ウソにまみれた広島平和式典



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

昭和28年頃の原爆ドーム
広島原爆ドーム(昭和28年)


昨日、椿さんから8月6日に広島で開催された広島平和式典に関するコメントをいただきました。

椿さん、ありがとうございます。

さて、その広島平和式典(正式名称:原爆死没者慰霊式・平和祈念式。以下同じ)では、広島市長の秋葉忠利市長が、「核兵器のない世界」を掲げたオバマ米大統領を強く支持。その発言を引用し、市民が力を合わせることで「Yes,we can(絶対にできる)」と、核廃絶の実現を英語で呼び掛けたなどの報道がなされました。

平和を願うこと・・・それは誰もが思うことだと思います。

ただ、現実の問題として「核を持つ国」が、核の廃絶を呼び掛けることと、「核を持たない国」が廃絶を呼び掛けることでは、その意味合いがまるで異なる。

ねずきちは、この秋葉市長の演説を聞いて、とても違和感を覚えたのですが、さらに同日行われた田母神俊雄氏の講演会に対し、秋葉広島市長が主催の日本会議広島、ならびに田母神氏に宛てて、なんと田母神氏講演会の日程変更を書面で通告していたという事実を知るにおよび、とても不愉快な思いを抱くようになりました。
■関連記事:秋葉広島市長より日程変更要請書
http://jp-pride.com/contents01.html

そして、さらにこの講演会開催に先立って寄せられた開催を希望する諸氏からのお手紙の紹介文を読んで、じつは「あぁ、やっぱり」と感じたのです。

以下にご紹介します。

-----------------------------------
前略
私は京都市在住の中村新平と申します。
突然の便りを貴会議に差し上げる御無礼をお許し下さい。

貴「日本会議広島」様が来る 8月 6日に挙行される御予定の田母神前航空幕僚長の講演会に対して、秋葉広島市長の「中止要請」や、広島被団協からの「抗議声明」などがある、という報道に接し、それらの無自覚な「言論弾圧横暴」に心底からの怒りを感じ、貴会議が屈することなく田母神氏の講演会を実行されることを御願い致したく、激励の意を込めて、拙き手紙を差し上げる次第でございます。

長崎の原爆に被爆した親を持つ私の「核問題」に関する、又、我が国の安全保障の支柱である「日米同盟」に関する思索の要約が、産経新聞全国版紙上に掲載されたことがありますので、そのコピーを同封致します。

お読み頂ければ、私がこのような手紙を差し上げる動機を御理解頂けるものと希望しております。

ただ、この産経新聞の投稿論考は 2000文字の制限の中での記述であり、思索を骨格までそぎ落とした代物であるだけに、いささか舌足らずな、あるいは、削除した論考や別の自身の経験もあります。

そこで、僭越ですが、その一部を補いたく、以降に補強の意味で私見を述べたいと思います。
御一読願えれば幸甚に存じます。

親が長崎で被爆した私は所謂「被爆二世」です。

特に父は爆心地から 3km以内に居たことから「特別被爆者」という扱いの「被爆者手帳」を保持していました。

幸いに大きな外傷を受けずに済みましたが、額に爆風で破壊されたガラス片を受け、その部分は生涯皮膚病としての治療を余儀なくされました。
しかし、「原爆症と認めよ」とか「国の責任を問う」などという事は一言として申したことはありませんでした。
祖父と父の同僚の中の被爆者達もまた同様でした。

私の核問題に対する関心は、このようなはるか以前からのものですが、被爆者の子という立場が核に対する思索の基底にあったかどうか、今となっては、はっきりしません。

考察を重ねて行くにつれて、私の中では次第に「核」が客体化されて現在があるように思います。

小中学時代の「平和教育」の影響はもう痕跡も留めていないようです。

これまで、私は他者と核保有を含む安全保障の議論や主張をなす時には、「被爆」との関わりを一切表明しないようにしていました。

理由は、それを前面に出すことで、相手に心理的影響を与え、反論をたじろがせる効果があるからです。

世間で喧しい「被爆者団体」にはこのような斟酌がありません。

「被爆者」であることを特権的に利用しているようにも見受けられます。

そして、その特権をかさに着た行動が、今回の「中止要請」や「抗議」の正体そのものなのです。

であるが故に、貴会議の 8月 6日の講演は是非とも開催してもらいたいのです。

もし延期などで妥協すれば、「六日の菖蒲」や「十日の菊」程度では済まず、必ずや、真摯な安全保障論議の一貫である核武装論考自体をさらには、田母神氏の言論そのものの封殺に走ることは明らかでしょう。


なにしろ、秋葉市長の「平和宣言」なるものが、米国をターゲットにして、北の金正日には大甘の煽動文書であることは、以前より産経紙や読売紙に厳しく批判されてきた代物ですから。

紳士的でない (自省心のない)相手に対する一つの妥協は必ずや、次の妥協を呼び起こし、やがて存在そのものを失うのかもしれません。やがて国の独立すら失う恐れを感じます。

今回の秋葉市長や「被団協」の行為は「卑怯」の一言に尽きると考えます。

昔、新潟市の「憲法記念の日講演会」での故上坂冬子氏が「現行憲法に反対の立場」の故をもって講演拒否された事件、あるいは、神奈川県三浦市での櫻井よし子氏に対する「慰安婦への "誤った認識 "」を言い立てた某団体の圧力に屈した
三浦市商工会議所が新年経済講演会を中止にした事件がありました。

今回のこの「事件」はそれらより数倍も悪質なものであります。

何故なら、両氏に対する事件では、メディアのいくつかはまだ、その「妨害者」に対する正面からの批判を掲げることができました。

しかし、相手が「被爆者」または「被団協」であれば、産経紙ですら、正面からの批判は避けることでしょう。


そのような空気はメディアの自縄自縛であり、所謂「平和 (その実反日ないし反国家)教育」に他なりません。

事例を申しあげます。

第一は「被爆者団体」は被爆者の全体代表ではないということです。

私の親、祖父、又家内の親及び上の兄弟、彼らは被爆者です。

そして、私の親の同僚の被爆者達、又私の知り合い関係の所謂被爆二世達、私と家内の子供達これは所謂被爆三世ですが、これら身近な多数の人々の意思は、貴会議に噛み付いた「被爆者団体」の意思決定には如何なる関与もありません。

生まれてこのかた、これら「団体」からの誘いを受けたこともありません。

彼らに「被爆者代表」の顔をする資格があるのでしょうか。


私は彼等は「少数者」であると確信しております。

これら等「団体」の "意思決定方法"、"構成人数""活動資金"などなど、ネットその他で調べても、全く知ることができません。

正体不明の団体が市政やメディアや教育を壟断しているのが現実なのです。

「平和祈念式典」に麗々しく参加する被爆?世と称する子供達がどのような選定基準で選ばれたのか、

私達はもっと「知る権利」を行使する必要があるでしょう。

私の周りで知っている限りの知人の範囲において、被爆関係者も含め、日本国の安全を優先して考えることのできる人々だけであります。

今の被団協は「少数派」が「ボルシェビキ(多数派)」を名乗って国家を纂奪した旧ソ連の共産党と同じことを行っているのです。

メディアはこの「ボルシェビキ」に幻惑され続けてきた。

いや、幻惑された風の論説を出せば波風がたたない。

おそらくそれだけの理由で、「被爆者団体」にお追従を与え続けてきた。その結果が今日の事態に他ならないのです。


第二は、広島 (おそらくは長崎も)の「平和教育」は “反日本国家”教育に他ならないということです。

私には世紀の変わり目を挟んで、約 1年半の広島市在住時代がありました。
時折、「平和公園・平和祈念館」の見学 (偵察)に参りました。

あるとき、公園の一角で中学生と思しき修学旅行団体に所謂「原爆語り部」が "被爆者の語り"を行っていました。

私は散策者を装って、すぐ近くのベンチでその「語り」を聞いていたら、驚くべき内容でした。

「皆は今、学生服を着ているね、金属のボタンが付いているね。でも戦争の時はボタンは木製だったんだよ。
戦争に使うために、金属は全部国が取り上げたんだよ。そして戦争でこんなに沢山の人が死んだんだ。
私達は国に編されたんだ。君たちは絶対に国に編されて戦争してはいけない。
国は悪いことをするものなのだ・・・」

これが「平和教育」の正体でした。

問題含み検定教科書ですらいいかげんにしか教えず、遠方より児童生徒達を引き連れて、このようなやくたいもない話を聞かせて、幼い頭に刷り込みを加えているのです。

私の子供達の場合、京都の小学生時代にある時、「今日学校で "日本国憲法の前文"を暗記する宿題をもらった」と、言いました。
それを聞いた刹那、私は「そのような下らない宿題を絶対にするな、覚える必要は全くない。
例え社会科の成績が零点になってもお父さんは、誉めてやる。」
と激しく "命令"をしました。

そのかいあってか、子供達は所謂「平和教育」の影響は成人した今、痕跡もありません。
が、別の弊害があったのです。 高校の授業 (公立校)です。
大学受験に無いので、日本史を選択していない。
世界史は必修なので履修した、というのです。唖然としました。
我が足元でそのような事態が進展していたなど、想像を絶するものでした。

我が日本国のことを、先人の独立と生存にかける労苦のことを、学校で教えずに平然としている。

世界史という名の「西洋人史」はいくらか知っているが、自分自身のルーツを判らせない教育がなされている。

これは日本なのか。わが子にはそれから、ことある度に日本の過去歴史を、偉人たちのことを教え、そして子供は自分なりに勉強もして、遂に、「やはり、日本の根幹は神道を考えるべき」とまで言うようになり、安心を得ることができました。

本国のことを知らず、国家の反感を植付けられた者達が向かう先は、敗北と亡国でしかないのに、これが平和の名を持つ教育の実態でした。


第三は、「平和祈念式典」の参加者たちです。

私は所謂「反核平和運動」団体には全くと言ってよい程、共感することがありません。
むしろ反感すら覚えています。

おそらく、長崎での学校生徒の頃、原爆慰霊祭で、原水禁と原水協との分裂大会と市の行事の三者が別々に行われ、県外の出席者達が、観光見物を主体にしているかの如き行動をするのを目の当たりにして来たこと、が根源にあるのでしょう。

動員を受けて参加している彼らの立場は、所詮は一日の他人事でしかないのです。

しかし、報道は「打って心を一つにした、真剣な行動である」かの如く装ってきました。大茶番劇です。


第四は長崎と広島の「記念館」の展示です。

ご承知でしょうが、昔の長崎の原爆資料館は、被爆の物件を淡々と並べ、展示していました。

それが逆に、胸に迫るものでした。

新装されて現在は、長崎の町の頭上を「トマホークミサイル」が狙っている大きな模型が、堂々と展示されています。

史実から言えば「ファットマン」でなければならない。
現実的脅威からは「ノドン」であっても良いでしょう。

反米運動が標的にした事物、これが並べられるようになりました。

偏見に満ちた人物が展示内容を決めたとしか思えず、反感を覚えるようになりました。

広島も似たようなものです。

広島時代に幾度も見た経験では、日米安保体制に基づく通常兵器の装備と部隊配置を「核戦略」と称して日本の地図上に克明に描きながら、大陸側は全て白地図でした。

中露朝の状況を知らなければ、一方的に日米の「攻撃態勢」だけが印象に残る仕掛けになっています。
また、核搭載機として写真展示されているのは、何と「F16戦闘機」でした。理由を考えて、

思いついたのは、欧州でのパーシングⅡミサイル配備のとき、日本では三沢に米軍がF16を配備したことでした。

当時 NHKが「最新鋭戦闘機」と称して非難がましく報道していたのを思い出します。

当然のように反米活動の標的になったものです。沖縄県の「像の鑑」までが、「核戦略」の代表事例として写真展示しているのは失笑を禁じ得ません。
地権者と沖縄県知事と内閣の「些細な争い」が話題を呼んだ事物です。

反核運動が、「反米運動」でしかない実態は、今や多くが知る所となりました。
しかし、北朝鮮の核兵器、又それの背後にある中国の核、あるいはロシアも含めて、が日本にとって現実的な脅威となった現時点でも、識者達の言説に依然として、「総体としての被爆者」への、ある種の「遠慮」が感じられてなりません。


第五は所謂「被爆者差別」のことです。

我が国の独立と安全が、真剣に、現実的に、検討されなければならない時、このように「言語が閉ざされた」ままでは、危機の克服は覚束ないでしょう。

このため私は先の産経新聞掲載の論考で、これまでの「禁忌」を破ることにしました。
被爆者であっても、核のイントロダクション、さらには保有までをも、選択肢として思考の対象にしている者がいることを是非知ってほしかったのです。

私の見る所、社会通念化した「被爆者の意思」なるものは、被爆者集団の中でも「ノイジイマイノリティ」に影響されたものである可能性が高い。

サイレントマジョリティは思いの他「現実的」で「健全」であるのかもしれません。
非被爆関係者で「被爆者の意思」に共鳴する人が多数いるのも事実でしょう。
だからこそ、当然のことながら「遠慮」のない議論が今こそ必要な時なのです。

しかし私はこの産経の論考で自分が初めて被爆二世であることをカミングアウトしたのではない。
はるか以前から公然と親や祖父が被爆者であることを公言してはばからなかったのです。
なぜなら、長崎での児童生徒達の親のかなりの割合が被爆者であることなど、私の学童生徒であった当時の常識だったからです。
しかも、変に誇張したような病気や遺伝が広範にあるかの報道やドラマはあって、実生活の現実において存在しなかった。

被爆二世達の親も普通に生き、普通に旅立っていった。
同級の二世達は普通に結婚をし、子をなし、今も普通に生きている。
差別など私達の世代では微塵も感じたことはなかったのです。
少数の不幸な障害者がいたことは事実としても、不幸なるものの支援の対象とは見ても、決して政治化することはなかった。

これが大きく変わって、被爆者の子が結婚で疎んじられ、遺伝的影響で相当の非健常者の子が生まれる、などの風評がなぜ広がったのか、疫学的には非被爆者と有意差のない、非健常率が特別に切り出されてきたのか。

私見ですが、おそらくあの「夢千代日記」ではないだろうか、と思います。

夢千代日記以前と以後のメディア論説での「被爆者差別」の掲載頻度の統計的大小を調べればわかると思いますが、私にはすでにその時間がありません。残念なことです。

私的感覚では、あのドラマ以降に被爆者差別がメディアで頻発するようになった。

疫学的な新たな因果関係が出ていないにも拘わらずです。
私の感覚的直感が正しければ、メディアが風評を広げ、弱者という「特権権力者」を作り、その活発な部分が「被爆者団体」に集い、全体の代表を僭称して反対者 (正常思考者)の言説を閉ざしていき、
メディアはさらにその風潮に縛られる状況が現出してきたのだと確信しています。


色々と日頃の思いを拙き表現で書いてしまいました。
どうか乱文をお許しください。


ここにかいたこと、これこそが、今の我が国の正当なる安全保障論を感情的、かつ感傷的に阻害する最大要因なのであります。
なればこそ、当代最強の論者となられた田母神氏の講演が正しく8月 6日に堂々と挙行されること、そして、自省なき被爆者絶対主義で抑圧者と化した者達、さらにそれら少数者と思われる反日石化頭脳の三百代言に堕した某市長の横車に真っ向から鉄槌を下していただくこと、
が一被爆者一家の切なる希望と期待なのであります。

何卒、日本会議広島様におかれては、御計画の実行を心より御願いいたします。

尚、ここに同封した産経新聞の私の論考は、著作権が産経新聞社に移っております。

もし幸いにして、貴会議でこの論考を利用されることがあれば、産経新聞社の応諾が必要であります。

この手紙をご利用いただくことにはなんの不都合もありません。

私の核問題の産経論考は既に、ネット上で私の名前とともに、おそらくは産経新聞の許諾無しに、それなりの引用、コピペがなされているので、私の名が出たとしても、特段のことはなく、批判者との論の応酬になったとしても受けて立つ覚悟を保持していることを、最後ですが申し上げておきます。

我が国の尊厳と独立を回復し確固とした現実的平和実現のために、貴会議のさらなる御発展と、田母神氏の舌鋒の冴え渡ることを心より祈念いたします。

--------------------------------

要するに右翼・左翼と書かれると“国民の半数が左翼”みたいなイメージになるけれど、実は、その活動家といえるのは、ごくごく少数でしかない。

そしてウソばかりを並べたて、日本人をだまそうとしているのである。

我が国の尊厳と独立を回復し、
確固とした現実的平和実現を!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

【防衛漫談】野党第一党代表と広島市長の不見識を問う![H21/7/1]
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

TTM

若干雑感。
かぐやひめさん。

そういえば私も、以前その物語を書き込んだ記憶があります。

TVは寿命で映りが悪くなり屋根の上のアンテナが切れ、何よりも単に面白くなくなったから、見なくなっただけなんです。(たまにお笑いを見るぐらいです)
Layさんといっしょで、筑紫・田原・古館・みのなんかは生理的に受け付けなくなっていた。(滝川クリステルさんは別格)
クダラナイ新聞を我慢して取っていたのも、ワンニャンのトイレ用に押し紙を大量にもらうためで、ネットを始めるんで新聞も止めました。

新聞や雑誌などの公開物で情報の90数%が取れると、プロの佐藤優さんが書いていました。
姫の言っているコトが、正解です。
「敵を知り・・・」が兵法の要諦ですから、姫のアドバイスを受け、自分の生理を口説き落とし、ネットをやりながら背中でテレビを見るコトにしました。

それと、Layさんとあきちゃさんには以前から好感を持っていたんで、それでビックリしたのですよ。

かぐやひめ

TTMさま
長州藩のよい話をありがとうございます。
そういえば、ここで、その物語を知った記憶があります。

すごいですね・・・300年近い臥薪嘗胆!
ご承知のように、総理大臣をもっとも多く輩出したの長州でしたよね。

なんでしょう?DNAかしら。気風が伝わるのかしら。両方かしら。
これは、本当に日本って恐ろしい国ですね。

敵のことを、ほんっとうに憎たらしい!と、思ってきたけど、なんか急に、あっちの立場になって考えると・・・こういう恐ろしい国を相手に戦うの、本当に苦労ですね。

だって、武力で焦土にして、経済戦争でマネーをかき混ぜて、不況に陥れて、必死で押さえこんだのに、後ろで「キャッキャッ」と、楽しそうな声が聞こえるから、振り返ってみると、金髪の子たちが日本のサブカルチャアーに夢中になってコスプレしてるの!
「そこは、押さえてなかったな!」と、流れる汗をぬぐって、気が付いたら「マネー」をいじくりすぎて、予定以上の大崩落が、始まる・・・
もう、悔しくて悔しくてぶるぶる震えながら麻生閣下に「お金を都合してくれ」と言わなければならないって。

でも、閣下は「ざまあみろ」なんて、一度も言葉にも態度にも出されていません。そうではなくて「日本ならではの貢献がある」
「日本ならでは」って、ところを、つかんでくれさえすればいい。不信を信に!

きっと、やがて、太陽は昇るでしょう。

かぐやひめ

LAYさん 
あの、もっとも偏向性の強い古館のニュースステーションですか(私も、見てないから番組名も定かではない)朝日系夜の10時です。見て御覧!自然災害、せいぜい反戦、のりぴー・・・以前のあの、誇張して自国の総理をあざける態度は、ないですよ。選挙前ったて、まだ告示前だから、条件はあのころも同じのはず。
それと、読売系の11時ニュースゼロ。こっちは、もともと、古館ほどではない(村井アナの山鳩クッキング)
かつて、漢字が読めない、カップヌードルの値段がわからないと、居丈高に、女性アシスタントに念を押させるしつこさで、貶めていた!あの空気がなくなっているって。
本当は、午前中のワイドショーも、見た方がいいのでしょうけど・・・たぶん、のりぴーのあることないことで大騒ぎしてるはず。まだ義母が行方不明なんでしょう?

視聴者は、たぶん、何も気づいていません。なぜなら、現在の報道ぶりは、かつてと違って政治的には、まともで、常識的だからです。

視聴者が「何も気づいていない」と書いたのは、もしかしたら、違うかもしれない・・・彼らは気付いていないけれど、操られています。「本当に、民主党でいいのかねえ・・・」と、最近、言い始めています。

TTMさん、「なぜ、9日に?」のご質問に、本当のお返事を申し上げます、縁ある人にだけ読んでほしかったからです。
もち、陰謀論者の私は、最新の誰の目にもふれるところに、書きたくはなかった・・・TTMさんの勘繰られたとおりです。

Lay

痛いところを…
かぐやひめ 様

>LAYさんTTMさん、あきちゃさん、嫌わないで普通のテレビを見てみてください。以前とは違うと、私は思います。<
いや~、痛いところを突かれました。 
実はこの10年、亡くなった筑紫氏の「ニュース23」 ・田原総一朗司会の「朝まで生テレビ」・古館伊知郎キャスターの「報道ステーション」は身体に悪い(血圧上昇・呼吸不全)ので直接は見ておりません。 (後でネットで発言内容を知るぐらいです。)

日本のマスコミにはマルキストはウジャウジャおりますが、本物のジャーナリストはあまりおりません。
マルクス主義者ではない普通の日本人は、偏向したイデオロギーを毎日毎日新聞・テレビからインプットされ続けているわけです。 

ネット環境に無い方々を「情報弱者」と呼ぶようですが、彼等にその自覚はないでしょうね!? テレビのニュースや新聞が嘘を言う訳がないと信じていますから。

私もポスティングをはじめ、ねずきちさんのエントリーや皆様の投稿をプリントアウトして年配の知人に配布したりもしておりますが、とにかく時間が足りないのと、組織化されてないので効力が想像できないのが不安であります。

さて、かぐやひめさんからのせっかくの呼びかけですので、私も調査のために、呼吸を整えて、落ち着いてたまにはTVを見ようと思います。


TTM

面従腹背・臥薪嘗胆が肝。
かぐやひめさんへ。

関ヶ原後、外様大名毛利氏は中国地方一帯の広大な所領を、周防長門の猫の額へと押し込められた。さらに、何かにつけ家康には、辛酸を舐めさせられた。

それ以来、長州藩では毎年・年の初めに、
家老「殿、今年は倒幕の儀、いかが致しましょう?」
藩主「時期尚早。」
この臥薪嘗胆の儀式を260~70回重ねた末に、自らの手で悲願の倒幕を果たした。

その間幕府に対しては面従腹背し、倒幕のチャンスを窺う臥薪嘗胆を10世代にわたり(形骸化することなく)引き継いだ凄さです。
先人が手本を残してくれている。

かぐやひめ

TTMさま
9日に投稿したのは、単純ミスでした。
12日にするつもりだったのに、あちこち、いってるうちにここで、書いてしまいました。9日のコメント欄が面白かったので、もう一度、読みふけって。

かぐやひめ

TTMさん
私からみれば、あなたとLAYさんとあきちゃさんは、共通したものがあります。だから、連名で書きました。考え方は少しずつ異なるけど、思いの深さと純粋さかな?似ています。

「姫」と名乗るものの、私の人生体験は、みなさんより、だいぶ長いはず。だから、裏も表も、甘いも苦いもかみしめてこなければならなかったのです。

長州?どういう意味で長州と?幕末にはあんまり詳しくないので、教えてください。

あなたも、直感されているように「彼らの終わりの日は、そんなに遠い先ではない」と、思います。そして、自らの終わりの日が近いのを感じて、激しく最後のあがきをしていると思います。

最近の報道姿勢が変化してきた理由を、私は、こんな風に考えています。
デフォルト間近のアメリカの救済を麻生総理がほのめかしたか、確約した。
胡 錦濤と、何度もあったという閣下の言葉がありましたね。中国も閣下を当てにしなければ国家経営がしんどい。
双方との合意のもとに、報道姿勢が少しずつ変化していく。
ここに、「クスリ」がらみで、のりぴー報道(私は、これが仕込みだったと思います。むしろ押尾事件は突発でしょう)が、ぐずぐずと長引くうちに、民主党の誰かが網にかかってくる・・・」

TTMさん、恐ろしいこともたくさんあるだろうけど、私達は、すごいドラマを見聞できる時代に生まれ合わせたって気がしませんか?まばたきしないようにしないとね。

TTM

姫のバイタリティーに、脱帽です。
かぐやひめさん。

どうして知っているんですか?
Layさんもあきちゃさんも、そうなんですか?
そして、どうして8/09のコメント欄なんでしょう・・・?

姫の言われる通りだと思います。
買収や住民票移転なんてケチなお話じゃなく、英雄さんの専門分野にまたがる裏の御意向が、表を操っているんでしょう。

最近想うのですよ。
あらゆる存在は、「生成=発展=衰亡」の過程をたどる。
そして、歴史上あらゆる権力支配は終焉を迎えている。
「かれら」とて、所詮は人間、この鉄則から逃れることはできない。
で、私たちはどうすればいいのか・・・長州じゃないですかね。


おじゃましちゃうじょ~
お久しぶりです。

こんなあたしが、登場して、すみません><;

でも・・・
一言・・・・。

ゴミ分別は、広島市よりも、山口・・
山口よりも九州のほうが、厳しいですよ><;

今、地元の子ども達は、暑い最中、平和学習をしています。
地域の被爆建物を見て回ったり、被爆体験の話を聞きに行ったり・・・。
行かされてるというより、自発的に動いています。
ひとりの力は小さいけれど、ひとり&ひとりの力で
より平和な国になるために、自分達の未来のために、一生懸命です。

今や、情報化社会で、良い情報・間違った情報が散乱しています。
でも、子ども達は、一生懸命自分達の体をつかって、
事実を確かめ・考え・行動してます。
大人の考え方にコリ固めず、素直な心で行動して欲しいと思います。
大人は、個人の私利私欲で、間違った情報を伝えてしまうこともあります。
子ども達の、澄んだ目を濁したくないものですね。

かぐやひめ

選挙の裏側
10年以上前のことですが、警察から「ちょっと話を聞かせてください」と、呼び出され
「あなたの親しいAさんに選挙違反の疑いがある、知っていることはすべて答えてほしい」と、言うのです。
「Aさんは、スーパーマーケットで、分厚い封筒を、ある男のかごに入れて、渡した。これは選挙の票をとりまとめてもらうためのお金です。このことについて何か知りませんか?」
「何のことかわかりません。だって、私はAさんから選挙の話を一度も聞いたことがありません。第一、その封筒がお札だと、どうしてわかるのですか?」

「尾行して見ていました。男は、レジを抜けるとすぐに、まず、封筒の札束を確認していた」
「じゃあ、そこで、捕まえたらよかったじゃないですか!」
「証拠がないから・・・Aさんが、誰を応援しているのかわからないので。」
「そんなもの、私だって一度も、誰に入れてね」とも言われてないんだから、知りません。」

さて、昨日、おしゃべりした相手が「あんた、選挙にでたらええのに、応援してあげるで、そやけど、選挙て金がかかるらしいな。基礎になる票は金で買えるらしいわ。それも、何気ない風をして、100万ぐらい相手のポケットにねじ込むんやて。選挙ブローカーというのがいてな、そういう商売するらしい」
久しぶりに選挙と金の話題に出会いました。
その基礎の票があれば、だいたい通るいらしい。

え~、1票が大事やと言われ、炎天下、一生懸命ポスティングしている人が、いるのに、選挙の裏側って、そういう取引なのか・・・

じゃあ、学会さんの票数は、すでにカウント済みだし、民主の在日の住民票も動きまわったろう。
ここまで来たら、大方の当落は確定してそうな気がします。
動いた金額に比例して。

麻生総理が靖国に気楽にお参りに行かれないのは、行けない理由が、ほかにもあると思います。
中山もと大臣でさえ、靖国には行かないそうです。よほど越え難い障害があるに違いありません。

中山大臣、田母神閣下、中川大臣、鳩山ー西川問題、どの時も、総理は、むしろ賛同者にちがいないと思っていました。でも、こらえて、まさしく国民の生活を守ってくださいました。

靖国神社も、麻生総理こそ似合う。でも、上記と同じ理由で、今年の参拝はないとみるべきでしょう。

考えてみてください。ユダヤとパレスチナの2000年に及ぶいがみ合いに終止符を打った閣下ですよ。
勝算があればこそ、無駄な動きをやめ、無駄な騒ぎをおさえておられると思いませんか?

最近、私はテレビをつけるようになりました。調査のためです。あの古館氏の番組で、前半は自然災害のニュースばかり。後半、政治に何を望むかという特集で、印象操作はなし。
さきほどは、毎日放送が6党首の討論をやりました。互いに質問をぶつけあうコーナーで、麻生総理が一番くじを引き、綿貫代表が6番籤をひく・・・出来すぎですね。総理が、いきなり「鳩山代表、あなたの故人献金疑惑は、説明責任が果たされていませんね」と、いきなりのカウンターパンチ。番組の構成、進行の意図がみえみえ。

こういうところに、私は、ほのかなサインを感じているのです。LAYさんTTMさん、あきちゃさん、嫌わないで普通のテレビを見てみてください。以前とは違うと、私は思います。
司会者はポッポに対して意地悪な目を向け、質問jしたり、さえぎったりしますが、総理に対しては好意的です。

選挙は表面だけでなく裏があると私は思います。

椿

No title
おれんじさんへ、

私こそ、おれんじさんが、その他のブログで、鋭い観察力と分析、そして豊富な知識でコメントされているのを、時々拝見させて頂き、お勉強させて頂いていました。これからも色々教えてください。

昨夜はブログが集中していたのか、全く配信できなかったですね。不思議です。


おれんじ

No title
椿さん、メッセージありがとうございます。

いつも熱いコメントを拝読していましたので男の方かと間違えてしまいました(笑)。椿さんの国を愛する情熱はかけがえのないものだと思います。叔母様のご体験、鬼気迫るものがあり、胸に迫ります。一人でも多くの人間が歴史の真実を知ることで意識が変わる。これだけでも大きな変化を生み出せると思います。これからも益々のご活躍を期待しております。

かぐやひめさん、

面白いもので、シナが靖国参拝に口出しをするようになってから日本の近代史を調べ始め、その延長でシナの歴史を調べ始め、毎年靖国神社に参拝するようになりました(笑)。今では靖国で買ったお守りを持ち歩き、お札を部屋に貼っております。世事に全く関心のない主婦の方も毒餃子事件以来「何かおかしい…」と感じておられるでしょう。「北京オリンピックねえ~。もおおお行く気もしないわね~。食べ物だって危ないでしょ?」これが実際に聞いたフツー方の意見です(笑)。叩けば言う事を聞くと思ったら大間違い、庶民はそこまでバカじゃあないのです。

戦中世代が第一線におられた頃、「日本は技術力で負けた。だから今度は技術で勝つ」という声を良く聞きました。その意志が日本を世界で最も先進的な国に押し上げたのだと思います。米中のやばい国々には一蓮托生で倒れていただくとして(笑)、日本はそれ以外の国と新たな関係を築きつつ次の時代を生き抜きましょう。

No title
広島よりも長崎のほうを盛り上げたほうがいいんじゃないの?

唯一キリスト教会の真上に原爆落としたんだからさ
と、思う

西洋人には隠したいのでしょうね

ねずきち

広島の秋葉市長
すこし前の話になりますが、くだんの広島・秋葉市長が国連の平和委に招かれたときのこと。
唯一の被爆国代表としての招待で、日本からは、秋葉広島市長のほか、数人の市長が国連に行ったのです。

このとき、どの日本の市長も、周囲の外国記者団に対し、非常に礼儀正しく、親切な応対をして、なるほど日本人は素晴らしいと評判だったのですが、唯一、秋葉市長だけが、外国人記者団にめちゃくちゃ評判が悪かった。

とにかく態度が横柄。生意気。

外国人記者団からは、こんな声があがっていたそうです。

「ミスター・アキバは、なにか勘違いしている。
我々は被爆地広島の市長を呼んだのであって、ミスター・アキバ個人を呼んだのではない。」

市長になる以前に強姦事件などを犯し、市長になってからも独身で下半身にだらしなく、何人もの女性との交際の噂が絶えず、平和市長として、今回のように一部の利権者を代弁して多くの日本人をだます。

ちなみに、広島市は、ゴミの分別がやたらに細かい都市であることでも有名です。ゴミの分別が10種類近くに分かれている。もちろんそれ自体は、環境保護のためで、良いことには違いないのだけれど、問題は、ゴミの焼却施設。

オームの事件のときに、遺体の骨まで焼き尽くすという高温焼却炉が有名になったのだけれど、いま、全国の市町村では、こうした超高温焼却施設が次々に出来上がっています。それでゴミを燃やす。燃えた灰を遠心分離して重化物を取り除き廃物利用に役立てるとともに、焼却熱は温水プールなどに利用され、焼却炉の排煙も、CO2を含めてまったく害がないという近代設備にゴミ焼却場が生まれ変わっています。

ところが、広島には、この新型焼却炉がまったく導入されない。人口から云ったら、ありえない話です。

そのために昔ながらの焼却設備が使用されている。

ゴミの焼却性能が悪いから、一部のゴミしか燃やせない。

で、燃えないゴミをどうしているかというと、裏山に投棄している。そのゴミ投棄を一手に請け負っているのが、なんとかいう地元の広域暴力団。

そしてその広域暴力団さんと、ミスター・アキバの黒い噂は絶えない。

川がね、広島には、太田川という一級河川が流れ、この川が広島の名水の源にもなっている。

広島といえば、大吟醸酒を産んだ西条も近くて、もともとはキリンのビール工場があったくらい、水のきれいな都だったのだけれど、ゴミ投棄のおかげでね、最近、水が、めちゃめちゃ汚い。

ついには、キリンビールも、工場を引っ越しちゃって、そこにはイオンのショッピングセンターができている。

なんだかねぇ、今回の平和式典のあいさつと言い、秋葉市長って、キナ臭いですよね~~;;;

煮込みうどん

この季節になると
広島、長崎、沖縄だけが戦争被害地であり、その原因は、無理に戦争に参加した日本“軍”の責任であるとの繰り返しに本当にうんざりする。
日本国土の多くの場が焦土となった何百万もの空襲被害者は、
長崎広島沖縄の被災者のような声をあげていない。
戦地で必死に国を護るために働いた多くの人達とその家族は、大きな声をあげない。
日本における戦争=広島長崎沖縄。
戦争を二度としてはいけないと繰り返すが、
戦争という言葉の意味は、日本が他国に攻めることだけであり、攻められるという想像力が皆無である。
日本に焼夷弾を落とし焼け野原にし、原爆を落とし、沖縄硫黄島に上陸したのは、アメリカである。
そして、その国を遠くで必死に護ろうと命をかけて戦ったのが、日本人である。
核廃絶を宣言したというだけで、アメリカ大統領を持ち上げ賞賛を繰り返すアホ。
日本の総理がどんなに心を打つ素晴らしい発言をしても、
漢字読み間違えばかりを報道するマスコミ。
本当に異常です。

ねずきち

日高さんへ
リンクならびに、引用ありがとうございます。

当サイトは、引用、リンクとも大歓迎です。
当方にもリンクしておきました。

これからもよろしくお願いします。

日高よし子

『パラオ・ペリリュー島の戦い』転載のお知らせです。
 早速ですが私のブログとHPにねずきちさん掲載の『パラオ・ペリリュー島の戦い』掲載させていただきました。その中の私の言でも触れているのですが、あの日の丸の色違いのパラオの国旗を北京オリンピックの開会式行進で見た時凄く親近感を抱きました。そのいきさつを知る事ができて感謝感激しています。日本軍が殆ど玉砕の中、先に島民をパラオ本当に脱出させた日本軍のお蔭でペリリュー島の戦いでは島民の死傷者ゼロ。その過程の記述は胸迫るものでした。そんな島民の方達の感謝のおもいがパラオ国旗の青地の真ん中の満月を中心から少しずらさせ日の丸太陽への謙譲心を示した行いとなった。今年は日本では日食の年でしたが、パラオの月を日章旗の太陽に重ねてそのずれた部分からの光輝はさしずめダイヤモンドリングでしょう、それも永遠の、かがやきの・・・・。
 ”重なりて とこしえの ダイヤモンドリング 
     パラオの国旗と 日章旗  ”   よし子

 話は変わりますが、HPにも掲載した通り今日からわたくしは【主翼】を名乗ります。日本の【左翼】は『反日』、【右翼】は国籍北朝鮮、韓国籍が大半とか、(日曜日のテレビそこまで言って委員会で言っていた)ならば、縄文からの天然の日本人で愛国心もち、日の丸、君が代好きな私は、【主翼】としか言いようがないので。
 

 
 

かぐやひめ

日本は、すごい
英雄さん

>米国とシナとロシアは裏でグルなのではないでしょうか。やつら同士で話をしてるでしょ。日本だけ蚊帳の外で、日本を滅ぼそうとしている。それだけ日本が怖いのですかね。 <

私達も日本のことを、きちんと知れば「日本の凄さ」が、よくわかるのだと思います。
敬天愛人さんが、服飾の縫製について書かれていますが、服を縫い上げるのに「日本の技術」がなければ、世界中が困るのだそうです。ミシンはもちろんミシン針にいたるまで、すべてを自国で、まかなえるのは日本だけ。
でも、私達は「最近嫁入り道具にミシンがないのよねえ」と言うだけで「日本のミシンの凄さ」さえ、知りません。
ならば、世界一の車、その他、もしかしたら、「もの:MONO」のすべてを、世界は、この小さな日本列島に負っているのかもしれません。

私は、敗戦の焼け跡がくすぶっている時代に生を受けました、小学校でも、中学校でも「生産高が世界1の国はどこか?の設問が、あれば”アメリカ”か”ソ連”と、書いておけば、だいたい間違いない」と社会科の先生はテスト技術を教えてくれました。
当時「日本製品は”安かろう悪かろう”」と言われ、”舶来品”が、珍重されました。
あたりは焼け跡ばかり。ラジオは舞鶴からの引揚者の名前を連呼していました。
ただし、毎年確実に日本は豊かになっていました。物価も上がりました。

「精神では勝ったけど物量で負けた・大東亜戦争」でした。それを全国民は知っていたから、今度は「物量で勝つ」誰も口に出さないけれど、腹の底に、その思いがあった・・・だから、ものづくりにも励んだし、輸入先の確保と安定に努めた、今や、中国韓国以外の世界中から「好かれる国」になっています。

香さんのご指摘のように、戦争を受身で体験した人々は、たとえそれが敵の罠であってもウォーギルトプロジェクトを、受け入れたふりをすることで、ひとまず過去と縁を切り「真実の遺志を継ぎ」日本を世界一の物量の国に立ちあげてくださったのだと思います。

大東亜戦争は60年以上前のことです。
ここへきてヒロシマを材料にしてまで「日本を攻撃」するのは、非常に不自然。
産業で勝ってしまった日本を、どうやったら叩けるかというなりふり構わぬ「敵の焦り」が見えます。

こうして、「敵」は焦りのあまり、「戦争を知らない世代」の目を覚ませてしまった・・・これが、真実、今、日本に起こっていることではないでしょうか。

日本を戦争犯罪の国として、国民と為政者を分断した。おかげで「政治は2流」に成功した。
でも「経済は1流」になってしまった。

そこで、マスコミを占領して大量にニセ情報を流し、一気にまるごと日本を占領しようとしている。

今、ひそやかに、戦争を知らない世代が目と目で合図して、ひとり、またひとりと立ち上がる。
ある人々はNHKの前に群れとなり。
あるいは女性がマイクを持って街宣に立つ。
分断工作をしり目に「麻生総理大臣の苦労に涙を流し、支持!」
こんなことは、日本以外の国では起こりません。

大いなる和の国は輪の国でもあります。人々はつながっています。信じあっています。うわべに見える産業の強さの下に、絶えず存在したのは「信」です。

それを、見誤ったな!
敵は、ついに開けてはならない扉を開けました。
戦争を目撃しない世代が、ひとり、またひとりと戦列に復帰してきます。
これ以上父祖を貶めることは、命がけで許さない!

英雄さん、日本国は、やっかいですよ。
そう簡単には負けないかもしれません。
そして戦が長引けば長引くほど「彼ら」の内部が伽藍堂になる。

英雄さんが語ってくださる「陰謀」については、これを陰謀「論」と名付け「?まさか!」と言っているのは日本だけで、西洋諸外国では周知のことだと聞いたことがあります
イタリアのサミット会場にデモ隊が押しかけた様子を見てデモ隊がNO!をつきつけている相手は「世界帝王」だと感じました。
搾取され、枯らされてしまった国は非常に多く、彼らは「敵」が誰であるか知っているようです。

かつて、日本は有色人種の解放のために戦いました。
これから、日本は「白人をも解放するために戦う」
麻生総理の「中東に平和と繁栄の弧を描け」を何度も見ながら、こみあがってくる思いは「世界を救えるのは日本だ」という希望。
今は、ふっと吹けばたちまち消える灯にしかみえませんが、神の国の次の使命は、ここにある。
さあ、どこから攻めましょうか。

愛信

LDBラボ 自民党議員ブログ最新記事
総選挙総力戦、自民党議員の生の声が聞ける。
LDBラボ 自民党議員ブログ最新記事
http://www.ldplab.jp/ldplab/blog/

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。



自民党公認のギャンブル・パンフと置きビラを一緒にうっかりで相乗
効果を上げましょう。
民主党の支持母体が日教組、同和、民団、年金破壊の自治労であるこ
とすら知らない!
インターネットと無縁な方々にはこちらの置きビラを見てもらって下さい。
【置きビラの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

椿

“奇跡”のように運が良かった、叔母
言おうか、言おう言うまいか迷いましたが、やはり「原爆投下の日」なので言います。私の叔母も広島で原爆の被害に遭いました。ですが、彼女の場合は“奇跡のように運が良かった”と思います。

当時、広島市に住んでいて、本来ならば被爆して死んでいてもおかしくないのですが、叔母は、小さな子窓のある部屋で、箪笥の下に座って、ちょうど箪笥に隠れたような状態で、縫物をしていたそうです。そして突然、ピカーッと閃光が輝いたかと思った瞬間、箪笥に押しつぶされて、気絶していたそうです。気がつけば、あたりは『地獄絵図だった・・・』と言ってました。

スイカのように頭がパックリ割れた人が、狂ったように「水」を求めて走りまわり、皮膚がドロドロに溶けた人達が、「水」を求めて、川へと向かい、川は死人で山のようになり、川の水が真っ赤に染まっていて、『まるで地獄さながらだった』と、叔母は教えてくれました

幸い・・・本当に幸いにも叔母は、無傷で、美貌も損なわれることなく、無事生き延び、その後結婚して、2児の男の子の母になりましたが、その2人の子供も健康優良児です。今でも叔母は元気に生きています。本当に良かったと思います。叔母は当時の原爆の事を話す時、『本当にあのアメリカは、なんて事をしてくれたのか!人間じゃないよね!』と、憤慨しています。

叔母からは、『日本政府のせいだ!』なんてこと、聞いた事がありません。普通に考えれば、そりゃそうです。日本人を虐殺しにかかったのは、“ア・メ・リ・カ人”であって、日本人じゃありませんから…。叔母の頭は洗脳されずに、マトモだったようです


椿

『核武装』は必須!
おれんじさん、英雄さん、

お二方の意見に、私も激しく同意です。世界の潮流を見て、「核廃絶」なんて言って、世界中に言い振りまわったら、「俺達をコロス気か!」って、石投げられるのが関の山じゃないでしょうか? 一回やってみればいいのに…。

この似非平和主義者の広島市長にしても、シナ政府のやり口とそっくりだと思います。日本人は、文盲に近いシナ農民と同じじゃないのだから、こんな“子供騙し”が通用するとでも思っているんでしょうか? 

まるで、キチンと教育を受けた大人に対して、童話を読んで「良い子にしてると、お空を飛べるんだよ」と言っているようなものです。聞いてるこちら側は、一応、失礼があってはいけないから、口に出して言わないけど、心の中ではみんな、「はぁ?何言ってんのこの馬鹿!」って思ってますよ!

英雄さんが仰るように、強い愛国心と大和魂を持つ先人でも、あの広島・長崎の原爆は痛かった、なのに、今のクラゲのような日本人に、シナの核が首都東京に落とされて、復活できるような強靭な精神力はないと私も思います。だからこそ、そのような事が無いように、少なくとも『核武装』くらいして欲しいと、日本国民としては思います。日本海に200-300発の核と原子力潜水艦を配備してくれるなら、一応、政府の努力は認めましょう。

>椿さんは女性でいらっしゃいましたか!てっきり男性かと思っておりましたので驚きました!<

あっちゃー!私を男性だと思われていた方は、これで3人目です。かぐやひめさん、TTMさん、そしておれんじさんです。(笑)。一応、女言葉を使っていたのですが、それでも、男臭さがにじみ出ていました?


親も「戦争」を知らない世代
この頃、ねずきちさんのひとりごとや沢山の情報を拝読して思う様になった事があります。

それは「戦争を体験していない私達だからこそ」しなければならない事についてです。

戦争を体験した方にとって共通する最大の想いは「戦争は絶対に避けなければならない不幸な事」に尽きると思います。

その為には、最大限の努力をし、あらゆる手段を講じ、身を引かねばならぬのなら引いてでも避ける。
是が非でも避ける!
それが戦後の日本を支える希望だったのではと思います。
これを反日分子に利用されるとは知らずに・・・。

戦争を体験された方にとっては、戦争を正当化する事や戦争に至る経緯などは、余りに酷い「戦争」の前に意味を見失ったのではと・・・。
そして過去を封じ未来だけを見つめ賢明に生きる事に専念し、戦後の日本復興に尽くされたのだと思います。

それならば私達、戦争を体験していない世代がすべき事・・・いや「しなければならない事」は、
その戦争の意味を、
至った経緯を、
先人達の苦渋の決断を、
封じられた過去に光を当て、それを歴史として事実に基づき判断、精査をし、かつ力強く伝えて行く!
事ではないでしょうか?

戦争を体験された方には、それがしたくても、どうしても出来ない拒否反応の出る事だったのでは・・・と思わずに入られません。
余りにむごい悲しい時代を「生きぬかれた方」が「戦死した方の無言の意思」を背負い日本を支えられたのだと思います。
その無常の思いは日本への自虐になり、そこを反日分子に利用されてしまったのではないか・・・と感じる様になりました。

ならば、今こそ私達が日本に誇りを取り戻さなければならないと思うのです。

日本の為に、その命を賭け桜の様に散って行かれた先人の方々、
その誇り、
その決意、
その意味を私達は知らなければなりません。

それが自分達、祖先の為に命を捧げた方を素直に祈る事も出来ないこの現実!

戦争を体験された方から学ぶ事も大切でしょう。
でも歴史として、戦争の意味を正しく知り伝える事が出来るのは、もしかしたら私達なのかも知れません。
それが、これからの日本を左右するのだと切実に感じているのです。

英雄

No title
米国は、前々から原爆資料館が目障りでした。何とかして米国にたいする真理的圧迫を排除する方法を模索していました。この資料館から日本悪玉説を宣伝して洗脳するつもりでしょう。

総てのうらに米国が今もいます。WGIPは今も継続されていて、日本を亡国さすために活動しています。日本全国の米軍基地を追い出しましょう。反米反米反米。

英雄

No title
石原都知事は東京に北の原爆が落ちたほうがいいと言いましたね。そのほうが日本は立ち直ると。
まあね、犠牲者の規模でしょうね。関東にシナの水爆がおちれば首都圏3000千万の死者と日本の国家機能が壊滅しますよね。皇族は京都と北海道あたりに分かれて住むべきですね。その3000万人の損害に日本人は耐える事が出来るかですね。今は指導者も大衆も軟弱になってますから。大東亜戦争のときでも、二発の原爆で腰砕けになってしまいました。皆さんにはわからないだろうと思いますし、民族の記憶としても消えていっていますが、戦争末期はものすごい人命の損害で、多分、日本人は多くの人が恐怖でいっぱいだったとおもうのです。当時の気合の入った日本人でもそうだとおもいます。戦争はいかに相手に恐怖心と諦め心を与えるかだと考えています。


だから、今の日本人に現実てきな選択として、シナの核攻撃に耐えることはできないと思います。東京が破壊されたら、全国民がシナ討つべしと立ち上がって反撃するのでなく、すぐ降伏するだろうと思うのです。仮に政府が反撃を叫んでも、それこそ、政変が起きて、新政権が降伏するかもしれないと考えています。大衆がシオの奴隷になってでも生延びようとする可能性が高いのではないでしょうか。


ゆえに、今の日本には多数の犠牲者を出すような敵の攻撃を呼び込む作戦は出来ない事になりますね

自民党の指導者の在日達は北鮮と裏で煩雑に密接な繋がりがあると思っています。クリントンが最近工作を行っているように、北の核をシナに対しての対抗馬として育てていくように工作することは不可能ではないと考えています。勿論ならず者国家としての枠組みは壊さないというのは当然のことだと考えています。日本は実際に大国ですから、北には優位な立場で圧力を加えることが言う事を聞かせる方法だと考えています。下だと思っているひとの言う事を聴かない文化は大陸の普遍的な文化です。

既に米国の会社は世界中で活動しており、世界中で儲けています。米国とシナとロシアは裏でグルなのではないでしょうか。やつら同士で話をしてるでしょ。日本だけ蚊帳の外で、日本を滅ぼそうとしている。それだけ日本が怖いのですかね。

おれんじ

No title
ねずきちさん、皆さん、こんばんわ。
椿さんは女性でいらっしゃいましたか!てっきり男性かと思っておりましたので驚きました!これからも愛国の志として頑張っていただきたいと思います。

さて今日は被爆者の方のお手紙をご紹介いただき、本当に有難うございました。先日の秋葉市長のスピーチで広島市民は現実が全く見えていないのだと非常に批判的になっておりましたので、実に真っ当なご意見を拝読して安堵すると同時に、サイレントマジョリティの被爆者の方に対するマスゴミや被爆者団体の差別に憤りを感じました。結婚就職に際しての差別には自分も心の中で特別視していなかったかと被爆者の悲しみを思い猛省しました。

私が最近一番影響を受けた本に伊藤貫さんの「中国の核が世界を制す」があります。2020年までに中国の軍事力・経済力は米国に並び、中国が東アジアの覇権を米から奪う可能性が高いことを国防省や各研究所の報告書を基に冷静に分析した名著です。この本を読んでから秋葉市長の「オバマジョリティ(!!)…2020年までに核廃絶を実現させましょう」という発言を聞くと、まあここまで現実を見ない人間がいるのかと呆れるを通り越して暗澹たる気持ちにさせられます。

核廃絶を叫ぶ人達は、中国が広島型原爆で1万8千発に匹敵する核ミサイルを日本に向けていることを知っているのでしょうか?中国が45分間でアメリカ市民1千万人を殺傷できる能力をすでに持っており、アメリカは弱々しく抗議することした出来ない事を知っているのでしょうか?中国がウイグルで46回の地上核実験を行い、最低でも19万人が即死している事を知っているのでしょうか?

「核が廃絶されれば世界規模の大戦が起きる可能性が急激に高まる」というサッチャー元首相の見解はその通りであると思います。核について、防衛について現実的な戦略を持たない日本は亡国の道まっしぐらといったところです。

応援クリック!

ヒロ

No title
原爆資料館(広島市中区)を運営する広島平和文化センターのリーパー理事長は
「広島平和文化センターの展示内容を見直す検討委員会に、中国、韓国人らアジア出身の委員を起用する方針を2007年5月30日に明らかにした。その主意について「原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定する考えが根強いアジアの声に触れながら議論を深め、多民族が共感、納得できる施設にしたい」と述べた(中国新聞から)
には、驚きました。ちなみに、広島平和文化センターの理事長はスティーブン・リーパーという米国人で、任命したのは秋葉市長です。秋葉氏自身、東京の人で、本当の広島の心が分かっているのかどうか?しかし、まあ選挙では大差で当選する訳ですから、広島は人材なさすぎだし、広島市民は平和運動という言葉に思考停止のまま前面受け入れてしまっていると思います。


卑弥呼

No title
今日は、長崎の原爆の日ですね。
まずは、広島と共に合掌・・・。

しかしながら、本日私の住んでる地域で放送されていた、
「やしきたかじんのそこまで言って委員会」は、
田母神氏がパネラーで出演なさっていて、かなりの反響があったようです。

切れ味鋭い指摘で、「日本のタブー」にも切り込んでいました。
本日、「反核の本家」と呼ばれる代表・池田真規氏が、
ゲスト出演されていましたが、誠にひどかった。
左翼の典型をまざまざと見せつけられた感じでした。
田母神氏や三宅氏を含め、核抑止論のパネラーに対し、
「愚民の集団」と言ったり、「お前」だの「黙れ!」だの
非常に聞き捨てならない無礼な口調でした。

全てが完全に感情論で、田母神氏らとほぼ真逆な考え方だったのですが、唯一、「米国に対して、原爆投下の責任を追及する」と言うことで、裁判に持ち込むようです。
81歳になられるようなので、早急に行動に移していただきたく思いますね。

もし、動画などで流れた場合、本日(8月9日)の
放送は是非ご覧になってください。
かなり血圧が上がり、むかつきますが、
田母神氏&三宅氏と反核の本家のバトルは見ものです!

最後に民主党がもし政権を取った場合、
社民党と連立するようですが、あのような正気とは思えない論理で、国防が廃止された場合、国益を守る事は、
皆無に等しいでしょうね。

愛信

ご在位二十年記念の臨時祝日法案民主党の対応遅れで廃案
自・公・国民新三党と一部の無所属議員は
天皇陛下のご即位の礼から二十年となる今年十一月十二日を
臨時の祝日とする法案を衆院に提出し、国会成立を目指した
が、民主党は党内の反対派に押され、対応が遅れて廃案にな
った。

同法案は衆院選挙後の特別国会に再提出する予定。

詳細は【沖縄県民斯ク戦ヘリ】をカッチとね

全軍更に一歩前へ、8月30日の出撃の前に、日本独立の戦いに大勝利をしよう。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi

北の熊

No title
こんばんは。
二度あることは三度ある、とよく言います。
核の傘の中にありて核廃絶を唱えるー矛盾してますね。
平和が軍事力を担保に、外交力が軍事力を担保にしているという現実の前で、非武装・核の傘を離脱するならば、核廃絶を唱える資格があると共産党は言っていますが、
非武装は平和・外交力を放棄するのと同義であり、日本は核を容認するべきだと思います。
更に、日本のほかの地域の日本国民が核攻撃を受けることがあるのならば、反核団体は「加害者」として厳しく糾弾されるべきでしょう。「核議論」を封殺してきた「犯罪人」として。

椿

鬼にも蛇にもなりますよ!
TTMさん、

度々、お騒がせして申し訳ございません。m(__)m。でも…、応援して下さって、とても嬉しいです。^^

そう、海外でも、反日どもやゴロツキのシナ・朝鮮・白人らの都合の悪いところを突いて糾弾すれば、必ず彼等は、「日本女性は、レディーなのに…」とか、「日本女性は、物静かで優しいのに…」等と言って、日本女性の見栄や虚栄心を突いてきて、私の鋭い言論を封殺しようとしますが・・・

私はいつもハッキリと言わせて頂くのです。『あら、私はレディーですよ。私は、人種・国・民族に関係なく、常識のある方、良識のある方達に対しては、お上品に振る舞うことができますので、何も心配して頂く事は御座いません!でも、日本の”英霊達の名誉”を守るためでしたら、ヤクザ・ゴロツキのような輩には、“それなりの対応”を致しますし、鬼にも蛇にもなると、心にキッパリと決めているんです!!』と…。

英霊方のご苦労に比べれば、「あの女は怖いだの」、「男おんな」だの、「日本女性とは思えない、キツイ奴」だの、「下品」だのと、陰口を叩かれ、罵られようが、まったく比較になりません!。

それで反日国家等による、「英霊貶め工作」を少しでも阻止できるのであれば、喜んで、嫌われ、罵られましょう。(笑)。





bingo

私も変だと思っています
>勝谷誠彦の正体
>www35.atwiki.jp/kolia/pages/747.html

彼は、保守派のような発言をしていますが、民主党の車に乗って、ニコニコ顔をしていたシーンが、テレビに流れていました。どうなんでしょう?

TTM

腹の据わった人々。
中村新平さんの淡々とした語り口の中に、氏の国思う一徹さ・洞察力そして悲観など微塵もない真剣さの自然体を観ました。自戒です。
被爆者団体が被爆者を疎外し!、そこまで売国左翼の道具になっていたとは知りませんでした。

秀雄さんの、淡々とした語り口の「過激思想」には、参りました。
戦略としてはアリだ、と思いました。
他国にここまで両断され、侵食・腐敗を極めれば、「国家の生存」が最優先されるのは道理です。
個人においても正当防衛は権利であり、義務ですらある。
いわんや国家においてをや、です。

かぐやひめさんと椿さんの、「女喧嘩談義ガハハ(笑)」にも、参りました。
「喧嘩は、気迫と場数」と喝破する女用心棒さんたちに、ブログ主のねず機知先生もさぞや心強くお思いでしょう。
小心者の私は、小声で女傑のお二人に声援を送りたいと思います。・・・ガンバって!女が戦えば、ヤワな男どもも戦わざるを得なくなる。



英雄

No title
日本人の大衆を覚醒さすために、ようは、いかにして、相手にさきに一発を打たすかですね。シナ、米国、韓国、北朝鮮に日本に対する攻撃をさすか。まあ、日本人が変装してやってもいいですがね。日本が長期てきには滅びるのを防ぐためというのであれば、どんなことでも正当化できるしね。なにをどうやるか。一番いいのはね、核の小さいのをね、日本の領海に落とさすのがいいですね。日本人は情が絡むからね、キッシンジャーのような、外国人をひとりプランナーとしてやっとったらいいね。世界的にプロパガンダをしないといけないから、米国の宣伝社に見積もりを検討さすのがいいですね。

ケイマン諸島などに金を用意しといて関係者各人の講座をつくっておき、作戦が成功したら、金を振り込むのですよね。だから、日本政府の金がないと難しいね。湖もオバマも北朝鮮軍部も1兆円くらいの金で買収できるのでは。

北朝鮮の核を日本海の領海の落とさす。そのあと北は軍部がクウ出たーを起こし新政権を作る。金正日は死んでるから大丈夫。オバマも湖も、それを認め動かない。日本では反日に対しての掃討戦が行われる。マスコミのテレビ新聞はすべて禁止される。本とネットだけにする。麻生さんがやってくれないですかね。

tamago

No title
勝谷誠彦の正体

www35.atwiki.jp/kolia/pages/747.html

保守派を自称する一方で売国政党民主党による政権交代を望む男の正体

英雄

No title
大衆は、その日がなんとか暮せればいいのですから、なかなか覚醒はしないですね。待ちくたびれる間に亡国かさされるのでしょうね。マスコミを殆んど米国、在日、しなに押さえられていますからね。基本的には、ウオーギルトインフォメーションプログラムは現在も継続されていて、米国に指揮された在日が日本を貶めるための洗脳を行っていて、その最たるものの一つが広島の原爆の自虐史観です。敵の最重要作戦の一つでしょう。此処が、もし、人種差別で日本人を滅ぼすために、原爆を投下してインデアンのように日本人を大虐殺した米国が悪いということに、日本人の認識が転換したなら、戦後の洗脳は洪水のごとく崩壊して、日本人は独立の道を歩み始めるでしょうね。だから、敵はここは譲れないところで、電通やマスコミの総力をあつめて攻撃してくるのでしょうね。

しかし、秋葉氏を含めて、指導者達の自分達の生活だけという保身は酷いですね。金も地位も命もいらないというのは、いないのかね。日本人は金だけの人が多いね。やはり一部の人間が力で政府を変えるしかまいのかね。平の清盛が政府を夜討ちした時は手勢は200人ほどでしたよ。このあいだ、軍備を放棄したカリブ海の多分ハイチかな、反乱軍が蜂起して政府は倒れましたが、警視庁を占領した時の兵力は10人でした。警官はみな逃げてしまいました。大事なのはプランの立て方ですね。

秋葉氏は社民党ですから、反日ですよ。昔、市長になる前は、山口のほうで大学の先生をしていたようですが、そのとき、確か新聞に強姦罪で捕まったという記事がのったと記憶していますよ。古い記憶ですが、多分秋葉しだったと記憶しています。それっきりだったから、被害者が取り下げたのかもしれないですね。はっきりはわかりませんが。

830

No title
ねずきち様
今回も素晴らしいエントリーありがとうございます

皆様 大量拡散して下さい
みんなで日本を守りましょう

総選挙★当選・落選候補リスト(全選挙区版)
www35.atwiki.jp/kolia/pages/296.html
各議員の売国・愛国情報を元に、誰を当選させ、誰を落選させるべきかのリスト

国民が知らない反日の実態
www35.atwiki.jp/kolia/

フランス国営放送 「日本の実態」
www.youtube.com/watch?v=R6cP05l5HWw&feature=channel
日本の危機的状況が すべて分かる動画です
<<美人アナ>>

2分で分かる麻生内閣の実績
www.youtube.com/watch?v=WINJlQrxhSo&feature=channel
マスコミの洗脳に気付きます

治安崩壊
www.youtube.com/watch?v=PPhgd0Ojtw0&feature=channel
ぜひ、奥様、娘さんに教えてあげてください

-

日本の常識は世界の非常識
韓国の小中学校で行われている反日教育
http://www.youtube.com/watch?v=aAK64INxLWk

ソウル市民「核兵器でも作って、日本に打ち込むべきなんだ!」

日本の周辺諸国の原爆に対する認識なんて、多かれ少なかれこの様なもので、大差無いですよ。
中国人も韓国人も、反日の人々や、日本との間で何らかの政治的摩擦が発生した時等は、気軽に「原爆をもう一発打ち込め」「東京に核ミサイルを撃ち込んで皆殺しにしろ」と気軽に言います。
誰も、広島や長崎の被爆者に同情なんてしていませんよ。

広島や長崎の歴代市長達が、頑として中国の核実験に対する非難を行わないで来ましたが、大量の核ミサイルを日本に向けているのは何処の国か知らないわけじゃないでしょうね。

椿

『次は、必ず勝ちます!』

ねずきちさん、偽善に満ち満ちた広島平和式典を載せて下さって、ありがとうございます。

今日は、1945年(昭和20年)8月9日、午前11時02分、長崎市へ第二の原子爆弾が“アメリカによって”投下されました。これは実戦で使われた二発目の核兵器である。この一発の兵器により、当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち、約7万4千人が死亡、建物の約36%が全焼、または全半壊いたしました。

広島は、当時人口42万人、死者、行方不明合わせて12万2338人、沖縄は人口の4分の1が、“アメリカによって”、大虐殺されました!!

この“アメリカによる”、人類史上最大最悪の民族浄化を、人間としての礼儀として、未来永劫、子孫に、いえ、世界中に伝え続ける責任が、私たち日本人にはあると思います。


そして、あの広島の記念碑に、『次は、必ず勝ちます!』と、追加するべきですね



mairudo

No title
なぜ、北朝鮮や中国の核の差し迫っている現実的脅威に
名指しで非難をしないのか・・・その理由は単に反日工作だからかですかね

確かに平和団体などと名乗る輩はいつもやる事が内向き
何をするにも日本人が悪いって前提で語りますよね。

昭和27年頃・・・
このころに両県に行って居ましたが、現在ほど日本の責任を追及する様な雰囲気は有りませんでした。
年代を得るごとに反核・反日が酷く。政治活動の道具にされていく、青少年の「核」に対する知識を「原爆」だけに固定させてしまう様な歪な教育が強化されてくる。

当時は現在では有名な特攻機が空母に突っこむ場面では映画館内は拍手と涙があふれていた日本人も現在では見る事もなく成りました。
国家としての軍備と準備がなくて「平和」「平和」と念仏を唱えて居て「平和」が得られるなら、こんなありがたい事は有りませんが、何処を見回しても一人前の国で軍事力を維持しないで平和を叫んでいる国は日本ぐらいでしょう。

広島の風潮は「誰の為にも成らない悪い風」一年前の人間に早く脱皮してほしいものです。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク