ネガティブ意識と集合的無意識



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
第107回倭塾は、特別な倭塾として、靖国神社で開催します。倭塾終了後、正式参拝を行います。この際、篠笛の奉納も行います。また直会は事前申込が必要です。
【詳細】 https://www.facebook.com/events/265009793237311
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

集合的無意識が求めているのは、新しい社会の「仕組み」であり、そのための「哲学」であり「思想」であり、それらを広げる社会のリーダーです。だから集合的無意識は、リーダーと思しき人物を徹底攻撃し、ふるいにかけています。この流れは、神仕組みそのものです。そして、ふるいを跳ね除けて笑顔で堂々と生き残った人物が、新たな時代のリーダーとなるのです。


20240205 デージー



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

現代の世相は、有名人や著名人に少しでも非があると、というより非があろうがなかろうが、事実をでっちあげてでも、特定個人を寄ってたかって叩き、潰しまくるという世相です。
松本人志氏しかり、政治家しかりです。
ひとたび標的にされると、その人物の良いところはすべて帳消しになり、徹底的に叩かれます。

その一方で、本当に悪い連中(たとえば世界を牛耳るネオコンや国際金融資本など)はあまり騒がれません。
それは「誰が」が不明確であるというこもあるでしょうが、巨悪はあまりに標的が大きすぎて、一般の民衆にはよく見えないし、日頃、誰かを叩きまくっているような人であっても、巨悪が相手となると、怖くて手が出せない(笑)。

そこで手近な標的を作って、みんなが叩いているから俺も叩く、とばかりに、叩きの連鎖が行われています。
これが現代日本の世相です。
そして世相というのは、言い方を変えると現代日本の「集合的無意識」ということになります。

日月神示などによれば「一厘の✔(神)493(仕組み)」によって、これから大転換が起こるのだそうです。
転換後の未来は、とても良い未来なのだそうです。
もしそうであるとするならば、その良い社会を構築するための、今とは異なった社会哲学が、これは「必ず」必要になります。

その文化は神仕組みによって形成される文化なのですから、他人を叩きディスるだけの文化でないことだけは、確かなことだといえそうです。
いま起きていることは、そのための準備なのだとすれば、現代の「叩き」は、集合的無意識が、新しいリーダーを選ぶための「ふるい」であると見ることもできます。

本物だと感じられるから叩かれるのです。
本物の側の心が、叩かれて折れてしまったり、くじけてしまうようなら、それは「本物ではない」ことになります。
つまりいま、集合的無意識は、無意識のうちに、本物の出現を探している、ということになります。

人間に100%クリーンな人などいませんから、何か社会的に良い影響を与えるようと志して名前が売れれば、必ず叩きの標的にされます。
叩けるところは、どんな人でも探せばいくらでも出てくるからです。
孟子の言葉に「天のまさに大任をこの人に降さんとするや、必ずまずその心志(しんし)を苦しめ」という言葉がありますが、目立つ人は、必ず「徹底した潰しの洗礼」を浴びるのです。

ということは、いま集合的無意識という「天」が求めているのは、そうした「徹底した潰しの洗礼」に打ち勝ち、これに打ち勝つことができるツワモノだということになります。
そしてそのツワモノは、本当に民衆の幸せを願い、良い未来を積極的に、そして建設的な意見を述べて民衆をリードする人ということになります。

悪所を指摘されても開き直って言いたい放題を言うような人物ではありません。
潰しの洗礼を受けながらも、情熱を失わずに真っ直ぐに生きることができる人物です。

これでもかというほど叩かれ、身内からさえもボロカスに言われながらも、堂々と正義を主張し、笑顔で邁進する。
しかもいま、何を改革しなければならないのか、どうすれば良いのか、日本をどのような国にしたいのかという哲学をしっかりと持っている。
そういう人物であればこそ、いま集合的無意識は、そうした人物に徹底した「洗礼」を与えています。

一方、人というのはおもしろいもので、良いときにはあまり学ぶことがありません。
現状維持でうまく行っているのですから、同じ路線を継続するだけです。
ところが、これで上手くいくと思っている矢先、突然、地獄の底に叩き落されます。
人生、七転び八起きといいますが、あとで振り返ってみると、いちばん学んでいるのは、常に「たいへんなとき」です。
人は、「たいへんなとき」に成長するのです。

ということは、理想を持って行動している人がいま叩かれるのは、まさに本物のリーダーになるための集合意識からの薫陶だということになります。
どんなに叩かれても、決して心が折れることなく、笑顔で邁進することができる。
そういう強さこそ、いま日本に、そして世界に求められている人材です。

巨悪というものがあります。
その巨悪は、世間の多くの人々を不幸に陥れ、命さえも奪い、自分たちの繁栄を謳歌しています。
私達がいま戦う相手は、まさにそんな巨悪、しかも世界的な巨悪です。
その巨悪と戦うリーダーは、巨悪に良心で対抗するのです。
その良心は、大誠意から生じます。
そんな大誠意を得るには、世間の非難という強大なふるいが必要なのです。

どんなに叩かれても、大誠意を貫く。
どんなに叩かれても、笑顔を失わず正義を貫く。
集合的無意識は、まさにいま、そういう人材を育てようとしています。

なるほど巨悪は放置されています。
叩かれもしていません。
けれど巨悪を潰せば世の中が良くなるのかというと、世の中はそう単純なものでもないのです。
なぜなら、現代の巨悪は、経済的繁栄とセットになっているからです。

世の中の経済的繁栄を保持しながら、巨悪を潰していく。
それが「一厘の✔(神)493(仕組み)」とするなら、これを実現するためには、ただ巨悪の行動を指摘したり叩いたりするだけでなく、巨悪が生まれる原因そのものである「世の中の仕組み」を抜本的に転換していかなければならないのです。

そのために必要になるのは、世の中の仕組みの根幹となる社会哲学や社会思想の大転換です。
なぜならたとえ「一厘の神仕組み」が実現したとしても、これを受け入れる民衆の機根が整っていなければ、それは社会に受け入れられないからです。

もちろん、上からの強制という方法もあるでしょうけれど、日本にこれは適用されません。
なぜなら日本は民衆が八百万の神々と規定された国だからです。

集合的無意識が求めているのは、新しい社会の「仕組み」であり、そのための「哲学」であり「思想」であり、それらを広げる社会のリーダーです。
だから集合的無意識は、リーダーと思しき人物を徹底攻撃し、ふるいにかけています。

この流れは、神仕組みそのものです。
そして、ふるいを跳ね除けて笑顔で堂々と生き残った人物が、新たな時代のリーダーとなるのです。

では、そうして生き残る本物と、生き残っている偽物とをどのように見極めたら良いのでしょうか。
答えはひとつです。
それは、無私であるかないかにあります。

「無私」だからといって、自分がまったくないわけではありません。
大人であれば、家族もあるし、責任もある。
そもそも食べたり眠ったりだって、私があるからです。
では、何に対して無私なのかといえば、それは自分が果たすべき使命に対して、です。
使命の前に無私であるかどうか。
ここに焦点があります。

集合的な無意識の世界に「主語」はありません。
善意の人を攻撃すれば、その攻撃は必ず攻撃した人自身に跳ね返ります。
一方、みんなのためにと、周囲を尊敬し、敬意を払い、精一杯の誠実を尽くしていくとき、それはそのまま成長となります。
自分だけではなく、みんなとともに成長するのです。


日本をかっこよく!

お読みいただき、ありがとうございました。
◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第106回倭塾 2024/1/6(土)13:30〜16:30 タワーホール船堀・2F・蓬莱の間
第107回倭塾 2024/2/25(日)13:00〜17:00 靖国神社 靖国会館2F偕行東の間

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク