教育が「希望」を生む



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
【次回以降の倭塾】
第109回倭塾 2024年5月25日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第110回倭塾 2024年6月8日 12:30-16:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第111回倭塾 2024年7月27日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
靖国神社正式参拝 8月(日時後日)
第112回倭塾 2024年9月14日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

教育は、怒りを持つためのものではありません。
もちろんそれも必要ですが、それ以上に、明るく健康的で前向きで、私達日本人の共同体、つまり国益に適う教育である必要があります。教育が「希望」を生むのです。


20240328 社会人教育



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

以下は今週のねずさんメルマガ(有料版)に記載した記事の写しです。
ねずさんメルマガは、毎週月曜日(ときどき火曜日)に発行しています。
ご希望の方は、是非、ご登録をお願いします。
初月は無料です。
『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!



我々戦後世代の日本人は、老若男女を問わず、およそ全員が「多数決型民主主義は正しい」と思っています。
その一方で多くの人が英国の元首相のチャーチルが言った「民主主義は最悪の政治だ。これまで試みられてきた民主主義以外のすべての政治体制を除けばだが」という言葉も知っています。
この言葉は逆説的に「民主主義こそが最良の政治」と言ったものであり、民主主義は「最善ではないが他にそれ以上の良いシステムがない」と認識していると思います。

筆者も民主主義は大切なものと思います。
もともと日本は、ニニギノミコトの降臨の際に、天照大御神から「高天原と同じ統治をせよ」と詔を受けて始まった国です。
高天原は天上界の国です。
住民は全員、八百万の神々です。
つまり日本では、民衆を神として崇め、大切にする決意が国の始まりになっています。
古代の人たちは、本気でこれを信じ、日本を極楽浄土のような、あるいは天国のような国にしようと努力を重ねました。
神話から描いた記紀の編纂もそのひとつですし、民衆が高い教養と文化を持した万葉集の編纂もまた、民衆の高い教養を示すものです。

このことは、たいへんよく考えられていて、民衆を八百万の神々と規程するなら、民衆の一人ひとりが高い民度を持つ必要があります。
民度を高くするためには、民衆が高い道徳心を持ち、それを生活習慣にまで落とし込み、さらに社会全体に教育システムが整っていなければなりません。
そして、食料が十分にあり、人を騙したり脅したりしなくても、ちゃんと働けば誰でも豊かな暮らしを手に入れることができるというシステムが必要です。
また政治の上に立つ人たちは、政治権力を持つ分、それとおなじくらい政治責任を持つという意識が必要になります。
他にもたくさんありますが、古代の人たちは、そうしたひとつひとつをしっかりと実現することで、世界中の人たちから、日本をして扶桑の国とか、蓬莱山とまで呼ばせるに到るのです。

さらに、動画やブログでもご紹介しましたが、モンゴルの大帝国が誕生するまで、世界地図は「東が上」に描かれるのが常識でした。
世界のてっぺんには神の国、パラダイスがあるとされ、そこは神仙でなければたどり着くことができない国であるとされたのです。
その国は、いうまでもなく日本のことです。

しかし、日本がいくら天国のような国であっても、それだけでは人々の幸せは実現できません。
日々様々な難問が降りかかり、それをひとつひとつクリアしていく。
ゲームと同じと言ったらいいすぎかもしれませんが、眼の前にある壁をひとつひとつ乗り越えていくというチャレンジは、そのまま人の成長であり、もっといえば、ものすごく苦しくてたいへんなことだけれど、ある意味、しあわせなことであるということができます。

つまり、日本には古代より「究極の民主主義」が実現されていた、ということになります。

その民主主義における意思決定のプロセスとして、現代の多くの国々で採用されているのが「多数決」です。
そしてまた多くの現代日本人が、この多数決という方法もまた、民主主義と同じで「完璧ではないけれど最良のシステム」だと思いこんでいます。

けれど、実際のところ、民主主義と多数決は、異なるものです。
多数決は、勝者と敗者を明確に区分けします。
これは真ん中に縦軸を一本置いて、その左右を「賛成派、反対派」と二分して戦わせ、勝者が次の権力を握るというシステムといえます。
そして多数決の場合、過半数を取った側が勝者(支配者)となり、敗者は一切の発言権がなくなります。ということは、敗者は勝者の奴隷となるということになります。

するとゼロサムゲームが起こります。
たとえば、100人の人たちがいて、多数決で意思決定をします。
このとき51:49で、51が多数となって勝利し、49の人は捨てられます。
その後の意思決定は、51人だけで行われることになります。
ところがこの51人のなかで、また論争が起こり、多数決が行われます。
すると26:25で、25人は権力を失います。
勝った26人でまた意見の対立が起こり、14対13で14だけが生き残ります。
14人の中でまた対立が起こり、8:6で8人が生き残ります。
こうして、8人が5人になり、3人になり、2人となり、最後は相打ちとなって、全員が政治権力を失います。

つまり、多数決というのは、民主主義における根幹であるかのように見せられているだけで、その実態は、多数決を後ろで動かしているひとにぎりの資本家だけが生き残るというシステムなのです。

そしてこれを推進するために、賛成派、反対派というように、それぞれの極論ばかりが強調されます。
そしてどうにもならない二項対立がそこにあるかのように演出されます。

けれど少し考えたら誰にでもわかることですが、世の中というのは、絶対賛成派と絶対反対派の2つにひとつしかないわけではありません。
現実には八百万の神々のほとんど全部が、どっちつかずでいるのです。

そこで我が国では、重要事項を皆で決めようとするときには、
1 まずはみんなで議論し、上下を問わず意見を出し合う
2 絶対賛成、絶対反対の人は、意思がはっきりしているので、部屋から出ていってもらう。
3 部屋にのこった圧倒的多数のどっちつかずの人たちでしっかりと話し合う。
4 意思が決定したら、絶対反対であっても、一緒に気持ちよく仕事をしなければならない。
といったシステムが行われていました。
このシステムは、中央政治も、村落内も、同じです。

とりわけ中央政治では「詔(みことのり)を受けては必ず従え」(十七条憲法)」とされ、協議の結果が天皇の詔となったときには、反対意見の人であったとしても、必ず従わなければならないとされました。
このことは大名家や商店、あるいは村落においても同じで、決定事項がトップ(名主)から示達されたときは、みんなで従うことが常識とされました。

意思決定のプロセスにおいては、みんなが納得するまでしっかりと話し合う。
話し合った結果は、みんなで守り実行するということが、社会の常識であったのです。

ひるがえって西洋化した現代を見ると、そもそも意思決定自体が日米合同会議とか日本の民衆の利益とはまったく異なるところで行われ、また法の通りに執行すべき行政府が事実上の立法府となっていたり、そもそも意思決定をすべき機構の立法府も含めて、日本から技術やカネを奪いたい外国人等のスパイが多数入り込んでいます。
またひとたび意思決定が行われても、いつまでもどこまでも「反対」の声がくすぶり続け、それどころか反対の声の方に、むしろ分があったりしています。

ここまで壊れると、抜本的な立て直しが必要となるのですが、その立て直しの根幹となるべき国民精神そのものが崩壊しているという有り様になっています。

このため「日本がつぶれる」を連呼される方も多くおいでになりますが、一方で、いまだに日本は世界三位の経済大国であり、戦後79年にわたり、ひとつも戦争をすることのない、平和を愛する国でいます。
もちろんそれが「茹でガエル状態」でもあるのですが、平和で、そこそこ豊かだからこそ、しっかりと明日の日本を築くことが必要であると思います。
そのためには、社会人教育が不可欠です。
なぜなら、普通の日本人が変われば、日本は変わることができるからです。

そして教育は、怒りを持つためのものではありません。
もちろんそれも必要ですが、それ以上に、明るく健康的で前向きで、私達日本人の共同体、つまり国益に適う教育である必要があります。

教育が「希望」を生むのです。



日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。


◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第109回倭塾 2024年5月25日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第110回倭塾 2024年6月8日 12:30-16:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第111回倭塾 2024年7月27日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
靖国神社正式参拝 8月(日時後日)
第112回倭塾 2024年9月14日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク