清陽(すみあきらか)



■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
【次回以降の倭塾】
第109回倭塾 2024年5月25日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第110回倭塾 2024年6月8日 12:30-16:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第111回倭塾 2024年7月27日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
靖国神社正式参拝 8月(日時後日)
第112回倭塾 2024年9月14日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

災害の多発する日本列島の中で、生き抜く智慧が日本建国の原点にあります。そうすることで、我々の祖先たちは、我が国を「清陽(すみあきあらか)な、うまし国」にしてきたのです。
だから、「日本を取り戻す」というのは、怒ってばかりいる日本にすることではないのです。明るく、前向きな気持で、ほがらかな国にしていくことが大切なのです。


20240331 夜明け



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「清陽」は、こう書いて「清(すみ)陽(あきらか)」と読みます。
「清」は、青く透き通った水の会意文字で、音読みが「セイ・ショウ」で、訓読みが「きよ、すがし、すむ」です。
意味は説明するまでもないと思います。
「陽」は、丘の上に太陽が昇ることを意味する会意兼形声文字で、音読みが「ヨウ」、訓読みは「ひ」の他に「あきら、きよし」などがあります。

日本書紀では、この2つの漢字を組み合わせた「清陽」を「すみてあきらか」と読み下します。
つまり「清らかで、あたたかく、ほがらか」なことです。

日本書紀は冒頭で、
「清陽が薄くたなびいて天となり、
 重く濁ったもの(重濁)が地(つち)になった」
と書いています。
つまり「天」というのは、もともと「清らかで、あたたかく、ほがらか」なのです。

ですから、神々と心を合わせようとするなら、ただ「清らか」なだけでは足りません。
「ほがらか」でなければならないのだ、と日本書紀は書いていることになります。

生きていれば、毎日体(身)は汚れます。
身の汚れは、お風呂に入ればきれいになります。
けれど、同時に身の本体である霊(ひ)も穢れます。

穢れは専門の人に祓っていただくこともありますが、普通は、神社に参拝して祓います。
けれど日本書紀は、
「祓うだけではダメです」
と書いているのです。

なるほど神社に行ってお祓いをしてもらえば、霊(ひ)の穢れは祓うことができます。
けれど同時に、「ほがらか」でなければならないと、日本書紀は書いているのです。

なぜなら、ほがらかであることは明るいことだからです。
だから「清陽(すみてあきらか)」は、きよらかでほがらかで明るいことを意味します。

そして「清陽な国」のことを、「うまし国」と言います。
「うまし」は、一般には「美まし国」を書かれますが、日本書紀は「怜 忄可」と書きます(忄可でひとつの文字)。
「忄可」という字は、心にかなうことを意味する漢字です。
誰もがほがらかに、明るい気持ちで正直に生きることができる国。
それが清陽な国であり、うまし国です。

それは、一部の特権階級の人にだけに与えられたものではありません。
このことをしろしめすために、神々はときどき、台風や地震などの災害を人々に与え、人間界の上下など、塵に等しいことを人々に思いださせてくださいます。
お金持ちでも貧乏人でも、天災は等しくやってくるのです。

日本は神武天皇を初代天皇として出発した国です。
その神武天皇の建国の詔(みことのり)を読むと、ひとつのことが明らかになります。
それは、人々がお米を備蓄し、災害にあったときお米を地域を越えて融通しあうことで、みんながひとつ屋根の下で暮らす家族のようになって生きていこうとするものです。
その食料の融通を公正に行うために、築かれたのが「みやこ」です。

「み」は、たいせつな
「や」は、屋根のある
「こ」は、米蔵のことを言います。

災害の多発する日本列島の中で、生き抜く智慧が日本建国の原点にあります。
そうすることで、我々の祖先たちは、我が国を「清陽(すみあきあらか)な、うまし国」にしてきたのです。

だから、「日本を取り戻す」というのは、怒ってばかりいる日本にすることではないのです。
明るく、前向きな気持で、ほがらかな国にしていくことが大切なのです。


日本をかっこよく!
お読みいただき、ありがとうございました。


◆一般社団法人日本防衛問題研究所 ホームページ https://hjrc.jp/
◆YOUTUBE
 希望の日本再生チャンネル https://www.youtube.com/@nippon-kibou
 日心会公式チャンネル https://www.youtube.com/@user-kz8dn8xp9w
 結美大学 https://www.youtube.com/@musubi_univ


人気ブログランキング
↑ ↑
いつも応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
info@musubi-ac.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


【次回以降の倭塾】
第109回倭塾 2024年5月25日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第110回倭塾 2024年6月8日 12:30-16:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
第111回倭塾 2024年7月27日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F
靖国神社正式参拝 8月(日時後日)
第112回倭塾 2024年9月14日 12:30-17:00 富岡八幡宮/婚儀殿2F

出版書籍一覧(新しい順)
22 家康の築いた江戸社会
21 ねずさんの今こそ知っておくべき徳川家康
20 奇蹟の日本史
19 後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち
18 日本武人史
17 縄文文明
16 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
15 金融経済の裏側
14 庶民の日本史
13 日本建国史
12 ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密
11 [復刻版]初等科国語 [高学年版]
10 ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀
9 ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集
8 誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国
7 ねずさんと語る古事記・参
6 ねずさんと語る古事記・弐
5 ねずさんと語る古事記
4 ねずさんの日本の心で読み解く百人一首
3 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人! 第三巻
2 ねずさんの 昔も今も すごいぞ日本人! 第二巻
1 ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク