歴史学と神話学



神話を通じて神様の声を聞くなら、それは神学です。
神話が書かれた時代を探り、当時の人たちがどのような目的で何を伝えようとしたのかを聞くなら、それは歴史学です。
神話が歴史なのではなくて、神話から、神話を書いた先人たちの声を聞くのが歴史です。

20231028 神話



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

日本に希望の火を灯す!

刑事ドラマなどでお馴染みの、法医学担当の医師は、刑事事件などに際して、異状死となったご遺体の死因の診断、死後経過時間の推定、身元不明死体での個人識別などを行います。
こうして法医師はご遺体から事件の様子を「聞き」、捜査も犯人逮捕後の裁判も、そこで「聞いた」客観的事実に即して行われます。

ご遺体から「聞く」のが法医学分野なら、過去の歴史から先人たちの思いを「聞く」のが歴史家の役割です。
過去の歴史上の事件や人物を軸にして、そこにファンタジーを加えたものが文学です。

文学と歴史学の違いは、そこにファンタジーの要素が入るか否かにあります。
歴史はあくまで客観的事実に基づき、すでに過去となった出来事の詳細を調べ、お亡くなりになった何十年、何百年、あるいは何千年前の人々の思いを「聞く」のが歴史です。

その意味で、法医学と歴史学は、ともに科学です。
そして目の前のご遺体から、被害者の言葉を聞くのが法医学なら、過去の歴史から当時の人々の声を聞くのが歴史学です。

その意味で、たとえば近代史分野では、昨今の歴史学会等で、かつての日本陸軍が大陸で蛮行の限りをつくしたかのように語られ、またそのことが小中学校の義務教育の社会科教科書に記載されたりしているのは、科学ではなく、ただのファンタジーです。
しかもその時代を生きた人々の声をまったく聞こうとせず、自己の思い込みだけで語っているただの小説です。

その意味で小説家は「思い込みの人」であり、科学者ではありません。
それが犯罪捜査なら、まったく犯人ではない人に向かって「犯人だ」と決めつけるようなもので、その意味では危険極まりないものです。
そしてファンタジーを信じてしまうと、今度は科学的真実までもが、嘘に見えてしまいます。
こうなると、それらは歴史の名を借りた、ただの宗教であって、ますます真実と乖離していきます。

歴史は、あくまで客観的事実に基づき、科学的に当時の人の声を聞くものです。
そしてそれが文献資料であれば、その文献資料を書いた人たちが、何を伝えようとしたのか。
これを書いた人々の声をしっかりと「聞く」のが歴史学です。

ということは、もっというなら、歴史は、過去の先人たちの声を「聞く」学問です。
そうであるなら、古事記や日本書紀は、我が国の歴史書として、間違いなく価値ある書です。
なぜなら、そこに先人たちの思いが詰まっているからです。

神話は歴史ではないという人がいます。
これはその通りです。
神話と歴史の違いは、日時時系列が整っているか否かの違いです。
つまり、その出来事があったのが、「いつか」が明確なものが歴史。
明確でないものが神話です。

かつて、神話を歴史にしようとした人たちがいました。
そのために、たとえばニニギのミコトが天孫降臨されたのは、西暦何年の出来事なのかが真剣に討議された時代もありました。
けれどそれは「わからないこと」です。
わからないから神話なのです。

では神話に意味はないのか。
それは違うと思います。
イザナギ、イザナミ神話にしても、日本の創生の神々にしても、日本全国に様々な伝承が神話としておそらく残っていたのです。
それらを集大成して、日本書紀が発表されたのが養老4年(720年)のことです。
古事記なら、序文に書かれたことを信頼するなら和銅5年(712年)のことです。

書かれたものには、書いた目的があります。
とりわけ日本書紀は、当時の朝廷によって、成立以後、我が国の教科書として千年以上にわたって広く用いられてきた歴史があります。
そしてそうであるなら、日本書紀を編纂した人たちが、どのような意図を持ち、何を伝えようとして、様々にあった神話を統合して、いま残されている物語にしたのか。
その先人たちの声を聞くのが、まさに歴史家の仕事であり、歴史学です。

神話を通じて神様の声を聞くなら、それは神学です。
神話が書かれた時代を探り、当時の人たちがどのような目的で何を伝えようとしたのかを聞くなら、それは歴史学です。
神話が歴史なのではなくて、神話から、神話を書いた先人たちの声を聞くのが歴史なのです。

日本をかっこよく!

お読みいただき、ありがとうございました。
◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第103回倭塾 2023/9/23(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
第104回倭塾 2023/10/21(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F

                       
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク