大いなる和の国



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

大和の国

「JapanontheGlobe国際派日本人養成講座」のメルマガからの転載です。

とても良いお話と思いましたので、ご紹介します。

-----------------------------------
国柄探訪:外国人の見た「大いなる和の国」

~「私たちは日本にくると、全体が一つの大きな家族のような場所に来たと感じるの」~


■1.スクランブル交差点での傘の群舞■

高層ビルのレストランで、アメリカから来た老夫妻との食事を終えて、廊下に出ると、雨が降り出していた。廊下から外を見下ろすと、そこはハチ公広場前の大きなスクランブル交差点
で、信号が青になると色とりどりの雨傘がひしめいていた。

老夫妻は足をとめ、じっと窓から見下ろした。

私たち、こうするのが大好きなの。
日本のことが一番よくわかるから。

雨の日、そしてことに渋谷のような大きな交差点。

ほろ、あちこちの方向へ動く傘をよく見てごらんなさい。
ぶつかったり、押し合ったりしないでしょ?
バレエの舞台の群舞みたいに、規則正しくゆずり合って滑って行く。
演出家がいるかのように。これだけの数の傘が集まれば、こんな光景はよそでは決して見られない。

この言葉に、海外に合計15年も住んでいた文筆家の加藤恭子氏は次のような感想を持った。

内なる「外の眼」(海外生活体験を持つ日本人の眼)を意識している私も、ここまでは気づかなかった。
いつもせかせかと急いでいる私は、「傘の群舞」に眼をとめたことすらなかったのだ。
真の「外の眼」のみが指摘できる特徴だったのだろう。

日本人には「せかせかとした雑踏」としか見えないスクランブル交差点で入り乱れる傘の群れを、この老夫妻は「規則正しくゆずり合って滑って行く」日本人の姿として捉えていたのである。

加藤氏が編集した『私は日本のここが好き!外国人54人が語る』には、こうした「外の眼」から見た日本人の様々な姿が描かれている。そこには我々自身も気づかない自分自身の姿がある。


■2.お互いに「すみません」■

「スクランブル交差点での傘の群舞」とは、一人ひとりの行きたい方向はそれぞれだが、互いに他の人のことを思いやって、全体として一つの秩序を生み出している日本社会の見事な象徴
である。

そこには一人ひとりの自由と、共同体としての秩序が共存している。

我が国ははるか太古の時代に「大和の国」、すなわち「大いなる和の国」と自称した。

アメリカから来た老夫妻が見た「スクランブル交差点での傘の群舞」は、まさにこの国柄が現代にも息づいていることを窺わせる。

「大いなる和の国」が成り立つのは、一人ひとりがすれ違う相手のことを思いやる心を持っているからである。

この思いやりは、日本に来た多くの外国人が感じとっている。

中国から来て日本滞在20年、今では帰化して大学で中国語を教えている姚南(ようなん)さんはこう語っている。

これは民族性の違いだと思いますが、日本では一歩譲ることによって様々な衝突を避けることができます。

例えば自転車同士がぶつかったときなど、中国ならすぐ相手の責任を求めますが、日本ではどちらが悪いという事実関係より、まず、お互いに「すみません」と謝ります。その光景は見ていてとても勉強になります。

ある日、混んだ電車に乗っていたときのことです。

立っていた私は、揺られた拍子に後ろに立っていた女性の尖った靴先を、自分のヒールで踏んでしまったのです。

すぐ「ごめんなさい」と謝ると、その人は微笑んで「靴先は空いているから大丈夫ですよ」と言ってくれました。

日本人は他人の生活に干渉しません。

うわべの付き合いのように見える関係は、多くの中国人が偽善と感じるものですが、私は、自分の主張を人に強制して受け入れてもらう必要はなく、干渉せず、お互いに好意を持って付き合い、人が困ったときに助けてあげれば良いと思います。

お互いの自由な生活を尊重しつつ、困った時には助けてあげるのが、「大いなる和の国」の流儀である。


■3.周りの方の「がんばれー」光線■

この流儀は、もちろん海外から来た人々にも発揮される。

北アフリカのチュニジアから来た学生のアシュラフ・ヘンタティさんは、まだ滞在1年未満だが、こんな体験をしている。

僕はまだ日本に慣れていなくて、日常生活でも、日本語でも、悪戦苦闘の日々なのですが、いろんな場面で、皆さんが「がんばって」「がんばってください」「がんばってね」と声を掛けて下さいます。

実は初め驚いたのです。
よその国では、そういう経験があまりないからです。日本では乗り物などでマゴマゴとまどっていたりすると、周りの方の「がんばれー」光線を感じます。
身も知らぬ僕のためにハラハラと心配してくれているのですよね。

例えば、これがフランスなどですと、むしろ冷たい視線を受けてしまいます。
自分の権利やふるまいには自信や主張を強く持っていますが、他人にはかなり冷たいところのある国ですから。

逆に日本は、僕のようにあまり深いつきあいのない外国人であっても、そんな風に誰もが励ましのエールをくれます。

温かいなあと感じます。

「がんばって」と身近な皆さんに言われて、それがプレッシャーだった時もあるのです。

こんなにがんばっているのに、自分はそんなにがんばっていないように見えるのだろうか、と。今は、その言葉が励ましの意味だけでなく、むしろ「見守っていますよ」という温かい気持ちの代わりの言葉なのだと解って来ました。

「スクランブル交差点での傘の群舞」の中で、一人マゴマゴしている外国人がいれば、「がんばって」と声をかけるのが、「大いなる和の国」を成り立たせている思いやりの心である。


■4.「静かに美しく毎日が過ぎていき」■

こうした流儀で、「大いなる和の国」には平和が保たれている。

それは争いの続く国から来た人々にとっては、望んでも得られないものだ。
インドから来て在日経験通算5年のモハマド・ラフィさんは、こう語っている。

日本に暮らしていて最も素晴らしいこと、それは毎日の生活が無事に繰り返されていき、それによって、きちんと仕事をすることができることです。

朝太陽が昇り、一日が始まる。
人々が目覚めて仕事に向かう。
やがて日が沈み人々は仕事を終えて家に戻って休む。
夜が来て月が天に昇る。

その繰り返しが今日も明日も明後日もずっと続いていきます。

静かに美しく毎日が過ぎていき、全てが、いろいろなものや人の役割が、きちんと機能している。

日本の人たちはそういった意味で、自分たちの国をとても大切にしていると思います。
自分の国を汚くすることがない、

私はそれを尊敬しています。

公共の場所や道路を散らかさない、という意味だけではなく、政治的な問題や社会的な問題が起こったときなどにも暴動を起こして建物を壊したり火を放ったりしないし、ストライキで国中が混乱状態になってしまうような事態も起こりません。

それは大変珍しいことです。

今日の続きとして明日を、明日の続きとしての明後日を、安心して待つことができるので、未来への計画も期待も持つことができます。

一日一日が平安とともにあります。それが日本の経済力やハイテクノロジーなどの、世界に誇っている力を生み出しているもとになっていると思います。

世界有数の経済力も技術力も、「大いなる和の国」の静かな美しく過ぎゆく日々がもたらしたものである。


■5.「恩や義理人情」■

「大いなる和の国」に存在する「恩や義理人情」の「美徳」を、日系ペルー人のカトリック神父で、戦後の日本で貧民救済事業にあたっていた加藤マヌエルさんは指摘する。

また、日本人が持っている「美徳」の一つは、「恩や義理人情」です。
通算13年ほどの滞在期間中、私は私にできる限りの援助をその当時困っていた方々にしていたのですが、今はその人たちに助けられています。

帰国後、私がペルーでストリート・チルドレンのためのホームや診療所、そして日系人専用の老人ホームを建設する事業に関わってからは、その支援を仰ぐために毎年2カ月ほど来日するようになりました。・・・

昔、私が行ったほんの小さな好意に、今でも感謝の気持ちを持っていて下さる方々。

私が十年間ほど援助したことのある日本人は、その額とは比較にならない何千倍もの額を、今までに援助して下さいました。・・・

他の国からも、慈善事業としての援助はいただきましたが、日本人から感じるような「恩や義理人情」は、少なくとも私が関わった西洋人にはあまりないように思いますね。

「人情」とは他者への思いやりの心、「恩」とは他者から受けた思いやりに対する感謝の心、そして「義理」とはその恩をお返ししなければ、という心。こういう心を一人ひとりが豊かに
持っているからこそ、お互いに助け合う「大いなる和の国」が維持されてきたのである。


■6.死者と生者がむつみあうようなのどかさ■

「大いなる和の国」に住むのは、生者ばかりではない。

中国から来て、滞在17年にもなる作家・毛丹青はこんな美しい光景を見た。

中国では人が亡くなると町の外に埋葬しに行きます。

北京で有名なのは八宝山ですが、市内からかなり離れていますね。

ところが日本では墓地が街の至る所にある。

もっと不思議なのは、お寺の裏に墓地があって、隣に幼稚園があったりするんです。

黄昏の夕日が墓地に射して、その美しい光の中で幼稚園の子どもたちが鬼ごっこをして夢中で遊んでいる。

僕はそういう情景を何度も見ました。

死者と生者がむつみあうようなのどかさ。

亡くなった人たちは子どもたちの無邪気に遊ぶ姿を見て幸せだったんじゃないか、そこには死者と生者の会話があったんじゃないか、と思いましたね。

現代の中国ではありえない光景です。

子どもの時からそういう体験をすると、死生観や生命に対する考え方が違ってくるでしょうね。

インドで生まれた仏教では、魂は他の人間か動物かに生まれ変わる「輪廻転生」を続けるか、解脱をして浄土に行ってしまう。

家としての血のつながりを重視する中国では、そんな個人主義的な死生観は受けつけられず、一族の長の家に宗廟という建物を建て、そこで先祖祭祀を行った。

それが日本に入ると、死者と生者の関係はさらに近いものとなり、各家に仏壇を置く、という日本独自の習慣となった。

日本のご先祖様は子孫を見捨てて、勝手に西方浄土に行ってしまったりしない。

いつも「草場の陰」で子孫を温かく見守ってくれているのだ。

だから、お寺の墓地の隣に幼稚園があるのも、ごく自然なのである。

死者を身近に感ずる所から、その気持ちを裏切っては「ご先祖様に申し訳ない」という感覚が出てくる。

我が国には創業百年以上の老舗企業が10万社以上あるという、世界でも群を抜く「老舗企業大国」であるのも、こういう死生観からであろう。

「大いなる和の国」では、死者と生者が睦み合って、幸せに繁栄しているのである。


■7.「全体が一つの大きな家族のような場所」■

冒頭に登場したアメリカからの老夫婦は、「少年の犯罪率が高くなった」などと語る加藤恭子氏に、こう答えた。

率のことはわからないわ。
だけど私たちは日本にくると、全体が一つの大きな家族のような場所に来たと感じるの。

路上には、異様な風体の少年少女たとがすわりこんでいる。

加藤さんは眼で彼らを示しながら、「あの若者たちも、『家族』の一員なの?」と訊ねた。

そう、ちょっと異分子かもしれないけれど、彼らも一員よ。
「私は見守っていますよ」というような大きなジャスチャーは日本人はしない。
でも、それぞれがさり気なく見ているの。

家族って、そうでしょ。その安心感があるから、彼らも地面にすわっているのよ。

確かに、地面に座っている子どもたちが、強盗に襲われたり、暴力を振るわれたりする社会なら、彼らもこんな真似はできない。

「大いなる和の国」とは、一つの家族のように、互いの自由を尊重しながら、必要な時に支え合ったり、その恩返しをしたりする共同体である。


■8.「日本は他の世界と共有するものをたくさん持っている」■

世界の多くの国民国家は、多かれ少なかれ、こうした家族的側面を持っている。北欧諸国やタイなどはその模範的な存在である。

その中でも、我が国はもっとも理想に近い国民国家と言えよう。

スイスから来て滞在10年のビジネスマン、ウルフガング・アンベールドローさんは、こうアドバイスしている。

今日のグローバル社会において、日本は、他の世界と共有するものをたくさん持っているという事実にもっと気がつくべきだと思います。

ここで紹介した人々が共感した「大いなる和の国」の光景は、まさに「幸福な国民国家のあり方」として、他の世界と共有しうる理想であろう。

この理想は、聖徳太子が「和を以て貴しとなす」として、十七条憲法の冒頭に掲げられたものである。
(文責:伊勢雅臣)
---------------------------------------

いやぁ、日本て、ほんとに素晴らしい!と感じた方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

外国人が見た日本
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

あきちゃ

あれですね。
ばりばりの反日ブログで育ってきた図南さんに
民主党がどんな党か納得させられて、
民主党はダメだって思わせられたら
他の同じような境遇の本当は左なんかぢゃない
一般ピーポーを保守に導けるかもしれませんね。

ねずきちさんにふっちゃったりして、、、、(ぁ

図南

No title
>ふくさん
ほんとふくさんは大人だなあ。手のひらの上で転がされている感覚になります。こういうのが一番こたえますよ(笑)。中韓に対してもこうすればいいんですよ。

>中高生位かな
ひでぶっ!!即死です。今までで一番凹んだ。そんなにガキに思われてんだ俺・・・。
あなたは結構いや、かなり皮肉屋ですね。確信犯と見た。

>私は自民だ民主だの話の流れになったきっかけはここにあると思っているのですが↓

以前、「八潮さん」という方にご紹介いただきました。「新世紀のビックブラザーへ」も確か、同じような内容ですよね。この作り話を前提にしているから「民主党は危険」だということになるのですね。

僕は中韓脅威論が行き過ぎると、終わりなき軍拡、壊滅的な破局へと向かう恐れもあると思いますよ。そして世の中、戦争利権を狙っている輩が存在する。同じ陰謀史観ならこっちの方が信じられますね。

リスクマネージメントは必要ですが、チャレンジ精神を失っては世の中、停滞します。リスク管理を経験ある自民党に委ねたいですね。

図南

No title
みなさんレスありがとうございます。
はじめに謝ります。配慮を欠いたコメントがあったようです。
御不快に感じたみなさん、どうもすみませんでした。

>燻し銀さん
>私は保守だと思いますが図南さんの言いたいことも解ります。ですがやはりこれからを担って行かなければならない世代として、民主党は支持できません。

あなたの考えを尊重します。僕は民主党が勝ち過ぎるのは歓迎しません。二大政党の時代に突入して欲しいので。しかし、今のままでは自民はボロ負けです。憂慮してます。

>あなたはこの先ずっと日本人の税金が韓国の売春婦に流れるとわかって民主党を支持するのでしょうか?

100ある問題のうち100とも理想的な解決をしてくれる政党はありえません。僕はなるべく多くの問題を解決できる政党はどこかという視点で考えています。

それに従軍慰安婦の問題を今日まで引きずっているのはなぜか?まさか民主党のせいではないですよね。これだけ問題が大きくなってしまって、痛みゼロで解決できるのですか?クレーマーに対して「ざけんな」と言って門前払いにしたらますます問題が大きくなるだけでは?もちろん一方的にクレーマーの言いなりになれとは言いません。引き続き現実的な対応が必要です。

>北極クマさん
>ホント色々な考え方、受け取り方があって楽しいですね。
人生いろいろ、考え方もいろいろですね。おっしゃる通りです。

>かぐやひめさん
>私が、一番許せないのは「マスコミ」が選り好みして「報道したり、しなかったりする現状です」

同感です。でも時間的(放送時間)、物理的(文字数)制限のある既存メディアでは難しいのですよね。だから、せめて記者クラブ廃止・ディスクロージャーを徹底して、様々な視点のジャーナリストが自由に取材できること発言できることが必要なのではないでしょうか?それでこそ健全な議論ができるというものです。

>はっきり言って、これで、どう選べと言うのか?というのが、保守の悩みです。

民主支持者も同じ思いですよ。しかし、現実にはどちらかを選ぶしかない。僕は今の時点では政権交代を実現させることが、長い目で見ると日本を守ることにつながると思っています。二大政党による切磋琢磨で互いの成長を図ります。競争なき社会の末路はご存知の通りです。

しかし、民主党に不安があるのは確か。だからこそ自民党には踏ん張って欲しい。民主党の暴走を抑えてほしい(博士がいうところの闇法案)。それには壊滅的な大敗を防ぐ必要がある。自民党のコアを残す必要がある。ネガティブキャンペーンは品位を落とすだけの行為です。創価学会なんかとは手を切って、さすが自民党と思わせる行動をとって欲しいものです。そうすれば必ず次につながります。

>あきちゃさん
懲りずに来てます(笑)。レスをもらえるとうれしくて。

>民主党の悪はもう簡単に見つけることができると思うんですけどねぇ。
自民党の悪も簡単に見つかるのですよ。ならばどちらを選んだら健全な方向に日本はいくかと考えるわけです。政権交代を繰り返すうちに健全になっていくと僕は考えています。

>自分で調べることもせずに、またねずきちさんの過去記事を読むでもないあなたにねずきちさんの批判はやめてもらいたい。

これは厳しい。何も言えない。おっしゃる通り。

あつかましいですが、僕の疑問を解決してくれる記事を教えていただけないでしょうか。最近3か月ぐらいは読んでいるつもりなのですが、見逃しがあったのでしょうか?あきちゃさんの要約でもかまいません。

>TTMさん
>なぜ、勘弁なんですか?

右か左かなんて今の時代重要とは考えないからです。(大きい政府か小さい政府かではなく機能する政府であるかというオバマさんの考え方に近い。)右でも左でも現実問題に正しく対処できればこだわる必要はありません。


>自民も無理・民主も無理、それで政権交代って?どんな政権交代を考えておいでなのか?

現時点では無理でも二大政党による切磋琢磨で健全でたくましい政党を育て上げる必要があると考えている。未来を見据えています。

>にゃんきちさん
大人な意見ありがとうございます。自分が子供に思えてきた。

苦情ではないんですよ。苦情に聞こえたら謝るしかないですね。
疑問がある。質問した。バッシングをうけた。

ひたすらバッシングしてどんな未来があるのですか?という疑問です。

ふく

図南さんへ
>日本の素晴らしさを語るけど、どういう未来したいの?というのがねずきちさんの主張に見えてこない・・・

随分大きな話になっちゃったなと思いつつ。

ねずきちさんが今回の衆院選に立候補するのならば、私もそれを要求するのですけどね。

私は「中韓を知りすぎた男」でコメンテーターとしてのねずきちさんの方を先に知ってて、貼ってあったリンクから飛んできたクチなのですが、あっちでは嫌中韓の極右の論客でしたよ(笑)

ですから、愛国心や「八紘一宇」の精神が先にあって、その延長線で中韓や民主党を批判しているのでは無く、中韓の脅威から守らなければならない大切なものとして、古き良き時代の日本を取り上げているのですよ。

私は自民だ民主だの話の流れになったきっかけはここにあると思っているのですが↓
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-295.html

最初から立ち位置が違うので中々議論が噛み合わないのですね。


私は図南さんの事を中国人だとか、工作員だとかは思ってませんよ。

書き込み時間が18:00~21:00位で安定してますから、パソコンは家に1台をみんなで共有して使ってる中高生位かなと(間違ってたらごめんなさい)

きっと成績優秀な頭の良い人ですね。

少し先の未来を背負って立つ若者が、自民でなくて民主党に明るい未来を見る。

うーむ・・・由々しき事態だなと。

そんな事を考えてしまいます。

おれんじ

No title
ねずきちさん、お久しぶりです。素晴らしいエントリー有難うございます。

ただ、最近日本人のマナーが悪くなってきている気がして暗澹たる気持ちになっております。

電車の中やホームで平気で化粧する女性(周囲に対する無神経さが顔つきの悪さとなって表れていることに気がつかないのだろうか)、車内で大きな音でワンセグ画像を見ている中年男性(相当うるさいです)、女性がのっている車椅子を切符売り場の真前に止めて周囲が困っていることに気がつかない中年女性、ゴミをポイ投げする人達…。悲観的になるのもどうかと思いますが、戦後教育による日本人の心の荒廃が手に取るように感じられてなりません。日本人はシナ人のようになって欲しくないのですが…。

こういう外国人の視点を読むとホッとすると同時に、どうかこれからも日本人がよき心を持っていて欲しいと(自戒を込めて)感じます。蒸し暑い日々が続きますのでどうかお体にお気をつけて。

にゃんきち

図南さま ミヤビさま
ここは、ねずきちさんの場所で、それについてとやかく言う前に話している言葉の奥まで、理解しないのではないですか?あなたも考えがいろいろ違うように、人それぞれ違う角度の話があること、理解してください。自分に合う事だけが、正しいわけではないと思います。自分はとにかく情報(ねずさんのお話)がほしいので、他の方やもちろんねずきちさんに苦情など、思いつきもしません。感謝はいつもしています。

共通一次世代

No title
↑の方、ありがとうございます!
昨日、一昨日と連休が取れたので梅雨明けの猛暑の中、ポスティングを頑張ったのですが、とにかく暑くて正直バテたのです。後頭部が痛いくらいに。

でも、麻生総理もこの暑さの中、68歳という年齢で頑張ってます。それも日本中飛び回って。10ヶ月間、マスコミのバッシングに耐え、今、この夏の暑さにも耐え。言い訳せず、弱音を吐かず、経済危機、インフル危機、北のミサイル危機、多くの危機を回避してくれて。(まるで宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」のよう・・。)本当に尊敬します。誇りに思える総理大臣です。
だから頑張らなくては!です。

ついでに言うと、ネット部隊も必要だと。論破部隊も心強いです!

海外からも出来ることがある!凄いです!!
みなさん、一緒に頑張りましょう!!!
では仕事、行ってきます。

bb

おはようございます。
2009/08/05(水) 07:39 さま

人知れず行動してますよ。言わないだけです。微力ですが、みな出来ることからはじめていると思います。じっとしてはいられませんから。

-

 共通一次世代さんへ
炎天下を、がんぱってくださって、本当にありがとうございます。

私は海外に住んでいます。 私にも出来ることはないかと考え、きれいな絵葉書を送って、現状を訴えています。 海外に住んでおられる方々、あなたもなさいませんか。
きっと違ったインパクトがありますよ。

-

No title
共通一次世代さんがポスティングして下さっているのは、
以前のプログ内で知りました。

ここの住人と一まとめにしてしまったのは、申し訳ない!

ただ、特定の人間のコメに不満が爆発してしまいました…。

共通一次世代

No title
孤独な気持ちを抱えて、炎天下の中、遠くのほうまで行ってポスティングしてますよ。
仕事帰りには、遠回りして、うっかり、やってますよ。

昨日も暑かった・・。でもきっと多くの人が同じように頑張ってる、そしてチラシを見た人が家族ごと目を覚まし、また他の誰かに伝えてくれればと、と希望を持って。

いちいち報告するのですか?
喚起なら「一緒に頑張ろう!」と書いてくれたらいい。
それだけで、黙々と報告なしで孤独にやってる人間も「最後まで諦めないぞ!」と思う。

怒られる理由なんかない。決め付けないで欲しい。そんな風に書かれると悔しい!


皆さん、頑張りましょう!諦めないで、頑張ろう!
自分ひとりじゃないぞ!やってる人一杯いるぞ!!
頑張ろう!!!

椿

図南へ

新しいトピの方にコメントしてしまったから、改めてこちらにコメントを貼ります。

フン!初懲りも無く、図南とかいうシナ・朝鮮スパイがまた潜り込んでいますね。

だいたい、こんなに悠長にコンピューターに向かって、コメントを書き込み、スパイ活動が出来るのも誰のお陰か?!

日本への領海・領土侵犯・拉致犯罪・麻薬密売・脱税・凶悪犯罪集団北朝鮮への送金・戦後の日本時への暴行・強姦・強奪など等、数え上げればキリがないほどの“凶悪犯罪”を犯しておいて、その上、毎日のように、手を変えしなを変えて、あらゆる工作に血道を上げている!!

もし今日本に、“スパイ防止法・国家反逆罪”があれば、こんな図南のようなシナ・朝鮮スパイなぞ、とうの昔に「あの世=地獄」に送り込まれていることでしょうよ!!歴史を知っていたら、日本人を大人しいと思って舐めてかかると、手酷い目にあうということ、骨身にしみてるでしょうに!

最近では、ネット情報や海外経験も手伝って、シナ・朝鮮・アメリカの工作に対して、「覚醒」されてきている日本人が多いから、昔のように居丈高に発言することは控え、“なだめたり”、“すかしたり”、“弱者・被害者”の振りを装ったり、

自己に都合の悪い事を指摘されると、相手を「下品だとか知性がない」とか言って、相手の人格を貶め、気の優しい日本人の『正論』を封じ、思考を撹乱しようとしているけれど、そんな姑息で稚拙な工作、私には一切通用しないと、覚えておきなさい!!

シナ・朝鮮は、いつも、自分の形勢が不利になってくると、必ずと言っていいほど、「論点ずらし」や「話題の転換」を図り、相手に無駄な時間とエネルギーをかけさせて、思考を停止・混乱させる姑息な工作をするけれど、そんなことも私が見抜いているという事をよーーく、覚えておきなさい!!

他のコメント者の方々が、真面目で寛大だからこそ、あんたのその“バカバカしい、ネジくれた質問”にでも、真摯に答えてくれているのだと思い、感謝しなさいよ!!!!!

あ、それから、『八紘一宇の精神』があるからこそ、図南のような“姑息な工作をする輩”に対しても、それにふさわしい態度で応対してやっているのですよ。そこのところを忘れずに!!

注)詳しくは、『おススメ動画。麻生さんを応援しよう』の「図南」のコメントを参照してください。


-

No title
大和魂を学んだのでしょ?
武士道の精神を学んだのでしょ?

ここの住人は何を学んでいるのか?

行動しろ!戦え!

民主党政権になるとか、それを止める力がないとか、
はなから決め付けて馬鹿じゃないの!

知人の数人に周知しただけで終了?はぁ?

行動もせず、偉そうな事ばかり書くな!

10代の選挙権のない多くの若者でさえ、周知活動に日々貢献しているというのに…。
忙しい社会人でも毎日ビラを持参し、ばら撒いている!

以下のチラシ集積サイトだけでも、リンク先を含め、隅々まで読んで来い!そして行動しろ!
http://chirashihokanko.web.fc2.com/

Lay

図南 さん
>筋ではなく、僕の個人的不満な点という意味で言わせてもらうと、中韓の残虐非道、日本の素晴らしさを語るけど、どういう未来したいの?というのがねずきちさんの主張に見えてこない点ですね(僕の理解不足かもしれませんが)。 <

ご自分で言うように理解不足ですね。 あきちゃさんのご指摘の、 >自分で調べることもせずに、またねずきちさんの過去記事を 読むでもないあなた< ではなく、一年ぐらいの過去記事を読んでごらんなさいよ。

また、あなたは
>今の自民党政治のままでいいのですか?
今の自民党は古き良き日本を体現しているのですか?
と言いたいですね。< などと書いておりますが、いったい誰がそんな書き込みしていますか? 

かぐやひめさんがおっしゃる「はっきり言って、これで、どう選べと言うのか?というのが、保守の悩みです。私の願いを完全に代弁してくれる政党は存在しません。みなさん、想いは同じだと思います。 」 が共通了解事項なんですよ。 ここはそこから先の議論をしているのです。

>民主党は関係ありません。ただ、「日本を守る」といわれると「天下り天国」「大資本優遇」「少子高齢化」「デフレスパイラル」「情報閉鎖」社会をですか?と言いたくなりますね。 <

だから、過去記事読みなさいよ。 どこにもそんなこと書いていませんよ。 
「どうしようもない自民党か?(売国の)危険な民主党か?を選ぶ選挙。」と私も書きました。

あなたのお立場なら、すんなり「天下り天国」「大資本優遇」「少子高齢化」「デフレスパイラル」「情報閉鎖」社会を温存する自民党より、「1000万人の移民を受け入れ」「永住外国人に地方選挙権を与え」「慰安婦問題は謝罪と賠償金で解決し」「中国や韓国の主張通りに国立追悼施設を建立し」「沖縄は一国二制度にする」民主党の方がましだ! と論陣を張ればいいのです。 そうすれば、みんな乗ってきますよ。

Lay

プク さん
>信頼主義でなく、「相互」信頼主義です。
Lay さん
西尾幹二氏が「和」では中韓に効かないといっていました。日本人同士では信頼主義でしょうが、中韓人などに対しては、相互信頼主義でしょう。<

すみません。 私のどの意見に対してのコメントでしょうか? > < の部分は私も異論はないのですが、、、。


TTM

「僕みたいな素人」・・・ですか。
図南さん。
「こういう答えは勘弁です。『自民党の内の売国議員を追い出し、真正保守にすることだ。』『中国朝鮮の侵略を防ぐことだ。』」
(別の所では)「今の自民では無理ですね。今の民主でも無理。経済は一流、政治は三流、両方とも超一流を目指しましょう。そのための政権交代です。」

1.なぜ、勘弁なんですか?
2.自民も無理・民主も無理、それで政権交代って?どんな政権交代を考えておいでなのか?
以上二点を「理路整然と説明」して頂ければ、図南さんに対する“誤解”も解けるでしょう。

あきちゃ

前も書きましたが
ねずきちさんは自民党贔屓ではないと思いますよ??

でも、民主党はないんです。
絶対に。

かぐやひめ

民主党に感じる不安と、自民党に感じる不満
民主党に感じる一番嫌なことは日教組による「自虐史観」です。これは、まさに若い子供たちから誇りを奪い、国家を象徴する父親像を傷つけ、子供たちの健やかな成長を阻害しています。また、過度な性教育が子供たちを早熟にさせ、傷つけていると感じます。
言うなれば、この一点だけが、かろうじて民主に特徴的だと言えるかもしれません。

あとのことは、厳密にいえば「党」では峻別できませんね。
移民1000万を大声で行っている自民党議員、いますね。

中韓、あるいは北朝鮮からの「資金」を受け取っているらしいのは、小沢さん、鳩山さん(民主)だけでなく、田中角栄の傘下にあった人々の利権でしょうから、今や、自民にも民主にもいるでしょう。

在日に選挙権をと言っているのは「公明党もやで」と、民主党の「在日選挙権反対派」に教えられたところです。

はっきり言って、これで、どう選べと言うのか?というのが、保守の悩みです。私の願いを完全に代弁してくれる政党は存在しません。みなさん、想いは同じだと思います。

図南さんの、状況分析も同じだと思います。
あと、麻生さんの顔が好きか嫌いかとか、声がどうとか、鳩山さんの顔がきもいとかは、個人の好みでどうしようもありません。

私が、一番許せないのは「マスコミ」が選り好みして「報道したり、しなかったりする現状です」
なぜ、麻生さんのG7での成果を、完全スルーするのか?そのほかのさまざまな政策もです。これでは、一般人は麻生さんは地位にしがみついているだけと感じても仕方ありません。毎日コメンテーターや司会者がそういう印象操作をするのですから。

それとも、このマスコミの姿勢をあなたは「公平」だと感じておられますか?
マスコミ(電通)には情報をある単位量くりかえし浴びせれば「洗脳できる」計算は出来ているはずです。だから、私がいくら理路整然と説明しても、聞く耳の無い人には、無駄です。

この度、何人かの人に話してみて、「情報弱者」、「どんなことがあっても自民党だけにはいれない派」「かなり現実が見えている」人の割合がわかった気がしています。
相対的に「もう、民主党になると決まったんでしょ?」と空気を読んでいる人の割合が一番多いですね。

けれど、私達が英雄さんとはなし合っているように、この世界を動かしている人たちがいます。
所詮、この選挙結果も、日本のおおまかな運命も、その路線に沿って動くでしょう。われわれに、それを止める力はありません。

ランキングがあがると、「ねずきちさが、日本の将来をどうとかできる」とでも、思っていらっしゃるかのようなご意見がでてくるんですね。
残念だけど、ねずきちさんに限らず誰か一人に、未来を創ったり、変えたりする力はないでしょう。
微力だけど、私達、みんなが、少しずつ出しあうー汗と涙と知恵と工夫ーで頑張るしかありません。
なにを言ってもごまめの歯ぎしり。でも、あきらめない。

アリエス

初めまして!
こんばんは!
初めて訪問させて頂きます。
今後ともよろしくお願いいたします!
この大いなる和の国、そして大いなる奇跡の国、日本。
日本人として日本に生まれ育ったことを心から感謝し、誇りに思っています。奇跡の国、日本をつぶそうとする邪悪なものを許すことはできません。

北極クマ~

ナルホドです
ねずきちさん、いろいろな気づき、ナルホドを与えていただきありがとうございます。
ブログの更新を毎日楽しみにしております。

>図南様
>(特に右は酷い)
→私は「特に左が酷く」感じるのですが・・・
>文句だけしか言ってないのに、経済も政治も歴史もさも精通しているような口ぶりで語る。マスコミに洗脳された愚かな連中と上から目線で語る。
→私は左の方やマスコミの方が上から目線に思えます。
>上記の方々のようにどうでもいい重箱の隅に突っ込むことしかやらない議論。
→左の方も同じでは・・・
>ねずきちさんにはできれば未来も語って欲しいなあと個人的に思っているのですよ。
→ねずきちさんのこのブログは歴史を語ることで未来を問うていると思いながら読ませていただいています。
>保守思想に未来を問うのは・・・
左の思想に未来を問うのは無理があるのかなと思ってます。
ホント色々な考え方、受け取り方があって楽しいですね。

燻し銀

私は保守だと思いますが図南さんの言いたいことも解ります。ですがやはりこれからを担って行かなければならない世代として、民主党は支持できません。
あなたはこの先ずっと日本人の税金が韓国の売春婦に流れるとわかって民主党を支持するのでしょうか?

bb

No title
とりあえず、図南 サマ

あなたのような方を、日本語では慇懃無礼というのです。

ミヤビ様

ねずきちさんも私も若者全般にあらぬ批判はしていませんよ。私は団塊の世代です。他のブログなどでは、それだけで、否定されます。少なくとも私は、年齢で判断はしません。ミヤビさんが何をどう感じられたのか判りませんので、なんともいえませんが、ねずきちさんの優しさは本物でしょう。それをどう受け取り、解釈するのは自由です。

議論があらぬ方向へ行ってしまうなと、時々感じます。そういう私も何時もずれてます。ねずきちさんの包容力で許していただいています。ミヤビさんは時々他のブログでも考えを共有できる方だと思っていました。もしよろしければ、もう少し詳しく教えてください。

ミヤビ

私も感じました
ねずきちさんは素晴らしいお話をたくさん教えてくださいましたので心より感謝しております。
でも、いつのころからか・・・
ねずきちさんは、これからの日本を背負っていく若者に対して絶望と批判しか感じておられないのでないかと感じるようになりました。
私の思い違いかもしれませんが・・・
いつまでも品格と知性と優しさを共有する場であって欲しかったです。

図南

未来
遅レス失礼します。

>かぐやひめさん
>本気で、民主党は危険ではないと思ってらっしゃるんですね。
日本国民の4割近くは民主党を支持しています。この人たちを説得するには理路整然と説明する必要があるでしょ?と僕は言いたいのですよ。皮肉な表現にしてしまったのはあやまります。その「民主党が危険である」という部分を僕みたいな素人にあなたの言葉で教えてください。

>椿さん、bbさん
HNとはいえ、人のこと呼び捨てにしないでください。主義主張が違うからといって最低限の礼儀は守りましょう。「下品」という単語ではなく、「ふくさん」みたいに論旨に対して反論してください。礼儀正しいというのは日本人の美徳のはずです。お二人に期待します。

しかし、『八紘一宇の精神』を持ってのヤクザ応対って・・・言ってて恥ずかしくないのかね。

>どーも読解力のない連中が多いようだ・・・
ため息とともに納得。

>TTMさん
問題は、こちらにあるのではなく、そちらにあるのですよ。

「そちら」って・・あのう、僕も日本人なのですが・・・。世の中色んな考えの人間がいるってことを理解しましょう。

>ふくさん
おお、やっとまともなレスだ。

>ですから、今現在と未来について「中韓と兄弟になるための主張」を求めるのは筋が違うでしょう?

確かに筋が違うかもしれない。何を語ろうとねずきちさんの自由。

>極端に言えば先人達は「八紘一宇」の精神を持っていましたが、ねずきちさんは持っていないかも知れない(笑)

普通、過去のこととはいえ、称賛するのならば、現在・未来にも残したいと思うのが普通だと思いますけどね。それが保守ですよね。武士道精神みたいに。では残すためにはどうしたらいいか?民主は売国だ!中韓はヤクザだ!って主張することですかね?

筋ではなく、僕の個人的不満な点という意味で言わせてもらうと、中韓の残虐非道、日本の素晴らしさを語るけど、どういう未来したいの?というのがねずきちさんの主張に見えてこない点ですね(僕の理解不足かもしれませんが)。

今の自民党政治のままでいいのですか?
今の自民党は古き良き日本を体現しているのですか?
と言いたいですね。民主党は関係ありません。ただ、「日本を守る」といわれると「天下り天国」「大資本優遇」「少子高齢化」「デフレスパイラル」「情報閉鎖」社会をですか?と言いたくなりますね。

しかし、こういう答えは勘弁です。「自民党の内の売国議員を追い出し、真正保守の政党にすることだ。」「中国朝鮮の侵略を防ぐことだ。」

それに、最近の右も左も論調は、とにかくバッシング一色(特に右は酷い)。文句だけしか言ってないのに、経済も政治も歴史もさも精通しているような口ぶりで語る。マスコミに洗脳された愚かな連中と上から目線で語る。上記の方々のようにどうでもいい重箱の隅に突っ込むことしかやらない議論。そういうのに心底ウンザリしているのですよ。そういった意味で、ねずきちさんにはできれば未来も語って欲しいなあと個人的に思っているのですよ。

保守思想に未来を問うのは無理があるのですかね。

とおりすがり

個人の自由な意見はともかく
国粋主義の人には不安を感じます。

にゃんきち

単一民族のなせる家族国家
日本人が英語がうまくならならないのは、1度も植民地化されたことがないので、日本語だけで、外国語は必要なかったともいえる。シナ朝鮮が来るまでは、犯罪もなく安全な国であったし、本来の日本人は、いいDNAだからこそ、賢く対処してきて、今の日本にしてきたのかもしれないけれど、共産シナは世界中どこでもシナ人が住み着き、今日行った、カナダのインデイアンの初期の頃の岩盤壁画のある、Petroglyphs(オンタリオ)では、中国人家族の3歳くらいの女の子2人が大きな声で走りまわっていて、みんな静かに見ているのに、こんな奥地まで来て、親も注意しないでとても迷惑でした。世界乗っ取りの予備軍が、どこに行っても、必ずいます。寂しいことに日本人にはなかなか出会えません。シナの人口がなぜあんなに多いのか、わかりません。ねずみ算かごきぶり?の増えかたと、重なる程生命力があるようで、怖いです。

愛信

内部告発、民主党マニフェスト政権交代詐欺に注意しましょう
このような「政策」に断固反対である。ハッキリ言って、日本を滅ぼす。

内部告発、民主党マニフェスト政権交代詐欺に注意しましょう

産経ニュースによれば、我が民主党のマニフェストに、党の「重要な政策が意図
的に脱落されている」
理由は簡単。そんな政策を掲げて選挙をやれば、民主は「第二社会党」
だと批判を受けるからだ。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい

自民党公認のギャンブル・パンフと置きビラを一緒にうっかりで相乗効果を上げましょう。
民主党の支持母体が日教組、同和、民団、年金破壊の自治労であるこ
とすら知らない!
インターネットと無縁な方々にはこちらの置きビラを見てもらって下さい。
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

nanashi-san

No title
水をさすようで悪いですが今の日本では交通事故の時に謝る人は少ないんじゃないかと思います。まあそれは道徳云々の話ではなくて、事故のことは保険屋さんに任すべきで余計なことは言わないほうがよいとの認識(米国流の認識だろうと思いますが)が浸透してることに理由があると思います。こんな認識が浸透しなければ事故現場でいやな思いをする率も減ると思うのですが一度浸透した(訴訟社会の)意識は消えることはないでしょう。

共通一次世代

No title
一に曰く、和を以て貴しと為し、・・。
二に曰く、篤く三宝を敬へ。

中学校の時に歴史の授業で、大好きだった先生が、「自分は聖徳太子の憲法17条から子どもの名前を取ってます。上の子は和子で、下の子は篤子だよ。」と教えてくれたのを思い出しました。

いい先生との巡り会いはいつまでも心の中に残るものですね・・・。

プク

信頼主義でなく、「相互」信頼主義です。
Lay さん
西尾幹二氏が「和」では中韓に効かないといっていました。日本人同士では信頼主義でしょうが、中韓人などに対しては、相互信頼主義でしょう。

papepo

日本人て素晴らしいと思います
日本人て素晴らしいと思います (^_^)

民主は最悪
移民1000万人は数年後、彼らは家族を呼び寄せるので、移民3000万人~6000万人になる。

高速道路無料 子供手当につられ民主にすると、国家主権を移譲するっていうし、中韓からの移民認めるわで 数年後には後悔するだろう。民主は最悪

日本もウイグルとかになるかも知れない。

移民1000万人 外国人参政権は日本にとってメリットなし

Lay

御苦労様です。
ねずきちさん 毎日のブログ更新に心から感謝と敬意を表します。

猪 さんも >日教組がこれだけ国家を忘れさす教育をしても「道徳」は簡単には日本人から抜き取る事は出来ないのでしょうが、< と述べておられますが、まだまだ世界からみれば道徳レベルは高いのです。 しかし今が限度、これ以上道徳観が欠如しますと、本来の良き日本文化が崩壊するでしょう。

さて、きょうのねずきちさんのお話の中に、「象徴的」と思われる部分がありましたので述べさせていただきます。

それは >これは民族性の違いだと思いますが、日本では一歩譲ることによって様々な衝突を避けることができます。
例えば自転車同士がぶつかったときなど、中国ならすぐ相手の責任を求めますが、日本ではどちらが悪いという事実関係より、まず、お互いに「すみません」と謝ります。その光景は見ていてとても勉強になります。<

のところです。

我々庶民の持つ美徳である「おもいやりの心」が>中国ならすぐ相手の責任を求めます<という国に対しては、常に不利にしか作用しないという事実。
これは日本人は肝に銘じなければなりません。

官僚・政治家は外交の場において、いつもこの愚行を繰り返してきました。 中韓との歴史認識問題などは最たるものです。 宮沢・河野・村山…謝った時点で負けです。 謝った時点で1~10まで全て日本が悪いのです。
何で、本当に情けないほど日本の政治家には「戦略性」が欠けているのでしょうか? 

通りすがり-0

No title
日本人の義理人情は、欧米社会にはないとの記事ですが、そういう人にも日本人の持っている義理人情は通じるようで、異国で困ったときに助けて下さった人々は、「日本人だから」という理由だけで、助けてくれました。「日本人だから信用できる」と言われて、何の職歴もないのに仕事に採用されたこともあります。見ず知らずの先人のお陰で何もしていない私が恩恵を蒙ることができた訳ですが、昔何かの縁で日本人に接触した外国人が、それをいつまでも覚えていて、困った日本人を助けてくれるんですね。日本の美徳、世界に通ずると思います。

愛信

あの鳩山さんのドッキリ発言第8弾が出来ました。
はあとめーる(鳩山由紀夫メールマガジン)

---一部抜粋---
政治家は基本的に金銭に関わる部分は秘書に任せており(そ
うでない政治家もいるようですが)、秘書が犯した罪は政治
家が罰を受けるべきなのです。まして土井党首と五島秘書と
は尋常ならぬ関係で、五島秘書は土井党首と同等の力を持っ
ていることは、周知のことでした。同じ野党の立場から申し
上げにくいことではありますが、国民のためにも、そして社
民党のためにも、土井党首は身を退かれるべきではないでし
ょうか。敢えて苦言を呈します。

あの鳩山さんのドッキリ発言第8弾が出来ました。
反日売国政党民主党代表は罰を受けるべきだと云っていま
す。国民を騙して政治を続けている鳩山代表、こんな民主党
に日本の政治は任せられない。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

物の見方
最近はビルに昇る事がありませんので上から下を見る機会も少なく成りましたが、ビルの上から世相と日本人の行動・思考を考えるのは面白いですね。
私も「物事は比べて見る」事で物事を判断するようにして居ます「平行」な思考ですが、下から上から現実の動きをその国家・国民にまで延長して考える事はありませんでした。

数字上では日本の犯罪率をはじめ外国で起こる様な事件は世界で一番少ないのが日本、日教組がこれだけ国家を忘れさす教育をしても「道徳」は簡単には日本人から抜き取る事は出来ないのでしょうが、日教組の不道徳教育の
影響もあり、上下の関係は多少崩れてきている分野もありますので注意すべき事と共に、昔の偉人を子供の教科書に載せて「子供に夢」を与えてほしいものです。

あんぽんたん2世

No title
民主党政権になると国力は落ちます。
日本人といえど多くは怠け者で甘ったれ、楽してすごしたい。その上、ひとのせいにする教育は日教組仕込み。
志のあるものは、志を実現しやすい社会を目指します。
今多くの人間は志のない、ただ生きているだけのゾンビ。
まだ国防・外交も充分にできていないのに。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
この本は最近購入し、一日で読みきりました。

「朝太陽が昇り、一日が始まる。
人々が目覚めて仕事に向かう。
やがて日が沈み人々は仕事を終えて家に戻って休む。
夜が来て月が天に昇る。」

この一文に出会ったとき、多くの日本人が、やれ年金だ、やれ天下りだ、格差だと大声で言っているのが、たまらなく恥ずかしくなりました。麻生さんが「朝気持ちよく目覚め、昼思いっきり働き、夜は感謝とともに床につく」というような趣旨のことをおっしゃっていたのが重なりました。これが私たち日本人がずっと続けてきた生活だと思います。あまり不平不満は口にしません。そのことが利用しやすいと思われているのでしょうね。ねずきちさんがいつも言われる相互信頼主義が失われつつある現象の一つでしょうか。

しかしこの本を読むと反省とともに、自分の日常をしっかり生きれば、日本は滅びないと心強く思いました。

東京では「江戸しぐさ」を提唱する、粋なおば様がおいでです。すれ違うときお互いによけるなどという、当たり前のことです。これが渋谷の傘の光景につながるのですよね。

この著作のすばらしいところは、インタビューした人たちの姿勢です。学生さんなどいわゆるプロではない人がいて、彼、彼女たちの意識に大きな影響を与えたことです。

私たちはもっと日本に誇りを持ち、当たり前の日常生活を大切にしていきたい。そんな思いを強くした著作でした。

飲み屋のおやじ

No title
スクランブル交差点の考えは面白いですね。

プク

英霊は守り神
 70歳近くのシナ贔屓の友人に、「あなたは死んだら何になるのか」と温泉入浴中に質問したところ、「遺骨」になると答えた。
 私は、「死は通過点だ。私は守り神になる」と言い返してやった。
 キリスト教は天国、仏教は浄土、死んでからも個人主義なのである。

tomi

No title
いつも拝見いたしております。
読んでいて知らず知らず涙が出ておりました。
日本人て素晴らしいと思います。元気が出てきました。

椿

明治の先覚者達!

実際、西欧型の物質科学文明は、一つの限界点に達したのだと思います。これをこのまま進ませて、人間中心文明を謳歌していたら、人類はあといくらも生き延びれない。

この事に早くも気付いていたのは、西欧の何万という書物を翻訳してきた、明治維新の先覚者達だそうです。

例えば、「サイエンス」を『科学』と訳したのも、科学の“科”はトガのことで、罪科という意味があるように、西洋の科学には「」が潜んでいると危険を予感したからだと言われています。

また、「ケミカル」も『化学』と訳したのは、恐ろしい“オバケがひそむ学”と、直感したからだと言われています。

明治の先覚者たちは、本当に“深い洞察力”と“先見の明”があったのですね。


椿

21世紀は『日本の世紀』

大東亜戦争の時、日本の力でアジアの西洋植民地化を全て、欧米の方へ押し返したように、今度は日本の文化・文明で、西洋文明を追い返す番です。

脱西洋文明=日本文明の世界化です。

日本人は、明治より、近代化・文明化=欧米化であり、国際基準とは、英米に習う事と思い込んでいたの、まず、西洋カブレ、西洋コンプレックスを脱する必要があると思います。こういう事をずっと続けていくということは、“アングロサクソンらの奴隷”に甘んじ続けるという事だと思います。

また、本当かどうかは知りませんが、日本人は、世界で一番「外国語が話せない民族」という噂がありますが、これは『日本が一度も欧米によって、植民地化されなかった証拠』でもあると思うんです。その証拠に、日本人は英語を話さなくても、一生、豊かに暮らせていけます。国の言語というものは、その国の最高の文化であり、それを失った民族は発展できないと聞いた事があります

例えばフィリピン…、フィリピンは長い西洋支配の結果、自国のタガログ語を忘れ、英語はベラベラですが、最も貧しい国の一つです。私は、日本人が母国語=日本語を忘れなかったからこそ、“世界有数の大国”になれたのだと思います。

それから、もう一つ懸念を示していますのが、欧米の食文化です。これをこのまま続けていけば、世界が破滅するという研究結果もあるくらいです。世界の4分の1は牧場で、アメリカの穀物の3分の1は、家畜の飼料に使用されています。人間が食べる穀物を牛に食べさせて、その“10分の1の肉”を人間が食べているそうです。

アメリカ人が一人死ぬと、インド人が50人生きられる』と言います。

世界の穀物は、貧しい国の民の分を牛に食べさせているのです。私達がハンバーガーを一個食べる度に、熱帯雨林の木が一本づつ減っているそうです

西洋人が持つ“自然征服の一神教思想”や“人間中心のヒューマニズム”や“個人主義”は、地球環境悪化の要因です。

これに対して、自然を尊敬し、調和する日本文明こそ、自然に優しい『世界救済の文明』だと思います。

世界の文化は、アジアに始まり、アジアに戻らなければならない。我々は神に感謝する。日本という尊い国を作っておいてくれたことを』・・・アインシュタイン。

そうこれこそ、“日本民族の人類的使命”であり、アインシュタイン博士が直感で捉えた“日本の姿と使命”だと思います。21世紀こそ、米中の世紀にしてはなりません。“世界が闇”に覆われてしまいます。いまこそ分水嶺です。

21世紀こそ、日本の世紀として、“世界に光”を取り戻さなければなりません!!


愛信

~世界が知るべき恐ろしい真実~
ウイグル地区での放射能汚染の実態を米科学誌が掲載
 ~世界が知るべき恐ろしい真実~
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10312820636.html

「サイエンティフィック・アメリカン」7月号は、「中国の核実験は
多数の人を殺し、次世代を運命づけたのか」「中国が40年にわたり
核爆弾を爆発させたことで、放射能の雲は住民の上を覆った」という
見出しの記事を掲載した。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


民主党の支持母体が日教組、同和、民団、年金破壊の自治労であるこ
とすら知らない!
インターネットと無縁な方々にはこちらの置きビラを見てもらって下さい。
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク