桜の花見と平宗盛



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
【次回以降の倭塾】
第109回倭塾 2024年5月25日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第110回倭塾 2024年6月8日 12:30-16:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第111回倭塾 2024年7月27日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
靖国神社正式参拝 8月(日時後日)
第112回倭塾 2024年9月14日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

ひるがえって現代を見るに、日本の政治権力を握る内閣や国会議員たちは、果たして日本の一般庶民の暮らしや小さな思いを大切にするという姿勢を持っているのでしょうか。あるいは大学の教授や、学校の先生たちの中に、そうした思いが普遍的な思想として定着しているといえるのでしょうか。
そうでないなら、現代日本は、宗盛の時代よりも、800年以上「オクレている」ということになると思うのですが、いかがでしょうか。


20240329 桜



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

そろそろ桜の花がほころび始めました。
さて、桜といえば思い出すのが、お能の演目の「熊野(ゆや)」です。
昔は「熊野(ゆや)松風は米の飯」といわれたくらい、ポピュラーな演目だったものです。

熊野(ゆや)は、遠州(静岡県)出身の美しい女性でした。
家柄もよく、利発で優秀でよく気が付き、しかも美人ということで、京の都で平宗盛(たいらのむねもり)に仕えることになりました。
平宗盛といえば、当時、日本一の権勢を誇っていた人物です。
そんな平宗盛もまた、美しい熊野(ゆや)を部下としてとてもかわいがっていました。

春になり、宗盛は清水寺で春の大花見大会を企画します。
都中どころか、地方からも名士を招いての大花見大会です。
美しい清水の舞台に、満開の桜、そして美しく着飾った女性たち。
宗盛は、この花見をとても楽しみにしていて、なかでも美しい熊野(ゆや)は、この花見の日の花となる女性となっていました。

ところが・・・・。
そんな花見大会を前にして、熊野(ゆや)のもとに、故郷の母が危篤との連絡が入ります。
心配でたまらない熊野は、すぐにでも故郷に帰りたい。
けれど上司である平宗盛が、花見大会に寄せる気持ちも理解できる。
そんな葛藤の中で、いよいよ花見大会の当日になります。

人々が清水寺に集まり、さあ花見大会というとき、どういうわけか権現様が不機嫌となられたのか、強風が吹いてせっかくの桜が散ってしまいます。
それでも花吹雪だとよろこんでいたら、今度は突然、バケツを引っくり返したような大雨が降る。
やむを得ず、皆様には清水寺の社内に入っていただき、そこで歌会を催すことになりました。

いよいよ歌会となり、様々な人が和歌を披露するなか、熊野(ゆや)にも、和歌の発表の順番が回ってきます。
熊野(ゆや)は、次の和歌を詠みました。

 いかにせん 都の春も惜しけれど
 馴れし東(あずま)の花や散るらん

この和歌を聞いた平宗盛は、熊野(ゆや)を近くに呼び、何かあったのかと問いました。
宗盛は、和歌から「熊野(ゆや)」に何かあったのかと察したのです。
熊野(ゆや)は、「実は・・・」と故郷の母の危篤を伝えました。
それを聞いた宗盛は、
「ならばすぐにでも帰っておやり」と、熊野(ゆや)に路銀を与えて帰省を勧めます。
熊野(ゆや)は、宗盛の気が変わらないうちにと、お礼を申し上げると、すぐに花見会場を発ちました。

と、これがお能の演目の「熊野(ゆや)」のストーリーです。
一門の権勢を担う宗盛という武家の棟梁にして、権力者ある宗盛と、美しい桜、美しい女性を登場させたこの演目は、権現様を通じて、神々のご意思はどこまでも衆生の幸せにあること。
そして時の最高権力者であってた宗盛が、ひとりの女官の思いを、にわか雨に散った桜と、熊野の和歌から察して、熊野の帰郷をゆるすというところに、武家の長としての大切な心構えを描いています。
人の上に立つ者なら、権現様がお怒りになられる前に、もっと早くに熊野(ゆや)の心配に気付けよ!と言っているのです。

時の権力者である宗盛にしてみれば、一回の女官の実家の母の身に何かあったとしても、「そのようなことは業務に関係ない、私的なことを公務に持ち込むな!」という立場も取れたことでしょう。
いや、一般的には、そのように解せられることが普通ではないかと思います。

けれど、そういう上長の態度は「いけない」と、権現様はお怒りになられているのです。
そして花見大会に大風を吹かせ、大雨を降らせまでされています。
「気付けよ!」と言っているのです。

宗盛がようやく熊野(ゆや)の異常に気づいたのは、和歌が詠まれてからでした。
この和歌で、宗盛は気づいたのです。
では、戦後教育を受けてきた私たちは、この和歌を部下の女性が詠んだとき、
「この子に何かあったのかな?」
と気がつくことができたでしょうか。

平宗盛は、平清盛の後継者であり、当時としては最高権力を手にした人物です。
部下の数は、数しれず。
しかも熊野(ゆや)は、美しいとはいえ、一介の女官にすぎません。
今風にいえば、大会社の社長に、末端の女性事務員の異常に気付けと言っているようなものです。
それでも、ちゃんと気付きなさい!とお能は教えているのです。

なぜなら我が国は、古来「民衆の幸せこそ国の幸せ」であることを国是としてきた国柄だからです。
そうであれば、権力者は、国の(天皇の)「おほみたから」である民衆の幸せを常に最優先すべき存在です。
それが権力を持つ者の務めなのです。

武家であれば、当然、武力を持つし、武力を用いるための訓練も受けています。
つまり一般の民よりも、はっきり言って強い。
まして一門のトップともなれば、部下の数は何千、何万です。

けれど、強いからこそ、そして権力があるからこそ、一般の人や弱い者たちの些細な気持ちに、ちゃんと気づくことの大切さが、この物語に込められているのです。
これこそ、日本文化です。

ひるがえって現代を見るに、日本の政治権力を握る内閣や国会議員たちは、果たして日本の一般庶民の暮らしや小さな思いを大切にするという姿勢を持っているのでしょうか。
あるいは大学の教授や、学校の先生たちの中に、そうした思いが普遍的な思想として定着しているといえるのでしょうか。

そうでないなら、現代日本は、宗盛の時代よりも、800年以上「オクレている」ということになると思うのですが、いかがでしょうか。


※この記事は2022年3月の記事のリニューアルです。
日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。


◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第109回倭塾 2024年5月25日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第110回倭塾 2024年6月8日 12:30-16:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第111回倭塾 2024年7月27日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
靖国神社正式参拝 8月(日時後日)
第112回倭塾 2024年9月14日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク