動すら許されない。

鉞子が、いちどだけ、ほんのすこし体を傾けたことがあったといいます。

それをみた師匠は、驚き、次のように言ったという。

「お嬢様、そんな気持ちでは勉強はできません。
お部屋に引き取ってお考えになられた方がよいと思います。」

鉞子は、「恥ずかしさのあまり、私の小さな胸はつぶれるばかりでした」と書いています。

おそらくいまなら、微動どころか授業中に私語する、さわぐがあたりまえ。
それを教師がとがめると、子どもは言うことを聞くどころが、なぜ叱られたかすらまるでわからない。挙句の果てが親が出てきて、「どうしてウチの子ばかり叱るんですかっ!」

教師と生徒が“階級闘争社会”に汚染された現代教育。

これに対し、鉞子の時代には、教師(師匠)と生徒の間には、相互の信頼関係があった。

彼女は、師匠の叱責に、「恥ずかしさ」を感じた。

なぜ恥ずかしさを感じたかといえば、それは師匠の要求に答えられない自分を恥じたから。
そして自分を制御できなかったことにも、恥じたから。

そしてなにより、師匠が、自分を鍛えるために「教え」を説いてくれているということを、幼い彼女自身が、ちゃんとわきまえていたから、なのではないかと思う。


こうして制御の精神を身につけて育った彼女たち武家の娘には、穏やかな中にも、自然と威厳が備わっていたといいます。

当時、武士と庶民では挨拶の仕方から、歩き方まで違った。

だから風呂屋で裸になっても、どの階級に属するのか、一目でわかったといいます。


そんな彼女が12歳になると、親族会議によって縁談が決まります。

婚約者は、アメリカに渡米している兄の友人。
そこで鉞子は、東京で英語を勉強し、24歳で渡米する。

米国の女性について、彼女がとても驚いたと書いていることがあります。

----------------------------------
婦人が自由で優勢な、このアメリカで、威厳も教養もあり、一家の主婦であり、母である婦人が、夫に金銭をねだったり、恥しい立場にまで身を置くということは、信じられそうもないことであります。

私がこちらへ参ります頃は、日本はまだ大方、古い習慣に従って、女は一度嫁しますと、夫にはもちろん、家族全体の幸福に責任を持つように教育されておりました。

夫は家族の頭であり、妻は家の主婦として、自ら判断して一家の支出を司っていました。

家の諸がかりや、食物、子供の衣服、教育費を賄い、又、社交や、慈善事業のための支出を受持ち、自分の衣類は、夫の地位に適わせるよう心がけておりました。(p.216)
---------------------------------

日本の武士夫婦は、夫が外回りをし、妻が家計を切り盛りしていた。

収入を妻が管理する。これは現代日本とまるで同じです。

ところが米国では、財布の紐は男性が管理しており、妻はわずかのお金も自由にできない。

女性の社会的地位向上だとか、女性差別の撤廃だとか、ジェンダーフリーだとか、米国発の女性人権論議がさかんだけれど、日本では、昔から、男女がきちんと役割分担をしていた。

そして男が外で働き、妻が家計のすべてを預かった。

男は、自分が外で働いて稼いだカネを全額、女房に渡す。全幅の信頼です。

そして女房は、その信頼に応えて、家計をやりくりする。

互いに強固な信頼関係がなせる技です。

夫婦の間でも、親子の間でも、師弟の間でも、上下関係でも、すべてにおいて、信頼を第一とした。

一番たいせつなことは、仕組みや社会構造や法的ルールではなく、互いの信頼関係にこそある、ということを、昔の日本人は、普通に行っていた。

いつのころからか、そうした社会的相互信頼の原則が崩れ、すべての関係が、階級闘争の場となった。

恋人同士は、えっちはするけれど、デートの他の時間は、互いにそっぽを向いて、それぞれがそれぞれの携帯で、ゲームやメールに興じている・・・って、なんじゃそりゃぁ!@@;

男性は女性を支配しょうとし、女性はその支配に抵抗するために男性を批判する?
で、批判されたくないから、相互にコミュニケーションなどとらない?

たがいに口も利かない。
で、携帯をいじくっている。

それが個人主義? それが正しい男女交際の姿?

ええかげんにせいっ!
こんな世の中に誰がしたっ!(笑)

でも、そういうのって、ねずきちには、最低にしか思えないのです。

男性と女性の関係も、階級闘争。
夫と妻の関係も、階級闘争。
親子の関係も、階級闘争。
教師と生徒の関係も、階級闘争。
上司と部下の関係も、階級闘争。
そして、
政治と報道の関係も、階級闘争。

互いに相手を非難し、批判し、とどまるところを知らない。
メディアに至っては、批判することが正義だと勘違いしている。

そして教育の現場では、人として何がただしいのか、という人間が生きる上で必要な正義や、忠義、道徳をまるで教えない。

最近の中年(30代、40代)は、若く見えるといいます。

それは栄養状態が良くなったからだと、簡単に説明されている。

だけど、ねずきちは思うのです。
ほんとうにそうなのだろうか?

もしかしたら、それって、日本人が、人として生きる上に必要な、道義や堅固な志操、国体護持に精華する気質、日本人としての美質を失った結果なのじゃないか?

人として社会人として自然に備わる威厳が失われているだけなのではないか?

こんなことで、日本は、そして日本人は、ほんとうに良いのか?

そんなことを思うのです。


話が脱線しました。

杉本鉞子は、明治という時代背景の中で、代々続いた武家の伝統と教養を学び、結婚し、渡米し、子を産み育て、帰国し、また渡米する。

後年彼女は米国コロンビア大学の講師を勤め、彼女が住んだシンシナティの人々は、彼女亡きあとも、彼女を「グレート・レディ」として敬愛したといいます。

そうした著者の人生経験の中から、紹介された「武家の娘」は、静かで品位を失わない文章と、志操の高さ、謙譲と忍耐の精神と毅然とした姿勢が描かれ、現在に至るも世界で大絶賛されている。

いまでも日本に来る欧米の留学生の多くは、来日前に福澤諭吉の「福翁自伝」と、この「武家の娘」を必読の書としているといいます。


興味を持たれた方は、是非ご一読を^^♪


日本人は道義心と志操、精華する気質と美質を取り戻せ!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

新渡戸稲造 『武士道』 要約
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

名無し

No title
明治時代には、まだ有ったようですね。でも、今の時代には、どうかな?有るところには有るんだろうけど、昔の武家に該当するだろう国会議員はTVによると、違うみたいです。相次ぐ戦争で武士は少なくなったみたいですが、日本再生を願います。

TTM

錆びた刀は磨けばいい。
「宗教教育がない!それでは、あなた方はどのようにして道徳教育を授けるのですか?」
「なぜ、このような思想や道徳的習慣が日本で行き渡っているのですか?」

西洋人のこの質問に愕然とし、即答できなかった新渡戸稲造。
「なぜなら、私が子供の頃に学んだ人の倫(みち)たる道徳の教えは、学校で習ったものではなかったからである。そこで、私に善悪や正義の観念を形成している様々な要素を分析してみて初めて、そのような観念を吹き込んだものは武士道だったことに気付いたのである。」

江戸時代が長い太平の世でなく、戦乱に明け暮れていたとしたら、武士道といった洗練された高度な道徳規範は誕生しなかっただろう。
武士が支配者として特権を享受し堕落することなく、逆に禁欲や自己犠牲を自らに課す「高き身分の者に伴う義務」を主眼に、知行一致の行動規範に昇華させたのは奇跡と言っていいかも知れない。

聖書にせよコーランにせよ論語にせよ、傑出した一人物が教示した道徳規範である。
武士道を体系的に一書に記したのは、新渡戸が初めてだったそうだ(1899年)。しかも、日本人にではなく西洋人に説明する為にだ。
何が言いたいかというと、「聖典の命令」に従う道徳(隷従的道徳)ではなく、美意識を持って・名も無き数多の武士たちが、日々の生活の中で血肉化していった道徳(創造的道徳)を庶民までが見習い、いつの間にか武士道を日本国の道徳としていたと言う事です。

仁義・礼節・勇気・誠実・名誉・忠義・孝行・・・・堕落したはずの私(たち)でも、武士道の徳目を見ただけで一応の内容は理解している。
人に親切にしなさい・正直に生きなさい・約束は守りなさい・弱い者いじめはするな・卑怯なことはするな・・・・ずいぶん崩れたとはいえ、日本人には常識、お隣さんには非常識=誠意の通じるお国柄ではありません。

お久しぶりです^^
こんばんは!(。・▽・)ノ

久々に、最後まで読んじゃいましたw

女は信頼する方を、黙って後ろから支えるものだと思う。

出しゃばらず、つつましく・・・
愛するものを支えるのが女だと、私は思う。

過去も未来も、その心はずっと続いていくべきだと思う。

椿

明治の女性
櫻井よしこ氏の『明治人の姿』を私も読みました。確か、SAPIOに連載されていた記事で、とても良かったので、文庫本が発売されるや否や、急いで買いに走りました(笑)。

明治の女性の躾・育てられ方は、もう本当に同じ日本人なのか?と思うほど、現在の日本人とは全く違いますね。何故、明治生まれの祖母が、あのように礼儀正しく、女らしかったのか、今更ながら、よく理解できました。

本当に明治の時代の日本人は、どこに出しても恥ずかしくない『』と『教養』を身につけていたのですね。感服です。




surnviers

これは買います
この書籍SAPIOで櫻井よしこ氏が特集を組んで下さったので、是非買おうと思っております。昔の人は多分生まれた時からもうしつけが始まっていたんでしょうね。今の子供が、多分いきなり教師に怒られても、ねずきちさんが仰る通り、怒られている理由すら分らないでしょう。鉞子がそれを恥じたのは、既に両親から躾られていたからだと思います。やはり昔の人は凄いと思います。

サンダーロード

No title
いつも為になるお話しで心が清々しくなります。
 けれど8月30日はもう諦めの境地です、創価や特アの人々は自分たちの利益の為に日本を貶めているのだろ
うが、その嘘を真に受けている人々はどういう心理なのだろうか?・・・・少し考えてみました

 ハウンゼン症候群の中に自分や子供をわざと傷つけたり、詐病で自分に注目を集めたり良い気分になっている
人がいるのですが、左翼陣営の人は自分達の先祖に濡れ衣を着せて、ただ自分が気持ちよくなりたいだけなの
ではと思うのですが・・・・こんな病気あるのか?

 

グリーンまめ

世界の舞台で日本を貶める
スレ違い、失礼します。
これ、何とかならないものでしょうか。
http://www.nikaidou.com/2009/07/post_3145.php
これじゃ毎日変態記事の駄目押しです。

愛信

政権交代詐欺の共犯者を暴いてみた
政権交代詐欺の共犯者を暴いてみた

拡散推奨。民主党の支持母体が日教組、同和、民団、年金破壊の自治労であることすら知らない!インターネットと無縁な民主党支持の方々にもぜひ。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

情報戦争が激戦が繰り広げられています。
8月30日の衆院選が敗戦記念日にしてはなりません。

PS:
長文を書いて論点をあらぬ方向にひっぱている者は、
敵見方の振りをしてブログを荒らす反日売国努でる。
ブログ主
これらの不毛の投稿は一括削除することを望みま~す。

プク

No title
 どんな精神も制度や慣習がなければ持続できない。廃藩置県は仕方なかったとしても、四民平等(国民好み)は早すぎたのです。高貴(責務や試練を自ら課して実現すること)な武士階級は国民の模範として何からの形で残すべきでした。今の愚民デモクラシー専制ではなく、貴族を戴いた混合政体でよかったのです。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
山のような洗濯物、毎日しているのに何でこんなにあるのでしょう。主婦の鑑はくもりっぱなしの私でも、家族の為に日々同じようなことの繰り返し。生活というのは、けっして楽しいことばかりではありません。というより、たま~に楽しい事があるといったほうが正しいでしょう。武家の子女だけではなく、日本の庶民も生活をきちんと送るための、知恵が多くありました。

突然ですが、ホステス文化(お酌をする)があるのは、日本独特だとか。何故でしょう。ご飯は誰がよそいますか?御汁は?みんなお母さんですよね。日本の主婦には分配権があるのです。欧米ではあるじが肉を切り分けます。分配権は家長である男性にあります。これは相当大きな違いです。(これがお給料に変わっても同じです。すずめの涙ほどの、お給料をありがたく頂き、やりくりする。結構楽しいけど。)だから嫁いでのち、一定期間たって姑から家計を任されることを、「ヘラ渡し」といいます。ヘラを渡した姑は隠居です。日本女性の地位が低いなどというのは、大きな間違いです。役割分担がはっきりしていたのだと思います。その役割をまじめに果たしていくことで、お互い安心して暮らせる。信頼が生まれる。

お正月、神楽、祭りなど神祀りは男性の役割。神奈川県のある地域では、正月の雑煮つくりは家長の役目です。女性は手を出しません。雑煮は神にお供えするものですし、三が日はご先祖様が帰ってきていますから、神祀りの期間です。今でも続いている風習です。

武家には武家の教育、商人には商人の教育、農家には農家。いずれも、続いていくということが前提で行われてきました。残念ながらかなり失われてしまいました。でも家という概念はまだ意識されていると思います。民主の言う夫婦別姓などとんでもないと思います。残っている家の概念まで潰そうとしているとしか思えません。

戦後あらゆることで、欧米を手本にするという雰囲気がありました。でもそんなに簡単にDNAは途絶えない。私は日本人の底流に流れる精神を、まだまだ信じています。こうして、危機感を抱く人が増えてきているのは、皆が何かを取り戻そうともがき始めているように思います。まだまだ大丈夫。

と少しく能天気なお母さんではあります。

プク

相互信頼主義
 いつも楽しく拝読しております。
昭和21年年頭の詔書に「朕と汝ら国民の紐帯は、終始「相互の信頼」と敬愛とにより結ばれ、単なる神話と伝説よりて生ぜるものにあらず。」とあります。昭和天皇陛下が国体の本義をお述べでした。
 無私で国民の安寧を祈る神聖君主を永く戴くが故、国難に当り、武士階級も無私に倣うことができたのです。

「道」
「道」の精神が必要です。「道」の精神を忘れた様な柔道かが増えた事も世の移り変わりとは申せ情けないと感じて居ます。

かぐやひめ

蔵書に無し
図書館の蔵書を検索しましたが、ありません。
いぜん「話の聞けない男地図の読めない女」という本が、「ジェンダー」を見事に表していたので、問い合わせたところ、やはり一冊もおいていませんでした。

「武士の娘」は、タイトルからしてジェンダーフリーに真っ向から反対しています。
うちの都市は左翼系だから、左翼系の書物しかおいていないのです。

かぐやひめ

武士道
学生時代、弓道をやりました。
礼をもって始まり、礼をもって終わる武道です。
高度経済成長期・・・「形なんかどうでも、当たれば勝てる」という品の無い選手も結構いました。

しかし、一番落胆したのは「大会」の時、模範演技の序列で教師同士がもめることでした。
「なんで、私が二番なんだ!」という争いを、見ていると「武道とは」という日ごろのあんたの講釈はどこにいったの?と、思わずにいられませんでした。
家元制度といい、日本精神を支えたシステムは、昭和40年すでに破綻しかかっていました。

しかし、関西の大会でどんなに強くても関東にはいちころで負けました。「坂東武者」とは言うけど、関西に匹敵する言葉はないなあ・・・と、思いました。
今も、坂東にこそ武士は残っていそうに思います。
関西は、なんといっても商人の町、商人道はあっても、なかなか武士道は・・・またも負けたか8連隊(大阪の連帯)と、はやされたそうじゃないですか。

すぐれた精神をささえたシステムが、やがて時代の使用に耐えられなくなり制度疲労を起こしたのは、あちこちで見られます。

江戸時代の循環型社会は高度に完成されていたと言われます。
でも、愛の絶頂期の恋人たちじゃないけど「このまま、あなたと死にたい」というわけには、いかず、ながらえていくうちには、花の色も移ろう。
昔を懐かしむだけでなく、今の時代に武士道の香りを残す努力が望まれます。

ほんとうに、今の日本の団塊の世代の女性は幸せです。「主人は本当にかわいそう。私は女に生まれて本当に得をしました」と、大概の人が言います。
でも、その幸福感を私達は、次世代に残してやれませんでした。
今の若い世代は、男女とも、ひどいことになっていると思います。
規律も教えず、しつけもせずに「自分で判断しなさい」と、丸投げして「女性も自立」「女性も男性と同じ仕事を」と、はやされて、結局どっちつかずになり、結婚もできず、個性豊かな職にもつけず(だいたい個性を生かせる職場なんてあるはずもないのに)行きくれている30代は、私が思うより多いと思います。
昔の人は、立派でした。そして幸せでした。
なにより為政者が、立派でした。天皇陛下にたいする責任感に貫かれていたからでしょう。

ポケチュー

No title
この時代に幾層での階級闘争,大変共感いたします。
共感する私の内にも階級闘争意識が存在いたします。
いつからこんなにも自分を守らなければならなくなったのか・・・
世のシステムの問題ではなく個々の意識の構築(武士道のような)が必要な時代ですね。

nn

No title
数年前、フランスの有名な料理人の女性(金髪の美人さんです)が、日本の主婦が自由な事にとても驚いていました。
財布は主婦が握っている事、平日に自由に奥様同士で集まって高価なホテルで会食をしていること、、、

フランスなど欧米は、日本では女性の地位が低いと必死に宣伝しています。だからそうだと思って来日してびっくり、、、
この女性も小さな子どもがいる主婦です。、日本の女性が羨ましいと語っていました。フランスの女性が聞いたらみんな羨ましがるだろうとも。

うさもも

No title
早速、読ましてもらおうと、図書館のネット予約をしました。
なんと、既に20件予約が入っていました。
これって、全てねずきちさんのブログを読んでの予約ですかね?
新刊でもないのにこれだけの予約が入っているのは驚きです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク