イザベラ・バードの日・中・韓紀行



人気ブログランキング ←はじめにクリックをお願いします。

江戸時代の日本:写真家小川一真(撮影年度不詳)
東海道岩淵からの富士山


イザベラ・バード(Isabella Lucy Bird)という人は、英国人の女性旅行家・紀行作家です。

生まれたのが1831(文政13)年、亡くなられたのが1904(明治37)年です。

彼女は、江戸~明治期のシナ、韓半島、日本を紀行し、数々の写真とともに、当時の3国の状況を仔細に観察し、述べています。

彼女は、1878年(明治11年)6月から9月にかけて、東京を起点に日光から新潟へ抜けての旅をしました。

そして栃木から鹿沼市へ抜ける日光杉並木を観て、「よく手入れされた麻畑や街道沿いの景色に日本の美しさを実感した」と綴っています。

日下部金兵衛・日光街道杉並木(撮影年度不祥)
日下部金兵衛・日光街道杉並木(撮影年度不祥)


また日光で滞在した金谷邸では、その内外に日本の牧歌的生活があると絶賛し、ここに丸々2週間滞在したうえ、日光の景勝地を探訪しています。

日光滞在10日目に訪れた奥日光では、梅雨時の豊かな水と太陽に育まれた植物・・・

コケ、シダ、木々の深緑、そして鮮やかに咲き誇る花々が、中禅寺湖、男体山、華厳滝、竜頭滝、戦場ヶ原、湯滝、湯元湖を彩る様子を闊達に描写し、惜しみない絶賛を与えています。

街道の終点である湯元では、温泉を訪れている湯治客の様子を詳細に記し、その宿屋が

「たいへん清潔である」と評し、

そして

「ここは埃まみれの人間ではなく、妖精が似合う宿である」とまで形容した。

さらに山形県の赤湯温泉では、置賜地方を「エデンの園」と称え、

その風景を「東洋のアルカディア」と評した。
※アルカディア=ギリシャ神話に出てくる理想の楽園

イザベラ・バード
イザベラ・バード


彼女は、『日本奥地紀行』では当時の日本を次のように書いています。

「私はそれから奥地や蝦夷を1200マイルに渡って旅をしたが、まったく安全でしかも心配もなかった。世界中で、日本ほど婦人が危険にも無作法な目にもあわず、まったく安全に旅行できる国はないと信じている。

「私は、これほど自分の子どもをかわいがる人々を見たことがない。
子どもを抱いたり、背負ったり、歩くときには手をとり、子どもの遊戯をじっと見ていたり、参加したり、いつも新しい玩具をくれてやり、遠足や祭りに連れて行き、子どもがいないといつもつまらなそうである。」

「いくつかの理由から、彼らは男の子の方を好むが、それと同じほど女の子もかわいがり愛していることは確かである。
子どもたちは、私たちの考えからすれば、あまりにもおとなしく、儀礼的にすぎるが、その顔つきや振舞いは、人に大きな好感をいだかせる。」

「ヨーロッパの多くの国々や、わがイギリスでも地方によっては、外国の服装をした女性の一人旅は、実際の危害を受けるまではゆかなくとも、無礼や侮辱の仕打ちにあったり、お金をゆすりとられるのであるが、ここでは私は、一度も失礼な目にあったこともなければ、真に過当な料金をとられた例もない。群集にとり囲まれても、失礼なことをされることはない。」

「ほんの昨日のことであったが、革帯一つ、忘れものをしていた。
もう暗くなっていたが、その馬子はそれを探しに一里も戻った。
彼にその骨折賃として何銭かあげようとしたが、彼は、旅の終りまで無事届けるのが当然の責任だ、と言って、どうしてもお金を受けとらなかった。」

「彼らは礼儀正しく、やさしくて勤勉で、ひどい罪悪を犯すようなことは全くない。」

「日本の大衆は一般に礼儀正しいのだが、例外の子どもが一人いて、私に向かって、中国語の「蕃鬼」(鬼のような外国人)という外国人を侮辱する言葉に似た日本語の悪口を言った。
この子はひどく叱られ、警官がやってきて私に謝罪した。」

「家の女たちは、私が暑くて困っているのを見て、うやうやしく団扇をもってきて、まる一時間も私をあおいでくれた。
料金をたずねると、少しもいらない、と言い、どうしても受けとらなかった。
彼らは今まで外国人を見たこともなく、少しでも取るようなことがあったら恥ずべきことだ、と言った。」

「吉田は豊かに繁栄して見えるが、沼は貧弱でみじめな姿の部落であった。
しかし、山腹を削って作った沼のわずかな田畑も、日当たりのよい広々とした米沢平野と同じように、すばらしくきれいに整頓してあり、全くよく耕作されており、風土に適した作物を豊富に産出する。
これはどこでも同じである。草ぼうぼうの「なまけ者の畑」は、日本には存在しない。」

「どこでも警察は人々に対して非常に親切である。
抵抗するようなことがなければ、警官は、静かに言葉少なく話すか、あるいは手を振るだけで充分である。」

「警察の話では、港に2万2千人も他所から来ているという。
しかも祭りに浮かれている3万2千の人々に対し、25人の警官で充分であった。
私はそこを午後3時に去ったが、そのときまでに一人も酒に酔ってるものを見なかったし、またひとつも乱暴な態度や失礼な振舞いを見なかった。
私が群集に乱暴に押されることは少しもなかった。
どんなに人が混雑しているところでも、彼らは輪を作って、私が息をつける空間を残してくれた。」

「私はどこでも見られる人びとの親切さについて話したい。二人の馬子は特に親切であった。
私がこのような奥地に久しく足どめさせられるのではないかと心配して、何とか早く北海道へ渡ろうとしていることを知って、彼らは全力をあげて援助してくれた。
馬から下りるときには私をていねいに持ち上げてくれたり、馬に乗るときは背中を踏み台にしてくれた。
あるいは両手にいっぱい野苺を持ってきてくれた。それはいやな薬の臭いがしたが、折角なので食べた。」

「私の宿料は《伊藤の分も入れて》一日で三シリングもかからない。
どこの宿でも、私が気持ちよく泊れるようにと、心から願っている。
日本人でさえも大きな街道筋を旅するのに、そこから離れた小さな粗末な部落にしばしば宿泊したことを考慮すると、宿泊の設備は、蚤と悪臭を除けば、驚くべきほど優秀であった。
世界中どこへ行っても、同じような田舎では、日本の宿屋に比較できるようなものはあるまいと思われる。」

「誰の顔にも陽気な性格の特徴である幸福感、満足感、そして機嫌のよさがありありと現れていて、その場所の雰囲気にぴったり融けあう。
彼らは何か目新しく素敵な眺めに出会うか、森や野原で物珍しいものを見つけて感心して眺めている時以外は、絶えず喋り続け、笑いこけている」

「しばらくの間馬をひいて行くと、鹿皮を積んだ駄馬の列を連れて来る二人の日本人に会った。彼らは鞍を元通りに上げてくれたばかりでなく、私がまた馬に乗るとき鐙をおさえてくれ、そして私が立ち去るとき丁寧におじぎをした。このように礼儀正しく心のやさしい人びとに対し、誰でもきっと好感をもつにちがいない。」

「伊藤は私の夕食用に一羽の鶏を買って来た。ところが一時間後にそれを絞め殺そうとしたとき、元の所有者がたいへん悲しげな顔をしてお金を返しに来た。彼女はその鶏を育ててきたので、殺されるのを見るに忍びない、というのである。こんな遠い片田舎の未開の土地で、こういうことがあろうとは。私は直感的に、ここは人情の美しいところであると感じた。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バードは、朝鮮を1894年に訪問しています。
釜山、ソウルに滞在した後、漢江流域を踏査し元山へ、そして同年11~12月にはロシア領内の朝鮮人社会を視察した。
そこで「朝鮮奥地紀行」を著します。
当時の朝鮮は、日本が統治する以前、李氏朝鮮末期の時代にあたります。

「朝鮮人には猜疑、狡猾、嘘を言う癖などの東洋的な悪徳が見られ、人間同士の信頼は薄い。女性は隔離され、ひどく劣悪な地位に置かれている。」

「政府、法律、教育、礼儀作法、社会関係そして道徳における中国の影響には卓越したものがある。これら全ての面で朝鮮は、強力な隣人の弱々しい反映に過ぎない。」

「私は北京を見るまではソウルを地球上でもっとも不潔な都市、また紹興(中国浙江省北部の県)の悪臭に出会うまではもっとも悪臭のひどい都市と考えていた。
大都市、首都にしてはそのみすぼらしさは名状できない程ひどいものである。」

イザベラ・バードが見た朝鮮
イザベラ・バードが見た朝鮮


「礼儀作法のために、二階家の建造が禁じられている。
その結果、25万人と見積もられている人びとが“地べた”、主として迷路のような路地で暮らしている。
その路地の多くは、荷を積んだ二頭の雄牛が通れないほど狭い。
実にやっと人ひとりが、荷を積んだ雄牛一頭を通せる広さしか無い。
さらに立ち並んでいるひどくむさくるしい家々や、その家が出す固体や液状の廃物を受け入れる緑色のぬるぬるしたドブと、そしてその汚れた臭い縁によって一層狭められている。」

「ソウルには美術の対象になるものが何も無く、古代の遺物ははなはだ少ない。
公衆用の庭園も無く、行幸の稀有な一件を除けば見せものも無い。
劇場も無い。
ソウルは他国の都市が持っている魅力をまるで欠いている。
ソウルには古い時代の廃墟も無く、図書館も無く、文学も無い。
しまいには、他には見出せないほどの宗教に対する無関心から、ソウルは寺院無しの状態で放置されている。
一方、未だに支配力を維持しているある種の迷信のために、ソウルには墓がないままにされている。」

「ミラー氏と召し使いが綱を強く引っ張っている時、私はしょっちゅう川岸沿いに独りぼっちで、2時間か3時間ぶらついていた。
その小道が淋しい所かまたは村に通じていようがいまいが、私は、ひどく躾の悪い遣り方で示された好奇心以上の不愉快なものには、一度も出会わなかった。
そしてそれは、主として女性によるものであった。」

「その肩に税の重荷が掛かっている人びと、つまり特権を持たない厖大な大衆が、両班にひどく苦しめられているのは、疑いない事である。
両班は代金を支払わないで、人びとを酷使して労働させるばかりでなく、さらに貸し付け金の名目で、無慈悲に強制取り立てを行なっている。
ある商人か農夫がある程度の金額を蓄えたと噂されるか知られると、両班または役人が貸し付け金を要求する。」

「女の人たちと子供たちは山のようになって、私の寝台の上に坐った。
私の衣服を調べた。
ヘアピンを抜いた。
髪を引き下ろした。
スリッパを脱がした。
自分たちと同じ肉や血なのかどうか見るために、私の着物の袖を肘まで引き上げて、私の腕を抓った。
私の帽子を被ってみたり、手袋を嵌めてみたりしながら、私のわずかばかりの持ち物を詳しく調査した。」

「長安寺から元山への内陸旅行の間、私は漢江の谷間でよりも、朝鮮の農法を見る良い機会に恵まれた。
日本のこの上なく見事な手際のよさと、中国の旺盛な勤勉に比べて、朝鮮の農業は無駄が多く、だらしない。」

「朝鮮では、私は朝鮮人を人種の滓と考え、その状況を希望の持てないものと見做すようになっていた。」

「私は出発する前に、無感動できたなく、ぽかんと口を開け、貧しさにどっぷり浸っている群集に包囲されて、宿屋の中庭のごみ、むさ苦しさ、がらくた、半端物の真ん中でじっとしていた。
朝鮮人は見込みのない、無力で哀れな痛ましい、ある大きな勢力に属している単なる羽に過ぎない、と感じた。」

「もしある人が小金を貯めた、と伝えられると、役人がその貸与を要求する。
仮にその要求を承諾すると、貸し手は往々にして元金または利息に二度と会えなくなる。
もしその要求を拒絶すると、その人は逮捕され、破滅させるために捏造されたある種の罪で投獄される。
そして要求された金額を差し出すまで、彼か親類の者が鞭打たれる。」
(これって、いまの日本?!)

「狭量、千篇一律、自惚れ、横柄、肉体労働を蔑む間違った自尊心、寛大な公共心や社会的信頼にとって有害な利己的個人主義、二千年来の慣習や伝統に対する奴隷的な行為と思考、狭い知的なものの見方、浅薄な道徳的感覚、女性を本質的に蔑む評価などが朝鮮教育制度の産物と思われる。」

「朝鮮の大きくて普遍的な災難は、大勢の強壮な男たちが、少しましな暮らしをしている親類か友人に頼るか“たかり”に耽る習慣である。
それを恥としないし、非難する世論も無い。
少ないけれども一定の収入がある人は、多くの親類、妻の親類、大勢の友人、親類の友人たちを扶養しなくてはならない。」

「1897年の明確に逆行する動きにも拘わらず、私はこの国の人びとの将来に希望が無いとは決して思わない。だが、次の二つの事が非常に重要である。
1、朝鮮は、内部からの改革が不可能なので、外部から改革されねばならない事。
2、君主の権力は、厳しくて永続的な憲法上の抑制の下に置かねばならない事。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バードは1895年12月に上海に渡ります。
上海から揚子江を万県まで遡り、さらに陸路を保寧府、成都まで進んだ。
彼女は、中国社会の活力と公正さを高く評価しるけれど、それは“最悪”の朝鮮社会を見た直後だったからかもしれない。

「中国人は無学であるし、信じがたいほど迷信深い。だが、概していえば、いろいろな欠点はあるにしろ、ひたむきさという点では他の東洋民族にはないものがあるように思われる。」

「〈文人階級〉の多くの人々の無知さ加減はひどい。
それは宿坊での会話の中にとめどもなく現われてくる。
軍のある高官は、劉を頭とする黒旗軍が台湾から日本人を駆逐したとか、劉が神々に誓った誓いと祈りが功を奏して台湾海峡が大きく口を開いたとか、ロシア、イギリス、フランス、日本の海軍が戦渦に広く巻き込まれ、やられてしまったとか言って憚らなかった」

「中国で仁が重んじられているという印象は日常生活からはさほど受けない。
中国人の性格に関するこの国での一般的な見解は、冷酷、残忍、無慈悲で、徹底して利己的であり、他人の不幸に対して無関心であるというものである。」

「彼女たちの質問はまことに軽薄だったし、好奇心は異常なまでに知性を欠いていた。
この点で日本人の質問とは好対照だった。
ここには、していることに目新しさも多様さもなく、食べることと書くことだけをしている人間を何時間にもわたってジロジロ見ることに費やすという、大人としての異常なまでの無神経さが見てとれた。」

「群集はどんどん増え、囃し立てたり怒鳴ったりして、どんどんやかましくなった。
口々に『洋鬼子』、『外国の悪魔』とか『吃孩子(子供食い)』と叫ぶ声がどんどん大きくなり、怒号と化していくのがわかった。
狭い通りはほとんど通れなくなった。
私が乗った車は、何度も何度も棒で叩かれた。
泥や嫌な臭いのするものが飛んできて命中した。
ほかの連中よりも大胆なのか臆病なのかわからないが、一人の身なりのよい男が私の胸を斜めに強打した。
叩かれたところはみみず腫れになった。
後ろから両肩を強打する連中もいた。
わめく輩は最悪だった。
激昂した中国の暴徒だった。」

「信じられないような汚さ、古期英語を用いないと表せないようなひどい悪臭、薄汚なさ、希望のなさ、騒がしさ、商売、そして耳障りな騒音は中国の都市に共通する特徴である」

「中国の町のごろつき連中は、無作法で、野蛮で、下品で、横柄で、自惚れが強く、卑劣で、その無知さ加減は筆舌に尽くせない。
そして、表現することも信じることもできないような不潔さの下に暮らしている。
その汚さといったら想像を絶するし、その悪臭を言い表せる言葉は存在しない。
そんな連中が日本人を、何と『野蛮な小人』と呼ぶのである!」

「トルコやペルシャ、カシミール、朝鮮を、私のように数年にわたって旅したことがある人なら、中国の人々が虐げられた国民などではさらさらないことがわかって驚くことになる。
また、現制度下にあってさえ、賄賂はあるものの税は軽く、働けば金になり、理にかなった自由もかなりあることがわかって驚くことになる。」

「大勢の薄汚い役人が何もせずにぶらぶらしているといったことはなかった。この点は朝鮮とは異なっていた。」

「飛び道具は手近にいくらでもあった。石の一部は轎や轎かきに当たったし、私の帽子にも当たって帽子が飛ばされてしまった。
『外国の悪魔』とか『外国の犬』という叫び声のすさまじさといったらなかった。
石が轎めがけて雨霰のように投げつけられた。
そして一つの大きな石が私の耳の後ろに命中した。このひどい一撃によって、私は前に倒れ込み、気を失ってしまった。」

「病気の苦力は木の下に横たえられた。
そこで私はその男の燃えるような額に濡れたハンカチを当ててやった。
その時、中国人の潜在的な残虐性が現われた。
あの実に愛らしい創造物である観音が広く崇拝されているのに、この連中には何の感化も及ぼしていないことがわかった。
何も運んでいない苦力が5人いたので、一匹のラバの荷物を5人で分け合い、病気の男をラバに乗せるように提案してみたけれど、拒絶したのである!
この12日間、寝食をともにしてきた男なのに、である。
しかも、お前達はこの男をここに置き去りにして死なせるつもりかと尋ねると、彼らはせせら笑いながら、『死なせればいい。もう何の役にも立ちませんぜ』とのたまった。
病気の男が懇願した水が目と鼻の先にあったにもかかわらず、それをやろうとさえしなかった。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後に、ペリー提督の日本評をひとつ。

「日本人は自分の祖国に対しては感激家で、先祖の偉業を誇りとしている。

教養ある人も普通の人も天皇の古い皇統に対し限りない愛情を抱き、古い信仰や風俗習慣を重んじる。

それゆえ外国人が、日本人の民族性に追従し、彼らの宗教や風俗習慣を尊重し、そして原始時代の伝統や神として崇められた英雄の賛美に好意をもって耳をかたむける。」


≪おまけ≫
「日本人は笑い上戸で、心の底まで陽気である。
日本人ほど愉快になりやすい人種は殆どあるまい。
良いにせよ悪いにせよ、どんな冗談でも笑いこける。
そして子どものように、笑い始めたとなると、理由もなく笑い続けるのである。」
(仏人、ボーヴォワル)


やっぱり日本人に生まれてよかったと思った方
↓クリックを↓
人気ブログランキング

日本の四季(里山の紅葉)


日本の心を伝える会では、いま会員の募集をしています。
登録無料!! ご入会は、
①ハンドルネーム
②お住まいの都道府県
③メールアドレス

の3つを書いて、assist@nippon-kokoro.com にメールするだけ。
ご入会受付後、メーリングリストへの招待メールをお送りいたします。
この機会に、あなたも是非、どうぞ^^♪
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

転載 外国でこのイザベラ・バードをPCでサーチすると韓国の偽物版しか出てきません。 

イザベラ・バードの朝鮮紀行「英国婦人の見た李朝末期」 という本について、韓国の出版社が出したものは内容に悪質な改竄が見られるという驚くべき犯罪性の指摘です。
はじめまして。外国に住んでいる日本人主婦です。
実は去年、英国人作家イザベラ・バードの朝鮮紀行(Korea and Her Neighbors)の英語版を取り寄せようとPCで調べていたら英国の出版社の物と韓国内で出版された種類のものがある事に気がつきました。英国の出版社の原版は下記のHPにある内容だと思いますが。(韓国は何故反日か?)より。
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea2.html
http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20080827/copipe
外国でこの本をPCでサーチすると偽物版しか出てきません。本の紹介、あらすじの中で日本軍が韓国を支配中に建物をどんどん壊していったなどと書かれています。原本の英国の出版社に知らせれば虚偽本出版社は訴えられるのではないでしょうか?

kinako

日本人の素晴らしさ
私は、日本人の国民性の素晴らしさはかなりすごいと思います。まあ最近は戦後教育のせいで、劣化し来ましたが、でも本来持っている日本人の良さは変わらないと思っています。
しかし、私の主人などに中韓の話題で批判的な事を言ったり、日本人の立派である話をすると、どうしても偏見のように思えるらしいです。日本人は、特別ではなく普通であって、他の民族も普通であって、民族性の個性は違えども、日本だけが特別ではないという考え方です。こういう考えの人は今の世に多いと思います。もちろん、選民思想のような傲慢な考え方はどうかと思いますが、はっきりと歴史や事実の中で示された日本人の優れた部分をしっかりと教えられていないために、日本人だって不正はあるという部分のみにこだわって、日本を矮小化してとらえるところがあるように思います。このブログでも以前人間を矮小化してはいけないと述べられていたことがありますが、それと同じです。駄目な部分を探せばいろいろあるけれど、日本の素晴らしいところをもっともっと探し出して、人々に認識させないと、今のグローバルな情報化社会の中では、誇りある日本人が育たないと思います。その意味で、ねずきちさんのブログはほんとうに素晴らしいと思っています。ありがとうございます。

TEXAS

No title
Lay様、

DVDですか、手に入れてみる予定です。 こちらに公文書を保存する組織があり(正式な名前は忘れました)、情報公開法を適用すれば当時のマッカーサーの言論記録は取れるはずなので、著作にするために誰かがもう請求していると思います。 では、その著作となると~~~私には解りませんので、日頃から新刊案内には気をつけています。

見つけたのは、http://www.sankei.co.jp/seiron/maca/2004/maca/01/MacArthur57.html これで、 この中に『日本の防衛意云々~~が書かれているようです』

Lay

誤読ではありませんか?
第一義 様
aaaa 様の 下記の投稿

【拉致されたのは日本人だけではない。何故か話題にまったくならないけれども、拉致されたのは日本人だけではないぞ。
在日も拉致されてるんだぞ。北に。
その拉致された人物に北の工作員が成りすまし、日本国内で工作活動をする。
それを防ぐため、在日から要望されてはじめたのが「指紋押捺」。
しかし、'80年代なって、突然マスコミが騒ぎ出す。「差別だー」
これの主導は民潭という話だが、だとしたら民潭は在日を売ったわけだ、北に。】

私にはこの文章の意味は、【北朝鮮という反・嫌日独裁国は、日本に工作員を送り込むためには、日本人を拉致しただけではなく、同胞である在日をも拉致するほどの見境のない『ならず者国家』である。在日は拉致を恐れて「指紋押捺」を要求したが、マスコミが差別だと騒ぎ反故にされた。仕組んだのは民潭である。】 となりますが、どうでしょうか? もう一度冷静に読んでもらえませんか?あきちゃ様も私と同じように読まれたようですよ。

「aaaaへ agein
>何故か話題にまったくならないけれども、拉致されたのは日本人だけではないぞ。
在日も拉致されてるんだぞ。北に。

もう一言言う、クソチョンaaaaよ

在日の拉致?聞いたことねえぞ。たとえあっても君ら同胞の問題。

日本は一切関知しないし、関係ない。
それでも必死に日本が悪いといわんばかりのこのコメントが哀れだね。

やっぱり利益が同一なら団結するのか、下劣な糞チョンと言われるゆえんだな 」 は的をはずしていませんか?

「在日も拉致されてるんだぞ。北に。 」は聞いたこと無いけど、どういうソースからの話ですか? あたりから入った方が無難でしたね。 私には「勇み足」に思えますがいかがですか?  


Lay

TEXAS 様
それが「物」としては貴重品ではないのです。
「東京裁判 DVD」で検索すると容易に手に入るようですよ。  

また、日本ではケーブルTVの「ヒストリー・チャンネル」で8月には週1回ペースで放映しておりました。

5時間以上の大作ですが、ドキュメントですから、編集による「操作」があるとしても、いまとなれば歴史的には貴重な映像ではあります。

ほうきばら

上を向いていきましょう!
ねずきち様 皆様
私も一石を投じました、すみませんでした。


TEXAS様

書籍の紹介ありがとうございます。
アマゾンでレビューをみました。
良書の予感です、読んでみたいと思います。


またロム専に戻ります。
このブログの周知活動はしていきたいと思います。v-82
だいぶ涼しくなりましたので、寝冷えなどされぬよう皆様お気を付けてお過ごし下さい。

TEXAS

書籍
10年位前に発行された『国民の歴史』西尾幹二(産経新聞社)
約800頁の厚さですが、秋の夜長にいかがでしょうか。

私は、読み直しています。

ねずきち

本件記事への投稿について
本件記事について、コメント欄に他の読者の不愉快になるやりとりあがるとの報告をいただきました。

歴史というもは、後世を生きる人間が「学ぶためにこそある」というのが、ねずきちの考え方です。

「学ぶ」という姿勢を忘れ、互いの解釈や受け取り方について意図的な否定や中傷を行う行為は、過去を生きた先人や歴史への冒涜です。

謙虚に学ぼうと集う多くの皆様に対し、冒涜は不快なものにしかなりません。

従いまして、本件記事に関し、以降、いかなる批判、中傷であっても、これを行う者は、以降、投稿禁止措置をとらせていただきます。

以上よろしくお願いします。

ミヤビ

優しさと寛容
私は、女性ですから戦闘員にはなりません。
あくまでも、良い母として妻として、仕事を通じて人々に奉仕して生きていくことを第一に考えております。
その中で、この私が死守しなければいけない世界が、危険にさらされていると感じて、政治がいけないのではないかと感じて、こちらを選んで勉強させていただいております。
毎日、懸命に生きてヘトヘトになって帰ってきて、パッとこのブログを開けたとき、心休まる場所であって欲しいです。
私が嫌悪するのは、どんなに正しいことを主張されても負のパワーで満ちているとしたら、それは本末転倒です。
真正保守をなんとしても樹立して素晴らしい日本を!と強く思いすぎると、欲が生まれ魔に魅入られてしまいます。
私の周りにはそのような人がたくさんおります。
権力・財力・名誉欲は人間の向上と結びつきますが、度を越すと全てを失います。
このような愛国の活動も同じではないでしょうか。
だから、私はどのような意見も善意で受け止め、和がもたらせるように勤めるのが、女性としての役割と心得生きております。
善意で生きるということは、損することもあります。
でも、いつも損して傷ついた分、ちゃんと得るものもある!というのが48年間生きてきたわたしの実感です。

今日も明日も仕事で大忙しです!
皆様のご健勝とご繁栄を心からお祈りいたします。
反感さんも頑張って下さいね☆

TTM

有り得ない手法。
ねず機知ブログ=日心会を、かぐや姫さんのメガネに叶う至誠の人々だけでやりたい、主のねず機知さんも同意見と言うなら、好きなようにやられたらいい。

きのうの、あなたの反感さんやあきちゃんに対する不遜な態度、あれでいいのですか?
あなたが「誠実認定」するまで、その候補者たちはあなたの「誠意のない言葉」を甘んじなければならないのですか?
無事合格しても、またあなたが誠意を感じないと思えば、その時はどうするのですか?

少なくとも、私が目指しているのは、女帝が君臨する新興宗教モドキなどではありません。

かぐやひめ

TTMさま
共同作戦かーと言うお問い合わせですが、
このことについて、あるいはリストの顔ぶれを照らし合わせてもいません。(まだ、できてませんから)

言えることは、
同じ時に同じ「凛として愛」を見て一緒に泣いていた二人は、同時に同じコメントに「誠意を感じ、不誠意を感じる」同じ感性をもっているということです。

これが、どういうことなのか、私にはわかりません。
そして、これはサイバー空間の現実ではありますが、私の生活も、ねずきちさんの生活も「現実」を揺るがすことではありません。

それぞれに、自分の家族と周辺の世界を持ち、その世界をこのサイバー空間に持ち込むこともしません。サイバー空間から出て私生活を破壊することもしません。

ただ、自分の知らない力に導かれてここに流れ着き、気が付いたら「義」だか「忠」だか、同じ定めの玉を持つ人々が同じように流れ着いていた・・・

いつ、どうやってねずきちさんと同じ考えを持っていると気付いたのかもよくわかりません。

この感覚は私だけのものではないと思います。
ほかにも、いらっしゃるはずです。

私は、まだ、ねずきちさんにお会いしたこともありません。

この空間から消えてしまえば、雲散霧消してしまう。

住所も知りませんからね。知っているのはこのブログへのアクセス方法だけです。

私は、何遍も笑ってしまいますが、占い好きの私のどの占いで見てもねずきちさんと私は別に「相性はよくありません」

どういう因縁に導かれて、同じ方向に歩きだしたのか、わかりません。
わからないからこそ、これは「私に天から与えられた責務だ」と、感じるのです。

そして、ほかにも、同じ力に導かれて同じ岸辺に流れ着いた方々がらっしゃると信じます。
私が、探しているのは同志です。

同じ星を見上げてくれる人です。

そのいやらしい言い方、
陰に隠れて、かぐやひめとねずきちさんが夜な夜な「こいつは工作員や。これはどうだろう」と相談しているような書き方!

それを「相手を非難する言葉は、その人自身をあらわす」と言います。

もしも、そうしなければ、ねずきちさんが何を考えているのか、わからないようなら、私は、これからの人生をかけたりしません。

そうではないから、それを一番おどろいているのは、この私自身です。

思うに、今の日本・世界に起こっていることは、普通の事ではないので、こういう普通じゃないことがあるのだと・・・

だからといって、このさき、実際にねずきちさんと、現実の世界でどれだけ同じ作業をするかは、わかりません。そのころには、もっとたくさんの仲間が一緒に動いてくださるでしょう。

私は、私がしなければならないことをします。
今は、「どうも、最近コメント欄が変なんですけど。誠意が感じられない言葉が目立つのですが」と、
思いきって書かなければならないのでは、と感じました。

ねずきちさんからは「コメントは自由に書いてください」とだけ言われています。
なにを書けとか、何を書くなと言われたことはありません。
ねずきちさんは太っ腹だといつも思います。

私は、これまで自分の不規則な言葉でねずきちさんのブログを台無しにすることばかり恐れていました。

でも、どんな場合でも、死にものぐるいの誠意しか、天には通じないから、血まみれになるのを覚悟で一歩出ました。

私のリストに誰がはいっているかは、読み続けてこらた読者には、すでにお分かりでしょう。

工作員だ!とか、プロ市民!と非難しているわけではありません。

真剣に生きる姿、本気を見せてほしいのです。
国を愛する真実の心を見たいと思います。

誰かをやゆして追い出そうとか、人を憎んでいるのではありません
その誠意のない言葉を憎みます

TTM

あえて解答と質問。
以蔵さん。

>保守陣営の方々は、今後どの様な計画や策に基づき行動していくつもりなのでしょう?

→問題設定を間違えていますよ。
ここは、ねず機知ブログ=日心会の目的に基づき行動してるのであって、当然愛読者の以蔵さんならそれを良くご存知でしょう。
その限りですよ。
仮に、「保守陣営の計画や策」というものが有ったとしても、ここで聞けることではないでしょう。

>若い世代に対して、どう向き合い説得していくつもりでしょうか?

→若い世代だろうが・中年だろうが・老年だろうが、ブログや会の活動を通して「試行錯誤」を繰り返しながら、これから私たちの手で模索していくことです。

<質問すれば、当然何でも答えてもらえるなどという「学生気分」は捨ててください。>

確固とした計画や対策の正解がないのはおかしい、という発想自体がおかしいのですよ、共に活動する仲間だというのならば。
暗中模索しながら、目標に向かって皆んなで知恵を出し合う、マズイ所は改善していく、変化していく状況に対応していく・・・・現実の運動には、貴方がしきりに聞きたがるマニュアルなど何処にもないのです。

以蔵さんに、私から質問させてもらいます。
「以蔵さんは、私たちと共に活動する仲間ですか?それとも、他に何か目的があるのですか?」


以蔵

あえて…。
今回の一件、火種となり油を注いだのは自分の発言だと認識しています。それを理解した上で皆様方に質問させて頂きたいと思います。

一つ。保守陣営の方々は、今後どの様な計画や策に基づき行動していくつもりなのでしょう?
テレビや新聞等の一方的かつ、圧倒的なやり方に対して、どう効果的な策を以て望むつもりか?お聞かせいただきたい。
私個人としては、ただ闇雲に迎撃ミサイルを撃ち込む戦法では保守陣営は孤立へ進むだけと思います。

二つ。未だ学歴変偏重社会の中、疑問すら抱かずに日教組や自虐史観に基づく歴史教育を鵜呑みにしている若い世代に対して、どう向き合い説得していくつもりでしょうか?
マスゴミやミンス党、売国奴により一億総白痴化した中にも、ただ感情的な漠然とした疑問を抱きながら、当サイトへ来る方もいます。その彼等は労働者であり、親であり、次代を担い、リードする若者等でもあります。彼等は有権者や有権者になり、日本国の為に一票を投じる日本人であることを踏まえて回答頂きたい。

三つ。かぐやひめ様に無礼を承知で質問させて頂きます。かぐやひめ様の仰る「狸や狐」「鳩山内閣」とは、どなたのことでしょう?立場ある方には、その立場に伴う義務や責任、それを行使する使命があると思います。
かぐやひめ様を支持し、共感し、信じる方々がいる。何より御自身の発言の中、足を引っ張ろうとする輩がいると明言した以上、その発言に責任をもつ義務があるはずです。
私が足を引っ張ろうとする輩であるなら、私を含めハッキリさせるべきだと思います。

以上の質問については、私個人の責任によるものとさせて頂きたいと思います。

あきちゃ

なんだか
非常に嫌な感じになってますね。
fc2ブログのコメント欄はプロバイダの記録も残りますから
しっかり調べられたらどうでしょうか。
ちなみに私は家と会社と両方からアクセスしてます。

日心会のMLとこのブログのコメント欄でぶつかりあって、
久しぶりにネット上で疲れました。
まぁねずきちさんも見る人が自由に選んで とおっしゃって
いるのでしばらくコメント欄見るのやめようと思います。
記事見るだけなら非常にいい気分になれますから。

工作員認定されるのか、
工作員の罠に落ちて工作員に落ちぶれたと認定されるのか、、
その際にはブロトモ解除しておいてくださいね。

TTM

No title
ねず機知さん、こんばんは。

早速ですが、かぐや姫さんの「容疑者リストアップ」宣言は、貴方との合同作戦なのでしょうか?
かぐや姫さんが「誠意を感じられないコメント」と認定すれば、黒でアク禁にするのですか?
不信感を臆面もなく宣言して、どんな組織を作りたいんでしょうか?
有り得ない手法です。

TTM

反感さん、ご苦労さん。
反感さん、ご苦労さんでした。

私は指名されてませんが、「同志」ということでエールを送っておきます。
反感さんはクールなタイプで、ネチネチは嫌だろうと思い敢えて声をかけませんでした。

理屈では何とでも言えますが、「茶化し・荒らし」の判断は言うほどに難しいものではありません。
相手がその目的で書いているのですから、読めば一目瞭然です。
反感さんが毅然と言い切るように、この類は容赦なく撃退すればいいのです。

サヨクのブログは、軒並み投稿欄なし、あっても検閲制です。
彼等には、我々のようなブログ防衛隊がいないからです、その読者にそこまでの情熱も信念もないからです。

投稿欄を健全に維持するためには、反感さんのような毅然とした姿勢が必要不可欠です。

かぐや姫姐さんは、この分野では私の弟子みたいなものですから、私の評価で一応納得してください。
ここだけの話ですが、「こんなの私の手に負えないから、TTM様お願い!」と何度か「荒らしの撃退」を泣き付かれているんですよ、内緒の話ですが。





ふく

No title
あきちゃさんの意見に賛同ですね。

ブログは日本の良い話を掲載すると同時に、日心会への窓口にもなっているので、敷居は低い方が良いのかなと。

なるべく沢山の人に入会して貰って、工作員についてはMLの方で叩けば良いのでは?

日教組教育によって左翼思想が植え付けられ、でも自分の考えは本当に正しいのだろうか?と疑問を持った人達が意見を聞きに来る・・・

そういった場合には、優しく諭すような論調の方が効果的だと思うのです。

明らかな攻撃でなければ、聞く耳を持つのが大人のスタンスかと思います。

かぐやひめ様

過去の私のコメントを見てもらうと良く分かると思うのですが・・

私は保守論陣の書き込みに対して直接反論した事は無いのですよ。

左側の人の書き込みに対して反論しつつ、擁護しつつ・・・と遊んでいたら「お前のやり方は手ぬるい!」と怒られているだけでして(笑)

マアマア、落ち着いて、ゆっくり聞きましょうや・・・なんて発言をすると、火に油を注いでしまう状況になってしまうだけの事で・・・

TEXAS

No title
Layさん、

貴重品ですよ、それは。 何かの会があった時に上映なされるといいですね。
マッカーサーが軍事委員会で『あの戦争は、日本の防衛だった~~』このビデオ?もあるはずです。 youtubeで見つけられるといいのですが。

土日は、洗車と読書で過ごします。 今は「オバマの仮面を剥ぐ」浜田和幸/光文社を読んいます。

かぐやひめ

ちょっと
あなたも、ちょっと、その気配がしますね。
ライン上です。

今、私の中で、リスト作成中、そのうち、答えがでるでしょう。

面白くなってきました。
はじめての経験ですから・・・
人生長く生きんとあかんね。

まだまだ面白いことがあるなんてね。

あなたの自信まんまんの言い方が臭いのよね。

それと、ずいぶんと連携プレーがされています。
もしかすると、配役のうちの二人は、同一人物じゃないかと思ってみたり。(男女に別れたら口調がかえられるでしょう?ばれにくいじゃん)

ひまじがそんなにいるわきゃないので、どれかとどれかは、同じひとじゃないかな?ふた組ぐらいありそう。似てるから。空気が。ていうか、立ってる土台のレベルが同じ人がふた組あんのよね。

だいたいやね、誠意が感じられないのよね。コメントに。
誰のと誰のが誠意がないかを今、リストアップしてる。

それと、過去に嫌な書き込みをした人が、何人かいるんよね。プロがさ。(私の記憶力を馬鹿にしちゃいけないよ。知能指数150あったんだから)

ねずきちとは、かぎらないよ。ほかでも見かける。

最近ランクアップしたから、そういう人をたくさんみかけるようになって、えらい広い道路に出たなと思う。

ハハハハハ・・・!
もう、寝るわ。

あきちゃ

かぐや姐さん
ずっと私ですよ、、、、

バツイチで今はお付き合いしてる彼女いますよ。
相方と表現したら嫁と勘違いされましたけど別にいいかと
思ってそのままにしましたが、、、
まだヨソジーズ入団したてです。

何がそんなにいやな感じなのでしょうか。
人気ランキング上位にいるんですから反日の方も
あの手この手でこられるでしょう。
でも、なんでもかんでも工作員認定っていうのは
避けたいですよね、、

私もだましてる一員なのでしょうか、、、

反感

No title
かぐやひめ様

ご返答ありがとうございました。

かぐやひめ

ふ~ん
なんか、この日のコメント欄は「キツネやタヌキや」なんか「だましに来る」ような人たちが、よくお越しだこと。

私は、保守ですが、できれば誰かを攻撃するのは避けたいと思っています。

向こうから向かってこられた日には、対抗しますが、わざわざ撃ちにいくことはしない主義です。

このコメント欄ぐらい「油断ならない」と、感じさせられ、また、不愉快な思いをした日は初めてです。

なんでしょうね?鳩山内閣みたいだわね。

誰が来ても、私の足をひっかけに来てる感じがします。こんなこと、初めてです。


反感

No title
かぐやひめ様

私の発言、どう思われていますか?

私は、ちょこさんへの反撃を妨害しようとする以蔵さんとミヤビさんに反発を感じています。

以蔵さんやミヤビさんの言葉に従う気は、さらさらありませんが、かぐやひめ様の言葉は重く受け止めます。

捨てハンつけときます。「反感」です。

Lay

No title
TEXAS さん こんばんは。(そちらは、おはようですね?)

>A級戦犯については、戦後に国会決議があり、もう戦犯は無いということになり、収監中の人たちも全員釈放されたわけです。 それは日本が勝手にやったことではなく、サンフランシスコ講和条約だい11条の条項に基づき、日本は関連国に事前の了解をとり。また国会会議をして決められたのです。 死刑になった人たちは、死亡しているために釈放出来なかっただけで、名誉は回復されているのです。 < で100%OKでしょう!

私は実録映画「東京裁判」のビデオを持っていますが、これは日本の大人は必見だと思いますよ。 だいたい、どうやって裁判が行われたかさえ知らないで、東京裁判史観にどっぷりつかっている人たちは滑稽でさえあります。

名前は「東京裁判」ですが、恐ろしく不正義、不合理、理不尽な裁判であり、今で言うなら「冤罪」のオンパレードです。 せっかく実録フィルムがあるのですから、日本人なら見る責任がありますよね。

かぐやひめ

あきちゃさん
大人になったら、顔はいくつも持つよ。

過激は、私の売り・・・日常でも・・・過激発言で、周囲をびびらしてます。
だから、一度会った人で、私を忘れられる人はいないね。

でもね、私は、つくづくサイバー空間て、はかないなあと思うのです。

あなたに、私の指は届かないでしょう?
なまの人間関係とは違う”関係”なんです。

んで、あなたは何歳?
前には離婚したというてたし。
あのあきちゃさんとは、別の人ですか?

声が違うみたいな気がする

かぐやひめ

ちゃうな TTMちゃん
女やったやろ?
姉ちゃんを、ごまかそう思うても、むだやで。

それから、おばちゃんちゃう!お姉ちゃんや。私は!

Lay

以蔵さんへ
コメントありがとうございました。

>左翼(左翼思想家)等と呼ばれることすら許されぬ売国奴という意味で発言させて頂きました。 < 

なるほどそうでしたか。 では、
>私は日本に左翼などという上等な人種(売国奴ばかりで)がいるとは思ってはいません。< となりますね。了解しました。

TTM

こわい から 「ええよ」
あの おじちゃん? 
と 
あの おにいちゃん?

だから 

かえれって おばちゃんが  
いってたの?

かぐやひめ

TTMちゃん だけに!(みなさん読まないでネ)
TTMちゃん
私は、あんたの姉ちゃんやで、あんたの言葉づかい、あんたの呼吸、あんたのこっちを見る眼が、突然他人になったことに、私が気付かへんとでも、思ってたんか?

誰が、いつ、あんたに何をしたか・・・姉ちゃんには全部わかてるねん!

けど、私のために「よかれ」と考えたことは、理解してるさかい、今度は許したる。

もう、知らん人と口きいたらあかんよ。ええな?

あんまり怒ったから、大阪のガラガラのおばちゃんになてしもうたやないの。

以蔵

Lay様へ
自民党の媚中派、なんちゃってリベラル、ミンス党、旧社会党や社民党等は左翼(左翼思想家)等と呼ばれることすら許されぬ売国奴という意味で発言させて頂きました。
誤解を招く発言であれば、申し訳ありませんでした。

あきちゃ

かぐや姐さん
サイバーかぐやひめ云々 という発言を見て、、、

やっぱり自分は少数派なんだなぁと思いました。
私は昔からネットと現実がイコールなんですよね、、、
現実でも親しい友人にはあきちゃと呼ばれてます。
ネット上の発言もリアルあきちゃです。

よくネットは匿名だから何を言っても自由、責任はない
と言われますが、そのように考えたことは今まで一度も
ありません。
ネットを始めたのは1996年です。

はて、何を言いたかったんだろう(ぉぃ

今までの発言みても、無責任なことは言われてないですよね。
このまま突き進んでいけばよろしいのではないでしょうか。

ただ、ちょっと過激派っぽいので、ミヤビさんやふくさん達が
緩衝材として(失礼!)存在している、と。

すみません、結局何が言いたかったんでしょう、、、、orz

あきちゃ

第一義さん
aaaaさんは事実のみを書かれているように思いますよ。

もう一度aaaaさんの一連のコメント読まれてみては
いかがでしょうか。

あきちゃ

>名無しさん #Mm9lFKl
レスありがとうございます。

まず。HNについて
同じHNが多数存在するので、わかりにくいのです。
できればコテハン望みます。

そして、私の想いは、
分かっている人(常連さん)だけで慣れ合いコメントばかり
ではなく、どんどん新しい方にも発言していただきたい。
間違った発言にはしっかり反論する。
(知識の少ない方へのミスリードを防ぐ)
知識不足な方が(このブログや保守に対して)悪印象を
持ってしまうことを防いで同志にしたい。

あなたの、さようならで絞められたコメントは、このブログを
見始めたばかりの人や知識不足の人にはきつ過ぎる発言
であったと思います。
>書いた本人自身が良く理解していない書き込みに、意味ありますか?
経験浅い人には、そのようには受け取れないと思うんです。

ですから、今回皆さんがして下さったように、間違っている
部分には反論し、行き過ぎた発言があれば謝罪する。
これの繰り返しだと思います。

もちろん誰かに強要する気もありませんし、気がつけば
自分でやります。最近は対応が遅れて既に解決している
場合ばかりですが、、、、、

名無しさんに強要はいたしません。
ですので、和やか派(?)に対しても暖かく見守っていただけ
ないでしょうか。

レスに対してびっくりしてみせる発言は以前にもありましたね。
反日工作員だとしても今の緩急織り交ぜた対応でそのHN
ではもう発言しなくなりますよ。
保守同士でもめることなくないですか?

Lay

以蔵 様
はじめまして。 Layといいます。 よろしくお願いします。

さて、「かぐやひめ様」を読ませていただきました。

>鳩山等の友愛などではなく、大人としての雅量や親切を以て、私を含め無知な若い愛国者や予備軍を教育して頂ければ…と思った次第です。いずれ日本をリードし、守り伝えるのは我々ですから…。私は日本に左翼などという上等な人種がいるとは思ってはいません。<

「私を含め無知な若い愛国者や予備軍を教育して頂ければ…と思った次第です。」 いいですね。 謙虚さは大事です。 質問事項と自分の考えをしっかり区別してお書きになるといいと思います。

「私は日本に左翼などという上等な人種がいるとは思ってはいません。」 ん~、あまりいい書き方とは思いませんよ。 若い方の記述らしくないのです。 少なくとも私は「左翼を上等な人種」とは思っていません。誤解を与えます。

でも、あなたに真心があるなら大丈夫ですよ。真意は伝わりますし、ここの論客が疑問に回答してくれますよ。 

まずは、大ベテランのかぐやひめさんの「老眼」に敬意を込めて「段落かえ」をお願いしますね!

TTM

大きなお世話でした。
>「かぐやひめーうざい」と感じていらっしゃる方

→気分を害されたようで、お詫びします。
八潮さんのご指摘の通り、大きなお世話でした。

Lay

八潮  さんへ
はじめまして。 Layと申します。 

「名無しさん、ちょこさんへ」の論考は素晴らしい力作です。
具体的事例を時系列で挙げての文章には説得力があります。 さっそく私のファイルの「保存版」に加えます。

今後ともよろしくお願いいたします。

-

No title
>以蔵さん ミヤビさん あきちゃさん ほうきばらさん

あなた達は、ちょこさんと、りょーたろーさんの論旨が全く同一であることに気付いていますか?
両者とも「うりならマンセー チョッパリ氏ね」という、いつものインネンです。

ちょこさんは自称高校生ですが、『「僕はまだ高校生ですが」という初々しさのない「どうも、なんか、おかしく感じる」』、年齢不詳・正体不明な人物です。


>以蔵さん、ミヤビさん

いつもの因縁に対して「親切に接しろ」と繰り返し主張する以蔵さん。
「もしも、~だったら」なんて、単なるあなたの勝手な妄想ですよね?
そうではなくて、良い書き込みは賛同する、悪い書き込みは叩く、しかできませんけど?
高校生が褒めて欲しかったら、良い書き込みをするしかないですよ?
悪い書き込みに親切にしちゃ駄目でしょ?
違いますか?

いつもの因縁に対して「敵視するなら保守の活動自体に同意できない。」とまで言ったミヤビさん。
他人にああしろこうしろじゃないでしょう。
やりたきゃ自分がやればいいだけだ。

『以蔵さんとミヤビさんには、ただ「べき論」を言っているだけでなく、ぜひそれを自ら実践していただきたい。
「理解不足や未熟」な書き込みを見つけ次第、フォローするなり教え諭すなりしてみて下さい。 』
この常連様の御指摘に対する返答は、いつするんですか?
企業でも新人教育は2~3年生がするものですよ。
かぐやひめ様や椿様・TTM様・英雄様・第一義様らに新人教育をさせる気ですか?


>ミヤビさん

ネットでは『内容のみが判断材料」』です。
どうしてHNにこだわるんですか?
そんなどうにでもなるものに頼ってはいけませんよ。
むしろ『HNを変えて、年齢・性別を明らかにせずに議論に参加して下さい。』といわれる程度のものです。
私自身は「コテハンうざい。馴れ合いイクナイ。」という立場です。
ただし、例外的に、ここの常連さんの掛け合いは、楽しく読ませてもらっています。嫌なら来ません。


>あきちゃさん
>「会話はわかっている人だけですればよい」という理論でコメンターの和を乱されているのでしょうか?

書いた本人自身が良く理解していない書き込みに、意味ありますか?
他人にはなおさら分かりませんよね?
そんな無責任なものを世間様に晒すことこそが、最も失礼な行為であり、最悪のマナー違反です。違いますか?
和とおっしゃいますが、駄目なものは駄目と言わなければいけないんじゃないでしょうか?
妥協して馴れ合ってどうするんですか?


>ほうきばらさん
>議論を封じ込める様な発言だけはいけないと思います。

私は
>理解してから書きこみなよ。
と言いました。
これが、議論を封じ込める発言になるのですか?

それとも、ミヤビさんに対する「さようなら」ですか?
これは、ミヤビさん自身が「保守の運動に同意できない」と大きく出たわけです。
これに対して「判りました、妥協します」とは言えません。
こんな”保守の運動”なんていう大きなものを突然持ち出して、自説を強引に押し通そうとするミヤビさんに対して、私は反感を抱きましたので、
「そうですか。さようなら。」と申し上げました。
あなたはどうお考えですか?


>ふくさん

あなたの御発言は理解できます。
まぁ、「複数形=その他全部」でないことは、あなたもお解かりでしょうが。
私は馴れ合いをせず、簡潔に書き込むスタイルを目指しているので、反発を買い、プチ炎上させてしまいました(汗)
申し訳ありませんが、和み役は、かぐやひめ様を始め器の大きな常連様方に頼っています。

ミヤビ

かぐやひめ様
私は、かぐやひめさんの、篤さとても好きです☆
ここの皆様は、とても人間味溢れるおもしろいキャラクターの方が勢ぞろいしています。
人間関係が希薄になり、個人の特性が薄れる中、この下町っぽい心の奥深く踏み込んでくるようなこの感じ、たまらなく懐かしいし素敵です。
私たちは、人と諍いしないように、空気を読んで友情を保ち壊さないように細心の注意を払います。
でも、それは虚しさと寂しさにも繋がります。
ねずきちさんが、日本の良いお話を広めて、私たちも和を広めていく。
そんな繋がりが広まっていったら、それこそ奇跡に近い素敵なことです。
これからも、皆様の心ある人間味あるコメントを楽しみにさせていただきます。

かぐやひめ

八潮さん
ほかにも「かぐやひめーうざい」と感じていらっしゃる方は・・・あると思います。

それは、世の中の避けられない関門です。

ここは、サイバー空間の2次元の世界で、かぐやひめはいわば、空間に浮遊するキャラクターにすぎません。

3次元の世界ともつかず離れずしています・・・そして、この空間から3次元へ飛び出したのが、NHK解体デモ。
今後も、多くのもの・人・ことが、飛びだしていくでしょう。

かぐやひめも、いつか、現実の世界でこのキャラクターを背負う日が来るかもしれません。

「私は、善意で行動しているつもりだけど、なぜ、こんなに叩かれるの?」
20年前、私は、ぼこぼこにされて、会う人ごとに尋ねました。

「他の連中と同じステージにいるからだよ。頭ひとつ抜けてみ。誰も何も言わなくなるから」

どうやったら、頭ひとつ抜けられるのか、さらにぼこぼこにされ、行く手を完全にはばまれながら。そして、ついには、歩みを止め、撤退して「どうしたら、頭ひとつ?」と考えましたが・・・考えるのではなく「動くこと」答えはそこにありました。

サイバーかぐやひめも・・・頭ひとつ抜けたら・・・見える世界が変わるのでしょう。

二足も三足あるいは四足ものわらじをはく現実社会の私は、ついに「あの熱さも、必要なんや。ああいう人が必要なんや」と、有馬の酒席で隣の人があんたの噂をしとったで・・・と、いわれるようになりました。

あんまり、燃えながら激しく進まれると、最後には人はあきらめて「あれは、ああいう人なんや」と、道を譲る・・・

私は、この架空空間でも「志」を曲げることも、止めることも、下げることもできないのです。

目の前に立ちふさがるものが現れる時は「自分に敵ができるほど、自分はでかくなったのだ」と、思います。

人は”死んだ犬は蹴らない”ものです。

お気持ちありがとう、八潮さん。
「ねずきちさんが、あんなに頑張ってらっしゃるから、私も行く」と考えていました。
私は”ついていく人”だから、ある意味いつでも、逃げられる位置にいる「弱い意志」しかもっていませんでした。
「でしゃばらないようにしよう」と言う「いいわけ」は、実は”卑怯”だと気付きました。

呼ばれたから行くー他人のせいにしてはいけません。
自分の意志で行きます。

かぐやひめ

以蔵さま
あの、コメントでは笑う門さんにむけたことばですが・・・

以蔵さまのコメントも、過去にほかのブログで拝見しました。うなずきながら読んだ記憶があります。

以蔵さまに、ひとつお願いは、コメントの段落を切って書いてほしい。老眼には読みづらくて・・・よろしくお願いします。

以蔵

かぐやひめ様へ
かぐやひめ様、初めまして。いつも拝見させて頂いております。かぐやひめ様の仰る人物が笑う門氏でなければ、私のことでしょうか?私自身、若いなりに考え渾身の思いで意見させて頂いた次第です。私が若い世代のことを申し上げさせて頂いたのは、右傾化する若者達が多いとされ、世代間抗争なる言葉が聞かれる昨今、精神性の面や歴史認識についても洗脳じみた教育を受けた彼等が、何かのきっかけで逆方向へ暴走することは危険であり、保守派の方々にとってもマイナスだと思うからです。それは、団塊の世代がマルクスレーニン主義を理解もせず、マルクスとレーニンが同一人物だと思い込む輩すら、単なる群集心理で暴れまわったことを繰り返す恐れがあると危惧するからです。その後の日本が今だと思います。だからこそ、鳩山等の友愛などではなく、大人としての雅量や親切を以て、私を含め無知な若い愛国者や予備軍を教育して頂ければ…と思った次第です。いずれ日本をリードし、守り伝えるのは我々ですから…。私は日本に左翼などという上等な人種がいるとは思ってはいません。そう思う以上、左に引っ張ろう等とは考えてはおりません。私は「臭いものには蓋」という考え方は好きではありません。この際、ハッキリさせては如何でしょう?そういった態度では日本の外交と一緒ではありませんか?ルールやマナーがなっていなければ、第一義様に対しても深く謝罪します。

八潮

TTMさんへ
↑の投稿は、余計です。

姫は姫のやり方で、投稿すればよろしい。
あなたに姫の投稿についてどうこう指示されるいわれはない。

そういうのを、おおきなお世話、といいます。

あ、この投稿も大きなお世話・・・だよね?I(笑)

TTM

小さなお世話。
かぐや姫姐さん。

観察ですよ。
自分が書きたい・言いたい5割、観察5割です。
(姫は、前者に偏り過ぎていると思います。)

椿

フランス・ドイツ・ロシアとの連携も視野に入れてみては?
第一義さん、

賛同して下さってありがとうございます。

>欧米とともに進むのは賛同しかねますが、中韓以外のアジアと進み、欧米と対等に付き合っていくことだと思います。 <

シナ・朝鮮以外とのアジア同盟を結ぶという構想も、私は賛成させて頂きます。ですが、もう一つの構想といたしまして、米・中による「日本封じ込め作戦」を叩き潰す為にも、敵の敵というように、戦略的にうまく付き合っていくべきだと思うのです

私的には、シナへの牽制には“ロシア”を、米国への牽制には、“フランス・ドイツ”との同盟も視野に入れておくべきではないか?と思っています。

米・中とだけ付き合っているだけでは、日本は益々搾取され、衰退していくだけだと思うのです。

>もうあのハイエナ国家、たかり国家、嘘つき国家との付き合いは絶対やめたいですね<

心の底から深く同感です
!!


かぐやひめさんへ、
悲しいけれど、度し難い! ほっておくと被害をこうむる・・・始末におえないもの・

深く同意します!福沢先生が仰るように、「中国や朝鮮に“ただ隣国だから”といって、特別な(親しい)感情を持って接するのは間違いである」

「この2国に対しては“国際的な常識”に従い、“国際法に則って”接すればよい」

このような“凛とした外交”を、あのアホポッポにも展開して頂きたいものです



かぐやひめ

重要なポジション?
重要なポジションを、自覚していたつもりでしたが、
このブログの上昇力についていってない自分を発見しました。

「ハードルがあるのです」
これを、超えないと、それも、いくつも超えないと、ゴールに到達できません。

夕方、とうとうねずきちさんに訴えました。
私の前にハードルがあります。

ねずきちさんは、偉いね、私より10年ぐらい若いのにね。

世の中いろんな人がいるもんですね。
TTMさんも、含めて、私は男を見なおしたよ。

TTM

生意気言わせてもらいます。
*以蔵さん。
貴方の文章は、二十歳そこそこの人のモノとは思えない、知性と論理力があります。
「べき論」を実践するのに十二分の能力でしょう。

*ミヤビさん。
貴女のピュアーな心は、図南くんのゴタゴタ以来知っています。
人はそれぞれですから、無理のない自分のやり方でアプローチすればいいと思います。

*ふくちゃん。
メモには、「憎めない天邪鬼」「笑う門には、ふくが狂う」などと、いつ書いたのか、殴り書きしてありました。
TTMさんは、結構面白がっているみたいですよ。

*かぐや姫姐さん。
ねず機知ブログでの、ご自分の重要なポジションを自覚してください、まだ足りません。
時には、自分が「どう思うか」よりも優先すべき大切な自覚です。
それに気づいてもらう為の苦言でした。


かぐやひめ

笑う門さま
あなたは、好きです。


そして、どの誰のどこが・・・と、言うわけでもありません。
うまく言えませんが、なんか、嫌なのです。

「半島ネタ」になると、何か嫌な感じを引き起こしがちです」と、ねずきちさんからも、聞きました。

椿さんに、あるように、悲しいけれど、度し難い!
どうしようもないけれど、ほっておくと被害をこうむる・・・始末におえないもの・・・論評しないで、ただ断行したいだけです。

しなければならない態度をはっきり。

笑う門

多分かぐや姫さまが違和感を感じる書き込みの一人かもしれませんので、以蔵さんへの反論は行わないで消えることにします。以蔵さんへ一言。あまり感情的になること自体、説得力をなくしますよ。気を付けて下さい。

第一義

No title
>そういう私の感性からすると
この日の書き込みの何人かの方の語り口は、どうも、なんか、おかしく感じるのです。

確かに、はじめましての場合、私も挨拶はしたものです。かぐやひめ様の指摘は正鵠得ています。

>隠された攻撃性。偽った上から目線。そういうものが、感じられるのです。
簡単に言うと「みなさまの書き込みを読ませていただいて勉強させていただきます」という姿勢ではなく、
「こういう書き方をして、何か悪いですか?」という「声が聞こえてくる気がするのです」

ただ、今の子は一部、礼儀とか挨拶とか家で教わってない子もいるなあと思ったのですが…でも部活とかで自然に教え込まれる場合もあるなあ。

でも、最低の礼儀はネットでも必要ですね。

ふく

かぐやひめ様
あー、バランスって言うのが私の発言からの引用ならばそういう事では無いです。

左側に引っ張るつもりは毛頭ありませんので。

左翼の攻撃と見られるコメントにみんなで攻撃を仕掛けたとして、勝ちが決まってるのに叩き続けるような・・・

余りに度が過ぎると弱いものイジメに見えてしまうのでは?

という事です。

相手の人格まで完膚無きまで叩きのめすのはどうか?と言った所ですね。

マレー沖海戦で英海軍将兵に敬意を表した日本軍の武士道に、通ずるものがあると自分では勝手に思ってるのですが・・・

ふく

兄貴!
TTM様

どうして「ふくちゃん」って呼ばれてたのを知ってるんですか?(笑)

少々の粗相は許されるキャラにして頂いてるようで・・・

ありがとうございます。

かぐやひめ

うまく言えませんが
私が、はじめてコメントを書かせていただいたころは、びくびくして、こんな書き方でいいのだろうか?”ため口”をきくのは、マナー違反か「はじめてコメントさせていただきます」という挨拶が必要なのではないだろうか?

など、など、ドキドキして入ってきました。

ほかにも「初めて書き込みます」とか「僕はまだ、高校生ですが」というような謙虚でういういしい「初心者の書きはじめコメント」に出会います。

自分の、そのころを思い出して、ほほえましく感じます。

そういう私の感性からすると
この日の書き込みの何人かの方の語り口は、どうも、なんか、おかしく感じるのです。

隠された攻撃性。偽った上から目線。そういうものが、感じられるのです。

簡単に言うと「みなさまの書き込みを読ませていただいて勉強させていただきます」という姿勢ではなく、

「こういう書き方をして、何か悪いですか?」という「声が聞こえてくる気がするのです」

何かケチをつけられるものをみつけたら「あなたこそ、その言い方はなんですか?」と指し返す・・・

左右のバランスをとってやっているとおっしゃいますが・・・それって、必要でしょうか?
左右のバランスを取る必要があるでしょうか?

右に偏っているのに、対して、真剣に「違う」と、書いてください。
「おうおう、右に偏っとるのう。ここらで左にひっぱりかえしてやろか。よいしょ!」

そういう声が聞こえるような書き込みは、かぐやひめには不愉快だと申し上げておきます。

渾身の力をこめて、真剣に書き込んでほしい。そしたら、若い方のご意見も、謙虚に聞かせていただきます。
そして、もう、人生の4分の一しか残っていない自分の人生の栄養にさせていただきます。

でも、猫がネズミを前足の爪でひっくりかえすような・・・そういう気持ちで来てほしくはありません。

ミヤビ

名無しさん #Mm9lFKl
あなたのご意見承りました。
しかし、他にも名無しさんはいらっしゃいますので、これからあなたの意見と特定できるように、ちゃんと名前を付けてからコメントしてください。
重要な意見を述べ、私の名前を出して非難したのですから、それが最低限の礼儀ではないでしょうか。
よろしくお願い致します!

かぐやひめ

理由
>半島の話題は、やめませんか
>半島は考えるのも、もう、いいねえ

英雄さんと、かぐやひめが「半島の話を切り上げたかった」理由を書きます。

さまざまなコメントを拝見していると、私からでははるかに若い人々もいらっしゃるようですので、手短に説明してわかっていただけるかどうかわかりませんが、偏見を恐れずに、短く申し上げます。(正しいですと押し付けるのではなく、考えているーというだけです)

私達は、この世界の構造を「支配者=ユダヤ金融資本」が牛耳っていると考えています。
それを、国家として考えると「アメリカ」です。
アメリカは、最近民主党になってから、なおさら中国寄りになっています。
半島は、昔から中国の手先だった。
もっともシンプルにした私達の世界図です。

日本は、世界支配者に目をつけられ、支配されようとしたが、大東亜戦争で、負けたにも関わらず、白人支配をうち砕きアジア・アフリカを解放すると言う偉業を成し遂げました。しかも、戦後経済でのしあがった。

だから、アメリカは、日本をたたきたい。
そこで、中国とで、挟み撃ちにし始めた。
その手先になって、実際に日本に侵入し、問題を起こしているのが半島人。

つまり、半島の話をもう、よしましょうと言ったのは「半島だけを見ていても、何も解決しない」「おおもとのユダヤ金融資本が消滅しない限り、同じことの繰り返し。」話題にするなら、この大本の話にしたいですね。

ほんの、手先にすぎないもののことで、ああでもないこうでもないと、日本と比較して論評するのはいたって不愉快。

そういう主旨です。

以蔵

笑う門さんへ
残念ながら、友愛なんてモノを持ち合わせた立派な博愛主義者ではありませんが…。ただ、保守と云う城に籠もって「排除の論理」等という戦法で戦っても歳月ばかりを無駄に伸ばすだけで、ジリ貧になるは見えた話…。そういった策なら中韓、在日、反日思想の持ち主の思う壺かと…。笑う門さんが其処までの腰抜け腑抜けの臆病者なら、例えご立派な志や豊富な知識等というのがあっても、それは単なるマスターベーションの道具かと…。そうであるなら、譲らぬ信念や信条を明確にし、守るべきモノを守る為に、正々堂々と議論や教育をした方が兵は増え、更には知恵は増え幾らばかりでも希望は持てると思いますが?少なくともこの国を支え、守ってきた偉人、英雄、英霊の姿はそうあったと思いますが?

もちっこ

金国鎮さんとガセネタの件
いつもはロム専ですが
二点お伝えしたいことがあり書き込ませていただきます。

金国鎮さんはくっくりさんのブログにも現れましたが
そこでも何を仰りたいのかさっぱり解りません。

http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid718.html

2009/09/13 09:03 PM
2009/09/23 10:10 PM

もう一点

>イザベラ・バードの朝鮮紀行ですが、韓国で改竄本の噂があります、改竄の内容が想像できるのがおそろしいです。
>これ、噂じゃなくて、本当です。 事実です。

これはガセですよ。
去年の時点で解明されてます。

http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/20080827/copipe
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/52016198.html
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10131451872.html

いちばん下はコメ欄をご覧ください。

笑う門

以蔵さん、友愛の精神でもっと度量を広くしろっていうことですか。誰かの演説に似てますね(笑)。まぁ、これは冗談ということでお許しあれ。お互いにマナーを守って節度あるコメントを心がけましょう。

ミヤビ

TTM様、了解しました
<書き込みはその「内容のみが判断材料」であり、老若男女や知識の有る無しや真意がどうかなどは、基本的に判断に関与し様がないのが現実です。
そして、何よりも「悪意あるブログ荒らし」の存在を、甘く見ないでください>

たしかに仰るとおりです。
知らない者が集まる場所ですので、こちらの善意ある相互信頼を大切にするという気持ちは、不要であるという事ですね。
真にブログを荒らす人は、ねずきちさんがしっかり対応してくださっておりましたので、私は今まで安心して参加することができました。
私も以蔵さんもねずきちさんのファンであり支持者であるのは間違いありません。
そして、ねずきちさんがこれから展開する活動がより多くの層に受け入れられ広まる為には、批判や棘のある言葉は支持層の拡大につながらないと考えたのです。
いらぬ心配が、逆に不愉快なコメントになったようです。
申し訳ありませんでした。

以蔵

TTMさんへ
御指摘有難う御座いました。ただ、問題はそこなんです。私自身、高校の授業で日韓併合や在日のいじめ問題のビデオ等を見せられ感想を書かされました…。その中で、本来あるべき歴史教育の形と違うと思っても、間違った歴史観だと思っても、真実を知らなければ、歴史教育のあり方反論すら出来ずに服従しかないのです。このブログには、私より下の高校生達もいるかもしれません。そういった人間がただ聞いただけ、見ただけの知識(借り物の知識)では議論出来ないと思います。私自身、約半年前からこのブログで勉強させてもらっている身なので勉強不足だと思います。だからこそ、今回お願いした次第です。皆さんは、御自身のお子さんに投げかけられた疑問に対して知識がないなどとは言わないでしょう。皆さんが若かった時のことを思い出して頂ければ、彼等の若いが故の知的欲求も理解して頂けるかと思います…。ブログ主さんがアク禁止だと言うのであれば、素直に従います。

ほうきばら

No title
ロム専で失礼します。
ねずきち様とここに集う皆様のコメントは多様な考え方が有り、いつもとてもありがたく読ませて頂いています。

しかし、「名無しさん #Mm9lFKl」のコメントはロム専の私からみても他のどんな過激なコメントよりも横暴だと感じます。
議論を封じ込める様な発言だけはいけないと思います。

TTM

批判は、反論覚悟で。
名無しさんに賛成します。(「さよなら」は除いて)

「理解不足や未熟」なまま、「イッチョ前に批判」をして来るから反論されるのです。
素直に感想を書き込んでいる分には、何も問題はない。
名無しさんの言う通り、少なくとも批判をしたいのなら、一応は理解した上で反論を覚悟してやるべきです。
書き込み者のマナーこそ問題でしょう。

書き込みはその「内容のみが判断材料」であり、老若男女や知識の有る無しや真意がどうかなどは、基本的に判断に関与し様がないのが現実です。
そして、何よりも「悪意あるブログ荒らし」の存在を、甘く見ないでください。

以蔵さんとミヤビさんには、ただ「べき論」を言っているだけでなく、ぜひそれを自ら実践していただきたい。
「理解不足や未熟」な書き込みを見つけ次第、フォローするなり教え諭すなりしてみて下さい。

ふくちゃんは・・・・・・ふく笑流だから、仕方ないか。

あきちゃ

>名無しさん #Mm9lFKl
名無しさん、愛国日本人をどんどん増やしていかなければ
ならない現在の状況において、なぜそのように「会話は
わかっている人だけですればよい」という理論でコメンターの
和を乱されているのでしょうか?
あなたはここの絶対者か何かですか?

ふく

名無し様
>あなた達こそ、私達の気持ちに配慮してください。

以蔵さん ミヤビさん、と私の3名以外の全ての意見を代弁なさってる訳ですか・・・、名無しで?

まあ、それは置いておいて、私への直接の疑問にだけ回答しておきます。

このブログは愛国者から極左まで色々な人が見ていると思います。

その中には自分は中道だって人も居れば、時と場合によって左右にブレてる人も居るわけで。

私が左翼との議論を好むのは、こちらは理路整然と説明して左翼がファビョる、と言う流れを見せる事によって、「観衆として見てる中道の人を右寄りにしたい」という事なのですよ。

左翼を直接論破してもいう事聞かないのは分かってます。

意味があるか無いかに対する回答になったでしょうか?

以蔵

名無しさんへ
私の意見とは、他の方々に我慢や忍耐を求めるものではありません…。想像してみて下さい。日本の歴史が単なる受験科目の為のものに成り下がり、盲目的に教科書を信じてきた世代のことを…。我々の世代においての悲劇は、そういった教育しか受けられないことなんです。前にも書きましたが、あの修学旅行での高校生が幾らばかりかの真実を知っていれば、土下座を強要した教師達に、従軍慰安婦を名乗る輩に正論を以て抗議出来たのではないかと思います。もし、今の我々若い世代が自虐史観で塗り固められた教科書でしか語られない日本国の歴史を盲目的に信じ続ければ、日本の未来は如何なるものになるでしょう?そういった教育しか受けられない世代にとって、真実を知った際に湧き起こるのは「純粋に国を想うが故に生まれる疑問」だと思います。そういった人間の疑問を無視して、ただロム專に徹しろと言うのであれば、鳩山某氏の「排除の論理」。左翼の「黙れ!うるさい!」で片付けるやり方となんら変わりないものになってしまうと思います。もし彼等が真実を知らぬままいれば、彼等は一生左傾的思想と左傾的行動の持ち主として生きるか、売国奴の言いなりになる盲目的なマゾヒスト国民になるのではないかと思います。自分自身、ねずきちさんのブログや他の方々の投稿を見て唖然とした人間の一人です。そういった人間が知った後、一歩踏み出すことが大切なこと、本当に意味ある行動だと思います。だからこそ、そういった無知な若者には先輩として、幾らばかりかの雅量と親切を持って接して頂ければと思い投稿しました。

-

No title
>ふくさん
>かなり左側の人ですら議論の相手になる

そうですか?
左翼は「自分の言いたい事だけまくしたてて、相手の言うことには耳を貸さない」のが特徴ですけど?
議論して同意に至る事は決してないですよね。
お互いに言いっぱなしで言い合うだけでも、意味があるんでしょうか?

-

No title
>以蔵さん ミヤビさん
あなた達こそ、私達の気持ちに配慮してください。
これ以上、私達に”忍耐”を強いる気ですか?

>「理解不足や未熟なために生じるコメント」
こんなものは、「いろいろな意見」のうちに入らないし、こんなの相手にしたって「研鑽」にもならないよ。
「理解不足」なら、ROMってればいいじゃん。
理解してから書きこみなよ。

>「それが保守の活動の必要条件であるならば、同意することはできません。」
そうですか。さようなら。

第一義

脱亜論!
椿さん

そのご意見賛成です。
欧米とともに進むのは賛同しかねますが、中韓以外のアジアと進み、欧米と対等に付き合っていくことだと思います。

>福沢諭吉先生が、120年前にも「シナ・朝鮮の国民性は昔から変わっていない!」と喝破されていますが、むしろ現状況の方が、さらに悪化しているのではないか?と私は思います。

そうですね。もうあのハイエナ国家、たかり国家、嘘つき国家との付き合いは絶対やめたいですね。

椿

No title
追記

①【日本の弱腰の外交姿勢】
②【弱者には手を差し伸べる日本の国民性】
③敵に【礼儀をつくす武士道精神】
④【世界第2位の経済大国】という余裕……


どれをとって見ても、彼らからみれば日本はまさに、「カモネギ状態」でしかありません


福沢諭吉先生が、120年前にも「シナ・朝鮮の国民性は昔から変わっていない!」と喝破されていますが、むしろ現状況の方が、さらに悪化しているのではないか?と私は思います

tamago

No title
TTMさんに同意です

>半島の話題は、やめませんか
>半島は考えるのも、もう、いいねえ

なぜ ?
違和感を感じます

ふく

以蔵さんミヤビさんに賛成
実は私もそういう考えなんです(笑)

かなり左側の人ですら議論の相手になると言う。

図南さんやgoenさんを擁護しつつ反撃していたのはご存知の通り。

極端に走るのは危険と言う考え方です。

あれほどちょこさんを激しく叩いていたdaisyさんと第一義さんが、高校生と分かったら急に温和になりましたので、引き戻す為に私が叩きました。

逆に一方的に叩かれ続けていたら、私が擁護したかも知れません(笑)

何事もバランス感覚かなと。

ミヤビ

以蔵さんに賛成
私も同感です!
思想信条は保守といえども千差万別です。
自分と同意見の人は少ないでしょう。
その中でいろいろな意見を出しながら研鑽していけるのだと思います。
明らかに悪意のあるコメントはともかく、理解不足や未熟なために生じるコメントに対して、ひとくくりに敵視するのは如何なものでしょう。
それが保守の活動の必要条件であるならば、同意することはできません。

以蔵

笑う門さんへ
わけ知り顔の大人風の工作員とは、自分のことでしょうか?自分は彼女が工作員かどうかは知りません。その術すらも…。ただ彼女が、本当に単なる女子高生だったらどうでしょうか?それは、保守派にとって不利益なことだと思います。恥ずかしながら、通州事件をこのブログで初めて知りました。本当に許せなかった。でも、我々若い世代は真実を知ることすら出来ずにいるんです。団結することはいいと思います。しかし、本当に日本を守りたい意志があるのであれば、そこから一歩踏み出して団結の輪を老若男女問わずに増やしていくこと、次の世代に伝えることは、もっと大切だと思います。確たる証拠も無しに工作員と決めつけるのはどうかと…。少なくとも、我々若い世代は歴史に対して真実すら学ぶ機会どころか、ただ受験で点数を稼ぐに過ぎないものになってしまっていることを理解して頂ければと思い投稿させて頂きました。私の勘違いであれば申し訳ありませんでした。

TEXAS

副島氏
ジャギ様

日下公人がこんなことを言っていました/書いていました。
-------------------------------
マルクスが資本論を書いた時期は、若い時だろう。
書いても書いても売れないために、思考が変わり『悪いのは社会だ、革命が必要だ』と思う様になってしまった。
-------------------------------
副島氏は、小室直樹氏の弟子?だったのでしょうか。 この人、どこからか資金援助を受けたのかもしれませんね。 

ふく

TTM様に同意
そうそう、左翼迎撃担当がここにも居ます(笑)

かぐやひめ

こんなこと言うのもなんだけど
書かれている内容(言葉)が「正確」「義にかなう」というのとは、また別に。

内容とは別に、言葉づかいとも別に、

コメントから立ち上がってくる「気」は、何?

「正直さ」「素直さ」「臆病」「妬み」「やさしさ」「芯の強さ」「卑怯」「正々堂々」「純粋さ」

そのほかに「濁り」が見えるんです。
「清らかさ」と、濁りが見えるんです。

だから、口真似して保守のように書いてくれても「ん?」と、けつまずくことが、あります。

なんだろ?
私にとっての相性かな?

そういうものを、感じるのです。
そして「濁り」は、ひどく疲れさせます。

大声で「違う!」と指さしてしまいたくなる場合も・・・

だから、その名前をいちいちインプットしている。警戒しながら、読む。

特徴は、あざとさ。
他人の神経を逆なでしている。
わざわざ、細かい傷がつくように、逆なでする。

そのうち、このざらざらした傷がなになのか・・・わかってくるのでしょう。
いかにも、保守という言葉が並んでいるのに「ざらざらするコメントは何?」

ごめんね。TTMさん。
私には、見分けがつかないんです。
おまかせしましょう。

TTM

 ?
>はあーもう、半島の話題は、やめませんか、書くのも見るのも聞くのもいや。 (かぐやひめ)
>ほんとだ。半島は考えるのも、もう、いいねえ。合わないよ。 (英雄)

お二人さん、いったい何を言っているんですか?
疲れた~ウンザリだったら、「黙って」休んでいてください。
その間、戦意旺盛な仲間たちがねず機知ブログを守っていますから。
これ以上は、言いません。


英雄

No title
第一義さまこんばんわ。ありがとうございます。嬉しいですね。助け舟が来ました。
第一義様のご好意と皆さんの熱い思いで、もう少しでも書き込めていけたら嬉しいですね。
ありがとう。

第一義

aaaaへ agein
>何故か話題にまったくならないけれども、拉致されたのは日本人だけではないぞ。
在日も拉致されてるんだぞ。北に。

もう一言言う、クソチョンaaaaよ

在日の拉致?聞いたことねえぞ。たとえあっても君ら同胞の問題。

日本は一切関知しないし、関係ない。
それでも必死に日本が悪いといわんばかりのこのコメントが哀れだね。

やっぱり利益が同一なら団結するのか、下劣な糞チョンと言われるゆえんだな(笑)

英雄

No title
ハーブはね、そのマイクロ波の放射と地震場所とのね、軌跡といおうか、確定的な関連性が薄いんだよ。兵器として説明するには弱い。

第一義

カルトがどうしたって!
英雄さん、かぐやひめさん、カルトと名指しされてもいいんじゃない?

お二人が正論言ってるのでかなわないから苦し紛れに言ったんだろうし。

愛国者がすぐ右翼、ウヨ、統一教会勝共連合…とオフラインで、ネットで攻撃されるのといっしょ。

気にしない気にしない。

英雄

No title
ここでは、陰謀論はひかえてください。節度を御願いしますということなんだけど。言われることは至極もっともですよ。反論は出来ないけど、皆さん良い人ばかしだからね、我慢されておられるから、こちらが甘えるばかしではね、とおもうけど。しかし、ねずキチ様の好意にすがって好きな事させてもらってるわけだからね。他のブログでは、こう自由に書かせてはもらえないしね。ねずキチ様も皆さんも気持ちが大きいし暖かいですよ。

英雄

No title
鳩山氏の場合はそうかもしれないね。彼の目、ね、悪魔つきの目に見えるんだけど。
ハープはね波形も時々消せるんだよ。見せたいときに、わざわざ公開してみせてるからね、陰謀論の本と同じなんだよ。指導者が一緒だ笑。

かぐやひめ

ああ、あの小さいの
私は、ハープを信じきることはできないのですが、
もし、地震を起こせても「小さいの」だと思う。

四川とか、あの新潟も、ちょっと無理っぽい。
思い出したら「新潟地震はハープ」としゃべったのベンジャミン・フルフォードだったみたいだから、まゆつばだわ。

だいたい、大自然に対抗して人間が気象や災害を起こそうだなんて、よしんばできても、してはいけない。いけないことはいけないんです。

私、昨年の7月28日の神戸市灘区の都賀川の大洪水の被害者と関係があるから、あれが、本当にハープが原因だったら、とても、許せません。
あの雨は、本当に異常でした。局地的に川の上流に固まってどっと降ったのです。普通じゃなかった。

悪いけど、鳩山が日本の関東大震災を人質にとられて相手の言いなりになるという「ご意見」には、賛同しかねますわ。
日本人が何万人死のうと、彼は平気だと思いますよ。そんなもの脅迫のネタにはならないでしょう。

英雄さんと、ちょっとベタベタしすぎたかな・・・二人ともカルト認定?
ちょっとも、留守ができないね。

TEXAS

No title
にゃんきちさん、やまとおのこさん、

この踊りは~~まぁ一部の地域なんだろうと思っていましたが、全国的なんでしょう。
と言うのは、金大中と金泳三の大統領選挙キャンペーンの時です。
支持者を前にして、金泳三はビッコの真似ををして歩ききました。 それを見ていた支持者はヤンヤヤンヤの喝采。 そうです、金大中の歩き方を真似したのです。 彼は、どちらかの足が不自由でした。 こういった習慣を楽しむ民族ですので、絶対日本に入れてはだめでしょうね。 日本は、脱特亜ですよ。 

英雄

No title
うん、27日だけど、鳩山とオバマの会談が終わったから、もう地震は先だよ。金出さすのが目的だから。
うん、絶対、2人だよ。どうしようか。最近みんなの目がきついよ。カルとだって。

英雄

No title
日本人の大衆が見て騒いでくれたほうが脅迫しがいがあるからね。その為に、わざわざ波形を公開してるのだから。イラク、アフガンに日本の金と物を引っ張るために、今日、オバマが鳩山に言う事聞かせた可能性がありますよ。で地震は中止かな。歴代総理と同じかもしれん。わからんけど。地震がないと金玉さんはブログを閉められるということだったけど、まだ閉められてないね。ひょっとしたら、極少ない可能性として、金玉さんは地震をあおる役割だったのかもしれん。想像だけど。勿論金玉さん本人は自分ではしらないけど。上手くりようされて騒がされたのかな。あくまで想像。違ってたらごめん。21日に波形だして、鳩山氏が来るまえに脅す。先月30日の選挙の時にも波形だして静岡で小さいの起こして浜岡原発壊して脅したろ。

かぐやひめ

いや、まだ日がありますよ
英雄さん、まだ、金玉ブログは上位にいるでしょう?
今週末26日か27日というのが、計算結果です。

帰ってみたら、家の玄関に、知らない靴が、いっぱい、それも、乱れて脱いであって、「え?ここ私のうちじゃ、なかったかしら?」と思いかけたら
英雄さんが出てきてくれて、ほっといしました。

やだねえ、連休。みんながひまで。
墓参りにいかないのかね。

もしかしたら、昨日のコメント欄で「ふたり」と暗に、非難されてたの、私たちじゃない?

英雄

No title
かぐやひめさん、おつかれ。元気でよろしい。

地震はとうとう起こらなかったね。わざわざハープの波形を日本人に見せて脅迫してるんだから。
政府が見てるし、大衆もみてるでしょ。でおどす。笑。

英雄

No title
ほんとだ。半島は考えるのも、もう、いいねえ。合わないよ。

かぐやひめ

今日は疲れましたね
半日、留守にしていたら、なんか、えらいことになってるね。
はあーもう、半島の話題は、やめませんか、書くのも見るのも聞くのもいや。
第一、あらしだか、あらしでないのだか、わけのわからないのが、ぞくぞくやってきて・・・しんどいったら、ありゃしない。
それに、いちいち理屈をこねるのも、いや。
だって、言ってる意味を理解するのに、疲れるんですもの・・・
間違っていることが、書かれていたり。
文脈が通ってなかったり。
こじつけてあったり・・・
返事するのにもつかれる。
みなさん、おつかれさま、よく、頑張られましたね。

私は、日本が好き!

ミヤビ

ちょこさんへ
まだ高校生だから、人生経験も少ないし理解能力不足はしかたないですね☆
でも、私が高校生の時は社会問題なんか全く興味なく、それこそ無菌状態のお花畑で生きていましたよ。
そてから30年近く経っても、私の友人はお花畑で暮らし続けています。
高校生のちょこさんにとって、こんな難しい問題を突きつけるブログの世界に出会ってしまったのが、今後どのように影響するのか心配しております。
しかし、あなたのその若い正義感は、きっと素敵に成長すると信じますので、頑張ってくださいね☆

OOIDOYA

広島の高校では
 http://www.tamanegiya.com/kitigaisyuugakuryokou.html
 広島の世羅高校だと思いましたが、確か修学旅行で韓国の反日施設へとでかけて生徒を土下座させます。
 だから、工作員ではなくても反日の学生が大量に出てくるというわけです。
 こういう高校が存在するということを知識として知っておくことが日教組の正体を知ることにつながります。

第一義

aaaaへ
>何故か話題にまったくならないけれども、拉致されたのは日本人だけではないぞ。
在日も拉致されてるんだぞ。北に。

それがどうかしたの?チョン。

仲間同士で解決しなよ。

笑う門

アラシも手がこんでいろんな形で現れるようです。純な学生。わけ知り顔の大人風。保守をかたりながら団結に水を差す人。迷信めいた長い書き込みを繰り返す者。それでもこのブログの常連の方の団結は崩せはしない。椿さん、かぐや姫さん、その他の方。花もアラシも踏み越えて、心に日の丸を掲げて笑顔でいきましょう。

tamago

No title
ブログの日付を

皇紀2669年09月23日

にするのが良いと思うのですが どうでしょうか?

ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論を読み終え そう思いました

ジャギ様

紀行文を書いた目的
 イザベラ・バードの、旅先での風景や人情を、活字で描写する能力には端倪せざる得ないものがあります。
 おそらく、当時の一級の知識人だったと考えられます。(この時代のアジア旅行は、現代人の想像絶する困難が伴います。知識人が好奇心や道楽で行けるものではありません。)
 未知の感染症の恐怖、防疫による足止、水あたり、食事の問題、数え上げたら切がありませんが、随所に問題に対峙する知識と覚悟を見ることができます。(宿の南京虫の対応も見事なものです。)

 彼女が日本へ来た目的は、ズバリ紀行文を書くこと、そして無事に旅を成功させることだと考えられます。(著作物の印税も期待できますが、直接のクライアントは船会社・旅行会社だと想像できます。→50歳を超えた老婆が、アジア単独走破→センセーショナルな観光ガイド作成→実際は貴重品を持った男性数人が数キロの間合いで随行といったところか。→一説には諜報員という噂もあるが、新しい情報を武官にもたらしたとも思えない。)
 これが仮に事実だとしても、検閲を恐れてむごい状況にあえて触れなかったとしても、この書が当時の日本を推し量る第一級資料であることに疑いの余地はありません。
 日常を振り返ればわかりますが、当たり前のことや日用雑貨は意外に記録にも残らないものなのです。
 文面からは、子供に接する親の表情まで思い浮かびます。(日本人としての連続性を感じますね。)
 朝鮮・シナ版は、節々で旅程の危険性を不快さで指摘しています。(しかし、観光ガイドの性格上「自己責任でお好きな方は後悔しませんよ!」という表現になっている。)
 彼女の紀行文は、まず現地の自然風土を褒め(見るべき物が無ければ空の色を褒める)、建物や町並みを褒め称え、ご当地の人情や所作を褒める。あまりに酷い国柄を書き記しても、最後は「そんなあなたが大好きよ!」的なまとめ方でたたみかける。
 彼女のスタイルで紀行文を書いていたのが、故司馬遼太郎の「街道を行く」シリーズだと私は考えている。

以蔵

キチンとした歴史教育を受けられなかった世代として、他の投稿者の方々にお願いがあります。今回、ちょこさんと他の方々のやり取りを見ていて、伝え方に「どうなのかな?」と思いました。詰問したり、多勢に無勢だったり、知識で圧倒的に論破したりと…。それだけの知識と愛国心をお持ちの方々ならば、彼等に対しては雅量と同情を持って接して頂きたい。それだけの親切や気概を求めることは、私の我が儘なのでしょうか?知ること、学ぶことをしなければ、一生左傾的思想や行動の持ち主に追い詰める結果になりやしないか?と考えるのは私の考え違いか?韓国へ修学旅行に行った高校生が自称「従軍慰安婦」と名乗る輩の話を聞かされ、最後には土下座をさせられ、拒めば教師に怒鳴られる時代に、この様な若い学生さんがいることは皆さんの行動が一つ芽を出した結果ではありませんか?その様な芽こそ大切にしなければ、この国の未来はどうなるものでしょう…。日頃、皆さんに学ばせてもらっている人間だけに、少し寂しく思ったので投稿させて頂きました。

英雄

No title
この本は朝鮮の人が自分の過去を確認する為に重要なものでしょう。ドロドロの正視出来ない、酷い歴史を思い出す為の願ってもない資料ですよ。イザベラさんに感謝するべきでしょう。日本人ならそうする。 
過去の自分達の先祖の苦労を認めようとせず歴史を捏造ばかしするから精神が分裂してくるのですよ。いくら嘘を捏造してても、いろんなとこから少しずつ酷い歴史だったということがばれてくる。潜在意識ではある程度わかっているが絶対認めようとしない。そうして、個人だけでなく社会全体も精神障害になってくる。
このイザベラさんの本を拒否せずに受け入れることです。そうすれば分裂症も治ってきますよ。

おれんじ

No title
ユダヤ人の「ごく一部」が悪徳商人というのは逆に事実を偏向していると思います。

もちろん、個人によりその考え方や人格は全く違います(私もユダヤ系の同僚、先生、友人がいましたので)が、イスラエルに対する考え、ユダヤ人だけで固まる閉鎖性、他宗教に対する排他性など、アメリカでもヨーロッパでもここ日本でもユダヤの人と付き合えばすぐ感じることです。

そうした面に批判的で距離を置こうとするユダヤ系の人間がいることも事実ですが、金融、イスラエルのロビー活動はじめ、ユダヤ系の様々な権力者(彼らが全てではないことは良く自覚しています)が国の根幹に存在し、各国に大きな影響を及ぼすと共に、ホロコーストに対する検証を一切認めず、600万人の虐殺説に意義を唱える学者・ジャーナリストを徹底的に攻撃・人格破壊する事実も同時に忘れてはいけないと思います。

aaaa

拉致されたのは日本人だけではない
何故か話題にまったくならないけれども、拉致されたのは日本人だけではないぞ。
在日も拉致されてるんだぞ。北に。
その拉致された人物に北の工作員が成りすまし、日本国内で工作活動をする。
それを防ぐため、在日から要望されてはじめたのが「指紋押捺」。
しかし、'80年代なって、突然マスコミが騒ぎ出す。「差別だー」
これの主導は民潭という話だが、だとしたら民潭は在日を売ったわけだ、北に。

aaaa

わが国には「戦犯」「戦争犯罪人」の呼称はない
ちなみに、「A級戦犯」という用語は不適切で、せめて「A項戦犯」とすべきでしょうね。

わが国には「戦犯」「戦争犯罪人」の呼称はない
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-1796.html
>ちなみにわが国には「戦犯」「戦争犯罪人」の呼称はない。
>法令用語としては「抑留又は逮捕された者」であり、
>また一千余名の刑死者については「法務死」としている。
>靖国神社ではこの方々を、
>明治維新の吉田松陰らの「維新殉難者」に対して「昭和殉難者」と称している。

「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163021.htm
>2 昭和二十七年五月一日、木村篤太郎法務総裁から戦犯の国内法上の解釈について変更が通達された。
>これによって戦犯拘禁中の死者はすべて「公務死」として、
>戦犯逮捕者は「抑留又は逮捕された者」として取り扱われることとなった。

第一義

私の考えと同じ主張
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-506.html
日本はヤバイ首相を選んでしまった!

鳩山首相が世界のひのき舞台でついに温室ガス25%削減を表明した。
テレビニュースでこの瞬間各国の代表が笑いながら拍手している光景
が写っていました。

この各国代表の笑いと拍手は何を意味しているのか?各国の代表は
それぞれの国の国益を背負って必死に戦っています。それなのに
この日本の代表は平気で自国の国益を犠牲にすることに躊躇しま
せんでした。

各国は世界的な排出量とエネルギー消費量を各国で奪い合う事や
その他事項についても国益死守に必死に戦う覚悟を決めて、乗り込ん
できた外交戦争の国連で、この国益を全く気にしない日本の新首相に
思わず気が抜けて笑ってしまった。

そして日本国の不利益は自国の利益につながることに各国の代表は
喜んで歓迎の拍手をしたのです。

この信じられない言葉を発する日本の代表はその上、「資金的、技術的
な支援を行う用意がある」と大見得を切ったのです。
このような演説を聞けば誰でも拍手喝采してしまいます。

日本の馬鹿首相はノムヒョンの轍を踏んで日本をめちゃめちゃにするつもりです。

ミンス党に投票した国民はこの事実ををどうとらえるのか!

ふく

ちょこ様
最後の投稿に反論。

あなたは私と考え方が近いので、途中擁護しようと思ったのですが・・

「ちょこ」と言うHN、まだ高校生?まあ、実際そうなのかも知れませんけど。

女子高生のいう事だから勘弁して下さいって事ですか?

他の皆さんとは逆に、最後の投稿によって私はあなたを疑う事になりました。

あなたを題材に使って申し訳ないですが、ハニートラップ耐性の無い方々に注意を促してみます(笑)

HNを変えて、年齢・性別を明らかにせずに議論に参加して下さい。

nanashi-san

No title
>金 国鎮様

イザベラ・バードさんの紀行文及び写真が現在の日本人にとってどれだけ大切なものかをご存じないようですね。もしこういう記録が残っていなければ私たち日本人は大陸、半島の嘘つきに振りまわされるだけになってしまします。こういう真実を知ればこそ日本人は本来の誇りを取り戻すことが出来るんです。この方がこの当時西洋からみた辺境の地である東洋に勇気ある冒険をされたことは疑いようのないことで、それがあってこそ東洋三国の客観的な事実を知ることが出来ます。
日本人から見ても客観的な自身の歴史の証言者として大切にすべきです。それは中国、朝鮮の方々にとっても同じことだと思いますよ。そういうものなくして自国の本来の姿にたどり着くなどできない相談です。

daisy

ちょこさんへ
まだ高校生なのですか。
なのにこうゆうブログを見て、意見することはとてもすごいことです。
学校で学ぶ歴史以外にも、重要な真実はたくさんあります。
また真実を学校では教えてもらえないこともあります。

私も高校の時、何時間も割いて「従軍慰安婦」のレポートを書かせられたりしましたが
今となっては、嘘ばかりの授業であったなとあるいみいい思い出です。
でも私もこうゆうところから、日本の歴史に興味が湧き近現代史を勉強しました。
私もまだまだ勉強不足で、こちらにも最近コメントを書かさせていただくようになりました。
先輩方は博識ですごいですよ!

私を含め、みなさんの反応に驚かれたと思いますが
在日・特ア・極左の方々の工作コメントが頻繁に入るのでそれだと思ってしまいました。
許してくださいね。
しかしやはり、極左の自虐史観の授業を受けてる学生さんは、極左に似たコメントになるんですね・・・
極左の作戦がうまくいってる証拠ですね。
ですが、ねずきちさんのブログは、優しく親切で、大切な日本人の心と歴史が溢れてますので
是非これからも、ご覧になってください。

日本の未来をお願いしますね。

ジャギ様

タイトルとは無関係ですが
 副島隆彦氏の最新刊「あと5年で中国が世界を支配する」を、不覚にも買ってしまいました。
 一読してどうしたんだろうこの人、アメリカ政治研究では光るものがあったのに、勉強し過ぎでおかしくなったのか?が感想。
 身勝手通貨人民幣が、基軸通貨ドルに5年以内に取って代わるなんて、この予言が外れたら今後の文筆活動どうするんだろう。(別の本にはオバマ大統領が2年で退陣と書いてたし。)
 もともと、この人の著作には、私憤やルサンチマンの無駄活字が多くて辟易していたが、理詰めで思惟する人の欠点と大目にみていた。
 今回は肝心の「理」の部分がなっていない。(あまりにも突っ込みどころ満載で、せっかくの読書の秋を無駄にしてしまった。)

 私なりに人民幣の基軸通貨化、中華帝国の世界化が有り得ない論拠を示すと。
①人民幣の通貨量、偽造対策、内外債権・債務統計、決済システムは、いまだに国際社会の信用を得ておらず日本円のようなハードカレンシーにすらなれない。
②株式市場の透明性を確保できていないだけでなく、西側基準で一企業を相手にしていたつもりが、軍や国家規模の資本力と対峙する買収劇も頻繁におきる。
③世界中の資本家が、中国本土に資本の量から質への転換をはかって、本当に資本の流動性と債権の保全はできるのでしょうか?
④中国はルールや契約を守らない国と定評があります。(そんな帝国の作った法律を誰が守るんでしょうか。)
⑤金・石油・希少鉱物・コモディ等を一本化した新通貨の創設に触れていますが、極めて統制経済的な考え方です。アメリカがデフォルトこいて、新通貨を発行したなら適正価値になった新通貨で貿易したほうが簡単だと思いますが、親米云々はわきに置いて、世界文明を30回は亡ぼせる国を放置してよいことは何もありません。
⑥中華帝国の世界化ですが、かつて中国に編入されて幸福になった国はありません。(民族を根絶されている国は周知のとおり)世界中がこんな悪夢を受け入れることは有り得ません。(モナコやルクセンブルクも矛持て闘う事態となり、収拾がつかなくなります。)
⑦海外華僑についても触れていますが、彼らの多くは500年前の亡命者(第○次プレ漢族)で、現行の偽漢族を認めていません。(状況が許せば現在の中国人を打ち亡ぼし、祖国・民族の回復を願っています。)
⑧世界金融の中心がカザフスタンになると明言していますが、いえ...何も言いません、北京オリンピックの開会式の行進で、男性引率者が農協オヤジで女性選手が全員パツキンの不思議な国ですよね。(日本同様、地震多発国と書いておきましょう。)

 世界が信用回復に向けた努力をしている矢先に、端から信用を毀損する国を神輿に担げる訳がないのは自明の理です。
 外貨準備があるから、人口大国だから、経済成長しているからの理由で世界帝国になれたら世話はありません。

愛信

【中国】「高い目標堅持」と好感=鳩山代表の「25%削減」-中国新華社

中国国営新華社通信は7日、民主党の鳩山由紀夫代表が、温室効果ガスを
「2020年までに1990年比で25%削減」とした政権公約を堅持する方針を表明
したことについて、「より高い目標を堅持」との見出しを掲げて報道、好感した。

【Web検索システム】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cscom.cgi

にゃんきち

TEXASさん踊りのエントリーおもしろすぎ!
みんな白衣で、しかもトンスルでいっちゃってますねwww
呪いが残るのも無理ない民族です。

昔から変わってないし、この先かわることもなく、たかり精神は、中国同様ですが、経済悪化、犯罪多発で、いやけがさしたのか、海外移民して、国籍まで捨て始めています。人口も5000万きってるので、韓国も末期症状ですね。

基準点

No title
かぐやひめ様
私も通算3年間外国での生活を経験しましたので、思うところは同じです、彼らにとって言葉とは「権利の主張と責任の回避」のための道具だと、痛感しています。

ところで、先日ホテルのカフェで食事中に、隣のテーブルで坊やがコップを倒してしまい、こぼれた水がテーブルとお婆ちゃんのスカートと床にこぼれてしまいました。

タオルを持って駆け付けたウェイトレスと一緒に処置をしたお母さんが、処置が終わった後でまだ10代と思える若いウェイトレスに「お忙しいのに御免なさいね」と謝っておりました。 ここで、ホテルマナーをだして次の論点で考察するとどうなるでしょうか?

お母さんは、ウェイトレスとともに処置にあたらなければならないか?
お母さんは、ウェイトレスに謝罪しなければならないか?

ホテルマナーでは、必要なしとの結論になるかと思うのですが、お母さんはそれをさりげなくしてしまい、素早く問題を解決し誰ともしこりを残さない、日本女性の素晴らしい問題処理能力の一端を見た思いがしました。

世界のホテルマンから最高の評価を得ている日本人のマナーの源泉を見た思いがしました。 

名無し様
多くの方は私達と同じ普通の人と思いたい気持ちはよく判ります。しかしながら、彼らと私達が違うことも事実です。最も大きな違いは、日本人は日本人の親に育てられ、中国人は中国人のおyから育てられ、韓国人は韓国人の親から育てられるということです。

大人ともなりますと、互いに利害の衝突を起こします、この時にどのように解決するかを子供たちが見て育ちます。
こうして小は家庭内でのもめごとから、大は国家の対立に至るまで成長するまでに多くの利害の衝突とその解決法を、学び長じては自ら同じことをするようになります。

例えば、韓国人は「被害者」になることが大好きです、被害者であることを申し立てれば、謝罪と賠償をもらえることを覚えてしまったからです。

日韓基本条約ですでに解決していることまで今持って要求してくるのは、彼らが基本的に被害者であることによって得られる利点が好きであることにほかなりません。

また、中国人は夫婦げんかでも路地に出て、互いに詰りあい、如何に相手が悪いかを観客に納得させられた方が勝ちと聞きます。
子供も、長じて結婚して夫婦間に利害の衝突が発生すれば路地に出て互いに相手を罵り合うことでしょう。

一般的な日本人の考えとは相容れないものが有ると思います。

第一義

nanasisann
他の民族を一くくりにして悪し様にいうのは感心しません。醜いですよ。人それぞれです。

keito

No title
>そして子どものように、笑い始めたとなると、理由もなく笑い続けるのである。

お酒のある宴会とかビヤガーデンとかで見るおじさん達の楽しそうな様子でしょうか。女性達もお茶会とか芋煮会とかで揃って笑い合ってますよね。ネットの見過ぎかな、ふと入ったお店などで丁寧に対応してくれる方に会うと、まだ日本人が残ってるんだとホッとしたりします。隣近所が在日外国人だらけのような恐怖を感じるこの頃では・・・変ですね。

イザベラ・バードさんは自分を実験台にして観察する位に探究心の強い方なのですね。写真からも窺えますが肝が据わっている様子で素晴らしいです。

シベリア抑留の経験を持つ方に聞いたのですが、いつもひもじくてお腹がすいていたのだそうで、厳寒の屋外作業中に道に転がっているじゃがいもを見つけ、ふところにしっかりしまって部屋でそうっと見たら、冷たく凍った石だったそうです・・・どんなにか国に帰る日を待ちこがれた事でしょうか。

鳩山さんの目は自分の内面を隠そうと必死な目です。本心を隠そうとして無表情に見開いているのかも知れません。

nanashi-san

No title
かぐやひめ様の長文、なかなか味わいがありました。すばらしいと思います。
イザベラ・バードさんの紀行文をこんなにたくさん読んだのは初めてでした。この人の冒険心のおかげで今の時代に貴重な過去の社会風俗を知ることが出来ることを感謝したいと思います。中国人への評価が意外と高いなと思います。しかし国民性というものは変わらないものだと痛感いたします。現在の中国、朝鮮と少しも変わっていないなと感じます。

ddzggcd

別に差別でもなんでもないですね。イザベラ・バードの体験と率直な感想を紹介しているだけじゃないですか。

私も中国とのかかわりは長いですが、似たような感覚を覚えることはありますよ。特に公の精神や社会的ルールに対する尊重といった点では、日本人にとって完全に異質なものを感じます。

韓国はずっと以前に一週間ほど行ったことが有るだけですが、そんな短期間にもかかわらず、何度も犯罪に巻き込まれそうになりました。

中国人はそれでも人間として信用できるところがありますが、韓国のお方々は私には理解不能ですね。

自分の見方が普遍的に通用するとまでは思っていませんが、そういう体験をしてきたのは事実ですし、理想論で事実を事実として認める精神を持たなければ逆に大きな間違いを犯す可能性が高まります。

-

No title
日本に誇りを持つのは結構ですが、他の民族を一くくりにして悪し様にいうのは感心しません。醜いですよ。人それぞれです。
ユダヤ人も、歴史的に世界を揺るがすような悪徳商人がいるのは事実なんでしょうが、全体から見れば本当に稀な個人であり、大多数は、あなたや私と同じような、普通の人々です。
差別主義はやめてください。日本の心が泣きますよ。

かぐやひめ

国際化社会を生き抜く日本へ
基準点さま
日本人も、外国には国内の「方式・礼儀」では通じないということを、知るべきだと思います。

権利の主張をしっかりしないと、侵食されてしまうことをきちんと子供たちに教えるべきですね。

これからの教育は「勅語にもどる」以上に、「外人を恐れない、外人に対しては、しっかり自己主張。人間関係を使い分ける」方法を、教えなければならないと思います。

今の英語の授業なんか何の役にも立たないでしょう。なぜ、英語を話せなければならないのか、自分の権利と安全を守るためだと根本を教えるべきだと思います。

日の丸

【日本国旗】

■民主党による「切り刻まれた日本国旗」
2009年08月16日から拡散中
(1)「切り刻まれた日本国旗」(同類を含む)
・再生回数(31万2千突破)
・コメント数(約1,800)
(2) 党首討論で首相が暴露(同類を含む)
・再生回数(19万2千突破)
・コメント数(約750突破)

■国旗に一礼
(1)2009年09月17日から拡散中
9月16日に首相官邸で鳩山首相と閣僚による記者会見が行われた が、
その時に会場に設置された「日の丸」に敬意を示すことができ た閣僚は何人いたのでしょうか?
新人議員よりも、大臣への教育が 必要なようです。
8月の議員歳費が、2日出て2百数十万/人、480人で11億円(03:50)。
これで歳出削減はどうなったの!
鳩山さん!マスゴミさん!
http://www.youtube.com/watch?v=uiiuGRV46Qg
(2) 2009年09月18日から拡散中
・一礼有り(ピンポン)
・一礼無し(ビービー)
http://www.youtube.com/watch?v=6YFLv7alaYI

■首相官邸のHP国旗
2009年09月17日から拡散中
日の丸切り裂きじゃ、
民主党の怒りは収まらないようです。
これは、酷い。
http://www.youtube.com/watch?v=_YyLfxCQEyg

基準点

日本人の自省心について考える
日本人の持つ素晴らしい特性のひとつが「自省心」ではないかと思っています。何か問題が発生したならば、「そのような問題を発生させないように自分にできることはなかっただろうか?」と考え、それに従って問題を再発させないための方策を取ることができる民族性です。

この特質によって、原初的にあった問題が個人単位、集落単位で解決され、こうした性質が日本の成り立ちから今日までの日本を素晴らしい国にしてきたのだと思うのです。
そして、イザべラ・バードの3カ国の紀行文に現れているような差異が生じた原因ではないかと思っています。

しかしながらこの自省心は、国内以下の問題を解決するには有効なのですが、こと外国が絡むとややこしいことになると思うのです。特に戦争に関することについて、原爆を落とされた、爆撃を受けた、多くの日本人が死亡した。これらの事実に対して、自らのうちにのみ原因を求めてしまい「日本が戦争を始めたことが悪かった。」と、彼らの事情、都合を考慮することなく、「日本が戦争を始めたのが悪かった」と独りよがりの結論を導いてしまいます。

なぜ戦争をしなかればいけなかったのか?
戦争をしなかったならばどうなっていたか?
原爆を落としてのはアメリカの判断であり、その判断に間違いはなかったのか?その行為は正当なものと言えるのか?
爆撃したのはアメリカでありその判断は正当なものであったのか、その行為は正当なものと言えるのか?

戦争は、相手が有るものであり、自らの反省だけでは解決し得ないものであることを知り、彼らについて知り考えることも極めて重要でしょうし、彼らの過ちを指摘し過ちを改めさせることも肝要ではないかと思うのです。

日本人は、徒に外国からの批判に対して卑屈になりすぎています、また、それを煽るマスコミの影響も否定できません。

今回の選挙も、こうした性質が悪用され、格差、公務員の天下り、失業、環境破壊などの問題を提起し、あたかも時の政権与党には問題解決能力が無いかのように喧伝することで、国民を欺き更に問題解決能力を欠く民主党に大勝させるという結果を招いてしまいました。

今回のことを教訓として、マスコミが提起する問題の軽重、緊急性を比較検討し、安易に騙されない国民性を育てて行かねばならないと思うところです。

OOIDOYA

外国人参政権のビラ
http://cid-f1665cd2a9d0df6b.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/tutti-sanseiken.pdf
外国人参政権のビラがあります。どなたか有志の方、ポスティングお願いします。

あ太郎

鳩山の友愛
鳩山よ、己は夢を見ているのか?

世界を超えた
戦国時代を超えて平和を構築した、士農工商が其々が努力し築き上げた「江戸300年」と戦国・脱中華を図れない「李朝500年」が今日の日韓の差でしょう。
表面上は兎も角中華・朝鮮半島から遠ざかる政策、是是非の関係が一番日本には良いことを政治家は知るべきでしょう。国家の「土台」が違うのです。
平成の政治家が過去の歴史を壊してしまわないかと心配です。仮面うつ病の様な首相にも歴史は勉強してほしいと願うばかり。

TEXAS

踊り
http://www.youtube.com/watch?v=i86fiRjvafk&feature=related

こういった民族性ですから。

かぐやひめ

英雄さん
貴方も、素敵です。

そして、みなさん素敵です。

昨夜は、早くに寝て早朝に目覚め(年取ったなあ)

昨夜の皆さまのコメントを拝見して、なんか胸がふくらみました。
みんな、みんな、素敵です。(*^_^*)

英雄

No title
空気を吸って

家族がいて

日本があって

ご飯が食べれて

これは もう  大変ありがたい素敵なことだから

英雄

No title
はい  かぐやひめさん

明日を信じて 
明日はきっと素晴らしい


彼らは暴落をしくんで空売りして儲けた莫大な金と心中することになるのでしょう

かぐやひめ

英雄さん  最終戦争ですね
船井幸雄さんによると、彼らの滅びは近いようです。

今までの世界が11月から大崩壊し、何もかもを破壊し尽くし、(そりゃあ、大変なことになりそうです。米を備蓄しなさいと言う人があるぐらい。)

そして、それを収拾する過程で「国際金融が人道的なものに変性する」

私たちね、やせ我慢はっても
考える葦でしかすぎないー1滴の水にも殺されてしまう。

だから、生き延びましょう!
こうやって縁あってつながったもの同志、励まし合って、生き延びましょう。明日はまっくらでも、明後日は晴れです。

金融崩壊の引き金を引いたのは彼ら自身です。世界に向けた罠だった。
そして、最初の第一歩で巨億の富を得たはずです。それにもかかわらず、結局、悪の総本山FRBが破綻するとしたら、今回は「マーケットに神様がいた」わけですね。

私達、成行きに流されながら生き延びるしかありません。
心と志しを正しく保つことを一番にしましょう。

激動を生き抜くには朗らかな心が必要です。
いつでも自分を許せる良心に恥じない生き方。

そして、朝は希望で目覚め、昼は一生懸命働き、夜は感謝で眠る(古来の言葉ですが麻生さんのお手紙で思い出しました。あっていてるかな)明るい心が大事です。

シベリアに抑留された人から聞きました
「生きて帰れるか、死ぬか」明暗を分けたのは
「明日を信じられたか」「絶望したか」の心の持ち方の違いだけった、と。

最後まで希望を捨てなかった人だけが生還できた。
これをヒントにしましょう。

英雄

No title
ユダヤは日本中に網を張ってますからね、ネットもきけんです。どうしてこんなに工作員が多いとおもいますか。金と組織が凄いでしょ。これはね、おかしいのですよ。

小さいとこの仕業ではないです。ブロガーが多いか工作員が多いか。大げさに言うとね。

例えば阿修羅というサイトがありますね。あれなどは、もろユダヤ工作の疑いが濃いでしょうね。可能性です。

あんなの日本人の感覚ではつyくれない。異質のにんげんですよ。サイトの発想とね内装やが違う。


阿修羅の補助サイトの連絡先の住所はねユダヤ関係の宗教団体の住所と同じです。多分阿修羅は釣りのおとりでしょうね。NWOに反対者の名簿をつくり時期がきたらチップ埋めるか隔離するか  まあ彼らは負けて、その時期はこないですが     結局ねネットでみなばれてきてるから

英雄

No title
彼らに正当な歴史はないのですよ。捏造の歴史を信じてしまってます。戦後済州島から逃げてきた白丁が戦争前に強制連行されてきて自分以外は大虐殺されてくろうしたと本気で思い込んでるのですよ。これはね、脳の遺伝のもんだいでしょう。事実を認識出来ないのは日本人からみたら精神病者に見える。

かぐやひめ

100年たっても変わらない
民族性っていうものは、げに、恐ろしいものですね。
3つの国の特性が、よくわかります。

けれど、バードの提案どおり韓国は”外部からの改革”=日韓併合=が歴史の1ページを飾ったので。ずいぶんよい国になり、最近では「日本人の美意識」に耐え、韓国旅行がブームになったりしています。

形が整ってきたのだから、これで、心も整えば、本当によかったのに・・・本っ気で彼らは「日本人に戻りたい」でしょうね。

でも、自分の土地があるのだから、やはり、自立して、がんばってほしいですね。私達は、隣国を馬鹿にしたいわけではありません。国がちゃんとしてくれないと、こっちが迷惑する。100年前と同じことが繰り返されるように思います。

むしろ、在日の人々は、今こそ自国に帰って、祖国再建の捨石に成るべきだと思う。「なりすませる」ぐらい、日本人のまねができるのだから、日本の文化をかなり取り入れているでしょう。

3世にもなれば、どこから見ても日本人です。この人たちは、冗談抜きで祖国の宝だと思う。
今こそ、韓国は大きく考えを変えて、本気で国造りをするべきです。
現在の大統領が在日ですね。彼が韓国の星になることができれば、韓国も変われるでしょうに。

日本を侵食して、乗っ取ろうと言う考え方は、感心しません。どうしようもない「奴隷根性」を感じます。偽物は、あくまで偽物です。

中国の「熱さ」も、ほとんど変化していません。が、しかし、1980年代以降に生まれたひとりっこ達が、大きく「日本精神」を刷り込まれていると日本経済新聞に連載されたことがあるそうです。

日本のアニメが中国人の子供たちに大流行し、毎日「どらえもん」「クレヨンしんちゃん」「スラムダンク」「セーラームーン」なしでは暮らせなかったこどもたち。
テレビを見ていないと翌日学校で仲間に入れないから・・・そして「セーラームーンごっこ」「スラムダンクごっこ」で、日本アニメに、日本人の子供以上に頭の先から足の先までずっぽり浸かって育った。長じてアメリカのバスケットチームに入った選手もでたそうです。スラムダンクのおかげで。

文化大革命で荒廃しきった国土に、砂漠の水のようにしみ込んだのは「日本文化」だった。だから、中国も次の次の次の世代になると変わるはずです。

日本というお母さんは、自分の体を痛めて「私達の国を産んでくださった」といってくれる東南アジアの国はいくつもあるようです。

日本は、本当に自国を痛めて、たくさんの国に尽くしたと思います。中国に出て行った漫画もアニメも著作権料はとれていない海賊版だそうです。日本は、それを要求しなかった、あるいはできなかた。そして、そのことが、海賊版の制作を許し、果てはベトナムや東南アジアにまで出て行って、次々ブームをおこしています。

それぞれの国で放映される日本の作品は、違和感なく受け入れられ、自国の作品だと思われているようです。

つまり日本精神には万国共通の美意識があるのでしょう。

イサベラ・バードの見た日本は明治20年代の終わり・・・教育勅語が出されてまだ、数年です。
教育勅語で教育されたから、当時の日本人が素晴らしかったのではなく、日本人の素晴らしさをそのまま「私は、日本人とは、こうなんだと思う=朕惟フニ」として、書かれたものが、教育勅語です。

だから、本当は「教育勅語が言葉で教えられなくても、本来日本人がもっている思想であり民族性を、正しく発揮すればいい。

ところが、戦後の教育は「教育勅語の精神を破壊するためにあの手この手で、日本の子供を破壊してきました」

悪影響さえ受けなければ、
日本の子供たちが健やかに育つことができれば、勅語なしでも、日本は日本なのです。

イスラマ・バードの紀行文は、そのことを思い出させてくれます。

同時に、稀少であったにせよ、当時の野蛮な世界を一人で旅行しようと言うイギリス女性に敬意を表さずにはおれません。
これだけの自立性を、いまだ、日本女性は達成できて居ないと思います。あと、少しかもしれませんが・・・

英雄

No title
確かに国会決議はされましたね。

TEXAS

A級戦犯
書籍紹介のついでと言ってはなんですが、A級戦犯の話を書きます。

『東條英機歴史の証言』渡部 昇一(祥伝社)
P257から
-----------------------------------------------------------
私は東京裁判は法的に完全に破綻していたことと、そのことをマッカーサーも認めていたこと(委員会で証言)、A級戦犯については、戦後に国会決議があり、もう戦犯は無いということになり、収監中の人たちも全員釈放されたわけです。 それは日本が勝手にやったことではなく、サンフランシスコ講和条約だい11条の条項に基づき、日本は関連国に事前の了解をとり。また国会会議をして決められたのです。 死刑になった人たちは、死亡しているために釈放出来なかっただけで、名誉は回復されているのです。
------------------------------------------------------------------

よって、A級戦犯は存在しないし靖国合祀の問題はないと思うのですが。
どなたか、詳しい方教えていただけませんか。

TEXAS

書籍/朝鮮
彼女の朝鮮紀行書籍は、私ももっているはずです。 回りの韓国人にこの原書を読むことを薦めています。 だから、余計に嫌われいるのでしょう。

その他
『悲劇の朝鮮』Aグレブスト著/高演義&河在龍訳(百帝社)
『朝鮮亡滅』ホーマーハルバード著/岡田 丈夫訳(太平出版社)
『朝鮮の悲劇』F.A.マッケンジー著(平凡社)
『朝鮮旅行記』ゲ-デ-チャガイ著/井上 紘一訳(東洋文庫)

も薦めてしまいました。 
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク