霊(ひ)に正直に生きる



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
第107回倭塾2月25日開催(場所:靖国神社内靖国会館2F、靖国神社正式参拝あり)。直会は事前申込が必要です。【詳細】 https://www.facebook.com/events/265009793237311
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
むすび大学【初】リアル講座2月23日開催【詳細】https://nezu3344.com/blog-entry-5863.html
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

他人様がどうのこうのではない。
自分で自分を律して、生涯をまっとうする。
それしかできないのだから、そのように生きる。
それが、霊(ひ)に正直に生きるということです。


20171118 天国



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

昔からよく言われる言葉に、
「体斜めなら、影斜めなり」
という言葉があります。

これはとても重要な言葉で、自分ではまっすぐのつもりでいても、知らず識らずのうちに曲がり、ゆがんでしまっているということは、よくあるものです。

先日、ある方から聞いたのですが、新入社員の面接をした際に、やってきた若者に前職を訊ねると、
「はい。オレオレ詐欺やってました」と、実にあっけらかんと答えたのだとか。
本人は、儲かりさえすれば何をやっても良いくらいに思っていたようだけれど、それが実は間違ったことなのだということが、わかっていない。
だからなんの罪悪感もない。

現代刑法は、責任性といって、本人に罪の意識がない場合、その責任を追求できない仕組みになっています。
責任の自覚がないのです。
ならば、罪に問うことさえもできない。

そうなると、なまじ責任感など持たない方が、人生を有利に過ごすことができるようになってしまいます。
このこと自体が、明治以降に日本に入ってきた西洋的法理論の大欠陥ですが、それはそれで深い話になるので、また別の機会に。

日本では、古来、霊(ひ)が本体であって肉体は乗り物にすぎないと考えられてきました。
その霊(ひ)が真っ直ぐに生きているかどうか。歪みがないかどうか。
そこらへんは、子供なら、親がしっかり監督してくれるのかもしれないけれど、社会人になったら、自分で自分を律する以外にありません。

やっかいなのは、ゆがんでいるかどうかは、なかなか本人に自覚できないこと。
あたりまえです。
自覚できるくらいなら、とっくに直している。

ということは、人生におけるひとつの課題が、
「どうすれば自分を常にまっすぐにしておくことができるか」
ということになります。

自分では歪みを自覚できない。
いい歳をした大人であれば、周囲が「ゆがんでまっせ」と教えてくれることもない。

自分でいつも意識しているのが、ここです。
だから自分に歪みがあるかどうかのバロメーターを、世間の目に置くようにしています。
つまり、やっていることが正しい方向なら、たとえば動画の再生回数は自然とあがるし、間違っているなら、さがってくる。
ただしいことをしていれば、自然と、出会うべき人に出会えるし、目の前に道が開けてくる。
間違っていれば、自然と世間が狭くなる。

この活動をはじめて、16年になりますが、だから自分ではこれまで、「自分から売り込む」ということをいっさいやらずにやってきました。
なぜなら自分から売り込んだら、自分の行動の歪みが欲にかられて見えなくなるからです。

他人様がどうのこうのではない。
自分で自分を律して、生涯をまっとうする。
それしかできないのだから、そのように生きる。
それが、霊(ひ)に正直に生きるということなのではないかという気がします。

たとえば、他人の人格を否定する悪口は、ニーチェいわく「悪とは人の名誉を奪うことである」といいます。
ということは、人から悪口を言われたときに、自分も同じように相手の人格攻撃をしたら、自分が相手と同じ悪になり下がります。
だからいくら攻撃されても、言われっぱなしです(笑)
前頭葉は、自己防衛システムですから、言われれば「悔しい」と感じるし、腹も立ちます。
けれど、霊(ひ)を落とすわけにいかない。
だから言われっぱなしです。
要するに「ひたすらガマン」です。

けれど、16年これをやってきて気付いたことは、人生はガマンの数だけ自分が成長できるというものです。
それで良いと思っています。

いまのご時世、言われっぱなしの人は多いです。
特に多くの若者達が、ネット上の中傷や悪口で傷つけられているのだそうです。
若者たちは、これをひたすらガマンしています。
その結果か、若者たちの顔が、とても品格のあるものになってきているように思います。

霊(ひ)の成長は、2つの要素によって成り立つのだそうです。
ひとつは、チャレンジ。
正しいことをするということではありません。
そもそも何が正しいのかなんて、神様にしかわからない。
だから大切なことは、何事にも挑戦していくことなのだそうです。

ただしそれにはひとつの条件があります。
それがふたつめの要素で、他人の悪口を言わない。
魂の世界は、誰もがつながっている、いわば集合意識の世界です。
ですから、主語がない。
ということは、Aさんの人格を否定する言葉を吐いたら、吐いた人自身が、自分で自分の人格を否定することになります。
なぜなら魂の世界には、主語がないからです。
自分では「あの人」のことを言ったつもりでも、それはそのまま自分のことになってしまうのです。

人って、おもしろいもので、体に悪い食べ物が大好きだったりします。
同様に、人は、うわさ話が大好きです。
けれど、もしかすると、それがこの世に生きることに仕掛けれられたトラップなのかもしれません。


※この記事は2022年2月のねずブロ記事のリニューアルです。
日本をかっこよく!

お読みいただき、ありがとうございました。
◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第106回倭塾 2024/1/6(土)13:30〜16:30 タワーホール船堀・2F・蓬莱の間
第107回倭塾 2024/2/25(日)13:00〜17:00 靖国神社 靖国会館2F偕行東の間

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク