アクセスランキング

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。


「キャプテン翼」大作戦

人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

イラク・サマーワ・キャプテン翼・給水車


平成16年12月のことです。

在サマーワ外務省事務所に派遣された外務省の江端康行さんは、到着したサマーワに町に「殺風景な町だなぁ」と感じたそうです。

ユーフラテス川を挟んで南北に伸びる町並みは全体が土色で、町の中心に陣取る巨大な貯水タンク・・・しかも故障中・・・が目を惹くくらいで、ワクワクするようなものは、なにもない。

江端さんの担当は、経済協力なのですが、折角やるのなら、何か楽しいこと、面白いこと、そして、血が通った活動ができないだろうかと思ったそうです。

そんな中で、彼は4つのキーワードに気づきます。

まず、「子供たち」。

毎日、宿営地からサマーワ市内や地方に出かけると、日本の車が通るたびに、現地の子供たちが必ず一斉に手を振ってくれる。

子供たちは一生懸命に手を振り、車を追いかけてくる。

サッカーしている子供たちでさえ足を止め、手を振ってくれる。


二つ目が「サッカー」。

イラクは子供からお年寄りまで誰もがサッカー好き。

イラク国民はサッカーを誇りにしている。

子供たちは気温が50度を超える炎天下の中でも、元気に砂漠の中でボールを蹴っている。

因みに、陸上自衛隊と外務省によるサッカーチームが結成され、サマーワの少年チームとの定期戦も行っているそうです。


三つ目が、給水車。

給水車は、サマーワの隅々まで回って水を配る。動く広告塔のようなものです。

日本も12台の給水車を供与しているのだけど、どうも目立ってない(笑)

一方で、オランダ軍が供与した給水車にはでかでかと「WATER」の文字とオランダ国旗。
嫌でも目に付く。

しかも、その給水車の中身は日本の宿営地で陸上自衛隊の皆さんが作っている、
「おいしい日本の水」・・・


そして4つ目が、「キャプテン・マージド」。

人々から神様のように慕われているヒーロー「キャプテン・マージド」。

なんとそれは日本の「キャプテン翼」だった!!

しかも、イラク人の大多数は翼君が日本人であることを知らない!!
アラブのマージド君だと思っている!


この4つの点が一つの線で繋がった。

「給水車に子供たちの憧れるサッカー選手「キャプテン翼」を乗せたらどうだ?」


江端さんは、「これはいける!」と思わず膝を叩いたそうです。

丁度、日本のODAで給水車26台が新たに供与されることが決まっていたので、その給水車にキャプテン翼をペイントして走らせれば、どんなに子供たちは喜ぶだろうか。

早速、企画書を作り東京に打電します。


ところが、企画に立ちはだかったのが「キャラクター肖像権」です。

漫画やアニメのキャラクターには肖像権があり、権利を持っている人や会社の了承なしには勝手に使うことは出来ません。

イラクの子供たちが喜ぶのなら、きっと出版社も二つ返事で引き受けてくれるだろう、そう思ってお願いをしたら、大間違いだったそうです。

イラクへの陸上自衛隊の派遣に、キャプテン翼を協力させていると見られるのではないかと、社内が大激論となったのだそうです。

そして、1週間。

出版社の担当の方から、「高橋先生の意見も伺って相談した結果、お受けしたいと思います」との返事がきた。

最終的に、イラクの子供達やサッカー交流のためにODAに協力することは良いことではないか、との判断があったようです。

左傾化したイデオロギーに日本人としての良心が勝った瞬間なのでしょうね。


肖像権の許可がでると、次の問題はどのように給水車にキャプテン翼をペイントするかとなった。

まさか、マンガ家の高橋陽一さんにイラクに行って描いてもらうことなど不可能です。
そもそも現状では一般の民間人がイラクに入ることすら出来ない。

悩む江端さんが、ふと山手線を見上げたとき、気がついた。

日頃、目にする山手線なのだけど、最近は車体にカラフルな塗装がなされている。

実はあれ、ペイントではなく、塗装ステッカー。

そこで、塗装ステッカーの会社を当たってみた。

しかし、気温が50度以上にもなるサマーワですから、日本では考えられないような強度が必要となります。
しかも給水車は縦2m×横6mという巨大なもの。

色々な会社に連絡をし、いくつもの会社に断られ、条件を満たしても価格が折り合わない。

そして、ようやく引き受けてくれる印刷会社が見つかります。


ステッカーの大きさは縦1.5m×横2mという大きさです。

それを貼るのは普通、職人さんです。
しかし、職人さんにイラクへ行ってもらうことは出来ない。

結局、江端さん自身が貼り方を覚え、サマーワの陸上自衛隊と協力して貼ることとなったそうです。

しかも、印刷会社の方々は非常に親身で、十人くらいのスタッフで、素人にも貼り易い方法を一から研究してくれたそうです。

大きなステッカーを張るのは、想像以上にむつかしい。
空気が入ってしまうのです。
どうしたら空気を入れないように簡単に貼れるのか・・・
改良に改良が加えられて、ようやく「サマーワ式」貼付方法が完成したといいます。

こんなところにも、たいへんなご苦労があったんですね。


9月末。

苦心の末にようやくステッカーが完成した。

白地に堂々たる翼君。
その横には、若林君、岬君、石崎君等南葛FCの面々・・・

素晴らしい仕上がりです。

これならイラクの子供たちにも胸を張って見せられる。

江端さんは、ステッカーを作るために力を貸してくださった多くの方々に感謝しつつ、日本を後にします。


サマーワの宿営地に着いた江端さんは、陸上自衛隊に協力をお願いします。

陸上自衛隊では、塗装ステッカー貼付のための特別チームを編成してくださった。

名前は「チーム翼」。

早速、ミーティングを行い、貼付方法の説明を行った。

チームの皆さんはとても真剣に説明に耳を傾けてくれたといいます。

現地の水道局に給水車を引き渡す日取りも決まり、準備万端と行きたい・・・というところが、肝心の給水車がなかなか到着しない。

ようやく給水車3台が到着したのが、供与式の5日前。

時間がありません。

急いでステッカーを貼らねばいけません。

しかし、給水車の表面は長旅のせいか土埃で汚れきっている。

まずは、みんなで、巨大な20tタンカー3台を洗わなければなりません。

これが本当にやっかいな仕事で、腰痛持ちの江端さんは、腰が痛くてたまらなかったそうです。まさか、この年になって20tタンカーの洗車をするとは(笑)

しかし、苦労の甲斐もあって、給水車はピカピカに!

いよいよ貼付作業です。
4時間程で作業は完了。

真っ白な給水車にキャプテン翼が浮き上がった。

丁度、日が沈みかけている時で、夕日に染まる翼君の勇姿に、江端さんは、何か込み上げてくるものを感じたそうです。


10月22日。

キャプテン翼の給水車を供与する式典が行われた。

この給水車を真っ先に子供たちに見せてあげたかったので、サマーワの少年サッカー・チームを招待します。

宿営地に設けられた会場には大きな布で覆われた給水車が一台。

序幕式を待っている。

除幕式に使う大きな布は、前日に他の所員とシーツをホチキスで張り合わせて間に合わたものだったそうです。

仕上がりは上々。

あいにく、その日は朝からの強風で、幕は急遽ロープで繋ぎ止められ、吹き飛ぶのを必至で堪えなければならない。


いよいよ除幕式の開始。

少年チームの代表アリ君が日本語とアラビア語を混ぜて、「3、2、1、アルファ(開け)!」と掛け声をかけます。

白い布がスルスルと落ちる。

キャプテン翼が現れます。


時間が止まる。


瞬間、子供たちの顔が一斉に輝きます。

会場が歓声で包まれた。


江端さんはその声を聞きながら、あぁ、良かったなぁと何ともいえない充実感を覚えたそうです。


式のあと、陸自と江端さんたちと、少年チームとのサッカー試合が行われます。

結果は4対4の引き分けだった。

という非常に良い結果で無事全ての行事が終わりました。


いま、給水車26台全てにキャプテン翼が施されています。

給水車は、ムサンナー県全域に水を配る。

給水車は、ムサンナー県の人々に水を届けるだけでなく、キャプテン翼を通じて、子供たちに夢や希望を運んでくれる。

多くの子供たちを励まし、元気づける。

ねずきちも、一日も早くイラクが復興すること、イラク中の子供たちに笑顔が戻ること、そして、その子供たちが素晴らしいイラクの将来を担ってくれることを祈ります。


このお話は、外務省のホームページに、

サマーワ「キャプテン翼」大作戦
-給水車が配る夢と希望-

という題で掲載されています。
URL=http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/renraku_j_0412a.html

ねずきちは、日本のこころを守る会のメーリングリストで、このお話を、木守り柿さんの投稿で知りました。

木守り柿さんは、以下のように書いておられます。

---------------------------------

こういう事・・・・

頼まれもしていないのに、相手を喜ばしたいとの気持ちだけで、行動できるのが日本人だなぁと思いました。シャイだけど優しいんですよね。

いろいろと叩かれるれることも多い外務省職員ですが、こんな危険地域に派遣されるだけあって、気骨ある日本男児だと思いました。

Good job!です。

---------------------------------

日本て、いいね♪ と思った方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

イラクで放映された陸上自衛隊CM 1


日本の心を伝える会 日心会
関連記事

コメント
No title
>軍隊を持たない、というのは世界に先駆けて誇るべきことなのだが
国民を守る意思のないことを誇るとはどういうことですか?
私たちの人権を守ってくれているのが祖国です。国を捨てて逃亡すればいいとか言う人間は屑です。他国で迫害されるか永久に底辺で生きることになるだけ。
2011/01/29(土) 22:13 | URL | #rP.Gk8XE[ 編集]
あきちゃ様 ふく様
ご親切に教えてくださいまして有難うございます。
私は、はだしのゲンを読んでも、原爆の悲劇が天皇批判という日本の心を失わせるまでのPTSDを作者に負わせた・・・心も体もボロボロにされ、生き地獄を生かせるのが原爆投下ということなのだと解釈しました。
原爆被害者の方々が反核を唱えるのも同じに思えます。
そのような方たちの叫びは、涙を流してお聞きして、胸の奥で静かに受け止めるのが日本人の心であって、批判するべきでないと私は思います。戦争を知らない世代がとやかくいうのは非常におこがましいと思うのです。
大多数の日本人は、そうやって受け止めているのではないでしょうか。
中沢氏の作品が悪いのではなく、それを反日に利用する集団が悪であると思います。
あのかわいらしい悠仁親王殿下のお姿を拝見しても、何も感じない人は本当にかわいそうです。
日本は大東亜戦争の想像を絶する悲しい戦争から、まだまだ立ち直れていないのではないでしょうか。
これから保守の活動が、国民の理解を得る為にはその辺の寛容さが必要ではないでしょうか。
牛蒡を食べる時、これを連合軍の捕虜に食べさせた日本兵士が銃殺されたのを思い出す人もいます。
軍人は武器を実際に使用したいという欲望をもっているものだときっぱりと話す方もおります。
戦争経験している方々は、戦争を知らない世代とは生きている世界そのものが違います。
その違いを、上手く隠し、折り合いをつけて生きていらっしゃるんだな~と感じております。
私としては、核は防衛のために必要であると思います。
あきちゃさんやふくさんの活動、また違う意見の保守の方々の活動、そんなたくさんの日本を思う活動が切磋琢磨して、必ず良い方向へ流れていくのだと信じております。
一番危険なのは、一人のカリスマに全員が疑問すら持たずに信奉してしまうことです。
とても怖いです。
重すぎる内容で、これ以上思考すると、鬱病になりそうなのでこの件に関しましては、この辺で失礼いたします。
でも、誰にも聞けないようなことを、このようにやりとりできてよかったです。
有難うございました。
2009/09/16(水) 23:06 | URL | ミヤビ #-[ 編集]
No title
古血継人さん、

酔っ払ってコメントしている」と仰っていますが、全然支離滅裂でもなんでもないです。むしろ、“汚いものは汚い!”、“美しい物は美しい!”と、正直に発言できる古血継人さんの率直さを「美しい」と思います。

恥を恥と知る“古き良き日本人”を感じさせてくれるコメントだと、私などは嬉しく読ませて頂きました。これからも、世の現実や自己を冷徹に見つめる、「鋭い感性」のコメントを楽しみにしていますね


2009/09/16(水) 22:59 | URL | 椿 #-[ 編集]
ありがとうございます
椿様、先日は、酔って錯乱していました、すみません。
あまりにも、現代日本人の心が病んでいることに嘆いてしまったので。

選挙がどうのこうのの前に、こういった日本人の病んだ心が選挙の結果にもつながると思うのです。
自分じゃなくて誰か、誰かが言ってるから、多分そう。なのかな?的な軽薄思想。
いいや、面倒だから任せちゃえ!何とかなるだろ!といった、無責任な日常的思想をも国政権にも現れているのではないだろうか。冗談じゃない。

椿様曰くマスコミ、かつて、中川元財務大臣の、記者会見報道にしても、彼を日本の恥、と報道したマスコミ自体が全世界に知らしめた日本の恥ずべき存在だと思っております。


LAY様、有難う御座います。

酔っ払いは今日もですが(汗)酔いの勢いもたまには在りますが、ねずきちさんのブログで僕がコメントさせていただくことは、全て素直な本心です。
時に、酔って支離滅裂なことを言うかもしれませんが、そもそもが祖父の血を継ぎ、時、故に、この国の未来を思えばこそ、その意を楽観的感覚に解りやすく伝え、尚且つ重務であることを、我が子をはじめ、後世に伝えんことを願ってやみません。

諸先輩方、ありがとうございます。
2009/09/16(水) 22:15 | URL | 古血継人 #-[ 編集]
ミヤビ様
反日と言う括りかたが大きすぎるんですよね。

実際細かくカテゴライズすれば「反体制」「反政府」「反核」「天皇制反対」「自衛隊反対」だったりするわけで。

保守だけど反核って人が居ても良いと思いますよ。

でも、その場合核ミサイルを打ち込まれたらどうするか?を考えておかないといけませんよね。

何処かの国が持っている以上可能性は0じゃない訳ですから。

日本海上空に軍事衛星を沢山打ち上げておいて、日本に向けて発射されたミサイルを100%で迎撃出来るなら、核保有の議論もしなくて良いですけどね。

そっちの方が日本的で良いかも。
2009/09/16(水) 17:19 | URL | ふく #vF6NeGQU[ 編集]
こんにちわ!
Layさん、かぐやひめさん、

お久しぶりです!!

今夜から又全力で、コメントさせていただきまーす。
でも、忙しい間も何とか皆さんのコメントだけは、かかさず読み、いつもながらの含蓄ある“Lay節”、“かぐやひめ節”に、「うーん」とうならせて頂いておりました。(笑)


2009/09/16(水) 09:33 | URL | 椿 #-[ 編集]
椿ちゃん!元気やった?
元気そうやね。
忙しかったんやね。
あなたの登場を毎日、心待ちにしていました。

読んでいて、あのころのこと思い出しました。

イラクで、報道関係者と、それから公務の人、撃たれて亡くなりましたね。
また、人質になった事件がいくつかあり、最初のころは、話し合いで戻してもらったものの、最後は、亡くなりました。

殺されるかもしれない土地に、女性でありながら「ボランティァ」に行くって、どういうことかと思っていたら、「解放の条件が、自衛隊を日本へ返す」ことだった・・・私の記憶違いでしょうか?

被害に遭われたことは、お気の毒ですが、あの当時、イラクで本当は、何が行われていたのか知らなかったので、情報が頭の中でまとまりませんでした。

ときには日本人を誘導して「イラクへの憎しみを感じさせ、イラクに派兵を!」と誘導するために「仕組まれた殺人」ではないかと、勘繰ったり「アメリカの友軍である、自衛隊を、ほんとうに排斥したい」と、イラクの人々が考えて、やらせで「誘拐したのか」と、考えたりしていましたが・・・なにもかも、もう一度見直せば、全部、報道はウソだったのではないかと思えてきました。

できるかできないかではなく、
しなければならないことの筆頭は
「マスメディアの解体・出直し」です。
2009/09/16(水) 05:45 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
古血継人 様
はじめまして。 

>すみません、酔っ払いです。< いいね~ 酔って、これだけ書ければ大したもの! 実は小生もここを覗く時(深夜は)ほとんど飲んでるわけ。 ここはいいよ。 覗いても捕まらないし。(ま、ひめ姐さんに小言を言われるくらいやね。) そん時は共闘を組んで抵抗しまひょ!

>子供が道路に飛び出して、車にひかれて怪我をしました。何がなんでも車が悪いのか。法律はそうかもしれないが、車が走る道路は危ない!と、我が子の尻を叩いてでも教えるのが親の愛情ではないのか。<

この考えはまったく正しい! 

実は私は38歳の時に大病をしました。 その時の「命の恩人」である医師に、その後子供が生まれた時挨拶に伺った時、こう言われました。

『火傷は親の責任。外に出る時は子供の手を離すな。生活は大変かもしれないが、小学生に上がるまでは共稼ぎはするな。』 
浅草生まれの江戸っ子先生(開業医)です。今年八十歳になりますが、この助言の御蔭で我が娘(小六)はすくすく成長しております。

>何でもかんでも他人のせい、自分が良ければそれで良い、自分が生きてる間が良ければそれで良い。僕はそうではないと思う。日本人、もっと違うんじゃないのか?<

当たり前の事ですよね。
戦後の学校教育も本当に悪(日教組)かったと思いますし、家庭も社会も教育の本質を見誤ったのです。

でも過去はもういい! 我々は気がついたのですから直しましょう! 





2009/09/16(水) 02:39 | URL | Lay #3sGukR/E[ 編集]
椿 さん お疲れさま~
久しぶりの「三色文字!」  いいですね~ 「椿ワールド」

私はね、東北の豪雪地帯の出身だから、理屈抜きに「自衛隊への感謝」 よ~く分かりますよ。
 
小学生の頃、自衛隊に除雪してもらわないと、学校どころか生活物資も届かないわけです。 多い時は一冬に何回も災害出動してもらいました。 親たちは休息時にはお茶を出したり漬物をだしたりしていましたよ。 地域の人はよほどの「ひねくれ」じゃなければ、感謝したものです。

当時の除雪作業の自衛隊員も、海外で支援活動をする現在の自衛隊員も、その統率のとれた仕事ぶり、真面目さ、律儀さは同じだと思いますよ。 なぜならそれが「伝統」だからです。 自衛隊設立時、尽力された方々は旧軍関係者ですから、しっかりその「心」は受け継がれているのです。

国を守る軍隊を要らないという人を私はまったく信用しませんよ。 私にとってその人は、「子供を守らない親」と同じことですから。
2009/09/16(水) 01:45 | URL | Lay #cswc6MOA[ 編集]
反日マスゴミは、日本の恥!
古血継人さんへ、

全く同感です!特に同じ日本人でありながら、日本のマスゴミの腐っていること!以下の事実をご覧下さい。

イラク民間親善代表団が行った記者会見の席で、サマーワに駐留する自衛隊医務班のサポートをしているバッシャールさんが、次のような事実を明かしたのだ。

「一月に自衛隊がサマーワに入ると、日本の一部マスコミは、“自衛隊駐留反対のデモ”をサマーワ住民が起こすようけしかけたが成功しなかった。

一説によると貧乏人を集めて金を渡しデモをさせようともしたらしい。しかし、サマーワ住民の自衛隊に対する期待が大きく成功しなかった。それであきらめて、そのマスコミ人はサマーワから退散したのだ」

また、、「Bテレビ局のCさんがキャスターを勤める番組のなかで、自衛隊の医療班の貢献度は何点か、とイラクのサマーワ中央総合病院のD院長に尋ねたら、「十点程度」という返事が返ってきていましたが、本当にそんなものなのでしょうか?」という奥様の不安だった。
 
そのことを聞いたイラク人の医師アリーさんは、『それは根本的に悪意に満ちた事実の捏造です』と語り、「実は私がこちらに来る三日前にサマーワの自衛隊基地で、新たな医療機器の贈呈式がありました。そのとき件のD院長が出席していて、

日本のマスコミに対し、『私の発言を勝手に編集することは断る、もしそのようなことをするのであれば、二度と日本のマスコミは相手にしない!!』と、物凄い剣幕で語ったのです」と続けた。

日本のマスコミって、本当に、”反日シナ・朝鮮の使者”ですよね? これこそ“日本の恥”でなくって、何なんでしょうか?



2009/09/16(水) 01:07 | URL | 椿 #-[ 編集]
続き
椿さんのコメントを見て、なんか、泣けてコメントしました。すみません、酔っ払いです。
2009/09/16(水) 00:16 | URL | 古血継人 #-[ 編集]
大切なもの
今の日本では、本当に大切なものが蔑ろにされ、馬鹿にされ罵倒され否定されているのではないのだろうか。

歴史や国防に関してだけではなく、身近な日常的な些細な出来事でも、そもそも何故にそのような結果に至ったのか、皆、第二の副因で結論付ける傾向が多い気がする。
今回の選挙にしても、騙された国民が悪いかの如く、しきりに「国民の民意で…」と繰り返し、まるでアリバイ工作を演出する何処かの政党の議員。
また、身近な付き合いでも、そういった腐った根性を垣間見る出来事はないだろうか。
例えば勤務先で、本来は当事者がやらなければならない仕事を、後の者に回す。当事者は「自分の仕事」と分かっていても、あいつならやってくれるから、と、なーなーになり、それが日常化する。そこで、後継の者が仮に失敗をする。その因が、そもそもが自らの怠慢、なーなーにより後継の者になすり付けられたものであっても、その全ての責任は、直接に失敗を犯した二次的因者、副因の持ち主に転嫁されるのが今の日本の社会ではないだろうか。おかしくないか?
そもそもの主因の持ち主の怠慢がなければ起こり得なかったかもしれない出来事を、あたかも何でもかんでも最終的に仕出かした人間が悪いと決め付ける現代の日本人の腐った根性。

子供が道路に飛び出して、車にひかれて怪我をしました。
何がなんでも車が悪いのか。法律はそうかもしれないが、車が走る道路は危ない!と、我が子の尻を叩いてでも教えるのが親の愛情ではないのか。

以前、居合わせた大手家具店内であった、救急車まで駆け付けた出来事だが、店内で子供の泣き声が響き渡った。何事かと思っていたところ、若い親が顔を血に染めた娘を抱いて連れて来た。フロントの店員は慌てていた。ティッシュティッシュと。
すると、若い親御さんは「あそこの家具、ダイニングボード!前屈みで展示してありますよね!!!子供が扉を開けたら倒れますよね!!責任取れ!!!」と怒鳴っていた。
店員はただただ謝って救急車を呼ぶ次第。

これは、責任二次転嫁ではないのか。
小さな子供の手を離した時、全ての責任は親にあるのではないのだろうか。

僕はその時、若くて自身に子供も居なかったが、「なんて恥ずかしい親なんだろう」と思った。

何でもかんでも他人のせい、自分が良ければそれで良い、自分が生きてる間が良ければそれで良い。

僕はそうではないと思う。日本人、もっと違うんじゃないのか?
2009/09/16(水) 00:13 | URL | 古血継人 #-[ 編集]
自衛隊は日本の誇り!

自衛隊の“素晴らしい人気”を以下の言葉が証明していますよね。

“Honest Japanese: All of us are with you for re-building our safe city.”
(正直な日本人達よ、一緒に安全な町を再建しよう)

We thank you for all efforts you exerted for us and for the peace”
(自衛隊が我々のために、そして平和のために努力している事に感謝している)

シリアやイスラエルの人々は、日本人に対して大変友好的で、町を歩いていると、よく「ヤパーニ、ヤパーニ(日本人、日本人)」と声を掛けてきて握手を求め、親愛の情
を示そうとする。(太田明三等陸曹)

④.『日本軍を攻撃したら一族郎党を征伐する』、
イラクの地元民への真心籠もった支援を行う自衛隊は、イラクの人達の心の琴線に触れ、先遣隊の「ひげの隊長」佐藤正久1佐は、族長たちから食事に招待されたそうです。そのとき、佐藤さんは現地の衣装をまとい、現地の人々と車座になって、右手で食べ、それを見たイラクの人達は、『我々の伝統文化を尊重してくれる』と非常に喜ばれたそうです。

そしてまた、イラクのある有力な族長は、「日本軍を攻撃したら一族郎党を征伐する」という布告を出されたそうです。佐藤1佐の帰国時には、別れを惜しむ部族長たちから、族長衣装と「サミュール(同胞)サトウ」というアラブ名まで贈られたそうですよ
 
⑤『60余年ぶりに助けに来てくれた“日本軍“」
インドネシアで自衛隊医療チームが臨時診療所を設けると、そのニュースはたちまち島中に伝播して、それまで他国軍の診療所で診察・治療を受けていた被災者が自衛隊の施設に次々と押し寄せ、『日本軍がやってきてくれた!」と、患者数は日をおって増えていったそうです。診療にあたった医官の一人が、当時の模様をこう語っています。

地元の人々は自衛隊に心から感謝しているようで、独身の自衛隊員に、うちの娘をもらってほしい』と次々に申し出てきたそうです。

この現在の自衛隊の行動を見て、かっての日本軍が、いかに規律正しく、信頼されていたかを証明していると思います。シナ・朝鮮が必死で喧伝する「残虐日本兵の話」など、“捏造”だと確信しました。

日本人だけが知らないだけで、世界中の人々はとうの昔に、シナ・朝鮮の嘘など、はなから信用していないのでしょう。本当に誇らしい日本です。日本人として生まれて神様に感謝致します。

お久しぶりです。忙殺された日々も明日で終わり、いよいよ明日から、全開でコメント出来るかと思うと、楽しみです!!



2009/09/15(火) 22:39 | URL | 椿 #-[ 編集]
あきちゃ様
お知らせ有難うございます。
反日なのですか・・・
しかし、原爆で家族を失った方に対して、私は申し訳なさで一杯になります。
もし、私でも国に対してたくさんの複雑な感情を抱いてしまうでしょう。
被爆したということ、戦争で家族を失うこと、きっと生きながら地獄を生きることなのでしょう。
とっても悲しいです。
それを、ただ反日という言葉でひとくくりにしてしまうのは、なんだか恐ろしいことです・・・
2009/09/15(火) 20:30 | URL | ミヤビ #-[ 編集]
ミヤビさん
「ほたるの墓」は反日ではありませんが、
「はだしのゲン」はめっちゃ反日です。

こちらのブログなどを参考にしてください。
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-831.html
2009/09/15(火) 15:37 | URL | あきちゃ #XmVp7pSo[ 編集]
=様
宮崎アニメ大好きです!
私は猫が大好きなので、猫バスに乗りたいです。
文明によって自然が破壊されました。
こんなに素晴らしい生き物を捨てて見殺しにする人間は嫌いです。
戦争もそうですが、保健所の犬猫の処分等許せません。
他の生き物を虐げてきた人間への罰は、甘んじて受けなければいけないと覚悟しています。
2009/09/15(火) 08:56 | URL | ミヤビ #-[ 編集]
かぐやひめさん
情報のゲリラ戦(笑)賛成です。

先ず考えるべきなのは、ブログのランキング順位を上げる事、それから日本の心を伝える会への入会率を上げる事、でしょうか。

ブログランキングの週間INで54000、単純に7で割っても一日あたり7700人の人が応援ポチっとやっています。

日心会の会員が今日の朝で274人でしたから、入会率は約3.5%程度です。

ROMってるのは良いけど、会にまで入会するのはちょっとと思う人が殆どだって事ですよね。

私も実は入会するの抵抗ありましたもの。

入会しなくてもちょっと覗けて、あーこんなに楽しそうにやってるんだ~、みたいな事に出来ないですかね。

ブログに掲示板とかチャットとかがあれば良いのかな?

それから、みんなでブログを作って転載で広めるとか・・・

2009/09/15(火) 08:44 | URL | ふく #vF6NeGQU[ 編集]
意志あるところに方法あり
現状のすさまじさを思うと、こりゃあ、とっても勝ち目はないぞ・・・と、思います。
どっから、考えても、武器も足りないし、装備も、糧食も、足りそうにない。
それって、大東亜戦争のわが方と同じ。

私達、沖縄を占領されて、本土を空襲されて・・・そこで、戦は終わったつもりだったけど、実は終わっていなかったことに、今、気付いたのです。

本土決戦が、始まっていることに。

でも、あの時の先人たちは戦には敗北したけど東亜を解放してくださいました。

わたしたちにも「まこと心」があれば、何かはできます。
あざやかな勝利でなくても、一番大切な日本の心は守り残せるはず。
意志あるところに、方法あり。
知恵の限りを傾けて、みんなで道をさがしましょう。
2009/09/15(火) 06:57 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
ゲリラ戦でないと
新聞を作るにしても
新聞社と言う拠点を設けたり、
事務所をおいて、そこから発送するなんて危険だと思うのです。
それぞれの読者が自分のパソコンから10部でいいから、プリントアウトして、自費で誰かに送る。
そういう新聞社です。購読料は無料だけど、印刷代も郵送代も「身銭を切る」広報活動です。
それを全国でやられたら、敵は、手の打ちようがないでしょう。

問題は、記事です。
軽いのから重いのまで取りそろえないと「左巻き脳」に届けるのは難しいです。
「自分は善人」と自認している人に限って左翼的で偽善的な平和主義者で「国粋的なもの=日の丸・君が代でさえ・・・大東亜戦争は、はるか、はるか向こうです」に顔をしかめます。

まずは、中立的な人を攻略するべきです。
理解度によって「聞ける話題」のレベルが違います。
ねずきちブログは、相当初歩を狙ったもので、ものによっては左翼的(看護婦さんの献身の話なんか)だとさえ、言われますが、それさえも「拒絶反応」を心配する人があります。

ほかのニュースソースを提供してくれる、つまりこの前の、ちらし集積場みたいな、サイトを作って、そこに、ハードなのから、ライトなのまで、分類して、テーマ別に集積して、それを取り出して各自が戦士になるのは、どうでしょう?

アナログ人種相手でも、アナログ新聞社の建設は、結局「あれ?最近産経もおかしくない?」の二の舞いになりそうです。報道されない変な”自殺”の陰で。

凛として愛を見ながら、どこで、どう立ちまわったら勝てたのか?と、考えました。

同じ轍は踏まないことです。
たしか、アメリカはベトコン・ゲリラに負けませんでしたか?
アラブ・ゲリラにも、四苦八苦じゃないですか?

私達、ゲリラ戦をやりましょう。情報のゲリラ戦です。
2009/09/15(火) 06:50 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
保守の新聞 ぜったい必要です
ひとつぐらい「報道機関」として、当たり前なんものがあっても、いいでしょう。
今みたいな、周り中全部「インチキ」と「うそ」だけだなんて、気も狂わんばかりの気持ちになります。

「真実を伝える」ためには、どうしたら、いいのでしょう?
news=最新の情報、ではなく、「実は、あのときの報道の裏は、こうだった・・・“真相はこうだ”」にするのなら、多少の可能性もあるけれど、推測だけで書けないし。
紙面を”意見”だけで、埋めるわけにもいかないし。

現実、マスコミが今の状態になるまでに、大勢の関係者が謎のひどい死を遂げています。

NHKの場合は、屋上からの飛び降り”自殺”
新聞記者が海に浮いていたり、自宅で後ろ手に縛られた変死体で見つかったのに「自殺」と判断されたり

どれひとつとっても、下手人の暴力団、もみ消す警察、知らん顔する司法、真実を報道しないマスコミ、背景にある政治家・・・もっと、大きな黒い手・・・およそ、日本国家の骨格の中に、破壊者が大きく大量に潜んでしまったことが、わかります。

真実を報道することは「死を意味する」と、マスメディァは、数年前に”学習した”ようです。
のんきに国を守るなんて言ってる私達は
今すでに、パルチザンです。
誰か一人の英雄が出たら処分されるでしょう。でも、どこが頭かわからない蟻の群れは対処に難い。
江戸時代の血判状が円形に書かれたこと・・・ふ~ん、なんて言ってられない。

私達がしようとしているのは「現代の一揆」なのだけど、昔の一揆は国家権力への反抗だったのに、今度の一揆は国家の威信を守るための一揆になります。趣旨が反対。

紙媒体は真剣に考慮しないとーネットにつながっていない孤立している同志と連帯するために。
このことは、ねずきちさんが日心会を立ち上げる最初の構想のひとつです。
2009/09/15(火) 05:26 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
キャプテン翼
今日も心が温かくなる話を有り難うございます。
アニメの「キャプテン翼」はかって、子供と一緒にテレビで見ていましたが、私の方が夢中になって見た程でした。

このようなアニメを給水車にステーカーを貼るとは、
素晴らしいアイデアです。
考えた人は柔軟な頭の持ち主ですね~。
このような外務省のお役人がいたとは、素晴らしいです!!
2009/09/15(火) 00:30 | URL | scarlett #zwRScLrQ[ 編集]
ミヤビ様
宮崎駿作品は全て文明批判が基本だと思います。ナウシカ、ラピュタ、もののけ辺りは分かりやすいかな。他作品にもチラホラ出てきます。魔女の宅急便で薪オーブンで焼いたパイを孫娘が嫌そうな顔をするとか。ポニョ、ハウル、ゲドは観てないから分かりませんが。
2009/09/15(火) 00:03 | URL | ≒ #-[ 編集]
No title
オンライン配信の壁新聞(ネットでも見れて、プリントアウトして職場の壁に貼ったり、配ったりも出来る)というのが新世紀のビッグブラザーへブログでアイデアとして出ていましたね。QRコードをつけて紙媒体とネットとの橋渡しにもなるみたいな。
2009/09/14(月) 23:27 | URL | ≒ #-[ 編集]
No title
真正保守のための、新聞があったらいいですよね。今はみんないそがしいし、テレビのニュース見てるから、新聞なんて週に1回の発行でいいと思う。これならすぐに作れるし、安いし。 週に1度政治、経済、社会、歴史についてじっくり読むとゆうのは、十分有効だと思う。
 
真正保守はおそらく500万くらいいるから、この人たちが支持すればおおきな勢力になる。だれか保守の大物が作らないかな。なんだったら、ネット界の精鋭が集まって、金を集めて作って、ネット界の住人で買い支えればいい。それだけでもかなり違う。200万ぐらい売れてる媒体があれば、その社会では大きな影響力をもつはず。

 オレはビラ配りには、限界を感じましたね。

 
2009/09/14(月) 23:07 | URL | 俊祐 #ch2f7abI[ 編集]
MLを全部読ませていただきました
このコメント欄とは、また、趣の違う、深い内容、濃い情報に接し、少し気持ちが軽くなりました。

私は、アメリカで反オバマのデモがあることは知っていましたが20万人などという恐ろしい数字とは知りませんでした。
どっちみち、経済が転覆する責任を「黒人」に負わせるたくらみだけど・・・

検察局のことを、国策捜査と非難する声が多かったですが、私は「国策捜査」ではなく、「ロスチャとか、ロックフェラー」の差し金でしか検察は動かないと思っています。
だから、ポッポを逮捕しなかった検察を見て、ロスチャたちは「ポッポに王冠を与えた」と感じ気分が悪かったのです。

でも、かつてのように「征服者はさえていませんね。」最近は、彼らは全知全能ではなく、ぼろ負け状態。
日本への仕掛けも失敗でしょう。

しかし、本当にアメリカの崩壊も、こりゃあ、韓国のデフォルトも、ユーロの崩壊も、こりゃあ、来ますね。さらに、日本が支えないから、悲惨なことになりますよね。

どーするつもりだろ。
2009/09/14(月) 22:58 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
ちょっと一言
私は、はだしのゲンもホタルの墓も大好きです。
あれって反戦アニメだったのですか?
りょうたろーさん、毎日ねずきちさんの記事読んでください。
海外に行って、危険という意識を認識してきてください。
靖国に詣でて、遊就館を見学してきてください。
私たちは、知らないうちに世界の常識を、非常識のように洗脳されているんです。
軍隊を持たない国など、植民地以外はないのではないでしょうか?
りょうたろうさんは軍隊は否定するけど、もしかして・・・
戦国武将は好きなんじゃありませんか???
日本人って軍隊にアレルギー持ってる人でも、武将は好きだし、結構戦国時代は受け入れてるんですよね☆
チャンバラの戦いは涙を流して感動するのに、機関銃にはアレルギーを持つんです!
りょうたろうさんは、武家政治も嫌いですか???
何故武将が最強の兵士を育成し、最新の武器を求め続けたのか。
戦のない平和な日本を作りたいということでしたよね。
私は、戦もテロもない平和な世界を築くために、日本は最強の軍隊を持つべきだと思います。
すべてが、平和のためです☆
私は篤姫を尊敬しています。
徳川家康も好きです。
りょうたろうさんだって、お好きな武将の一人や二人お持ちですよね???
いなかったら、びっくりですよ~・・・
2009/09/14(月) 20:59 | URL | ミヤビ #-[ 編集]
No title
「お巡りさんがいないとね、泥棒も増えるし、悪い人がいっぱい勝手なことしちゃうんだよ?」

「へえ~、そうなの?じゃあ、お巡りさんがいるから大丈夫?」

「そうだよ、お巡りさんが守ってくれてるんだ」

「へえ~、お巡りさんって、強いんだ?」

「そうだよ。」

「パパが、いつも言ってる日本って国は知ってるよね?みんなが住んでる、ここ、この国。地図で教えたよね?」

「うん!わかる~^^ 日本の旗でしょ、ここ」

「そうだね~^^。日本にはね、自衛隊っていう兵隊さんがいるんだよ。み~んなを守ってくれる兵隊さんだよ。わかる?」

「う~ん・・・さくらの唄のパパのじいちゃん?」

「そうそう、パパのテレビで観る、さくらの唄のじいちゃん(汗) お墓でいつもナムナムしてくるでしょ?パパのじちゃんみたいな兵隊さんがいっぱい居るんだ。」

「え?パパのじいちゃんもいるの?」

「い、いや・・パパのじいちゃんは、さくらの唄の飛行機でしんだから、もういないけど、パパのじいちゃんみたいな兵隊さんが、今み~んなを守ってくれてるから、パパもママもみーんな○○と一緒に居れるし、○○のお友達も元気でいられるんだよ?わかる?」

「お巡りさんはあ?」

「お・・・お巡りさんはねえ、日本の旗の国の中だけでしか、みんなを守れないんだ。でも、兵隊さんは、外国、いい?こことかここ(地球儀見せてます)ここでもここでも、みーんなを守れるんだよ^^すごいね」(と、言いつつ、集団的自衛権という言葉が頭を過ぎり・・・)

「お巡りさんより強いの?」

「そうだよ!すごいね!」

「うん!!」


とある穏やかな祝日の、堂々と日の丸がなびく昼下がりの我が家の会話である。
我が子はまだ幼いが、日本語は達者だ。そしてある程度の理解力もあるようだ。そして幼いながらも、白地に紅色真円の旗が好きなようだ。

軍隊を持つ国が恥ずべき国、それに拒絶反応や、アレルギー発疹でも発するのであるならば、そのような無力国へ移住すればよいだけの話だ。はっきり言う。自衛隊は軍隊だ。名称は、法律で縛られているが故の自衛隊だが、誰かには悪い言い方かもしれないが、日本軍である。陸、海、空軍の他の何者でもないはずだ。存在がおかしいのではない。法律がおかしいだけだ。

法律云々はどうであれ、こんな簡単なことは、幼い子でもわかるようだ。
2009/09/14(月) 20:29 | URL | 古血継人 #-[ 編集]
これは良いですね
キャプテン翼が流行っているのですか。
日本の漫画は何処でもあるのですね。
サッカーだと他にもシュートとかありますね、ワシは読んでないけれど。

日本の給水車がお水と希望を運んでいると思うと嬉しいですね。
後は学校とかも有ると良いんですけれどもね。
2009/09/14(月) 20:06 | URL | surnviers #4TEAIfes[ 編集]
なるほど、みなさんの反論がGJ
>軍隊を持たない、というのは世界に先駆けて誇るべきことなのだが<

なんで「誇るべきこと」なのか、私にはわからない。
ほかの国はみんな軍隊を持っていて、いつなんどきでも、コテンパンにされて国を失うってことが「誇る」ことなの?

ほかの国が、どこもかも、軍備を放棄したのなら、捨てることも誇りでしょうが・・・

りょ-たろー君て、馬鹿なん?あ、マゾか・・・
2009/09/14(月) 19:42 | URL | かぐやひめ #qcX4.Kko[ 編集]
りょーたろー様
先ず、「はだしのゲン」とか「ほたるの墓」を誰がどこでけなしていましたか?

このブログの中でしょうか?私が覚えていないだけかも知れないので、教えて頂けますか。

そしてここからが反論ですが・・・

仮に「はだしのゲン」とか「ほたるの墓」が反戦アニメでくだらないと言ったとしても、アニメ全般という事ではなく、そのアニメの内容についてくだらないと言っているのですよ。

あなたは、誰かが書いた小説がくだらないからと言って、文学そのものが全てくだらない、と仰るのですか?

偉大な小説家が書いた崇高な文章が沢山あるでしょう?

イラクの子供達の顔に少しでも笑顔が戻るように、こんな願いを込めて行動した一外務官僚と、それに共感して協力した自衛隊員達の話を、あなたは利用という言葉で片付けるのですね。

あなたに言わせれば、水の入ったペットボトルを放り投げて、「欲しければ拾え」と言うのも、水をあげるという点で同じ行為になってしまうのでしょうね。

悲しい人ですね・・・・あなたは。
2009/09/14(月) 19:27 | URL | ふく #NkOZRVVI[ 編集]
りょ-たろ-へ
>軍隊を持たない、というのは世界に先駆けて誇るべきことなのだが、
あたかも軍隊を持たないのが恥なような
右翼の言説こそ慎むべきです。

ハイハイ、右翼、右翼っていつまで愛国国民をおまえらチョンの仲間と同じとするレッテル、いつまで張るんだ?聞き飽きた~。

さっさとてめえの巣へ帰れよボケチョン。
2009/09/14(月) 19:23 | URL | 第一義 #SRHk6skk[ 編集]
No title
軍隊を持たない、というのは世界に先駆けて誇るべきことなのだが、
あたかも軍隊を持たないのが恥なような
右翼の言説こそ慎むべきです。
2009/09/14(月) 19:04 | URL | りょーたろー #mKbb8shs[ 編集]
No title
GJには違いない。のだけれども、世界で最も弱いと言われるオランダ軍に守ってもらい、日の丸をつけた給水車が走り回る映像をTVで見るたび、私は誠に情けない思いであった。一刻も早く改憲し、ジエイタイを日本国国防軍として認知してあげなくてはならない。世界から観れば、軍隊以外の何物でもないのに。
2009/09/14(月) 18:38 | URL | うさぎ屋 #WIq93/12[ 編集]
No title
「はだしのゲン」とか「ほたるの墓」とかの反戦アニメは
アニメなど下らないと徹底的にけなすのに
自衛隊の促進につながるとすればアニメも利用?
ダブスタがひどいねえ。
2009/09/14(月) 18:29 | URL | りょーたろー #mKbb8shs[ 編集]
とてつもない日本
麻生総理が著書の中で書いていらっしゃった給水車の翼君ですね?写真を見たのは初めて!日本のアニメでサッカーを始められた海外のサッカー選手もいられます。やっぱり麻生総理の功績は大きい!自衛隊万歳!
2009/09/14(月) 15:27 | URL | 美子 #-[ 編集]
No title
ねずきちさん先日は失礼しました。いつも記事を楽しみにみさせていただいてます。これからも期待しております。
2009/09/14(月) 11:58 | URL | nanashi-san #-[ 編集]
ありがとうございます
給水車に「キャプテン翼」のイラストが描いてあるという話は以前聞いたことがありましたが、写真を見たのは初めてです。
こんなに大きくステッカーを貼っていたんですね。
日本の誇るマンガが、現地の人たちを和ませる役目をしていることを嬉しく思うとともに、外務省の方も、自衛隊の皆さんも本当にお疲れ様です。ありがとうございました。
2009/09/14(月) 11:24 | URL | higurashi #hiiZJbic[ 編集]
No title
特亜担当の外交官と本当に同じ人種なのだろうか。
入れ替えたらどうだろうか。
2009/09/14(月) 10:48 | URL | 縄文人 #wM6nolEE[ 編集]
有難う
何時も良い話を孫にも、孫の友人にも聞かせてやりましょう。こんな話には目を輝かせる子供が多いのです。
芸能界は左翼の巣でしたから残存勢力が今は幹部・中堅ですから頭がコチコチなんでしょう。
2009/09/14(月) 10:22 | URL | #kU3g/2a6[ 編集]
次からは吸水車も救急車もバスも全部現地で放送してるアニメのキャラクターを予めプリントして行ったら良いですね。芸能人のなんとか大使と違って、アニメキャラはスキャンダルを起こさないし。翼君は肩のけがをずっと引きずってましたが。
2009/09/14(月) 09:47 | URL | ≒ #-[ 編集]
外国人参政権断固反対!
憲法違反の外国人参政権断固反対! 民主党の横暴を許してはいけない
全国リレーデモ日程
平成21年9月20日(日)名古屋
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=265
平成21年9月27日(日)東京
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=270
平成21年10月4日(日)福岡
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=271
平成21年10月10日(土)大阪
※詳細未定
【告知動画】外国人参政権断固反対!全国5都市リレーデモ行進
<ニコニコ動画版>http://www.nicovideo.jp/watch/sm8196818
<yotube版>http://www.youtube.com/watch?v=CIDPu2u-aNk
2009/09/14(月) 06:35 | URL | 以下、名無しに #-[ 編集]
No title
ねずきち様のブログを呼んでいると、いつもすがすがしくなりますね。こちらが恥ずかしくなるくらいです。
ぼろぼろになった心には最高の薬ですね。
2009/09/14(月) 04:43 | URL | 英雄 #emXmKJzE[ 編集]
めちゃくちゃいい話ですね!
>いろいろと叩かれるれることも多い外務省職員ですが、こんな危険地域に派遣されるだけあって、気骨ある日本男児だと思いました。 Good job!です。<

確かに、明らかに「偏差値秀才」とは違う方々です。 いいですね~ 外務省もこういうふうにどんどん変わらないと誰も相手にしなくなりますもの。 

きっとチャイナスクールにはこういう方々はいないのでしょうね?
2009/09/14(月) 01:45 | URL | Lay #3sGukR/E[ 編集]
高遠、今井、郡山の三馬鹿がこの記事見たら引き付け起こして卒倒するぞ(笑)
まー、そういう輩はまず見ないだろうがな。
確かこれを追認したのが麻生太郎と言われてますね。
多分民主党では絶対に出来ないですな。
2009/09/14(月) 01:36 | URL | 馬鹿陽区 #-[ 編集]
No title
今日の文面はとても気に入っています。
 何時もこの様な流れならば、
   気持ちが伝わると思います。
2009/09/14(月) 01:02 | URL | gogo #RJRSaA9Q[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
*引用・転載について
ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク
<
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
解析
スポンサードリンク
ねずさんメルマガ
ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ
ご寄付について
ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について
最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。
検索フォーム
スポンサードリンク
お薦め書籍1

日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

スポンサードリンク
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
AdSense
amazon
スポンサードリンク