健康な批判と、不健康な悪口



選択は、他人ではない。
自分自身にあるのだと思います。


20231124 yes No



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

批判と悪口は違います(笑)
批判は客観的な視点から意見を述べることであり、建設的で、多くの場合健康的です。
一方、悪口は攻撃的であり、相手を傷つけたり侮辱したりする意図が含まれます。

悪口が起こる理由には4つの要因があるといわれています。
感情のコントロール不足、コミュニケーションの欠如、低い自己肯定感、社会的影響です。

1 感情のコントロール不足
怒りや嫉妬などの感情でついつい高ぶってしまい、自分の感情を抑えることができずに口に出てしまうようなケースです。つい、カチンときてしまうなんてことは、誰でもありますよね?

2 コミュニケーションの欠如
考えや感情などは、言葉などを通じて人に伝えますが、これには伝えられる側にも、一定の「察する」というスキルが必要になります。
日本文化は、もともと「察する」ことを大切にした文化ですが、戦後の教育ではこうした「察する」力がまったく訓練されないため、相互のコミュニケーションに支障がでることがあります。
結果、自分の思いが適切に伝わらず、つい攻撃的に悪口を言ってしまうことがあります。

3 低い自己肯定感
ありのままの自分を受け入れるのではなく、自分の価値を必要以上に低く感じてしまうと、逆に他人を貶めることで自分の価値を見出そうとしてしまう。そして他人への悪口に走る。これまた現代病のひとつです。

4 社会的影響
周りの人の悪口に釣られて、自分も同調しておもわず悪口を言ってしまうケースです。

ネット言論において、多く見られるのが、このうちの2〜4ですが、冒頭に述べた通り悪口は、基本、攻撃的ですから、そうした人たちの発言は、いきおい相手を傷つけること、侮辱する傾向となり、言葉遣いも感情的で乱暴になります。
そうした感情的な言葉は、傍で見ていて決して気持ちの良いものではないのですが、ネットの場合、匿名性があることに加え、悪口を言っている自分を正当化するために、発言がより過激化し、過激化することによって、その悪口という言説に固執が生まれ、事態をより深刻にしていきます。

いささかカルトじみた発言に思われるかもしれませんが、おもしろいもので、魂の次元には「主語がない」のだそうです。
集合意識という言葉があるように、魂の次元ではみんなが繋がっていますから、他人の悪口を言えば、それはそのまま自分の悪口を言っていることになります。
同様に自分で自分を拒否すれば、周囲からも拒否されることになる。

ですから「あいつはとんでもない奴だ」と言えば、魂次元では「あいつ」という主語がありませんから、自分自身のことをとんでもない奴だと述べていることになるし、その言葉が汚ければ汚いほど、他人を傷つけているつもりでいて、自分を傷つけることになってしまうのです。

そしてもうひとつは、影響の輪です。
いくら関心があっても、自分で影響できない事柄に集中しても、何の影響も効果もありません。
自分で影響できること。
その影響できることで、日本を少しでもよくするために顔晴る。
それこそが、いまの日本に求められていることだと思います。

なにしろ日本は、30年間、所得も上がらず、むしろ下がりっぱなしなのです。
そこから日本を再起三起させていくために、自分できること。それが影響の輪です。

いつの時代も建設は死闘です。
破壊は一瞬だといいますが、その破壊がすでに30年も続いているわけです。
このまま崩壊していくのか。
それともひとりひとりがイマジナル・セルとなって目覚めていくのか。
選択は、他人ではない。
自分自身にあるのだと思います。

そもそも、何が良くて、何が悪いのかなんて、神でもなければわからないことです。
人にできることは、チャレンジしていくこと。
健康な批判を受けて改善していくこともチャレンジです。
悪口に扮動(ふんどう)されずに、力いっぱい前進していくことも、またチャレンジです。

常に前向きでありたいと思います。


日本をかっこよく!

お読みいただき、ありがとうございました。
◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第103回倭塾 2023/9/23(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
第104回倭塾 2023/10/21(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F

                       

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク