日本化する米国、米国化する日本



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

ニューヨーク


時評コラムに、「日下公人の『現実主義に目覚めよ、日本』」という特集記事があります。

日下公人さんは、元、日本長期信用銀行、調査室の方で、実はボクの会社が以前、長銀さんと取引があったことから、何度か調査室にもお伺いさせていただいています。

その日下公人さんが、今年の7月24日に寄稿されたのが、今日の標題の「日本化する米国、米国化する日本」という小論文です。

興味のある方は、下のURLで原文をご一読なさってください^^。
■日本化する米国、米国化する日本
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090724/169746/?P=1

読んで思い出したのですけれど、最近お会いしたある人事コンサルの方が、近頃では、青い眼の外人さんが、やたらと「GIRI、NINJYO」というようになったと言っていました。
それが人事管理の“要諦”なのだそうです。

企業業績を上げていくのにあたって、かつては組織論とか、評価システムがどうのとか、そういうシステム的なものが、やたらに吹聴されていました。

ところが、最近のアメリカ型最先端の組織論、あるいは人事システム論では、日本型義理人情が、非常にたかく評価されているとか。

結局のところ、あらゆる人事システムや組織論よりも、人と人との相互信頼にが、最大の経営成果を生み出す、ということなのだそうです。

それを聞いたとき、ねずきちは、そりゃ、そうでしょう、って答えた(笑)

誰だって、疑いあって暮らすより、信頼し合って暮らした方が楽しいし、安心して成果を出せるし、みんながオープンになれる。

オープンというのは、情報の共有化です。

共有化された情報によって、みんなに参加者意識もできるし、なんだかんだいって、信頼している人から、「やろうぜ」ていわれたら、やっぱ、やっちゃう(笑)
それって、実は万国共通です^^

そう言ったら、

「まさに、そのことに最近の青い眼のアメリカの最先端経営学が気がついたのです!」

なんだって(笑)

ねずきちは、自分のことではないけれど、ちょっと誇らしい気分になりました^^

ところが残念なことに、日本は、真反対に、少し前の米国流契約社会、訴訟社会、階級闘争社会を日本国内に、持ち込もうとしている。

地縁、血縁、職縁、といった相互扶助、共存共栄の考え方を捨てて、競争社会こそスバラシイなどとタワゴトを並べている。

競争の戦略なんてのは、マイケル・E・ポーターが、いまから30年も前に唱えた理論で、米国では、すでにカビの生えたような古くさい過去の理論でしかない。

目先の単純化された競争にのみ特化して走る結果、あちこちにひずみが生まれ、結局は長期的に企業業績を悪化させる要因となる。

ところがそんなものをいまさら導入して喜んでいる日本企業があったりする(涙)セ

はなはだしいのは、北朝鮮の政治犯収容所での洗脳教育システム・・・・そんなものを、まじめに導入している会社もある。

なんのことかというと、社員同士で、周囲にいる人全員を上司から部下、同僚にいたるまで、相互評価させ、その360度評価に基づいて、役職や、給与の多寡を決めるなんていうシステム。

これって、下の動画にあるのだけど、簡単に言ったら、要するに「タレこみシステム」。

米国でも導入企業は多かったけれど、導入した企業がどこも軒並み業績を短期間にめちゃくちゃ悪化させたので、あっという間にアチラの国では、廃れちゃった。

いまどき、まだやっているのは、特アくらいなものなのだけど、最近、特アの影響を受けた日本企業が、ずいぶん、このシステムを導入しはじまたのだとか(涙)


日下さんの文章に、次のようなものがあります。

--------------------------
日本人は世界とも相互信頼社会を築こうとしているが、世界のほうがまだ未熟で野蛮である。

日本人だけがあまりにも気高く、あまりにも美しくなってしまっている。

世界はまだまだ略奪主義を根に持った個人主義でいる」
--------------------------

つまり、いまどきカビが生えているように言われている、日本の戦前の日本型システムというのは、21世紀の最先端システムだった!!(笑)

そして最近では・・・・

------------------------------
日本の思想は、日本語の会話の中に自然に入っている。

「すまない」とか「もったいない」とか、そういう日本語の中に、日本の思想が全部入っている。

それらをきちんと取り出して英語にすれば、外国人は感心する。

もっとも、別にわざわざ英語にしたものを伝えて、感心してもらわなくてもいい。

知りたければ外国人が日本語を勉強すればいいのである。米国は本当に日本語の勉強を始めた。
CIAや各地の大学が、コンピュータの自動翻訳ソフトで日本語の論文を翻訳している。

日本のメディアに載っている注目すべき論文・タイトル・著者、あるいは反米主義者の論文などを、片っ端から英語に翻訳して、会員限定で配っている。

それを読んだ人から反響がある時代になった。

日本人はもう英語を勉強するより、自分の文明・文化・思想をいっそう磨いた方がよい。

向こうが日本語を勉強してついてきてくれる。
--------------------------------

というわけで、日本の日本的なものを、海外の先進企業が、むしろ積極的に学ぼうとしている。

それを破壊しようとしているのは、日本の左翼や偏向メディア、あるいは特アのスパイくらいなものです(笑)

つまりね、世界の最先端は、日本の古くからある実に日本的なものが、

実はもっとも先進的で、素晴らしいもので、人々を限りなく発展させるもの、と気が付きだしている。

そして、そのことに気がついた米国の最先端企業は、いまおどろくべきスピードで古い日本的なものの考え方や、古い日本的哲学・思想を導入しつつある、ということです。

なんかね、ひとことでいうなら、

ヾ(*`ω´*) オィ!!
日本人!!、誇りをもとうぜ!! なのです^^b

やっぱり日本は、
スンゲェ──―Σ(゚∀゚ノ)ノ─―─ッ!と思う方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

北朝鮮強制収容所、洗脳教育、生き地獄
下の動画、実はあまり、笑えない。日本の企業では現実にこういう体制をひいている企業も最近、実に多くなっているといいます。信じられない;;;
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

NICRA

熱狂する社員
最近、このブログを知った者です。今回のタイトルを一目見て、「やっぱり、そうだよね!」と嬉しくなりました。
しばらく前、2006年に出版された「熱狂する社員」という本を読み始めて、んー、ナニナニ…。
「公平感」・「達成感」・「連帯感」…「この3つの要素があれば社員のモチベーションが向上し、向かうところ敵ナシの優良企業になる。」

この3つの要素って! 以前から日本にあったモノじゃないか! それをアメリカのMBAスクールに、逆輸入されるとは「嬉しくもあり、悲しくもあり」
そんな感慨はさておいて、今の日本って「自分の目的を追求することを第一」とする功利主義が社会ルールとして認められてますよね。だから、受験競争や、社会人となってからのキャリアアップの為の資格取得にエネルギーを費やします。でも、ナンカ馬鹿馬鹿しいとも思えます。
例えば、お医者さん。相変わらず結婚したい相手のトップクラス(女性から見て)ですが、理由は訊かなくても年収・ステイタスなどでしょう。さて、このお医者様ですが、現在労働時間も長く、患者は高齢化しているので、治癒までの時間も若い患者に比べ長くかかる。医療訴訟のリスクもお医者さん本人のストレスを高めます。ただでさえ、日本全国で医師不足が訴えられています。今の団塊世代の多くが入院治療を受けなくてならなくなった時、お医者さんの仕事は「激務」です。
これから、お医者さんに成ろう!とする若者の皆さんの多くは「医療で人の役に立ちたい!」という志をお持ちでしょう。
ですが、現在日本社会で医師に与えられている高い年収やステイタスなどは、「分かっていた未来」により保証されないと思います。「そんなことは百も承知だ!」という方には、「余計なことを申しました。」と頭を下げるばかりですが、
もし、“他人から「羨ましい」と思われる職業”が動機の多くにあるならば、覚悟しておいた方がいいですよ。

現在の自分の身の周りと、希望的悲観的観測に覆われた不確かな未来を見て、イタズラに右往左往せず、「歴史の真実」を見つめることで自分自身を律していく。
ねずきちさんのブログで深く心に刻み込みました。

烏天狗

妥協したら終わり
今日の記事を見て新田次郎原作の「八甲田山死の彷徨」を思い出しました。この本、また映画により、青森歩兵第五聯隊の悲劇は世によく知られていますが、この悲しい事件の中にも皇軍兵士ならではの逸話が多くあります。ねずきちさんが書かれている上官と部下との間に、強烈かつ強固な相互信頼関係があったればこその話です。いつかこれを題材としたお話を期待します。

とうとう選挙の日を迎えることになりましたね。自分なりに啓蒙活動をしたつもりです。かなりの方が目を開いてくれましたが、その何倍もの人たちに変人扱いされました。私は団塊の世代の人間ですが、同年代の人は割と分かっている人が多かったように思います。30~40代の人たちの多くは自民党を毛嫌いしているか、あるいは一度民主党に替える必要があると言う人が多く、20代の多くは何を言っても殆ど反応なしでした。私の会社内での話ですので世間ではどうか分かりません。学卒は知りませんが、団塊の世代でも高卒の人なら分かっている人も多いと思いますよ。選挙の結果がどちらに転んでも前に進むしかないですね。妥協したら終わりです。

英雄

No title
今の政治家は何を考えてるのかわからないし、自分達だけが情報をしっているかもいれないです。皆さん、最悪なことを考えて、食料の備蓄ぐらいはしておいてください。杞憂に終われば万々歳ですが。もし、そのときがくれば、近所の人にも必ず分けてあげてください。子供年寄り優先です。

-

No title
反日ブログ←常識

http://www35.atwiki.jp/kolia/?cmd=word&word=%E6%A4%8D%E8%8D%89&type=normal&page=%E5%8F%8D%E6%97%A5%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

あ~こういう人間によって、日本を崩壊の道へ…か…。

英雄

No title
基本的な事を何度言っても亡国化するばかりだぞ。
自分の出来る範囲の事ではなくて、もっと大きな事に行動を起こすべきだ。

マニフェストには憲法改正が入ってないな。国を自分で守らない人間は駄目だ。軽 蔑されるぞ。麻生には失望した。

日本人はもっと怒 るべきだ。人の意見や世間に同調して、人生を上手く生きようなんてオカ マの羊だ。日本人の多くはオカ マの羊だ。

やって や るぞ。こり ゃ。やる ぞ。こ らー。このや ろう。
怒ーーーーもっともっと怒 れ。男の意地を見せろ。こ りゃあー。やっ て やる。

コピペ失礼

No title
愛国女性従軍慰安婦を斬る!(動画あり)
「この国は少し変だ!よーめんのブログ」
http://youmenipip.exblog.jp/11766922/

bingo

No title
いや、本当に今日の主題はおもしろく読みました。純日本的なものが米国で見直されて来ている。経営学と言えば、ドラッガーの経営学理論などを必死で読んでいたのが、30数年前。なんでもかんでも、白か黒、あるいは、Yes, Noのいずれでなくちゃならないみたいなものから、まぁまぁ、お互い様みたいな仕事のやりかたみたいなことをアメリカ人たちは、取り入れ始めたのでしょうか?

日下公人さんの視点は、意外なところからの照射があるので、おお!と思わされることは多いです。しかし、現実に米国がどのような変化を起こすかは、人工的に作られた国家ゆえに、また人工的にどう変動するか、ある意味、予測がつけ難いところもありますね。

日本は、その変動に振りまわされることも計算に入れとかないと、また大やけどを負いそうな危機感も感じるところです。

愛信

「鳩山代表は有罪」町村・前官房長官
自民党の町村信孝前官房長官は19日、札幌市での演説で「民主党の鳩山
代表は、この選挙が終わって(個人献金偽装問題の)捜査が始まれば、
ほぼ間違いなく有罪になる。私の知っている東京の法律関係者は100人が
100人、『あれは有罪になる』と言っていますよ。
そんな人を総理大臣にするなんて考えられますか」と述べた。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

かぐやひめ

八目山人さま
私の家族・肉親には、「手帳」をもらっている(いた)ものが3名あります。

八目山人さまが、おっしゃることは、よくわかるのです。私も、ほぼ同感です。でも、正直言って、私は、自分の肉親が車いすでも、自由に出歩けたり、あるいは、後ろ指さされずに暮らせるのは、ありがたかったし、昔の貧しい時代なら、はるかに悲惨なことになっていたと思い、今の日本の繁栄に感謝しています。

祖父は、福祉制度のなかった時代に、親戚の未亡人や障害のある人を店にひきとって家長として、面倒をみていました。八目山人さまのおっしゃる助け合いの世界があったことも知っています。

そして、「逆差別を生みかねない人権教育を偏重する日教組も嫌い」です。

だけど、

大震災、水害ごとに、かけつけてくれる青年達の優しさ。
戦後も、日本は日本人らしさを失っていないと思います。
でも、おっしゃる点の数々、どうしても、改善しなければならないことが、あります。

差別は、する側は水に文字を書くようだが、される側は石に文字を刻まれるようだと言う表現があります。
差別される側に立たされた人にとれば、戦前の方が、はるかにつらかったと私は思うし、そうでも思わなかったら、やりきれません。
100%戦前がよかったのなら、私達は、いったい何をしてきたのでしょう?

決して反対方向に歩んだわけではない。方向性を少し間違っただけ。まだ修正できると思いたいのです。どうか、ご理解ください。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
川崎駅で自民党の公約集と日教組批判の冊子をもらいました。コーヒー飲んだ後に、うっかり忘れてきてしまいました。誰か読んでくれるとうれしい。

日本の伝統的な価値が精神ともども世界中に広がることを願ってやみません。やっと正々堂々と言えるようになりました。ねずきちさんはじめ、それを広めようとしてくださる皆さんのおかげです。自分自身にもちょっと自身が持てるようになりました。ありがとうございます。

aaaa

日本から犯罪をなくす民主党
>日本の左翼や偏向メディア、あるいは特アのスパイくらいなものです(笑)
以下も、スパイのなせる技か、と強引に話をつなげるてみるテスト。
民主党はこんなことももくろんでいるらしい…。

国籍議連開催―民主党は不法滞在外国人のための政党か!?
http://blogs.yahoo.co.jp/masaaki_akaike/58935267.html
> さらに、驚くことは、民主党は国際法上のアムネスティ条項を援用して、
>すべてのオーバーステイしている者約11万人を3年後の法改正にあわせて、
>全て合法化して、正規滞在者にしろとまで言っているのです。

愛信

分かり易い政権交代詐欺の手口
細田博之幹事長街頭演説(東京・南千住)2009.08.22
分かり易い政権交代詐欺の手口
【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

総選挙で民主党が第1党になれば人権擁護法案、永住外国人の地方選挙権
付与法案は必ず成立します。在日反日派に支配されたマスコミは国籍法改悪
の時と同様に報道を隠蔽して日本国民を騙しています。
【人権擁護法案に反対しよう】、【永住外国人の地方選挙権付与に反対しよう】
この二つの法案は一対になっています。
【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
【人権擁護法案反対タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ジャギ様

No title
 信じられない話だが、50年前の欧米人は日本人の審美眼から見れば「なっていない!」田舎者だった。
 サービス、動物愛護、造園技術、野生動物研究、文学、果ては、料理の盛付に至るまで...。
 個人主義と、教条主義からくる自然との断絶思想、二律背反主義で「自由・友愛・平等」とは程遠い状況だった。
 これを変えたのは「和ていすと」である。(「アルプスの少女はハイジ」は、キリスト教のパンフのような原作を換骨奪胎した日本のアニメが今やスタンダードである。)
 欧米人は「昔からこうでした」という体を装っているが、実態は日本文化とのキャッチボールが無ければ荒涼とした精神文化である。
 中国人に至っては、映画「南極物語」を視聴して、「何処で感動していいか解らない」という突っ込み処のない野蛮人だったが、今では各種海賊版の普及により多少は人間性を獲得している。

椿

『スパイ防止法』

日下公人さんの著書は、私も大好きで何冊か持っています。^^

>向こうが日本語を勉強してついてきてくれる。<

そのようですね。(笑)。
米中朝韓露を筆頭に、日本には、日本人以上に日本語が堪能で、日本の習慣文化を徹底的に分析している、“スパイもどき”が山ほどいるようです

日本の世論の動向が大変気になるようで、他国からのアクセスが(どこの国とは申しませんが…)、数多くあるようです。(笑)。

日本も早くマトモな国家となって、『スパイ防止法』を持ってほしいものです。中曽根内閣の時代に、崩壊したロシア側からの情報で、日本には数限りないスパイが暗躍しているという事実がバレて、中曽根内閣は『スパイ防止法』を制定する予定だったらしいのですが・・・、

いつものごとく、あの売国野党らの猛烈な反対により、見事に“頓挫”させられたそうです。1985年以来、スパイ防止法制定はお蔵入りになっているとの事です。 全く情けなくって涙も出ませんよ!民主党が政権を取れば、『スパイ防止法』という言葉じたい、消えて無くなるなるんじゃないでしょうか?




TTM

義理人情と強欲と・・・。
昔々、日下公人さんのド外れたポジティブさに呆気に取られ、目からウロコ体験をして以来、お気に入りの一人です。
存在自体がメッセージのような人です。
元気をもらえます。

一年半年さらには四半期で成果を出せ、などと強欲遺伝子丸出しのやりたい放題の結果が、企業の劣化・荒廃。
競争戦略じゃダメだから「GIRI・NINJYO」って、そんなお手軽なものでしょうか?

何よりも人間関係を大切に思うから義理人情なのであって、所詮は利益しか眼中にない損得勘定の個人主義者たちの「GIRI・NINJYO」じゃ、MEKKI=GIRI・NIN止まりでしょう。
次の経営理論の新製品が出るまでの、流行になるかどうか・・・。

今の資本主義のままで、彼等が「GIRI・NIN経営」に成功する為には、その価値観・文化までGIRININ=JAPAN化しなければならない。
GIRININ経営の成果=一億総中流化に、強欲遺伝子がOKを出す訳がない。

ただ、資本主義崩壊後の次なる経済システムに向けての先見的胎動であるというのならば、とても喜ばしい兆候だと思いますが。


八目山人

仰りたいことは分かりますが
かぐやひめさんへ
戦前の人権侵害に就いてですが、遺伝とか病気とかが、まだ解明されていない時代の事を、現代の価値観で批判するのはどうかと思います。
私の祖母の姪にオシの人が居ました。また曾祖母の実家には、知恵遅れの男の人が居ました。私より10歳から20歳年上の人です。
男の人は、馬の世話を一手に任されており、一心不乱にそれをするので、重宝がられて居ました。また女性は、農作業がとても早く、田植えの時など私の家にも来ましたが、皆がついて行けないほどでした。休憩時には、祖母と手振り身振りで話しており、私は感心して見ていました。

親の因果が子に報いなどと言う言葉は、今の価値観から見れば、身障者差別に見えるでしょうが、そのような差別的な人ばかりでもなかったですし、嘘を言えば閻魔様に舌を抜かれるとか、悪い事をすれば、地獄に落とされ、血の池地獄で苦しむ事になるなどと、子供に恐怖心を与える事によって躾けていたのです。
身障者差別は、現在の価値観から見れば絶対悪です。当時でも眉を顰める人も居たでしょう。しかし、今行われている、ありもしない従軍慰安婦で国を貶めたり、戦前の台湾の人が日本を恨んでいたなどと捏造して、国民を洗脳する事と比べれば、今の方が何万倍も異常だと思います。

歴史ですね
2百数10年の異人種同士の争いの中で造りだされた人造国家拠り所は「星条旗」だけの国と2000年の継続した歴史の国との違いを日本人は知らなければいけませんね。

易姓革命で新国家が独裁だけ「力」を基本に国家の運営をする独裁国と人造国家、片や民主主義・片や人民共和国と言っても中身は同じようなもの、日本の様な国家は世界に類をみない特殊な国なのですが「特殊」を「否」と見てしまう悪い癖は止めなければいけません。

日下さんが世界に人にどこの国に住みたいか?と問われれば1度来た人で有れば日本に住みたいと言う人が多いと言われていたことが有りましたが、私も少し弛みは来ていますが「反省」し「国家の形と不法を許さない日本の正義」が有れば世界の人は全員日本に住みたいと「期待」(来たい)すると思います。

「教育勅語」も世界のあらゆる国で教育に使われているのです。肝心の日本人が教育勅語を捨てて安穏として日教祖労働者に教育を託している。文武科学省がアホなら日本人もアホに成ったものと感じます。

日本を日本とも思わない、国旗を裁断して神聖な党旗?を造ろうとする民主党に1票を投じないことで日本人の心を見せて欲しいものです。

フラペチーノ

おはようございます。今日も良い記事を読ませてもらいました。
日本が海外で評価されていると、嬉しくなりますね。しかしながら、日本にはそれを歪める人も居れば、海外から評価されている事に気付いてない人も居る。。
悲しいです(つД∩)

ka

No title
「日本はすばらしい」
読んでいる内、泣けてきました
これほど勇気を貰える言葉はありません
ねずきちさん、エントリーしてくださり本当にありがとうございます
目覚めてから、日本人としての責任と誇りを私如きが汚す事がない様に気をつけていました
これからもよりいっそう、成人して参りたいと思います

PS その後お怪我のほうは如何ですか ?
暑い毎日ですがご自愛ください

ちょび

日本は日本であるべきだ!&お知らせ
日本は本来の日本であることが一番力が発揮できると思います!
日本が日本にもどれるように私も出来ることをしようと思います。

★お知らせです★

『ドラゴンクエスト』シリーズの作曲者
すぎやまこういち氏が「自民党 福井1区稲田朋美氏」の応援に福井へ行きます!
特に若い人に聞いていただきたいとのことです!

近隣の方はぜひ、カメラやビデオや日の丸を片手にご参加ください☆

日程:8月25日(火)
18:00 福井駅東口広場 アオッサ前街頭演説会
19:00 木ごころ文化ホール 個人演説会

かぐやひめ

まず日本人の美徳を取り戻さなければ
1980年代、なぜ日本企業が強いのかという研究がアメリカでなされ、ビル・トッテン氏の著作にも「日本流経営のすばらしさ」が書かれました。
20年以上たって、ようやくアメリカ社会に浸透してきたのかもしれません。
反対に1980年代、日本社会は、教育勅語で育った世代を「現役世代」から失いました。
「価値観の多様化」「個性尊重」「国際化」という概念が怒涛のように教育現場に持ち込まれ「日本らしさ」が、どんどん失われて行きました。
最初に消滅した文化は「適齢期」「結納」「見合い結婚」「仲人」「花嫁修業」のあたりだったと思います。つまり「ジェンダーフリーの導入」です。

社会の進歩と思われている「変化」が、必ずしも「進歩」ではなかった場合があると思います。
しかし、変化してしまったからには、今の時点で考えはじめるしかありません。

即ち、古き良き日本は戻っては来ない。
また、では、いったい、どこに戻すのかということです。
「戻るのは不可能=身のまわりの衣食住・制度のすべてが変化しているのだから」と、同時に「戻るべき時代」も、ありえない。すべての時代には光と闇がありました。よいところだけの時代なんてなかったのです。

私は、覚えています。電車に障害のある子供が乗ってきたら、それを指さして「悪いことをした罰であんな体に生まれるのだから、いい子にしなさい」と、わが子を諭す親。
だから、不自由な家族をもったら、座敷牢に閉じ込め、ひっそりと暮らさなければならなかった時代の闇。
今は、不自由な体であろうと、堂々と出歩けます。

日本はどうなってしまうのか!と、嘆くばかりではなく、戦後社会が獲得した光の部分にも気付かなければなりません。
戦前の日本を愛するあまり現代日本を過小評価することも間違っています。
どんな時代にも日本は「いいもの」を取り入れようとしてきました。
けれど、私達が今激しく抵抗しているのは「階級闘争社会」を持ち込ませたくないから。格差社会が嫌だから。
日本は、もともと平等な国でした。
天皇さまは日本のために祈ってくださる祭司ではありますが、「権力と富を独占する立場」ではありません。その方が日本の最大の権威なのです。
それこそが、日本の美徳。みんなで幸せになろう。みんなで、もっと良くなろう。誰かの犠牲の上にではなく。

ここのところが脅かされていると感じているから、社会の舵を大きく切って「相互信頼社会」へ再び向かわなければと考えているのです。
復古運動というより「新たな創造」かもしれません。

そこだけ微妙でした

No title
しかしこの方の「日本は逆に、戦争国家になりかけている。(省略)米国は平和国家になる。」の
くだりはどうなんですかね?アメリカが平和国家だって言っても核はしっかり保有している訳だし
この前の、北朝鮮に捕まったアメリカの記者はあれほど簡単に返されたのに
日本人の拉致問題は未だに解決しないこの天と地ほどの違いを見せつけられると
持っておくべき物は持っとくべきなのかなと思うのですが…
話に出てくる田母神俊雄さんだって言ってる事は「日本の周辺にはヤクザみたいな国しかないから
日本人はもうちょっと危機意識を持ったほうが良い」って位の事しか言っていないでしょ?

ミヤビ

ふふふ
そうです!
ねずきちさんの仰るとおりです☆
日本人の美徳を世界中に感染させましょう!
そうすれば、平和で美しい世界に生まれ変わりますね~
悪いことをした人々は良心に苦しめられてしまって可哀相だけど仕方ありませんね(大笑)

ttttt

在特会からのお願い
在日特権を許さない市民の会では登録会員1万人を当面の目標として活動しています。(8月19日現在、登録会員6459名)
強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。公式サイト(http://www.zaitokukai.com/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク