麻生さんの座右の銘



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

麻生太郎01


これ、麻生さんの座右の銘なのだそうです。
以下、ご紹介します。

-------------------------------------
 ●逆説の十ヶ条●

人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

正直で率直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で率直なあなたでいなさい。

最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
それでもなお、大きな考えをもちなさい。

人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。

何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。

人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい。

世界のために最善を尽くしても、
その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

------------------------------------

素晴らしいですね。

ボクもさっそく印刷して、壁に貼りました^^b


9月6日にスタートした「日本の心をつたえる会」は、15日までの9日間で、おかげさまで、430名の方にご参加いただくことができました。

いまの調子で推移すると、会員数は、来月の正式発足までに、1000名を突破できそうです。

その1000人が核となり、会への勧誘を行います。
会員数は、半年後には1万名、1年後には10万名の組織化となります。
これは国内の一大真正保守勢力です。

日本を愛する心というのは、日本人としてごく普通のあたりまえの感情です。

そのあたりまえのことが、危機に瀕している。

いま、真正保守の心を持つわたしたち一般の庶民が立ち上がることは、とっても意義ある大切なことだと思います。

具体的な各種政治課題については、すでにいろいろな会派が立ち上がっています。みなさん素晴らしい活動を展開している。

その中で、日本の心を伝える会の役割は、具体的な個々の政治課題よりも、ずっと手前。

「日本ていい国だよね」という心をつないでいこうとするものです。

愛する日本、その愛する日本を守るために戦い、散って行かれた先人達の熱い思いを、私たちには知る権利がある。孫や子の世代に語り継いでいく義務がある。

日本人が日本人としての心を思いだしたとき、日本は変わる。
日本はもういちど高い精神性をもった国として蘇ることができる。
そしてそのことが「日本の心をつたえる会」の目的であり、活動であると思っています。

まだ、設立したてで、足りないことはたくさんあるし、いきすぎてご迷惑をおかけしてしまうことが多々あると思います。

しかし、問題があるということは、会が動いているという証でもあります。

問題を、みんなの力でどんどん改善しながら、新しい大きな波を、わたしたち普通の庶民の手で、巻起していきたいと思います。

そのために、私たちは、ネットという“デジタル世界”だけのつながりでなく、会報誌等を通じて、“アナログ”でのつながりや活動も、これから展開していこうと思います。

ところで、昨日、ある方にメールを書いたのですが、その内容をご紹介します。

--------------------------------
いまね、ほんとうの意味で日本の危機だと思います。

皇室すら狙われている。

そして保守は分断され、力が削がれ、サヨクから銭をもらっている詐称右翼と混同されて、まばまがしいものとして多くの人から排除されている。

多くの日本人は、真正保守だの、右翼だのと聞いただけで拒否反応です。

いまのままじゃだめだ。

バラバラだった薩摩と長州が手を握ったように、いま、保守はほんとうの意味で大同団結しなきゃいけないと思います。

自民党は、ある意味、世間の縮図。

既存で歴史が長いだけに、工作員が大量に入り込んで、保守を装っている。

そんな連中に壟断されている。

既存の古い組織では、もはや改革の動きはきびしい。

これはね、幕末の日本で、幕府内部の改革で維新を実現しようという動きと同じだと思うのです。

これでは改革は無理です。

幕末の戊辰戦争は刀と鉄砲の戦いだった。
これって、いってみれば、アナログの戦いです。

現代戦は、デジタルの情報戦です。

(中略)

みんなが大同団結してひとつになったとき、そこではじめて日本は変われる。

たぶんね、それは日本国憲法は、戦時下の条約にすぎず、大日本帝国憲法が生きているという論による、帝国日本の復活からはじまる。

そしてそれを支えるのは、民衆運動です。

保守大合同を実現できるのは、結局のところ、ひとりでも多くの日本人が「日本はすごい国だ」って思いだすこと、これしかないと、ボクは思っています。

--------------------------------

さて、現在、日心会へ参加者430名のうち、290名の方がメーリングリストにご参加され、毎日活発に議論を戦わせておいでになります。

いままで真正保守のひとりとして頑張ってきたけれど、こんなにも多くの仲間がいた!

その仲間と、直接、好きな時間に議論できるのが非常に楽しい、というありがたいお言葉なども頂戴しています。

ただ、発言数が多くなると、携帯などで受信されている方は、日がな一日、携帯が鳴りっぱなしになる。

メーリングリストは、携帯やパソコンで直接メールを受信するのではなく、WEB上だけで見ることができます。

メールの末尾のほうにある、

【MLコミュホームページ】
http://www.freeml.com/nippon-kokoro
というところをクリックすると、ご自分のページに飛ぶことができます。

パソコンなら、画面右側の「MLの各種設定」、携帯なら、画面下にある「MLの各種設定」のところで、そこで、メールの受信設定を「WEBのみ」に設定すると、メールが送られてくることなく、ご都合のよいときに、WEBだけでご覧いただくことができるようになります。

お手数ですが、メールの多さが気になる方は、ご自身で、設定の変更をお願いします。


≪お知らせ≫

「日本の心をつたえる会」のホームページにある原稿のフォームを変更しました。

変更したページのURL
http://nippon-kokoro.txt-nifty.com/blog/2009/09/post-36de.html


変更点は次の通りです。

(1)原稿フォームを統一した。

(2)文字色を黒にし、白黒印刷時でもきれいに印字できるようにした。

(3)すべての原稿にQRコードを入れた。

(4)文字のフォントを丸文字にし、全体の雰囲気をやさしくした。

(5)ホームページに原稿の画像を入れ、それぞれの原稿の識別をしやすくした。


すみません。今日はとりとめのないお話になってしまいました。

明日は、いつものように普通の記事を掲載します。

今後ともよろしくお願いします。

↓よろしかったらクリックを↓
人気ブログランキング

日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com

 にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

zakimagik

麻生さんには悪いけれども
私は酷い目に遭わされた相手でもそれでも尽くせというのには理解出来ないです。みなさんもそうでしょ?特亜に好き放題されてもそれでもODAを続けるべきだって思えますか?日の丸を引き裂く連中に俺達の税金で補助金まで出して留学生を受け入れるべきなんて言えますか?またはそうゆう学校なんかに補助金出してやるべきと言えますか?ただし、叩く相手は日の丸を引き裂く奴らとその黒幕だけで、その一族であっても罪のない人まで叩くことはしてはいけないでしょう。たとえ後に張学良みたいな奴になってしまっとしてもな。

tamago

No title
ねずきちさん
ありがとうございます
MLコミュニティ 「日本の心をつたえる会」
見つけられました

かぐやひめ

負けは認めましょう
選挙に負けたのは、負けたのだから、
負けは認めましょう。
最悪の事態を迎えてしまったのだから、最悪であることを、認めましょう。

そして、ここから、始めましょう。
恐れないで、勇敢に、明るく、笑いながら、行きましょう。
麻生さんは「日本のとてつもない底力を信じている」と、言ってくれました。
だから、
ここから。
知恵と力の限り戦いましょう。
勝つのは、こっちです。

あの、薄汚いひきょう者ども、異常者の群れが最後の勝利を握れるはずはありません。

ピンチをチャンスに変えるのです。
このピンチがあればこそ、毎日毎日覚醒者が増え続けています。
これは、まさしくチャンスなのです!

かぐやひめ

いちばん心にしみるとこ
自分自身が、体験したので一番心にしみるのは、下の2項目です。

「何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。」

「成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。」

「よいことなんだから、人は理解して応援してくれるに違いない」そう、思って一生懸命取り組んだ時、
「なんで、あんなに熱心なんだ?なにか、あるのと、違うか?金か?有名になりたいんか?あ、わかった、市会議員になるつもりや」痛くもない腹をさぐられ、嘲笑されました。
それでも、がんばってがんばって成功した時、
私が馬鹿にされて苦しんでいるときに、励ましてくれた友人が、ほんものの敵になり、得たのは、うその友人でした。
それでも、なお、行かなければならないのか?何度も自問していました。
でも、この麻生さんの座右の銘を読んで吹っ切れました。

これを、座右の銘にする人は、きっと人間の評価なんかあてにしていないに違いありません。
神様の審判の前に、まっすぐであろうとしている人でしょう。

人は、浮気です。人は、裏切ります。人は妬みます。
それでもなお、愛する堅い決意なしでは、ひとさまのお世話はできません。

正しいからと言って認めてはくれません。良いからと言って助けてはくれません。清らかだからと言って支えてはくれません。

これを、よそのブログで見つけた時、コピーをとって、ねずきちさんに送りました。
あなたを待つのも、こういう道ですよ。
と、申し添えて。

天地の神々さえ、感動の涙にむせぶほどでなければ、人は、ついてはきてくれません。
世の中は、決して甘くありません。

higurashi

座右の銘
麻生さんの座右の銘、読みながら涙が出てきました。
あれだけ叩かれ続けても決して諦めず、投げ出さず、「麻生がやり抜く」のキャッチフレーズのままに、最後まで国益のために選挙対策でない政策を実行してくれました。
民主党政権がその成果を台無しにしてしまうであろうことが悔しくてなりません。
「逆説の十ヶ条」を教えてくださってありがとうございました。
私も印刷して壁に貼ろうとおもいます。

ひなげし

夢であって欲しい
麻生さんの座右は初めて読んだとき、涙ぐみました。
こうやって、一年間孤独に闘ってこられたのだなぁと。
安倍さんと麻生さんには、もう一度日本の総理大臣になって欲しいです。
そして、その時には8月15日ではなく、年二回、春秋の例大祭に靖国神社に詣って欲しいです。昔の歴代首相のように。
8月15日は中曽根元首相がパフォーマンスのためにはじめて、自分の都合で1回かぎりで止めた日ですよね。
あの止めた理由を知ってから、中曽根さんはどんな偉そうなことを言っていても、嫌いになりました。

keito

麻生前総理
ねずきち様
MLに登録させて頂きました。丁寧に案内して頂いてありがとうございました。

火事場の馬鹿力様
麻生さんをお見送りしてくださってありがとうございます。きっと寂しい思いでおられたでしょう麻生さん、とってもいい笑顔で手を振ってらっしゃいました。いつもは見ない報道ステーションで最後に車を降りて手を振られる所まで流していたので、かえって驚きました。罪滅ぼしの気持ちでもあったのか、それともまた後で変なエピソードとくっつけるのかなどと考えてしまいます。

麻生さんには国内の対策のみならず中東を巻き込んだ政策があり、任期中に実現して欲しかったのでほんとに残念です。9月20日に誕生日を迎えられるそうですのでまたバースデーカードが殺到するかも知れません。日本に2つの世界があって麻生総理がおられる方が現実で、鳩山内閣の方はただのゲームだったらいいと思います。

酒井法子どころか、風俗ライターや自己破産議員すら、鳩山の巨額死んだ人献金をスルーするための物だと私は思ってます。実際、風俗ライターも自己破産も犯罪では無いしね。

第一義

No title
みちおさん、こんばんわ。

>余談ですが、酒井法子のマスコミ報道を見ていると、どうも「視聴者の知る権利に奉仕するため」というより、「視聴者に余計なことを知らせないため」「視聴者の関心を他に逸らせるため」という気がするのは私だけでしょうか。

同意!!

本当にそう思いますよ。在日やチャイナの犯罪とか、ミンス党が国民に牙をむいて行おうとしてる売国法案すべてを覆い隠すために。

まあ、ポッポ内閣の法務大臣が黙れ!!の千葉ですからあらかた何をやろうとしてるかは我々はわかりますが、知ろうとしない愚民やノンポリには全く分からないでしょう。

だから酒井法子の件は非常に都合のよいカムフラ-ジュです。

というよりも国民に知られたくないことを覆うための予め想定しての酒井法子夫妻逮捕だったのでしょうね。

腐ってるのはマスゴミも芸能界と言う在日世界も同様ですが、その毒で国民も脳死状態に至ってるのを非常に憂えています。

椿

怯まず、折れず、妥協せず!
工作員=スパイのお話、ねずきちさんのおっしゃる通りだと思います。

かって、海外で生活していた折、現地の日本人同士が色んな情報をシェアーできる「日本語サイト」があり、私も時々利用しておりましたが、その当時でも、中韓の話題やコメントが時々目立っていて、必ずコメントが“荒れる”のです

当時、私はまだかなりの平和ボケだったので、この「工作員」については、全くの無知でした。ですが・・・、友人達に教えてもらい、やっと、何故コメントが荒れているのかが理解できるようになったのです。

そうやって見てみると、「工作員らの策略」は実に手が込んでいて、私も危うく騙されそうになった事が、何度もあります。

工作員というのが分からなかったときは、彼等のコメントに混乱させられましたが、分かってからというものは、決して怯まず、折れず、妥協せず、執拗に、情け容赦なく、徹底的に、“工作員コメント”を叩きのめして行くようになりました。それにより、“日本人の振りをする工作員”の化けの皮を剥がす事が出来、暴けるようになってきました。

場数を踏めば踏むほど、相手の弱点も欠点も知ることが出来、新たな戦略も自分の中に芽生えてきますし、一石二鳥です。かってGHQは、私達日本人のある一部の性質を利用して、議論や発言の習慣を封じ込めましたが、私達はそれを復活させるべきではないでしょうか?

まことしやかに語られてきた、「議論をしないこと、主張をしないこと上品だ」などと言われて、いつまでも騙されている場合じゃないと思う!世界の常識からすれば、この程度の事で、主張や発言を引っ込める日本人は、本当に“イイカモ”でしかない。特にヤクザ国家にとっては、美味し過ぎる国でしょうから…。

昔読んだ小説の中に、『真実は、人を自由にする』という一節がありましたが、日本人もその通りではないでしょうか? 

輝かしい『真実の歴史』に目を瞑り、戦勝国と言われているヤクザ・チンピラ国家らの押しつけた「捏造歴史」を今だに継承している。だからこそ、私達の国会はねじれ国会だのと言われ、売国政治家・官僚・マスコミなどが跋扈し続け、拉致犯罪が起こり、領土・領海が侵犯され続けているのではないでしょうか?

たとえどんなに辛くとも、非難されても、自国の『真実の歴史』を主張し続けていけば、日本の社会も近隣周辺も変わってくると、私は信じています


みちお

No title
失礼ですが、騙されたなんてずっと思わないんじゃないでしょうか。

>本当に、国民は、今までの不愉快だったことは、全部自民党が悪かった。自民党さえつぶせば「バラ色になれる」と、考えて、あんな投票をしたのです。

ならばこれからも自民党に全責任をなすり付けるだけです。
選挙前私も周囲を説得しようと試みましたが、「日本は変わらねばならないんだ。今日本をまかせられるのは民主党しかない」「この不況を見ろ。こんな世の中を作ったのは自民党だ。誰が自民党に入れてやるか」「今の自民党を見ろ。一致団結して頑張らねばならないのに足の引っ張り合いばかりで救いようがない。自民党は腐っているんだよ。本当の意味で反省して出直してもらう為に今度の選挙は民主党に入れる」として誰に話しても完全に拒否されました。
私がどれほど民主党の危険性を説明しても「テレビも新聞もそんなことは言っていない」の一言。誰もが自民党に絶望し民主党に期待して手の打ちようがなかったのです。
マスコミの浸透力は本当に大きいものです。
インターネットで政治関係のプログを自発的に見ている人(これは皆さん方を含め、ごく少数です)とそうでない人との間では大きな柵が出来ているといわざるをえません。

一言で言えば、何も考えていない人が多すぎます!

これから日本は大混乱・大不況に陥ります。回復は不可能かもしれません。
民主党は「以前の自民党政治の弊害が今現れた」「自民党が民主党の政策を妨害するからこうなってしまった」と主張し、マスコミもそれを全力で擁護するでしょう。
あのマスコミの擁護振りを見ていればそれは簡単に想像がつきます。
「マスコミは基本的に反権力だ。選挙が終われば『与党となった民主党』の批判を始める」とおっしゃった方もどこかにいらっしゃったと思いますが、今なお必死になって民主党をフォローするマスコミを見ているととてもそうは思えません。
余談ですが、酒井法子のマスコミ報道を見ていると、どうも「視聴者の知る権利に奉仕するため」というより、「視聴者に余計なことを知らせないため」「視聴者の関心を他に逸らせるため」という気がするのは私だけでしょうか。
別のプログでこの日本を「マスコミ主権」だとおっしゃった人がいますが、正に至言です。
いつかインターネットの力がマスコミを凌駕する日が来るでしょう。そうなれば「騙された」と気がつく人もでてくるでしょう。しかしそれまでは「どれだけ生活が破綻しようが」「どれだけ社会が混乱しようが」「自分たちが殺されても」「日本が滅んでしまったとしても」騙されたと気がつくことはないんじゃないでしょうか。

一日も早く「日本の心を伝える会」の輪が広がることを期待します。

ねずきち

tamagoさんへ
いつもコメントありがとうございます。

↓こちらからはいれます。
【MLコミュホームページ】
http://www.freeml.com/nippon-kokoro

非公開にしていますので、freeMLのTOPページからは、いくことができません^^;

tamago

No title
freeml MLコミュニティ 「日本の心をつたえる会」が見つけられません (T_T)

笑う門

このブログは内容もいいけど、コメント欄を読むのも面白い。特に常連の方たち…椿さん、かぐや姫さん、その他挙げればきりがないのであとは省略させてもらいます…等のコメントを読むとまだ日本は大丈夫という気分になれます。これからもみんなで盛り上げて行きたいですね。笑う門には福来る。笑顔で頑張りましょう!

かぐやひめ

いや・・・怒るでしょう!
だって、心から「民主党なら、やってくれる」と、期待しているのですもの。

この世界が、彼らにどう映っているのか・・・私には皆目見当がつかないけれど、私達とは全然違う風に見えているのは間違いないようです。

だまされていた!と気付いたら・・・・えらいことになりますね。

第一義

No title
>ポッポは、庶民派らしい。奥様と一緒にハンバーガーだなんて、ほほえましい。これから、ますます庶民の暮らしぶりを知ってね!・・・て、本気でそう思っているのね。

そうです、そうなんです。
これ、わかってる人にはきわめて露骨な報道ですよね。
麻生さんをさんざんバ-通ってって報道した日刊ヒュンダイさん、あんたのことだよ。覚悟しときな。
ポッポは庶民派?笑っちゃいますが、そういう報道でころっとだまされる愚民…。

>大衆は、本気だから「自民党は悪の政党だけど、民主党なら、きっと、やってくれる・・・!」
どうするのよね。
どうやって、裏切るのか・・・苦労するといいわ!

同意!!

もちろん私も、苦労します。私達はこういう事態の予想が予見できたから覚悟はあるけれど、そういう覚悟のないままミンス党へ投票した人はどうなんでしょうか。真相を知って知って怒る&抗議するか、それさえ知らず、報道されぬまま地獄への善意の舗装路をハ-メルンの笛吹き男のネズミ見たく、地獄へ道連れになるのでしょうか…。

第一義

ひめ姉さま
こんばんわ、かぐやひめ姉さん。

>私、気づくの遅かったです。

本当に、国民は、今までの不愉快だったことは、全部自民党が悪かった。自民党さえつぶせば「バラ色になれる」と、考えて、あんな投票をしたのです。

私だってそうでしたよ、かれこれ10年前までは…。その思考がおかしいと思ったのは創価問題がいろいろ耳目に入って来てからと、ネットを始めてからです。

そしてマスゴミと言う名の偏向報道機関の罪は ワ-ルドカップで確信に変わりました。

姐さま、改めることを憚ることなかれ、です。
間違いをわかって改めた日が最初の一歩です。
一緒に歩きましょう。

かぐやひめ

案外こう着するかも
>野放しの善人と衆目監視の悪人のどっちが安全か・<
おお、意味深いことばですね。

自民党が、そこそこいてくれて反対してくれたら、むしろ悪役にしたてて楽だったと思います。

あのねえ・・・私、さっきテレビを見ていて、気付いたのです。国民は、本気だったと。

心からポッポとオザワンに期待したんですね・・・・純真な真心を捧げたんです。
オザワンは第7艦隊でいいと言った・・・こわもてだし、きっと、アメリカを追い払ってくれる・・・本気でそう思ったのですね。
ポッポは、庶民派らしい。奥様と一緒にハンバーガーだなんて、ほほえましい。これから、ますます庶民の暮らしぶりを知ってね!・・・て、本気でそう思っているのね。

その、熱いまなざし・・・だまされているなんて、露思わない期待に満ちたまなざしが、彼らをじとっと見上げています。

まさか・・・と思ったよ。悪人と善人の見分けもつかないなんて!まさか・・・その、まさか!

これは、えらいことですね。
裏切ったら、これは、まずいんじゃないですか?

大衆は、本気だから「自民党は悪の政党だけど、民主党なら、きっと、やってくれる・・・!」
どうするのよね。
どうやって、裏切るのか・・・苦労するといいわ!

ふく

かぐやひめ様
野放しの善人と衆目監視の悪人のどっちが安全か・・

それがこれから試されますね。

支援団体と騙された(笑)国民の両方から結果を求められ

相反する要求をどう捌くつもりなんでしょう?

国籍法改悪の時は自民の一部に裏切りがあったので、ある意味通しやすかったと思うんですよね。

全て民主党の責任になる状況で、売国法案を通す度胸があるのかな・・・?

「多分今回は民主になるだろうけど、3ヶ月と持たないんじゃない?」

選挙前に誰もが思ったこの結末になりそうな気がします。

かぐやひめ

ニュース見ました。
ポッポが涙ぐみながら、理想主義みたいなこどもっぽいことを、一生懸命口走っていて、小学校の学級会の級長みたいでした。
それが、思い通りになるなら「警察はいらん!」「軍隊もいらん!」なんにもいらん!
あんた、世の中が「腹黒いこと」教わってこんかったんか?
あきれてものが言えない・・・本気だったということは、わかった・・・本気で、世界を錯覚してる・・・ブリューゲルの盲人が川を渡るの図・・・

さらに呆れたのは、マスコミと国民。
新内閣に望むこと・・・視聴者からフアックスがきています。
「岡田外務大臣、あなたの誠実な人柄が好感がもてます。これからは、日本の国益を守るように、外国にも遠慮せずにものを言って下さい。アメリカにも臆することなく、北朝鮮からも拉致被害者を取り戻してください。」
「文部大臣に臨むこと、-息子が先生になる勉強をしていますが、漢字を教える時間もなく、ドリルで、自習させているだけ、国語の朗読をする時間もないそうです、どうか、ゆとり教育はやめて、もっと、学力がつく学校になるようにお願いします」
「法務大臣にお願い。裁判員制度には、まだまだ問題があります。この見直しをしてください」
アナウンサーがにこやかに、これを読み上げたんですよ・・・みなさん見てましたか?

アメリカにも北朝鮮にもぶれまくり、中国様の完璧言いなりの岡田に、いったい何を期待できるというのですか?

ゆとり教育を導入した民主党に向かって「ゆとり教育を見なおせ?」って、あんた・・・

売国法案をとおしまくることしか考えてない女に「裁判員制度?はあ?」

私、気づくの遅かったです。

本当に、国民は、今までの不愉快だったことは、全部自民党が悪かった。自民党さえつぶせば「バラ色になれる」と、考えて、あんな投票をしたのです。

まさか・・・そこまで、無知とは・・・それも、恥ずかしげもなく「これから希望が持てますね。新政権に期待しましょう」と、アナウンサーが結ぶのです・・・

だれか、教えて、私がわかってないのか?あっちがおかしいのか?

瑞穂

No title
ねずきち 様、本日「日本の心を伝える会」入会致しました。
私も日本の為に何かしたいと考え始めていたので、このような会を作っていただいて感謝しております。

誰よりも日本の為に戦ってくれた麻生総理のことを、
多くの国民が誤解したままなのが悔しくてなりません。
今度は私達が戦う番ですね。

第一義

日本終了のカウントダウン
マトモな大臣が皆無、ミンス党の内閣の顔触れですが、極めつけはあの千葉景子、法務ですか、売国法案を次々と可決すべく今度は反対運動する我々国民に黙れ、帰れと言う訳ですね。

どう考えても民主主義はありませんね。ファシズムそのものですね。

怖い…

あ太郎

このヘタレ野郎が!
麻生よ。 今からでも遅くない。

靖国神社に行って、英霊に参拝して来い!

このヘタレ野郎!

コスモス

No title
麻生総理、有り難うございました。
国民を守ってくれたのに、国民は守らなかった。
心が痛いです。
多くの国民がいまだ事実を知らずにいます。
電波は既に在日外国人の手に渡ってしまった事、政治も在日外国人に取られた事、日本が日本で無くなる!危険な、重要な選挙だったこと・・!

私もこれから出来ることを頑張りたいと思ってます。



プク

歴史御杖史
ねずきち 様
ありがとう。改訂版、締まっていいですね。拡散します。

tamago

No title
東アジア黙示録
http://dogma.at.webry.info/200909/article_2.html

在日参政権加速のシグナル

政権発足を前に在日参政権実現に向け民主党が始動。
日本解体法案の第一弾は想定外のスピードで準備されている。
反日勢力が連呼する「相互主義」なる大嘘が罷り通るのを看過してはならない。

小沢にしても李明博との売国会談で、参政権付与を推進する理由として、同様の妄言を吐いていた。
「韓国は先に(在留邦人に)認める仕組みを作った。日本がもたもたしているのは遺憾だ」

暴論である。韓国は2005年に永住外国人の地方参政権を認めたが、実際に投票資格を得た在住日本人が10数人に過ぎなかったことは、有名過ぎるエピソード。
対して特別永住外国人は平成20年の統計で約42万人。総連系や未成年を差し引いても「10,000対1」の比率以下なのだ。
この圧倒的な差をもって相互主義など言えない。
韓国の参政権付与資格には「200万ドル以上の投資」など前近代的な制限が付いていることも判っている。
こうした実態が周知されれば「相互主義」などといった妄言は通用しなくなる。

法案が提出されて国会審議が始まっても、国民的な議論に発展しないまま、一気呵成に衆院を通過してしまうことを強く懸念する。
この問題に関してメディアは全く役に立たないばかりか、逆に煙幕を張る存在である。歯止めをかけるには、危険性を察知している国民有志の声を早急に束ねる作業が絶対不可欠だ。

ごろにゃん

No title
そういえば、2009年10月26日今から100年前
1909年10月26日伊藤博文、ハルピン駅頭で暗殺される。
1910年8月22日韓国併合

日本のTVメディアなど偏向するような特集を組み粉臭ささを感じる

ごろにゃん

No title


JFケネディーが政治家として尊敬した日本人、しかし取材できた日本人は鷹山公を知らなかったという

上杉鷹山公

伝国の辞   鷹山公が家督を譲るに当り、藩主の心得として伝授した

一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして我私すべき物にはこれなく候

一、人民は国家に属したる人民にして我私すべき物にはこれなく候

一、国家人民のために立たる君にし君のために立たる国家人民にはこれなく候


受けつぎて国の司の身となれば忘るまじきは民の父母



ルソー 社会契約論

「人もし随意に祖国を選べというなら、君主と人民の間に利害関係の対立のない国を選ぶ。
自分は君民供治を理想とするが、そのようなものが地上に存在するはずもないだろう。
したがって自分は止むを得ず民主主義を選ぶのである」

さて、どこにそのような国はあるんでしょうか?

ヨハネの黙示録

第7章 抜粋

 その後、わたしが見ていると、見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、数えきれないほどの大ぜいの群衆が、白い衣を身にまとい、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立ち、大声で叫んで言った、「救は、御座にいますわれらの神と小羊からきたる」。
 御使たちはみな、御座と長老たちと四つの生き物とのまわりに立っていたが、御座の前にひれ伏し、神を拝して言った。
 「アァメン、さんび、栄光、知恵、感謝、ほまれ、力、勢いが、世々限りなく、われらの神にあるように、アァメン。

tamago

No title
>「外国人参政権付与に反対」といわずに、
>「憲法違反の外国人参政権付与に反対」と言いましょう。
>常に憲法違反のという言葉をいっしょに言いましょう。
>よりインパクトが強いと思います。
>Posted by よっぱらい at 2009年09月15日 00:09

賛成です

三本足の鴉

いつかきっと
>火事場の馬鹿力様
お忙しくとも見送りにいらしたのですね。私は残念ながら体調不良のために参加できませんでした。

麻生首相は政治家としてのみならず、最後まで国民に笑顔を絶やさぬ立派な人格者でいらっしゃいました。応援のメッセージのみとなりましたが、参加できずとも心で一緒に日の丸を振っておりました。様子を伝えていただきまして有難うございました。

これから民主と特亜に内外から食い荒らされる日本となるのでしょうか。今までと違い政権政党としての実体を保持できない自民党は次の政権の受け皿にならないかもしれませんが、苦境に絶えて時を待つ日本人の本領が存分に発揮され、真の保守政党再生の暁には第二次麻生内閣の発足を願って止みません。

私も麻生首相に倣い、微力ではありますが頑張る気持ちになりました。

tamago

No title
【鳩山新内閣】 法相:千葉景子

「音声とめて!」 民主党、千葉景子が国籍法をゴリ押し (2分過ぎ)
http://www.youtube.com/watch?v=DebpqpFsdsQ

澤 雄二(法務委員長)「別にご意見も無い様ですから・・・・」
丸山議員(自民)   「・・・丸山ですが・・・・」

千葉景子議員(民主) 「ちょっと・・・・・」

丸山議員(自民)   「法の趣旨ですが・・・・・・」

千葉景子議員(民主) 「座れ!」

自民以外の議員    「理事会で決まってるんでしょ」
民主党議員      「なにしてるんだ 自民党は」

千葉景子議員(民主) 「座れ!」

澤 雄二(法務委員長)「速記とめてください」
丸山議員(自民)   「周知徹底される様な付帯決議のですね・・・」
自民党以外の議員   「自民党どうするんですか?国対委員長!」

千葉景子議員(民主) 「もう帰れ!」

自民党以外の議員   「理事会で決まってるでしょう」
自民党以外の議員   「国対委員長!」
澤 雄二(法務委員長)「申し訳ございません」
自民党以外の議員   「しっかりしてくださいよ委員長」
   ?       「速記!」
澤 雄二(法務委員長)「別にご意見も無い様ですから・・・・」

こんなやつが法相になる......


防衛相 北沢俊美やばくないか?
・北京オリンピックを支援する議員の会幹事

火事場の馬鹿力

メソメソすんなよ(笑)、と言われそう。
会社、休んで麻生さんのお見送りに行きました。
麻生内閣の景気対策の効果で仕事が忙しくなってきたので…結構、迷ったのですが…。
ねずきちさんのブログを読んで行って良かったと思っています。
麻生さん、車を止めて出て来て、見送りの人達に手を振ってくれました。
「ありがとう」だけは言えました。
明るい素敵な笑顔でした。
国会も党内も大変なのに…凄い、タフだなと思いました。
日の丸の小旗を振りながら、この一年間が思い浮かび、目がしらが熱くなりました。
今日、日本はこの強く、優しいリーダーを失いました。

自分が大好きなこの国、日本に何が出来るか…考え始めています。

1級品
二級・三級のリーダーが何人いても同じです。一級品のリーダーが一名いれば教育で次世代の一級品を作る事が出来ます。政治も経済も一諸、自民党再生には一級品の人材を作り・掘り起こすことでしょう。
優秀な人材を老体が出口を塞いではいけません、麻生さんは未だ若いのです。
初動全力で自民党は行動を起こしてほしい、飛行機でも初動全力でないと浮遊しません。加えて自民党の若手も一人前の大人、今から勉強しますと言う様な事は口を滑らすべからず。

拡散方法ですが、freeml、gree、mixiなどのsnsは足跡が残るので、あちこちに足跡を残せば、足跡を辿って人が来ます。ねずきちさんのブログを感動したと最新の日記やプロフィールで紹介すれば、その内の何人かはねずきちさんのブログに誘導できます。一日に百枚ビラを配るより、snsで百人に足跡をつける方が簡単です。皆さんも是非ためしてみて下さい。

ねずきち

本文とは全然関係ないことなのですが・・・・
ある人から、左翼のネット工作隊の話を聞きました(笑)

写真も拝見させていただいたのですが、そこはとあるマンションの一室。

10台ほどのパソコンと、若者が3~4人。

若者たちは、日がな一日、MMOと呼ばれる大規模参加型の韓国製ゲームをして遊んでいます。

ときどき遊び疲れると、他のパソコンをチェックする。

パソコンには、ヤフーの掲示板、2ちゃんねる、ブログサイトなどが表示されており、なにかレスがつく都度、そこに嫌がらせの書き込みをする。

パソコンは、書き込む都度、IPアドレスが変わるようにセットしてあるので、書き込みの都度、サイト側では別人として認識する。

大量に書き込みをするので、ひとつひとつは、2~3行。

たまに、長い文章も書くことがあるそうです。

嫌がらせコメントなどは、粘着して袋叩きにすることを装う。

つまり、実際に叩いているのは、ひとりふたりなのだけれど、IPアドレスを詐称することで、多くの人が叩いている風を装うのだそうです。

こうすると、たいていの日本人は嫌になって、そのブログを閉鎖したり、更新頻度が下がったり、あるいは掲示版などでは、いじめを受けている状態になって、消えていく。
それが彼ら工作隊の狙いなのだそうです。

アンケートなどでは、上からの指示で、特定の政党や意見について、徹底的に書き込みをする。

2~3行のコメントで、次々、アップする。
それを自動で実行するソフトなどもあるのだとか。

ブログランキングも、特定のサイトについては、ちゃんとお金をもらって、自動実行でランクリをする。

一日何回のクリックで、いくら、という料金設定になっているのだけれど、政治的理由で、工作隊側で特定のブログサイトのランクリをすることも多いのだとか。

そういう施設が、全国に数か所。

いいかえれば、ほんのわずかな連中が、どこから給料をもらっているのか知らないけれど、ネット工作隊として活動している。

要するに、右翼左翼とかいわれて、なにやらネット上でも左翼というのは、国民の半数もしくは過半数を占めているように見受けられるけれども、実際には、そういう工作隊によって、世論のようなものが作られているにすぎない・・・・というのが実情なのだそうです。


ちなみに、このブログにもときたまそういう工作員とおぼしき者が現れるけれど、ここでは彼らが逆に袋叩きにされる。

日本人をなめるな!

d(゜ー゜*)ネッ!

-

麻生さんが気にしていたこと
麻生さんは、最後の最後まで、景気回復対策、国際社会の金融問題、安全保障問題、外交政策、個別では海賊対策など、国の基本となる政策や、日本の進むべき道について非常に心配していたようですね。

美子

戦う勇気
ねずきちさん、ありがとうね。私はねずきちさんから勇気をもらいました。知識ももらいました。半年前の私からは考えられないことです。今、自分の中に、日本民族の血を感じます。日本民族に生まれたことに誇りを感じます。以前は政治にも無関心、民族の誇りなんてありませんでした。これからもよろしくお願いします
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク