『時を越えた美しさの秘密』Audrey Hepburn



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
第107回倭塾2月25日開催(場所:靖国神社内靖国会館2F、靖国神社正式参拝あり)。直会は事前申込が必要です。【詳細】 https://www.facebook.com/events/265009793237311
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

本当の美しさは女性の精神にあり、それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、その美しさは、年を追うごとに磨かれていく・・・・。


20210208 Audrey Hepburn
画像出所=https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/g27262195/cfea-audrey-hepburn-a-to-z-0503/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

トップの写真は、オードリー・ヘップバーンのパリ・オベラハウスの“オスカー デ ラ モード”の写真展でのスナップ写真です。1985年の写真です。
オードリー・ヘプバーンは、美しさに年齢が何の意味もないことを見事に証明してみせた女優です。そんなオードリー・ヘップバーンが、亡くなる数日前に、子らに読んで聞かせたという詩が残っています。

*******

"Time Tested Beauty Tips" ―Sam Leveson
『時を越えた美しさの秘密』Audrey Hepburn



For attractive lips, speak words of kindness.
魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。

For lovely eyes, seek out the good in people.
愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。

For a slim figure, share your food with the hungry.
スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。

For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳(す)いてもらいなさい。

For poise, walk with the knowledge you'll never walk alone ...
美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。

People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、
失敗すればやり直し、挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、

reclaimed and redeemed and redeemed ...
何度でも再出発することができます。

Never throw out anybody.
誰も決して見捨ててはいけません。

Remember, if you ever need a helping hand,
you'll find one at the end of your arm.
人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に
助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。

As you grow older you will discover that you have two hands.
年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。

One for helping yourself, the other for helping others.
ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。

The beauty of a woman is not in the clothes she wears,
女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、

the figure that she carries, or the way she combs her hair.
その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。

The beauty of a woman must be seen from in her eyes,
女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。

because that is the doorway to her heart,
そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。

The beauty of a woman is not in a facial mole,
女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、

but true beauty in a woman is reflected in her soul.
その本当の美しさは その女性の精神にあります。

It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,
それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、

and the beauty of a woman with passing years only grows!
その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。

*********

オードリーは、いわゆるファッション・リーダーとしても有名な人でした。
とりわけ映画『ティファニーで朝食を』の冒頭で彼女が着ていたジバンシィのリトル・ブラックのドレスは、いまでも「映画史上最も有名なドレス」とされています。
またどんな場面でも完璧なドレスアップ姿を見せた女優としても有名です。

けれど、素のオードリーは、ジュエリーどころか時計すら身に付けず、付けてもパールのピアスくらいだったそうです。
素のオードリーにとって、ファッションは
 自分に似合うか
 居心地がよいか
というだけ。
でも、オードリーは、同時にそういうことを人に押し付けることもしない女性であったといいます。

そんな彼女も、実は顔立ちその他にコンプレックスのかたまりだったとか。
「私は自分のことを美人だと思ったことはありません」
彼女自身にとっては、痩せていること、胸がないこと、背が高いこと、足が大きいこと、歯並びが悪いこと、顔が四角いこと、鼻孔が大きいことなど、これらすべてがコンプレックスだったのだそうです。

ところがそんなオードリーの出現で、美人女優といえば豊満な肉体の持ち主というそれまでの常識が一変してしまいました。

そんな彼女の美しさの秘訣は、
「欠点から目をそらさず、
 正面から向き合い、
 欠点以外に徹底的に磨きをかけること」
だったのだそうです。

この話を聞くたびに、人の美しさというのは、内面の輝きなのだなあといつも感じます。
少々作りが悪くても(失礼)、内側からの輝きが、つまりそれは生命の輝きともいうべきもので、その輝きが、美しさになるのだと感じます。

我が国では、三大美人といえば、衣通姫に小野小町に右大将道綱の母といわれますが、なかでも衣通姫は、その輝きが衣服を通して内側から輝いたとされます。
つまり、内面の輝きそのものが「美」とされているわけです。

若い頃から、ずっと思ってきたことがあります。
それは、
「良いおじいちゃんになる」
ってことです。

「良いおじいちゃん」になるには、三つの要素が必要です。
それは、
1 健康であること
2 性格が良いこと
3 そこそこの経済的余裕があること

どんなにお金持ち爺さんであっても、性格が悪ければ、良いお爺ちゃんとはいえません。
どんなに性格が良くても、健康を損ねていたら子や孫たちに迷惑をかけてしまいます。
どんなに健康であっても、貧困であっては良いお爺ちゃんにはなれません。

女性の場合と男性の場合での違いもあるでしょうが、歳をとっても輝きを失わない年寄りでいたい。
そのように思っています。


《参考》愛されアイコン、オードリー・ヘップバーンのトリビアA to Z
https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/g27262195/cfea-audrey-hepburn-a-to-z-0503/

※この記事は2021年2月のねずブロ記事のリニューアルです。
日本をかっこよく!

お読みいただき、ありがとうございました。
◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第106回倭塾 2024/1/6(土)13:30〜16:30 タワーホール船堀・2F・蓬莱の間
第107回倭塾 2024/2/25(日)13:00〜17:00 靖国神社 靖国会館2F偕行東の間

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク