ピサロの暴虐と日本



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
第107回倭塾2月25日開催(場所:靖国神社内靖国会館2F、靖国神社正式参拝あり)。直会は事前申込が必要です。【詳細】 https://www.facebook.com/events/265009793237311
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
むすび大学【初】リアル講座2月23日開催【詳細】https://nezu3344.com/blog-entry-5863.html
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

日本は、戦後ようやく迎える真の独立のチャンスを目の前にしています。それは、これまでの79年の戦後世界で漁夫の利を得てきた人たちにとっては、まさに「世界の終わり」です。けれど、どんなときでも「終わり」は次の時代の「始まり」です。つまり、日本はいま真の独立を果たし、新しい時代を迎えようとしているのです。


20160212 アタワルパ王


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

インカは、およそ7千年の歴史を持つ南アメリカのペルーのあたりにあった一大文明です。
最盛期には、80の民族と1600万人の人口をかかえる大帝国であったといわれています。
カミソリの刃も通さないほど精巧に重ねられた巨大な石の建造物や、黄金の仮面、水晶のドクロ、土器や織物、
謎の高原都市などをイメージされる方も多いかと思います。

ところが、それだけの文明が、いまでは歴史伝統文化はおろか、言語さえも失われ、遺跡もただ「謎」ばかりとなっています。

インカ人の特徴は、男性の身長が平均1m57cm、女性が1m45cmくらい。
全体に背がの低いモンゴロイドで、DNAは日本の縄文人の人骨のDNAにもっとも近く、また日本の縄文時代の遺跡と同様、なぜか遺跡から武器が出土しないという特徴があります。
また、太陽を崇拝し、灌漑による農耕技術を持っていたとされています。

紀元前7千年といえば、日本では鹿児島沖でカルデラ大爆発が起こり、遠洋漁業が始まった頃です。
そして日本ではあまり語られないし、本にもなっていませんが、現地で取材してわかったことは、インカの神話では「自分たちの祖先は倭国からやってきた」とされているのだそうです。
つまり、自分たちは日本人と同祖であるというのが彼らの伝承で、これがあるから日系人のフジモリ氏が大統領に任命されたりしています。

インカの遺跡は神殿、民家、要塞、道路などが、きわめてすぐれた技術によって建設されています。
なかでもすごいのが石造りの幹線道路。
北部のキトからチリ中部のタルカまで、5230kmにも達する石の道路が建設されています。
しかもこの道路、まるで高速道路のパーキングエリアと、サービスエリアみたいに、6キロごとにトポと呼ばれる里程があり、約18km毎にタンボと呼ばれる宿駅が設置されています。

さらにチャスキと呼ばれる飛脚が約9km毎に設置されていて、タンボ間のリレー方式で、1日になんと約240kmの情報伝達能力を持っていたのことが明らかにされています。
武器の出土がない状況からすると、こうした情報通信幹線は、軍事用というよりむしろ民生用に用いられていた可能性が高く、これを民間人たちが普通に活用していたとするならば、その社会はおどろくほど平和で効率的な社会であったことになります。

ところがインカは、それだけ発達した交通網と文化を持っていたことによって逆に、帝国も文明も滅んでしまうのです。
どういうことかというと、スペインの掠奪者、フランシスコ・ピザロの一行がやってきたのです。

ピザロは、現在のペルーの首都、リマ市を建造した英雄と称えられています。
けれど、殺戮と略奪の限りを尽くし、歴史あるインカ文明を完膚なまでに滅ぼし、いまやその片鱗さえもうかがい知ることができない状態にまでしてしまった大悪党でもあります。

フランシスコ・ピザロは、スペインのエスロラマドゥラ地方で私生児として誕生、母親は売春婦だったといいます。
生まれるとすぐに町の教会の前に捨てられ、豚小屋で雌豚から乳をもらって育ちました。
成長して豚飼いを生業としたけれど、やがて新大陸に幸運を求める一旗組に身を投じています。
南米に渡ってきたのは1531年、ピザロ39歳のときです。

アタワルパ王を追って南進したピザロは、翌1532年にカハマルカでアダワルパ王と会見し、その場で彼を生け捕りにしています。
絵はそのときの模様です。

アタワルパ王を逮捕したピザロは、インカ帝国に身代金を要求し、巨額の金銀を受け取りまました。
ところがこれに味をしめたピザロは、アタワルパ王をまる裸にして辱めた挙句、最後には殺害しています。
絵には、そんな謁見の際のピザロの得意満面の表情と、そんな極悪人の前に引き立てられながらなお、その矜持を失わずにたったひとりで抗議をするアダワルパ王の苦悶の表情が描かれています。

そしてピザロはインカで殺戮と破壊、強奪と強姦を繰り返し、ついにはインカ帝国の首都クスコを廃墟にし、さらに財宝を持ち帰ったピザロに刺激を受けたスペインの荒れくれ者たちがインカに向かい、各所で略奪を繰り返しました。
その結果、いまインディオの純血種はいません。
全員がスペイン人のDNAを持っています。

はじめにやってきたピザロの一行は、わずか180名です。
しかしその180名は、結果としてインカの大帝国を滅ぼし、その文明の痕跡さえも完膚なきまでに消し去ったのです。
頭数が少ないから心配ないなどということはないのです。
キチガイは少人数でも文明文化を滅ぼす、その証拠がインカにあります。

武器を持たない文化は、国内で対立が生まれたときに解決手法として武器に物を言わせない分、発達した内政用の統治システムを持ちます。
それは人々に平和と安定をもたらし、きわめて高い道徳心を育成します。
これはとても良いことです。

しかし、そうしたすぐれた統治システムも、歴史も伝統も文化も、道徳観を持たない武器を持った暴力の前には、実はまったく無力となります。
国内統治には、武器など必要のない政治が理想です。
しかし身を護る軍事力を持たなければ、国も文明も文化も滅ぼされるのです。

広島と長崎に、原爆という人類史上未曾有の暴力が振るわれたのは、そのときの日本がすでに反撃能力を失っていたとみなされたからです。
現在でも世界には、話し合いやだけで平和的に物事を解決できるだけの高度な国際統治システムはありません。
ということは、弱いとみなされれば、インカや北米インデアンのように、蹂躙されるということです。
現実に、いまの日本は世界のATMとなっています。

世界に正義を実現できるのは、話し合いだけでなく、武力が背景にあるときだけだというのが、悲しい現実なのです。
弱虫は、どんなに正しい理屈を垂れても馬鹿にされ、蹂躙されてしまうのです。
そしていまの日本は、あきらかにチャイナやコリア、あるいは米国に馬鹿にされ、蹂躙されています。

この日本の現状を救い、本来の日本の歴史、伝統、文化を取り戻すためには、私たち自身が日本をしっかりと学ぶだけでなく、日本の軍事力の増強が、実は不可欠の要素なのです。
現代の日本は、物理的軍事力だけでいうなら、環太平洋最強です。
日本の武力の前に、チャイナも叶わないし、米太平洋艦隊も敵いません。
けれど、それらを使えるようになっていないし、なによりそれら軍事力を行使する人たちが法的政治的に骨抜きにされています。

これを「改善しよう」と政治家が発言すると、問題発言だと言ってメディアや野党から総攻撃を受けて潰されます。
戦後の日本政治は、そのために政界を追われた政治家の累々とした屍が横たわっています。

そうであれば、民間分野から、民意として「国護り」の意識改革が必要だし、これを堂々と主張する政党が必要です。
その政党は、いまはたとえ小さくとも、その主張内容の正当性から、必ず巨大政党に成長します。
現代の小選挙区比例代表制のもとでは、少数政党は成立し得ないと主張する人もいます。

それは違います。

成立するかどうかが問題なのではなく、国民が本当のことを知り、国民が目覚めることが大事なのです。
そして反日が一部の人たちに経済的利益をもたらし、その影響下にあるメディアが同じく反日に傾いている現代においては、本当のことを検閲無しで大勢の人々に直接訴えることができる機会は、選挙のとき等の街頭演説という機会しかないのです。
どんなに正しいことを言っていても、一部の限られた人たちからしか賛同を得ることができないのであれば、それは国全体としては「ない」ことと変わらないのです。

大切なことは、極端な反日派と、極端な親日派の対立ではないのです。
その中間にいる圧倒的多数の日本人がどっちを向くかなのです。

人は、情報によって判断をします。
その情報が偏っているから、そうではないという情報を、多くの人たちに届ける必要があるのです。

さらに、個人が情報によって目覚めても、それだけで国が変わることはありません。
目覚めた個人が集まって圧倒的多数のコミュニティを形成し、その多数意見を、国家的意思にしていかなければ、国は変わらないのです。
政党とは、まさにそのためにあります。
数は大事ですが、山椒は小粒でピリリと辛いのです。
そこに正義があれば、山は動くのです。

目的が「山を動かす」ことにあるなら、少数政党だから意味がないのではなく、少数政党が民意を形成していくことが大事なのです。

日本を食い物にしたい国や人たち、そして日本を食い物にすることによって巨富を得ている人たちは、当然、これを見越して、反撃を仕掛けます。
その反撃は、必ず、内紛による内部分裂と、個人への中傷という形で行われます。
当然です。
反撃者の正体がバレれば、反撃した側が世間を的に回ることになるからです。

つまり、もしいま「内紛による内部分裂と、個人への中傷」を受けている少数政党があるなら、それこそが「まともな政党」です。
もっというなら日本派の、日本人による日本人のための日本人の政党です。

批判家の人たちは、保守であるかないかを問わず、叩かれている少数政党があれば、寄って集って批判します。
しかし批判だけで世の中が変わることは絶対にありません。

そもそも世の中に、完璧な人などいません。
誰もがどこかに欠陥を持っています。
その欠陥を乗り越えようと努力して生きるから成長できるのです。
大切なことは、実現しようとする意思と情熱と、それらがもたらすある種のカリスマ性です。

カリスマが信頼できないと思うなら、そこを出て、自分たちで独自活動をすることもひとつの選択です。
けれど、そもそも「完璧な人」など、いないのです。
ということは「完璧なカリスマ」も、いないのです。
まして我々は反日であることが正義であるという教育を受けています。
さらに、批判をすることが正義ある、という教育を受けて育っています。
こうして有能な人材を潰してきたのが、戦後の日本です。

大切なことは、カリスマ自身ではないのです。
日本をしっかりと護っていこうとする意思を、国民自身が自覚することです。
そして国をしっかりと護っていくことができる日本を築くことです。
そしてこれを行おうとする人たちこそが、新たな日本の未来を拓く人たちです。

いま日本は、千載一遇のチャンスを目の前にしています。
それは、チャイナが崩壊寸前の情況にあり、米国が二分しそうな情況にあるということです。
チャイナは人民解放軍が崩壊寸前の情況にあります。
米国は、今年大統領選挙があります。
トラさんが勝てば、これまで米国追従で反日運動を行っていた人たちは粛清に向かい、日本は民族独立の方向に向かうチャンスとなります。
民主党が勝てば、米国は合衆国と共和国の二つに分裂します。
そうなれば、米国は海外にある米軍基地を維持できません。
その時は、日本にある米軍基地は、日本が買い取ればよいのです。

日本は、戦後ようやく迎える真の独立のチャンスを目の前にしています。
それは、これまでの79年の戦後世界で漁夫の利を得てきた人たちにとっては、まさに「世界の終わり」です。
けれど、どんなときでも「終わり」は次の時代の「始まり」です。
つまり、日本はいま真の独立を果たし、新しい時代を迎えようとしているのです。


※この記事は2016年2月のねずブロ記事のリニューアルです。
日本をかっこよく!

お読みいただき、ありがとうございました。
◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第106回倭塾 2024/1/6(土)13:30〜16:30 タワーホール船堀・2F・蓬莱の間
第107回倭塾 2024/2/25(日)13:00〜17:00 靖国神社 靖国会館2F偕行東の間

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク